WOWOWドラマ

2010年09月26日

ドラマWスペシャル なぜ君は絶望と闘えたのか 前編

 これは、1999年に起きた『光市母子殺害事件』を追い続けた記者・門田隆将さんの『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』を元に作られたドラマです。
 HPはこちら

 1999年4月14日、18歳の秋山譲という男が町田佳織さん(23歳)と11ヶ月の娘夏海ちゃんを殺害するという事件が起きた。
暴行目的で相手を探していた秋山は、排水検査を装い町田家に侵入。
激しく抵抗されたために佳織さんを殺害。
その遺体と姦淫後、泣き叫ぶ夏海ちゃんを床に叩きつけた後、所持していた剣道の小手紐で絞殺。
 犯行発覚を遅らせるために、遺体を押入れと天袋に隠し逃走したが、4日後、逮捕された。

 8月11日に行なわれた第一回公判後、週刊誌記者の北川慎一(江口洋介)と山下真紀子(ミムラ)は、事件を担当した原島刑事(西岡徳馬)を介し、被害者遺族の町田道彦(眞島秀和)と会った。

 公判で初めて事件の内容を知ることができた町田は、『少年法』の壁への憤りを口にしました。
被害者遺族なのに、町田は加害者の名前しか知らされず、どのような状況で事件が起こり、犯人が逮捕されたのか、一切知ることはできなかった。
マスコミも報道しようとしなかった。
 なのに、殺された妻や娘、そして自分の名前や写真、プライバシーを何の了承もなく争うように公開した。
対する加害者については、『少年法』の名の元に、その名前も写真も公表されない。

「何で被害者だけが、こんな目に合うんですか?」町田
「バスに乗り遅れたくないんですよ。我々、マスコミです。
行き先はどこでもいい、取り敢えずバスに乗れ。
そして、問題が起これば・・・恥ずかしい話ですが、こぞってバスから降りてしまう」北川
なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日 (新潮文庫 か 41-2)続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:55|PermalinkComments(0)