韓国バラエティ

2021年11月21日

きこりのテレビ日記 #62

 11月15日(月曜日) 星がきれい→晴れ

 普段はすごく寝つきのいい方なのだが、昨夜は寝る前に各ジャンルの不安等が浮かんできてなかなか眠れなかった。朝起きてもそれが残っている感じ。
なんだろうね、想念のゴミみたいなもん?
身体を動かして掃除しなきゃな・・と思いつつ5時起床。

 5時10分、ミー太と外へ。
本日は新聞集配所がお休み。暗いわ〜〜
隣家の駐車場から煙草の臭いはすれど、おっさんの姿なし。

 7時30分 BSP 『カムカムエヴリバディ』第11話

 朝ドラだけで記事がどんどん長くなっちゃうんで、新しくカテゴリーを作ってまとめることにしました( ̄▽ ̄;)アハハ…週ごとに記事をアップする予定だけど、毎日書くかというと断言はできない・・
記事はこちら

 『アバランチ』第4話 (録画)(フジテレビ)

 ちょっと飽きてきたかなぁ・・・( ̄▽ ̄;) 
なんかターゲットにされる悪役に魅力を感じないんだよな〜
すぐに(まぁアバランチメンバーが優秀なんでしょうよ)悪事を暴露される感じもマヌケというか〜〜
今の所、唯一気になるあっち側の人は山中崇さん演じる桐島ぐらい。
篤郎も新鮮味がないし〜〜最後に大暴れしてくれるのかしら・・・
今回アバランチの真のボスが姿を見せたね。
山守さん(木村佳乃)、この人に利用されてるってことないのかしら?
大山(渡部篤郎)を失脚させて自分らが牛耳ろうとしてるとかさ。
とか言いつつも、一応次回も見るよ。

 今日は一日中眠かった・・・Zz(´-ω-`*)φ 早く寝よ・・

 11月16日(火曜日)

 本日、マイナス一度。冷え込んだわ〜〜((´д`))
3時半頃、すずに布団にドンっ!と乗られて目が覚める。
でも早寝したからけっこうスッキリ・・・なんだが・・・
寝られる機会があるならいくらでも寝たいアタイ。
トイレに行ってからまた布団にもぐりこみ・・・
再度布団にドンっ!と乗ってきたすずを中におびき寄せ二度寝。
猫飼い生活も20年?もう撫でながら眠れるよ。

 8時15分 NHK総合『あさイチ

 会社では8時〜8時25分ぐらいまでテレビをつけているので10分ぐらい見ました。
朝ドラ受けで大吉さんが厳しいお顔で
これで満足でしょうかね?、お母さま』と(笑
そしたら何と、ゲストがYOUさん!(笑

『申し訳ございません・・』YOU
謝られましてもね!』華丸
『国民の皆様に謝罪を申し上げます・・・』YOU
『こういう時代だったと言えばそれまでですけど・・
ハイ、こんなことになっちゃいましたよ』大吉

『あんな人がいたんですね』YOU
俺らのことちせぇ漫才師と思ってませんか?』華丸
でけぇ漫才師だと思っています

 (*≧▽≦)ノシ)) さすがYOUさん!最高!
でもドラマじゃ『最後まで、やな感じ』らしい・・・( ̄▽ ̄;)
てか、大吉さんがこの朝ドラにハマっているふうなのが嬉しい♫

 『ウチ、断捨離しました!』#94「ファンタジー妻 背水の陣!夫の信頼をとりもどせ 前編」(録画)(BS朝日)

 いや〜今回もすごかった( ̄▽ ̄;)
旦那さんのまさしさんが『疲れて帰ってきても居場所がない』『まるで野戦病院』って言ってたけど、そうでしょうよって感じ。

 一軒家のどの場所にもいろんなもんが詰まっていて空間もなけりゃくつろぐ場所もない。廊下にもモノがあふれてる。あちこちにある高い棚にはいろんなジャンルのものが入っていて圧迫感強し。すべての場所に奥さんのきみこさんのものが浸食しているらしい。同居している義母さんの部屋も、もはや義母さんの部屋ではない。お二人の関係がいいから許されているのか、きみこさんの肝が太いのか・・( ̄▽ ̄;)アハハ…

 お子さんが4人いて、旦那さんのおばあちゃんの介護もされていたそうで、かなり忙しい日々だったのはわかる。自分の時間もなかなか作れなかったと思う。でも片づけに関しては旦那さんはかなり協力的だから、きみこさんさえその気になれば・・・

 てか、きみこさんにとってはこの状態が心地いいそうな。
モノに囲まれていると安心するんだって。

 一時、旦那さんから別居の話も出たそうな。それもしかたないかも(ー'`ー;)
価値観が違いすぎるというか・・・
旦那さんにとってはこの状態は不快で精神的にも辛いのに、何度頼んでも全く片づけてくれなかったら別れるしかないかな・・って思うよね。
家って大事だもの。

 今回は旦那さんのお姉さんが心配して番組に応募してくれたそうで、きみこさんも旦那さんの信頼を取り戻すために決意されたらしい。でも・・・ご本人の意識が・・・なんというか・・断捨離する意味がわかっていないというか・・とにかく基本ものを捨てたくないそうで、お子さんの作品もいたずらがきに至るまで保存している。危機感ゼロの様子にやましたさんもあえて『ここは暴力空間』と、キツイ言葉をぶつけとった。

 きみこさん、すごく素直でいい人であるのは間違いない。でもなにがここまで彼女をモノに執着させてしまうんだろうか・・・お姉さんたちの協力もあって(でも、結構お姉さん主導でぽいぽい捨ててたから、きみこさんは捨て方の学習しないままで進行してるのヤバイんじゃないか?と思ったり)結構、捨て作業が進んだんだが・・・きみこさんが、かなり捨てた本をまた棚にぎっちり戻している場面で「つづく」・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…

 わたしゃ『ひーーーー!!』って叫んじゃったよ(笑
『えへへ・・』って笑っている姿が怖くなった ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
今までのモノに執着し捨てることに激しく抵抗する頑固な方たちとはタイプが違う。
旦那さんが危惧していた通り、諦めちゃったのかしら・・
そもそもきみこさんから起きた話じゃないしね。
すっきり片付いたとこ見たいけど、この番組、最近『これからも断捨離つづく』って感じで終わるの多いからなぁ・・




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:03|PermalinkComments(0)

2021年10月15日

きこりのテレビ日記 #57

 10月14日(木曜日)霧深し

 ミー太の体内時計は本日も正確。4時44分ぴったり(?)。
窓を開けると濃い霧。そんな中歩くのはちょっと怖いけどファンタジック。
霧の向こうから何か出てきそう。
でも、まるっきりおんなじカッコした自分が出てきたらゾッとするね。

 『趣味どきっ! 道草さんぽ』(1)川辺さんぽ(録画)(Eテレ)

 なんとなく録画してみたが、好きな感じ。
さっくんお兄さんが進行役。マイルド〜(笑
なんとなくのっぽさんみあるよ(帽子だけか)。
さっくんお兄さんは実は生き物が大好きだそうで、
植物にも興味深々なんだって〜
(水辺の生き物を見つけた時の声の方が多少テンション高かったが)
誘導してくださる多田多恵子先生(植物生態学者)との息もぴったり。
以外と先生も緩い雰囲気だし〜( ´艸`)
しっかり者の姉と無邪気な弟って感じ。
リアクションがいいから先生も嬉しそう(笑

 今回は柴又帝釈天の商店街〜江戸川河川敷辺りを歩きます。
いきなり街中から始まっちゃってさっくんも驚いていたけど、
こういう所にも植物はしっかりと根づいてるのよね。
見つけた花を観察するための裏技はタブレットやスマホで写してズーム!
そうすれば細かいところまでちゃんと見られるそうな。
そして100均マクロレンズを活用すれば、さらに拡大してくっきりはっきり!
コレはいいね〜さぁ、すぐにダイソーにGO!だ。

 憎らしい雑草の名前も知ることができたし、
以外な顔(葉にガラス質が生えてるとか、絵具になるとか、葉の汁が磨き粉に等)も知ることができたし、懐かしいオオバコ相撲(こっちでは茎ではなくて葉っぱの筋でやってたわ〜)も見られた。
背の低い雑草は『踏まれ強いだけでなく、踏まれたい!』という先生のお言葉にもなるほど〜!次回も見ます♪


 CSの番組表のAXN Mysteryで「火曜日の女シリーズ」を放送しているのを発見!すぐにスカパーのチャンネル契約追加したさ(その為スターチャンネルが消された(笑)「ニューポープ」録画し終わったからいいや)。「火曜日の女シリーズ」とは1969年から日テレで放送されたミステリードラマ。だいたい6話完結。1973年4月からは放送曜日の変更に伴い「土曜日の女シリーズ」へタイトル移行。

 私が強烈に覚えてるのは19作目の『喪服の訪問者』なんだけど、18作目の『幻の女』のテーマ曲が良くってさ〜ピアノでさ〜とにかくかっちょいいんだ〜テープで録音したのになぁ(懐かしの直録、たまに人の声や車の音が入る( ̄▽ ̄;)アハハ…)
母さん・・あのテープどこにいったんでしょうね・・
ええ、札幌に引っ越す時にダンボールに詰めた後、
行方不明になってしまったあのカセットテープですよ・・・

 今頃になって誰が劇伴担当だったんだろ?と調べたら佐藤允彦さんと大野雄二さんだった!そりゃ残るはずだよ!

 このシリーズは何気に横溝正史先生の原作ものがあったり(「蒼いけものたち」→「犬神家の一族」、「おんな友達」→「悪魔の手毬唄」、「いとこ同志」→「三つ首塔」)、しゃれた雰囲気の海外原作(アンドリュー・ガーブ、ウィリアム・アイリッシュ等)ものもあって、ドラマを見てからハヤカワミステリー(新書版ってのが大人っぽく感じられた)買いに行ったもんだよ。

 「土曜日の女シリーズ」になってからの方が記憶にあるかな。香川京子主演の「明日に喪服を」、太地喜和子が出演していた「天使が消えていく」(太地喜和子さんだからの役柄がすごく生きてた)、酒井和歌子主演(藤竜也共演)の「香港からの手紙」は最終回ラストの酒井和歌子さんの雨に濡れたわんこのような寂しげな表情まで覚えてるわ〜そして秋吉久美子が重要な役で出ていた「女子高校生殺人事件」。面白かったなぁ・・・原作の『アルキメデスは手を汚さない』も読んだわ。できれば全部再放送して欲しいよ。

 で、今回私が見たのは『木の葉の家』第1話・2話(録画)(スカパー)(AXNミステリー)
 コレは初めて見るな〜って思っていたら、主題曲がな〜んか聞いた記憶が・・・途中で入る劇伴も。内容は全然憶えてないんだけど( ̄▽ ̄;)

 幼い頃火事で両親を失ったショックで話せなくなった早苗(妊娠初期)(星由里子)はカメラマンの夫・八郎(竜雷太)と支え合って暮らしていたが、ベトナムに取材に行った夫が死亡したとの知らせが!
 八郎はカメラマンになることを許してもらえず実家を飛び出したため音信不通状態。早苗のことも子供のことももちろん母親に伝わっていなかった。契約していた新聞社の人が連絡を取ってくれ、母親から愛する者を亡くしたもの同士慰めあって暮らしましょうという手紙をもらい、義母の住む島へと向かうのでした。

 って、今見るといろいろと突っ込みたくなる場面満載だよ( ̄▽ ̄;)アハハ…
新聞社の人、八郎の件伝えた後、見舞金渡してたけど、どういう契約になってたの?アンタんとこの仕事してて死んだんだから保障とかはしてくれないの?そして義母の家は船を乗り継いでいく小さな島にあるんだけど、アンタ、そんな身重の身体で医者もいなさそうな所に行くってどうなの?しかも会ったこともない相手だよ?そんなデカすぎる賭け、私には無理だよ〜唯一の救いはガサツだけど明るくて人が良さそうな漁師の兄ちゃんの存在。でも頼りになりそうにないな〜

 てか、義母が大塚道子で従弟が岸田森だよ!ほ〜ら、もう怖い( ̄▽ ̄;)アハハ…
義母は優しく迎えてくれたけど、わたしゃ、まったく安心できないよ。第一話は義母に渡した八郎の遺品のカメラを従弟の謙三が庭にポイッと捨てるのを目撃した早苗が、えぇっ?!(ノ)゚Д゚(ヾ)マジ!?ってなった所で「つづく」・・・

 やだよぉ・・船を乗り継いでしかいけない小島なんて、誰にも助けを求められないじゃん!密室と同じだよ!おまけに助けを呼ぼうにも早苗は声が出せないしーーー不安しかない第1話でございました。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 23:00|PermalinkComments(0)

2021年09月12日

きこりのテレビ日記 #52

 9月11日(土曜日)霧雨のちくもり

 眠いけど5時15分に起床。
珍しくすずがミー太と競うように外へ。
どこに行くのかしら・・・

 倉庫に向かう道の街路樹。
一本だけ病気(葉が茶色くなってかなり落ちている)になっているのが気になる。
知らせるべき?でもどこへ?市役所?なんか変なクレーマーとか思われない?
両隣りの木は正常(に見える)のに何が原因で、この木だけが?
奥にある事務所のおっさんが何かした?鳥が?虫が??
理由が知りたい。

 涼しい(寒いぐらい)のでコーヒーが美味しい。
のんびりコーヒー淹れて飲んでいたらまったりしてしまい、珍しくテレビ体操をサボってしまった。

 『見たことのない文化財』 遮光器土偶(録画)(BSP)

 結構おもしろかった。再放送らしい。
過去にもいろいろ放送していたみたいなのに気づかなかったよ。

 通常は間近で見たり触ったりすることのできない重要文化財を最新テクノロジーを駆使して、じっくり観察しようという番組。3Dスキャナーで正確に計測し、あらゆる角度から写した高精細画像を組み合わせることで8K文化財を製作。拡大したり様々な方向から見たりして、今まで気づかなかった先人達からのメッセージを読み解こうというアレらしい。

 すごいよ!文様とか構造(こんな所に穴があったとか、こんな場所にこんな色ついてたとか、意外と薄いとか)がはっきりくっきり!世の中ここまで来たか!ナビゲーターは杏さんで、生徒役(?)に鈴木福君。杏さんは歴史的なことにも詳しいからコメントも興味深いし、わかりやすく楽しく歴史の世界に誘ってくれます。

 「遮光器土偶」とは誰もが歴史の教科書で見たことのある、土偶と言えばコレ!というものですわね。


 福君のコントトーラーで寄ったり回転させたりすると細か〜〜い部分までよくわかる。やっぱり人間が作ったんだな〜という手作りの痕跡が見えてくる。縄文人が身近に感じられるというか。コレ、博物館とかでやらせてくれたら、すごく嬉しいよね。

 「遮光器」とはゴーグルのことらしい。って、ことはゴーグルしてるてことなんだね。わたしゃ、こういう目なのかと思ったよ。宇宙人ぽくもあるよね。

 映像も臨場感があって良かったけど、時々挟まれる土偶が発掘された地元の方々のインタビューが淡々とした中にも味わいがあって良かった。遮光器土偶の焼き物を作っている一戸さんなんて、目を輝かせて興味深々に画面見ていたもんね。新しい発見もあったみたいで早速創作に生かしていた。一戸さんに是非、映像ダビングしてあげて!って思ったわ〜

 そしてなんと!杏さん達がバーチャルリアリティで土偶の中に入ってみることで、縄文人が親指でならした跡を確認することができたんですよ!奥さん!作った人は多分右利きということも。

 ラストは3Dプリンターで復元した遮光器土偶と対面し触ることもできたお二人。両足があるバージョンも作ったので、自立できないから寝かせるか立てかけるかしてあったはずという事も想像できた。教科書に載っているものに、このようなアプローチができる時代なんだねぇ・・・
今度別の再放送があったら、必ず見てみるわ。

9月12日(日曜日)小雨

 何度も猫たちに起こされたけど粘って7時15分に起床。
玄関で雨の中出ていく猫たちをながめる。
今日こそは雑草取りしようと思ったのに・・・
このまま雪が降って雑草を隠してくれるのを待つ?

トラベラー<キューバ編>』#2(録画)(スカパー)(KNTV)

 キューバの旅、ハバナ4日目。
早起きしてマレコンに日の出を見に行くリュ・ジュンヨルさんだったが日の出ポイントを間違えて走る羽目に。間に合って良かった。旅先での御来光拝顔は、より感激するよね。

 前日、ビニャーレスまでの足を赤いオールドカーのタクシーで予約した(運転手のお母さんを通して)ジュンヨルさんだったがーーー
約束した時間に行ってみても運転手さんがいない。どうやら用事ができて仕事ができなくなったようだが、お母さんは英語が話せず、ジョンヨルさんはスペイン語が話せないので意志の疎通ができない( ̄▽ ̄;) ひゃーーー
お母さんは家の中に入っちゃうし・・・さすがに呆然と立ち尽くすジョンヨルさん。

 こういう事があると中々気持ちを立て直すのが難しい。
人間力が試されるよね(笑

 なんとか、オールドカーが集まっているというホテル前へ(どうしてもオールドカーで行きたいのね)。色とりどりのオールドカーが止まっとる。そこで始まる運転手との値段交渉心理戦。観光客をボろうとする(いや、少しでも高い代金で?)運転手側と、ナメられず少しでも安く(安くなくても相場で)目的地に行きたい客とのかけひき(笑)確かにコレは金額だけの問題じゃないね。

 時間はかかったけどジョンヨルさん好みのシルバーのアメ車で出発。
運転手のミゲルはいい奴だった。エンジンも見せてくれたし、アイスも買ってきてくれたし(笑)カサも紹介してくれたから探し回らなくてすんで日没前にビニャーレスの宿に落ち着くことができた。

 私だったら変なとこに連れて行かれて、身ぐるみ剥がれたり売り飛ばされたり(おばさんだけど奴隷なら年齢関係ないし臓器売買などもあるし)するんじゃ・・?って怯えながらも、断ることも積極的に行くことも選ぶことができずにただ流れに身をまかせそうだが・・(どっちに転んでも自分のふがいなさに後悔せざるを得ない)旅では人を見る目が試される。思い切って信用することで展開は変わってくる。良くも悪くも。その責任を自分で背負う覚悟があるかどうかなんだろうが。

 ボロそうなカサに見えたがベッドのシーツもきれいだったし、朝食はホテル並みに美味しそうだったし、当たりだね。
鶏の鳴き声とやぶ蚊で眠れなかったそうだが・・・( ̄▽ ̄;)

 今回もイ・ジェフンさんは登場せず。電話の声のみ。
でもジョンヨルさんがどんどん好きになってきたわ〜



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:40|PermalinkComments(0)

2021年09月07日

きこりのテレビ日記 #51

 9月3日(金曜日)くもり

 窓を開けていると、ちと寒い感じ。これがいいのよね。
でも、ほんの一瞬庭に居た時に虫に食われてしまう。
『虫に食われる』ってすごい言い方だけど( ̄▽ ̄;)アハハ…
だってホントにそうなんだもん。
しかもけっこう腫れる。
虫も最期に思いっきり血を吸ってからあの世に行きたいのかしらね。

 『賢い医師生活 シーズン2』#10 (Netflix )

 救急救命室で再会したジュンワン(チョン・ギョンホ)とイクスン(クァク・ソンヨン)だったが、ジュンワンがオペ中にイクスンは帰宅してしまう。でも、また会う約束を取り付けたぞ。(電話しようかどうしようか・・・迷いに迷っていたジュンワン・・・ラインが来てテンション一気に上がっていた(笑))ジュンワンって普段はクール仕様だけど本当は熱い思いを隠しているんだよね。でも繊細な心遣いのできる人だから自分の思いを押し付けたり絶対しない。

 そしてお母さんの問題で悩み続けていたギョウル(シン・ヒョンビン)はやっとジョンウォン(ユ・ヨンソク)に本当のことを伝えられた。やっぱりギョウルのお父さんはDVで刑務所に入っているそうな。ギョウルは子供の頃からで家に帰るのがいつも怖かったと言っていた。今回お母さんは大けがをした上に精神的ダメージも大きかったため、ギョウルの所に連れてきたらしい。

 母親の状態をなんとなくわかっていたのに気づかないフリをしていたというギョウルにジョンウォンは自分を責めないでと包んであげた。そのちょっと前にギョウルの弟がお父さんの件を婚約者に伝えたことで破談になったってエピソードがあったから、ギョウルは全て伝えることをすごく迷ったと思う。でも、我らのジョンウォンはもちろん気にしない。何よりギョウルが一人で背負っていた重荷が軽くなったようで嬉しくなったよ。

 さて、メンバーでの登山を計画したジョンウォンだが〜〜みんな大反対(笑
それでもペンションを予約して行くことになったのだが〜道中、次々とコールが入り、結局、ジュンワンとソッキョン(キム・デミョン)だけに。正反対の2人はお互いに落ち着かない時間を過ごすのだが〜にゃんと、そのペンションはチュチュ(アン・ウンジン)のご両親が経営されていた!そういえば、どっかの山の麓でペンションやってるから改築のためのお金振り込んだって言ってたよね。

 ちょっと緊張するソッキョン。
そのことを知ったチュチュも即、両親に電話を入れて『クマ』の方が自分が世話になっている教授だから!と伝えたのに、なぜかジュンワンを歓待するご両親・・・
『え?ホッキョクグマじゃなかったの?』『普通のクマよ!!』って・・・(*≧m≦)

 そして告白のラストチャンスの舞台設定に悩むチュチュだったが・・・
ソッキョンの方から食事に誘って来た!!
やったーーー!!このままプロポーズか?!
なんか秘密裡にアメリカに行く話が進んでいるから、一緒に行こうって誘うのかな?アメリカならお母さんにも邪魔されないからいいかも。

 イクスンと会う日のジュンワンは手術が長引き、大幅に遅れてしまった。走って待ち合わせ場所に向かったら、ちゃんと待っていてくれたぞ。イクスンはまだジュンワンのことが好きだけど気持ちを整理すると言ってきたんだが、ジュンワンは『俺にはできない』と。

 お互いに好きあってるんだからさーーーまた付き合えばいいじゃん!
素直になりなさいよーー!

 今回、ジュンワンの部下のジェハク(チョン・ムンソン)の奥さんの妊娠と乳がんが発覚!ずっと子供ができず、もう子供は諦めて二人で生きていこうと決めた矢先のできごと。癌の治療は一刻も早く始めた方がいいけど、もし妊娠を継続したまま癌治療をするなら赤ちゃんへの影響を考えて後3週間またなければならない。もし継続を止めるのなら、すぐに治療に入れる。ジェハクは子どもを諦める発言をしたんだが、奥さんは子供優先で出産が終わるまで癌治療はしないと言うのさ〜

 そこを説得してくれたソッキョン。
選択するのは難しいけど、そういう場合、自分の家族だったらどうするかと考えると。ちゃんと科学的データも伝えながら、心からのアドバイスをしてくれたおかげで奥さんは妊娠を継続したままでがん治療に向かっていく決意をしました。泣き崩れるジェハク夫婦にもらい泣き・・・。゚(゚´д`゚)゚。
いいお医者さんに出会えて良かったねぇ・・・

 ほっとしたのもつかの間、ユルジェ病院の医師が強盗に襲われ救急に運ばれてくるとの連絡が!
いったい誰?ジュンワン?それともイクジュン(チョ・ジョンソク)?!
やだよお・・・・・(艸゚д゚;)


 9月5日(日曜日)曇りのち晴れ

 昨日、ワクチン接種2回目だった。
眠いのと腰に違和感があるぐらいで(それも元々眠かったし腰痛持ちなので副反応かどうかわからない)ほぼ異常なし。
朝起きたら左手が痛い感じ。一回目の時は痒みがあったけど、それもちょいあるかな。

 5時に猫たちに起こされ起床。
まずコーヒーを淹れてテレビをつける。
日曜日の朝にしかやっていない『遠くに行きたい』とか『皇室アルバム』などをぼんやり見るのが好きだ。あぁ・・・日曜日だなぁ・・って実感できる。

 6時半からの『アンパンマン』のテーマ曲を聞いてから庭へ。
やっぱりいい曲だ。娘が小さい頃はエンドレスに聞かされ、もううんざりだよと思ったもんだが、今は懐かしい。娘はドーナツマンデザインマン(おそ松君のイヤミにちょっと似てる)が好きだった。マイナーキャラだからめったに出てこなかったが( ̄▽ ̄;)アハハ…

 雑草が本当にヒドイ・・・
花たちにも申し訳ないし、猫たちにも悪いと思ふ・・・
9.5-1

9.5-2

 ワクチン接種後は大人しくしているのがいいのかもしれんが、
限界を超えていたので2時間ほど雑草取り。
でも、コレぐらいしかきれいにならなかった・・・_ノ乙(、ン、)_
9.5-3

 右端のわさわさしているのはタンジーさん。
雑草に栄養を取られつつも頑張っております。
9.5-4

 雑草を除去し肥料等を追加しましたよ〜
花期の終わったものは切って来年のために休ませにゃ・・・

 雑草取り終わったら風邪の初期みたいにちょっと身体の節々が痛むような気がするが・・・雑草取りのせいなのか副反応なのかわからない・・・
おとなしくしてりゃ痛みが出なかったのかしら・・

 『シングル男のハッピーライフ』#403 (録画)(スカパー)(KNTV)

 ゲストは女優のピョ・イェジンさんと歌手のパク・ジェジョンさん。
2人とも一人暮らしを始めたばかりでイェジンさんは6ヶ月、ジェジョンさんは2週間ですって!ギアンが『若者は初々しくていいね』と言ってたが、ホント、フレッシュ!気持ちがいいわぁ〜

 そして『キム秘書はいったいなぜ?』と『模範タクシー』を見てきた者としてイェジンさんが『シングル男』に出るなんて、出世したわね〜!と心から嬉しい。

 部屋の中も白を基調とした清潔感のあふれる、かわいい感じでイメージ通りだったわ〜
そしてお人柄も真面目。『キム秘書』のジア役と同じようにご両親から愛情いっぱいに育てられたんだろうな〜という感じ。友人と喋る時の方言と弟へのぞんざいな口調(笑)、いろんな顔が見られて楽しかった♫

 そう言えば、昨日も『海街チャチャチャ』というドラマを見初めて、この主演のホン班長ってどっかで見たことあるんだけど〜〜ウーン /(*-_-*)\ と思って調べて見たら、『キム課長とソ理事』で経理部の末っ子役で変な髪型だったサンテじゃん!キム・ソンホさん、いや〜立派になって・・・いつのまにか主演を張れるほどになっていたのね〜とびっくりしたよ。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:05|PermalinkComments(2)

2021年08月28日

きこりのテレビ日記 #49

 8月23日(月曜日)小雨

 近所のボロ工場(昭和45年には存在していた一般家屋を使用)が先週から、やっと解体しはじめたが、すごいのんびり。ケチで有名な社長だから自分で解体もやってんのかしら?とっとと片づけりゃいいのに。でも毎日出勤時と退勤時に今日はどれぐらい進んだかな〜?おっ、結構進んだじゃん、あの中こんなふうになってたのね〜等と確認するのが楽しかったりして。

 20時 BS朝日『ウチ、断捨離しました!』#82

 今回も結構強烈だった。キャラ的にも内容的にも(笑
主人公は長年のパートナーたっちゃんと一軒家に住むともちゃん。
玄関入ったらもうすごい!と思ったら
玄関の前からもうゴチャゴチャがあふれていた・・・( ̄▽ ̄;)
この手の番組でよく見るけど、なんで玄関に必要ない(本人は必要とジャッジしているんだろうが)他ジャンルのモノを積み上げるんだろうね?長く住んでいると慣れちゃって圧迫感も感じないのかな?

 ごちゃごちゃは廊下〜居間〜台所〜階段〜物置〜寝室までとにかく15年分のモノがあらゆる場所に堆積している。なんと言うか・・その場で捨てるかどうかの判断を保留にし続けてきた結果が累積したというか〜〜ご自分で『(モノが)すごいのよ〜』『病気だね』と認めているが開き直っているようにも見える(笑

 この状態のせいか、ともちゃんはイライラがひどく、ついついたっちゃんに怒鳴り散らすことが多いそうな。その状態を治して『優しい人になりたい』、さらにたっちゃんのためにも自分が一人になれる『穏やかに過ごせる部屋』を作りたくて応募されたらしい。

 家を訪れたやましたさんも、さすがに絶句というか・・・どこから手をつけたらいいのかわからんほど。二階の物置(昔の資料がたまっている)を自分の部屋にするのが目標ということで、まずはここから。でもね〜とにかくともちゃんのペースがのろいというか・・私だったらキレて棚を蹴っ飛ばすレベルゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ・・・様子を見てやましたさんが時々指導入れるんだけど・・・届いていないというか・・ブロックしているというか・・

 やましたさんが帰った後、お二人で断捨離を続行したんだが、資料を捨てるにも、ともちゃんがいちいち確認して浸って・・迷って・・だから進まないったらありゃしない。私にしてみたら、もう何年も開くことなく置いてあったんだから、全て捨てていいのでは?いちいち見てたら日が暮れちゃうよ!どんどん捨てんかい!なんだが。

 たっちゃんがシビレを切らして台所の断捨離を始めればケンカ(ともちゃんがキレてどなって終わり、番組最強かも)になるし・・難しい。ひじょうーーーに難しい(笑

 たっちゃんはともちゃんのために台所をリフォームしようと計画しており、そのために茶箪笥とかも作り初めていたもんだから、この機会を逃したくなかったのさ〜その後も物置の断捨離が進まないので、さすがに堪忍袋の緒が切れたたっちゃんが独断で棚を外して処分したもんだから、わたしゃともちゃんの怒りが怖くてヒヤヒヤしたけど、コレに対してはまったくお咎めなしでむしろ感謝していた。

 やっぱりアレだね。夫婦のことは(このお二人は婚姻されていないが)夫婦にしかわからないというか、いくらケンカを繰り返していても二人だけの世界があるんだな〜と納得。ともちゃんはたっちゃんのことを尊敬してすごく大切に思っているし、たっちゃんもともちゃんという人のいい面も悪い面も受け止めて愛しているんだな〜と・・・ちょっと羨ましくなったよ。

 断捨離はラストスパートをかけたおかげで結構進んだけど(私的にはたいして変わってないじゃん!って思ったが)人それぞれのペースがあるもんね。ともちゃんはこっからがスタートで、たっちゃんのサポートを受けながらちょっとづづ断捨離を続けていくんだろうね。


 8月24日(火曜日)小雨

 昨夜、寝る前にベッドを東向きに変えたらいい感じ。
ミー太もちゃんとベッドに来てくれたし〜ヽ(´ー`)ノ
ただデカいから布団を占領されて背中が冷えるなど・・・(笑

 雨続きで寒い。
ストーブ点けたいけど、私にしては珍しく我慢している。

模範タクシー』第13話(録画)(スカパー)(KNTV)

 ペク会長(チャ・ジヨン)の昔の映像から始まった。どっかのエライ会長さんに尽くすペク会長・・・後妻業か?と思ったら本気だったのかしら・・・陰謀なのか何なのか一緒にいる時事故にあって会長は死亡。遺族に罵倒されるペク会長・・・それでカネゴンになっちゃったのかねぇ・・

 と思ったら、「エピローグ」で注射セット出してきて会長に打ってた!
一瞬でも毒グモ女を信じた私が大馬鹿だったよ・・・(-言-)
会長と一緒に乗っている車に突っ込んで来たトラックにはソクテとヨンテが乗っていた。こうやって資金を稼いてきたのか・・・ホント、恐ろしい女だよ。

 さて現在、監禁していた犯罪者たちを連れて逃亡したペク会長一味。
チャン代表(キム・ウィソン)とキム・ドギ(イ・ジェフン)は犯罪者達奪還を誓うが、連れて来たところで入れる場所がもうない。ど〜すんの?

 だから〜〜!『親切なクムジャさん』方式に一人一人遺族と一緒に殺っちゃまえば良かったんだよ。監禁代とかも浮くしさ〜ペク会長みたいな奴を儲けさせることもなかったし。生かしておく意味がわからんよ。チャン代表は恐怖心から更生への道を歩むのではないか?と考えていたようだけどまだるっこしいよ。閉じ込めておくだけで奴らが改心するとは思えないし、復讐頼んだ相手も末路がはっきりしないと不安なんじゃないの?

 ペク会長がバハマ大使館とコンタクトを取っているのを知ったドギ達は停電を起こして大使館に侵入。そこでヨンテを見付けて捕獲し救急車で逃走(いつも思うんだけど、この救急車どこから来た?すぐに車の塗装変えちゃうからコレも剥がせるタイプ?)。同じ時に嗅ぎつけたカン検事(イ・ソム)も来ていたんだけどなんとかまくことができた。



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:51|PermalinkComments(0)

2021年06月06日

きこりのテレビ日記 #42

 6月2日(水曜日)晴れ・・のような。

 6時25分Eテレ 『テレビ体操

 6月になってタイトルバックがあじさいに変わったわ〜
こんなちょっとしたことで気持ちが和らぐ〜新しい体操も挟まれ、いろいろ工夫してんのね〜等と思いながら体を動かす。 

斬新な整理』#34(録画)(Mnet)

 今回の依頼人は女優のキム・ガヨンさんと旦那さんのイム・ヨファンさん。
余りにも深刻なケースであるためナレ達には依頼人情報が渡らなかったようだが、さもありなん。

 玄関入ったらデカい壺やら石やらが並んどる。圧迫感ーー。リビングにもガヨンさんがお母様からもらったという壺が棚のあちこちに入っているし、お子さん(7歳)の遊び道具やらおもちゃの家やトランポリンなんかがびっしり並んでいて通るのも大変 ( ̄▽ ̄;) 台所には料理上手のガヨンさんが作った料理を配るとかで大型タッパー(収納ケースみたい)や大型の料理道具、発送用発泡スチロール容器が積みあがってるし、作る量もハンパじゃないそうで場所を取る業務用の調味料や食品が在庫を含めて多数。棚にギチギチ、床にも置いてある・・もうめまいがしそう・・・(´Д` ) 家中そんな感じ。あらゆる場所にいろんなジャンルのモノがごちゃごちゃと堆積して空間が感じられない。光も入らないョ〜

 他の部屋にもガヨンさんの趣味のもの(始めたけどすぐ止めたのか)多数でかなりスペースを使っている。エラさんが「コレは使うの?」と聞いたら「ええ、使います」の連続で捨てる気なし。さらに浴室が機能せず物置になっている。お子さんがいるのにどうしているの??そして恐ろしかったのはガヨンさんがこの状態を『普通でしょ』と言っていたこと・・・(  Д ) ゚ ゚ いや〜〜〜旦那さん、よく我慢しているよな。こんな家じゃ気持ちも休まらないでしょうよ。もう慣れたのか?番組史上最も独特だった。防災リュック(特大・一家用容量の)が各部屋に置いてあるってのもすごいし。心配性なのかしらね。

 旦那さんの部屋も半分以上はガヨンさんのモノ。さらにベッドも子供用か?ってぐらい小さくて縮こまって寝ているし・・・さすがに旦那さんが可哀そうになったワ( ̄▽ ̄;) 

 これはスタッフ逃げたくなったと思われ・・・いつも短時間で家具の再配置とか中のモノを整理整頓してくれてるけど・・・今回はいつもの何倍もの時間が必要でしょ・・・人ごとながら暗ーーい気持ちになったぞ。

 でもガヨンさん、意外なほど手放す時は潔かった(自分の拘りのモノ意外は)。そもそもの量がかなり多いから断捨離する量もかなりなもんだよね。

 アフターの家は玄関はそれでもやっぱりモノが多い印象だけど低い棚の中に入れたり並べ方も工夫されているのですっきりした印象。やっぱり配置の仕方が大事なんだよね。リビングも私にしたらまだモノが多いよ!って思ったけど床が見えてベランダにモノがないからすっきりさわやか〜風が通るってすばらしい〜!

 キッチンもごちゃついて詰め込んでいた食器がギャラリーのように美しく並んでいる〜作業スペースができて広々。これなら増々腕が振るえるでしょうよ。旦那さんの部屋もできたし(奥さんのPCは置いてあるけど)洗面所もやっと使えるようになりお風呂やシャワーにも入れるようになった。この奥さんなら、すぐまた自分のモノをあちこちの部屋に置きそうだけど・・・( ̄▽ ̄;) 今回はいつも以上に整理の力を実感したわ〜

シェフは名探偵』第1話(録画)(TV東京)

 面白かった〜!なんて優しいミステリー。レストランには謎が溢れている。
てか、三舟シェフ(西島秀俊)記憶力良すぎだろ!8年前に入ったラーメン屋の店員の顔を憶えているとは・・・恐ろしい子・・・

 彼は人を見る目も抜群。強引にスカウトしたリストラされたサラリーマン高築(濱田岳)は初日からお皿三枚持っていたし、動きはいいし、一度教わったことはすぐ身に付ける。気働きもできるし何よりシェフと同じで記憶力がいい。いや〜濱田君が入ってドラマがさらに締まったね。毎度のことながら濱田君は最高のスパイスザンス。

 そしてスーシェフの志村(神尾佑)とソムリエの金子(石井杏奈)、4人のバランスが絶妙。緊張感がありながらもコミカルで楽しい。まかないはもちろん、お客様に出される料理、今回出て来たチョコまですべてが美味しそう!全体的に好きな感じ。もちろん視聴決定です。




 6月3日(木曜日) 曇っているけど暑くなりそうな感じ。

 『にぶんのいち夫婦』第1話(録画)(テレビ東京)

 興味本位で録画してみたが韓ドラの『夫婦の世界』みたい。HPのトップ画像も似てる。あっちよりマイルドな感じだが。結婚2年目、イケメンで優しくて家事にも積極参加の完璧な夫に愛されている幸せな妻→夫に浮気されている不幸な妻?ホントにねぇ・・世の中に浮気のしない誠実な男性はいないのでしょうか〜?これから浮気相手の特定になるんだろうが、親友が怪しいよねぇ・・てか、比嘉さんの旦那さん役の話し方が妙に生優しくて(まさかあの人が?!と近所で言われる犯罪者的な)生理的に受け付けない。2回目はいいかな・・・( ̄▽ ̄;)

 『リコカツ』第7話(録画)(TBS)

 明日金曜日だから先週の分見ておかないと( ̄▽ ̄;)
お互いに思い合っているの素直になれず・・・うまくいかないわねぇ・・・でも、このすれ違いが、あぁ、今、私ドラマ見てるわぁ!って実感させてくれるの。恋愛ものには興味ないのに今季はコレだけは非常に楽しく見ております。

 離婚をカミングアウトした咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)にそれぞれ急接近する者が・・・
咲には元カレの青山(高橋光臣)と担当作家の水無月(白洲迅)、そして紘一には煮物女こと一ノ瀬(田辺桃子)。そんなね、懺悔したって今までの悪行は許されんのよ( ー`дー´) 卑怯な手を使いおってからに。食堂でやっと咲が素直になろうとしたのにーーーバッドタイミングで入って来やがってゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ。そして紘一が追ったのに煮物女も追ってきたという・・・ね。一途に見せようとしているが中々怖い女デスヨ。

 咲の方もね、青山は危険な男ですよ・・こう、する〜っと寄り添ってくる感じがね、弱ってる時はマズイよ(笑)なんかぴったりフィットのコツわかってるも。でもこういう人って結婚したら豹変しそう( ̄▽ ̄;) 作家先生の方もね、ちょっと愛を求める濡れた子犬感あるしね、強引で読めないところあるから油断大敵。咲は眼中にないだろうけど機嫌を損じる訳にいかないしねぇ・・・

 今回、咲のお父さん(平田満)のスマホの着メロが『蒲田行進曲』だったのがちょいと嬉しかった。懐かしい。当たり役だったよなぁ。若かったねぇ、お互いに( ̄▽ ̄;)アハハ…続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:48|PermalinkComments(0)

2021年04月25日

きこりのテレビ日記 #37

 4月25日(日)

 猫たちが騒いでいる。5時5分。まぁいつも通りなのだが今日は日曜日。それに雨なんだけどなぁ・・どうせ猫ドア開けてもすぐ戻ってくるくせにぃ・・・頼むから寝かせてくれ〜〜と布団に潜るがベッドの隣に置いてあるタンスから飛び降りて来たり枕の横を走ったり・・・ケンカ始めるし・・( ̄▽ ̄;)アハハ…
それでも1時間近く抵抗したが6時に起床。玄関の扉を開けるが・・・
『あれ?雨だ・・・』
『だから言ったでしょーーがーー』
soto

 10秒後には家の中へ。まぁ、いい。
猫たちは雨だということを確認して満足したようだ。
1

 コーヒーを淹れておいて(ちょいと冷めかけが好きなんで)車で図書館へ。
返却日が過ぎていたのでね・・・( ̄▽ ̄;)
昔図書館で働いていた時は返却日遅れていた人にエラっそうに督促の電話かけていたのに・・・申し訳ない。

 帰宅してコーヒーを飲みながら『シングル男のハッピーライフ』#384(録画)(KNTV)を見る。今回の映像は前半がパク・セリさんで後半はMCのパク・ナレ。なんかセリさんが来るとみんながすごく気を使っているのが見えてちょっと楽しめない。もちろん気を使われるだけの功績のある人なんだけど、MCのみなさんから微妙な緊張感も伝わってくる。

 後半は体調不良のナレが韓医院(漢方の処方をしてくれる病院)で診察を受ける場面から。多忙で去年から頭痛とアレルギー反応に悩まされているそうな。私が見ている番組ですら結構ナレさんを見るもんね。韓国ではもっと活躍しているはず。そりゃ疲労とストレスも溜まっているでしょうよ。問診と詳しいストレスチェック的なものがあるようだが「怒り」チェックもあって私もやって欲しいと思ったよ。我ながら長年の怒りが溜まっていて、ふとした拍子に爆発するのを感じているのでね( ̄▽ ̄;)(悪い条件が重なったら犯罪者になるかも・・という危惧は常にある)

 ナレさんの場合はやはり疲労が蓄積しているそうで身体の上半身は熱いのに下半身が冷えて血液の循環が悪いし心臓にも影響が出ているんだと。ゆっくり休んで欲しいがレギュラーも多いだろうし手抜きできるタイプの人ではなさそうだから難しいのかなぁ。でもこれからも活躍するためにも一度長期的に休むことも考えて欲しいわ。韓医院の後は農村暮らしが体験できる地方の韓屋(韓国の伝統的な建築様式で建てられている家)ペンションへ。

 かまどで使う薪割りや火をおこすのは大変そうだったけどやっと作った食事はすごく美味しそうだった。焼きサワラ・雑穀米・近所で獲ったナズナのジョン、古漬けキムチの味噌汁、唐辛子の醤油漬け・・・(^q^) 夜はドジョウ鍋とツルニンジン。こっちはそんなにアレだったけど( ̄▽ ̄;) (unagiも好きじゃないんで)滋養はついたみたいだが。

 スローライフの大変さを実感し眠りについたナレさん。『私は都会の人間です!』って宣言してたもんね(笑)余計ストレスが溜まったような気もするが・・気分転換にはなったのかなぁ。

 『ソロ活女子のススメ』 第4話(録画)(テレビ東京)

 今日の五月女さん(江口のりこ)のソロ活は「工場夜景クルーズ」。いいねぇ゚+(b゚ェ゚*)+゚ まさにソロ活にぴったりだよ。一人でゆっくり見たいもんねぇ。ところがソロ活先輩と後輩に話しかけられ・・・戸惑いつつも五月女さんは楽しんでおりました。思いがけず深い話になったりして・・いい時間になったようです。
 
 ひとりで動いているとたまにこういうことがあるから面白いよね。行きずりの人とだからこそできる短いけれど心が触れ合うようなやり取り。この後、ライン交換とか飲みに誘われたら面倒だな(ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ)と思ったけど、お二人ともそれぞれのソロ活ルールにのっとってそのような事は無くあっさり別れたのが良かった。またどこかで会えたらいいもんね。

 10時5分より40分ぐらい『サンデー・ジャポン』(TBS)視聴。
3回目の緊急事態宣言について。オリンピック中止するって言うなら信用するがどうなんでしょうかねぇ。基本移動(不要不急の外出)自粛要請、お酒を出す飲食店・大型商業施設に休業要請。イベントは無観客。都立公園は閉鎖。看板やネオン消灯要請。ネオン消すことに何の意味が?暗くなって治安が悪くならないか心配だよ。それに無言で済む観劇とか映画、書店も休業要請って・・・飲食店だって一人で来るんならいんじゃないの?公園も閉鎖って・・・(-_-) リモートワーク出来る人なんて労働者のほんの一部だしさ。「要請」ってまだ有効なのかねぇ。「正直者がバカをみる」事態になっているような気もするが。

 『生きるとか 死ぬとか 父親とか』 第3話「美容とか見た目とか」(録画)(テレビ東京)

 食物アレルギーで痒みが止まらないと父・哲也(國村隼)から電話があり皮膚科に付き添うことになったトキコ(吉田羊)。しかし診察受けるも異常なし。診断は加齢による乾燥肌。アレ?アレルギー検査とかしてくれないの?と思ったら一ヶ月前に検査済だった( ̄▽ ̄;) ボケたか?と思ったが、すぐに顔のシミ取りを要請をする哲也。友達との約束をキャンセルして付き合ったのにと愚痴るトキコであった。

 まぁ、切り替えが早いのはいいけど腹立つよなぁ。他人なら許せることでも身内だとムッカーってくるよね。シミ取りなら私もしたいよ。実家に行く度に母の「そのシミをどうにかしろ」って言われるのもムカつくしさ。でも前にシミ取りに行った時恐怖を感じて・・・施術事自体はほとんど痛みなかったんだど、目隠しをされている間の医師と看護師の会話の険悪な雰囲気に( ´△`;) さらに自分の顔ごときにそんなお金をかけるのはもったいない気も・・・美味しいもん食べて欲しいもん買った方が人相良くなるんぢゃ・・と思ったり。

 父の急なシミ取りに怪しみを感じるトッキーさん。「もう年よりなんだから(シミなんか)いいじゃない」ってのもアレだと思うが、確かに怪しくはある。女の影??本来身なりに気を配るのはいいことなんだけどね。ここもやはり身内が色気を出してくると嫌な気持ちになる(笑)

 しかし友の「お父さんは刺激が欲しかったのかもよ。自分を元気づけるためじゃ?」という言葉に納得するトキコ。

『年老いた父が自分で自分を励ますことのなにがいけないというのか。
そう考えて反省した』


 確かにね〜トキコ世代はまだ一人でとか友達と一緒に自分を潤すことはできるけど、親世代だとお仲間も次々といなくなるし、身体の調子もアレで外にも出ずらくなる。だから子供の力を借りて自分をリフレッシュさせる・・・それの何がいけないというのか。用事を頼まれる度にムッとしていた自分を反省したよ。

 ラジオの投稿にもあったように思い付きのよう見える行動にも、実は本人なりの意味やコンプレックスへの戦いや意外な向上心やチャレンジ精神があったりする。親子だとそんな行動に対しても瞬間的に沸き上がる感情に縛られがちだけど、ちょっと離れて楽しめるようになればお互いにとって良し・・なのかもね。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:40|PermalinkComments(0)

2021年04月07日

きこりのテレビ日記 #34

 4月6日(火)

 『イチケイのカラス』第1話(録画)(フジテレビ)
面白かった〜!好きな感じよ。梅雀様も出ているし〜♬ やっぱり竹野内様良いわね。しかし人情派すぎるだろ!( ̄▽ ̄;)
被告人のお父さんの死が自殺じゃないってわかって良かった。彼が知りたかったのは真実。不正献金疑惑についてもこれから明らかになるはず。父親が関わっていたとしても亡くなる直前に選んだ道や死の原因を知るか知らないかで彼の人生は大きく変わってくるんじゃないかな。そしてみちおが言っていたように被告人が納得しない形で刑を執行すると再犯の可能性が高くなる。判決を下す裁判官(刑事や検察官・弁護士にもその機会はある)には被告人を犯した罪に向き合わせるという役目もあると思う。だから考えて考えて・・・でも考えても考えても完璧な判決なんてものはない。だからみちおはギリギリまでとことん事件と、被告人と、罪とにフェアな目で向き合い続けるんだね。
 
 みちおは11年前までは弁護士で冤罪事件と思われる裁判に関わったのかな?その後小日向さんにスカウトされて裁判官へ。『いずれこの国の司法を裁く』とか言っていたが、この時の事件に司法関係者がいたってこと?あるいは法の抜け道的な?

 そしてみちおの言っていた『カラスになれ』の意味とは?
あの絵のカラスは三本足だったよね?カラスっていうとゴミステーション荒らしのイメージしかないが神話に出てくるカラスは神の使いで正しい道に導く存在なんだと。みちおは千鶴(黒木華)に司法の世界でそのような存在になって欲しいと期待しているのかしら。そしてもしや11年前の件にケリをつける際の公平な証人であり裁判官であって欲しいと???もちろん視聴決定。来週も見ますよん。

 『迷宮グルメ 異郷の駅前食堂』 #147 神奈川&ブルガリア

 木曜日に移動した一回目。
ヒロシの事務所から「旅すること遥か46km」・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…
前半は神奈川稲川ヶ崎駅。
鎌倉・・・懐かしいわぁ・・2年前の6月にお邪魔しました。
IMG_0368

IMG_0354

IMG_0396

旅行もアレ以来行ってないよ。
行けても1年に一回だけど、マジでどっか行きたいって心の底から思うワ。違う場所の景色見ているだけで癒されるって実感しとるよ。

 てか、ホントに電車と住宅が近いね。
塀の上歩いている猫がいたら危ないんじゃ・・それに紫陽花シーズンじゃなかったら、こんなに空いてんの?稲村ナントカ駅だから?お寺とかはやっぱり混んでんの?いっつもあんなんかと思ってうんざりしたけど今度は4月に行ってみよっかな〜゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 鎌倉の古い日本家屋いいわぁ・・縁側憧れるよ (´−`) 私も家建てる時縁側作りたかったのよ。でもね、北海道だとそんなもん作ったら寒くて寒くて・・・実現不可能なんですワ。デッキスペース作る人は多いけどね。違うのよ、そっちじゃないのよ。

 後半はブルガリア・ソフィア中央駅。市場めぐりは楽しいねぇ。ハーブティなんて買って、ヒロシ飲むのかねぇ。そしてお食事。今回はいい食堂選んだんじゃない?実物を見て選べるってのはいいよね。でもいつもよりギャンブル度低くてアレだったが。

 4月7日(水)

 7時5分 BSP『あぐり』第9話
あぐり(田中美里)が嫁入りして半月が過ぎたようだが、相変わらずエイスケ(野村萬斎)とはすれ違い。というか嫁というよりも望月家の養女になったというか、ただの居候だよね ( ̄▽ ̄;) お嬢様とか呼ばれているけどさ。

 あぐりったら家に居た時と同じようにマイペースで行動。朝も光代さん(お姑)(星由里子)から一番早く食卓につきなさいって言われてたのに変わっとらんし。言われなきゃエイスケを起こさないし。習い事あるのに普通に寄り道しとるしよ。さすがに光代さんもキレるんじゃ・・( ̄▽ ̄;)日に日に目が険しくなっとる。

 わたしゃ、あぐりの母親の美佐(松原智恵子)にムカついてしょうがないよ。嫁入り前になんも教えんと嫁ぎ先まかせ。しつけも何も望月家に丸投げだもんね。自分達への経済的援助のためだけにあぐりを売り飛ばしたと言っても過言ではないと思ふ。

 学校では親友だった民子(笹峰愛)から裏切り者呼ばわりされ口を聞いてもらえない。でもエイスケが遊郭通いだと言う情報だけは与えるという・・・恨みが深そう( ̄▽ ̄;)

 学校帰りに下働きのかよちゃんに遭遇し無理やり汁粉屋(だっけ?)に連れて行き『友達になろう』宣言。変にエラそうにしているより好感は持てるが、はっきり言ってかよちゃんにはちと迷惑な友情じゃ?案の定、帰るのが遅くなってかよちゃんは女中頭から怒られていたし(ちゃんとあぐりが理由を説明していたのは良し)かよちゃんはアンタみたいに気楽な身分じゃなくて忙しいんだからさ。


 7時30分 BSP 『おちょやん
 7時30分『おちょやん』第18週「うちの原点だす」第88話

 なんという事だ・・・福助(井上拓哉)が戦死してしまった・・・
なんかさ、ただ『戦死しました』なんて電報もらっても信じられないよね。災害の場合もだけど、ご遺体と会えないというのは本当に辛いと思う。なんか帰ってきそうで私ならずっと待っちゃうかもな。

 一福(歳内王太)は『お国のために立派に戦うて死んだんや。本望やったに違いあれへん。お父ちゃん誇りに思います』と言い切っとったが・・・内心葛藤しとるんやないやろか。本当にこの戦争は正しいんやろか・・て。負けたのを知ったら絶望して生きていけなくなるんじゃ・・

 そして悲しみのあまり布団から出てこられないみつえ(東野絢香)にシズさんが喝!
ええかげんにしなはれ!何だすそのざまは。
傷ついてんのはアンタだけやあれへん!!


 いやいやいやいや・・・まだ戦死知って数日でしょうがーー
そっとしていてあげなよーースパルタすぎるよーーこういう励まし方しかできないんだろうけどさ。それと『傷ついてんのはアンタだけじゃない』って言葉嫌い。たとえたくさんの人が傷ついていたとしても、みつえの悲しみはみつえだけのものだもん。

 そして百久利さん(坂口涼太郎)も・・・(´;ω;`)
身近な人間の戦死を受け、一平(成田凌)は初めて愛国ものの芝居を創ってきたことの責任を感じたようや。戦争を賛美した訳ではないけれど時流に乗っかって芝居の中で兵隊さんたちが戦争に参加することを肯定し、戦場へ行くよう背中を押したもんなぁ。でも、この時代に生きていた人たちは多分こんなふうな後悔や無念さをそれぞれ抱えているんだと思う。あのエラッそうだった国防婦人会のおばさんだって、芝居やめろ!って怒っていた警官だって。戦争を始めたのは自分達じゃないけれど、反対できなかったこと、お国にただ従ってしまったこと、生き残ってしまったことで自分責めながら生きてきたのかもなぁ。

 千代(杉咲花)がいつもながめて救われていた夜空に敵機がたくさん飛んでいた。夜空が恐ろしいものに変わってしまった。そして農家のおばさんから役者であることを全否定され歩く帰り道・・・すべて憶えていたセリフが思い出せない・・・

 役者であることに救われ、舞台に立つことで自分自身を発見し表現してきた千代・・・その千代がセリフを思い出せない。千代の千代である部分が欠けてきている。戦争がいろんな人の人生を削って失わせていく。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:35|PermalinkComments(0)

2021年04月04日

きこりのテレビ日記 #33

 4月4日(日曜日)

 6時過ぎ。ミー太が悲しげに鳴いている。アォ〜〜ン〜アォ〜〜ン〜〜〜
わんこみたい。この声を聞く度にミー太は昔うちにいた犬のコロの生まれ変わりなんじゃ・・と思ってしまう。態度も犬っぽいし。起きようとしたらすずが布団の中へ入ってきた。雨降りの日曜日に猫のあたたかさが心地よい〜結局、6時半頃起床。

 7時ミー太・なつ・すずと外へ。でも雨だよん・・・( ̄▽ ̄;)
すぐ家に戻るなつとすず。ミー太はパトロールへ。漢だねぇ。
本日は定休日だが倉庫のトイレ掃除。これを終えたら今日はのんびりして良し!

 『シングル男のハッピーライフ』#381(録画)(スカパー)(KNTV)

 日曜日のお愉しみ(土曜夜放送)『シングル男のハッピーライフ』。にゃんとBTSのJ-HOPEさんが(って、誰が誰やらわからんが( ̄▽ ̄;) )が出演希望されているそうな。出てくれたら視聴率ヤバイことになるだろうね〜

 本日は少し寒いのでコーヒーが旨い。このところスターバックスのスティックコーヒー(カフェラテ)にハマって、そればかり飲んでいたが(ハマるとそればかりになる)たまにちゃんと淹れると美味しい。脂質も気にしなくていいし。

 今回のゲスト、前半は2PMのウヨンさん(なんだけどチャンソンさんも出演)、後半は先週に引き続きパク・ウンソクさん。チャンソンさんはしょっちゅうウヨンさんちに来ているらしく暗証番号も知っていて慣れたふうに台所で調理開始。手際も良くてめっちゃ美味しそう!この番組に出てくる料理で出前以外で初めて旨そう!!って思ったぞ。鮭ごはん作りたくなった〜
 食後はカムバックに向けて(4人が兵役だったらしい)ダンス自主練。最初は忘れてしまってぼ〜んやり踊っていた二人が徐々に勘を取り戻しエネルギッシュな野獣の片りんを見せるようになっていたのはさすが!2PMについては俳優業しか知らなかったので今後は歌手としての仕事にも注目してみようと思いますわ。

 郊外(ソウルからどれぐらい離れているかわからんが)の楊平の一軒家で暮らすウンソクさん、ラストには寂しいと言っていたけど趣味を極め中って感じですごく一人暮らしを楽しんでいるような。『後悔したくないから迷った時はとにかくやってみる』と言う言葉が印象的だったわ〜

 『モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜』 最終話(録画)(テレビ朝日)

 前回トミー失踪事件のおかげで能力が復活したモコミ(小芝風花)にε-(´∀`*)ホッ
千華子(富田靖子)は『普通になって良かったじゃない』とか相変わらず発言をしていたが、この能力はモコミにとってすごく大切な要素だから(モコミ自身が無くなって清々したよって言っているなら別だけど)本来のモコミを取り戻せたようで良かった。

 能力が戻ったモコミは自分の進むべき道を樹木医に決め、修行するため一人立ちすることにした。旅立ち前に千華子に言いたいこと言ったもんだから気まずい別れになっちゃったけど、やっぱり戻ってきちんと心の中にある思いを伝えられた。トミーとの別れも寂しかったけど、ホントに大人になったというか・・大人になりたいと思った時がその時なんだと思う。モコミは今だったんだよね。

 そしてお兄ちゃん(工藤阿須加)も役者をやってみることを決意して劇団を立ち上げた佑矢(加藤清史郎)の元へ(あんな態度取ってたのによく頼れるよなぁ。しかも、すぐ戻って来ちゃったけど( ̄▽ ̄;)アハハ…)まぁ、「青春のリグレット」を解消できたみたいで良かった。鈴音さん(水沢エレナ)とは一緒に暮らせないと伝え(正直に自分の気持ちを言えて良かったよ。今まで全部溜め込んでいたから)花屋さんを頼んで行ったけど、戻ってからは二人の将来が見えるいい雰囲気になっとった。

 そして子供たちからいろいろ言われやっと父親・観(橋爪功)のせいにするのをやめた千華子。ちゃんと運転免許取って夫(田辺誠一)の元へ。一緒に行くはずだっ父親は『恋の予感』とやらで残ったわ〜もしや教師をしていた頃のお相手に再会しちゃったのかしらね。このおじいちゃんはいつまでも老けないし変わらない。観さんだけが家族一人一人をあるがままに受け止めていたように思う。それってすごく難しいことだよね。

 家族はそれぞれ別々の場所で生きることを決めたけど、人が変わる時が来るように家族も形を変える時があるのだと思う。その時傷つけあったり憎しみを感じることもあるかもしれないけど「家族」でいたいという気持ちがあれば離れていようと大切な場所になるし、その場所を育てていくんじゃないのかなぁ。

 道端に咲いた一輪の花のようなほっとする佳作でした。やっぱり風花ちゃんって好きな女優さんだわぁ。

 『黄金の日日』第1話 「信長軍包囲」(録画)(BSP)

 楽しみにしていましたわ〜♪ヽ(*´∀`)ノ 昔見たんだけど、そんな真剣には見ていなかったからねぇ。あぁ・・・この曲だよ!懐かしい!脚本は市川森一さんだったのか〜しかしキャストの名前を見ていたら鬼籍に入られた方ばかり・・・何だか胸が熱くなってしまう(´;ω;`) あなたたちが残してくれた作品をしっかり楽しませてもらいますよ。

 第一話は攻め入って来た信長(高橋幸治)(信長と言えば、わたしゃ未だにこのお方が浮かぶよ)から堺を守るため千利休(鶴田浩二)から託された葉茶壷を届けようと秘密裡に動く今井宗久(丹波哲郎)。そのお供として選ばれた(残った?)身寄りのない(危険なミッションなのでね)3人、善住坊(川谷拓三)、のちの石川五右衛門(根津甚八)、そしてのちの納屋助左衛門こと助佐(現 松本白鸚)の姿が描かれた。

 いや〜いいキャスティングですよ。五右衛門の最期は憶えているわ・・川谷拓三さんも若い!小心者キャラがキュート(笑。そして白鸚様!この時は染五郎さんだったが、しっかり納屋番として働く名もなき若者感、でも大志を実現してくれそうな強さと柔らかさのある眼差しがしゅてきだった。お父さん琉球に行く途中で遭難しちゃったみたいなんだけど父の後を継いで船乗りになり交易をしたいという言葉に宗久も胸を打たれたようだね。

 てか、すごい豪華な出演陣だよ。堺商人のトップ・会合衆には丹波さんや鶴田さんの他、宇野重吉・志村喬・津川雅彦だよ!そして秀吉が緒形拳、助佐の生涯のパートナーとなる美緒に栗原小巻。夏目雅子さんの姿もあったわ〜さすが大河って感じ。もちろん視聴決定。日曜日の楽しみが増えました。



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 22:11|PermalinkComments(0)

2021年03月24日

きこりのテレビ日記 #30 3月24日(水曜日)

 4時53分目が覚める。ストーブを止めて寝るようになってから私が寝室に移動したらなつとすずがベッドで待っている。なつは布団の上、すずは布団の中派なので枕元辺りで。猫たちと一緒に寝られるのはマジで幸せなのだが、両サイドにいる猫に挟まれ寝返りが打てないのが苦しい。運動不足で腰がちと痛いのに変な姿勢で寝ているとさらに血行が悪くなりそうな。布団から出る時も猫が気持ちよさそうに丸まっているのに起こしてしまい申し訳なくなる。

 5時10分起床。5時20分、すずとミー太と外へ。外が明るい。新聞集配所の灯りが全く目立たない。そうなるとあの暗闇の中の明るい光が懐かしい。その繰り返しだなぁ・・・帰り道、ミー太が道路を走り抜けていくのが見えた。

 7時 BSP『澪つくし』第151話〜156話。
今週から尺調整のために毎日2話づつ放送。その後『おちょやん』もあるから、ますます朝の支度の時間が無くなるというねぇ・・・( ̄▽ ̄;) 正直2話連続はキツイし、そういう見方するもんではないわね。

 戦局の進み方が早い!月曜日の152話では昭和18年になっており、物資もかなり不足し大豆もなけりゃ仕込みに使う樽もない。しかたなく脱脂大豆を使った醤油を作るが、余りのマズさにQべー(津川雅彦)男泣き。Qべーはこの大豆使う時も反対していたけど、そんなこと言ってたら生き残れないっつーの。非常時なんだからさ。もっと柔軟に対応していかんと。

 そして竹田が戦死してアミちゃん(高師美雪)号泣・・って、そんな結婚生活も一晩だけで、しかも出征先日から意識し始めた相手でもアレなのかねゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ そして久々のハマー!タイトルに「なべおさみ」って出たから、また金借りるのかね?と思ったら、おさみは闇仕事?闇営業?で警察に捕まって留置所にいるそうな。で、Qべーになんとかして欲しいと頼みに来たのさ〜かつてほどの力は無くなっているとはいえ海千山千のQべー、警察署長の毎晩の晩酌の謎をネタにマイルドに脅迫。おさみを出すことに成功しましたとさ。お礼にもらった闇流れの酒に大喜びするるい(加賀まり子)であった。

 いや〜謹厳実直の度が過ぎて闇ものと断絶した結果餓死した裁判官とかいたよね?高潔も結構だけど死んじゃどうしようもない。わたしゃ、そんなことに拘らないタイプ。姉にもアンタは戦後のどさくさの時期に生れていた方が良かったんじゃと言われるほどずぶとい女。お腹空いてるのも我慢するのも嫌。闇でもなんでもウェルカムさ。上手に利用していかないと。ま、先立つもんがないとアレだけどね。売れるもん売って銭作るぞ。

 とか言ってたら梅木に召集令状が!しかもフィリピンですってよ、奥さん!こりゃ惣吉と再会するに決まってるでしょ!さて、3人の運命は如何に。

 ’潴擇死にそうな所を惣吉が救って死亡。負傷しながらも梅木帰還。
◆〇爐忘櫃砲覆辰匿真祐屬砲覆辰診潴擇惣吉を救う。
「かをるを幸せにしてやってくれ!」とか言い残して梅木死亡。
惣吉帰還→のちにかをると再婚。
 梅木も惣吉も死亡→かをるは再び未亡人に。夫運の悪さを再確認。
 
 火曜日。梅木と英二(アミちゃんの弟ね)は軍の要請で醤油の工場を作るためにフィリピンへと旅立った。かをる、心配そうな顔はしていたけど、それほど切羽詰まった表情ではなかったわ。現在昭和19年4月。戦争が終わるまであと一年半。一番大変な時かねぇ。男たちはほとんどいなくなったんで女子高生が入兆に手伝いに来とった。大豆がないんでかをるはいわしを使ったひしお(魚醤)を作ろうと外川を訪ねいわしを分けてもらう。んがーーー食糧難でタンパク質不足時に樽いっぱいのいわしをピロシキの連中がほっておくわけもなく(まず頭が・・笑)・・・結局半分はみんなで食べて半分はひしおになったが使いものにならないアレだった。

 そして何ということでしょう・・・Qべーがボケてしまった!夢に血みどろのAイチローが出てきたとか、創業300周年の記念式典を盛大にやらねばとか言ってるいさんを涙させとる。さらに食卓では人間魚雷を尊くて美しい死に方だ!と絶賛。狂気を感じるけど当時は本気でそう信じていた人たちがいたんだろうなぁ。

 ついに本土爆撃。食料を分けてもらいに行ったかをるが空撃を受け逃げていると兵隊さんが助けてくれた。顔を見ると、にゃんと惣吉(川野太郎)!!ついさっき戻ったばかりなんだって〜!見つめ合う二人!!これはもう運命ですわね!高鳴る鼓動!さぁ、お待たせしました!『恋あら』さんの登場です!はりきってまいりましょう!!・・・・・・・来なかった・・・_| ̄|○ ガク

 さて、防空壕に二人っきりのかをると惣吉。やっとゆっくり話せるわね。最初は昔話をしたりして穏やかに盛り上がっていたんだが、かをるが( ゚д゚)ハッ ...と気づいたぞ。ヤダ!このまま爆撃を受けて死んじゃったら惣吉さんと逢引してたって思われるじゃん!ヤバイヤバイ!で、まだ空撃はおさまってもいないのに、ここから出るわ!と動いた。そう言われりゃ『俺が出ていくよ』と言うのが惣吉。そんなのわかってるじゃんね〜!「じゃあどうぞ!」とはいかず『行かないで!』どっちやねん!

 結局、本音トーク再開。かをるは『まさか生きて帰るとは思わなかった。動揺した』『(惣吉生存騒動で)死のうかと思った』さらに『惣吉さんが幸せじゃないと私も幸せじゃない』と。いやいやいや、アンタ、『あなたがいると私は幸せになれない』とか言って惣吉を追い払ったじゃんよ〜それに死のうと思っているほど悩んでいるふうには見えなかったぞ(それは演技力の問題?)おっとりした物言いだけど自分本位にキッツイこと言うてはるわぁ〜惚れられていると思って調子にのってんじゃないの?でも惣吉はそんなかをるの言葉にも動じない。『お前が幸せなら俺も幸せなんだ』だとさ!ホントにいい男だよ。嫉妬マシーン・梅木のことも心配していたしさ。私がかをるの友達だったら、戦争のどさくさに紛れて今からでも惣吉に乗り換えなよ!と言うところだよ。空襲警報が解除され、ナレーションによると『淡々と別れた二人』だったが、もう二度と会えないかもしれないのよ。さぁ、今日こそ『恋あら』さん登場でしょ!ラスト『恋あら』さんでしょ!と思ったら12分ぐらいだったから、尺合せにしても長すぎたのか登場ならず・・・・_| ̄|● ガックリ

 そんなことがありまして・・・惣吉はとねさん(草笛光子)に『もう思い残すことはない』と言って沖縄へと旅立ちました。それが昭和20年3月のこと。あと半年で終戦。沖縄か〜〜〜(-ω-;)ウーン コレは帰って来られない感じ?かしら・・

 そしてハマー(根岸季衣)の息子・紀之の訃報が届いた。なんと特攻隊として突撃して亡くなったため遺体も遺品もハマー達の元には届かなかったそうな。Qべーが絶賛していた人間魚雷・・・こんな身近で家族が悲嘆にくれている。美しい死に方なんてないよ。行きたくもないのに遠い戦地に連れてかれ生きていたいだろうに自らが弾丸となって敵機に突っ込むなんて。親にしたらこんな辛いことないよ。ハマーが敵討ちを竹槍ですると言っているのがまた悲しい・・

 7月、銚子に空襲警報が鳴り響き坂東家では防空壕に逃げ込むが爆撃を受けた仕込み蔵が燃えているのを見たQべーは外に飛び出し砲撃に遭い、Qべーを追いかけたるいさんも撃たれてしまう。Qべーは樽から流れ出る醤油を見つめながら亡くなってしまった。二人ともなんか、アレ?当たった???って感じで、かをるがリヤカー引いていた時の空爆の方がよっぽどヤバかったんじゃ?と思ったけど、どうなったのであろうか・・あと1ヶ月で終戦だというのに・・・てか、銚子がこんなにひどい爆撃を受けていたって知らなかったよ。田舎だからもっとのどかだと思っていた・・・(ll゚д゚)ゴーン 朝ドラで学ぶ戦争体験・・・



 7時30分 BSP 『おちょやん』第16週 第76話〜78話「お母ちゃんて呼んでみ」

 月曜日。テルヲ(トータス松本)が亡くなってから5年が過ぎた。お父ちゃんの写真はお母ちゃんの隣で笑っております。昭和12年の暮れ。日中戦争に日本は勝利し続け勢いに乗っておりました。千代(杉咲花)は30歳。増々劇団のお母ちゃん化し忙しい日々を送りながらも充実した日々でございます。鶴亀家庭劇も時流に乗り愛国もんが受けて満員御礼。

 千代は昔、岡安を出ていく時に道頓堀のみんなが払ってくれたテルヲの借金をコツコツと返し続けていたようで、ついに完済。立派だよ。テルヲが死んだ時に追いかけて来た借金取りの件が気になっていたけど、そっちは大丈夫だったみたいね( ̄▽ ̄;)

 それと一平(成田凌)が愛国もんやっているのにちょっと驚いたわ〜「大日本帝国 万歳!」なんてやってるのにちょいと違和感。一平なら逆らってギリギリ別の路線行くかと思ったけど、大人になったということなのかしら。座長として劇団守るため、そしてお客さんに受けるためってことかね。

 さて、大山社長(中村鴈治郎)の命令で新派出身の子役・松島寛治(前田旺志郎)を一ヶ月預かることになり、千代の家で同居することに。劇団は座長だった寛治の父が亡くなったため解散し、身寄りは誰もいないそうな。

 この子が藤山寛美なのかい?明るくてよく気もつくし千代の手伝いも進んでやるしええ子みたいやけど・・・なんか引っかかるわ〜妙にそつがないというか・・・嘘くさい感じが。おっちょこちょいぶりもホントなんだか、財布無くしたってのも怪しい。大人を試しているような。何か隠してることありそう。

 もともと母性愛が有り余っている千代は寛治のお母ちゃんになる宣言。寛治はお断り申し上げたのに止まらない。
『ほな、ここいてる間に絶対お母ちゃんて呼ばしたる!』
あらゆる機会を利用して『お母ちゃん』と呼ばせるために頑張っとった。

 う〜ん・・・どうでしょうねぇ( ̄ω ̄;) 自分と似たような境遇だから余計なんだろうけど、そんな簡単に「母親」なんて呼べないことは自分も経験してきたのでは?それに母親は生きているのか死んでいるのかもわからん言うてたから、それこそ葛藤抱えているかもしれんし。ほっといてあげた方がええんちゃう?

 火曜日。懐かしの小暮さん(若葉竜也)と高城百合子さん(井川遥)が突然訪ねて来た!にゃんと二人は結婚しているんだって!小暮はん、実家の病院継ぐとか言ってたのに映画の夢が捨て切れず流離っていたら高城さんと再会し、二人して舞台で芝居やりながら全国回っているらしい。雪のせいで列車が止まってしかたなくとか言っていたけど、こちらも怪しい( ̄▽ ̄;) 警察に追われているみたい。なんでしょ・・・ヤバイ芝居上演して表現の自由のために戦ってるのかしら〜?それともただ単に無銭飲食とか宿代払わなかったとか?自分が来たことを口止めしたもんだからニブイ千代は???。察しのいい一平はすぐにわかったみたい。
 
 水曜日。一階で久々の再会に盛り上がっている大人たちの声を聞きながら、冷めた表情の寛治。まさか百合子さんが母親なんてことないよね?(韓ドラ発想かしら)

 てか、やはり小暮さん達は特高に追われているらしい。二人がやろうとしている芝居が検閲で引っかかったにも関わらずお上に徹底抗戦を示したんかな。
『そんな横暴には絶対に屈しない』百合子
二人は表現の自由を求めてソ連に亡命するつもりだった。

 寛治は特高が家に来たら、こっちまで仲間と思われて捕まると通報を提案。一平もほぼ同意。千代だけが百合子さんたちを信じてあくまで匿う考え。間違ったことしていないのに国を逃げ出さなならんのはおかしいという訳や。

 う〜〜ん・・・難しいところだよね。寛治の言う通りマジで鶴亀家庭劇も目ぇつけられて潰されるでしょ。あいつら、決めつけて自分らのいいようにやろうとするからな。朝ドラで何度も特高にリンチされたもん見てきたからな〜生きてこそ!だからね。てか、そもそもソ連にそんな自由あるの?あっちこそギチギチに規制されるんじゃないの?

 小暮さんは父親が貧しくて治療代を払えない患者を追い出したのを見て医師という仕事に絶望したんだって。そんな時、映画に出会って人々を励まし勇気づけるような映画が創りたいと映画界に入ったと一平に語っていた。

『芝居の力で一生懸命生きてる人たちが平等に報われる。
そういう世の中に変えたいんだ。
僕は諦めないよ』

 そういう父親を見たんなら自分は困っている人たちを救う医者になるって方向にはいかなかったのね( ̄▽ ̄;) なんかちょっと金持ちの道楽的な感じも・・・でも小暮さんの純粋な思いを聞き、一平も思う所あったようだす。

 何とか百合子さんを日本に引き留めたい千代は鶴亀家庭劇に誘ったんだが、脚本の内容を聞き『最低のお芝居ね』と一刀両断されちまった。

『戦争に乗じてお涙頂戴するような、客に媚売るような芝居私はしたくないの。
私はいつだって命懸けで演じてきた。
だからこそ本当に自分がやりたいと思う芝居以外はやりたくないの。
あなたは、どうなの?
今の劇団が本当に自分にふさわしいと思ってるの?
ウケればそれでいいの?
あなたが女優として望むものは本当にそんなちっぽけなものだったの?
私は違う。だからソ連へ行くの。
もう一度・・・もう一度この命を燃やし尽くすような芝居をするために。
あなたも一緒に来ない?』

『堪忍しとくなはれ。
うちには無理だす。
百合子さんみたいな覚悟とてもやないけどでけしまへん。
けど、これだけは言わせとくなはれ。
うちは喜劇役者だす。
せやさかい、お客さんに喜んでもらえたらそれでよろしねん。
お涙頂戴やろと媚売ろうと、それでお客さんが喜んで笑てくれはったらうちは満足してしまいますねん。
ちっぽけな望みかも分かれへんけど、それがうちのやりたいお芝居なんだす。
せやさかいソ連には行きまへん。
うちは家庭劇のみんなとこの道頓堀で芝居を続けます』

 まぁ、確かに鶴亀の芝居は時流に迎合し、お上に媚ているかもしれんね。
『対日本帝国、ばんざーい!』言うて戦争に参加する兵士も家族も美化し、戦争を後押しているような内容に思える。千代のお客さんを喜ばせたいという思いは理屈じゃないんだろうね。どんな時であろうと役者としてお客さんに楽しく笑える時間を提供する。千代が目指すのは芸術やら思想の表現ではなく、あくまで庶民の今を受けた喜劇・・なのかな。百合子さんの目指すものはめったに食べられない高級菓子(どんな菓子なのかは思いつかなかった( ̄▽ ̄;)アハハ…)なら、千代のは誰でも気軽に買って食べやすいせんべい。どっちが正しいってアレじゃないんだろうね。お互いに役者としての自分に誇りを持っているし。今はそのどっちかを選ぶことが命がけになっている時代だけど。

『あなたとは分かり合えないわね』
『すんまへん・・・うち、高城さんに向かって何偉そなこと』
『それでいいのよ。
女優同士が分かり合う必要なんてないわ。
あなたは、あなたの信じることを貫きなさい』

 「女優同士が分かり合う必要なんてない」・・・名言頂きました。
百合子さんはどこまでも百合子さんで変わらない。
女優として自分が演じたいものだけを心燃やして演じる。
だからこそ高城百合子なんだよね。

 なんてこと話していたら特高が来ちまった!ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
逃げるか隠れるか・・・迷った結果押し入れの中に潜んだようだす。
わりかしユルイ捜し方だったように思うが・・・( ̄▽ ̄;)
最後に押し入れを開けようとした刑事の前に千代が立ちふさがった。

『この中はガラクタがぎっしりで、なんぼなんでも人なんか入られしまへん。
開けたら崩れてくるさかい、やめた方が…』千代
『・・・ガタッ・・』
『ネズミがいるようだ』

 さて、
 \藺紊前に立ったのはトリックで開けたらホントに布団が崩れ落ちてくる。
◆、しかし寛治がチクって結局小暮たちは捕まる。
 囮の寛治が出てきて『なんだ子供か。じゃ、帰るか』になる。

 どうなるんじゃろ・・・明日はまだ木曜日ョ〜 


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:25|PermalinkComments(0)

2021年03月19日

きこりのテレビ日記 #29 3月19日(金曜日)

 4時43分目が覚める。
スマホの振動で、ワシの腕枕で寝ていたすず(猫)がピューーっと出て行った。
2,3日前から舌の右前あたりが痛い。
寝ながら舌噛んでるのかしらね。

 5時8分起床。明るさがカーテンから漏れてる。
傍に置いていた水も、ちべたくなっていない。わ〜〜すごいわ。

 5時15分ミー太とすずと外へ。
でもすぐにすずは猫ドアから家の中へ。何の儀式だったんだ?
連日の気温で雪もかなり溶けた。
ミー太も遠出し始めており1時間ぐらい帰ってこない。

 これが一週間前の庭の様子。
100

 こちらは昨日の庭。
おんや・・・久しぶりに見る子がいますよ。
103

 我が家では「ニャジラ」と呼んでいたのだが、『俺、つしま』のつしま君に、そのボディーといい面構えといいそっくりだね。何年も前から庭に現れるようになり去年あたりから首輪を付け始めたんで、お!家がみつかったのかしら、良かったねと思っていたのだ。まぁ、でもうちのニャンズも首輪していないから元々飼い猫だったのかもしれんが。

 時々ミー太とケンカしているけど、もうミー太には勝ち目ない感じだね( ̄▽ ̄;)
振り返った時のかわいくもあるが貫禄も感じさせるまなざし。
でもこの子、気は優しいみたいでミー太が威嚇すると出て行ってはくれる。仲良くなれればいいんだけどミー太は血気盛んなお兄ちゃん・・いや、もう7歳だから人間に換算すると44歳か・・・おじさんなんだから落ち着いて欲しいわ〜
101

 6時12分テレビの電源オン。
STV(日テレ系)『どさんこワイド朝
→6時25分 Eテレ 『テレビ体操』→6時35分 『どさんこワイド朝』
→6時55分 Eテレ 『0655
「♬ よんきびう〜〜♪ よんきびう〜♫コレを聞かなきゃ金曜日じゃないね。

 7時日テレ 『ZIP!
 
 7時15分 BSP『澪つくし』149話&今週のまとめ(明日もあるけどさ)

 梅木(柴田恭兵)の「俺は立ち直ったぜ!アピールウィーク」でございました。惣吉(川野太郎)の旅立ちを知った梅木は急に同情的に。オラ呆れたよ。全部オマエが招いたことだろうが!嫉妬に狂ってかをる(沢口靖子)を苦しめ、惣吉を攻撃し続けた結果だよ。

 さらに、今週は梅木の更生をアピールする為にいろんな人が利用されたぞ。まず月曜日。ツエさん(鷲尾真知子)から武田の手紙をビリビリに破かれ泣いていたアミちゃん(高師美雪)の姿に怒った弟の栄二(山下規介)がツエ(鷲尾真知子)を懲らしめ大ゲンカに発展。ツエさん、おとぼけ要員として坂東家に笑いを提供してきたのにアミちゃんの過去のこと言って一緒に働きたくないとか、ヒステリー起こしたりして急にとんでもない性格にされちまったね。それを大岡裁きで収めた梅木にほっとするかをる・・・わたしゃ、まだまだ信用できない。って、信用したことないけどさ。

 火曜日、Aイチロー(鷲生功)から芸者を妊娠させたと相談を受けたかをるは二人で置屋を訪ねるが(ここの女将がいかにも性悪な古だぬきっぷり( ̄▽ ̄;) )荒っぽい男たちに狼藉を働かされそうになる。そこに現れたのが我らが梅木(大嘘)その場をスッキリ治めて株を上げましたとさ。Aイチロー、あんなに悩んだのにねぇ。帰り道、うっとりと梅木の顔を見つめるかをる・・そして流れた衝撃の『恋のあらすじ』!!そりゃあもうツイッターのTLは荒れまくりさ〜惣吉との別れの場面で何度も『恋あら』さん登場のチャンスはあったのに、よりによって梅木の武勇伝にかぶせるかね?!『恋あら』さんを汚さないで!!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ てか、梅木なんて単なるストーカーだよ。『心配になって』とか言ってたけど結婚前にかをるに執拗に迫っていた恐怖を思い出したよ。怖いわ〜〜善行銀行にいくら預入したか知らんが私は認めません!

 水曜日、Aイチローが芸者を妊娠させたってのは向こうの嘘とわかったので清次おじさん(寺田農)が持ってきた縁談がまとまり、結婚の日取りも決まる。やっとAイチローにも春がやって来た!よくわからんけどQべーの名前も継げるそうだし、確か社長になることも決まったような。これで農おじさんもしばらく安泰だ。と思っていたら、ジェームスに嫌われているのかしら?ささやかな幸せに包まれているAイチローに召集令状が!Aイチローより梅木に来ればいいのに・・(´−`)  もちろん結婚はなしよ!状態に。傷心で入営したAイチローはかつてのピロシキの職人で今は上官になっている奴に何もしていないのに殴られるという洗礼を受けた。なんの思い入れもなかったAイチローだけど、さすがにこの日はかわいそうになったわ( ̄▽ ̄;) 最終回までにAイチローの心からの笑顔が見たい。

 金曜日、Aイチローが負傷したとの知らせを受け大阪へ向かったQべーとかをる。この頃は汽車で12時間もかかったらしい。でもかをるは初めて父と旅行ができたと嬉しそう。
わたしゃ、Aイチローはまだ戦地に行っていないのかと思ったら、しっかり兵隊さんとして働いていたのね( ̄▽ ̄;) で、撃たれてしまったらしい。やっぱりね、要領悪そうだもゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 病院に行ったら意外と元気そうなAイチロー。手術のついでに盲腸も取ってもらったそうな。でも腎臓も悪くなっているので治療をしないと退院できないんだって。徐州で手に入れた大豆を見せて、いずれ醤油工場を建てて、この大豆を使って醤油を創りその旨さを広めたいと語っていたわ。治ったらまた戦地に行くというAイチローにかをるは千人針を渡し、Qべーは『絶対死んではいかん』と伝えるのでした。

 もうこれは・・・(´・ω・`) Aイチロー帰って来られないアレじゃ・・・幸薄い子・・ジェームス、Aイチローばっかりしいたげてんじゃねぇよ。ちゃんと帰らせてAイチローの夢を叶えてあげて〜


 7時30分 BSP 『おちょやん』第15週 「うちは幸せになんで」第75話&今週のまとめ

 月曜日。万太郎一座との戦いで絆が強くなった鶴亀家庭劇のみなさん。女子部と男子部に分かれ飲み歩く(女子部は千代のとこでおしゃべり)日々が続き、みつえに夫婦関係を心配されていたある日、あいつが現れた。そう、疫病神・テルヲ(トータス松本)。

 老けたなぁ・・・
そして着ているもんもボロボロ。
あちこち逃げ回って、その日暮らしに過ごしていたのかねぇ・・

 岡安お茶子倶楽部の皆さんが武器を手に侵入を防いでくれたが、相変わらず能天気な態度。ちょっと会わないでいると自分のしたこと忘れちゃうのかね?( `д´)ケッ どんだけ酷いことしたかわかってんのか?親子の縁も切れたはずやろ!もちろん千代(杉咲花)は無視したが、尾行して家を特定。一平(成田凌)と一緒になっていることを知り「役者同士は幸せになれる訳ない、ワシは許さん」やて!ナニ、親みたいな事言うてるんや。

 テルヲは道頓堀に居つくつもりらしく乞食の小次郎さん(蟷螂襲)に弟子入り。面倒見てもらっていたワ。『来るもんは拒まず。それが道頓堀の乞食の流儀や』言うてはったけどなぁ・・・今回ばかりは拒んで欲しかったワ。

 そして妙なチャンスだけは持っているテルヲ。旦さん(名倉潤)が腹痛を訴える場面に遭遇したテルヲは病院に運び、シズさん(篠原涼子)と繋ぎをつけることに成功。旦さんの病名は結石で命に別状はなく入院が必要。ところが吐血したテルヲにシズさんが診察を受けさせたら肝臓の病で先が長くないことが判明。千代の為に道頓堀を出ていくよう頼んだシズさんやったが、逆に病気のことは千代に黙っていて欲しいと頼まれ複雑な思いに。

 テルヲは『もうすぐ死ぬさけしゃあない、今までのことは許したるて、そねなことではあかんねん』と言っていたが・・・病気なしにして許して欲しいと思っている訳?ソレは無理でしょ。病気だから許すってのもなんやらスッキリしないけど、死ぬ前に許して欲しいてか?もし人の心が残っているなら誰にも知られずに野垂れ死にして欲しいワ。旦さんとテルヲ、共に病を患う千代のふたりの父・・・対称的な最期になるんやろか。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:55|PermalinkComments(0)

2021年02月03日

きこりのテレビ日記 #23 2月3日(水曜日)

 4時ぐらいに尿意を感じて目が覚めたが、いや、まだいけるはず・・・眠っちゃえば大丈夫・・布団から出るの面倒くさいし寒い・・・でも行っといた方がゆっくり眠れるしーー・・・しかし万が一、寝ている間にしちゃったら・・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ この年になっておねしょしたら片づけるのは自分だし・・その方が面倒でしょうよ・・イヤイヤ、まさか・・・緩やかな波だから眠っちゃえ〜等と、うとうとしながら5時15分。しかたなく起床。まだ水曜日。今週乗り越えれば来週祝日があるわ〜〜

 5時25分外へ。立春らしいが気温は−15度。相変わらず寒いっつーの。でも確実に春は近づいていると思おう。

 6時テレビの電源オン。
STV(日テレ系)『どさんこワイド朝

 6時25分Eテレ 『テレビ体操
2月になった今週は新しい体操が毎日ちょっとづつ組み込まれている。今日は片手(後半は両手で)を「よしなさい!」という感じにつっこみながら片足を折るという体操が始り、やりながら、う〜ん・・どうじゃろ・・と思ったり・・

 6時35分 また『どさんこワイド朝』へ→6時55分 Eテレ『0655
おはようソングの新曲「声の主」に癒される〜2番3番もあるのかな〜?

 7時 日テレ 『ZIP!
 
 7時15分 BSP『澪つくし』111話
今週は入兆の醤油から有害物質検出問題対応で、かをる(沢口靖子)が突然デキる女に豹変。自らも動きまわり先頭に立って番頭さんたちやAイチローだけでなく律子にも指示を与え、濡れ衣を晴らしたというね・・・( ̄▽ ̄;) 今まで自分では決して決断せずまわりに従うキャラを貫いてきたというのに別人格が出てきたような働きぶり。頭の回転も速くなるし世間知らずのはずなのに各方面の情報通になっているしさ〜この時のポイントが貯まって将来入兆を継ぐアレになるのかしら〜?

 今日は息を吹き返した入兆の広報担当として斬新な意見を打ち出しQべー(津川雅彦)を喜ばせていたぞ。一方、どさくさにまぎれて東京に滞在していた律子(桜田淳子)は今回もいい仕事をしてくれた小浜(村田雄浩)にご褒美としてデートしてあげております。地位がちょいと上がった小浜はまだまだ使えると思ったのかアメとムチで誘導。またまた律子の世界に引き込まれた小浜は何の挨拶もなしに銚子に戻ろうとする彼女にすがったが冷たくあしらわれるのでした。戦争に行くかもしれないから最後かも!とまで訴えたのに、クールに『さようなら』と告げる律子お嬢様がしゅてき!律子はコレでなきゃ(笑)ずんこちゃんのファムファタールぶり、好きよ〜♪
沢口靖子主演 連続テレビ小説 澪つくし 完全版 DVD-BOXI 全7枚【NHKスクエア限定商品】沢口靖子主演 連続テレビ小説 澪つくし 完全版 DVD-BOXII 全7枚【NHKスクエア限定商品】平成オトナの勝手塾―中高年一貫指導


 7時30分 BSP 『おちょやん』第9週「絶対笑かしたる」第43話

 4年振りの道頓堀。懐かしいみなさんとの再会。新しい劇団のメンバーとの出会いから始まった第9週。劇団の座長はもちろん一平(成田凌)。役者は各方面から集められており旧天海天海一座にいた天晴さん(渋谷天笑)や徳利さん(大塚宣幸)、女形の漆原さん(大川良太郎)も来ていた。しかし千之助(星田英利)が来ないと知ったら3人はあっさり去って行ったんだよね( ̄▽ ̄;) 折しも鶴亀の社長から『初興行がうまくいかなければ劇団は解散、二度と道頓堀で芝居はさせない』とキツイお達しが下ったため、千代(杉咲花)は千之助獲得のために動き始める。笑かしたら劇団に入るという約束を取り付け「生き物シリーズ(たこ、スルメ(?)、猫、鳥など)」を披露し続けるが全く相手にされない(そりゃそうでしょうよ( ̄▽ ̄;)アハハ…かわいいけど笑えん)

 昨日は一平の書いた脚本に心動かされた天晴さんが復帰宣言してくれた。そして今日のターゲットは宿敵・須賀廼家万太郎一座に行ってしまった徳利さん。岡安で培った接待スキルを総動員してなんとか引き戻すことに成功したさ〜

 須賀廼家万太郎(板尾創路)もいいキャスティングだよねぇ。何考えているんだかわからんけど、独特の妙なスター性があるというか美学もってる感じ。座員達は万太郎におんぶにだっこで向上心も何もないみたいだけど自分が輝けばいいって考えなのかね?徳利さんを入れた理由も『おもろいからや』って・・座員と徳利さんがモメてケンカしているのに。異分子を入れることで刺激になるとか?でも自分の描きたい喜劇の邪魔になりそうだったら、すぐに切りそう。笑いのためだったら鬼になれるしいくらでも嫌われる覚悟があるんやろな。

 そしてラスト、一平は『漆原さん、あなたには辞めてもらいます』と言い放ったよ!これは・・・女形を止めて普通の役者として再スタートさせるって意味かな?それと一平は千之助を戻す気はないと思われ・・・千之助が戻ったら、また彼中心の彼に頼るしかない芝居になってしまう。一平が作ろうとしているのは新しい喜劇なんだから、むしろ千之助は邪魔なんじゃないのかねぇ・・・

連続テレビ小説 おちょやん Part1 NHKドラマ・ガイド大阪のお母さん (潮文庫)


 帰宅して一時間ぐらい昼寝しちゃった (˘ω˘ [__]スヤァ…

斬新な整理』#18(録画)(スカパー)(Mnet)
今回の依頼人は女優のイ・スギョンさん。今までの中ではわりかしモノ自体が少な目(掃除が面倒くさいので意図的に少なくしているそう)で片付いているんだが、な〜んかうら寂しい雰囲気というか特徴がないというか。そして紙袋を大量に溜め込んでいる人、久々に見たよ( ̄▽ ̄;) 趣味嗜好があまり私とは合わなかったのでアフターを見ても、ふ〜ん・・って感じになってしまったわ〜

 現在、断捨離系の番組を3つ見ているのだが〜好きな順位別に特徴をあげると・・

1位 『斬新な整理』・・・「ビフォー」の部屋は全体的にさらっと紹介するのみ。依頼人は家中のものを『必要なもの』『捨てるもの』『譲るもの(視聴者が購入。その利益は低所得家庭や児童養護施設の住環境改善のために使われる予定)』に区分けするが映像として紹介されるのは毎回、特徴的となる物置部屋のものとか衣装とか一部分のみ。空間の最適化により変化した『アフター』部分がメイン。新しい家具は買わずに(たまに番組側からプレゼントとか依頼人が希望した場合は購入あり)現在ある家具類を移動するだけで大きな変化がみられるのでサプライズ的要素も大きいし達成感も大きい(私がやった訳じゃないけど)。チームが棚や引き出しの中とか細かい部分まで整理してくれるので見ごたえがある。依頼人は芸能人なのでみなさんキャラがはっきりしており、バラエティにも慣れているからチームのみなさんとのかけあいも楽しい。さらに有名人の家の中を見られるという下世話な興味も満足させてくれる。アフターの家を見た依頼人や「斬新な整理チーム」のパク・ナレが感激して涙するのを見ながらもらい泣き率高し(笑)

2位 『ウチ、断捨離しました!』(BS朝日)・・・もはや断捨離番組の老舗。断捨離の過程を丁寧に描いてくれる。そして依頼人の家がなぜこうなってしまったのか、本質的な問題をやましたひでこさんがカウンセリング的に解き明かす過程がおもしろい。モノよりも人間の内面中心に描く感じ。依頼人は一般人がメインであるため身近な事例として現実的に見られる。進行状況や取り組み方によってはイライラする場合もあるし家族間でケンカが始ったりドラマチックな展開もたまにある。最終的にはなんとか片付くので満足度はまずまず。

3位 『Kon Mari 〜人生がときめく片づけの魔法〜』(Netflix)
もはや世界の「こんまり」となった近藤麻理恵さんの番組。依頼人は一般人。どうしてこんなになるまで放置したんだ?と呆れる事例も多し。モノと向き合い、ときめくかときめかないかで今後も付き合うかどうかを判断するシンプルなこんまりメソッドを地味に実行していく過程が描かれる。捨てるものには感謝してお別れ。この宗教ぽくもあるシンプルさが海外でも多くの人に受け入れられた理由なのかもしれないが、こんまりさんが天使すぎて私には物足りない(笑)さらに特別な演出もなく結構淡々と描かれるので興味が持てない一家だと見る気が失せる場合も。

おじさまと猫』第4話(録画)(テレビ東京)
おじさま(草刈正雄)はふくまる(神木隆之介)の去勢手術問題で悩んでいた。店員さんから去勢手術を受けさせた方がいい理由を聞いて納得はしたんだが〜手術のリスクを思うと不安で不安でしかたにゃい。やっと決心して手術日を決めて病院へ行くもなかなかふくまるを先生に引き渡せない(先生も暇じゃないぞ 笑)渡そうとしては、いや、やっぱり・・抱きしめる・・を繰り返すおじさま(だから先生も暇じゃ・・)ラストすりすりを3回した後やっと預けましたわ〜

 わかるわ〜まず朝食べさせないのも辛いよね( ̄▽ ̄;) 向こうは何で餌もらえないのかわかんないしさ〜。ごめんね〜って謝り倒すのみだよ。そして病院へ行く道中の悲し気な鳴き声・・・辛い・・・『大丈夫だよ〜すぐ終わるからね〜』なんてなだめながらドキドキ・・・病院に預けた後も落ち着かないったらありゃしない。でもさ、オスだと後ろ見て、あ〜無くなったね〜って感じだけどメスだと手術の後腹巻みたいのしているから痛々しいのよね。

 手術が終わるまでの時間を小林(升毅)(てか、わたしゃ最近までますさんのこと「しょうきさん」だと思っていたよ( ̄▽ ̄;)アハハ…神様じゃあるまいしねぇ)が一緒に過ごしてくれたぞ。親友と呼び合うおじさん二人に恥ずかしくなったが。

 手術は無事終了。良かったねぇ。手術後はあんまりごはんあげちゃいけないのに、ついついふくまるにねだられ与えてしまい『飼主失格だ・・』と落ち込むおじさまがかわいすぎる。草刈さん演じるおじさまのかわいさの方が際立っちゃってふくまるが目立たないぞ(笑)あと、今日見てて思ったけどふくまるが涙流したらもっと原作に近づけるかも。漫画ではよくデカい目からぶわっって涙流してたからさ。
おじさまと猫 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスpixiv)おじさまと猫 2巻 (デジタル版ガンガンコミックスpixiv)


 8時5分テレビの電源オフ。
寒い・・・寒すぎる・・・今日は風も強くて銀行行った時死にそうだった。明日も最高気温が−5度だって・・・( ノД`)シクシク…



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:10|PermalinkComments(0)

2020年12月16日

きこりのテレビ日記 #14 12月16日(水曜日)

 5時7分目が覚める。
寒くて布団から出るまでどんどん時間がかかるようになってきている。なんとか布団から出て窓を開ければ目も覚めるのだが・・・凍っていてなかなか開かない・・うぅ・・ツイッターでも『寒い』『起きたくない』『眠い』『働きたくない』『寝て暮らしたい』『買ってないけど宝くじに当たって欲しい』等ボヤキ発言オンリーになっている。こうしている間にも刻々と時が過ぎていく・・・ヤバイ・・・

 5時20分起床。
居間のある2階に降りたら猫たちは私と違ってガリガリポールに勤しんでいる者、羊毛ボールを追いかける者、ソファーでバリバリ爪とぎしている者と、みなさん気力充実している模様。猫たちさえ元気ならいい。君らのごはん代を作るためにお母さんは今日も寒い倉庫へ行くよ。

 5時50分目を覚ますためにテレビの電源オン。
STV(日テレ系)『どさんこワイド朝
北海道日本海側の積雪がすごい所ではもう1メートルを超えているそうな。JRも運休多し。こっちはまだ根雪になっていないけど雪かきのことを考えると憂鬱になる。『大草原の小さな家』でローラが『冬の寒い朝は自由で独立しているということが唯一辛い時だ』的なことを書いていたけど確かに。子供の頃は親が雪かきしてくれた道を歩いて学校に行ったけど、大人は自らを鞭打って動かなきゃならん。あ〜ぁ・・ドラえもんが来てくれないかなぁ〜

 6時25分 Eテレ 『テレビ体操』→『どさんこワイド179』へ戻る。

 6時55分 Eテレ 『0655
『♬ そおおじう〜♬ そおおじう ♪』 ギャーーー!!よんきびう隊が大掃除を謳い始めたーー!!やめて〜〜聞きたくない〜<(T◇T)>

 7時 日テレ 『ZIP!

7時15分 BSP『澪つくし』第75話
奥様の葬儀に向かった惣吉(川野太郎)とかをる(沢口靖子)だが門前で梅木(柴田恭兵)に参列を拒否される。かをるは世話になった奥様に感謝の気持ちを伝えたいだけと懇願したのだが梅木は決して通さなかった。いや〜なんかさ似合いの夫婦になったかをると惣吉を見て梅木の目がギラリと光ったように思ったぞ。あくまで手代として勘当された者を拒否します!って体だったけどさ。誰にも見られないように影から見送るとか考えてくれてもいいじゃん!でも、ま、各方面から来ている人がたくさんいるだろうから勘当した娘がいるのはよろしくないか・・

 一方、初七日は過ぎたのかしら〜入兆では律子(桜田淳子)が東京へ行って演劇の勉強をしたいとQベー(津川雅彦)に申し出ておりました。もちろん大反対。Aイチローが自分が進学をやめて(いったい何浪しているのか)残るから行かせてあげてと援護してくれたが、そんな話に乗るQベーじゃない。てか、律子も行きたきゃ隙を見て東京に行きゃーいいのに。やはりQベーの金銭的援助がなきゃアレなのかい?てか、小説はもうやめたの?( ̄▽ ̄;) 律子は家を出る理由のひとつとしてるい(加賀まり子)が後妻にくることを言っていたが、それはないでしょうよ。るいさんはそんな女じゃないと思うぞ。そう言うば正当な理由になると思っているのかしら?で、そんな感じでモメモメの坂東家から『恋あら』へ。最初の頃は『恋あら』を聴かせたくてわざと短くしてんのかしら?と思ったけど今日みたいな感じだと普通に尺足りなかったんだね〜となる。

 7時30分 BSP 『おちょやん
『人形の家』のセリフを熱演ふうに語っている千代(杉咲花)。聞かされている玉ちゃんと里子は困惑・・・( ̄▽ ̄;)・・・千代・・・北島マヤではなかったようだね・・・玉ちゃんたち困ってるやないか。
『年期開けたら、役者さんになりはりますの?』里子
『・・・・・』千代

『一生一回、自分が本当にやりたいこと、やるべきよ』
高城百合子(井川遥)に言われた言葉を噛みしめる千代なのでした。

 今まで生きることだけに精一杯だったんだもの、急に自分のこと、自分の将来を考えろと言われてもねぇ・・わからんよねぇ。

 一方、御寮さん(篠原涼子)はかつての恋人・歌舞伎役者早川延四郎(片岡松十郎)と再会し話している所を福富のお茶子ーズに見られてしまう。で、おしゃべり雀のせいで道頓堀中にシズの不義密通の噂が広まってしまう。もちろん岡安のお茶子組合にも伝わっており皆さんショックを受けております。で、かめさん(楠美薫)がお菓子の入った壺をテーブルに置いたのが合図なのか、みなさん座って情報をまとめることに。影から旦那さん(名倉潤)とみつえ(東野絢香)も朝ドラ名物立ち聞き中。まさか!ありえへん!の合いの手が飛ぶ中、古株のかめさんから2人は昔恋仲で駆け落ちしたことがあるというトップシークレットが伝えられた。そういえば御寮さんの机の中には早川さんからの手紙ぎょうさんあったもんなぁ。諦めて岡安継いだものの・・その手紙は読まないが捨てられない。女性としての深い葛藤と共に仕舞いこんでたんやろなぁ。

『ほんまにただの噂やねやろか。御寮さんかて女や。
もしまだ未練残してはったとしたら・・・』玉
『・・・・・・』
ガリッ・・ポリッ・・ムシャア・・・カリ・・・
食べる音だけが響く間・・・それぞれの顔・・・思い・・・うまいなぁ・・・そしてめっちゃ美味しそう!ナニ食べてんの?

 しかしこの噂は岡安の信用に関わる大問題。どれほど大変なことか御寮さんもよくわかっております。店に戻るなり、過去のことを伝えみんな(ハナさんもおるで)に謝罪し頭をさげた。
岡安の看板に泥塗るようなことになってしもて、ほんまに申し訳ない。
堪忍やで。このとおりだす

しーーーん・・・(旦那さんのアップ)

 このドラマは間の使い方がほんま良い。セリフだけに頼らず演じる者の顔からあふれる思いでじんわりわかる。ほどよい。役者さんを信用してんのやろな。そして潔いシズ。駆け落ちから連れ戻されて心の中ではいろいろあったと思うが自分で選んだ道だからと腹くくったんやろな。岡安とそこで働いているもんを守るという揺るがない意志が見えたよ。乞食の小次郎さん達が暖を取っている火に早川からの手紙を投じたさ。なんにも言わずにそしらぬ顔をしてくれる小次郎さん。今までもいろんな人のいろんな思いを見てきたんだろうね。

 さて岡安VS福富、お茶子ーズ対千代の戦いは千代の圧勝!
『乞食の頭領の小次郎さんに聞きましたんやけど〜そちらのあやめさんが新派の二枚目さんと何やら逢引繰り返してはるて。ぼたんさんが万太郎一座の若いのと活動写真見てたいう話も聞いたような・・椿さんは・・・何もあれへん!

 (* ̄m ̄) ププッ いつの時代でも情報を制するものが勝つのよ。千代、あっぱれ!落とし方もうまい。黒衣さん(桂吉弥)も『千代ちゃん、一本!いっぽんぽんぽんぽーーーん!』やて。

 笑顔で岡安に戻ろうとした千代を早川が呼び止めシズに手紙を渡して欲しいと頼んだ。もちろん断ったが栗につられたのか岡田家情報をちょっこし教える千代。『なによりや。幸せそうで』と言いつつもまだあきらめきれない様子やったなぁ。昔駆け落ちした時に待ちぼうけをくらったからかもしれん。シズのことだろうから行かなかった理由とかも伝えなかっただろうし。なんでや??もしかしたら今も嫌々岡安の女将やってるんやないか?役者を辞める潮時や・・ゆうてたけど役者として生きることに疲れたがシズと一緒なら20年前東京へ向かった時の情熱が戻るかもしれないと思ったのか。愛情だけではない何層にもなった複雑な思い。人生の秋になって初めてわかること。千代にはまだピンとこなくて当たり前やなぁ。

 7時45分 BSP 『こころ旅続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:55|PermalinkComments(0)

2020年12月09日

きこりのテレビ日記 #12 12月9日(水曜日)

 4時半に目が覚める。足の間にいる猫のことを気にしたりツイッターを見たりしていたら、あっと言う間に4時50分。目を閉じるとスーーーー・・・危ない危ない・・・。脳内で『二度寝注意報 発令中!』(Eテレの「0655」という番組のおはようソングの一曲)を再生していると心地良い眠りに誘われるというトラップ。

 5時起床。今日はストーブつけっぱにしておいて良かった。
5時5分ミー太と外へ。階段を降りる(ミー太の)ドスンドスンガスッという音に元気をもらう。

 誰もいない朝の道路。ひたひたひた・・そういえば娘が小学生の頃、いわゆる広い意味での不審者に分類される「シャドウマン」の噂が立った。。シャドウマン・・・何だかカッコいいぞ。闇のヒーロー的な?と思ったが、日中、車道をジグザグに歩きながら移動する男性がいるらしい。車道マンね ( ̄▽ ̄;)そういえばちょっとジャンルは違うけど私が札幌に住んでいた学生の頃、地下鉄のホーム(構内だった気もするがおぼろげ〜)に女装した(主にチュチュがお好み。チャイナ服も見たことある)おじさん(結構高齢・太っていた)が出没していた。おじさんは床になにやら記述した大きな紙を広げそのそばで踊っていた。今ならすぐに制服を着た方にどっか連れていかれると思うがその頃は、あぁ、またおのおじさん居るねという感じに大道芸人的に囲んで見ている人もたくさんいた。私はかなり離れた場所からおじさんの姿を確認しつつ心の中ではシャットダウンしていたが、あの紙には何が書いてあったのだろう。まぁ、思想的な何かだとは思うが今となってみればすごく知りたい。おじさんのことが知りたい。どんな家に住んでいて家族はいたのか、どんな生活を送っていたのか。どっかの社長だという噂もあったが普段はきちんとスーツなどをお召しになり活躍されていたのだろうか。で、たまに自分を解放するため、あるいは表現せずにはいられず、あそこに来ていたんだろうか。その場合どこで着替えてたのか?そしてあの一連のショーが終わったらどうやって家に帰っていたのか。化粧を落とす時なにを思っていたのか。話しかけられなくてももっとそばに寄ってその存在を体感すれば良かった。勇気がない怖がりの若き日の自分よ、アンタいろいろ損してるよ。アレから30年は過ぎているからもう確実に亡くなっているはず。二代目が出たという話も聞かない。何より混んだホームで踊らせてはくれないだろう。あの頃ですら余裕はあったのだ。

 6時20分テレビの電源オン。
STV(日テレ系)『どさんこワイド朝
 
 6時25分Eテレ 『テレビ体操』→STV(日テレ系)『どさんこワイド朝
 旭川に派遣された自衛隊の看護官の方々・・・クルーズ船で勤務する姿を見て、普通の自衛隊員が指導と訓練を受けて働いているんだろうなと思っていたら防衛医科大学で学ばれたらしい。わたしゃ、そのような大学があることすら初めて知ったよ。全国に1000人って多いのか少ないのかわからないが国内のコロナ対応で隊員の感染者ゼロってすごいよね。専門知識を学び徹底的に訓練を重ねてきた結果なんだろうけど国の対応として初めて頼りになりそうって思えたわ。でももうちょっと早く要請しても良かったと思う。こんなギリギリまで我慢しなくても予測つくんじゃないのかなぁ。クラスターが膨らんで基幹病院にも感染者が出て一般診療を受け付けられなくなっている。市民の皆さんの不安と、もし交通事故に遭ってもたらい回しになるのではという恐怖が取り除くことができて欲しい。

→6時55分 Eテレ 『0655』→7時日テレ 『ZIP!

 7時15分 BSP 『澪つくし』 第69話
文吉の四十九日法要も無事終了。早いもんだね。しかし事故で兄を失ったアミ(高師美雪)は親戚の家に引き取られ外川を離れることになった。兄弟も里子に出されたり奉公にでたりで離散。善吉(安藤一夫)が網主として補償をするべきだと訴えてくれていたけど見舞金ぐらいしか出せなかったらしい。網主ってのは寝る場所と食事は提供するけどこういう場合の補償は一切していないんだね。死んでしまえばそれっきり。大黒柱を失った家は露頭に迷ってしまう。就職したばかりの善吉は何年かしたら迎えに行くとか言ってたけど、今生活が苦しいんだからアミの中に多少の善吉への思いがあったとしても待ってなんていられないよね。
 入兆でも経営はかなり切迫しているようで自慢のお車をなべおさみに売っていた。しかも400円の値をつけたら『盗人め!』だと( ̄▽ ̄;) このシトはきれいな取引できないのかしら・・結局450円までねばった模様。そして死ぬ死ぬ詐欺の奥様ったら家族の前で自分が死んだらるいさん(加賀まりこ)を後妻に迎えてくださいと。あんなにるいさんとだけは一緒にならないで!看病してもらったのも夫婦の絆を見せつけたかったからって言ってたのにさ〜。あれほどの業からそんな急に解放されるもんかい?最期はいい人になって(どうせそうなるのなら自分が認めた形で?)死にたいのか、それともトラップなのか。その気になってるいと一緒になったら化けてでるパターンもあり。

 7時30分 BSP 『おちょやん』第8話
オープニング。それぞれの店の前を黙々と掃いている奉公人のみなさん。その姿を見て一瞬気後れするけど思いっきり大きな声で挨拶する千代(毎田暖乃)。みんな笑顔で挨拶してくれた。頑張って道頓堀での生活を作っていっておりますなぁ。えびす座では天海天海一座が公演中で連日満員御礼。そんな中、一平(中須翔真)が仮病で帰宅。岡安の先代女将ハナ(宮田圭子)はそのことを見抜いており、一平の芝居を『笑わしてたんと違います。笑われてましたんや。今の方がよっぽどええお芝居してはる』とぴしゃり。
 こうやってこの町のみなさんは役者を育ててきたんやろなぁ。一人の観客として見た生の声、そしてこの場所で共に生きる者としての思いやり、もちろん損得勘定もあるだろうが決して甘やかさない厳しい目が役者たちを人間的にも成長させてきたんじゃなかろうか。
 一方、初めて芝居を見た千代は一瞬で魅了されてしまう。お茶子さんが座らせようとしても聞きゃしない。ツイッターのTLには『ガラスの仮面』『北島マヤ』『月影先生はどこ?』との声が並んでおりましたわ( ̄▽ ̄;) 暖簾の隙間から見つめる千代の目・・・まっすぐに、静かに。いい目。人生の大切な出会いがあったことには気づいていなくても、すべての瞬間をあの目で受け止めているのが伝わってくる。何かに強く心を持っていかれる‥千代にとっては初めての体験だったろう。演目は高城百合子の『人形の家』。内容はよくわからなかったと思うが女優さんの凛とした輝いている姿に夢中になった千代は岡安に戻るよう必死に説得するお茶子さんの手を振りほどいて舞台を見たがった。その姿を見た鶴亀座スタッフーのおじさんが脚本を渡してくれた。
 いや〜台本だって豊富にある訳じゃないだろうに。でも、その行為が千代にどれだけの夢と意欲を与えたか。字の読めない千代は一平の助けを借りて脚本の中身を解読しようとする。月明りの元で『お母ちゃん、おおきに』とつぶやいた千代。胸の中にある小さな、でも力強い炎、それに出会わせてくれてありがとう・・と思ったのか。この子にはどんな状況になっても自分を卑下したりしない清らかな強さがある。それは生まれた時からのものなのか貧乏や勝手な父親との生活と戦ううちに育ってきたものなのかわからんが千代らしさというものがはっきりと目覚めたようです。
 そして一平と仲良くしてくれてありがとうと言ってくれた(忙しくてもちゃんと親子で会話してたんやな)初代天海天海さん(茂山宗彦)の突然の死。座長と父をいっぺんに失ってしまった一平。芝居が好きじゃないと言っていたけれどどうなっていくんだろう。一座は続けられるのかな・・・さらに顔を見に寄ってくれた小林のおっちゃんから千代のもとに父親たちが夜逃げしたという情報が!ちょっと、サダヲ!何してくれてんねん!ヨシヲは大丈夫なん?まさか置いてかれていないよね?一話一話大切に見たい朝ドラの時間が戻ってきました。

 →7時45分 BSP 『こころ旅
 
 1時半帰宅。昼食を食べながら『ザ・世界仰天ニュース』(録画)(日テレ)を見る。
娘がいた時はたまに見ていたこの番組。しかし娘に何個ものトラウマを植え付けたのも確か( ̄▽ ̄;) 今回の歯とか舌とか関連の病も怖かったわ〜見えずらい場所だし。原因がわからない痛みってねぇ・・辛かろ〜東山先輩と中居君のくだりもっと見たかったわ。

 『ドキュメント72時間 ベッドタウンの小さなクリーニング店』 (録画) NHK総合
いや〜都会にはこんなにずらーーっとデカい団地が連なっている所があるんだね。壮観だわ〜隣接したスーパーもかなり広そう。同じような部屋に住んでいるそれぞれ別の人生を持っている人たち。小学生の頃、習いものの帰り、夜に一人で暗い道を歩いていたら並んでいるアパートの窓からもれる灯が不思議だった。この灯りのすべてに人が住んでいて、家庭というものがあって、生活しているなんて・・・そんなことってあるだろうか・・・
 クリーニング店に持ってくるモノからその人の人生が垣間見える。今回心に残ったのは反抗期の息子が友達から借りたセーターを持ってきていたお母さん。息子のことを話しながら涙ぐんでいた。この涙は愛情やら後悔やら不安やらが混じった複雑で自然と沸き上がってくるものなのよ。自信満々の母親なんてそんなにいないよね。いつだって迷いながらどうしたら子供のためになるんだろう・・自分のやり方は間違っていないだろうか・・って悩み続けている。でも最近態度が変わってきて誕生日にお花を買ってきてくれたって言ってたねぇ。心の中ではわかっているんだろうけど言葉にできるにはもうちょっと時間がかかるかなぁ。あとシミ抜きっておもしろそう。あそこまでに技術を高めるには長い年月がかかっているんだろうけど、一度やってみたい〜

 17時50〜18時30分『どさんこワイド179』 STV (日テレ)
やはりコロナのニュース中心。

 『斬新な整理』#12 (録画)(スカパー、Mネット)
今回の依頼者はイ・ジュンヒョクさん。韓国ドラマを見たことある人ならあちこちでお顔を拝見するであろう個性的なバイプレイヤー。お子さんが3人いるんだけどコロナのせいでオンライン授業になっているので居間に勉強机が二つ並んでおり、そのせいでソファセットも変な所にバラバラに置かれてある。さらに台所の隣に長男が動画配信を行うための場所をとるパソコンや放送機材などもあり違和感。全体的に雑然として落ち着かない空間になっている。ジュンヒョクさんの部屋はミリタリーオタクとしての服やグッズ、各種エアソフトガン、写真を編集するためのPCの巨大モニターやら将来フォトカフェをする時のための雑貨などが所狭しと置いてあり、とにかくごちゃごちゃしていてゆっくり休めない感じ。衣装もスタイリストさんがいないから全部自分で用意しなければならないとか言っていろんなジャンルの服や帽子を保存している。いつもの三つの箱を出してきても、これはオリジナルだからとか、もう入手困難だからとか言ってほとんどが「保存」箱へ。
 ( ̄▽ ̄;)・・・趣味のものはねぇ・・他人が捨てろとは言えないよねぇ・・本人にとっては命と同じぐらい大事なんだからさ。でも一応本人がこの場所を家族と共有できるところに変えたいと望んでいるんだからなんとかしないと〜
 さて、空間の最適化の結果。居間が子供たちの為の空間になって大人がくつろげる場所ではなくなったのがちょっとな〜( ̄▽ ̄;) でもコロナが収まったり子供たちが成長したら変えればいいんだからいっか。今は子ども第一に考える時期なのかも。何よりジュンヒョクさんが一番望んでいたことだもんね。各部屋も広いのに荷物置き場となっていたベランダを活用して生まれ変わりました。やっぱアレだね、部屋に空間というか余白ができると気持ちに余裕もできるね。

 8時50分テレビの電源オフ。今日は図書館から3冊も借りてきてしまったので少し読みたい。てか、最近寝る前しか読んでいないから進まないんだよな〜
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
こたつ  

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 22:01|PermalinkComments(0)

2020年11月27日

きこりのテレビ日記 #8  11月27日(金曜日)

 4時55分起床。さむいねむいさむいねむい・・・
やっと金曜日まだ金曜日という感じ。
ベッドに座ったままで頭部マッサージ。マッサージと言っても後頭部の首辺りとおでこの上あたりをガーーっとわしゃわしゃするだけなのだがトイレでもよくやっている。
これは足裏マッサージの先生に教えてもらったのだ。これをやっていると脳梗塞等の病気予防になるとか言っていたような。(もはや朧気だが習慣だけが残っている)

 その治療院は夫婦で営業していた。旦那さんが足裏と全身のちょこっとマッサージ担当、奥さんがカッピング(ガラスのコップみたいのを当てて真空状態にして多分毒を吸い出す?)担当だった。旦那さんの足裏マッサージがかなりうまかった。コレは当たりだ!と内心小躍りしたもんだった。15分ぐらい足裏とふくらはぎをマッサージされ、その後横になって背中から全身を5分ぐらいほぐされ、おっ、いい感じ〜と思ったところで旦那さん部門終了。

 その後、奥さんのカッピングが始るのだが、毎回、たいしたことない感だけが残り、コレっている?わたしゃ旦那さんの方だけでいいよと無念な気持ちで受けていた。旦那さん部門と奥さんのソレは必ずセットになっているらしくどちらか片方だけの施術というのは許されない(一回聞いてみたはず)。

 で、問題はその吸出しをしてもらっている間に夫婦の日常会話がデカい声でされること。近所の誰それさんがどうしたとか子どものナニがどうなったとか・・コレって今どうしても話さなきゃならないこと?それとも客の前でこうやって話すことが夫婦の楽しみというかプレイになってるの?私に聞かせたいのかしら?誰それさんってどうしてそんなことになったの?等マッサージの間はとにかく無の状態でいたいのに雑念が次々と沸き上がり落ち着かないのだった。

 それよりもっと嫌だったのは小型犬二匹が治療中もしょっちゅう移動しまくることだった。私はどちらかというと動物好きの方だと思うがこういう場では会いたくない( ̄▽ ̄;) しかも施術後にお茶を出してくれるのだが、そのテーブルの上も犬がキャンキャンいいながら通りすぎていく。なぜなんだろう?うちのかわいいわんこを見て💛ってことなのかな?誉めなきゃダメ?等と施術後もぼーーっとしたいのに気が抜けない。一度やんわり『わんちゃんはいつもいるんですか?(犬が邪魔でくつろげないんだよ!)』と尋ねたことがあるが『そうなんですよ〜💛』と言われ終わった。それでも5,6回通ったかなぁ。旦那さんのマッサージと離れるのは非常に惜しかったのだが行くのを止めてしまった。

 いつも車でその店の前を通る度にあの夫婦と犬たちはどうしているかな〜?と思っていたが去年看板が無くなっていた。繁盛してもっといい場所に異動したのか、つぶれちゃったのか・・どちらにせよあの夫婦とわんこたちに幸あれ。

 5時3分。『お外に行くよ〜』と声をかけるとミー太は弾丸のように階段を転がり下りて行った。玄関に出る前に羊毛ボールを見付けてドッタンバッタン。(人間の)2,3歳の男の子ってこんな感じなのかな?マイナス3度。電気がついている窓にほっとする。5,6分の外出だが歩いているうちに目が覚める。

 6時18分テレビの電源を入れる。なんか急にテレビ体操が20分からのような気がして焦ったのだが、まだ『テレビでハングル語講座』をやっていた。弾き語りとかもあるのね。毎週ラスト1,2分ぐらいしか見ないのだが満島真之介君がすごくやる気満々で勉強しているのが気持ちいい。いつか韓ドラに出演できますように。

6時25分Eテレ『テレビ体操
お姉さんたちの花柄とグリーンのレオタードが気になる。このグリーンが似合う人って日本人にはあんまりいないと思うが。赤とかピンクだと派手すぎるとか言われるのかな?ブルーだと寒そう&多少元気感マイナスイメージ?で、グリーンに落ち着いたのかな?

 6時55分 Eテレ『0655
今週の歌『冬毛の歌』に癒されるぅ〜来週は2番らしいから楽しみ♬

 7時15分 BSP『澪つくし』59話
律子(桜田淳子)が古川家を訪れ吉武家に行き惣吉(川野太郎)に本当のことを話してきた(それとかをるは純潔であることも)とかをる(沢口靖子)に報告。『ありがとうございました、お嬢様』と涙ながらに感激するかをる。人がいいというか何というか・・( ̄▽ ̄;) そもそも律子のせいで一週間も留置所に入れられていたのにさ(でもシャバに出てきても髪ひとすじも乱れておらず疲れもまったく見えないという)。どこまでも純真で清らか、恨みや憎しみなど抱くことなく、でしゃばらず一途に一人の男性を信じて待ち続ける。守ってあげたい存在だけど非常時には踏ん張れる芯の強さとたくましさがある。ジェームスの理想なのか?

 7時30分 BSP『エール』最終回
今までで最高の回であった。って、ずっと適当にながし見してたけどさ。薬師丸ひろ子さんの『高原列車は行く』もぴったりだったけど岩城さんの『イヨマンテの夜』が凄かった。
 →BSP 7時45分『世界ふれあい街歩き

 帰宅後、『番外捜査』第1話(録画)(スカパー、Mネット)を見る。
なぜか『交渉人』と勘違いして録画しちゃってシン・ハギュンさんでないなぁ・・いつ出るんだろう?ラストにバーン!って出るやつ?等と思いつつ見ていたんだけどおもしろかった。金で雇ったチーム(スキルが笑っちゃうほどすごい)と普通に違法な捜査を駆使して犯人を捕まえる刑事チン・ガンホ(チャ・テヒョン)と視聴率を上げるために命がけでスクープを狙うPDカン・ムヨン(イ・ソンビン)が別方向から犯人へと近づいていく。知ってる俳優さんは探偵役のチ・スンヒョンさん(『検索ワードを入力してください』の一途な旦那さん!)しかいなかったけど、どの役者さんも粒選りな感じ。飽きない脚本だし、コレはいけそう。次回も見てみます。ただちょっとサイコな描写があるから注意は必要かも( ̄▽ ̄;)

 『斬新な整理』#10(録画)(スカパー、Mnet)
 今回の依頼人は芸人で歌手のキム・ミリョさんと俳優のチョン・ソンユンさん。二人目の子どもが生まれてからは主に家事と育児をソンユンさんが担当しミリョさんが外で仕事している。途中でバトンタッチしたせいか家の中は混乱の末、モノが堆積していた。家事ってそれぞれのやり方やこだわりがあるもんね。ゆっくり引き継ぎする時間も無かったせいか、お互いに常にモノを探してイライラ。疲れ切って夫婦関係にも危機がきているような雰囲気。片づけたくても時間も気力もないのがよくわかる。断捨離は自分でモノと向き合うものだけど、ここまできたらプロの力を借りるのが正解。部屋が変わった後の旦那さんの顔を見たら憑き物が落ちたみたいにスッキリしていた。きっと日々の小さなストレスが溜まっていたと思われ・・・何とかしたいのにできない罪悪感とすまなさを感じていた奥さんからも解放感が伝わってきて心からほっとしたよ( ̄▽ ̄;)

 16時50分『どさんこワイド179』STV(日テレ)
東京のコロナ感染者が570人。北海道は252人。札幌は142人。十勝は13人。重傷者と死亡者の数が増えているのが気になる。クラスターも増えているし。医療従事者のみなさんはちゃんと休みを取れているんだろうか。ただでさえ強いストレスと戦いながら働いているのに。

 『NHKスペシャル ドラマ こもりびと』(録画)
私自身も失業の期間が長かったり正社員になれずバイトジプシーだったので雅夫(松山ケンイチ)と重なる部分を感じながら見た。胃癌ステージ4,余命半年の宣告を受けた一夫(武田鉄矢)は10年以上見ないようにしてきた引きこもりの雅夫と向き合う決意をする。孫娘三咲(北香那)の協力を得て雅夫のつぶやきを読み好きな音楽を知った一夫は初めて雅夫の苦しみと葛藤を知る。雅夫は自分がこうなったのは一夫のせいだと思っているけど、自分を一番責めて追いつめているのは自分自身なんだよね。何とかしたい動き出したい、でも怖くてできないともがいているのも自分。一夫が最後の瞬間に『生きていてくれるだけでいい!』と心底思えたように「遅すぎる」ことなんてない。本当の思いがあれば必ず相手にはいつか伝わる。その言葉は心の中で育っていくと思う。お互いが生きているうちに理解しあえたら、そりゃ良かったけどその時の一夫にも雅夫にもあれが精一杯だった。雅夫が引きこもっていた10年という月日は決して無駄だとは思わない。雅夫にとって必要な時間だった。父の死をきっかけに雅夫が自分自身で決断し一歩踏み出せて良かった。

 最近マッコリにハマっている。私が飲んでいるのは麹酵堂米マッコリってやつなんだけど酸味と甘みととろみが丁度いいのさ〜気分を出すためマッコリ杯も買っちゃった。で、マッコリ飲みながら韓ドラ見るの(σ´∀`)σ
力の強い女 ト・ボンスン』第3話(録画)(スカパー、ホームドラマチャンネル)
わりかしおもしろい。ボンスン役のパク・ボヨンがちっちゃくてほどよく生意気でかわいい。ボンスンが好きな刑事役の人が私の好みではないけど御曹司ミンヒョク役のパク・ヒョンシクがキュートだからいっか・・

 明日行けばお休み。仕事の帰りに母の所に寄って生存確認してこよう。
こたつ   

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:07|PermalinkComments(2)

2020年11月22日

きこりのテレビ日記 #6  11月22日(日曜日)

 9時起床。いつになく遅起き。
ミー太にも起こされなかった。猫たちを外に出した後、シーツと布団の洗濯、掃除。うちは床がすべて絨毯なのだが・・・隅っこの方に埃が溜まっている・・階段とかも( ̄▽ ̄;)見ないように過ごしてきたが1年に一回ぐらいは片づけた方がよかろう。ネットに使い古しの歯ブラシでシュッシュッとするとゴミがかきとれるって書いてあった。

 10時。『ワイドナショー』(フジテレビ)を見てみる。フジらしいサーーーーーっとすべてが流れていくような番組。松ちゃんがMCしている意味あるのかな?「マ〇チさん」の不倫問題をやってた。しかし自粛って自粛するほど仕事してないんぢゃ?って思うのは私だけ?30分ほどで『サンデー・ジャポン』へ変更。こっちの方がまだいい。積極的な言葉がある。30分ほど視聴。

 『シングル男のハッピーライフ』#363(録画)(スカパー、KNTV)
しばらくギアン84が休んでいたけど復帰。なんか懺悔的な謝罪の言葉を口にしていたからネットで調べるとなるほど〜実際の漫画を見ていないから何も言えんがいろいろあるんやね。

 1時近くに久々ウォーキングへ。なんだか雪でも降りそうな空の色だったけど意外と暖かかった。歩いていたら汗ばむほど。曲を聴きながら今日は遠出してみようかと思ったらお腹がゴロゴロ。ヤバイ。マスクを忘れたので緊急時にもコンビニに入れない( ̄▽ ̄;) マスクを買うためにもマスクしてなきゃダメですよね?でもそのうちウェーブが去ったので楽しくフォーキング再開。結構歩いたような気がしたけどそうでもなかった。3.3キロ。

 今日こそは『麒麟がくる』をリアタイする!昨日31話を見たからあと一話。見始めたらあっと言う間なんだけど何か見るまで覚悟がいる(笑)アイロンをかけながら32話「反撃の二百挺」視聴。光秀(長谷川博己)は秀吉(佐々木蔵之介)と共に鉄砲を調達するために堺へ。しかし先約ありとのことで宗久(陣内孝則)に断られるも、うまいことやって手に入れ戦いの準備を整える。しかし苦戦する信長(染谷将太)。









 『よみがえる新日本紀行』(録画)(BSP)今回は「南伊予」(昭和42年)
昭和の映像を見ているとほっとする。でも多分その当時TVつけていてもこの番組は見なかったと思う。過去だから過ぎ去った時代だからなんとなく癒されるのかも。こんな時自分は未来が怖いのかな?とも思う。

 『コンテナ全部開けちゃいました!』(録画)(BSP)
レギュラー番組化を狙う番組枠。『魂のタキ火』もこっからだった。港で見かけるコンテナにはいったいどんなものが入っているのか?列車に積まれたコンテナが通り過ぎていく時にも同じように感じるよね。どこへ行くんだろう?ナニ入ってるのかな〜?そんな好奇心に応えてくれる番組らしい。MCはカズレーザーとコンテナあけ太郎 ( ̄▽ ̄;)。情報を補足してくれるアシスタントとして鯛と乙姫なるキャラも。今回は横浜港。CKBの『Tampopo』がいい感じに誘ってくれます。やっぱCKB最高!・・は、置いといて。輸出用と輸入用のコンテナオープン!輸入されてきた果物の処理の過程とかコンテナの歴史とかわかっておもしろかったけど、もうちょっとびっくりさせてくれるようなものが見られなきゃ飽きちゃう鴨。レギュラー化の道は遠い。

 『あいつがそいつだ』第2話(録画)(スカパー、衛星劇場)
前世での経験のせいで非婚主義となったヒョンジュ(ファン・ジョンウム)に前世の記憶を持ったまま生まれ変わった(前世での)元夫ファン・ジウ(ユン・ヒョンミン)(『純情に惚れる』の悪い人だーー)と幼馴染のパク・ドギョム(ソ・ジフン)が恋愛モードで関わってくる。ヒョンジュのパワハラ疑惑もクビも全部ジウが企んだことみたい。ジウはヒョンジュと結婚したいの?前世ではいつもジウが裏切っていたみたいだが・・まだハマれてはいないけど一応視聴継続。

 18時、BSP『麒麟がくる』第33話比叡山に棲む魔物。
とにかく摂津(片岡鶴太郎)に早く消えて欲しい。わたしゃ今まで比叡山の焼討ちは信長の狂気と感じていたけれど今回見ていたら、そりゃ焼きたくもなるよな・・摂津を中心に坊主ともども焼いてしまえ!となってしまう恐ろしさ(単純さ?( ̄▽ ̄;))。戦に巻き込まれ命を失ったたくさんの人々がいるというのに。てか、やっぱりみなさんと一緒につぶやきながら見ると楽しい♪

 『プロディガル・サン 殺人鬼の系譜』第1話 (録画)(wowow) 
『外科医』と呼ばれたシリアルキラー(23人殺害)マーティン・ウィットリー(マイケル・シーン)を父に持つマルコム・ブライト(トム・ペイン)はFBIをクビになりニューヨーク市警にプロファイラーとして協力することに。しかし最初に扱った事件は父の模倣犯。捜査のためマルコムは10年振りに父の元を訪れる。

 いや〜この事件も息子を自分のところに呼び戻すためにマーティンが仕組んだことと思われ・・・これで終わらないよね。彼はマルコムを自分の跡継ぎにしようといろんな知識を植え付けてたからねぇ。父のことがトラウマとなり神経症的症状のあるマルコム。悪夢にも悩まされているみたいだし。以前よりは客観的に父を見ることができるようになったようだけどその油断が危険。父のことを隠して捜査に関わっていたけど同僚を救うため(あるいは自分自身のカウンセリング的な意味もあって?)カミングアウトしてしまいチームの皆さんに知られちゃったのがどう転ぶか。マルコムに命を救われ市警に呼んでくれたギルが信じてくれているのが救いだわ〜マルコムがもっと私の好みのビジュアルだったらわりかし好きなタイプのドラマなんだけどな〜でも切り捨てるには惜しい。一応2回目も見てみるわ。

 『嵐にしやがれ』(録画)(日テレ)
この番組も今年いっぱい(´;ω;`) あと6回ですってよ、奥さん!後番組では翔さんがMC務めるみたいだけど、わたしゃ嵐の番組が見たいのよ。ワシが生きている間に見られるんかのぅ・・・(ृ ु ´灬`)ु
てか吉村太い仕事無くなっちゃうよねぇ・・( ̄▽ ̄;)今回は相葉雅紀記念館。証人として横山裕君と風間俊介君と小峠さんがゲスト出演。強烈列伝に笑った〜このアイドル性を壊さずほどよくスパイシーでオリジナリティのあるエピソードの提供。これが嵐だよ。土曜日のこの時間が無くなるなんて寂しすぎる。

 明日も休み♬ うれしいな〜ヽ(o´∀`o)ノ ♪

こたつ  

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 22:59|PermalinkComments(0)

2020年11月19日

きこりのテレビ日記 #5  11月19日(木曜日)

 4時頃からすず(猫、10歳)が布団に入ったり出たり。
4時半頃に落ち着いて丸まったけれど私も枕の位置や高さが定まらず寝たんだか寝ないんだか。
 5時起床。
私は風通しの悪いところが好きじゃないのでコロナ前から毎朝起きたら必ず窓を開ける(寒さでサッシが凍るまでは)。今日はなんだか暖かいような。

 5時15分。小雨が降っているのにミー太はいそいそと出かけて行った。
あれから倉庫が近づくと『隣家のご主人いるかもよ?注意!注意!』と脳内に用心を呼び掛けている。今日はいなかった。

 木曜日は燃えるゴミの日。生ごみ・猫砂(こちらでは何故か燃えるゴミに分類されているのだ)、昨夜まとめた実家からもらった座布団とカバー等をゴミステーションへ。
私は身内・友人関係のものも躊躇なく捨てられる方だ。手紙類は1年過ぎたら捨てるし写真は自分のものはアルバムから剥がして靴箱に半分ぐらいしか残していない。よく「断捨離」は捨てる行為によって本当に大切なものを選び抜くと言うが、私の場合は捨てることによって自分の心がどう動くか確認したいのかもしれない。雨が本格的になってきたので6時前にミー太帰宅。

 6時24分テレビの電源を入れる。
6時25分Eテレ『テレビ体操
本日は美佳先生。伴奏は能條さん。
前半は肩と腕のほぐし系体操。連続して腕の上げ下げをするのが地味に辛い。
両手を水平に上げて片足を上げる「命のポーズ」のラストで今日も晴菜ちゃんが一瞬グラついたのを確認して癒される。

 →『0655』→7時BSPへ。『ふらっとあの街 旅ラン10キロ』「秋の京都東山ラン」
京都行きたいなぁ。てか、4月に東京行きを予定していた。それをコロナのせいで11月に延期。娘と泊まろうと思っていたホテルも結構いい部屋取ったのに(´;ω;`) 神宮外苑の銀杏並木見たかったのに(´;ω;`) 21日に出発する予定だったのにぃ。もし自分が移動してコロナに感染し実家の母にうつしたら・・と思うと動けない。ぐやじい。コロナめ!

 7時15分 BSP『澪つくし
朝食の席でかをる(沢口靖子)に惣吉(川野太郎)への気持ちを確認するQベー(津川雅彦)。家族を自分が賛成しなければ結婚しないというかをるの言葉の証人にするつもりか。どこまでも自分本位な家長が強引に率いる入兆(坂東家)と将来の親方・惣吉の気持ちを尊重し心をひとつにする吉武家が対比するように描かれる。草笛光子さんがいいよねぇ。小股の切れ上がったいい女とはこのことか(ちょっと違う?)。潔くって情があり懐が深い。とねさんの若い頃が自然と見えてくる。
 そして水橋の潜伏先旅館にかをるを使いにやる律子(桜田淳子)。アンタね、もし水橋が捕まったら、かをるもエライ目に遭うんだよ。かをるを利用したり隠れ蓑にしたりする自分に気づいていないとしたらただの世間知らずだよ。でもその浅はかさも含めてずんこちゃんはいい感じに演じていると思う。

 1時半帰宅。昼食を食べながら『突然ですが占ってもいいですか?』(録画)(フジTV)
占い好きだからいつも見ている。でも私が占ってもらう立場だったらシ〇マさんだったらハズレ・・と思ってしまう鴨。

 その後『ショッピング王ルイ』第15話(録画)(スカパー、ホームドラマチャンネル)(再視聴)
何度見てもルイとボクシルの心の清さと大きさ、家族とその周りのみんなとの素直な愛情に泣けてしまう。私、泣くために韓ドラ見ているのかも。

 『斬新な整理』(録画)(スカパー、Mネット)
今回の依頼人は元KBSアナウンサーのオ・ジョンヨンさん。想像を絶するモノの多さ( ̄□ ̄;)!! 歴代一位と思われ・・・3LDKの住まいの二部屋が思い出の品で埋まっていて雑な地層状態。その思い出の歴史は小学生の頃から始まり、数も種類も、こんなもの何で取っておくの?!と唖然とするものばかり(私にとっては)さすがのマキシマリスト パク・ナレも逃げ出すレベル。
 私だったら発狂して火を放つ所だけどMCの三人は優しい。ちゃんとジョンヨンさんの生き方を受け入れ寄り添ってあげている。しかしさ、昔のものってそんなに見る?若い人ほどそんな暇なくない?しかも捨てられずに取っていても埃かぶっているのがほとんどじゃない?過去を懐かしむって栄光に包まれているからなのかなぁ。自分は過去の自分が好きではないので過去を思い出すものを見ると嫌な気持ちになるんだけど( ̄▽ ̄;)充実したすばらしい過去だったら違うのかも。
 私がスタッフだったら死にたくなる現場だったと思うけど『空間の最適化』で見事部屋は蘇りました。じゃなきゃ番組続かないよね。
 最初は呆れて見ていたけどだんだん、この人は過去の全ての時間をすんごい頑張って生きてきたんだな〜だからその時間を共にすごしてきたモノが捨てられないんだなとわかった。モノにはいろんな思いがこもっている。部屋の風通しが良くなり依頼人がスッキリさっぱり笑顔になった姿を見られて私も満足。

 17時50分〜19時『どさんこワイド179
東京で534人感染確認かーーー『五つの小』なんて大喜利みたいなこと言ってる場合なんだろうか。北海道では267人。うち札幌市が197人。十勝は6人。連休明けの24日に100人以上参加の講習会に行かにゃならんのだが・・・明日一応開催について確認してみよう。

 『魂のタキ火』#7 夢の扉を開く夜@深谷(録画)BSP
焚火をしながらのトーク番組だけど主役は火。出演は黒木瞳・山崎ナオコーラ・矢部太郎。映像のたき火だけど結構臨場感ある。刻々と変わっていく炎の形と色、存在感。音。いっそ焚火の映像だけでもいいかも。火を前にするとなんか、しん・・となっちゃうよね。そして引き込まれているうちに自分と向き合っている。ビジネス焚火だけど、みなさんトークというよりもつぶやきのようになっていくがそれでいいのだ。

 8時15分テレビの電源オフ。
明日返却の本が2冊。一冊は手をつけられず、あと1冊は半分ぐらい読んだかな〜
全く読めなかった本(『ホテルローヤル』桜木紫乃 著)はまた予約入れなおした。途中まで読んだ本(『いやよいやよも旅のうち』北大路公子 著)はハマってきたのですぐ続きが読みたい。購入しようか迷い中。

こたつ 

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:32|PermalinkComments(4)

2020年11月15日

きこりのテレビ日記 #3  11月14日(土曜日)

 4時45分目が覚める。と言うより猫に起こされる。
5時5分布団からでる。子どもの頃『5時5分』って番組があった。恐ろしいもんで未だに5時5分に気づくと脳内で「 ♬ 5時5分〜5時5分〜♪ 楽しくテレビを見るために〜♬」等と再生される。

 って、調べたらこの歌は『受信相談』という番組のテーマ曲で『♬ 4時5分〜4時5分 ♪』が正解だったよ〜!自分、いつのまに5時に変換していたんだ?!( ̄▽ ̄;) このように自然と誤解して覚えてしまっている歌詞の記憶というものはなかなかアップデートがきかない。新しい情報はすぐ消えるのに古い記憶の頑固さときたら・・。きっと私はこれからも『5時5分 ♬ 5時5分〜♪』と歌い続けると思われ。

 5時10分頃ミー太と外へ。私は東へ。ミー太は・・・どこへ?
ミー太のシマはだいたい把握しているが、たまにびっくりする所で会うことがあって『アンタ、こんなところまでシマを伸ばしてたんかい?危ないからこんなとこ来ちゃダメだよ』と指導を入れる。でも忘れた頃にまたいるんだよねぇ・・本能だからしかたない。先代猫のそーやも開拓に熱心だった。ミー太にとってもそーやにとっても、それが生きることなんだろうなぁ。

 5時35分ぐらいからテレビをつける。
TBS(こっちではHBC)の『まるっと!サタデー』。何年か前までは日テレの『ズームイン!!サタデー』だったのだが身内でワイワイやっている感じが嫌で変えてしまった。って、TBS、本日は『マスターズゴルフ』・・・・興味なし。

 白湯を飲みながらEテレ『猫のしっぽカエルの手』を見る。久しぶり。手作りの仕事を訪ねるシリーズ・岩手。これは2018年の再放送だけどベニシアさん、結構痩せたなぁ。『ひっつみ』が美味しそう。郷土料理って若い頃は独特のクセがありそうと思って全く食べたいと思わなかったけど(『食いしん坊!万才』で、コレって絶対美味しくはないと思われる『懐かしい味ですね〜!』としか表現しようがない映像をよく見た)、この頃は違う。味の嗜好が変わってきたのもあるけれど永く伝えられてきた家族の中心にあるような食べ物に魅かれるのかもしれない。

 6時25分『テレビ体操
本日の先生は肇ちゃん。相変わらず胸板が厚い。おいくつなのだろうか。HPで各先生や体操のお姉さんたちのプロフィール出して欲しいもんだわ。と思ったらHPの概要のところに出てた。肇ちゃん、やっぱりウエイトトレーニングが趣味なのね 先生方、やはり日体大出身。美佳先生はトランポリンも好き。大輔ちゃんは・・・あら、趣味とか書いてないわ。そして最近露出の多い新人ピアニストの能條さん、やはりご立派な経歴。ストレス解消はサイクリングと映画鑑賞か。なるほどねぇ・・番組で挨拶する時は、ぎぎぎーーって音がしそうなほど硬い印象だけどプロフィールの写真は柔らかくていい感じよ。

 7時15分 BSPにて『澪つくし
今週は律子(桜田淳子)の画策でかをる(沢口靖子)の結婚話は爆発炎上。いい仲だった職人を捨てて嫁ごうとしていたという汚名までかぶる羽目に。入兆でのみなさんの仕打ちに耐え切れず実家に逃げ戻るかをる。消火活動に走り回る梅木(柴田恭兵)と清次(寺田農)。対応した惣吉(川野太郎)の男らしさとカッコよさが際立った土曜日でございました。もうね・・「恋のあらすじ(ジェームス三木先生作詞)」が流れそうな気配になるとツイッターのTLが賑わうこと(笑)カラオケで歌いたい人急増中じゃないかしら( ̄▽ ̄;) 

 7時30分『サワコの朝
本日のゲストは笠井信輔さん。今までの人生で笠井さんのことを考えたことは一切ないが・・・と思いつつ見ていたがすぐに引き込まれた。やはり伝えたいものがある人の言葉は強い。闘病生活を記録してSNSで発信。長年情報番組に携わってきた笠井さんは様々な方たちのプライバシーを扱ってきた。仕事としてつっこまれたくないであろう部分にも切り込む日々だった。病気になり今度は自分が反対の立場に。『だとしたら自分から出していかなきゃならないな・・と。それは自分の義務であり、バランスがとれない‥と』。すごくわかりやすい言葉だった。よくガンガン追いつめるようにインタビューする人がいるが、アンタはそのマイクとカメラが無くても同じことが聞けるの?と思う。仕事だから当たり前?でもたまに立場を利用して承認欲求を満たしているんじゃ?疑いたくなる人もいる。笠井さんにはその相手と向き合う時の痛みと覚悟があったんだと思う。

 1時過ぎ帰宅。昼食を食べながら『王様のブランチ』を見る。「物件リサーチ」目当て。私は物件ものが好きだ。「辰巳琢郎の家物語」も「渡辺篤史の建物探訪」も毎週録画設定している。「突撃!隣のスゴイ家」は・・・MC二人のやり取りがなんか面倒くさくて中身に集中できないから見ていない・・・( ̄▽ ̄;) 家はもう建てられないけど物件を見ながら、母が死んで猫もいなくなったら家を売ってどっかに行くか〜〜?その時はどんな部屋がいいかしら〜?などと思ったりする。

 18時。TBS「報道特集
「セルフネグレクト」という言葉を初めて知った。自分で気づいて清掃業者を呼べる人はまだいい。始まりにも気づかず徐々に気力が失われ、ある日ふと、その部屋から逃げるように消えてしまう。あるいは死を選んでしまう(積極的に生きるための策を取らなかったため)一般的なゴミ屋敷は主体的にゴミを集めてゴミで自分を守ろうとしているように思うけど「セルフネグレクト」はそれとも違うような。結果的にはゴミ屋敷になってしまうんだけどもっと無意識で生活の歩みが徐々に徐々にゆっくりになってある日突然止まってしまうような・・・。他人事とは思えない。私もよく面倒くさい、明日やればいいや、来週やればいいさ、今月中に・・・とか言ってるもんなぁ。体の具合が悪くなると普通に病院で診てもらうようにこころに異変や違和感を感じたらカウンセリングや心療内科に行って欲しい。当たり前のことで恥ずかしいことではないと広まって欲しいなぁ。

 『驚きの土曜日』(録画)(スカパー、Mネット)
チャンミンさん(東方神起)がゲストということで初めて見てみた。
音楽番組に出演した時イントロ中にユンホさんが『チャンミン、誕生日おめでとう!』と叫んだ件で何度もからかわれていて笑った。ユンホさんはネタの宝庫だね。クイズ形式の番組らしいが、なんかテンポが悪くて飽きてきたので途中で視聴終了。
 
 21時『嵐にしやがれ
キングがゲストということで久しぶりにリアタイ。わたしゃ特にファンでもないんだが(洋ちゃんのエピソードを聞いて人間・福山雅治から目が離せなくなった。←それがファンでは?)、そんな行きずりの者をも思わず惹き付けてしまうのがスター!この落ち着きと余裕!でもやっぱりどこかに洋ちゃんが潜んでいないか探してしまったわ。

 『82年生まれ、キム・ジヨン(チョ・ナムジュ 著)』もうすぐ読み終わる。20日が返却日だから急がねば・・と思いつつ睡魔に負けて10時半布団へ シュッ =͟͟͞͞ (|3[▓▓]

こたつ

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 12:14|PermalinkComments(0)

2020年11月08日

きこりのテレビ日記 #1  11月8日(日曜日)

 朝7時半起床。
日曜日はいつもこんなもん。
寝すぎると腰が痛くなるし夜眠れなくなって月曜日からの早起きが辛くなる。玄関を開けて猫たちを出した後、いつもは起きてすぐテレビはつけないが大統領選挙が気になりつける。
シューイチ』にしようか『サンデーモーニング』にしようか一瞬迷ったがテンション低めの『サンデーモーニング』へ。
 どうやらバイデン氏に決まったようだがトランプは徹底抗戦する気満々らしい。政治のことをよくわからない私が言うのもなんだが、そして単なる好みしか語れないし、バイデン氏も特に好きではないのだが、トランプ氏の言い草を聞いていると胸糞が悪くなる。本当に国民のことを思うなら手を離しなさいよ、と大岡裁きを思い出す。

 実家にちょっと寄ってきてコーヒー飲みながら『シングル男のハッピーライフ』(録画)(スカパー•KNTV)を見る。最近、コレを見るのが一番楽しみ。(日本のバラエディはほどんど見なくなった)火曜と水曜の再放送まで見ている。しかし毎回思うが、この邦タイトルはいかがなものか••••GYAO!では『私は一人で暮らす〜シングルのハッピーライフ』になっているではないか。そっちの方がよっぽどいい。それにゲストは男性だけじゃないしさ。
 今週は「女隠パ」「ソンフン&ヘンリー」回。女隠パは好きじゃないので飛ばして後半のみ。ソンフンはやっぱり性格がいいわ💖最近韓ドラにハマった友人に布教のため韓国バラエティをダビングして送っているので今回も見終わったら即ダビング。

 『サンデー・ジャポン』を30分ほど見た後『私の恋したテリウス』(録画)(スカパー、アジアドラマティックTV)15回・16回を見る。3回目視聴。前述の友人に送るために録画したのだが見ずにはいられないソ・ジソプ様の魅力。そしてKISの皆さん他すべての登場人物が生きている脚本がいい。

 今頃になって東方神起にハマったというかユンホさんに興味がわいたので、チャンミンさん出演だったけど録画しておいた『人生酒場』(録画)(スカパー)を見る。今回はNCT(知らない)のマークさんとやらが中心でチャンミンさんとEXO(聞いたことはある)のシウミンさんとともに付き添いのような感じだった。『知ってるお兄さん』でも思ったがヒチョル(MCのひとり)(SUPERJUNIOR)は回し方がうまい。ちゃんとそれぞれのエピソードが話せるようにうまく振るしオチもつけてくれる。中居君みたい。

 『麒麟がくる』の録画が溜まっていて先週までに第28回と29回を見終ったので今日中に30回見終われば早麒麟31話をリアタイできる!と思ったが何かタイミングが合わないゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 『新日本紀行』(録画)(BSP、昭和43年版)を見る。テーマ曲が違う。いつもは昭和44年だから43年代はこっちの曲だったのか。どちらも冨田勲作曲。でも私は昭和44年の曲の方が好き。そもそもあの曲が聞きたくてこの番組を見ている。『宮古・久慈』だった。しんみり。

 午後、庭に取り寄せたけどずっと放置していたビオラを植える。水をやるけど、こんな寒い時期に水あげていいんだろうか?とか思いつつ、ジャー。ついでに畑の老朽化した防草シートをはぐ。風がある中結構頑張った。

 午後3時。再放送の『ウチ、断捨離しました!』(BS朝日)を見る。前にも見たのになぜか毎週録画してまで見てしまう。一種の学習のつもりか。

 『あなたが眠っている間に』(録画)(スカパー、TBSチャンネル)5話・6話を見る。再視聴。最近再視聴ばっかり。だってハマれるドラマがみつからないんだもん。
イ・ジョンソク君はこういう不思議能力のある役が多い。そして悪いチキン屋のカン・ギヨンさん・・・( ̄▽ ̄;) 『テリウス』ではいつもの気のいい役だったのに。出てきた時から、アレ?いくらなんでもこんなチョイ役?と思ったらやっぱり・・・

 風呂に入ったあと『恋のトリセツ〜フンナムとジョンウムの恋愛日誌』(録画)(スカパー、ホームドラマチャンネル)4話目を見る。
安定のナムグン・ミンさんとファン・ジョンウム。ちょっと気取ったハンサムさん役の彼も良し。そして疑うことを知らない心のきれいな、生きる力も強い女性が相変わらずしっくりくるファン・ジョンウムさん。てか、初めてナムグン・ミンさんのキスシーンみたかも( ̄▽ ̄;) 韓国の俳優さんはキスする時に添える手の位置も女優さんを引き立てるように考えていてきれい。

 『ヴィオラ母さん』(ヤマザキマリ著)(図書館で借りた)読み終わった。
面白かった!わたしゃ、すっかりリョウコに夢中だよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 23:29|PermalinkComments(0)