韓国ドラマ

2021年11月17日

「ドドソソララソ」 第14話・第15話・最終話

 いや〜ほのぼのラブコメかと思いきや、いろんな要素が入っていて飽きずに一気に見ちゃいましたわ〜ネタバレアリです。
てか、ネタバレしかありません・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ




 ついにジュン(イ・ジェウク)の正体がバレて、ララ(コ・アラ)の方から一旦距離を置くためにお別れ。そしてヨリを戻したと思ったら今度はジュンの方から別れを切り出すという・・ねぇ。最初っから見てきた者なら絶対ワケありでしょ!ジュンに新しい彼女ができてララが嫌いになるなんてありえないもんね〜

 そして「ドドソソララソ」の正体判明!私もウンソク先生(キム・ジュホン)だと思っていたよ〜あるいはマンボクおじいさん(イ・スンジェ)?でもマンボクさんSNSに投稿とかできなさそうだからな〜8:2でウンソクだったのに。ジュン、一途すぎるよ〜しかも一目惚れだったんだね〜次に会ったのが花嫁姿じゃ驚くよね。いくら人が良くても会ったばかりのララに尽くしすぎだろ!って思ってたけど事情がわかって健気で泣けたよ。

 で、ラスト2話になって病気ネタをぶち込んでくるとは・・・( ̄▽ ̄;) そりゃ、しょっちゅう鼻血だしていたから、もしかして病気?と思わないでもなかったけど14話まで来たら、そんな時間ないだろ・・って思うよねぇ。まぁいい。きっと病気発覚するけど治ってハッピーエンドだな・・って思っていたら、まさかの死亡!!!ヤダーーー!バッドエンディングものは見たくないのよーー!そう見せかけて生きて帰ってくるんでしょ?と思っていたら・・・5年後ってアンタ・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:57|PermalinkComments(0)

2021年11月09日

「賢い医師生活」シーズン2 第9話

 お兄ちゃんは何でも知っている・・・
イクジュン(チョ・ジョンソク)の力強いサポート(二人を同じバスに予約・発熱で病院にいることをさりげなく連絡(来たら必ずカルテを見るから察するはず))で、やっとジュンワン(チョン・ギョンホ)とイクスン(クァク・ソニョン)は再会し、彼女の病気のことを知りました。彼女が別れを切り出した理由が次回伝えられるんだろうね。

 前回、イクスンのスマホを偶然見たイクジュンが驚いた顔をしていたけど、やっぱり待ち受けをジュンワンにしていたようで・・・アツアツじゃないですか〜〜付き合ってても待ち受けには中々しないよ( ̄▽ ̄;)

 自分の気持ちを人に伝えることはないし、イクスンから別れを切り出された時も冷静に受け止めたジュンワンだったけど、かなりダメージあったもんね。仕事中はもちろんそんなそぶりゼロだったけど一人になったら抜け殻だったもん。いろいろ思う所あっただろうに、ベッドにいるイクスンに最初にかけた言葉が『大丈夫か?』。やっぱりいい男だよねぇ。この二人にはぜひとも復縁して欲しいわ〜




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:49|PermalinkComments(0)

「賢い医師生活」シーズン2 第10話

 救急救命室で再会したジュンワン(チョン・ギョンホ)とイクスン(クァク・ソンヨン)だったが、ジュンワンがオペ中にイクスンは帰宅してしまう。でも、また会う約束を取り付けたぞ。(電話しようかどうしようか・・・迷いに迷っていたジュンワン・・・ラインが来てテンション一気に上がっていた(笑))ジュンワンって普段はクール仕様だけど本当は熱い思いを隠しているんだよね。でも繊細な心遣いのできる人だから自分の思いを押し付けたり絶対しない。

 そしてお母さんの問題で悩み続けていたギョウル(シン・ヒョンビン)はやっとジョンウォン(ユ・ヨンソク)に本当のことを伝えられた。やっぱりギョウルのお父さんはDVで刑務所に入っているそうな。ギョウルは子供の頃からで家に帰るのがいつも怖かったと言っていた。今回お母さんは大けがをした上に精神的ダメージも大きかったため、ギョウルの所に連れてきたらしい。

 母親の状態をなんとなくわかっていたのに気づかないフリをしていたというギョウルにジョンウォンは自分を責めないでと包んであげた。そのちょっと前にギョウルの弟がお父さんの件を婚約者に伝えたことで破談になったってエピソードがあったから、ギョウルは全て伝えることをすごく迷ったと思う。でも、我らのジョンウォンはもちろん気にしない。何よりギョウルが一人で背負っていた重荷が軽くなったようで嬉しくなったよ。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:48|PermalinkComments(0)

「賢い医師生活」シーズン2 第11話

 強盗に襲われたのは、やっぱりイクジュン(チョ・ジョンソク)だった・・・(´;ω;`)
命に別状はなく軽い頭がい骨骨折ですんだ。

 でも〜〜頭やられてるから後々なんか出るんじゃないのぉ?
『眠れる森』のキムタクだって頭打たれてから大分経ってから列車の中で突然死んじゃったじゃーん!外科医なのに指の神経とかぁ〜〜
普段エネルギッシュなイクジュンの血だらけで動けない姿はショックだったよお・・(ノω・、)

 でも、この事件がソンファ(チョン・ミド)との関係を自然に変えてくれた。
付き添いをしている間もイクスン(クァク・ソニョン)が照れちゃうほどラブラブな二人になってたしぃ。回復したイクジュンにソンファが『怪我を知った時一番最初に思ったのは告白しておけばよかっただった』と告白し『付き合わない?』。それにキスで応えたイクジュン・・(/┏∇┓´\)キャー♪
ずっと友達でやってきたし、ひとりもまた良し、でも二人でいたい相手だってわかったんだもんね〜

 そしてソッキョン(キム・デミョン)も!
すっかり素直になって!初めてのデートでもリラックス〜
ミナ(アン・ウンジン)のドキドキ緊張する姿がかわいかった。

 その後は普通に電話して晩御飯買ってきてくれたり(イクジュンのカードだったけど 笑)すっかり恋人どうし。なのに告白もしなけりゃ気持ちも伝えてくれない。好意は感じるけどやっぱりきちんとした言葉が欲しいよね 

 思い切って『私達付き合ってますよね? 私のこと好きですよね?』と確認したミナ、頑張った!それにしっかり答えたソッキョン!男としても成長したんだね。でも成長したいと思わせてくれたのはミナ。やっぱり恋愛ってタイミングよね〜離婚して悩んで、後悔して、いろいろ考えた時期があったからこそミナに出会って、(最初は拒否してたけど)母親と戦ってでもミナと生きていきたいと思えるようになったんだもんね。てか、あのままプロポーズかと思ったよ。

 ジュンワン(チョン・ギョンホ)とイクスンもイクジュンの病室で会った時はちょっと気まずい感じだったけど話しているうちに昔の雰囲気戻ってきたよね?こちらもうまくいって欲しいなぁ・・
あと一話、どうなるのかしら〜

 第9話 第10話  第12話(最終話) 




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

韓国ドラマランキング


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:45|PermalinkComments(0)

「賢い医師生活」シーズン2 第12話(最終話)

 『賢い医師生活 シーズン2』第12話(最終話)(Netflix )

 終わっちゃったね〜シーズン1は、アレ?これで終わり?って感じだったけど、今回はみんなで空眺めちゃって・・・最終回らしい終わりだったね。バンド活動も『今日の演奏が最後のような気がする』って言ってたしさ〜シーズン3ないのかなぁ・・

 でも、いい最終回でした。
5人それぞれの、医師として、人間として第3章あたりが始るのかな?ってのが伝わってきて。
清々しくて力強い未来を感じさせる、このドラマらしい最終回だった。

 さて、イクジュン(チョ・ジョンソク)は仕事復帰。
彼と付き合っていることをみんなに伝えたソンファ(チョン・ミド)だったが信じやしない(笑
もしホントだったら、ソッキョン(キム・デミョン)は『この手を焼く!』
ジョンウォン(ユ・ヨンソク)は『姓を変える!』
ジュンワン(チョン・ギョンホ)は『家や車などの全財産を賭ける!』だってさ。

 イクジュンとソンファも、まだ恋人という関係に慣れないというか照れてたね。
「あーんって食べさせるやつ」に挑戦したけど無理だった(笑)本当なら学生時代に付き合っていた二人だけど、この年齢になって付き合うからこそわかる関係や居心地の良さがあるよね。今だからこそただお互いだけを見つめて楽しめる。

 二人でキャンプに行って、いつも通り早寝しちゃうソンファ・・
イクジュンはビールを何杯も飲んで勇気を振り絞ってソンファのテントに入っていった。素敵なシーンだったなぁ・・



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:44|PermalinkComments(0)

2021年11月04日

「海街チャチャチャ」 第2話

 勤めていた歯科医院の院長と意見が合わずケンカになり退職したヘジン(シン・ミナ)は昔来たことのある海沿いの田舎町・コンジンに行き、なりゆきで歯科医院開業を決意。都会生活に慣れているヘジンは腕さえあれば患者は来ると安易に考えていたみたいだが〜〜( ̄▽ ̄;)アハハ…

 都会と田舎は違うもんね〜ヘジンが着ているランニングウェアは下着呼ばわりされるし、地域のお年寄りに好意を示されてもソウルルールで対応したら冷たいと言われてしまう。都会じゃご近所付き合いもないけど、田舎じゃ地域に入れていただくという姿勢が大事。なのにホン班長(キム・ソンホ)に強く勧められて行ったみんなが集まっているお祭りで、それぞれのお店の悪口になるような正直な感想を言ってしまうヘジン。みなさんが『何?この娘?!』と内心ムッとして離れていったのにも気づかない。決定打はマイクが入っているのにも気づかず電話で話して、元歌手のカフェ店主・チュンジェ(チョ・ハンチョル)をこき下ろしてしまったこと。聞こえてしまったみなさん、気まずいし(内容は事実っちゃー事実だし)こんな状況を呼び込んだヘジンにドン引き。

 おかげで開店しても誰も寄り付きゃしない。それどころか村八分状態に。ホン班長のアドバイスで餅を配ったけど(遅い!)嫌々、ただ配っただけなので全く変化なし( ̄▽ ̄;) またまたホン班長がむりやり町内会の会合に参加させ、ヘジンからってことで差し入れをしてくれたら(その後キッチリ代金をヘジンに請求)、みなさんの態度は少し軟化。





続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:37|PermalinkComments(0)

「海街チャチャチャ」 第3話

 同期の結婚式に呼ばれたヘジン(シン・ミナ)は気合入れまくりでネットで服を買い漁っている。届けにくる(宅配の仕事もやってる)ホン班長(キム・ソンホ)も呆れ顔。

 わかるわ〜結婚式って女の戦場よね(笑
特に微妙なお年頃の時は。
ある時期過ぎたら、むしろ楽しいんだけどさ。
ヘジンって気が強いからナメられてたまるか!って気持ちも人一倍なんだろうな〜

 で、ついにD-day到来。
何度もファッションショーを行った結果選んだ服をお召しになり、メイクもキメて出かけようとしたら・・ホン班長がおばあちゃん三人衆を引き連れて現れた。みなさんソウルに用事があるので車に一緒に乗せていって欲しいというのさ〜

 うんざりしつつも受け入れるはめになったんだが、みなさんトイレが近いからしょっちゅうサービスエリアに寄らなきゃならんし(私もトイレ近いからわかるけど、頼む方も辛いのよ〜(笑))、新車なのに車の中を餅の粉で汚されるし、途中で買ったCDをガンガン鳴らして歌われるしで、ヘジンのイライラが止まらない。

 結局、遅刻して出席。同期のみなさんには所得自慢されたり、田舎で独立したことについて突っ込まれたヘジンだったが、田舎で開業する良さを強調(誇張?)(競争相手がいない、お客殺到等)して乗り切った。その後もホン班長と一緒にいるところを撮られて『恋人?』とかグループラインの話題になったんだけど『一方的に好かれて困っている』と知らせたヘジンであった。

 ところでホン班長はメンタルクリニックのビルの前にいたが、通ってるのかしら?住民の話じゃしょっちゅうソウルに来ているみたい。寝ている時うなされたりもしていたから、何か大きな精神的問題を抱えてコンジンに戻ってきたのかな?

 今回は歯のインプラント治療問題でガムニおばあちゃん(キム・ヨンオク)との距離が少し縮まったね。経済的な問題もあって(余分なお金があれば息子や孫のために使いたい)(相談の電話をかけたらお金の協力要請と思った息子が遠回しに断るのが切なかった。遠くの身内より近くのホン班長だよ)治療を拒絶したガムニさんに対して、冷たく突き放すような言動を取ってしまったヘジン。

 ヘジン的には早くに亡くなってしまったお母さんのことがあるので、元気で健康でいてくれることが子供のためなんだから自分を大切にしない行動に腹が立ったんだね。でも、自分がお金を出すし、そのことは秘密にしてヘジンが割引にしたことにして治療を勧めて欲しいと頼むホン班長のおかげで、イカが大好物なのに食べられなくなったガムニさんに寄り添うことができた。自らガムニさんの家に出かけて行ってやんわり説得、ガムニさんも素直に受け入れ治療に来てくれた。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:35|PermalinkComments(0)

2021年11月03日

「刑務所のルールブック」 第14話・15話・16話(最終話)

 刑務所ものって暴力描写が必ずありそうで
(『あしたのジョー』のトラウマ( ̄▽ ̄;) )怖くて見られなかったんだけど、
友人からそんなんでもないよとの言葉をもらい勇気を出して見て見ました。
すごくおもしろかった!!コレはお勧めします!脚本が絶妙。職人技だわ〜。

 刑務所だから登場人物多いんだけど、一人一人キャラがしっかり立ってる。そして犯罪を犯してしまう経緯のそれぞれのエピソードの描き方も簡潔で自然。
ドライな笑いのセンスも好きだわ〜

 メジャーリーグ入りが決まっていた野球のスター選手キム・ジェヒョク(パク・ヘス)は妹を暴行しようとした男を過剰防衛で殺してしまい一年間のムショ生活を送ることになってしまう。パク・ヘスさんは初めてだったんだけど、すっかりファンになってしまったわ〜天然で、いわゆる野球バカで野球以外のことはなんもできない。元恋人のジホが何度も『彼はバカなの!』って言うけどホントそう(笑)でも、いいバカだよ。

 同じ部屋の受刑者達も最初はスーパースターが来た!って感じでドキドキしながら敬うというか気を使ってたんだけど、わかってきたら『あいつは何も考えていない』って(笑)いい意味で(笑)ホントのおバカさん。

 でも男としても人間としても信じられる、そして守ってあげたくなる、そんな人。多くを語ることはないけど行動で、まなざしで示してくれる。刑務所の中でも愚直とも思えるほど普通にいい人として行動してしまうから、そのせいでワルに目をつけられ何度も危険な目に遭ったり死んでもおかしくない局面に立たされるんだけど、策を弄しない策が成功するというか、余計なことを考えないことで救われるというか・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…面白いんだよねぇ。

 しかし、最後の最後まで気が抜けなかった・・・
ここからは14話〜最終話のネタバレを書きます。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:57|PermalinkComments(0)

2021年10月26日

「海街チャチャチャ」第15話・16話(最終話)

 最近、仕事から帰ってきたら浄化の意味もあってゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ このドラマを見ている。いや〜自分でも不思議なんだけど、何故そのように思うのか?夢中になるドラマはいろいろあったけれど、このように大げさにいうと清め的な感覚を求めて見たドラマってなかったかも。

 多分、キム・ソンホさん演じるホン班長の存在が大きい。特にその顔ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ (本来はタイプじゃないんだけどな〜『キム課長とソ理事』の時はもっと馬面に見えた)この人が悪いことなんて絶対する訳がない!と思えるというか・・・色白で童顔ってのもあるかもしれないが、世俗の垢が全く感じられない!(笑)なんか後光が射してるようなキャラクター(笑)まぁ、いい。ネットフリックスのマイリストには1,2話で見なくなった韓ドラがたくさん入っているが、このドラマはその中でも特別な引きがあるということだ、私にとって。

 等と書いていたらキム・ソンホさんのスキャンダル勃発!(ノ)゚Д゚(ヾ)マジ!?
今、最も注目されている俳優さんだけに本国ではスゴイ騒ぎになっていると思われ・・・OH・・なんということでしょう・・・il|(´ωノl┴┬ 
私ってやっぱり男を見る目がないのかしら・・・

 ソンホさん、一応謝罪しているから交際は認めているようだが・・・。
ワシは男女の関係の責任はフィフティ・フィフティだと思っとる。お付き合いされていた女性も大人として自分で決断された結果だと思う。報道だけ見ているとソンホさんの別れ方にも問題があるようだが・・・ホントの所はお付き合いされていた二人にしかわからないことだし・・・

 一瞬、記事書くのやめようかな・・と思ったりしたけど、このドラマに癒されたのは事実だし、いいドラマだと思うからたくさんの人に見て欲しい。そしてキム・ソンホさんは俳優としても実力のある方だと思うし、私を含めさらに成長していく姿を楽しみにしているファンも多いと思う。だから戻ってきて欲しいなぁと心から願っている。

 さぁ、肝心のドラマの話に戻りましょう♪
丁寧に描かれてきた街の人々のエピソードも気持ちよく回収されましたた。コンジン三つの謎、その1 ホン班長の空白の5年間

 大きな存在となったのが大学の寮のルームメイトで兄のようにドゥシク(ホン班長)(キム・ソンホ)の面倒をなにかと見てくれたジョンウさん(複学生)。彼を慕っていたドゥシクは就職もジョンウさんと同じファンド会社・YK資産運用に決めファンドマネージャーとして働いていた。

 14話のラストでホン班長を殴ったドハ(イ・ソッキョン)の父親・ギフンはその会社の警備員をしていた。彼から投資を始めたいと相談を受けたドゥシクはローリスクのものを勧めたんだが、いつのまにか別の担当者の元でハイリスクのものに手を出し家の保証金まで注ぎ込んで家族にも内緒で融資を受けていた。

 そんな時アメリカの経済恐慌の影響を受け株価は暴落。慌ててドゥシクに相談するも時すでに遅し。その後、後始末に追われていたドゥシクはギフンさんからの電話に出る余裕もなく・・・財産を失うことになったショックでギフンさんは自殺を図ってしまう。それを知ったドゥシクは病院に向かおうとしたが冷静さを失っている彼を心配したジョンウさんが運転した。しかし途中で交通事故に遭い亡くなってしまった・・・

 急いではいたけど安全運転だったから、ぶつかって来た乗用車とトラックの過失なんだけどさ。元からおじいちゃんの死にも責任を感じていたドゥシクだったから、自分を責め続け闇に堕ちたんだろうなぁ・・

 話を聞いたヘジン(シン・ミナ)の全てを赦し包み込むような愛情に感動したよ。
『私には”悲しい”と言っていい。私には”苦しい”と言っていいのよ。
泣いていい・・泣いていいのよ』
抱きしめるヘジンに身を預け、ドゥシクはやっと涙とともに封じ込めてきた悲しみを表現することができた。今まできっと泣くことも自分に許さなかったんだと思う。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:38|PermalinkComments(0)

2021年10月04日

きこりのテレビ日記 #55

 10月2日(土曜日)小雨

 寒くなったせいかミー太が一緒に寝てくれる。私はいつも横向きに寝ているんでミー太とちょうど背中合わせ。ぬくい。しかし時間が経つにしたがってミー太は手足を広げどんどんベッドを占領しはじめる。布団も取られる。ミー太を起こさないように地味に布団を引っ張りながら自分の方に引き寄せる・・・誰かと布団を取り合うなんてすんごい久しぶり(笑

 6時25分 Eテレ 『テレビ体操
昨日サボったから(最近週一か二でサボっている)今日気づいたのだが、お姉さんだけだった体操チームに、なんと男性が!お名前の上に「10月から新加入」と注釈アリ。裕平お兄さんというのね。すごく若そうなんだけど学生さんかしら?

 一番最初の体操演者の男性ってどういう基準で選んでいるのかすごく気になる。私が勝手に推察する女性演者さん達のビジュアルの基準はスタイルはいいけど、多分ボインさんとかセクスィーさが伝わりやすい容姿や体形や雰囲気はNG。人相はクールな雰囲気の美人さんよりもかわいらしさや親しみやすさ優先。もし美人系なら平安朝テイスト。整っているの前提だけどインパクトがありすぎるのはダメ。ヘアメイク統一でなんとかなるが他のメンバーのみなさんとの全体的バランスも大事。さらーーっと見られる感じだが好印象を残さなきゃイカン。よく考えたらすごく難しいね( ̄▽ ̄;)アハハ…

 さて、裕平お兄さんはお顔立ちもはっきりしていて、どちらかと言えばソース顔。フィギュアスケーターのような雰囲気。細マッチョでもなくマッチョでもなく、中肉中背でもない。イケメンと言えばイケメンだが沖縄に普通に居そうな気も。一方、ラジオ体操になったら現れた勇介お兄さんは優しそうな秀才タイプ。こちらも鍛えているという感じではなく、どちらかと言うとひょろりとしてらっしゃる。今日はいなかったけどHPを見てみたら庸太さんという男性もいるらしい。こちらは明るくて気さくな若手の芸人にいそうな雰囲気。

 3人増えたということはリストラされたお姉さんがいるのかしら?と心配したが、そげなことはないようです。良かった良かった。
 

 『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』第3話(最終話)(録画)(NHK総合)

 このドラマ3回で終わりだったんだね。5回ぐらいやって欲しかった気もするが3回が丁度いい気もする。オダギリジョーが撮ってみたい風景や場所、その中に置いてみたい人や設定、言わせたいセリフやアクション、かわいいものや危険なもの、面白いものや変なもの、そんなオダジョーの遊び心が詰められたお愉しみ袋のようなドラマだった。

 龍門毒殺されちゃって北條かすみの失踪と死についても謎のままだし、いつか続編あるのかな?それともあえて創らない感じ?わたしゃ、変な空気が漂っているドラマが好きなので、また見てみたい鴨。

 『トラベラー<キューバ編>』#4(録画)(スカパー)(KNTV)

 やっとイ・ジェフンさんキューバに到着。でも両替するの忘れてタクシーに乗ろうとしたり、その間運転手さんをかなり待たせたり、予約したホテルの住所のコピペ間違っていたりして、おばちゃんヒヤヒヤ( ̄▽ ̄;)アハハ…しっかり者のリュ・ジュンヨルさんが旅の相棒でホント良かったよ。ジュンヨルさんが迎えに来てくれたおかげで無事ホテルに辿り着けたし。

 時差のアレで眠れなかったようだが、翌日はジュンヨルさん企画のハバナ一日観光。二人とも相性がとても良さげ。イ・ジェフンさんが「(この企画に参加したのは)ジュンヨルだからだ」と言っていたけど元々仲がいいのね。

 この旅行は2018年末からで、もうイ・ジェフンさんはかなりの知名度も人気もあったと思うが(私が知ったのは「ムーブ・トゥ・ヘブン」から)本当に素直で素朴な青年って感じ。変なアクがないというか。食事の時にジュンヨルさんがお祈りしているのに気づいたらピザを咥えたままで一緒に祈ったり、韓国人の旅行者に見つかって『あ、イ・ジェフンだ!』と歓声を上げられると照れてたり、ガイド本でスペインの日常会話一生懸命勉強してなんとか役立てようと頑張ってたしぃ〜

 いいご両親に育てられたんだろうな〜天然ぽいところもあるみたいだから悪い人に騙されたりしないか心配になったよ。有名になると悪い奴があっちこっちから寄ってくるらしいからな。このまままっすぐ素直に俳優道を進んで欲しいわぁ。

 見るもの聞くものすべてが面白く美しくて、肉眼で見たいからサングラスがかけられないって言ってた。リラックスして心から楽しそうにキューバの空気を味わっている姿にこっちまで嬉しくなったよ。そして写真を撮る時、必ずジュンヨルさん越しに撮っているのに笑ってしまった。人が好きなんだね。

 ジュンヨルさんが『同行者によって旅が変わる』と言っていたけど、本当にそうだね。一人旅が気楽でいいやと思っていたけど、相手のために企画したり案内することで一度見た場所でも新鮮に、違った目線からも向き合えるような。そして旅の喜びもより深くなるのかな。一人で見たマレコンの夕暮れも美しかっただろうけどジェフンさんと一緒に見た風景はさらに美しく違った味わいだったんじゃないのかな。

 『ねほりんぱほりん 今年もやるよ〜!ねほりんぱほりん』(録画)(Eテレ)

 いや〜この番宣を見ると秋だなぁ〜って実感するわぁヽ(´∀`)ノ
なんとシーズン6ですってよ!そんなになる?
ネタはつきないね〜
新シーズンから金曜10時にお引越しなんだって〜
NHKさん、この番組に賭けてるの〜?大丈夫〜?(笑
最初の三作の予告を見たけど、相変わらずいいとこ突いてくるね。
わたしゃ『親が”神様”を名乗る人』がめっちゃ楽しみだよ。

 それと『ねほりんぱほりん』人形操演の山田はるかさんが『プロフェッショナル 仕事の流儀』に出演されるというじゃないですか〜!(10月12日)こちらも見逃せないわっ!

 てか、エンディングのおまけ映像がお得感満載だった(笑
なんでV6???と思ったが、6繋がりで『6年目の』『付き”あいなんだ”』ということらしい。
星野源さんもかなり喜んでらしたが、今後ぶたさんになるのがスターのステイタスになるのかもゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:49|PermalinkComments(0)

2021年09月19日

きこりのテレビ日記 #53

 9月15日(水曜日)晴れ

 昨日は気づけばミー太が7時間ほど一回も戻っておらず、外も暗くなったので、久しぶりに泣きそうな気持で町内一周捜索。猫たちを呼ぶ時の舌を鳴らす『チッチッチッチッチッ』を発しつつ、たまに人がいない所では『みぃ〜〜た〜〜〜』と呼びながら歩いた。必ず聞こえているはず。

 懐中電灯を持ってくるのを忘れてしまった。前に行方不明になった時は学校のここら辺に隠れていたんだよな〜またケンカして怪我してなきゃいいけど・・・

 もう一周するか・・と歩き始めたら『にゃあああああああ〜〜』と鳴きながらミー太が走り寄って来た。『おかえり〜〜も〜〜心配かけてからに〜』一緒に家に入った。怪我はしていないし汚れてもいない。どっかに身を潜ませていたのかな?すぐにごはんエリアで待っているのであげたら次々要求。お腹が空いていたんだね〜シマを広げようとして冒険したね。ホントにもう・・困った奴だよ(-公-、)

 『賢い医師生活 シーズン2』第11話(Netflix )

 強盗に襲われたのは、やっぱりイクジュン(チョ・ジョンソク)だった・・・(´;ω;`)命に別状はなく軽い頭がい骨骨折ですんだ。

 でも〜〜頭やられてるから後々なんか出るんじゃないのぉ?
『眠れる森』のキムタクだって頭打たれてから大分経ってから列車の中で突然死んじゃったじゃーん!外科医なのに指の神経とかぁ〜〜
普段エネルギッシュなイクジュンの血だらけで動けない姿はショックだったよお・・(ノω・、)

 でも、この事件がソンファ(チョン・ミド)との関係を自然に変えてくれた。
付き添いをしている間もイクスン(クァク・ソニョン)が照れちゃうほどラブラブな二人になってたしぃ。回復したイクジュンにソンファが『怪我を知った時一番最初に思ったのは告白しておけばよかっただった』と告白し『付き合わない?』。それにキスで応えたイクジュン・・(/┏∇┓´\)キャー♪
ずっと友達でやってきたし、ひとりもまた良し、でも二人でいたい相手だってわかったんだもんね〜

 そしてソッキョン(キム・デミョン)も!
すっかり素直になって!初めてのデートでもリラックス〜
ミナ(アン・ウンジン)のドキドキ緊張する姿がかわいかった。

 その後は普通に電話して晩御飯買ってきてくれたり(イクジュンのカードだったけど 笑)すっかり恋人どうし。なのに告白もしなけりゃ気持ちも伝えてくれない。好意は感じるけどやっぱりきちんとした言葉が欲しいよね 
 思い切って『私達付き合ってますよね? 私のこと好きですよね?』と確認したミナ、頑張った!
それにしっかり答えたソッキョン!男としても成長したんだね。でも成長したいと思わせてくれたのはミナ。やっぱり恋愛ってタイミングよね〜離婚して悩んで、後悔して、いろいろ考えた時期があったからこそミナに出会って、(最初は拒否してたけど)母親と戦ってでもミナと生きていきたいと思えるようになったんだもんね。てか、あのままプロポーズかと思ったよ。

 ジュンワン(チョン・ギョンホ)とイクスンもイクジュンの病室で会った時はちょっと気まずい感じだったけど話しているうちに昔の雰囲気戻ってきたよね?こちらもうまくいって欲しいなぁ・・
あと一話、どうなるのかしら〜


 9月16日(木曜日)まぁまぁ晴れ

 4時44分・・・最近目覚ましが鳴る1分前にミー太が起こしにくる。
そろそろだってわかるのか?
それともたまたまミー太と私の起きるタイミングが合っちゃってるの?

 5時ミー太と外に。8度。ひんやりしている。
あくびが止まらない。倉庫から戻って来たら、いつも家の近所で出迎えてくれるミー太がいない。奴め、どこ行った?でも1時間ほどで帰って来た。昨日の疲れがあるのかな。

 『東京放置食堂』第1話 (録画)(テレビ東京)

 事前情報なく片桐はいりさん主演ということで録画してみました。
伊豆大島は「放置された東京」だったのか・・・( ̄▽ ̄;) 都民でもないし行ったこともないから知らんけど。ちょっと好きなドラマかも。

 東京生まれ東京育ちの真野日出子(片桐はいり)(53歳)はふらっと立ち寄った大島で出会った小宮山渚(工藤綾乃)が営む居酒屋「風待堂(かぜまちや)」を手伝っている。

 ある日、日出子を訪ねて有名なIT企業の社長・水科繁(近藤公園)が島にやって来た。
2人の関係はほぼ他人・・・以前新幹線の中で後ろの席に座っている日出子になんの断りもなく派手にリクライニングを倒して大声で電話していた水科に説教して親身に話し合った仲。で、偉くなった今、誰も自分に意見する者はいないもんだから、叱ってくれた日出子が懐かしくてわざわざ会いに来たんだって。

 実は日出子は裁判官だった。
正義感が強く曲がったことが嫌いな日出子にぴったりの職業。

『なんで辞めたんですか?裁判官』水科
『疲れちゃったのよ。人を裁くこと。
・・・魚を捌く方が性にあってる?』日出子

 真面目に堅実に休むことなく職業を全うしてきたんだろう。
でも、そんな日出子が多分、急に有給を取ってふらふらと大島に行ってしまった。
昔から南国に憧れがあったらしい。
でも飛行機が怖いから近場の南国・・ということで大島へ。
人生はじめてのちょっと寄り道。

『冒険してるの。ここで。初めての冒険』

 そう答える日出子に水科は、『逃避だ!俺たちみたいな選ばれた人間には社会を動かす義務があるんだ!』とほざきはじめたぞ。呆れた渚とケンカになり険悪な雰囲気になった時、日出子が出したのは焼き立てのくさやの干物。顔をしかめていたけど食べたら旨い!(意外と素直)と大喜び。

 それから日出子は彼を昔氷置き場に使っていた部屋に連れて行き説教。
肩書に頼った生き方はダメ、一番身近な従業員のことどれだけ知ってる?

部下はアンタの奴隷じゃない!
人間同士の付き合いをしなけりゃ信頼関係なんてできっこないよ
『・・・・はい
声が小さい!
はい!すいません!
『くだらないプライドはここに置いてきな。
アンタが変われば回りも変わるから』
はいっ!!

 誰に対しても尊大な態度で重たい鎧をずっしりつけていたような水科は翌日すっきり身軽になった顔で東京に(ここも東京だけどさ)戻って行った。

『ここは風待ちの港。誰も拒まない。
少しだけ休んで風が吹いたら出て行けばいい』

 高倉健だよ!
正直、片桐はいりさん老けたなぁ〜ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ と思ったけど、その老けた顔がいい。やっぱり唯一無二の存在感を放つ俳優さん。片桐はいりさんが演じることでファンタジーっぽいキャラクターが地に足の着いた人間になる。不思議で魅力的な。そして大島に行ってみたくなったなぁ。
これは視聴決定です。

 9月18日(土曜日)雨、けっこう強し

 例によって5時前にミー太に起こされ撫でた後起床。
どうせ雨だから、すぐ戻ってくるのになぁ〜〜
5時に一緒に外に。でも、1時間ほど車の下に入って見張っとった。
ミー太なりのルーティンがあるのかしらね?

 『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』第1話(録画)(NHK総合)

 麻生さんもいるせいか、部屋でみんなで雑談している感じに「時効警察」みが。そのうち「多目亭」のおばちゃん出てくんじゃないの?( ̄▽ ̄;) てか、出て欲しいんだけど。そして「キャッツ」?犬だけど。

 キャスティングがスゴイよ!私の好みだよ!
池松君の同僚の漆原に麻生久美子、柿崎に本田翼、課長に國村隼。
フリーライター・溝口に永瀬正敏(犬だっこする姿があまりにナイスなうさん臭さでハマっているから愛犬家殺人事件の人かと思ったよ)。そして理髪店の人に細野晴臣だよ!(なんかいそう!高倉健とか通っている店に)さらにスーパーボランティア小西さんに佐藤浩市(なんか佐藤浩市ってだけで笑える)。どっかの会長みたいな謎のおっさんに 橋爪功。ヤクザの若頭に松重豊(松重さん、この手のニット似合うね)。

 大殺界の警察官・青葉一平(爽やかな名前だ!)(池松壮亮)は『警察犬の唄』という漫画に感化され鑑識課のハンドラーとなったのだが、「愛すべきパートナー」のオリバー(オダギリジョー)は一平と二人っきりになると喋るし(毒舌)(なぜかボキャブラリーが昭和)煙草吸うし、言う事きかねぇし・・・慢性鼻炎だし・・振り回されてヘトヘトの日々。

 さて、漆原の知り合いのおばあちゃんが特殊詐欺被害に遭ったために漆原・柿崎、青葉とラッキー(柿崎がハンドラー)&オリバーで受け子の匂いを元に捜査開始。受け子が使ったATMはラッキーが見つけたんだけど、オリバーが『エロいもんがある!』と掘り出した箱の中には耳と拳銃が!

 褒められる二匹だったが、ラッキーが見つけたATMは傍に受け子が捨てた服が入っているだけだったと判明。ショックを受ける柿崎・・・受け子の足取りも掴めず。
で、一平は清掃員の志村(鈴木慶一)が教えてくれた情報屋の「裸足のチョウスケ」に漆原と共に会いに行った。

 「裸足のチョウスケ」が柄本明!そして「押忍」推しで進んでいく会話(笑
しかし漆原が、その情報を解読したおかげで、あるマンションに住むボインちゃんに行きつく。さらにその女性が務めるキャバクラに客として行き、「パイオツカイデーフェロモンムンムン」の受け子のお姉ちゃんを特定!オリバー、結構優秀じゃん。
なんなら一平より( ̄▽ ̄;)

 しかし物証がない。奥の部屋を探っていたら白いお粉を発見!
まぁ、捜査はこれからなんだけど、オリバーと一平は大手柄という訳。

『僕だけが知っている。
オリバーはそんな天才警察犬なんかじゃない。
伝説の警察犬、ルドルフの血を引く・・・単なるぐうたらなおじさんです』


 ふ〜〜む・・・まだ特別おもしろいとは思わないけど一回目は助走。
気になるドラマなので来週も見てみます。劇伴もかっちょいい♬


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:23|PermalinkComments(2)

2021年09月17日

「怪物」第8話 釣られる 

 カン・ジンムク(イ・ギュヒ)逮捕!
マスコミもマニャンの人々もマニャンスーパーに殺到した。
遺体発見現場を警官たちが取り囲む中、
ドンシク(シン・ハギュン)がミンジョン(カン・ミナ)に会っていた。
その時間を守ろうとサンベ所長(チョン・ホジン)とジュウォン(ヨ・ジング)が盾になっていた。
ミンジョンの遺体の前で背中を丸めて泣いているドンシクを気遣うように見つめるジュウォン。
『「誰も死なない。今日からは」・・・』

 あの、ジェイから電話が来てドンシクが彼女の元へ行こうとした夜、
ジュウォンは彼の手に手錠をかけ、自分の手にもかけた。殴られても離さない。

何があったんだ?!』ジ
あいつが!ジェイを・・・』ド
『ジェイさんに何が?どうして?!』
『どうして・・?』
ジェイさんが危ないんですか?!
『・・・・』
人が死ぬのか?!

 ドンシクは気が付いた。
ジンムクがジェイを餌にして警察を振り回そうとしていることを。
みんなを移動させて、奴にはやろうとしていることがあると。

 ドンシクはジョンジェ(チェ・デフン)に連絡を入れジェイの元に行かせた。
察しのいいジュウォンは付近にいる警官に応援を頼んだ。で、自分らもジェイの所に行くつもりだったんだが・・

俺たちはそっちに行かない』ドンシク
ジェイさんを見捨てるんですか?!』ジュウォン
あとで説明する。今はあいつを釣らないと。
イ・ユヨン パン・ジュソン ハン・ジョンイム チン・ファリム ウィ・スニ ヨ・チュノク イ・グムファ カン・ミンジョン殺害の容疑者 
カン・ジンムクを今から逮捕する

『・・・・』
誰も死なない。今日からは

HPはこちら

 ハン次長(チェ・ジノ)が連続殺人事件ではないと否定したが、やっぱりジュウォンの言葉が正しかったのか?とマスコミは質問攻め。そして・・・行方不明者の家族は自分の娘が被害者なのかをジュウォンにすがって問い詰めた。

 犯人逮捕を受けてハン次長の忠犬・ヒョク検事(パク・ジフン)が打合せにやって来た。
打合せというかハン次長の方針をお伺いに来ただけなんだけどね。
ハン次長からの指示は・・・

・事件と容疑者の特定状況は流出禁止

・20年前の容疑者であり被害者遺族であるドンシクが逮捕したとなればマスコミがおもしろがって報道が過熱するのでドンシクの名前は伏せること。

・しかし自分の息子であるジュウォンの名前は出すべし(その功績を糧に長官へ)。

・外事課と広域捜査隊が担当の変更を要請しているが、そうすっとジュウォンの囮捜査の件がバレちゃうのでムンジュ署に担当させ、検事も変わらずヒョクが務める。

 まったく・・・(" ̄д ̄)
自分に都合のいいストーリーに書き換えるつもりかよ。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:41|PermalinkComments(0)

2021年09月16日

「怪物」第7話 釣る

 3年前、ドンシク(シン・ハギュン)が広域捜査隊の刑事だったころの話・・・
(その時のチーム長はサンベ所長)
相棒のサンヨプと女子大生連続殺人事件の犯人を追っていたが証拠が無く捕まえることができずにいた。
3番目の被害者が妹の友人だったこともあり焦っていたサンヨプは証拠を捏造してまで逮捕したいと言っていた。それが無理なら『殺したい』と。

 その時は法の道理を説き、関係者でもあることから事件から外れるよう命じたドンシクだった。だがサンヨプは単独で犯人を追いかけ逆に返り討ちに遭ってしまった。

『僕が死ぬから捕まえられるでしょ・・・
ドンシク先輩・・・本当は死にたくない!・・
・・・・早く捕まえて・・・』サンヨプ

 サンヨプは死亡。
怒りに燃えたドンシクは自分も負傷しながら犯人を撃ち殺そうとしたが何とか耐えて手錠をかけた。
だが『俺は正当防衛だ』とニヤリとする犯人の言葉を聞き、奴の頭を床に打ち付け続けた。犯人を半殺しにしたアレで異動になったんだね。責任を負ったサンベ所長と共に。


 いつもドンシクが痛みを覚えて足を押さえていたのはこの時の傷だったんだね。身体もだけど心の方が痛いのかもしれない。そしてこの時から場合によっては法を犯してでも犯人を捕まえるべきなのでは・・と思いだしたのか・・・

 さて、前回、ミンジョン(カン・ミナ)からのメールで一同が驚愕して終わったが・・
もちろん送ったのはドンシクだった。ジンムクを動かすために。
多分、ミンジョンが亡くなった夜に彼女の携帯を入手したドンシクは電源をオフにしてジェイの店の裏に隠しておいたと思われ・・

 自分が殺した娘からのメールにさすがに驚愕するジンムク(イ・ギュヒ)。
その様子を凝視するドンシク。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:46|PermalinkComments(0)

2021年09月14日

「怪物」第6話 だます

 お手製のキムチを手にムンジュ署のジファ(キム・シンロク)を訪ね、捜査をねぎらうジンムク(イ・ギュヒ)。さらにマニャン派出所にも行き、キムチを渡していた。被害者の父を同情の目で見つめるみなさん・・・

 家に帰りミンジョン(カン・ミナ)の写真を見つめながらつぶやくジンムク。
『今日は27人もの人と行きあったのに・・・ばかな奴等だ。
ミンジョンを見つけられるのか?
父さんと永遠に暮らすことになるね・・・ずっと』

 ここでミンジョン失踪当日。
マニャン派出所を抜け出したミンジョンはジョンジェ(チェ・デフン)に連絡を取った。
派出所に忘れていった鍵のことでドンシク(シン・ハギュン)がミンジョンに電話。
迎えに来たジョンジェとミンジョンが合流。
その2人を背後から見ているジフン(ナム・ユンス)。
別の場所から2人を見ているジンムク。
ジョンジェに『父親が・・鳥肌がたつ・・』と話すミンジョン。
急いで先回りして家に戻ったジンムクは・・
ミンジョンを迎え、縛り付けると指を切り落とした。

 どもりがちな口調、朴訥な人柄、地域で一生懸命生きる
賢くはないけど善良な男・・・
すべてはジンムクの芝居だった。
殺人犯だと気づかない周りの人間たちをあざ笑っていた。
タイトル「怪物」と重なるジンムク。


 さて、場面は5話のラスト。
地下室で自分を問い詰めるジュウォン(ヨ・ジング)の肩をポンポンと叩いてにやりとするドンシク。

 ジュウォンよ、ドンシクの言葉をちゃんと聞いていればピンときたはず。
前に『誰をかばっているんだ?!』と問い詰めた時、身近な人の名前を次々と上げていったドンシクが、たった一人だけ名前をあげなかった人物がいたはずだよ。

 そこにジンムクから電話が入り、なぜかジュウォンに会いたいと言うので二人でジンムクの家へ。
ジンムクはジファは捜査状況を何も話してくれないからジュウォンに捜査をして欲しいと頼んできた。
泣きながら『助けてくださいと』ジュウォンに縋り付く様子を離れた場所から見つめるドンシク・・・

 すぐに事情聴取を始めようとするジュウォンを止めるドンシクに不信感をあらわにするジュウォン。
家族同様のミンジョンの捜査をしようとしないこと、ミンジョン失踪翌日にムンジュ署の書庫に居たドンシクとジョンジェの映像が消えていることから、みんながグルになって何かを隠しているから自分が捜査するべきだと。

 結局、一人でジンムクに事情聴取をするジュウォン。背後で涙ながらにミンジョン失踪時の自分の行動を順を追って伝えるジンムクの声を聞くドンシクの目がまた吊り上がっとる・・( ̄▽ ̄;)
ミンジョンの部屋から無くなっているものは携帯だけ。
財布もバッグも部屋にそのままあった。
あと、浴室にあったジェイ(チェ・ソンウン)がミンジョンに買ってくれたタオルが消えているそうな。

 すぐにジェイに確認に行くジュウォン。
『まだ誰かを疑っているんですか?』ジェイ
『いけませんか?』ジュウォン
『そうじゃないけど・・・
自分が誰を疑っているのかわかってるのかなと』
『全員を疑います。それが僕の仕事なので』
『警官というのは悲しい職業ですね。
ドンシクさんは違うのに』

『・・・お母さんを見つけたければ疑った方がいい。
全国を捜し歩いたそうですね。もっと冷静に』
『ジュウォンさん、あなたには関係ない。
他人事だからって余計な忠告はやめて』
『・・・僕は捜さなかったんです』

 ジュウォンの母親も行方不明?
てか、珍しいね、ジュウォンが自分のことを他人に話すなんて。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:52|PermalinkComments(0)

2021年09月11日

「怪物」第5話 だまされる

 被害者達の名前を上げて『誰が殺した?』と
ドンシク(シン・ハギュン)に迫ったジュウォン(ヨ・ジング)だったがーーー
すぐにドンシクは聞きなれない名前があることに気づいたぞ。

『イ・グムファ。あの女性の名前か。
ハン警部補が死に追いやった女性』ドンシク
『・・・・!!』ジュウォン
『あなたが死ねと言って背中を押した女性。
被害者は7人と言ったのに8人の名前を。
はは〜ん・・・どうするんだ?俺に知られてしまった』
『・・・・・』
『必死に名前を隠してたのに口を滑らせるなんて
輝かしい未来が待っているにも関わらず
自分で台無しにした』
『・・・(悔しげ)』
『なのに知りたいのは、たかが・・・
俺がかばっている人物?』

たかが?
そいつを必死にかばっていたのは誰だ?!
あなたが犠牲になったんだろ?
それなのに、たかが?ハハハ!
じゃあそいつの名前を教えてくれ
』ジ
『・・・・・・・パク・ジョンジェ』ド
やっぱり!

 だが順番に知り合いの名前を言っていくドンシク。

『俺がかばっている人は誰だろうね』
『どういうつもりだ?!』
『もう一度言おうか?パク・ジョンジェ、ユ・ジェイ、ナム・サンベ、オ・ジファ、オ・ジフン、チョ・ギルグ、ファン・グァンヨン。
この中の誰かな? ♬ 当〜ててごら〜ん ♪ ( ̄▼ ̄*)ニヤッ』
この野郎!!』ドンシクに掴みかかるジュウォン
『誰かさんと違って俺は簡単には教えないよ〜
だって面白くないでしょ・・フフッ』
『笑った?
何を笑ってるんだぁ!!

 もーーすぐカッとなるんだから〜
てか、ドンシク記憶力いいな・・と思ったが、20年の間、行方不明者のチラシをずっと見つめてきたんだもんね。すぐ気が付くさ・・その時間の長さと辛さに胸が苦しくなったよ・・

 そこにハン次長(チェ・ジノ)の緊急記者会見のニュースが入った。
息子のハン警部補が確認できていない発表をしたことに対して
謝罪し、頭を下げとった。
そして「20年に渡る連続殺人事件」というのは、あくまで個人的見解であると。
さらに最近死亡が確認された女性は失踪前ハン警部補と接触があったことが判明したので、自分が責任を問い、地方の派出所に異動させたと。

『邪魔になるから、お父さんに見放されたね』ドンシク
『・・・・・・・・』

 ハン警部補が行った捜査についても監査官室に報告し
しっかり調査し責任を追及すると宣言。

 息子を落としてまで自分を上げることに利用するというねぇ・・・
恐ろしい父親だよ。

 ショックを受けているジュウォンを見つめるドンシク・・
今回の「怪物」タイトルは、ほぼ(7割ぐらい?笑)ジュウォンと重なっていた。
HPはこちら

 会見を終えたハン次長は、また怪しい二人、イ・チャンジン(ホ・ソンテ)とト議員(キル・ヘヨン)と会食。
どうやらあの会見は再開発推進派である二人のためにも開いた模様。
ムンジュ市には「連続殺人事件」は発生していないと市民に伝えることで
再開発を後押し・・ってことらしい。

 自分しか信用しないようなハン次長がなんでこの二人の言う事を聞くのか・・
なんか弱みでも握られてんのか?

 その後、会食先の玄関で待っていたジュウォンを素通り。
電話をしても無視。家の暗証番号も変えて締め出すハン次長。



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:06|PermalinkComments(0)

2021年09月08日

「怪物」第4話 泣く

 移送されたドンシク(シン・ハギュン)だったが、情報が漏れたのかムンジュ警察署前にはマスコミが殺到。緊急逮捕だったから制服のままだと聞いた署長は頭を抱える。警官が緊急逮捕、しかも殺人事件の犯人!と、なったらムンジュ署だけの問題じゃすまないからね。

 それでドンシクの提案で裏側から毛布をかぶって署に入ることにしたんだが、すぐに嗅ぎつけたマスコミが扉の前へ。

 するとマスコミ連中が取り囲んでいるガラス扉の前で誘導の刑事達を振り払い、立ち止まったドンシクは毛布をさらりと落とした。『警官だ!!』と驚きとともに一斉にシャッターを切る記者たち。すぐにジファ(キム・シンロク)が毛布をかぶせて連れ去った。

 してやったりと、にやりと笑うドンシク・・・
タイトル『怪物』と重なる。
(なんて魅力的なの (♥ω♥*) 惚れてまうやろーーー!!)
でも、これはドンシクが犯人じゃないからこそできることなんじゃないか?
警察は20年前と同じ過ちを犯している、そのことを伝えるためにやっているんじゃ。
HPはこちら

 さて、取調室デスヨ。
マジックミラー越しにサンベ所長(チョン・ホジン)とジュウォン(ヨ・ジング)が見つめております。

 まずスマホ(飛ばし携帯)が見つかった山の中のカメラに写っていた理由を聞いたんだが、テンテン麺を持って行って山で食べるためと答えるドンシク。麺とスープの粉を混ぜてそのまま食べるんだって(韓ドラでもたまに見るよね)テンテン麺は麺が細いから丁度いいそうな。さらに非番の日にドンシクはよく山に行っているらしい。

 ジファが真面目にやれと怒ると、
じゃぁ『画面映り』について話すと・・

 『俺の映りはいいか?
・・・・韓国の警察が緊急逮捕して連れてきた人を記者たちに撮影させた。
・・・・犯人だという確証もない人の身元を公開した。
・・・こういう話が好き?


 ドンシクは20年前の誤認逮捕の復讐をしているのだろうか・・
危機感は全くない。
この「緊急逮捕された警官」の役を楽しんでいるようだ。

 地下室で見つかったミンジョンの血痕を漂白剤と洗剤で掃除した件について尋ねても余裕。何回も遊びに来ていたから、その時怪我をしたのかも。さらに素人じゃないんだから漂白剤で掃除してもルミノール反応が出ることは知っていると笑うのだった。

 マジックミラーの向こうにジュウォンがいるであろうことを知っているドンシクは笑顔で、見せつけるように目の前で髪型を直しとった。ドンシクは全て読んでいたんだね。ジュウォンが地下室を探すことも、血痕が見つかることも、逮捕されることも。いや、むしろ逮捕されるために、あの血痕を残した。

 たった一滴の血痕で緊急逮捕したと知るとサンベ所長は刑事課長(みたいな人)を責め立てた。監視カメラにはミンジョンを殺す場面は写っていないし、殺したとしたら大量の血が残っているはずだと。

 するとジュウォンは別の場所で殺したと言い出し、マニャン精肉店を調べさせた。
家宅捜索される様子を撮る記者たち。そしてひそひそと噂し合う人々・・・

 20年前も同じだった。父が亡くなり、母が失踪した後、母親が浮気してその相手と逃げたとか、あらぬ噂を立てられ当時高校生だったジェイ(チェ・ソンウン)はどんなに苦しんだか・・・せっかく立て直した店もまた妙な噂が立ち誰も立ち寄らなくなるだろう・・

 怒ったジェイは大量の卵をジュウォンの車と本人にぶつけた。
キレたジュウォンが怒鳴ったもんだからマニャン派出所のみんなが飛んできたさ。

あなたは無実の人を犯罪者に仕立てたくせに!
卵で汚れたぐらいで怒ってるの?
』ジェイ
『俺が罪のないイ・ドンシクを犯罪者にした?』ジュウォン
芝居をしてるでしょ!』(捜査令状をバシッ!)
『コレが芝居?
ジェイさんは生きるのが楽そうで羨ましいな。
こんな芝居をすれば自分の話を信じてもらえる。
あなたのくだらない考えと偏見が僕に卵を投げつける理由なら、韓国の警察を見くびってる。オーバーなマネはよせ。さもなくば全てが暴かれることになる』

 その背中に卵を投げつけるジェイ・・・
望むところよ!!
何が出るのか、私も知りたいわ!


 やりすぎだよ!ジュウォンめ・・・
タオルを貸してくれた所長にもエラっそうだったしよ。
車を洗ってくれたジフン(ナム・ユンス)にも傲慢な態度・・・

『あなたが悪いんだ・・
うんざりするような町から離れられない人たちに手を出したから』ジフン

 いつもニコニコのジフンが珍しく睨んどった。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:26|PermalinkComments(0)

2021年09月06日

「怪物」第3話 笑う

 ミンジョン(カン・ミナ)の指が見つかり、20年前と同じ状況にマニャンスーパーの前にはマスコミやら何やらが殺到しエライことになっとる。派出所にも記者からの電話がかかり対応するジフン(ナム・ユンス)は涙ぐんどる。ジェイ(チェ・ソンウン)もいたたまれない。ジョンジェ(チェ・デフン)も呆然・・・そうだよね・・・みんなのやんちゃな妹のような存在だったミンジョンが・・事件の被害者になるなんて・・そして・・・多分・・殺されている。

 そしてなぜかヤケ酒っぽい飲み方をしているジュウォン(ヨ・ジング)はミンジョンの指発見時のドンシク(シン・ハギュン)の様子を思い出していた・・・心の底から絞り出すような悲しい泣き声を発していたあの姿を。
 
 ジュウォンはドンシクを疑っているから、アレ???って思うよね。

 そして地下室で思いつめた表情をしていたドンシクは壁に貼っていた、多分もう全て記憶しているであろう調書を外しムンジュ署のジョンジェの元へ。無断で持ち出したから『今回は関わるな。何も聞かず何も見ず。今、ここにお前はいなかったことに』と言って調書を戻しておこうと思ったら・・・

『”今回”というのは・・・ミンジョンか?』ジョンジェ
『・・・・?』ドンシク
『ミンジョンの件はお前が?』
『・・・・俺が何を?』
『お前がミンジョンを』
『俺がミンジョンを?・・・・殺したかって?』
『・・・・・』
『・・・・(笑う)』

 おっと!立ち聞きしていたジュウォンの携帯のバイブの音がして話は中断。
ジュウォンは立ち去ったぞ。

 いやいやいや・・・ジョンジェ、よく聞いたね。
友達だったんじゃないんかい?20年間実はずっと疑っていたのかい?
HPはこちら

 さて、指の第一発見者であるドンシクとジュウォンは参考人聴取を受けることに。まぁ、ミンジョン殺人事件の取り調べな訳だが、相手はジファ(キム・シンロク)と顔見知りの刑事だし型どおりの質疑応答だね。そのことに不満を訴えるジュウォン。身内による取調べってどうなの?と。そして『合理的な疑い』を唱え始めた。20年振りに同じ手口の事件が発生し犯行の手口は外部に流出していないので模倣犯の可能性は低い。20年前の容疑者が最近この町に戻ってきた。

『しかも、その人は今回の2件の参考人です。
被害者達の第一発見者。
捜査官を交代するなら捜査に協力します』ジュウォン

 帰ろうとしたジュウォンに、今度はドンシクが仕掛けた。
今回の殺人(死体見つかってないけど)は模倣犯であると。
最近町に現れたのは自分だけではない(オマエだよ!オマエ!)。
その犯人は事件の資料を読むことができる内部の人間。
資料が無くなったって言うが、20年前の調書資料が無くなっていることに気づくのは持っていった者だけ。

『しかも、その人は今回の2件の参考人だ。
被害者達の第一発見者』ドンシク

 確認したところ、ジュウォンも帰宅した後のアリバイはなし。

『誰も歩いていない早朝にうちの前にいましたね。
指が見つかった現場からあまり離れていない俺の家に』

 今回はドンシクの勝ちーー!
って、村中の99%の人がドンシクを疑っているだろうけどね。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:51|PermalinkComments(0)

2021年09月03日

「模範タクシー」第16話(最終話)

 さて、オ・チョリョンはあの告白本を出版する気のようです。
面会したチャン代表(キム・ウィソン)は出版を絶対に阻止すると宣言。

『よく聞け。
家族を失った人は胸に爆弾を抱えて生きてるんだ。
私達は爆弾の存在を忘れようと毎日必死だ。
回顧録の出版は誰かの爆弾に火をつける行為だ』
『読まなければいい。止めても無駄ですよ』チョリョン

『この面会を続けてきた理由を?
お前を許すためじゃない。お前を知るためだ。
絶望を味合わせてやるから楽しみにしてなさい』

 決まった!
今までそれほどチャン代表の存在の有難みを感じたことはなかったがゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
今日は違うね。地獄を見た者の凄みを感じたよ。

 そしてお母さんのお墓参りをしたドギ(イ・ジェフン)は改めて復讐を誓ったさ。
母さんを殺した真犯人を絶対に許さない。
必ず死ぬほど後悔させてやる。

母さんは・・・もう何も心配しなくていい。見守ってて』

 まさか自爆覚悟でムショに突っ込む気じゃ・・・
外に出たドギをチャン代表が待っていた。

『人生はアイロニーだ。
復讐をやめた途端、真犯人がわかるとは・・・どうする?』チャン代表
『正直、いい方法がわかりません』ドギ
『殺してもオ・チョリョンを楽にするだけだもんな』
『泣き寝入りするしかないんですか?』

『私も復讐したかった。
その欲望のせいで私がどう変わったか・・君が一番知ってるだろ?
ドギ・・・相手を壊すだけじゃ復讐は完成しない。
どんな時も自分の人生をちゃんと歩んでこそ復讐は完成する


 そうだよね。犯罪者は被害者の人生を壊し不幸になることを望んでいる。
一番の復讐はそんな卑劣な犯罪者の思いどおりにさせず、自分らしく、そして幸せになるために生きること。

『キム・チョルジンさんを忘れるな。
我々はお客様を見捨てない』チャン代表
『・・・・』ドギ
今回の復讐は君と私の依頼でもある
『代表・・・』

私も依頼します!オを許せません』ゴウン(ピョ・イェジン)
俺も』ジノンさん(ぺ・ユラム)
俺も復讐を依頼する』ギョウン(チャン・ヒョクジン)

 みんな・・・(´;ω;`)

『法律を犯すことも、怪我人を出すことも、もうしない。
至らない代表だが、もう一度信じてくれ』チャン代表
『はい』ドギ

 まるで父親のようなチャン代表・・・
そして慈しむように見つめてくれる兄二人、そしてやんちゃな妹。
ここにドギの家族がいるんだね。

 てか、最初っから法律を犯さないスタイルで復讐すりゃ良かったんじゃ?( ̄▽ ̄;)アハハ…
シーズン2はそっちでどうだい?
HPはこちら




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:49|PermalinkComments(0)

2021年08月31日

「怪物」第2話 消える

 マニャンスーパーの前で立ち止まったドンシク(シン・ハギュン)・・・
動揺し肩が震えている。
台の上に指が並んでいる・・・
その指のネイルにはジュウォン(ヨ・ジング)も見覚えがあった。

 嗚咽を漏らすドンシク。
『・・・・ミンジョン・・!
その様子を窺がうジュウォン・・・
苦しそうに涙を流しながら指を見つめているドンシク・・・

 そして夜中に黒い袋を手にした者が歩いている。
店先の台の上に指を並べている。
フードを被ったその顔は・・・ドンシク!
目がいっちゃってるし・・・まさか・・そんな・・・
ガガガ━━━━(ll゚д゚(ll゚Д゚ll)゚д゚ll)━━━━ン!!!!
HPはこちら



 葦原で見つかった第一関節から指がない白骨遺体。
20年前と同じ状況にマニャン村は騒然。
遺体の足は泥を落としたうえで黒いビニールで包まれ、赤いリボンで結ばれていた。
公表されてはいないが、それも20年前と同じだった。

 20年前のパン・ジュソンの殺害現場にはドンシクのギターピックが落ちており、
それが決めてとなってドンシクは逮捕された。
『俺じゃない!』と叫びながら連行されるドンシク・・・
刑事たちを止めていた父は『証拠が出た』と聞くと手を離した。

 今回『怪物』タイトルと重なっていたのはドンシク・・・
はたして、本当にドンシクはやっていないのか。

 さて、発見者のドンシクとジュウォンはムンジュ署で供述書作成に協力した後、自ら供述録画室へ入った。2人仲良く並んじゃって〜コノコノ( ´∀`)σ)゚Д゚;)

『ここまでする理由は?』ジュウォン
『ある警官が俺を疑ってるようだから、はっきりさせようかと』ドンシク
『・・・・・』
『(にやり)・・・俺が好きなのか?』
『・・・・・』
『調査までするなんて』
『イ巡査部長が容疑者だったことはみんな知ってる』
『みんな?誰のこと?』
『・・・んーーー覚えてません』
『覚えてないことが多いですね!』

『遺体の身元の件ですが、まだ答えを聞いていない』ド
『妹のユヨンさんでは?』ジ

 なりゆきを見守っていたジファ(キム・シンロク)が入ってきたんだが
供述書の内容を確認しただけで二人を釈放。
サンベ所長(チョン・ホジン)が迎えに来とった。

『ハン警部補まで何をやってるんだ!』所長
『僕が何を?』ジ
こいつは先手を打ったんだ。呼び出されると面倒だから。
自分から取り調べを受けたんだよ!
また呼び出されても、令状がなければ行かないと言えるから!

『なぜ呼び出されるの?』ド
遺体が見つかった・・
『・・・・・』ド・ジ
『人が死ねば遺体になるからね』

 みんなまたドンシクが疑われるとわかっているんだね。
ドンシク自身も。
所長が連れて行ってくれたソルランタンの店でも(ジュウォンは例によって「好きじゃないので」と手をつけず)20年前の殺人事件の話でもちきり。
本人が目の前にいるとも気づかず『遺体は行方不明の子(ユヨン)なの?』とか『お兄さんが殺したんでしょ?』なんて話してる。もう何度も同じ目に遭っているのかドンシクはツラッとした顔でバクバク食べていた。その様子をじーーーっと観察するように見ているジュウォン。

『面白いですか?
食べもしないのに黙って座っているなんて。高見の見物はよほど面白いのかと』ド
『パートナーは常に一緒だと聞いたので』ジ
『なるほど!それは頼もしいですね』
『・・・(⚭-⚭ )ジー』続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:33|PermalinkComments(0)

2021年08月29日

「怪物」第1話 現れる

 2000年10月、ムンジュ市マニャンに住む女子大生イ・ユヨンが行方不明となる。
自宅の庭には彼女のものと思われる第一関節で切られた指が置かれていた。
KNTVのHPはこちら

 20年後の2020年、ユヨンの双子の兄イ・ドンシク(シン・ハギュン)はマニャン派出所の警察官として働いていた。一軒屋にひとりぐらし。

 冒頭で地域の美容室で賭け花札をやっていてケンカになった現場に向かったドンシクと相棒のジフン(ナム・ユンス)。ケンカしている奥さん連中の中には同僚のチョ巡査部長の妻もおり、普通だったら仲裁に入って注意して終わりなんだろうが、怒りゲージが上昇したドンシクは全員を『詐欺 暴行 賭博 賭博ほう助罪』で連行。あと一時間で勤務時間終わるはずだったのにとうんざりするナム所長(チョン・ホジン)と同僚たち。どうやらドンシクは問題児のようです( ̄▽ ̄;)アハハ…

 派出所に連れて行っても奥様たちはモメとる・・・
ドンシクが懲役の話まで持ち出すもんだから奥さんをかばうチョ巡査部長もいきり立つという・・
そこにマニャン派出所に新しく配属されたハン・ジュウォン(ヨ・ジング)が現れる。

 お高そうなスーツを上品に着こなしてらっしゃる!
田舎にはそぐわない感じよ〜
事情通のファン警部補が調べた所によるとジュウォンは次期警察庁長官とウワサされている本庁のハン・ギファン次長(チェ・ジノ)の一人息子で警察学校に主席入学、主席卒業ですってよ!エリート of エリート!

 おや・・・ハン・ギファンの名前を聞いたドンシクの手が止まりましたぞ。
何かあるのかしら?

 ジュウォンは来週からの勤務なんで帰ろうとしたら、息子が帰ってこないので捜索願を出したいと言う父親がカウンターに。「家出」で受けつけると対応したドンシクに怒ってよその派出所に行くと騒ぎだした。

『どこの派出所 警察署 警察庁に行ってもあなたの息子さんは・・娘さんだとしても捜索願いは出せません。「失踪児童等の保護および支援に関する法律。満18歳未満の児童や知的 精神障がい者 認知症の患者が失踪した場合は捜索願いを受理し直ちに捜索または操作するかを決定する」
これが韓国の法律なんです。
息子さんはこれに該当しますか?
息子さんは失踪していたとしても、この国では家出人にすぎないんです。
家出人・・・・』ドンシク

 そのやりとりを、じーーーっと見ているジュウォン・・・
そして帰り道、お高そうな車で荒い運転をして去っていくジュウォンを見ているドンシク。

 女主人ジェイ(チェ・ソンウン)が経営するマニャン焼肉店はみんなのたまり場のようです。
ドンシクはもちろん、ジフン、ドンシクの友人でムンジュ警察署庶務班長のジョンジェ(チェ・デフン)、ジフンの姉でムンジュ署強行犯係・警部補のジファ(キム・シンロク)も来て、みんなで気楽に過ごしております。

 一方、ジュウォンの方は高級店で父親・ハン・ギファンと食事中。
あんまり食が進まない様子。ハン・ギファンは高圧的態度でジュウォンは抑え込まれている従順な息子って感じ。以前は外事課にいたみたいだが、なんか問題を起こしていられなくなり、自ら希望してマニャン派出所に来た模様。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:53|PermalinkComments(4)