福島真冬のアイスクリーム店

2024年03月09日

きこりのテレビ日記 #153

 3月6日(水曜日)くもり −16℃

 まだ水曜日なんて信じられない・・・タスケテー!

 今週はBSPで7時15分から『まんぷく』→『ブギウギ』→『犬のおしごと』と朝から充実。前に見られなかった分も見られて嬉しいし、マジ働くわんこ、リスペクト!

 『Eye Love You』 第7話(録画)(TBS)

 いや〜何も真尋(山下美月)に本当のこと言わなくていいのに〜勘が良すぎて怖がられちゃってさ〜とかうまいこと言えんかね?と思ったけど、結果オーライ。だって心の声が聞こえていても、侑里(二階堂ふみ)がずっと付き合っていきたいと思えた相手だもん。仲直りの場面では泣けちゃったよ。これからはむしろ積極的に心の声を聞かせてくれそう。

 テオにだけは心の声が聞こえることを知られたくないと思う侑里だったが、なんかテオって特殊能力に対する耐性ありそうだよね?以前、心の声が聞こえる人に会ったことあるとか?テオ(チェ・ジョンヒョプ)の部屋にあった絵本『心が聞こえる少女』は実際にいると思われ。あるいはテオ自身も心の声が聞こえる能力あったりして。

 そしてテオと侑里の交際を知り、「それだけはダメだ!」と動揺しまくりだった飯山教授(杉本哲太)。まさか昔の韓ドラのように、まさか二人は兄弟?!って一瞬思ったけど、いくらなんでもね〜( ̄▽ ̄;) でも、心の声が聞こえるってだけで反対しているの?もしかして絵本にもあったように心の声が聞こえる代償として不幸が降りかかるシステムになってるのかしら?だから、テオ君ラブの飯山は反対しているとか?

 ところで温泉に行った時にテオがしていたタオルの巻き方、韓ドラではおなじみだね(笑)調べたら「ひつじ巻」と言うらしい。やってみたい。いや、やって欲しい〜(笑


 3月7日(木曜日)晴れ −14℃

 連続ドラマW『坂の上の赤い屋根』第1話 無知の新人小説家(録画)(wowow)

 まだどんなドラマなのか輪郭も見えてこないけど、いびつでゆがんだものを抱えた登場人物たちの顔が垣間見えた。

 18年前の女子高校生・青田彩也子による両親殺害事件。それは恋人であった大渕秀行(橋本良亮)に洗脳されていたための犯行だった。しかし真実は・・

 大渕が書いた自叙伝に心揺さぶられ小説の題材にした新人小説家・小椋沙奈(倉科カナ)、沙奈の担当編集者の橋本(桐谷健太)、大渕と獄中結婚した礼子(蓮佛美沙子)、当時彼と関わっていた人々、そして死刑確定囚だが突然再審請求を起こす大渕本人がそれぞれの思惑から動き始める。

 いや〜今回は蓮佛さんに引寄せられたよ。心の歪みや醜さが顔や態度に出ているバランスの悪い女性・大渕礼子になりきっていた。生理的に嫌悪感を感じるほどに。大渕を崇拝しており、コントロールされている。でもきっと大渕の存在が彼女の心の中の欠落にぴったりとハマり、彼のいう事を聞いているのが快感なんだろうね。そしてそんな相手を見つけるのも洗脳するのもお茶の子さいさいと思われる大渕。彼はどんな人間なのか。

 「沙奈ちゃんは完全じゃないんだから」と呪いの言葉を唱えながら支配している母親の美江(宮崎美子)、そして施設から引き取られたと思われる沙奈とは・・・(なんか倉科さん、最近グイグイきてるよね。意欲的で良いわ〜いろんな顔が見られる)。橋本良亮君はお初なんだけど、どんなカリスマぶりを見せてくれるのかしら。気になるから来週も見ます。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:12|PermalinkComments(2)