片桐はいり

2021年09月29日

きこりのテレビ日記 #54

 9月24日(金曜日)雨・・のち曇り

 ミー太に起こされ5時起床。最近、陽が昇るのが遅くなってきたから暗い。
そのせいかますます目が覚めない。
起きても眠い、倉庫へ行っても眠い・・・
コーヒー飲んでも眠い。
なんか秋って『眠い』って言い続けても許されるような気がする・・Zz(´-ω-`*)

 倉庫へ向かう道で先週からタッパーが1個落ちている。
小さめだから女子用か、果物やおやつとか入れる用?
自転車通学してて落としたのかなぁ・・・
ずっと落ちてるけどお母さんに怒られないのかな?

 『東京放置食堂』第2話(録画)(テレビ東京)

 さて、高台から海を見下ろしている日出子さん(片桐はいり)は渚(工藤綾乃)との出会いを思い出していた。ふらっと来てしまった大島で風吹き荒れる中三原山に昇っておった。そこで渚に声をかけられたのさ〜

なにしてるのお〜〜?
だいじょうぶう〜〜〜?!

おなか・・・お腹空いた!

 それで渚は日出子を自分の店「風待屋」に連れて行き
くさやを焼いて差し出した。

いらない!下げて!』日出子
『食べて』渚
無理!
『名物だから』
無理なものは無理っ!
『(ドンッ)くさやナメんなよ』

 死んだ気になって息を止めて飲み込んだら・・・
『くさっ・・・臭いけど旨い!ふっふっふっ・・』
『あはは・・』

 日出子も最初にくさやの洗礼を受けたんだね。くさやはそのパンチ力で自分の思い込みや纏っていた鎧みたいなもんを壊して楽にしてくれたのかねぇ。

 さて、大島に有名アイドル小松原美織(桜井玲香)がやって来た。おしのびでしょうか〜人に気づかれるのを恐れて逃げ回っている所を日出子に遭遇。アイドル界に疎い日出子は(渚も)訳アリそうな彼女を店に連れて行った。

 シマアジのカルパッチョ、明日葉と島海苔の油いため美味しそうだった〜!
椿油っていうと頭に付けるイメージなんだけど食用だとマイルドな香りなのかな?

 いける口らしくすぐに焼酎を飲み始めた美織はアイドル稼業と本来の自分とのギャップに辛くなり写真集のサイン会をバックレて来たそうな。で、他のお客さんが来る気配を感じると『こんなとこ見られたら・・』とか言っちゃって逃亡。

 ま、例の氷保存室な訳だが・・・
「アイドル」を理由に逃げてばかりの美織に説教をする渚。

『仕事から逃げて、マネージャーから逃げて、こんなとこ隠れて、
ただのガキじゃん』
『アンタ何様?』
『真面目に働いて納税してる居酒屋の女将だよ』
『・・・・』
『かわいそう。アンタ・・
ホントの自分がわからないなんてかわいそう・・』

 美織殿、迫力負け。
渚の言葉がざっくり刺さったようです。

 で、今来た体を取ってのれんをくぐって来た( ̄▽ ̄;)アハハ…
舞台上のように元気に明るく自己紹介。
よく考えたら26の女性がするようなアレじゃないよね。キッツイわぁ・・

 迷いが生じたところで、くさやの出番。
もちろん美織も『なんじゃ、こりゃあ!』と拒否したが・・・
回りの空気を読んでしかたなく口へ・・・
『おいしい
『当然でしょ』渚

 焼酎にも合う!
私、食べたことないんだけどね〜どんだけ臭いんだろ?
どれぐらい食べるのに勇気いるのかしら?
そして食べたら臭さを上回る旨さなんだよね?
よっぽど想像を上回らないと2口目いかないよね?

『味が良ければ全部チャラになる。
嫌な臭いだって愛されるようになる。
期待に応え過ぎない方がいいよ。
アンタはアンタでしかないんだから』日出子

 いろんなもんを吸収して美織は元の場所に帰っていった。
演技は苦手だって言ってたけど、アイドルを演じ続けられたんだから素質はあるんじゃないの?
ラストの日出子さんの『恋の着払い』ダンス、キレキレで素敵だったナリ


 9月25日(土曜日)霧のち晴れ

 珍しく2時半ぐらいから、うとうとしたり夢を見たり・・
猫が布団に入って来たり出て行ったり・・・背中に猫の温みを感じたり・・
5時頃起床。窓を開けたらすんごい霧。しかもさぶい。

 玄関の寒暖計を見たら7度。一気に冬かよ・・
どこかで灯油ストーブをつけている匂いがするーー
運転が危険なほどの濃い霧・・・『熱海の捜査官』ぽいぞ。

 『趣味の園芸 グリーンサムへの12か月』(6)「多肉を寄せる」(録画)(Eテレ)

 多肉植物って、私はイマイチ興味が持てないんだけど、
きよし様はどうなのかしら〜?
『怖い』『襲われるんじゃないかな』というイメージだったそうです(* ̄m ̄)
そして『トゲトゲしていて男性的で、あんまり好みじゃない』んですってよ!奥さん!

 今回の先生、近藤名人・・・ウォーリーっぽいわ〜クール。
持ってきてくれた小鉢の多肉植物が丸くてかわいい感じのものが多かったんで、きよし様の表情も和らいだ様子。

 知らなかったけど多肉植物も花が咲いたり季節によって色が変わったりするんだね。わたしゃ観葉植物みたいになんも変わらない印象だったよ。
それにサボテンみたいに水もやらなくていいし日陰の方が好きなんじゃ?って勝手に思っていたけど間違いだと判明。しっかり外の陽に当てて水もたっぷりあげた方がいいそうな。
寄せ植えしてあるの見ると盆栽みたいというか箱庭的というか・・・いいねぇ・・

 きよし様も名人ご指導のもと寄せ植えに挑戦しているうちに、すっかりイメージがいい方に変わったようです。多肉植物って取れた葉っぱを土に置くだけで根付いて育っていくんだって〜
すごく生命力が強いのね。なんか風水的にも良さそう(笑

 きよし様のおかげで、この番組を見て、私も多肉植物育ててみたくなったぞ。
今度ホームセンター覗いてみるわ

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:21|PermalinkComments(0)

2021年09月19日

きこりのテレビ日記 #53

 9月15日(水曜日)晴れ

 昨日は気づけばミー太が7時間ほど一回も戻っておらず、外も暗くなったので、久しぶりに泣きそうな気持で町内一周捜索。猫たちを呼ぶ時の舌を鳴らす『チッチッチッチッチッ』を発しつつ、たまに人がいない所では『みぃ〜〜た〜〜〜』と呼びながら歩いた。必ず聞こえているはず。

 懐中電灯を持ってくるのを忘れてしまった。前に行方不明になった時は学校のここら辺に隠れていたんだよな〜またケンカして怪我してなきゃいいけど・・・

 もう一周するか・・と歩き始めたら『にゃあああああああ〜〜』と鳴きながらミー太が走り寄って来た。『おかえり〜〜も〜〜心配かけてからに〜』一緒に家に入った。怪我はしていないし汚れてもいない。どっかに身を潜ませていたのかな?すぐにごはんエリアで待っているのであげたら次々要求。お腹が空いていたんだね〜シマを広げようとして冒険したね。ホントにもう・・困った奴だよ(-公-、)

 『賢い医師生活 シーズン2』第11話(Netflix )

 強盗に襲われたのは、やっぱりイクジュン(チョ・ジョンソク)だった・・・(´;ω;`)命に別状はなく軽い頭がい骨骨折ですんだ。

 でも〜〜頭やられてるから後々なんか出るんじゃないのぉ?
『眠れる森』のキムタクだって頭打たれてから大分経ってから列車の中で突然死んじゃったじゃーん!外科医なのに指の神経とかぁ〜〜
普段エネルギッシュなイクジュンの血だらけで動けない姿はショックだったよお・・(ノω・、)

 でも、この事件がソンファ(チョン・ミド)との関係を自然に変えてくれた。
付き添いをしている間もイクスン(クァク・ソニョン)が照れちゃうほどラブラブな二人になってたしぃ。回復したイクジュンにソンファが『怪我を知った時一番最初に思ったのは告白しておけばよかっただった』と告白し『付き合わない?』。それにキスで応えたイクジュン・・(/┏∇┓´\)キャー♪
ずっと友達でやってきたし、ひとりもまた良し、でも二人でいたい相手だってわかったんだもんね〜

 そしてソッキョン(キム・デミョン)も!
すっかり素直になって!初めてのデートでもリラックス〜
ミナ(アン・ウンジン)のドキドキ緊張する姿がかわいかった。

 その後は普通に電話して晩御飯買ってきてくれたり(イクジュンのカードだったけど 笑)すっかり恋人どうし。なのに告白もしなけりゃ気持ちも伝えてくれない。好意は感じるけどやっぱりきちんとした言葉が欲しいよね 
 思い切って『私達付き合ってますよね? 私のこと好きですよね?』と確認したミナ、頑張った!
それにしっかり答えたソッキョン!男としても成長したんだね。でも成長したいと思わせてくれたのはミナ。やっぱり恋愛ってタイミングよね〜離婚して悩んで、後悔して、いろいろ考えた時期があったからこそミナに出会って、(最初は拒否してたけど)母親と戦ってでもミナと生きていきたいと思えるようになったんだもんね。てか、あのままプロポーズかと思ったよ。

 ジュンワン(チョン・ギョンホ)とイクスンもイクジュンの病室で会った時はちょっと気まずい感じだったけど話しているうちに昔の雰囲気戻ってきたよね?こちらもうまくいって欲しいなぁ・・
あと一話、どうなるのかしら〜


 9月16日(木曜日)まぁまぁ晴れ

 4時44分・・・最近目覚ましが鳴る1分前にミー太が起こしにくる。
そろそろだってわかるのか?
それともたまたまミー太と私の起きるタイミングが合っちゃってるの?

 5時ミー太と外に。8度。ひんやりしている。
あくびが止まらない。倉庫から戻って来たら、いつも家の近所で出迎えてくれるミー太がいない。奴め、どこ行った?でも1時間ほどで帰って来た。昨日の疲れがあるのかな。

 『東京放置食堂』第1話 (録画)(テレビ東京)

 事前情報なく片桐はいりさん主演ということで録画してみました。
伊豆大島は「放置された東京」だったのか・・・( ̄▽ ̄;) 都民でもないし行ったこともないから知らんけど。ちょっと好きなドラマかも。

 東京生まれ東京育ちの真野日出子(片桐はいり)(53歳)はふらっと立ち寄った大島で出会った小宮山渚(工藤綾乃)が営む居酒屋「風待堂(かぜまちや)」を手伝っている。

 ある日、日出子を訪ねて有名なIT企業の社長・水科繁(近藤公園)が島にやって来た。
2人の関係はほぼ他人・・・以前新幹線の中で後ろの席に座っている日出子になんの断りもなく派手にリクライニングを倒して大声で電話していた水科に説教して親身に話し合った仲。で、偉くなった今、誰も自分に意見する者はいないもんだから、叱ってくれた日出子が懐かしくてわざわざ会いに来たんだって。

 実は日出子は裁判官だった。
正義感が強く曲がったことが嫌いな日出子にぴったりの職業。

『なんで辞めたんですか?裁判官』水科
『疲れちゃったのよ。人を裁くこと。
・・・魚を捌く方が性にあってる?』日出子

 真面目に堅実に休むことなく職業を全うしてきたんだろう。
でも、そんな日出子が多分、急に有給を取ってふらふらと大島に行ってしまった。
昔から南国に憧れがあったらしい。
でも飛行機が怖いから近場の南国・・ということで大島へ。
人生はじめてのちょっと寄り道。

『冒険してるの。ここで。初めての冒険』

 そう答える日出子に水科は、『逃避だ!俺たちみたいな選ばれた人間には社会を動かす義務があるんだ!』とほざきはじめたぞ。呆れた渚とケンカになり険悪な雰囲気になった時、日出子が出したのは焼き立てのくさやの干物。顔をしかめていたけど食べたら旨い!(意外と素直)と大喜び。

 それから日出子は彼を昔氷置き場に使っていた部屋に連れて行き説教。
肩書に頼った生き方はダメ、一番身近な従業員のことどれだけ知ってる?

部下はアンタの奴隷じゃない!
人間同士の付き合いをしなけりゃ信頼関係なんてできっこないよ
『・・・・はい
声が小さい!
はい!すいません!
『くだらないプライドはここに置いてきな。
アンタが変われば回りも変わるから』
はいっ!!

 誰に対しても尊大な態度で重たい鎧をずっしりつけていたような水科は翌日すっきり身軽になった顔で東京に(ここも東京だけどさ)戻って行った。

『ここは風待ちの港。誰も拒まない。
少しだけ休んで風が吹いたら出て行けばいい』

 高倉健だよ!
正直、片桐はいりさん老けたなぁ〜ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ と思ったけど、その老けた顔がいい。やっぱり唯一無二の存在感を放つ俳優さん。片桐はいりさんが演じることでファンタジーっぽいキャラクターが地に足の着いた人間になる。不思議で魅力的な。そして大島に行ってみたくなったなぁ。
これは視聴決定です。

 9月18日(土曜日)雨、けっこう強し

 例によって5時前にミー太に起こされ撫でた後起床。
どうせ雨だから、すぐ戻ってくるのになぁ〜〜
5時に一緒に外に。でも、1時間ほど車の下に入って見張っとった。
ミー太なりのルーティンがあるのかしらね?

 『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』第1話(録画)(NHK総合)

 麻生さんもいるせいか、部屋でみんなで雑談している感じに「時効警察」みが。そのうち「多目亭」のおばちゃん出てくんじゃないの?( ̄▽ ̄;) てか、出て欲しいんだけど。そして「キャッツ」?犬だけど。

 キャスティングがスゴイよ!私の好みだよ!
池松君の同僚の漆原に麻生久美子、柿崎に本田翼、課長に國村隼。
フリーライター・溝口に永瀬正敏(犬だっこする姿があまりにナイスなうさん臭さでハマっているから愛犬家殺人事件の人かと思ったよ)。そして理髪店の人に細野晴臣だよ!(なんかいそう!高倉健とか通っている店に)さらにスーパーボランティア小西さんに佐藤浩市(なんか佐藤浩市ってだけで笑える)。どっかの会長みたいな謎のおっさんに 橋爪功。ヤクザの若頭に松重豊(松重さん、この手のニット似合うね)。

 大殺界の警察官・青葉一平(爽やかな名前だ!)(池松壮亮)は『警察犬の唄』という漫画に感化され鑑識課のハンドラーとなったのだが、「愛すべきパートナー」のオリバー(オダギリジョー)は一平と二人っきりになると喋るし(毒舌)(なぜかボキャブラリーが昭和)煙草吸うし、言う事きかねぇし・・・慢性鼻炎だし・・振り回されてヘトヘトの日々。

 さて、漆原の知り合いのおばあちゃんが特殊詐欺被害に遭ったために漆原・柿崎、青葉とラッキー(柿崎がハンドラー)&オリバーで受け子の匂いを元に捜査開始。受け子が使ったATMはラッキーが見つけたんだけど、オリバーが『エロいもんがある!』と掘り出した箱の中には耳と拳銃が!

 褒められる二匹だったが、ラッキーが見つけたATMは傍に受け子が捨てた服が入っているだけだったと判明。ショックを受ける柿崎・・・受け子の足取りも掴めず。
で、一平は清掃員の志村(鈴木慶一)が教えてくれた情報屋の「裸足のチョウスケ」に漆原と共に会いに行った。

 「裸足のチョウスケ」が柄本明!そして「押忍」推しで進んでいく会話(笑
しかし漆原が、その情報を解読したおかげで、あるマンションに住むボインちゃんに行きつく。さらにその女性が務めるキャバクラに客として行き、「パイオツカイデーフェロモンムンムン」の受け子のお姉ちゃんを特定!オリバー、結構優秀じゃん。
なんなら一平より( ̄▽ ̄;)

 しかし物証がない。奥の部屋を探っていたら白いお粉を発見!
まぁ、捜査はこれからなんだけど、オリバーと一平は大手柄という訳。

『僕だけが知っている。
オリバーはそんな天才警察犬なんかじゃない。
伝説の警察犬、ルドルフの血を引く・・・単なるぐうたらなおじさんです』


 ふ〜〜む・・・まだ特別おもしろいとは思わないけど一回目は助走。
気になるドラマなので来週も見てみます。劇伴もかっちょいい♬


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:23|PermalinkComments(2)