永作博美

2023年03月31日

「舞いあがれ!」 最終週 私たちの翼

 月曜日 第122話

『空飛ぶクルマを開発中の「ABIKILU」では、より進化した試作2号機アビキュラ2号の完成が急がれていました』

 目標は今年(2020年)中に有人飛行。
安全性と信頼性をしっかり検証するために最低でも500回の飛行試験が必要だった。
そのためデータ整理をしてくれるバイトさんを探していたんだが・・・
舞が朝陽君を連れて来た!

 朝陽君は現在、浪速大学で航空宇宙工学を専攻しており、惑星探査ドローンの勉強をしているんだって〜

 いや〜あの朝陽君と舞が一緒に仕事をするようになるなんてね〜
感慨深いわ〜「ABIKILU」でアビキュラ2号を見た途端にオタクっぽい発言をして刈谷先輩たちを喜ばせていたぞ。


 一方、ばんば(高畑淳子)は「デラシネ」の店番に馴染んでおります。
写真集を見せながら五島の様子や文化を伝えたりして楽しそう。
子供たちにも慕われて、「秘密基地」は受け継がれている模様。

 小学生の頃、毎日のように通っていた駄菓子屋のおばあちゃんを思い出したよ。
そこのおばあちゃんと何気ない会話を交わす時間が好きだった。
ばんばもきっとそんな存在。
ほどよいフィット感で寄り添ってくれるみんなのおばあちゃん。

 ばんば、五島に帰りたいんだろうなぁ・・・
五島の写真集を切なそうに見つめていた。
めぐみ(永作博美)の社長業引き継ぎは順調みたいだから、もうすぐ帰れるかしら。


 貴司(赤楚衛二)は、おっちゃん(又吉直樹)にやっと会えた。

 パリイのアパルトマンの一室。
飾り気はないけれどおっちゃんらしさの感じられる居心地良さそうな空間。
貴司のために淹れてくれた珈琲、カップが欠けとるが清潔で愛用しているんだろうな。


 自分の第二歌集「連星」(結構読み込んだ痕あり)を見つけた貴司は

「感想は言わんといて。けなされても褒められても辛い」貴司
「褒められても辛いんかいな」八木
「うん・・・
自分でええと思ってへんもん褒められんのしんどいねん。
こんなんでええんかなって迷いながら本出して・・・
それが今までよりずっと褒められて・・・
歌一個も作られへんようになって・・・

僕・・・また逃げてしもたんかもしれへん。
海の底に潜っても潜っても花一個も見つけられへんのは
結婚して幸せになったからって思ってしもて」


 貴司、そんな前からしんどかったんか・・・
でも、芸術に携わる人はもしかしたらずっとそんな感じなのかな。
自分の作品に満足できず否定し、迷い、もっともっとと自分自身の中を探り続ける。


「おっちゃんは、昔自分が息するためだけに詩ぃ書いてた。
せやけど学生の時な、その詩ぃをあげたいて思う人ができた」
「おっちゃんが詩集贈った人?」
「・・・強い人でな。
本気で世界を変えたい言うていつも闘うてた。
世界中を飛び回ってな。
けど随分前に自分で生きんのやめよった」
「その人はおっちゃんの恋人?」
「・・・・」

「しんどなったらな、会いに行くねん。
忘れんために探しに行くんや。
その人がおったことある場所にな」
「会えんの?」
「知り合いのおらん街独りぼっちで歩いてたら
声が聞こえる時がある。
昔と変わらん優しい声がな。
そっと会いに来てくれるんや」
「おっちゃんは今も・・・その人のために詩ぃ書いてんねんな」
「ほな、ちょっと行ってくるわ。
ここにおってええで」


 おっちゃんの孤独。
でも、それは辛くも重くもない。
さっと羽織って外に出られるコートのように気軽で優しくておっちゃんと一体になっている。
おっちゃんは本物の「デラシネ(根無し草)」。
でもデラシネであることがおっちゃんの救いであるのかもしれない。

 おっちゃんは貴司の質問には答えなかった。
それはおっちゃんにとって大切なことではないから。
孤独で自由でロマンチストなおっちゃん。
おっちゃんは死ぬまで詩を書きながらさすらい続けると思う。

 自分自身のために紡ぐ言葉、誰かのために見出す言葉、
そこに迷いはなかった。
でも、貴司は目に見えない多くの人達のために言葉を求めてしまったのかもしれない。そして自分を見失ってしまった。
原点に戻って、今、自分自身のために・・・
いや、ここで言葉をすべて手放してみたらどうだろう。
何も考えず、ただこの場で感じてみたらどうだろう。


 目が覚めて気づいたおっちゃんからのメッセージ。

『呼ばれたから行くわ。
パリでしばらく暮らしたらええ。
誰の声が聞こえる?
話したいこと見つかったら言葉にしてみ』


 貴司にとっておっちゃんは灯台のように温かく導いてくれる人。
そして言葉とともに自由に生きる人。
貴司はデラシネではないし、なろうともしていない。
でもこの二人は魂で分かり合えているような。

 最終週、なんだか一話一話が愛おしく感じられる。
この朝ドラのヒロインは舞だけど、わたしゃ貴司という人間が一番気になる。
このパリで何を見出すのか、すごく楽しみ。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:17|PermalinkComments(0)

2023年03月24日

「舞いあがれ!」 第25週 未来を信じて

 月曜日 第117話

 舞(福原遥)は引越しの終わった刈谷先輩(高杉真宙)と玉本先輩(細川岳)の会社「ABIKILU」を訪ねましたぞ。製造中の「空飛ぶクルマ」を目の当たりにして目を輝かせとった。

 「空飛ぶクルマ」って巨大ドローンなんだね。
そこに人も乗れるという。
荷物だって運べるだろうし、救急医療にも使えるかも。
あ、別にヘリコプターでいっか ( ̄▽ ̄;)


岩倉、見とけ。
来年には、きっと有人飛行にたどりついてみせる
」刈谷
「来年ですか?」舞
「ああ。誰もが気軽に自由に空を行き来できる未来を俺たちが作る


 コレが単なるビッグマウスに聞こえないのよ。かなり難しい試みなのは素人の私でもわかるけど、刈谷先輩なら一縷の希望から広げてくれそうなんだも。
てか、しっかり年齢を経た渋い刈谷先輩を魅せてくれる高杉さん、すごいぞ。


 なんか舞がすごく輝いている。
家庭も育児も仕事も充実していい感じで回っているのが伝わってくる。


 一方、貴司(赤楚衛二)は・・・実はスランプに陥っていた。
連載のエッセー原稿も遅れた模様。
リュー(川島潤哉)から第三歌集の話が出たが表情が暗い。

「歌、詠めてます?」リュー
「・・・・少しずつ・・」貴司
「うん。・・・なら、よかった」


 貴司LOVEのリューだもの。
この答え方の微妙な雰囲気感じたはず。

 これは作家なら誰もが通る道なのかな。
いつも短歌を書き留めていたノートが真っ白。
なんか貴司の中で言葉が流れておらず、滞っているような。


 ばんば(高畑淳子)は東大阪の生活にずいぶん馴染んできたみたい。
読書も日常になったらしく「デラシネ」で五島の写真集に見入っていた。

 舞は定期的に「ABIKILU」に足を運んでいるのかな。
ある時、刈谷先輩と玉本先輩が口論している現場に遭遇。

 玉本先輩を「うめづ」に誘って理由を聞いたところによると、
開発が遅れているらしい。
ホントだったら今月中に空飛ぶクルマの機体を浮かせて投資を呼び込む予定だったんだが、うまいこと飛ばない。

「開発が遅れると金がどんどんなくなっていく。
金がなくなるとスペアパーツも満足にそろえられへん。悪循環や」玉本


 情熱で何でも乗り切れると感じていたあの頃・・・
みんなで心をひとつにすれば夢は叶うと信じていた。

 今、新たな夢に向かって走っている刈谷たち。
夢は大きければ大きいほど乗り越える壁も高くなるし現実的な問題が足を引っ張る。

 この朝ドラはやっぱり一筋縄じゃいかないね。
今週を入れて、あと2週。
どこに、どう落ち着くんだろうか。


 火曜日 第118話

 笠やん先生(古舘寛治)の技術教室楽しそう♬
緊張しながらも子供たち、チャレンジを楽しんでいた。

 いい経験だよね。
金属加工を体験することで、ものづくりの可能性が広がるだろうし、工場は楽しくて創造的というイメージもってもらえそう。


 舞は笠やんに「空飛ぶクルマ」開発の件を話し、御園さん(山口紗弥加)に「こんねくと」として何か協力できないか相談をもちかけた。

 御園さんは例によって、え〜〜そんな夢みたいな話に乗るワケぇ?!てな感じだったけど、「ABIKILU」視察には行くそうな( ̄▽ ̄;)

 なんか・・・御園さんのことはどちらの脚本家さんも、もうどうすることもできないんだろうね( ̄▽ ̄;) 脚本家さんが交代し続ける時期に来ちゃったからさ。相変わらず、このシトって何やってんだろ??と思ってしまう。


技術教室と一緒で未来への投資やな」笠やん 

 技術教室に来た子供たちのことを「東大阪の宝やな」って言ってたもんね。
技術を残すためには次世代を育てていかんと。
子供たちにとっても工場にとっても可能性広がる機会だよね。




 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:31|PermalinkComments(2)

2023年03月17日

「舞いあがれ!」 第24週 ばんばの歩み 

 月曜日 第112話

 一気に時間は飛んで、2016年8月、貴司(赤楚衛二)とめぐみ(永作博美)が見守る中、舞(福原遥)出産。無事女の子が生まれましたヨ〜

 会いに来てくれた勝おじいちゃん(山口智充)も雪乃あばあちゃん(くわばたりえ)も大感激。
うれし涙を流しながら舞に感謝する姿に、こっちももらい泣き(笑

 赤子の名前の候補、貴司が考えてきたで〜
真帆」「」「空乃」「星花」「美羽」「風夏」「」。

 そうして決まった名前は「歩(あゆみ)」。
舞の「何があっても負けんと前に進んでほしい」という願いと
貴司の「一歩一歩進んでくねん」という思いが込められている。


 って、久留美(山下美月)が様子を見に来たからびっくりしたよ。
アンタ、まだ長崎に行ってなかったの?( ̄▽ ̄;)
アレから8ヶ月は経っていると思うが〜
面接(一年に一回ぐらいしかしないの?)に受かって、この秋から長崎でフライトナースやるって言ってたけど〜

 そして佳晴(松尾諭)はどうなったのかしら?
道子さん(たくませいこ)と一緒に暮らしてんの?
まさかまだ久留美といるのかしら?


 舞の退院後、悠人(横山裕)が出産祝いをもって来てくれた。

「置物や。
この子が大人になる頃には、ちょっとした財産になってるはずや」


 また謎のプレゼントを ( ̄▽ ̄;)
でも、そのセンス嫌いじゃないわ〜


 そして視聴者に貴司情報を伝えてくれるお兄ちゃん。
貴司の二冊目の歌集「連星」は売れており重版出来ですってよ!
そのおかげで講演とか雑誌の仕事も増えたんだって〜
お返しに久留美の長崎行きが決まったことを教える舞。

 悠人と久留美、今までは偶然会った時に飲んで、お互いいろんな話をしていたらしいんだが、さすがに長崎と東大阪じゃ偶然は期待できなくなるよね。

 退院後、すぐに自宅でできる仕事を始める舞。
やっぱりねぇ・・・( ̄▽ ̄;)
でも、貴司がいる。

「舞ちゃん、もっと頼って。2人で親になったんやから」

 何も言わなくても主体的に動く貴司。コレだよ!
全国の妻であり母親である者が期待する理想の夫!(笑
一ヶ月健診でも歩ちゃんを抱っこしているのは貴司。
「手伝うよ」「協力するよ」「〇〇やっておいたよ」「言ってくれたらやるよ」なんて貴司の口からは決してでまへん!


 その後、久留美の送別会が舞たちの家で行われました。
なんか寂しいねぇ・・こんな時こそ「うめづ」でしょうよ( ̄▽ ̄;)


 そこに突然現れた男・悠人。

俺とつきあわへんか
「そんなん・・・何で今言うん。
これから離れ離れになんのに・・・」久留美
「もうたまたま会われへんねやろ?
じゃあ計画的に会うしかないやん」

「会いたいん?」
「そうじゃなかったら送別会の邪魔せえへん」
「何でいちいちひねくれんの。
・・・そこも・・好きやけど」
「・・・・」
「うん。つきあおっか」
「うん」


 交渉成立!おめでとうございます!
一本締め、よぉ〜〜パン!!
悠人らしい単刀直入しかない告白(笑
どんな時もクールなお兄ちゃんが久留美だけは離したらイカン!って思えたんだね。
お似合いだわ〜!
しかし、この人達は身内の前で告白するの好っきやな ( ̄▽ ̄;)


 それから2年。
歩ちゃんも成長し保育園に通っております。
『こんねくと』の経営も順調の模様。
そこにばんばが入院したとの報が!!

 火曜日 第113話

 ばんば(高畑淳子)は脳梗塞だった。
船着き場でお客さん降ろした後の、急にめまいがする、手がしびれるという言葉を聞いたミタコングが、いや、浦さん(鈴木浩介)が大きい病院に連れて行ってくれたそうな。

 脳梗塞はスピードが命だもんね。
浦さんの判断のおかげで大事に至らずにすんだよ。


 めぐみと舞が五島へ飛び、医師の話を聞くと、症状が軽かったので2週間ほどで退院はできるが手足の痺れは残ると言われた。
もう船に乗ることはできないし、
一人暮らしもさせない方がいいと告げられた。
その事はばんばも知っているらしい。



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:07|PermalinkComments(4)

2023年03月03日

「舞いあがれ!」 第22週 冒険のはじまり 

 月曜日 第102話

 「オープンファクトリー」は大成功。
打ち上げも大盛り上がり!
そこにいきなり爆弾を投下する小堺さん(初登場!)

ええ気なもんやなあ。
東大阪の町工場がスクラムを組む?
スクラム組めんのはなぁ、体力のあるごっついやつらだけや。
俺らみたいな弱っちい工場からしたらな、あんたらみんな目障りやねん!
何やねん町工場代表ですみたいな顔しやがって・・・
みんながみんな自分らみたいに余裕があると思うなよ!


 しーーーーーん・・・・( oдo )
でも、そう言われりゃそうなんだよね。
厳しいと言いながらも参加できる工場は、まだいい。
スクラムの仲間に入れない工場にしてみたら、イヤミのひとつも言いたくなるよね。


 しかし我らが舞は驚くだけじゃなく、すぐに行動に移したぞ。
小堺さんの工場へ行き、金網の写真を貰って来た。
そして金網に関して各方面にリサーチ。
金網のフェンス以外の新しい使い道を考え、小堺さんにプレゼン。

 しかし小堺さんは頑なだった ( ̄▽ ̄;)
金網で自社製品作って売るなんて「無理や!」と一蹴。
売れるかどうかわからんもんに力を注ぐ気力はない模様。


 小堺さんの舞への「アホ」にすぐに反応し怒りを示す勝(山口智充)。
うちの娘にアホとは何や?!アホとは!

 フォローするように見せて、圧をかける雪乃さん(くわばたりえ)。
今のアホは冗談やんな?( o言o)

 二人とも最高!(笑
そうなんだよね〜もう舞は二人の娘なんだよね。
この舅と姑がいれば100人力だね。


 一方、貴司(赤楚衛二)の元にも新しい風が吹いてきていた。
リュー(川島潤哉)からだけどさ( ̄▽ ̄;)

 この前の短歌教室の記事の反響が大きく、あちこちの学校から教えに来て欲しいと問い合わせが来ているそうな。で、貴司に日本中を旅しながら短歌教室を開いてもらい、その時貴司が詠んだ短歌を連載したいっていうのさ。

 リューの嬉しそうな顔。
コレだよ!コレ!来たよ!ってホックホク(笑


 なのに貴司から出た第一声は・・

「家には帰れますか?」
帰れるよ。時々は」
・・・時々・・・


 リューが気の毒になるほどのテンションだだ下がり( ̄▽ ̄;)

 だってそんな長い間旅に出るなら「デラシネ」を閉めなきゃならない。
後ろで絵を描きながら二人の会話を聞いていた大ちゃん(中須翔真)の手が止まった。

 返事はちょっと待ってもらったんだが、リューは不満そうだった。
まぁ、史子だったら付き合っている人がいたとしても、すぐオッケーするだろうね( ̄▽ ̄;)
でも貴司は違う。舞と離れたくないし、今の生活に満足している。

 それに大ちゃんだよ。
昔の貴司と同じように、大ちゃんも居場所を失ってしまう。
貴司の時はもう大人になっていたし、八木のおっちゃん(又吉直樹)も店を閉めることが今の貴司に必要だとわかっていたから去っていけた。
でも大ちゃんはまだ中学生。
「デラシネ」が無くなったら無くなったで図書館とか行くのかもしれないけれど、なんかなぁ・・・


 家に帰ってきても金網の使い道をいろいろ考えて楽しそうな舞を
貴司が愛おしそうに見つめてるぅ〜〜


「町工場が減ってるんはひと事やないねんな。
金型屋さん、メッキ屋さん、材料屋さん。
みんなつながってて、どっか一つが潰れてしもたら
ほかの会社も危なくなる。
なんとかせな」舞


 ホントにそうだね。
他人事じゃない。
これは東大阪で工場を営む者みんなの問題なんだね。
いや〜舞はたいした器だよ。


 そんなことがありまして、小堺さんと曽根さんに呼び出された舞が「うめづ」に駆けつけると・・・

「会社、畳も思てな。
もう、ひし形金網ではやっていけへんねん」小堺


 小堺さん、何かほっとした顔している?と思ったら・・・
そういうことか。
うーーん・・・閉めどきというのもあるからなぁ。
無理して頑張っても借金増えるだけだしねぇ・・(´-ω-`)


 火曜日 第103話

「もう、ひし形金網ではやっていけへんねん。
50年歯ぁ食いしばって工場守ってきた親父には悪いけど、ここまでや。
・・・ちっちゃい頃から、親父のおやじの工場入り浸っててな、
金網が編まれていくとこ飽きんと見てた。
針金を機械で編むだけや。
簡単やと思うやろ?
ちゃうねん。
きれいに編むには職人の技術が要んねん。
うちの工場の職人な、みんな腕ようてな、
ええひし形金網作りよんねん。
・・・せやけどしゃあない。もう堪えきれへんわ」小堺


 自分とこで作る金網への深い愛情、誇り、職人さん達への強い信頼感。
ここで工場を閉めてしまったら、その職人さん達の磨き上げた技術も行き場を失ってしまう。受け継がれることもない。
舞には小堺さんの無念さも申し訳なさも痛いほどわかったさ。

 諦めない女・舞は自分の描いた新しい金網製品のスケッチを見せ、小堺さんの説得開始。
打ち上げの時小堺さんがぶん投げようとした「オープンファクトリー」の飛行機を差し出した。



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:02|PermalinkComments(2)

2023年02月10日

「舞いあがれ!」 第19週 告白

 月曜日 第87話

 雪乃さん(くわばたりえ)の知らせを受け、ネットニュースを見ためぐみ(永作博美)と舞(福原遥)は悠人(横山裕)の事件を知った。
IWAKURAの権利を戻してきた件を思い出し、想定内だったのかと思いつつ、本人に確認しようとするめぐみ達だったが連絡はつかなかった。

 いつもならめぐみの電話に出なくても舞の電話には出てくれるのに。
パートナーの高橋君とやらに責められても黙っていたということは、やはり確信犯なのだろうか。
誰かに陥れられたってことないのかな?


 悠人の件で取材の電話が入り、会社の前にも週刊誌の記者達が集まっている。
めぐみ社長は社員に説明をするために集まってもらった。

 この対応の早さはさすがだね。
連絡が取れないから情報も無く、伝えられることもほとんどないんだけど、社員に迷惑をかけていることを謝罪したいという社長の気持ちはしっかり伝わったよ。


 みなさん責めるどころか、会社がピンチの時に悠人が助けてくれたことをあげて心配し、IWAKURAの結束の強さを見せてくれた(´;ω;`) 有難い。有難いよ。この4年の間、みんなで苦境を乗り越えてきたんだもんね。
わたしゃ風評被害を心配したけれど、取引先のすずかけ工業さんも全く気にせずいつも通りの対応をしてくれた。良かった。信頼関係ができているんだね。


 自宅前にも記者達が張り込んでいるため、舞はデラシネに避難。
外はどしゃぶりの雨。

「お兄ちゃん、どこおるんやろ?ちゃんとごはん食べてるやろか。
誰か助けてくれる人おるんかな・・・
お兄ちゃん、昔から何でも一人でできたから。
誰かに助けてって言えてんねやろか・・・」
「・・・・」貴司(赤楚衛二)
「ごめん。もう閉店やんな」
「ええよ。僕も雨やむまでおるつもりやったし。
「ありがとう。雨・・・やむんやろか?」


 お兄ちゃん、子供時代から家族に気ぃ使っている感じだったもんな。
浩太さん(高橋克典)は仕事で忙しくて、めぐみは身体の弱い舞を常に気にして疲れていた。
甘えちゃダメだって自分で律してきたのかもしれない。
もしかしたら家庭に自分の居場所はないって思っていたのか・・・


 ふらふらと雨の中を濡れながら歩いていた悠人。
ここは・・・柏木公園なのかな?
倒れた悠人を雨が叩き続けていた。

 「雨」が効果的に使われていた回だった。

 どしゃぶりの雨の中、なすすべもなく倒れる悠人。
こんな時でも悠人はひとりで耐えようとする。
こんなに近くにいるのに悠人の声が舞達には届かない。
いつか雨がやんで晴れ間がのぞくように悠人の心が晴れる日もくるのだろうか。

 今回、悠人は一言も話さなかった。
なのに自分がしでかしてしまった事の大きさにおののき、打ちのめされ、自分自身に絶望しているのが伝わってきた。やっぱりすごい人だ。

 「もう帰り。雨が降りそうやで」という親として舞を気遣うめぐみの言葉。

 そして時間を気にする舞へ貴司からの「雨やむまでおるつもりやったし」という言葉。直接的なことは何も言わないけれど、いつだって貴司は相手には気を使わせず労わってくれる。
貴司は「言葉」というものを知ってる。
言葉を使わない方がいい時、言葉でしか伝えられない時。
常に「言葉」と向き合っている人なんだと思う。


 火曜日 第88話

 公園に倒れている悠人を誰が見つけてくれるの〜?と思ったら・・・
まさか久留美父(松尾諭)だったとは。

 酔っぱらいと思ったようだが、雨の中わざわざ声をかけるとは、
そんな行動が自然にできる優しいところがあるって初めて知ったよ。もっと世間相手にやさぐれているのかと思ってた( ̄▽ ̄;)


 自分ちにつれて行って布団に寝かせてくれた。
タイミングよく帰ってきた久留美(山下美月)が、すぐに対応してくれたぞ。

 目が覚めた悠人は迷惑料払って(2万ぐらい?( ̄▽ ̄;) )出て行こうとしたが、連絡を受けためぐみと舞が到着。

「悠人・・・うちに帰ろ」めぐみ
「2人には迷惑かけへん」悠人
何言うてんの!一緒に帰ろ、な?」


 かたくなな態度を崩さない悠人に久留美が喝。

おばちゃんも舞も、悠人さんのことどんだけ心配してたか・・・
その気持ちちょっとは考えてください。
大事な人がしんどい時に何もでけへんのってホンマにつらいんですよ。
支えてくれる家族がいてはるんやから頼ったらええやないですか


 久留美ちゃん、ずっとそんな気持ちで佳晴の面倒みてきたんだね。
お父ちゃんのしんどさを代わることはできないから自分にできることを・・って。
佳晴・・・わざわざ雨の中、回復にいいという(そんなん聞いたことないが)チョコを買ってきてくれた。そういうとこがあるから久留美も見捨てられないんだな。(DV彼氏に尽くす彼女っぽいけど( ̄▽ ̄;) )

 悠人を見た時のめぐみの、安堵、驚き、愛情、心配・・・複雑な気持ちを隠した上でのなんとも言えない表情。
「うちに帰ろ」という声の響き。
望月親子に悪態をつく悠人をビンタかと思ったら耳をぎゅーー!
すべてが抑えてはいたが、子を思う母の思いが伝わってきた。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:40|PermalinkComments(0)

2023年01月27日

「舞いあがれ!」 第17週 大きな夢に向かって 

 月曜日 第77話
 
 2013年8月。あれから4年が過ぎ、舞(福原遥)は営業部のエースとなっていた。

 いや〜自信あふれた説得力のある営業トーク!
お客さんの要望に応えられる技術があることをわかりやすくはっきり伝える。
そして相手を安心させる笑顔は変わっていない。
舞の4年間の過ごし方が見えるようなオープニングだった。


 IWAKURAの経営も順調。仕事もどんどん増えてきとる。
守りに徹してきためぐみ社長(永作博美)も少しづづ手を広げようと計画している。

 で、かつて辞めてもらった砂川さん達に戻ってもらおうとコンタクトは取ったんだが、今の仕事が順調で来てはもらえんらしい。もちろん梱包も人手不足。あのおばちゃん達に戻って欲しいとお願いしてみたが(一人は戻ってくれた)断わられたんだって〜

 そりゃそうだよね。
みんな一生懸命働く人達だもの。新しい職場でも重宝がられているはず。
でも、そこであきらめないのが舞さ( ̄▽ ̄;)
むしろ障害があると燃えるタイプ。


 おばちゃん達二人、入江さんと西口さん、舞の説得を受け入れ戻ってきてくれた!

 ホンマに有難いなぁ。
そしてIWAKURAがいい波に乗っているのを感じる。
活気が溢れ、みんな生き生きと働いている。
浩太さん(高橋克典)が元気だった頃のように。

 山田(大浦千佳)と舞が、すっかり仲のいい同僚として、お互いを気遣いながら働いているのがなんか嬉しかったよ。4年の間に培ってきたものがあるんだろうね。
そして山田、きれいになった気がするのだが〜あれから合コンの勝率はどうだったのか。


 八木のおっちゃん(又吉直樹)から「デラシネ」の鍵を預かった貴司(赤楚衛二)は古本屋をやりながら短歌の創作に励んでおり、短歌界の芥川賞と言われている「長山短歌賞」に応募しようとしていた。で、応募作品を選ぶのを舞に手伝ってもらっております。

 二人の四年間も伝わってきた。
こんなふうに舞が仕事終わりに「デラシネ」に寄って、貴司とおしゃべりしたり、短歌見せてもらったり、時には晩御飯一緒に食べたり。

 貴司にとっても充実した4年間だったみたいだね。
表情に大人のゆとりがあるというか、大吉先生も驚いていたけど色気がにじみ出ております(笑
そして舞を見つめる目が優しい!


 舞は社長に「航空機産業参入支援セミナー」へ行こうと提案。
航空機の部品作りたいという会社が集まるそうな。

 社長は「まだ無理や」と応えたが、ここでも舞は磨き上げた営業トークで説得。
品質保証のために必要な「JIS Q 9100」とかについても勉強を初めていた。

「お父ちゃんの夢やからな。気持ちも分かる。
そやけどな、やっぱりリスクが大きいんちゃうか?」社長
「山の頂上。お父ちゃんが言うてた。
一歩ずつ登っていったら、いつかは山の頂上にたどりつけるって。
お母ちゃん、IWAKURAにとっての山の頂上は、
航空機の部品、作ることやないの?
技術磨いて、工場大きくして・・・

私、どないしてもお父ちゃんの夢かなえたい。
航空機の部品、絶対作りたい。
お母ちゃん、一緒に行こう。一緒に山の頂上目指そ
」舞
「・・・分かった」


 力強く夢を語る舞の姿とお父ちゃんが重なって、心動かされたふうの社長やったが・・
取り合えず一緒に行くだけだと思うぞ。
だって、今の舞には何を言っても聞きゃーしないと思われ・・・( ̄▽ ̄;)

 まだ4年しか経ってないんだも、そんな新しいこと始めるの私は反対!
山の頂上て・・いきなりエベレスト目指すのは無謀やで。
自分の思いだけで突っ走るのはお父ちゃんと似ている。
やっと経営が安定してきたのに、ここで冒険することを、しかも設備投資やらなんやら大がかりになるチャレンジを社員たちが望むだろうか。
IWAKURAが傾いたのは浩太さんが夢に拘って工場広げたからでは?
取り合えず落ち着け!




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:17|PermalinkComments(0)

2023年01月20日

「舞いあがれ!」 第16週 母と私の挑戦 

 月曜日 第72話

 社長になっためぐみ(永作博美)は社員達に人員整理の結果、信金さんに融資の返済期限を延長してもらえたことを報告。しかしその期限は半年と短い。経営立て直しのために営業に力を入れる、そのために藤沢君(元からいる営業)と娘の舞(福原遥)と新規事業獲得に励むと伝えた。

 みなさんの反応の冷たいこと・・・
舞がパイロット内定を辞退したと覚悟と熱意を見せても、戸惑いと不安しか返ってこない。
ネジのことなんも知らんお嬢さんが入ったところで泥舟感は高まるばかり。それに舞の落ち着いた佇まいが非常事態なのにって逆に腹立つのかもしれんなぁ・・


 そして藤沢君(榎田貴斗)だよ。
営業先をリストアップしてくれたのはいいけど、ド素人の舞に丸投げ。
営業の基本ぐらい教えてくれてもいいじゃん!
ただがむしゃらに電話かけまくっても仕事獲得に繋がるとは思えん。
直接担当者に会いに行く時も紹介がてら舞を連れて一緒に回ればいいと思うんだが。
無駄な動きをしている暇はないのに、どういうつもり?
舞の味方したら他の従業員さん達に責められると思ってんのかしら。


 そして舞も舞だよ( ̄▽ ̄;)
ネジの知識も納期もわからんのに営業先でどんな話をしようってのさ?


 もちろん電話はスルーされるし、訪問しても堂々と居留守を使われてしまう。
そんな中、会って話を聞いてくれたのは、かつて岩倉螺子製作所が危機の際、特殊ネジの仕事を回してくれた「カワチ鋲螺」の森本さん。しかし仕事には繋がらなかった。

「今まで経営に関わってはれへんかったお母さんが社長になりはったんですわな。
厳しいこと申しますけどな、そない簡単に信用でけへんのですわ。
今、ご自身の会社がどんなレベルの製品やったら引き受けられんのかちゃんと理解してはりますか?未経験者が工場やっていくて、どだい無理な話なんですわ」


 厳しい言葉だが、ごもっとも。
商品のことなんも知らんのに相手を説得できる訳もない。
そして森本さんは忙しい中、わざわざ時間を取って舞に大事なことを教えてくれた。
これも浩太さん(高橋克典)が地道に築いてきた信頼関係があったからだよね。


 舞は笠やんに「ねじの転造と切削のこと」を教えて欲しいと頼んだ。
それを聞いた社員Aは「これからネジのお勉強か」て呆れとった。
ゆっくりかもしれんが舞は一歩一歩進もうとしている。

 舞のバイタリティは恐ろしいほど。
ゼロからのスタートでも怯まず挑んでいく。今までと同じように。


 てか、大吉先生は「山田がキーマン」って言ってたけど、どんどん増長する山田の態度が憎らしいったらありゃしない ( ̄▽ ̄;) 華丸さん「そろそろいい子にならないかなぁ」とボヤいとったが、急に善人になるのもアレだし、タイミングが難しいぞ。よっぽどの事がなきゃ減らず口もなくならないだろうしさ。

 舞から内定を辞退して二人で会社を立て直すと聞いたばんば(高畑淳子)はさすがに動揺したみたいだが、舞の前向きな言葉を受け止めてくれた。そして朝陽君(又野暁仁)に友達ができたこと、学校に行けるようになるかもしれないと教えてくれた。

朝陽君前に進んでるやん」舞
およ」ばんば
私も頑張る


 火曜日 第73話

 そして始まった「笠やんのやさしいネジ教室」。
めぐみも加わり、そして社員の一人・土屋さん(二宮星)も参加。
それを見た社員は今更・・てな感じだったけど、かまっちゃいられんのだわ。

 笠やんにしてみたら初歩の初歩だろうけど、社員が言うところの「素人」にもすごくわかりやすい内容だった!コレ、他の人にも絶対ためになると思うワ〜
新しい発見があるんじゃないかなぁ。

 『ネジが好きですから』と周りに同調することなくネジ講義に参加した土屋さん。いい職人になるだろうなぁ。「好き」って強いよねぇ?
章兄ちゃん(葵揚)を思い出したよ。

 そして相変わらず呆れ顔で通り過ぎる山田(大浦千佳)ではあったが、
舞の動向は常に気になる模様 ( ̄▽ ̄;)
最近舞と二人の場面多くなってきているよね?
やはり山田がキーマンなの?
山田が動けば山も動くのか??



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:02|PermalinkComments(2)

2023年01月13日

「舞いあがれ!」 第15週 決断の時 

 月曜日 第67話

 お父ちゃん(高橋克典)の葬儀は終わったけれど、めぐみ(永作博美)も舞(福原遥)も未だ呆然自失状態。家族同様の梅津家の皆さんも無念さと辛さを抱えとる。

 ばんば(高畑淳子)と一緒に五島からかけつけてくれた貴司(赤楚衛二)の「しばらくこっちにおるから」という言葉が貴司らしくて有難かったよ。

「こがんなことになって・・・こがん辛いことってあるとやろうか・・・
母ちゃん、よう耐えられたねぇ・・」めぐみ
「父ちゃん死んだ時・・・めぐみがおったけん。
まだ中学生で・・・。
めぐみばちゃ〜んと育てんばっちそれだけば考えて夢中で働いとった」ばんば


 改めて知る母の思い。
辛い中での救い。ほんの小さな救いかもしれんけど、心に深く刻まれる。
 
 めぐみさん、一気に老けてしまった。
ここ数日の心労が表われている・・・
今にも倒れそうなのに倒れることもできない。


 そして誰もが気になっている会社のゆくえだよ。
悠人(横山裕)は売るのが一番いい。それも早いうちにと伝えるが、めぐみも舞も、まだそんなことは考えたくもないのだった。

「お父ちゃんは工場売るつもりなかった。立て直すことだけ考えてた。
そのお父ちゃんの気持ち大事にしたいねん」めぐみ
「何か続けられる方法ない?」舞
「親父がおらんようなった今、状況は前より悪なってんねん」悠人
「もう・・ちょっとだけ・・・考えさして」


 苦しみの中で絞り出すように答えためぐみ。
めぐみの気持ちは痛いほどわかる。
でも、悠人の言うとおりだと思う。手を打つなら早い方がいい。誰にとっても。
噂はすぐに広まるから大量の在庫を抱え、IWAKURAは危ないって言われていただろうし、社長が亡くなって責任の所在がはっきりしない会社と取引を継続するだろうか。タイミングを逃すと売ろうとしても買ってもらえなくなる。


 悠人はいつも辛い役を買って出ているように思う。
めぐみを見る時の悲しみ押し隠し決意するような目。
これを言えばどんな思いをさせるのかもわかっている。
でも、この場ではっきり言える知識と判断力があるのは悠人だけなんだもの。
言うしかないさね (´;ω;`)


「悠人や、工場売った方がよかっち思っちょっとね」ばんば
「はい」悠人
「継ぐつもりや、なかとか?」
ないです。俺の仕事は投資やし、この世界で一流になるために努力してきたんです。投資家として冷静に計算して、今、工場を売んのがベストやと判断した。
そんだけです


賢かね。
じゃばってん、人間やバカ力ん出ることもあっとぞ。
向かい風ん強かけんが強くなることもあっとさ

「・・・それ、舞も言うてました」
「まぁ、よく話し合えばよか。邪魔したね」


 去り際がきれい、さすがばんば。
悠人への「賢かね」には貴司への「変人たいね」と同じ温かさを感じた。
批判も誘導もせず、そのままの相手を受け入れる。
受け入れてもらったことで相手は安心してもう一歩進むことができる。
そして家族を信じていること、家族で話し合ったらいいと、大事なことだけは伝える。


 めぐみが会社に復帰するとさっそく信金さんがやって来た。
支店長は悠人が会社を継がないことを確認すると、会社を畳む提案をしたが、今のめぐみには決断できない。それでも責任の所在をはっきりさせる為にめぐみが社長代行としてすべての責任を負うという書類へのサインを求めてきた。

 判子を押す手が震えてズレてしまった・・・
これで莫大な借金をめぐみが背負うことに。恐ろしいことだよ。


 社内でもIWAKURAはどうなるのか不安や憶測の話でもちきり。
そりゃそうなるよね。
そんな中、黙々といつも通りの仕事を続ける笠やん(古舘寛治)はさすがだよ。

 帰宅した舞は下駄箱にあった浩太さんの靴を見つけ、堪らず泣き崩れてしまった。

靴・・あんのに・・・
お父ちゃん、もうおらん・・・


 舞を抱きしめながら涙を流すめぐみさん・・・
その二人の泣き声を二階で悠人も聞いていたやろか。

 いつも自分で靴を磨いていたお父ちゃん。
丁寧に大切に心をこめて磨いていた。
浩太さんの生き方そのもののように。
遺された靴がピカピカなのが余計に悲しかったよ(´;ω;`)ウッ…


 火曜日 第68話

 舞はめぐみを支えたいのに空回りする自分を感じていた。

よ〜く探せば、でくっことやあるはずよ。
ばんばにでくっことや、これたい
」ばんば
「お弁当?」舞
「およ。舞とめぐみの分」
「ありがとう」


 ばんばの確かな生きる力が伝わってくる。
それが気力を失ってしまっためぐみや舞に少しづつ浸透してくる。
ばんばがいてくれて本当に良かった。


 頼りにしていた経理総務課課長の古川さん(中村靖日)が辞め、
追い詰められためぐみは笠やんに相談にのってもらった。
めぐみは浩太さんの願いは会社を続けることだったから、そうしたいが自分に社長は無理だと伝えた。

「社長が先代から工場継いだ時な、俺は無理やと思てんで。
ネジのことな〜んも知らん若いやつがちっちゃい工場どこまで守れんねて・・・
もってせえぜえ1年、2年やろなて。
せやのに社長は2年どころか30年も守り続けて・・・
こないおっきい工場にした。大したもんや。

けどなぁ、そないに頑張れへんかったら社長はまだ元気やったかも分かれへん。
せやよってめぐみさん、無理することあらへんねん。

自分と舞ちゃんのこともよう考えて、な」


 笠やん・・・(´;ω;`)ウッ…ありがとう。
浩太さんが亡くなって、いろいろ言う人もおったやろと思う。
無理して工場広げて会社潰したとか、経営者としてどうかとか・・
でも、苦労も努力もわかっている一緒に頑張ってきた笠やんから認められて、めぐみは心から嬉しかったと思う。報われたんじゃなかろうか。
そしてばんばのように、いつだって相手が負担なく道を選びやすいように、まるで清めてくれているような笠やん。
すばらしい相方と浩太さんは歩んできたんだねぇ・・




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:52|PermalinkComments(0)

2023年01月06日

「舞いあがれ!」 第14週 父の背中 

 水曜日 第64話

 さて、悠人(横山裕)in (株)IWAKURA!
父(高橋克典)が築いた自慢の工場を案内する舞(福原遥)と、おいくら億円になるか品定めする悠人。でも、自分の商品ではないからか、すぐにリサーチ打ち切り。
「うめづ」に移動(豚バラお好み焼きの方が魅力らしい)。

 久しぶりに家族そろって晩餐。舞の作った豚丼を美味しそうに食べるお兄ちゃん・・・だったが・・・悠人が送ったビリケンもどきの話(にゃんとプレミアがついて購入時の10倍の値段がついているそうな)から、工場も売れば?という話になり・・・

 浩太さんにしてみたら、小さな工場を受け継ぎ、社員と苦戦しながら共に成長してきたという思いがある。社員も会社も自分の子供と同じ。
売るという発想にはなれんわな。


 家のことを思うからこそ冷静な判断で提案しとるのにという悠人と、
家族なのに何で自分の思いをわかろうとしないんや?という浩太・・
平行線だわね ( ̄▽ ̄;)


分からん親父やな
お前こそ、何で分かれへんね
「何でみんな損切りでけへんか教えたろか。
自分の失敗認めんのが怖いからや。
そやから親父も現実に向き合って工場売んの考えたらどうや」
「株なんかと一緒にすんな」
話にならん。金にかえられんとか甘いこと言うて、
結局、親父は現実見る勇気ないねん

「お兄ちゃん、やめて」舞
「お父ちゃんの気持ち、考え」めぐみ(永作博美)
はあ?俺が悪いん?心配して言ったってんねん!
いらんお世話や、帰れ!
言われんでも帰るわ!


 決裂・・・
悠人以外は「気持ち」や「こころ」が一番。
それはわかるが、息子の忠告を受け止める度量の広さも欲しいぞ。
今、社長になった浩太に現実を突きつけられるのは笠やんか悠人しかいないんじゃないの?
笠やんは職人だから経営状況まで把握していないだろうし。
気持ちを優先していたら、突然沈没ってことにもなりかねない。
そしたら従業員が再出発するための給料だって払えなくなってしまう。


 せっかく作っためぐみの手料理も誰もほとんど手を付けず・・
タッパーに保存。

 それでも舞の呼び出しには応じる悠人。
舞は工場を立て直す方法を一緒に考えて欲しいと頼むのだが〜〜

断る。
親父が今やらなあかんのは被害を最小限に食い止めることや。
これ以上借金が増えんうちに工場売んのが一番ええ


 例によって浩太側に立ち、一緒に働いている従業員達のためにも工場は売れないと訴える舞だったが・・・

「(工場で梱包の仕事しているのは)お前の自己満足やろ。
お前、来年にはパイロットになって家出ていくんやろ。
その後、工場がどうなんのか考えたことあんのか?
お前がやってることはその場しのぎの親切やねん。
どうせ手ぇ離すんやったら、はなから助けん方がええ。
無責任やぞ


 悠人は飼うことができない捨て犬に餌をあげるのは逆に残酷だし無責任だと考える。舞はそれでも目の前の捨て犬に餌をあげずにいられない。
妙な例えになっちゃったけど、どちらも優しいんだよね。
舞の優しさの方が伝わりやすいけど、悠人の優しさには痛みも含まれている。
そしてわかってはもらえないことの方が多い。
(「わかる奴だけわかればいい(@「あまちゃん」)」的な?)

でも悠人は舞が苦しむことも考えて言っていると思うぞ。

 どうしたもんだか・・・
柏木学生(もう学生じゃねぇし!)( 目黒蓮)に相談する舞なのでした。

 いや〜腐っても彼氏?ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
もう柏木の存在をすっかり忘れていたよ。
さて、柏木は舞になんとアドバイスするのでしょうか〜?


 木曜日 第65話

 う〜む・・・σ(´-ε-`) 柏木よぉ・・・
舞は「何かあったのか?」って電話で聞かれて「そうなのさ〜!家がとんでもないことになってさ、お兄ちゃんにはキッツイこと言われるし、もうどうすりゃいいんだか」って洪水のように話し始める私とは違うのよ。
遠慮しているわーーー
黙ってそばに居てくれたら話す気にもなるんだろうけど〜
知らないとはいえ「パイロットにはなるんだよな?」は言葉のチョイス間違えたのでは?昔の柏木っぽいけどさ。


 さて、経理総務課課長の古川さん(中村靖日)から浩太に再度のリストラ要請アリ。
太陽光発電のデカい仕事が決まりそうだけど、それだけで何とかなる状況ではない。
しかし浩太の答えはNO。

「これ以上、従業員は切られへんね」

 古川さんだって同僚を減らしたい訳じゃない。
苦渋の末の進言よ。
なのに、それを再考すらしてもらえないんじゃ古川さんにも愛想尽かされるかもよ。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:16|PermalinkComments(2)

2022年12月28日

「舞いあがれ!」 第13週 向かい風の中で 

 月曜日 第61話

 お父ちゃん(高橋克典)が救急車で運ばれたとの報を受け、あわてて島を出発した舞(福原遥)・・・

 こんな時なのにちゃんと朝陽君(又野暁仁)に挨拶していくのが舞らしい。
朝陽君も名残惜しそうだった。
貴司(赤楚衛二)が居てくれて良かったよ。突然、二人ともいなくなったら、せっかく馴染んできた朝陽君も不安になるもんなぁ。


 病院に駆けつけると、意外とお父ちゃんは元気そうだった。
胃潰瘍とのことで1週間の入院らしい。

 浩太が普段している仕事はめぐみ(永作博美)がやってるのかな?
笠やん(古舘寛治)は現場を仕切るのに忙しいだろうし。
経理の古川さん(中村靖日)はそんなタイプじゃないしな〜


 舞からの報告を受けたばんば(高畑淳子)もホッ・・・
朝陽君は貴司と仲良く星を見ているそうな。

 電話を受けているばんばの後ろで美知留さん(辻本みず希)が台所仕事しながら、心配そうに見ていた。この家の、島の家族になってきているのが伺える描写。こういうのがあるとないとじゃ大違いだよ〜

 ここに至ってめぐみも舞に会社の窮状で浩太が奮闘し心身ともに疲労してしまったことを伝えたさ。やっぱり新工場の借金がキテいる模様。従業員の給料も、もう何ヶ月も家の貯金から出しているらしい。

 いや〜〜〜(ll゚д゚) それはもうかなりヤバい状態では・・・
会社のお金だけで回らなくなったら、もう坂道を転げ落ちる的な・・・


 浩太の留守の間もなんとか変わりなく稼働しているIWAKURA。
しかし、章兄ちゃん(葵揚)の様子がおかしい・・・

 もしや転職とか他の会社へ移ろうと考えている?
小さな工場の頃から支えてくれていた、今は「圧造部門」の主任。
そんな〜〜章兄ちゃん〜〜

 でも、3人目の子供産まれるって言うてたしなぁ・・・
責めることはできないが、これは痛い。痛いぞ。
まさか笠やんまでいなくなったりしないよね〜〜


 体調も大分戻り、舞と一緒に夢を語り合う浩太さん・・・

「飛行機の部品も作れる大きい工場建てたいてずっと思てて、やっとその入り口に立てたとこなんや。今は、きついけどな、ここを乗り越えたらグッと夢に近づけるわ。
舞かて大変な訓練乗り越えてパイロットの夢に近づいたんやろ。
それとおんなじや」


 夢を持つことはすばらしい。
その夢に向かって突き進むのも勇気のある立派なことだ。
でも、リーマンショックのせいで何もかもが変わってしまった。
どんなに乗務員の能力が高くても嵐の中では飛行できん。
ここはひとつ、手堅い部分だけ残して、後は思い切って撤退も・・あるのでは・・
会社が無くなってしまったら元も子もないからなぁ・・
浩太さんの体調もアレだしさ〜
大勢の従業員の生活背負っているから、方向転換も難しいのかもしれんが・・


 さて、悠人(横山裕)が病室に現れた。
(仕事(リサーチ)メインでお見舞いは、ついで ( ̄▽ ̄;))

「確実に成長する会社探しに来てんねん。
お客さんのお金預かって有望な会社に投資してお金増やすんが俺の仕事やからな。
うちは徹底した調査と分析が売りでな。
もうけるタイミングを見逃せへん。
リーマンショックも俺にとったら、絶好の稼ぎ時やったわ

「悠人・・・みんなしんどい思いしてんのに、
お前・・その言い方はあれへんやろが・・」浩太
「そら、ここらの町工場は痛い目見てるやろな。
まぁでも、ちゃんとしてるところは生き残るし、そうやないところは潰れる。
そんだけの話やろ


 容赦ないもの言いに磨きがかかったような (~_~;)
なんでここまで浩太に手厳しい?
そして天狗なのか?
「♬ 上りきったら〜あとは下り坂〜♬」(by 水原 範朝 「下り坂」@「王様のレストラン」)だぞ!
舞も浩太も唖然呆然・・・
てか、悠人の仕事の内容、初めてわかったワ ( ̄▽ ̄;)


 それでも頼れるのは兄だけ。
舞は会社の状況を話して助けてくれるよう頼んだ。

 でも、あんまり聞いちゃいないみたい。
そんなショボいネジ工場再生なんか俺の仕事じゃないってか?
浩太さん退院決まったが不安しかない。


 火曜日 第62話

 職場に復帰した浩太に経理総務課課長の古川さん(中村靖日)が本気の再建計画を銀行に示すためにリストラの申し入れ。それだけは避けたい浩太だったが、もはや迷う余地はない。
まず選ばれたのは商品こん包のパートのおばちゃん達3人。抜けた穴は舞がやりたいと申し出た。

 そんなやり取りがありまして・・・父と工場を見て回る舞。
社長としての父の姿が誇らしげな舞。

 いや〜こんな大変な状況なのに娘を楽しそうに案内しているとこ見ると、従業員イラッとくるんでない?( ̄▽ ̄;)

 舞が引き継ぐことになる仕事を、そのパートのおばちゃん達に教わるのだが〜〜
不良品を弾いて、200個梱包するという作業をまずやらせてみるおばちゃん達。

 もうリストラすることは伝えられているようで、険しい表情で舞の動作を監視する三婆。案の定、舞は傷の付いたネジに気づかすに梱包してしまった。

ちっちゃ〜い傷やけど機械の選別では見つけられへんかった傷や。
これを見逃せへんことがIWAKURAの品質を守ってんねん

「はい。すいません」舞
「こないなお嬢ちゃんにうちらの後釜が務まんねやろか?」
「素人でもできる仕事や思われてるから真っ先に切られんねやろ」
「うちらがどないな思いで働いてきたかも知らんと」


 最初っからできる訳ないけど、舞のゆるふわニット、結わえてもいないロングヘアにヒヤヒヤしたよ。梱包なら簡単だから自分にもできると思っているのがおばちゃん達にも伝わってしまった。働くことの厳しさを舞も実感したんじゃないのかな。

 浩太は信金の人に三名リストラしたことを伝えたが、IWAKURAの現状を認識しているとは判断されなかった。リストラの人数を増やすとか工場の機械を売るとか、もっと抜本的な改善策を示さなければ返済の猶予は認めないと宣告されてしまった。

 浩太としては苦渋の決断でパートさんに辞めてもらったから、これ以上どうせいゆうねん!という気持ちかもしれんが、私が銀行側でも、なにぬるいこと言うてんじゃ!ってなると思うぞ(わたしゃ晴れの日にも雨の日にも傘を貸さない業突く張りだよ)。生きるか死ぬか、もうそこまで来てるんじゃないの?

 工場では、まだ笠やんが働いていた。
「うめづ」で信金から言われたことを伝え、ボヤく浩太さん。

「機械売るっちゅうことはやで、夢を売るっちゅうことやろ。
いろんな新しいもん作る夢・・・」浩太
売ったらええがな。
あんたが工場継いだ時、あんな立派な機械なかったやんか。
亡くなったおやじさんと違て、アンタ、経営も下手くそでなぁ。
愛想尽かした従業員が1人減り2人減り・・・
結局、ちっちゃい工場で俺と二人っきりで働いたやんか。

俺はな、あの頃も悪なかったと思うで。
機械は売ったかてかまへん。
あのちっちゃい工場にかて、でっかい夢があったんやから


 笠やん・・・(´;ω;`)ウッ…
そうだね、場所じゃないよね。心意気だよ。そして確かな技術だよ。
経営者と職人とでは求めるもんが違うかもしれんが、納得できるいいもんを作りたいという思いは同じ。腕と情熱があれば、お客さんの細かいニーズに対応できる。IWAKURAは、そうやって成長してきたんじゃんか。職人として何度も窮状を乗り越えてきた笠やんの力強い言葉が沁みたよ。


 おばちゃん達が辞める日、心から頭を下げる浩太、感謝の思いを伝えるめぐみ。

お嬢ちゃん、これだけは覚えとき。
商品こん包の仕事は最後のとりでや。
私らが不良品一個ほこり一個でも見逃したら
そのまま、お客さんとこへ届いてしまう。
ここのネジは、ええネジなんや。
職人さんらが心込めて作っててな。
そのネジを、たった一個の不良品のせいで台なしにはでけへん。
そう思てこれまで気張って働いてきたんや。
社長、頼むで。この工場潰さんといてな


「はい。必ず立て直します。
その時は、またお願いします」浩太


 おばちゃん・・そんな思いで働いてくれていたんだね (´;ω;`)
三婆なんて言ってスマンかった。心から謝罪するよ。
職人さん達への厚い信頼、会社の商品への強い愛情、それを自分たちが守るという誇りとともに働いている、こんなすばらしい従業員に辞めてもらわねばならんとは・・・辛い。辛すぎるよ。

 浩太よ、このおばちゃん達の無念さと最後の希望に応えるためにも、もうなりふりかまっている場合じゃないよ。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:58|PermalinkComments(0)

2022年11月18日

「舞いあがれ!」 第7週 パイロットになりたい!

 月曜日 第31話

 舞(福原遥)の「大事な話」に驚くめぐみ(永作博美)と浩太(高橋克典)。
さらに航空大学を受験し、合格すれば、大学を中退し、この春から通うために勉強を始め、資金も貯めていると聞き、唖然・・・

「あんた、ずっと飛行機作りたい言うてきたやん。
お父ちゃんも楽しみにしてんねんで。
お父ちゃんが作った部品を舞が作る飛行機に載せるんやって。
もう少しやなぁて・・・
親の勝手な期待かも分かれへんけど、
舞は子供の頃から手先が器用で工作好きやったやろ。
飛行機作りたいいう夢聞いた時、舞に向いてる、ええ仕事やなぁと思てな。
ずっと応援してきた。
せやから大学はちゃんと卒業してほしい。それまでに考えたらええやん。
一回人力飛行機で飛んだだけやろ。そやのに・・・」めぐみ


「一回だけでも分かる。
お母ちゃんだって、お父ちゃんと出会って大学中退したんやろ。
その気持ちに間違いなかったんやないの?
お母ちゃんが反対なんは分かった。
けど諦めることはでけへん」舞


 ありゃーーーその事とこの事は違・・・・・違わない・・か?
でも自分が中退したからこそ、卒業して欲しいという思いがあるんじゃないの?
浩太さんと一緒になったことはもちろん後悔なんてしていないだろうけど、生活していたら、あの時勉強しておけば良かったという思いは誰もが抱く後悔だと思う。

 それに模型飛行機に乗った時の初めての感動に引きずられているだけなのかもしれない・・とも思うよなぁ。
スワン号とお客さんを乗せて飛ぶ旅客機のパイロットは違うだろうし。


 「ノーサイド」に逃げ込んだ舞だったが、ママから久留美(山下美月)と共に親の思いを諭され帰宅・・・
そこに悠人(横山裕)から電話が。

 例によってかわいい妹をおちょくる兄だったが、舞からめぐみに放った言葉の後悔を聞くと驚いとった。

「びっくりしたやろな。
舞がそんなことを主張するん初めてやろ。
遅れてきた反抗期、どこまで続くか見ものやな」


 反抗期というか、自立の時期なのかな。
子供ならいつか親と闘う時が来る。闘うことでしか得られない自分というのもあると思う。闘わず諦めると一生引きずってしまう(私だよ!あの頃は闘う気力も無かったのよ〜 ( ̄▽ ̄;))。


 めぐみ達も舞の言動に驚き戸惑ってはいたが、怒って反対している訳じゃない。
まだまだ男社会と思われるパイロットの世界、そんな所で苦労し傷つく娘を心配していたのさ〜。

「舞にできるやろか・・」めぐみ
「う〜ん・・・」浩太
「大変な仕事なんやろねぇ」
「いや、そらそやろ。
大勢の命預かって飛ばなあかんねから」
「舞は、そんなまだ人のいてへん道をがむしゃらに切り開いていくタイプやあれへん。頑張ってパイロットになれたとしても、そのあとしんどい思いすんのとちゃうやろか・・・」


 苦労は買ってでもしろと昔から言われているが、親としては、ほどよい苦労はさせてもいいが、命懸けのしんどい思いはさせたくないゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
航空大学に入れても、そこで挫折したら舞はどうしたらいいのか・・・


 そんな話をしていたら、「うめづ」のおばちゃん(くわばたりえ)が泣きながら飛び込んできた。

どないしよ!貴司が・・・貴司が!

 どうした?貴司。
3日も家に戻らず連絡もない言うてたもんなぁ・・・
耐えられず、心が求めるどっかへ呼ばれていったのかなぁ・・・


 火曜日 第32話

 なんと貴司は3日前に会社に退職届を出していたことが判明。
心配に堪らなくなった雪乃さん(くわばたりえ)が会社に電話して発覚。
携帯も繋がらないし、そりゃ取り乱すのも当然さ。
それを聞いた舞と久留美も心当たりを探しまわり、「デラシネ」が閉店したことを初めて知った。

 雪乃さんが会社に行って貴司のことを聞いてきたが、前の日まで普通に働いていたということ以外なにもわからなかった。事故に巻き込まれた可能性もあるため、居ても立っても居られず警察に届けるという雪乃さんを、そんな事したら帰りづらくなると止める勝さん(山口智充)。

 突然のことに何も気づかなかった自分を責める舞たち・・・
貴司はサインを出していたと勝さんを責める雪乃さんの声が胸に響く。

「ちゃう・・・
私、何も知らんかったんやない・・・
貴司君、何か変やなって心のどっかで気ぃ付いてた。
そやのに、自分のことで頭いっぱいで・・・」舞


 そこに着信を見た貴司から電話がかかってきた!
なんと今、五島におるそうな。

「舞ちゃんからうちのおかんに言うてくれへん?
ちゃんと生きてるから心配せんといてて」貴司
「そんなん自分で言うた方がええ。心配してはるから」舞
「今は話できへん。
・・・もう限界なんよ。
せやから舞ちゃんから伝えてほしい」
「分かった。けど教えて。五島にしばらくおんの?」
「分かれへん。
けど見てみたかった景色があんねん。絵葉書の・・・」

 それだけ言って切れたしまった。

 そういえば、小学生の頃、舞が五島から送った絵葉書、
いつまでも見てたもんなぁ・・
そこは舞がいるなにやら遥かかなたの美しい場所。
舞が帰ってきてからは、舞を元気にしてくれた不思議な場所。

 いつしか貴司君の中で行ってみたい特別な場所、「デラシネ」と同じように、そこに行けば救われるかもしれないと思える場所になっていたんだろうか。
なんだかわかるような気がする。心がそこを求めている。なにもかも無くしたと思った時呼ばれる景色というのがあると思う。


 てか貴司、ばぁばの所へ行きんさい!
そして受け止めてもらいなさい。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:56|PermalinkComments(0)

2022年11月04日

「舞いあがれ!」 第5週 空を飛びたい!

 月曜日 第21話

 舞(福原遥)は鶴田先輩(足立英)に自分の決意を伝えましたぞ。
すると鶴田は由良先輩(吉谷彩子)が使っていたマシーンに座らせ、彼女と同じ負荷ワット数でこがせた。
必死で漕ぐがペースは落ちるし3分が限度だった。

「由良は琵琶湖の上を210ワットで1時間半こぐつもりやった。
由良を見てて大変そうやなって思ったんやったら、
岩倉にとってはもっともっと大変なんや」鶴田
「はい」舞
「分かったんやったら、ええ」
「けど・・・大変やからこそ挑戦したいんです。
みんなで作ったスワン号私が飛ばしたいんです

「・・・ちょっと時間くれるか」


 そりゃそうだよね。
いくら舞の本気がわかっても、あいよ!と受け入れられるはずもない。
ケガをさせるかもしれないし、なにより身体をつくる時間が短すぎる。
でも、舞が並々ならぬ決心で来ていることは、その目を見てわかったはずや。


 舞はもう走りだしている。
訓練の為、高額なロードバイク購入(128,000円!久留美(山下美月)が値切ってくれたナリ)。
飛べる身体作りのための食事制限も開始。

 めぐみ(永作博美)にも自分の思いを伝えた。

「お母ちゃん、私、人力飛行機のパイロットやりたいねん。
これがスワン号、きれいやろ?
私な、パイロットの由良先輩のことかっこええな思て勝手に憧れてた。
そやけど憧れるだけやなくて自分でやってみたい」
「・・・・そうなん」
「うん」
「・・・分かった
「ええの?」


 黙って舞の話を聞き、笑顔でうなづいてくれためぐみ。
めぐみの中ではすごい葛藤があったと思う。
先輩が骨折して入院したって聞いたばかりだし心配しかない、なんでうちの子がそんな役を引き受けなきゃなんないの?って思うよね。でも、チャレンジする娘を応援したいという気持ちが勝った。自分で決めてチャレンジする度に悩みながらも成長してきた娘を見てきたから。親って最終的には子供を信じるしかないよね ( ̄▽ ̄;)


 さて、鶴田は舞がパイロットに立候補してきたことを由良に報告。
しかし、彼は記録更新のためには自転車部に当たろうと思っていた。

いや、記録を狙えるとしたら、それは岩倉です。
スワン号作った仲間の思いを知らん人には記録は出されへんと思います


 よくぞ言っておくれだね、由良先輩!
精神論で引っ張るのは危険だけど、技術だけじゃない、全力で頑張っても力尽きそうになった時踏ん張れるのは、みんなの思いを力にして飛びたいという強い気持ち。


 という訳で、鶴田が(残っている)部員の前で舞がパイロットを務めることを発表、なんとか受け入れてもらえたぞ。

 最初、戸惑いと疑問の空気が流れる中、すぐに賛成の声をあげてくれたのが空さん(新名基浩)だった。職人肌の空さん、舞の仕事ぶりや人柄を見て、この子になら賭けられると思ってくれたんだよね。嬉しいよぅ・・・

 あとは刈谷先輩(高杉真宙)が戻って来てくれれば・・・
しかし、パイロットになるという舞の報告を全否定するのでした。



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:48|PermalinkComments(0)

2022年10月28日

「舞いあがれ!」 第4週 翼にかける青春

 月曜日 第16話

 さて、10年の時が流れ、あのかわいかった舞ちゃん(浅田芭路)は18歳。
舞(福原遥)と、そして同じ時代を生きているみなさんの現状を確認してみましょう。

 岩倉舞・・・浪速大学で航空工学を学ぶ一年生。入学式で人力飛行機サークル「なにわバードマン」に見学に行き、翼を壊してしまい、謝罪に行ったのがきっかけで入部。琵琶湖で行われるイカロスコンテスト出場を目指しスワン号制作に励んでいるが、新米なので翼を支える骨リブの型紙作りを頑張っております。部費と活動費を捻出するために久留美と同じカフェでバイトを始めたぞ。

 ちゃんと謝りに行き、「自分にできることをやらせて欲しい」と頼んだ舞。健やかで素直な心がそのまま育っているのを見て、おばちゃん嬉しかったよぅ。由良先輩(吉谷彩子)にすげなく拒絶されたけど、舞の「翼(よく)がキレイやったから」という言葉に気づいてくれた先輩が誘ってくれた。最初っから、お!人力飛行機サークルある!入るぞ!てな感じではなく、出会いと入部までの流れに舞の性格が良く現わされていたわ〜

 岩倉浩太(お父ちゃん)(岩倉螺子製作所 社長)(高橋克典)・・・特殊ネジ試作品成功と大量受注を経て、機械も増やし、ネジを材料から作るメーカーに成長させた。特殊ネジの依頼も増え、二つの工場を持つ従業員18名の会社になりました。飛行機の部品を作りジェット機に載せるという夢を持っている。会社のイメージアップを図るためにCI(コーポレート アイデンティティー)に目覚め、HPやスローガン作りに燃えている。その過程で東大阪で作るという人工衛星のことを知り、悠人のナメた発言を受け発奮し、人工衛星製造の説明会に参加する。

 お父ちゃんのエネルギッシュな働きぶりから、この10年の努力と成果の実りが伝わってくる。良かった〜ネジ工場あるあるにならなくてゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ そして同じ夢を持つ舞と過ごすちょっとした時間に喜びを感じているのもわかるわ〜チャレンジすることを恐れない熱い男健在!まだまだガンガンいくで〜!

 岩倉めぐみ(お母ちゃん)(永作博美)・・・岩倉螺子製作所の総務兼経理として会社とお父ちゃんを支えている。相変わらず忙しそうやけど自信と貫禄が伝わってくる。

 岩倉悠人(お兄ちゃん)(横山裕)・・・希望を成し遂げ地元の名門中学・高校を出て東大に進んだが、町内でも有名な岩倉家の問題児となっとる。連絡が取れないため就職活動がうまくいってないのでは?と家族に心配をかけたが、(多分)一流どころのIMORI電機から内定をもらっていた。が、そこは3年で辞めて投資家になる計画を持っている。大学3年の間に株で2千万稼いだので、今後3年で10倍に増やすつもりだそうな。夢は「指一本動かすだけで億稼げる人間になる」。「うめづ」の豚玉お好み焼きが大好物。

 お兄ちゃん、いつのまに銭ゲバになってもうたん?何かをするためにお金を稼ぐというのではなく、お金を増やすこと自体がおもしろくなっている感じ。現在2004年。お兄ちゃんが大損して借金作って行方不明のホームレスになってしまわないことを願います・・・

 望月久留美(山下美月)・・・「絶対ええ看護師さんになる」と強い決意を持つ看護専門学校一年生。お父ちゃん(松尾諭)の仕事が続かないせいか、生活費を稼ぐためにカフェでアルバイトをしている。

 梅津貴司(赤楚衛二)・・・高校卒業後、コンピューター相手の方が仕事が楽やと勘違いしシステムエンジニアの職に就いた。でも想像以上にハードで残業も多いみたい。相変わらず「デラシネ」に入り浸っている。詩の創作の時間を大切にしている。

「働いてたら本読みたいなとか、詩ぃ書きたいなぁとか、前よりずっと思うねん。
自分の好きなもんがはっきり見えてきて夢に近づいてる気ぃするんや」


 心が詩を書くことを求めているんだね。あの頃と同じ。いや、もっとその思いが強くなってきている。生活すべてが創作に結びついていくんだろうね。

 「デラシネ」のおっちゃん(又吉直樹)・・・相変わらず(笑)。誰が居ても気にしない。故にいまだに舞たちの秘密基地となっている。

 火曜日 第17話

 スワン号完成に向け一致団結する「なにわバードマン」に悲報が!
なんと、「イカロスコンテスト」出場のための書類審査で落ちてしまったのさ〜!!

 ショッキング〜!みんなこの大会のために頑張ってきたのに。
わざわざ留年した先輩までいるのに。どうすりゃいいのさ。
わたしゃ、希望すれば誰でも出られると思っていたよ。
そもそも人力飛行機製造人口自体少ないと思ってた・・・
そんなに厳しい世界だったとは・・・無知な私を許して欲しい・・




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:19|PermalinkComments(0)

2022年10月21日

「舞いあがれ!」 第3週 がんばれ!お父ちゃん

 月曜日 第11話
 
 大阪に戻った舞(浅田芭路)の新しい生活が始まりました。
てか、舞が留守にしている間に岩倉家もかなり変わったよ。
お父ちゃん(高橋克典)やお兄ちゃん(海老塚幸穏)が料理を作ってくれたり、食事の準備をしたり、そこに舞のお手伝いも加わって、めぐみ(永作博美)の負担が少しは減りそうな予感。家族一致団結ゆう感じやな。

 そして舞は、初めて父も飛行機が大好きで、夢を叶えて飛行機を作る会社で働いていたことを知った。江戸時代に飛行機の構想を持っていた発明家の本も見せてくれたで。

 学校での舞は体育の授業にも参加し、堂々と跳び箱も飛んでみんなをびっくりさせとる。明るく積極的になった舞は注目の的。しかし、久留美(大野さき)がクラスのみんなから仲間外れにされている事を知りショックを受ける。うさぎのスミちゃんが死んでしまった事で「ウサギ殺し」呼ばわりされていたのさ〜

 なんてことだ。
そんなの子供の飼育係が全部背負うことじゃないでしょうよ〜
先生は知っとんのか?


 翌日、学校を休んだ久留美に会いに行った舞は、ウサギは飼い主に具合が悪いことを隠そうとするし、急に死んでしまうことがあると教えた(本で調べたらしい)。
そやから、望月さんのせえやない

 伝えられた〜!すごいじゃん!
舞は日々成長している。
チャレンジすることを楽しんですらいる。
それにめぐみに思っていることを言葉にして伝え、相談することもできるようになった。


 って、久留美ちゃんのお父さん、松尾諭さん!
なんか最近、逆に仲野太賀さんに似てきたような気がするんだが(笑
久留美ちゃん、「うちのお父ちゃん、かっこええんやで」と言っていたけど、もしかして今は働いてないのかな。昔ラグビーの選手やっていてケガして会社辞めたということだが・・・学校休んだけど久留美ちゃんは具合悪くなさそうだし・・なんか事情ありそう。

 でも勇気を出したことで友達として、さらに一歩近づけたみたい。
久留美とは長い付き合いになりそうだね(HPにも載っているしゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ)


 火曜日 第12話

 お父ちゃんの工場大ピンチ!
納品したネジに不良品が混じっていたという事で取引停止を言い渡されたのさ〜
それまでにも寝る間を惜しんで働いており、舞と約束した遊園地にも行けず、グライダーを作る約束も果たせず・・疲れ切っているお父ちゃんが心配よ〜

 そもそも、お父ちゃんのお父ちゃんが亡くなって、工場を継ぐことになり、飛行機の会社を辞めたそうな。

「いつか飛行機の部品作りたいねん。
それが僕の新しい夢」


 そう、ヤングめぐみに語っていたヤングふう克典・・・
でも工場経営に追われ、夢どころではなくなっていったんだろうなぁ。

 舞は父と一緒にグライダーを作る為の本を探そうと貴司(齋藤絢永)と近所の古本屋へ。
気難しい店主のおっちゃん(又吉直樹)(昔は立ち読みしてたら、よくはたきで追い払われたよね(笑)肩たたかれて「買ってからね 」とか言われたもんだよ)が選んでくれた本に夢中。そして貴司は、そのおっちゃんが書いた詩集に心打たれていた。

 貴司、感性が豊かなんだね。
詩を理解し、その「寂しくてきれい」な景色を見ている。
小さくてもちゃんと自分の世界を持っている。
自分の感性を理解し認めてくれたおっちゃんと出会えて貴司も嬉しかったんじゃないかな。
すっかりおっちゃんに気に入られた二人(笑
これから、ここ「デラシネ」が二人の秘密基地になりそう。


 いろいろな事が重なって疲れ切っているお父ちゃん・・
舞はそんな父を元気にしたい!と飛行機を作りを始めましたぞ。
舞の思いを乗せて飛んでくれるかしら。

 ばらもん凧に段ボールの翼をつけて、なんとか空を飛べるように工夫した舞。
自分で考えて、行動し、失敗してもまた別の方法でチャレンジ。
舞という女の子の心が楽しく健やかに跳ね始めています。






続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:36|PermalinkComments(2)

2022年10月15日

「舞いあがれ!」 第2週 ばらもん凧(だこ)、あがれ!


 五島での祥子さん(高畑惇子)と舞(浅田芭路)の生活が始まり、「自分のことは自分でやる」というルールの元、様々なことにチャレンジする舞。

 祥子さんがね〜本当〜に温かく舞のことを見守ってくれていてさ〜
舞が興味を持ったことは優しく背中をおして、何でもやらせてくれる。
舞が自分で感じ、考える力を育てようと、寄り添っていてくれる。
舞も最初の頃は、まだビクビクして、失敗で自分を責めたりしたけれど、


できんことは、次できるようになればよか。
そっでな、できんなら、できることば探せばよかとぞ


 祥子さんの言葉が舞の素直な心に沁み込み、勇気を与えてくれる。
五島の美しい自然と太陽の光の中、むくむくと本来の舞自身が芽を出し、育ってきている。


 徐々に舞が自分の思いを表現できるようになったように、祥子さんとめぐみ(永作博美)も、しまい込んでいた思いを口にできるようになった。

 「めぐみ丸」と名付けた船に乗っているおばあちゃんとお母ちゃんが、なぜずっと会わずにすごしていたのか尋ねる舞。

「おばあちゃんとお母ちゃんケンカしたん?」
「むか〜しな・・・」
「何で?」
「何でかな・・・うまく言えんね」
「おばあちゃんは、ず〜っと待ってたん?お母ちゃんが帰ってくんの。
それか、お母ちゃんのこと嫌い?」


「・・・嫌いなわけが、なか。
待っとったとよ。めぐみに会いたかった。
舞と悠人の顔ば見たかった。
じゃけん、今、舞と一緒におってうれしか


 過去の恨み言を一切言わず、めぐみ達への思いと今の幸せを伝える祥子さんがしゅてき。
そして舞の前で取り繕うこともなく、まっすぐに向き合っている。
こころのきれいな人だなア。


 そしてめぐみも、舞のことを心配しながらもホッとしている自分がいると浩太(高橋克典)に話していた。

「この頃、14年前のこと、よう思い出すねん」めぐみ

 結婚のことなのかな?大喧嘩になり、なんか売り言葉に買い言葉って感じで啖呵を切って島をでてきためぐみ。

私、あの時、お母ちゃんを見返すことばっかり考えてた。
ちゃんとした妻、ちゃんとした母親になってやるて。

けど五島でお母ちゃん見た時・・・14年前とは違てた。
ちょっとおばあちゃんなってた。当たり前のことやけど。
そしたら、何や肩の力がフッと抜けて・・・」
「・・・分かる気ぃする。
舞預かってくれはったんは、頑張り過ぎてるめぐみを楽にするためかもな」浩太


 めぐみ、弱音を吐けるようになって良かった (´;ω;`)
きっとそんな事すら自分に許さなかったんだろうね。

 会わない時間があると、その相手のイメージが過去のままで止まっているけど、実際はお互い別々の場所で時間が重なっているんだよね。その事にビックリするけど、だからこそ、その現実を前に「今」を見つめることができるのかも。

 毎年まめに年賀状で報告して繋いでいてくれた浩太さん、グッジョブ!




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 10:01|PermalinkComments(2)