模範タクシー最終話

2021年09月03日

「模範タクシー」第16話(最終話)

 さて、オ・チョリョンはあの告白本を出版する気のようです。
面会したチャン代表(キム・ウィソン)は出版を絶対に阻止すると宣言。

『よく聞け。
家族を失った人は胸に爆弾を抱えて生きてるんだ。
私達は爆弾の存在を忘れようと毎日必死だ。
回顧録の出版は誰かの爆弾に火をつける行為だ』
『読まなければいい。止めても無駄ですよ』チョリョン

『この面会を続けてきた理由を?
お前を許すためじゃない。お前を知るためだ。
絶望を味合わせてやるから楽しみにしてなさい』

 決まった!
今までそれほどチャン代表の存在の有難みを感じたことはなかったがゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
今日は違うね。地獄を見た者の凄みを感じたよ。

 そしてお母さんのお墓参りをしたドギ(イ・ジェフン)は改めて復讐を誓ったさ。
母さんを殺した真犯人を絶対に許さない。
必ず死ぬほど後悔させてやる。

母さんは・・・もう何も心配しなくていい。見守ってて』

 まさか自爆覚悟でムショに突っ込む気じゃ・・・
外に出たドギをチャン代表が待っていた。

『人生はアイロニーだ。
復讐をやめた途端、真犯人がわかるとは・・・どうする?』チャン代表
『正直、いい方法がわかりません』ドギ
『殺してもオ・チョリョンを楽にするだけだもんな』
『泣き寝入りするしかないんですか?』

『私も復讐したかった。
その欲望のせいで私がどう変わったか・・君が一番知ってるだろ?
ドギ・・・相手を壊すだけじゃ復讐は完成しない。
どんな時も自分の人生をちゃんと歩んでこそ復讐は完成する


 そうだよね。犯罪者は被害者の人生を壊し不幸になることを望んでいる。
一番の復讐はそんな卑劣な犯罪者の思いどおりにさせず、自分らしく、そして幸せになるために生きること。

『キム・チョルジンさんを忘れるな。
我々はお客様を見捨てない』チャン代表
『・・・・』ドギ
今回の復讐は君と私の依頼でもある
『代表・・・』

私も依頼します!オを許せません』ゴウン(ピョ・イェジン)
俺も』ジノンさん(ぺ・ユラム)
俺も復讐を依頼する』ギョウン(チャン・ヒョクジン)

 みんな・・・(´;ω;`)

『法律を犯すことも、怪我人を出すことも、もうしない。
至らない代表だが、もう一度信じてくれ』チャン代表
『はい』ドギ

 まるで父親のようなチャン代表・・・
そして慈しむように見つめてくれる兄二人、そしてやんちゃな妹。
ここにドギの家族がいるんだね。

 てか、最初っから法律を犯さないスタイルで復讐すりゃ良かったんじゃ?( ̄▽ ̄;)アハハ…
シーズン2はそっちでどうだい?
HPはこちら




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:49|PermalinkComments(0)