木の葉の家

2021年10月22日

きこりのテレビ日記 #58

 10月17日(日曜日)風つよし

 変わりばんこに私を起こしにくる猫たちがモメ始めたので8時半頃起床。
今朝は寒い。気温2度。冬だ・・。ちなみに最高気温は9度。

 秋にストーブの分解掃除に出したのに、なんか調子が悪い。
前は微小にすると炎がボッ!ボッ!と変な燃え方してたけど、今は燃え方を中にしても大にしてもボッ!っていうーーーなんだよーーーおじさん!もう大丈夫ですよって言ってたじゃん!もーーー!でも、今からまた直してもらうと寒くて生活できない。なんとか調節しつつ冬を乗り切るか・・

 『クラシック TV』「今だからショパン」(録画)(Eテレ)

 今も昔も私の嗜好は狭くて浅い。そんな私が好きと言える数少ない作曲家・ショパン。と言っても有名な曲しか知らんけど。ゲストのミッツ・マングローブさんは『ショパンをやたら褒めたたえる世の中の風潮が好きじゃない』と言っていたが(笑)私もその世の中の一人でございます。

 ショパンを知ったのもテレビドラマからよ。
NHKドラマスペシャル「ザ・商社(1980年放送)」。
この中で野心的なピアニストを演じていた夏目雅子さんがテーマ曲のように弾いていたのがショパンの「革命」。その展開にもぴったりと合ったドラマティックで激しい曲調に、なんてカッコいい曲なんだ!とわたしゃ夢中になったよ。ドラマでは山崎努さんの渋いセクスィーさにシビれ、最終回ラストの片岡仁左衛門様(十三代目)の乾いた笑いにノックアウト。
この頃からおじさん好きだったのよね〜(-ω-*)

 だもんで、私がショパンに求めるのは「激しさ」。
さらに重くて弾くのにかなりの技巧が求められるタイプの曲が好き。
情緒的な曲には興味なし。「革命」以外は「幻想即興曲」ぐらい(ゞ( ̄∇ ̄;) それでよく「ショパンが好き」とか言ったな)。とにかくバーン!ダンダンダン!ドローーン!って、ピアノ叩くぐらいの感じがいい(どんな説明( ̄▽ ̄;)アハハ…)

 ミッツさんと清塚さんのピアノ習ってた人あるある実感トークが面白かった。
『ショパンを弾く時大事なのは右手と左手の人格が変わること』清

『(「チェルニー」の30番は)ほんと、いまいましい』ミ
『これをフィルターにどれだけの子供たちがピアノを辞めていったか』清
(って、言った後、ホント嫌そうに背中を丸めて弾いていた(笑)
ピアノ習ってた人のトラウマ曲なんだね)

『(ショパンのは)これが練習曲と言っていいんだろうか』清
『ここまで弾いたら練習いらないじゃんと思う』ミ

『(ショパンの練習曲「黒鍵」は聴いてるだけで頭痛くなる』ミ
ミッツさんは手が大きすぎるのか「黒鍵」弾いてると指がひっかかるんですって。
『指がつるのよ。でも黒鍵ついてる方がおしゃれに聴こえるのよね』

 清塚さんは、ショパンは『指が動くだけじゃピアノはうまくならない。美しい音で歌うように弾けなくては練習になりませんよ』というメッセージを込めて練習曲を創ったって言ってたけど、確かに『別れの曲』も『革命』も練習曲なんだもんね。単調な繰り返しの練習曲とは一線を画しているというか、練習したいと思える曲だよね。
(言っとくけど、私はピアノは一切やったことないよ)
今回も実り多い音楽の授業でした。



 火曜日の女シリーズ『木の葉の家』第5話・6話(最終話)(録画)(スカパー)(AXNミステリー)

 あの義母は本物じゃないと気づいた早苗(星由里子)は子どもと共に漁師のあんちゃんに頼んで島から脱出しようとしたが、その頼みの綱のあんちゃんも殺され、子供も取り上げられ(よしえが面倒をみている)屋敷に閉じ込められたしまった。夫の著作権の関係で屋敷にやってきた新聞社の人もすっかり大塚道子に騙されて帰ってしまった(勘の悪いやっちゃな)。

 なんと、本物の蚊も殺せないような優しい義母(優しい顔の大塚道子さん初めて見た!)は残忍な性格の財産狙いの姉に殺されていた!
そして義母に成りすましていたのさ!韓ドラのような展開!( ̄▽ ̄;)アハハ…
ならばいっそ死んだはずの八郎(竜雷太)も帰ってくるんぢゃ・・・

 てか、箱に入っていたとは言え埋められていた新生児が生きていて、たいした栄養ももらえないのに元気に育っているのがスゴイ!さらに、3話〜5話の間赤ちゃん連れて早苗がしょっちゅう逃げたり隠れたりするのに全く泣かない!謙三(岸田森)に気づかれない!親孝行な子だよ(笑

 5話のラストでは早苗を殺す相談を聞いたよしえが手紙でそのことを知らせ、台所に火を点けるという機転を利かせてくれたおかげで屋敷から逃げた早苗だったが、潮は引かないし船もないから島に隠れるのであった。こんな小さな島ですぐ見つかっちゃうよ・・

 って、ホントに八郎が帰ってきたよ!ヒャーーーーー!
(今更だけど昭和のドラマって韓ドラみたいだねぇ( ̄▽ ̄;)アハハ…大映ドラマならいざしらず)さすがに八郎は自分の母親じゃないって気づいたけど、大塚道子の『お母さんは町の病院に行っていて、早苗は来ていない』という言葉に騙される人の良さ (ノД`;) あ〜ぁ

 しかし、またまたよしえが八郎に早苗のコンパクトを見せて事情を説明してくれた!で、隙を見て屋敷を出た八郎は早苗と再会!良かった良かった。
でも、島から脱出するまでは安心できん!

 さて、全てを聞いた(って、筆談してるふうでもなかったけど、こんな複雑で入り組んだ話すべて手話で伝えたのかしら?)八郎は自分で始末をつけてくると悪魔親子の元へ向かったが、あっちゅーまに捕獲されてしまう。早苗が助けに向かって機会を狙っていたら、支配的な母親に耐えられなくなった謙三と母親がモメ始め、謙三がついに殺っちまうのかと思ったら、刺したのは大塚道子の方だった。自分のしでかした事に驚き息子を抱きしめる大塚道子を見つめ続ける八郎と早苗であった。ジャジャーン!

 すべてが終わって家族三人で島を去ろうとする早苗達の後ろから、捨て犬のようなよしえが歩いてくる。(てか、あんなに自分を助けてくれたよしえちゃんの事、早苗ったら置いていくつもりだったのかしら?( ̄▽ ̄;) 人情紙風船だよ・・)気づいた八郎と早苗は、やっとよしえを手招き。4人笑顔で島を離れるのでした。

 いや〜結構面白かったよ。何かある度にデカい効果音がシャリーーン!って鳴るもんだから、マジで何度も『うわあ!』って声出しちゃったけどさ。一人暮らしだとほぼ無言ですごしているからいい刺激になったかも。主人公だから生き延びるだろ、とは思いつつもヒヤヒヤしたし(心臓が鍛えられた?)、悪い奴等が成敗されて(息子を殺した大塚道子は気がふれてしまったが)、まぁまぁ良かった。この時代はまだ救いのないラストが流行ってなかったのかな。やっぱりハッピーエンドの方が好きだわ。


 10月18日(月曜日) 曇り

 峠では雪が降ったそうな。平地でもそろそろだね。
早いとこ球根植えねば・・・( ̄▽ ̄;)
日曜日に冷え込むから土曜日に植え替えしようと思っていたオリーブの鉢植え(ずっと庭に放置してたもんだから鉢の中でアリの立派な巣王国ができあがっている・・・多数のアリも出入りしとるの目撃。今日見たら、茎に何やらでこぼこが・・なに、コレ?!アリの卵?それとも他の害虫?(´;ω;`) )でも植え替える気力が出ず見ないフリ。これでも園芸好きを名乗っていいのでしょうか?

 今日も帰宅してから韓ドラ『怪物』1話〜8話の好きな場面だけ見てしまった。
幸せ

 10月19日(火曜日)曇り ついに氷点下(−1度)

 放置しているオリーブの木の苗を鉢から出して、アリが吸い付いてる(?)土をはらい落して別の鉢に入れ替えるための土も鉢もゴム手袋(茎と根にいるアリどもを掃うため)も買ってきたのに、外が寒くて作業をする気になれない。南国育ちのオリーブちゃんはもっと寒いよ!と自らを叱咤しても、寒いもんは寒い。オリーブちゃん、許して〜
 
 『アバランチ』第1話(録画)(フジテレビ)

 関テレは相変わらず攻めてるね〜
そこそこ面白かったです。

 謎の組織「アバランチ」・・・
「アバランチ」ってどういう意味よ?とググったら「雪崩」ですと。
警察の監察官みたいなことやってるけど警察じゃないと。「キングスマン」(私設自警団的な?)と「ハングマン」(弊ブログでは、よく引き合いに出されるが、悪人を社会的に抹殺する系)混ぜた感じ?

 今回は内閣官房長官(渡部篤郎)と親しい都市開発企画会社代表(板尾創路)と、その息子(磯村勇斗)の悪事を捜査し、暴露(スタジオで追及し、その様子を全世界に生配信)。捕まえるのが目的ではなく、あくまでも証拠を掴んで告発するだけ。なんかターゲットが小者だったけど、雪崩がほんの小さな刺激から発生し大きな雪崩になっていくように、いずれは、この国の政界のトップや腐った構造そのものを崩壊させるのが目的なんだろうか。まずは小さな穴を空けて、「アバランチ」の存在をアピール?

 アバランチの皆さんの余裕のある戦いっぷりがかっちょいい。ちょっと余裕ありすぎてアクションシーンがもの足りなく感じるほどゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 拉致された所長さん(だっけ?)救出のため組事務所に入った場面、いい長さの廊下だったから「オールドボーイ」みたいに長回しで延々とヤクザを倒していって欲しかったわ〜

 情報提供者の裏切りによって仲間を殺され、自分だけ生き残った羽生(綾野剛)と、その仲間の一人の、多分恋人だった山守(木村佳乃)、自衛隊の特殊工作部隊出身のリナ(高橋メアリージュン)(こういう役がハマってる。野性味があってクールで。待ってました!って感じ)、IT関連担当の牧原(千葉雄大)(かわいい小悪魔的なだけじゃない、こんな千葉ちゃんが見たかった。凄みが潜んでいる笑顔がいいわぁ)、そして所轄刑事だった哲治さん(田中要次)(居ると締まるわぁ)。最高のメンバーじゃないですか〜

 そして、今はアバランチの活動に全面的に賛同できる訳ではないけど様子見している、上司を殴って左遷されてきた西城(福士蒼汰)は、いずれお仲間となるのかしら・・・
羽生は『もう一度信じてみないか?正義の力ってやつをさ』って言ってたけど、きっとそんな単純な話でもなさそう。この手の巨大権力を相手に向かっていく方たちの『正義』って曲者のような気がする。

 そして山守の上にも誰かいるみたいだね。篤郎がいたけど、今回の篤郎は悪い方みたいだから違うか・・・まだ出てきていない人かしら。
来週も見てみます。


 『古見さん、はコミュ症です。』第7話(録画)(NHK総合)

 やっぱり面白い!詳しい記事はこちら

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:10|PermalinkComments(2)

2021年10月21日

「木の葉の家」第5話・6話(最終話)

 あの義母は本物じゃないと気づいた早苗(星由里子)は子どもと共に漁師のあんちゃんに頼んで島から脱出しようとしたが、その頼みの綱のあんちゃんも殺され、子供も取り上げられ(よしえが面倒をみている)屋敷に閉じ込められたしまった。夫の著作権の関係で屋敷にやってきた新聞社の人もすっかり大塚道子に騙されて帰ってしまった(勘の悪いやっちゃな)。

 なんと、本物の蚊も殺せないような優しい義母(優しい顔の大塚道子さん初めて見た!)は残忍な性格の財産狙いの姉に殺されていた!
そして義母に成りすましていたのさ!韓ドラのような展開!( ̄▽ ̄;)アハハ…
ならばいっそ死んだはずの八郎(竜雷太)も帰ってくるんぢゃ・・・

 てか、箱に入っていたとは言え埋められていた新生児が生きていて、たいした栄養ももらえないのに元気に育っているのがスゴイ!さらに、3話〜5話の間赤ちゃん連れて早苗がしょっちゅう逃げたり隠れたりするのに全く泣かない!謙三(岸田森)に気づかれない!親孝行な子だよ(笑

 5話のラストでは早苗を殺す相談を聞いたよしえが手紙でそのことを知らせ、台所に火を点けるという機転を利かせてくれたおかげで屋敷から逃げた早苗だったが、潮は引かないし船もないから島に隠れるのであった。こんな小さな島ですぐ見つかっちゃうよ・・

 って、ホントに八郎が帰ってきたよ!ヒャーーーーー!
(今更だけど昭和のドラマって韓ドラみたいだねぇ( ̄▽ ̄;)アハハ…大映ドラマならいざしらず)さすがに八郎は自分の母親じゃないって気づいたけど、大塚道子の『お母さんは町の病院に行っていて、早苗は来ていない』という言葉に騙される人の良さ (ノД`;) あ〜ぁ

 しかし、またまたよしえが八郎に早苗のコンパクトを見せて事情を説明してくれた!で、隙を見て屋敷を出た八郎は早苗と再会!良かった良かった。
でも、島から脱出するまでは安心できん!





続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:50|PermalinkComments(0)

2021年10月15日

きこりのテレビ日記 #57

 10月14日(木曜日)霧深し

 ミー太の体内時計は本日も正確。4時44分ぴったり(?)。
窓を開けると濃い霧。そんな中歩くのはちょっと怖いけどファンタジック。
霧の向こうから何か出てきそう。
でも、まるっきりおんなじカッコした自分が出てきたらゾッとするね。

 『趣味どきっ! 道草さんぽ』(1)川辺さんぽ(録画)(Eテレ)

 なんとなく録画してみたが、好きな感じ。
さっくんお兄さんが進行役。マイルド〜(笑
なんとなくのっぽさんみあるよ(帽子だけか)。
さっくんお兄さんは実は生き物が大好きだそうで、
植物にも興味深々なんだって〜
(水辺の生き物を見つけた時の声の方が多少テンション高かったが)
誘導してくださる多田多恵子先生(植物生態学者)との息もぴったり。
以外と先生も緩い雰囲気だし〜( ´艸`)
しっかり者の姉と無邪気な弟って感じ。
リアクションがいいから先生も嬉しそう(笑

 今回は柴又帝釈天の商店街〜江戸川河川敷辺りを歩きます。
いきなり街中から始まっちゃってさっくんも驚いていたけど、
こういう所にも植物はしっかりと根づいてるのよね。
見つけた花を観察するための裏技はタブレットやスマホで写してズーム!
そうすれば細かいところまでちゃんと見られるそうな。
そして100均マクロレンズを活用すれば、さらに拡大してくっきりはっきり!
コレはいいね〜さぁ、すぐにダイソーにGO!だ。

 憎らしい雑草の名前も知ることができたし、
以外な顔(葉にガラス質が生えてるとか、絵具になるとか、葉の汁が磨き粉に等)も知ることができたし、懐かしいオオバコ相撲(こっちでは茎ではなくて葉っぱの筋でやってたわ〜)も見られた。
背の低い雑草は『踏まれ強いだけでなく、踏まれたい!』という先生のお言葉にもなるほど〜!次回も見ます♪


 CSの番組表のAXN Mysteryで「火曜日の女シリーズ」を放送しているのを発見!すぐにスカパーのチャンネル契約追加したさ(その為スターチャンネルが消された(笑)「ニューポープ」録画し終わったからいいや)。「火曜日の女シリーズ」とは1969年から日テレで放送されたミステリードラマ。だいたい6話完結。1973年4月からは放送曜日の変更に伴い「土曜日の女シリーズ」へタイトル移行。

 私が強烈に覚えてるのは19作目の『喪服の訪問者』なんだけど、18作目の『幻の女』のテーマ曲が良くってさ〜ピアノでさ〜とにかくかっちょいいんだ〜テープで録音したのになぁ(懐かしの直録、たまに人の声や車の音が入る( ̄▽ ̄;)アハハ…)
母さん・・あのテープどこにいったんでしょうね・・
ええ、札幌に引っ越す時にダンボールに詰めた後、
行方不明になってしまったあのカセットテープですよ・・・

 今頃になって誰が劇伴担当だったんだろ?と調べたら佐藤允彦さんと大野雄二さんだった!そりゃ残るはずだよ!

 このシリーズは何気に横溝正史先生の原作ものがあったり(「蒼いけものたち」→「犬神家の一族」、「おんな友達」→「悪魔の手毬唄」、「いとこ同志」→「三つ首塔」)、しゃれた雰囲気の海外原作(アンドリュー・ガーブ、ウィリアム・アイリッシュ等)ものもあって、ドラマを見てからハヤカワミステリー(新書版ってのが大人っぽく感じられた)買いに行ったもんだよ。

 「土曜日の女シリーズ」になってからの方が記憶にあるかな。香川京子主演の「明日に喪服を」、太地喜和子が出演していた「天使が消えていく」(太地喜和子さんだからの役柄がすごく生きてた)、酒井和歌子主演(藤竜也共演)の「香港からの手紙」は最終回ラストの酒井和歌子さんの雨に濡れたわんこのような寂しげな表情まで覚えてるわ〜そして秋吉久美子が重要な役で出ていた「女子高校生殺人事件」。面白かったなぁ・・・原作の『アルキメデスは手を汚さない』も読んだわ。できれば全部再放送して欲しいよ。

 で、今回私が見たのは『木の葉の家』第1話・2話(録画)(スカパー)(AXNミステリー)
 コレは初めて見るな〜って思っていたら、主題曲がな〜んか聞いた記憶が・・・途中で入る劇伴も。内容は全然憶えてないんだけど( ̄▽ ̄;)

 幼い頃火事で両親を失ったショックで話せなくなった早苗(妊娠初期)(星由里子)はカメラマンの夫・八郎(竜雷太)と支え合って暮らしていたが、ベトナムに取材に行った夫が死亡したとの知らせが!
 八郎はカメラマンになることを許してもらえず実家を飛び出したため音信不通状態。早苗のことも子供のことももちろん母親に伝わっていなかった。契約していた新聞社の人が連絡を取ってくれ、母親から愛する者を亡くしたもの同士慰めあって暮らしましょうという手紙をもらい、義母の住む島へと向かうのでした。

 って、今見るといろいろと突っ込みたくなる場面満載だよ( ̄▽ ̄;)アハハ…
新聞社の人、八郎の件伝えた後、見舞金渡してたけど、どういう契約になってたの?アンタんとこの仕事してて死んだんだから保障とかはしてくれないの?そして義母の家は船を乗り継いでいく小さな島にあるんだけど、アンタ、そんな身重の身体で医者もいなさそうな所に行くってどうなの?しかも会ったこともない相手だよ?そんなデカすぎる賭け、私には無理だよ〜唯一の救いはガサツだけど明るくて人が良さそうな漁師の兄ちゃんの存在。でも頼りになりそうにないな〜

 てか、義母が大塚道子で従弟が岸田森だよ!ほ〜ら、もう怖い( ̄▽ ̄;)アハハ…
義母は優しく迎えてくれたけど、わたしゃ、まったく安心できないよ。第一話は義母に渡した八郎の遺品のカメラを従弟の謙三が庭にポイッと捨てるのを目撃した早苗が、えぇっ?!(ノ)゚Д゚(ヾ)マジ!?ってなった所で「つづく」・・・

 やだよぉ・・船を乗り継いでしかいけない小島なんて、誰にも助けを求められないじゃん!密室と同じだよ!おまけに助けを呼ぼうにも早苗は声が出せないしーーー不安しかない第1話でございました。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 23:00|PermalinkComments(0)

2021年10月13日

「木の葉の家」第1話・2話

 CSの番組表のAXN Mysteryで「火曜日の女シリーズ」を放送しているのを発見!すぐにスカパーのチャンネル契約追加したさ(その為スターチャンネルが消された(笑)「ニューポープ」録画し終わったからいいや)。「火曜日の女シリーズ」とは1969年から日テレで放送されたミステリードラマ。だいたい6話完結。1973年4月からは放送曜日の変更に伴い「土曜日の女シリーズ」へタイトル移行。

 私が強烈に覚えてるのは19作目の『喪服の訪問者』なんだけど、18作目の『幻の女』のテーマ曲が良くってさ〜ピアノでさ〜とにかくかっちょいいんだ〜テープで録音したのになぁ(懐かしの直録、たまに人の声や車の音が入る( ̄▽ ̄;)アハハ…)
母さん・・あのテープどこにいったんでしょうね・・
ええ、札幌に引っ越す時にダンボールに詰めた後、
行方不明になってしまったあのカセットテープですよ・・・

 今頃になって誰が劇伴担当だったんだろ?と調べたら佐藤允彦さんと大野雄二さんだった!そりゃ残るはずだよ!

 このシリーズは何気に横溝正史先生の原作ものがあったり(「蒼いけものたち」→「犬神家の一族」、「おんな友達」→「悪魔の手毬唄」、「いとこ同志」→「三つ首塔」)、しゃれた雰囲気の海外原作(アンドリュー・ガーブ、ウィリアム・アイリッシュ等)ものもあって、ドラマを見てからハヤカワミステリー(新書版ってのが大人っぽく感じられた)買いに行ったもんだよ。

 「土曜日の女シリーズ」になってからの方が記憶にあるかな。香川京子主演の「明日に喪服を」、太地喜和子が出演していた「天使が消えていく」(太地喜和子さんだからの役柄がすごく生きてた)、酒井和歌子主演(藤竜也共演)の「香港からの手紙」は最終回ラストの酒井和歌子さんの雨に濡れたわんこのような寂しげな表情まで覚えてるわ〜そして秋吉久美子が重要な役で出ていた「女子高校生殺人事件」。面白かったなぁ・・・原作の『アルキメデスは手を汚さない』も読んだわ。できれば全部再放送して欲しいよ。

 で、今回私が見たのは『木の葉の家』第1話・2話(録画)(スカパー)(AXNミステリー)
 コレは初めて見るな〜って思っていたら、主題曲がな〜んか聞いた記憶が・・・途中で入る劇伴も。内容は全然憶えてないんだけど( ̄▽ ̄;)

 幼い頃火事で両親を失ったショックで話せなくなった早苗(妊娠初期)(星由里子)はカメラマンの夫・八郎(竜雷太)と支え合って暮らしていたが、ベトナムに取材に行った夫が死亡したとの知らせが!
 八郎はカメラマンになることを許してもらえず実家を飛び出したため音信不通状態。早苗のことも子供のことももちろん母親に伝わっていなかった。契約していた新聞社の人が連絡を取ってくれ、母親から愛する者を亡くしたもの同士慰めあって暮らしましょうという手紙をもらい、義母の住む島へと向かうのでした。

 って、今見るといろいろと突っ込みたくなる場面満載だよ( ̄▽ ̄;)アハハ…
新聞社の人、八郎の件伝えた後、見舞金渡してたけど、どういう契約になってたの?アンタんとこの仕事してて死んだんだから保障とかはしてくれないの?そして義母の家は船を乗り継いでいく小さな島にあるんだけど、アンタ、そんな身重の身体で医者もいなさそうな所に行くってどうなの?しかも会ったこともない相手だよ?そんなデカすぎる賭け、私には無理だよ〜唯一の救いはガサツだけど明るくて人が良さそうな漁師の兄ちゃんの存在。でも頼りになりそうにないな〜

 てか、義母が大塚道子で従弟が岸田森だよ!ほ〜ら、もう怖い( ̄▽ ̄;)アハハ…
義母は優しく迎えてくれたけど、わたしゃ、まったく安心できないよ。第一話は義母に渡した八郎の遺品のカメラを従弟の謙三が庭にポイッと捨てるのを目撃した早苗が、えぇっ?!(ノ)゚Д゚(ヾ)マジ!?ってなった所で「つづく」・・・

 やだよぉ・・船を乗り継いでしかいけない小島なんて、誰にも助けを求められないじゃん!密室と同じだよ!おまけに助けを呼ぼうにも早苗は声が出せないしーーー不安しかない第1話でございました。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:42|PermalinkComments(0)