朝ドラ受け

2022年12月16日

「舞いあがれ!」 第11週 笑顔のフライト

 月曜日 第51話

 さて、柏木からの教官チェンジ提案。
舞は「ちょっと考える時間をくれませんか?」と答えたのだが、
どうしても舞とサンダー(吉川晃司)を引き離したい柏木(目黒蓮)。

「もう時間がない。
早く教官を替えて訓練に集中しないと最終審査に間に合わないかもしれない」


 急かす急かす( ̄▽ ̄;)
舞が「大河内教官のこと勘違いしてた。もうちょっと(教官の元で)頑張りたい」と伝えたのに、勝手に山下教官に話通してやがる。

 いや〜とんでもなく危ない男発覚・・・
彼女のことは俺が考えてやらなければって思ってんのかね?
女子供扱いかい?恋愛感情が暴走?
柏木がこのままだと、ここで(航空学校)でお別れだわね( ̄▽ ̄;)


 そんな事がありまして・・・舞の二回目のソロフライト。
ブリーフィングの時、サンダーは何か言いたそうにしていたけど実施を許可。

 多分天候に少々難ありで、途中でちょっと大変かもな〜って感じだったんだろうけど、あえてフライトさせて学ばせようとしたんかねぇ。

 ところが少々どころじゃなかった。
風向きが変わり、急遽帯広空港に戻るよう指示を出し上空で待機させていたんだが、横風が強まり、帯広空港に戻ることもできなくなった。サンダーは釧路空港への着陸を指示。

『私一人でって・・・・そんなん・・・
燃料はある。大丈夫。けど、もし・・・
釧路も風が強くて降りられへんかったら‥』


 舞の心臓バクバク・・・
不安や恐怖と必死に闘い、頑張って冷静を保ち、フライト方向を見極めようとする姿に緊張マックス!緊迫感がグイグイと伝わってくる。
いや〜福原さん、ホントうまいと思うワ〜
パイロットってのはこの孤独に耐えられるだけの強さがないとダメなんだね。


 ところが・・・

「岩倉学生、聞こえるか?」
「・・・はい」
「右を見ろ。釧路まで私が誘導する」


 キャーーーーーー!!➸( ˙-˙=͟͟͞͞)♡ス˝キュン
聞こえましたヨ〜〜私にもあの曲が!
来るの早えぇな・・とは思ったけど(笑
私の性格的に逆に邪魔だよ・・とも思ったけれども(笑


 このラストにもちろん朝ドラ受け班も大盛り上がり。
鈴木アナが言いたくてたまらない顔をしていた(笑

「かっこいいね・・」大
「コレ、ホントですよね?夢とかじゃなくて」鈴木アナ
「惚れてまう・・惚れてまう案件です、コレは!」華
「いや、マーヴェリックでしたね」大
マーヴェリックでしたわ・・・流れましたね、あの曲が。
デンジャー・ゾーンが!
」華
「金曜日お会いしてますのでね、釧路空港でのシンバルキックまで見えてます」大
「いや〜すごかった、コレ。恋は止まらないよ。『恋をとめないで』」華


 すばらしい朝ドラ受け(笑
半年前には死んだ目で、もごもご朝ドラ受けしてたのにゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 って、地上でハラハラしながら見守る柏木。
このことでサンダーに責任問題とか突き付けなきゃいいが。


 火曜日 第52話

 大河内教官の誘導に従い、釧路空港が近づいてきた。
そして着陸態勢に入ったよ!

「岩倉学生」
「はい」
「自信を持て。落ち着いてやればできる」


 今までの失敗を省み、今飛んでいる空と向き合った舞は
風を掴み、着陸の体感をついに自分のものにした。
センターラインにきれいに着陸!

よくやった。
これまでで一番の着陸だった
」サンダー


 「よくやった」頂きましたよ〜!!
サンダーの誉め言葉は柏木への「悪くない」が最上級だと思ったのに、
「よくやった」だよ〜!!花丸だよう!

 ほっとしたのと、思っていた通りの着陸ができたこと、
教官から認めてもらえたこと、いろんな感動で涙する舞にもらい泣き。
美しい涙だよ・・・(´;ω;`)


 舞に足りなかったのは経験と自信。
今回のこの経験は舞にとって一生忘れられない体験だったし大きな成長に繋がったと思う。かわいい子には旅をさせろ・・だね。違うか( ̄▽ ̄;)


 感謝とともに改めて、この前の「(自分は)適正のない生徒を落とすためにいる」という言葉の意味を尋ねる舞。

「あの言葉、教官の本心ですか?」
「本心だ。
パイロットの適性のない学生をいち早く見極め落とすことも私の仕事だ。
水島にはその適性がなかった。

 だが、パイロットになれなくても彼の人生が終わったわけではない。
大切なのは彼がこれからどう生きるかだ。
彼は、また別の道を歩んでいける」


 水島はちゃんと頭を下げて大河内教官に感謝の気持ちを伝えていたんだね。
水島が学んでいるうちにパイロットに本気でなりたいと思うようになったのは事実だと思う。
でも、家業を継ぐ道から逃げてきた水島は、落とされてどこかでホッとしたところもあったんじゃなかろうか。
これで実家に戻るしかないという覚悟ができた。
落とされたのは適正が無かっただけ。
彼の人間性や人生が否定された訳じゃない。


「岩倉学生。
審査や訓練ばかりにとらわれて大事なことを見失うな。
なぜパイロットになりたいか思い出したか?
目指すべきものは、そこにあるはずだ」


 今回の件でサンダーが生徒ひとりひとりの人生を背負い、
しっかりと向き合ってきたことが舞にも伝わったと思う。


 で、帯広に戻ってきた舞を待ち構えていた柏木が
走り寄って抱きしめっ!

 Σ(~ロ~;) オイオイオイ!ここは学校だぞ。
しかも舞はまだ、アンタと付き合うって言ってないからな。
(乂' 3 ')ブー!! パッション柏木、イエローカード!


 でも、舞ははっきりと柏木に
「大河内教官の下で最後まで訓練頑張りたいです」と伝えられた。
柏木も納得したみたい ( ̄▽ ̄;) ハハハ…

 その後、訓練は順調に進み、最終審査が一週間後に迫ったある日。
中澤(濱正悟)からメンバーに離婚発表が・・・
皆、呆然。
しかし凛子(山崎紘菜)からは積極的に奥さんと話そうともせず、自己完結し離婚を決めたことへの叱責が。

 凛子の指摘した通り、そういうとこだぞ。
もし別れたくないんなら、すぐに会いに行くとか〜、会ってもらえなくても必死に気持ちを訴えるとか(まぁ、それはそれで面倒な奴かもしれんが)、常に相手の出方を見て、そっちがそうなら俺もって流れで決める感じが奥さんにしてみたら悲しいんじゃないかい?この人の本気はどこにあるんだろう?って疲れちゃったのかもね。

 てか、凛子はなんであんなに怒るのかね?
前に離婚の相談している時にも思ったけど、なんか凛子と中澤の撮り方(関わり方)がまるで付き合ってるかのような・・ただ単に凛子が姐御っぽいだけなの?

 本日「あさイチ」にゲスト出演した中澤学生・・・
ドラマと全然ちがうーーーー!!ビックリ。
なんかすごくスッキリしたお顔(笑
人は髪型とメガネでかなり変わるのね〜





続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:33|PermalinkComments(4)

2022年01月09日

きこりのテレビ日記 #67

kagamimoti

寒中お見舞い申し上げます。もう9日になっちゃったね( ̄▽ ̄;)
旧年中は弊ブログにお越し頂きありがとうございました。
2022年もこんな感じですが
どうぞよろしくお願いいたします。

manekineko3

 寝室からの元旦の初日の出〜
窓が凍っていて開きません・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…

1-1

 1月2日(日曜日)−17度

 8時20分ぐらいに起床。
珍しく見た夢を憶えていた。初夢の正式なアレはわからんが私は元旦の夜から2日の朝にかけて見た夢を初夢認定してますんで、コレが初夢。

 ただツタンカーメンがドーーーン!と出たことしか憶えていない。
珍しい夢だったんで早速、夢占いで調べて見たら『金運アップ』『神秘的力の象徴であるため生き方が変わる』『出世運アップ』等、いいね〜。でも、全身じゃなくて顔(肩より上)だったので、まぁ、それなりのアップ度ということでしょうか。

 9時に初詣に出発。
私は寒くて行きたくなかったのだが、
娘と姪っ子の強い要望で同行する羽目に( ̄▽ ̄;)
めっちゃ寒い。しかも手袋忘れて来たから手の感覚が・・・

 手水関係は時節柄ひしゃくが無く、8方向からちょろちょろと流れる水で手は清められるがお口はスルー。意外と水はぬるかったが濡れるとヒンヤリ感がマシマシ。

 参拝をすませた後は、お楽しみのおみくじ。
北海道には、様々なご当地みくじがございます。
「ザ・えぞみくじ」
1-2-3

 私も姉も娘も、こっち。
鮭を釣るという体なのだが〜〜
例によって中々釣れないし寒いから手の動きも緩慢・・
1-2-2

 珍しく「大吉」。おや?今年はなんかいい流れ?
教えも北海道弁になっております。
載っている動物と植物も内容によって違うみたい。
1-2-8

 シマエナガみくじもあるけど、去年やったから〜
1-2-6

 母へのみやげの干支土鈴を買って、早々に帰宅。
いつも神社の隣を流れる川にいる白鳥を見に行くんだけど、
去年に引き続き来ていなかった。なぜ?

 『ワルイコあつまれ』(4)(録画)(Eテレ)

 この番組、話題になっているのは知っていたが、出演者に興味が無かったので見ていなかった。今回は姉が見るのに付き合って視聴。

 欽ちゃんにインタビューする企画は微妙。この子らは欽ちゃんの黄金時代を全く知らないのに「かつて超人気者だったおじいちゃん」と教えられて対したらしく盛り上がらず。そりゃそうだよね。

 「芸能界むかしばなし 映画監督・黒澤明」は興味深かった。途中で吾郎ちゃんが見せる「ね?昔はすごかったんだね〜?」とでも言いたげな表情がわざとらしくて良し。

 しかし黒澤明って・・・・( ̄▽ ̄;) 本物の矢飛ばしたらそりゃ迫力のある絵が撮れるだろうが、それは演技ではなくドッキリでは?俳優の演技力、信用してなかったのかしら?自分の望む画面が撮れればすべてオッケー?でも、それができるってことが伝説になる所以なのかしらね。

 労働者らしさを撮るために三ヶ月女優さん達を工場で働かせたってのもなぁ・・リアルとリアルな演技は違うと思うが・・・その監督が「映画」として提供してくれたものが心動かされるものになっているのなら、監督の勝ちなんだろうね。

 コレ、前回は勝新太郎編だったようで、さすがにパンツエピソードは無かったそうだが、見れば良かったわ(笑

 『10人のお坊さん(前編)』(録画)(BSP)

 10代〜70代以上の視聴者にアンケートを行い「モヤモヤする悩み」を伺い、それに対する説法を10名の仏教(多宗派)のお坊さんから頂くという番組。
10人いたら説法のスタイルも話し方も展開の仕方もそれぞれで面白かったわ〜
時間が決められているらしく短く収めなきゃならないのに、さすが要点ビシッビシッと伝わってきました (* ̄- ̄)人 ありがたや〜

 前編のテーマは「イライラ」「承認欲求」「生きる意味」。
いや〜私もイライラマンだからね、特に運転中は我ながら恐ろしいよ( ̄▽ ̄;)アハハ…平和派の娘は私が悪態をつく度に「やめて〜〜(´;ω;`)」って怯えてたワ。

 そして「承認欲求」・・SNSもブログもどうしたって承認欲求は出てくるよね。今は自分がやりたいいようにやるって落ち着いてるけど、一時はランキングとかかなり気にした時期があったよ。

 どの説法もテーマに対する心の持ちようを具体的に示してくれるので腑に落ちる。さらにひとつのテーマに3人(だったかな?)が答えてくださるので、どれかはハマるはず(笑
こ・・これは・・・しばらく消さずに周期的に見直して戒めとしようかしら・・

 1月3日(月曜日)くもり −6度

 6時20分起床。
本日は娘と姉を空港に送っていくのだ。10時2分の飛行機。実家から空港まで夏場なら30分かからないが、冬場は私の超慎重運転で1時間と見て8時15分出発。マイルド吹雪状態。案の定、私のノロノロ運転をどんどん後続車が抜かしていく。その方が気が楽だからどんどん行ってちょうだい。

 結局9時5分ぐらいに空港到着。
2人がお土産を買って(モノ欲しそうに見ていたら姉が私にも「インカのめざめポテト」を買ってくれたヽ(≧▽≦)ノ )9時半頃搭乗待合室へ入ったので私も帰宅。別れはやっぱり寂しい。車中、自分でもわかるほどため息何度もついたナリ。
1-3

 しかし娘も兄弟も、来て良し帰って良し(笑
早速、昨夜の「ぎぼむす」を・・・

 『義母と娘のブルース 2022年 謹賀新年スペシャル』(録画)(TBS)

 いや〜麦田(佐藤健)がバカすぎてトホホ・・ってなっちゃったよ(連ドラの時よりバカレベル上がっているような・・( ̄▽ ̄;)アハハ)でも、きっと麦田はパンの妖精なのね。あの亜希子(綾瀬はるか)との永遠にかみ合わないハイタッチが成功したら、きっと麦田は普通の好青年に戻ってしまうのだわ・・それはそれでつまらない。

 良一さん(竹野内豊)とそっくりな男性登場、亜希子の心臓もドッキドキでスィートな展開もありか?と思ったら、そんなに簡単な世界じゃなかった・・・まぁ、岩城が良一さんとそっくりじゃなかったら、亜希子の心は動かなかったはずだもんね。

 てか、白百合製パン工場長(小林隆)や経営陣がまっとうで職人としての誇りも持っている人たちで良かったよ。じゃなきゃ、亜希子の提案も受け入れてもらえなかったもんね。

 まぁ、ぎぼむすファミリーに会えただけで嬉しいお年玉でした。



 『365日の献立日記 沢村貞子さんと私のお正月』(録画)(Eテレ)

 おせちの残りと姉の置いていった日本酒を飲みながら視聴。

 沢村貞子さんの献立ノート、昭和57年1月1日のおせち料理の献立の紹介。
再現は飯島奈美さん。

 一の重(きんかんのいくらづめ・黒豆の松葉とおし・七色ナマス)、
二の重(紅白かまぼこ・伊達まき・かずのこ・くわいの旨煮・れんこんの白煮・たたきごぼう・しいたけのうま煮・栗の渋皮煮・こぶまき)、
三の重(吹きよせ)

 どのお重も、見て美しく、取りやすい。
丁寧に手間をかけて、でもさりげなく。
食材ひとつひとつへの愛情が伝わってくる仕上がり。
生きることは食べること。日々の生活も決して欲張らず、きりりとほど良く、余白を大切にしながら丁寧に過ごされていたんだろうなぁ。

 おせちのお重って、ギュウギュウにすんごい種類詰めるもんだって思いこんでいたけれど、これならいいねぇ。作る方も食べる方もプレッシャーがない(笑

 伊達まきの作り方、初めて知ったワ〜
飯島さんがアレンジされた「かずのこ昆布」も美味しそうだった。

 沢村さんちのお雑煮の具は鶏肉と三つ葉とゆず。味付けは醤油・味醂・塩。
具は少ない方が素材の味をちゃんと味わえるねぇ・・
やっぱり私は過剰だわ(笑)今年は野菜だけにしたんだけど、大根・菊芋・玉ねぎ・長ネギ・小葱・三つ葉・生麩・バター・・・多すぎるワ( ̄▽ ̄;) 来年はもっとシンプルにしてみよ。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 13:53|PermalinkComments(2)

2021年12月26日

きこりのテレビ日記 #66

 12月22日(水曜日)たぶん晴れ −6度

 4時ちょい前にトイレに起きる。
こっから1時間眠れるかな〜◦<(|3[▓▓]

 5時20分起床。5時25分ミー太と外へ。
積雪5ミリぐらい。でも油断してはいけない。この雪の下はリンク状になってるのだ。
すり足で歩いて疲れたナリ。
冬場は倉庫へ行っただけでひと仕事した感。もう外に出たくない。

 『ホテルデルーナ』が最終回を迎えて、朝のお愉しみタイムが無くなって寂しい。
そして久しぶりの『テレビ体操』。本日は美佳先生。もはや懐かしさすら感じる。
ストレッチして備えたけど、やっぱキツイわ〜

 8時15分 『あさイチ』 NHK総合

 また会社で10分ぐらい見た。
「早カム」見終わった後、怒涛の展開を受け止めきれず、辛い気持ちと寒さに震えながら出社し、「本カム」→朝ドラ受けへ(笑
レギュラーメンバー騒然・・・
ワシもみなさんと同じく気持ちが立て直せない(笑

『さて・・・台本ではね、「今朝の朝ドラ受けは45秒でお願いします」・・・』大吉
『「ごく短く」って書いてある・・』鈴木アナ
『ムリムリムリ!!45秒じゃムリムリ!すいません、押します』大吉

『いや〜飛びましたね』大吉
『飛びましたね〜』華丸
『すごいですね〜』鈴木アナ
『時を戻そう!』華丸

『いや〜ちょっとね、いろいろ言いたいことあるんですけどね、
今日のゲストの方と一緒にね』大吉
『今日のゲスト増田明美さんです』鈴木アナ
『おはようございます。よろしくお願いします』増田

『いや、驚きましたね』大吉
『るいちゃんがあんなに大きくなって』増田
『ね〜!あの間に何があったのかもそうだし、その前も!
どこからいきます?って感じですよ〜』鈴木アナ

『もぅ、一人一個ね。
ハイ、45秒しかないから!何?ハイ!』大吉
『・・・なんでロバート岡山におるの?』華丸
『「偶然のロバート」ってあなた、名付けたでしょ?
まぁ、いよいよ出ますとね、ロバート2人いる説ね』
『雪衣さん、まさか・・・!どうなる?出て来るかな?この後』鈴木
『私、喫茶店の店員さんの・・息子さんは・・アレは』大吉
『夢なのか?』華丸
『夢じゃないね?アレは現実であって欲しいと思う。
ハイ!増田さん!』華丸
『私、安子のお兄ちゃん?ちょっと問題があって心配。
どうなったかな?って・・』増田
『あいつ、どこ行ったんだ?ってね?
視聴者のみなさんもぜひ送ってください!』大吉

 いや〜確かにね、ロバートなんであんなすぐに現れるんだ?って、さすがに私も思ったよ( ̄▽ ̄;)アハハ…汽車には安子一人で乗ってたもんねぇ・・・稔さんみたいに急行に乗っておっかけたの?進駐軍のジープでぶっ飛ばしたのかな?安子の居場所もすぐわかるし〜(笑
ツイッターで安子にGPS付けてる説出てたけど、そうとしか・・

 それと雪衣さんだよ!ご懐妊早すぎない?
安子が大阪に行ってから1週間ぐらいしか経ってないような気がしたけど、2,3ヶ月経ってたの?
それともツイッターで上がってたけど(またかよ?( ̄▽ ̄;) )、実は「雪衣さんと勇、前からデキてた説」・・・

 うっそ〜ん・・わたしゃ、あの夜が初めてだと思っていたよ。
勇、安子に一途だったんじゃないんかい?
意外とそういうタイプだったの?
(この時代だから当たり前?それじゃQべーじゃん(@澪つくし))
でもまぁ・・あの夜の前に最低1回はあったかもね・・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 それなら雪衣さんの態度にも納得がいくよね。
安子のことを「奥様」と呼ばず「安子さん」と呼んでいたのも、
女中さんにしては態度デカかったのも、
結婚の話が出た時、算太にキツイ言葉を吐いたのも。

 あと「実は算太の子説」・・・まさか〜!(・`ω・ノ)ノ
それはないと・・・思いたい・・・

 なんか高校のクラス会に出た時の、実は昔、誰と誰は付き合ってたんだよ〜あんなこともこんなこともあったんだよ〜え〜〜びっくり!全然気づかなかったよ〜!ってショックを受けた時のことを思い出すわ〜ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 そしてついにるい最終形登場したね。
深津ちゃん、実年齢(48歳)を思うと大丈夫かしら〜?って実は心配していたんだけど、今日見た感じではさすが深津ちゃん!って感じ。

 12月23日(金曜日)−9度 冷え冷え〜

 5時15分起床。
5時20分ミー太と外へ。昨日に引き続き寒いーーーー!
もう毎朝、人間として試されている感あるね。
最近、夜寝る前にいつも、あと何時間後には寒い外か・・とか考えちゃう(笑

 『SUPER RICH』最終話(録画)(フジTV)

『お金の心配せんと、楽しくみんなと仕事して、美味しいご飯食べて、ふかふかのベッドで寝る。隣には優君がいてさ、それが多分私の・・・』
「SUPER RICH」ドーーーン!!・・・
( ̄▽ ̄;)アハハ…そうねぇ、そりゃSUPER RICHだわ。全てを手に入れてるも〜

 さて、メディア社によるTOB発動予告。しかも島谷(松嶋菜々子)によると、TOB後は宮村(町田圭太)にCEOを任せるという・・

 衛と優(赤楚衛二)が連絡が取れなくなった宮村に会いに行ったら『僕もやってみたくなったんです。自分のやりたいことっていうのを』と不敵に笑う、というとこで前回終わって、ひゃーー!と思ったのだが〜

 宮村はやっぱり衛(江口のりこ)の忠実なナイトだった。
2年前から島谷に声をかけられてたんだが、宮村の忠誠心は全くブレず、会社を守るために島谷の話に乗ったフリをして情報を集めていたのさ〜

 宮村完全なシロ説が役員にちゃんと伝わって良かったけど、スリースターブックスが危機を迎えているのは変わらん。まずホワイトナイトになってくれる会社を国内外捜し回るがたいして旨味のない話に乗ってくれる訳もなく・・

 衛は情に訴える作戦に出て、1ヵ月の猶予期間を島谷からもらい、その間に新会社「TSB」を設立、スリースターブックスと契約している作家さんたちの契約書を書き換え、次回作からのライセンス権利を作家自身が持てるようにして選択させた。ほとんどの作家さんが「TSB」と契約。

 野田先生が言っていたように、やっぱり「人」なんだよね。
ただし、それは野田先生たちがRICHだからというのもあると思う。経済的にカツカツだと選択の余地ないもんゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 選択する自由が与えられたら、そりゃ信頼している人とやっていきたいってなるよね。

 スリースターブックスの社員もみんなついてきてくれた。
なんか話がうまくいきすぎだけど、バッドエンドよりは、いっか・・

 島谷さん、会社を辞めて貯めたお金でビッグなことをやるらしい。
多分、今回の件で降格人事とかあったんじゃね?城戸(結木滉星)だって失敗して飛ばされて恨むようになったんだも。でも島谷さんは、もういいやって船の舵を別の方向に切り替えたんだと思う。衛にある意味負けたことも、踏ん切りが付けられた理由のひとつなのかな。松嶋菜々子さん、マイルドヒールだったけど爽やかで器の大きさが感じられる、このドラマに必要な存在感でした。

 ここまではテンポ良かったけど、その後を見せてくれたラスト10分ぐらいは、氷が溶けて薄くなったジュースみたいだった。

 宮村が「TSB」の兄弟会社なのかな?「TSR work」のCEOになり、リリカのサポートを受け活躍している姿が見られたのは良かった。最初から最後まで「衛のため、会社のため必要な人間になる」という思いがブレず、そんな自分に誇りをもって『うちが稼いで衛さんの所が使う』とほほ笑む宮村は最高にカッコよかったぞ。

 やはり氷河衛の人間的魅力があってこその『SUPER RICH』なので、江口のりこさんで良かったと思う。江口さんにしか出せない魅力と個性があるし、こんなこと言ったらアレだけど、衛がすんごい美人さんだったら、ちょっと違う話になっていたと思うゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 全体的におもしろかったと言えばおもしろかったような気もするが、いろんなテーマをぶっこみすぎて分散してしまった感もあり、正直無理やり落ち着かせた感のあるラストにも思えた。5段階評価で3.5って感じかな。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:31|PermalinkComments(0)