怪物第2話

2021年08月31日

「怪物」第2話 消える

 マニャンスーパーの前で立ち止まったドンシク(シン・ハギュン)・・・
動揺し肩が震えている。
台の上に指が並んでいる・・・
その指のネイルにはジュウォン(ヨ・ジング)も見覚えがあった。

 嗚咽を漏らすドンシク。
『・・・・ミンジョン・・!
その様子を窺がうジュウォン・・・
苦しそうに涙を流しながら指を見つめているドンシク・・・

 そして夜中に黒い袋を手にした者が歩いている。
店先の台の上に指を並べている。
フードを被ったその顔は・・・ドンシク!
目がいっちゃってるし・・・まさか・・そんな・・・
ガガガ━━━━(ll゚д゚(ll゚Д゚ll)゚д゚ll)━━━━ン!!!!
HPはこちら



 葦原で見つかった第一関節から指がない白骨遺体。
20年前と同じ状況にマニャン村は騒然。
遺体の足は泥を落としたうえで黒いビニールで包まれ、赤いリボンで結ばれていた。
公表されてはいないが、それも20年前と同じだった。

 20年前のパン・ジュソンの殺害現場にはドンシクのギターピックが落ちており、
それが決めてとなってドンシクは逮捕された。
『俺じゃない!』と叫びながら連行されるドンシク・・・
刑事たちを止めていた父は『証拠が出た』と聞くと手を離した。

 今回『怪物』タイトルと重なっていたのはドンシク・・・
はたして、本当にドンシクはやっていないのか。

 さて、発見者のドンシクとジュウォンはムンジュ署で供述書作成に協力した後、自ら供述録画室へ入った。2人仲良く並んじゃって〜コノコノ( ´∀`)σ)゚Д゚;)

『ここまでする理由は?』ジュウォン
『ある警官が俺を疑ってるようだから、はっきりさせようかと』ドンシク
『・・・・・』
『(にやり)・・・俺が好きなのか?』
『・・・・・』
『調査までするなんて』
『イ巡査部長が容疑者だったことはみんな知ってる』
『みんな?誰のこと?』
『・・・んーーー覚えてません』
『覚えてないことが多いですね!』

『遺体の身元の件ですが、まだ答えを聞いていない』ド
『妹のユヨンさんでは?』ジ

 なりゆきを見守っていたジファ(キム・シンロク)が入ってきたんだが
供述書の内容を確認しただけで二人を釈放。
サンベ所長(チョン・ホジン)が迎えに来とった。

『ハン警部補まで何をやってるんだ!』所長
『僕が何を?』ジ
こいつは先手を打ったんだ。呼び出されると面倒だから。
自分から取り調べを受けたんだよ!
また呼び出されても、令状がなければ行かないと言えるから!

『なぜ呼び出されるの?』ド
遺体が見つかった・・
『・・・・・』ド・ジ
『人が死ねば遺体になるからね』

 みんなまたドンシクが疑われるとわかっているんだね。
ドンシク自身も。
所長が連れて行ってくれたソルランタンの店でも(ジュウォンは例によって「好きじゃないので」と手をつけず)20年前の殺人事件の話でもちきり。
本人が目の前にいるとも気づかず『遺体は行方不明の子(ユヨン)なの?』とか『お兄さんが殺したんでしょ?』なんて話してる。もう何度も同じ目に遭っているのかドンシクはツラッとした顔でバクバク食べていた。その様子をじーーーっと観察するように見ているジュウォン。

『面白いですか?
食べもしないのに黙って座っているなんて。高見の見物はよほど面白いのかと』ド
『パートナーは常に一緒だと聞いたので』ジ
『なるほど!それは頼もしいですね』
『・・・(⚭-⚭ )ジー』続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:33|PermalinkComments(0)