怪物第15話

2021年08月16日

「怪物」第15話 離す

 『チョン署長は亡くなりました・・・
・・・・僕が・・殺したみたいだ・・・』ジュウォン(ヨ・ジング)

 ジュウォンの両手は血で真っ赤に汚れていた・・・
真実を見極めるようにジュウォンの目を見つめるドンシク(シン・ハギュン)。

 いや、もちろんジュウォンはやっていないと思うが・・・
って、もしドンシクがチョン署長の所に行っていたら
ドンシクが殺人の濡れ衣を着せられていたはず。
ドンシクを守るため署長の所に向かったジュウォンには一瞬の迷いもなかった。

 あと一話。物語は終結するんだろうか・・・
ハン・ギファンを法の力で償わせることができるんだろうか・・・
KNTVのHPはこちら

 さて・・・振り返ってみましょう。
父親(チェ・ジノ)とイ・チャンジン(ホ・ソンテ)の会話を聞いたジュウォンはゴルフクラブを手に二人の元に行こうとしたのよね。

 でも・・・
『あなたの息子さん、ハン警部補にすべてを知られたら・・・
殺すんですか?』という声を聞いて立ち止まった。

 イ・チャンジンの問いかけには答えなかったけど、ユヨンをひき殺したことを
『あれはミスだったんだ・・・小さなミス』という声を聞いた。
さらに『ジュウォンは私の息子だ。だが私より母親に似ている。待っているばかりで自分から手を伸ばせない弱い人間だ。その手を取ることもできず平静を装って冷酷なふりをする。そんなふうに偽り続け自分を破壊してしまう・・・愚かな人間』・・・

『イ代表、私は二度とミスはしない』
『息子さん自体がミスなら、その時は?』
『気になるなら見てればいい』

 そしてイ・チャンジンが車を出た後
全員、消すべきだな』とつぶやいていた。

 息子のことを自分ではなく、精神病院に入れて自殺させた妻に似ていると言っていたハン次長・・・彼なら息子であろうと自分の邪魔になれば容赦なく狩るだろう。

 そしてジュウォンは母親が精神病院に入れられそうになった時、助けを求めた手を握ることができなかった。その事でずっと自分を責め続け、傷を抱えて苦しみ、自分は冷酷な人間(父親と同じ)だと思い込んできた。誰もジュウォンを守ってくれる人がいなかった。小さな子供で弱い存在だったジュウォンは怖い父親に従う(同化する)しかなかったんだよ。

 ドンシクが犯人だという証拠を見つけるためにマニャン派出所にまで来たのに・・
こんな近くに犯人がいたとは・・・自分のまぬけさに笑うジュウォン・・・
その顔が絶望と怒りを越えた冷たい鬼になった・・・

 ヨ・ジングさんが凄かった。
青い炎に包まれているような。痛々しいけど美しい。
そして怪物を倒すためには、自分も怪物になると覚悟した時の表情・・・

 ドンシクに会ったジュウォンは二人の会話を録音したものを聞かせた。
すぐにハン・ジファンの元へ行こうとするドンシクを止めてジュウォンは言った。

『イ警部補・・・僕がやります・・
僕が捕まえます。
罠を仕掛けます。僕が餌になります。
僕が怪物になって・・・父を抱きかかえて・・・
最も高い場所から一緒に地獄に落ちます。
そうやって謝罪します。
それが・・・最高の復讐です。
あなたは・・これ以上手を出さないで。
・・・僕が・・・地獄に行きます!


 今、この音声を公表したところで盗聴だから証拠能力はない。
それにイ・チャンジンにすべてを押し付けてハン・ギファンは生き延びるはず。
ジュウォンは、もし自分が出来なかったら公表するよう音声データをドンシクに渡した。

 雨の中の2人の鬼のヒリヒリするような魂の言葉・・・
ジュウォンの痛みとドンシクの痛みが雨の中でひとつに溶け合ったようでした。







続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:21|PermalinkComments(0)