山下美月

2023年03月31日

「舞いあがれ!」 最終週 私たちの翼

 月曜日 第122話

『空飛ぶクルマを開発中の「ABIKILU」では、より進化した試作2号機アビキュラ2号の完成が急がれていました』

 目標は今年(2020年)中に有人飛行。
安全性と信頼性をしっかり検証するために最低でも500回の飛行試験が必要だった。
そのためデータ整理をしてくれるバイトさんを探していたんだが・・・
舞が朝陽君を連れて来た!

 朝陽君は現在、浪速大学で航空宇宙工学を専攻しており、惑星探査ドローンの勉強をしているんだって〜

 いや〜あの朝陽君と舞が一緒に仕事をするようになるなんてね〜
感慨深いわ〜「ABIKILU」でアビキュラ2号を見た途端にオタクっぽい発言をして刈谷先輩たちを喜ばせていたぞ。


 一方、ばんば(高畑淳子)は「デラシネ」の店番に馴染んでおります。
写真集を見せながら五島の様子や文化を伝えたりして楽しそう。
子供たちにも慕われて、「秘密基地」は受け継がれている模様。

 小学生の頃、毎日のように通っていた駄菓子屋のおばあちゃんを思い出したよ。
そこのおばあちゃんと何気ない会話を交わす時間が好きだった。
ばんばもきっとそんな存在。
ほどよいフィット感で寄り添ってくれるみんなのおばあちゃん。

 ばんば、五島に帰りたいんだろうなぁ・・・
五島の写真集を切なそうに見つめていた。
めぐみ(永作博美)の社長業引き継ぎは順調みたいだから、もうすぐ帰れるかしら。


 貴司(赤楚衛二)は、おっちゃん(又吉直樹)にやっと会えた。

 パリイのアパルトマンの一室。
飾り気はないけれどおっちゃんらしさの感じられる居心地良さそうな空間。
貴司のために淹れてくれた珈琲、カップが欠けとるが清潔で愛用しているんだろうな。


 自分の第二歌集「連星」(結構読み込んだ痕あり)を見つけた貴司は

「感想は言わんといて。けなされても褒められても辛い」貴司
「褒められても辛いんかいな」八木
「うん・・・
自分でええと思ってへんもん褒められんのしんどいねん。
こんなんでええんかなって迷いながら本出して・・・
それが今までよりずっと褒められて・・・
歌一個も作られへんようになって・・・

僕・・・また逃げてしもたんかもしれへん。
海の底に潜っても潜っても花一個も見つけられへんのは
結婚して幸せになったからって思ってしもて」


 貴司、そんな前からしんどかったんか・・・
でも、芸術に携わる人はもしかしたらずっとそんな感じなのかな。
自分の作品に満足できず否定し、迷い、もっともっとと自分自身の中を探り続ける。


「おっちゃんは、昔自分が息するためだけに詩ぃ書いてた。
せやけど学生の時な、その詩ぃをあげたいて思う人ができた」
「おっちゃんが詩集贈った人?」
「・・・強い人でな。
本気で世界を変えたい言うていつも闘うてた。
世界中を飛び回ってな。
けど随分前に自分で生きんのやめよった」
「その人はおっちゃんの恋人?」
「・・・・」

「しんどなったらな、会いに行くねん。
忘れんために探しに行くんや。
その人がおったことある場所にな」
「会えんの?」
「知り合いのおらん街独りぼっちで歩いてたら
声が聞こえる時がある。
昔と変わらん優しい声がな。
そっと会いに来てくれるんや」
「おっちゃんは今も・・・その人のために詩ぃ書いてんねんな」
「ほな、ちょっと行ってくるわ。
ここにおってええで」


 おっちゃんの孤独。
でも、それは辛くも重くもない。
さっと羽織って外に出られるコートのように気軽で優しくておっちゃんと一体になっている。
おっちゃんは本物の「デラシネ(根無し草)」。
でもデラシネであることがおっちゃんの救いであるのかもしれない。

 おっちゃんは貴司の質問には答えなかった。
それはおっちゃんにとって大切なことではないから。
孤独で自由でロマンチストなおっちゃん。
おっちゃんは死ぬまで詩を書きながらさすらい続けると思う。

 自分自身のために紡ぐ言葉、誰かのために見出す言葉、
そこに迷いはなかった。
でも、貴司は目に見えない多くの人達のために言葉を求めてしまったのかもしれない。そして自分を見失ってしまった。
原点に戻って、今、自分自身のために・・・
いや、ここで言葉をすべて手放してみたらどうだろう。
何も考えず、ただこの場で感じてみたらどうだろう。


 目が覚めて気づいたおっちゃんからのメッセージ。

『呼ばれたから行くわ。
パリでしばらく暮らしたらええ。
誰の声が聞こえる?
話したいこと見つかったら言葉にしてみ』


 貴司にとっておっちゃんは灯台のように温かく導いてくれる人。
そして言葉とともに自由に生きる人。
貴司はデラシネではないし、なろうともしていない。
でもこの二人は魂で分かり合えているような。

 最終週、なんだか一話一話が愛おしく感じられる。
この朝ドラのヒロインは舞だけど、わたしゃ貴司という人間が一番気になる。
このパリで何を見出すのか、すごく楽しみ。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:17|PermalinkComments(0)

2023年03月10日

「舞いあがれ!」 第23週 飛躍のチャンス 

 月曜日 第107話

 章兄ちゃん(葵揚)と尾藤君(久しぶり!)(中村凜太郎)の手伝いで
事務所設営完了!
『こんねくと』の看板も出して、ついに舞(福原遥)と御園さん(山口紗弥加)の新しい冒険が始動しましたぞ。

 舞達は「うめづ」でのいつもの東大阪の二代目会で会社設立の報告と概要を説明。
IWAKURAの子会社だけど資本金は二人で半分づつ出し、
銀行から融資も受けたそうな。

 しかし皆さん、舞がボランティアでやっていた時とは微妙に態度が変わったような( ̄▽ ̄;)
「そんなもん商売になるんかいな?」的ムード。
小堺さんのアレはたまたま大学側のニーズがあったからで、あんたらの力ではないんでは??との声も。
まぁ、皆さん会社経営の難しさを骨身に染みてわかっているからなんだろうが。


 早速、的場さん(杉森大祐)が顧客になってくれそうな人を紹介してくれた。
仙波さん(森下じんせい)はパンチングメタル工場の社長さん。
工場の技術を使い、写真を細かい孔径とピッチの狭さに特出したデザインパンチングで表現した作品を持って来た。

 しかし、あからさまに不安げ。
こんな女の子二人でやっているとこ、信用できるんかいな?
「まだお宅んとこで売るって決めたわけやないで」と念押ししとったし。


 まぁ、こんな感じだよね。
仕事の信頼は仕事で勝ち取っていくしかない。


 舞は仙波さんに天井に絵を浮かせることのできる箱型の照明を提案。
コンセプトは「日常に特別な時間を灯す」。

 仙波さんの好反応を得、試作品作りに入ることになったんだが、
設計をやってくれる人がいない。
照明器具の加工は様々な規定があって高度な技術が必要らしい。

 的場さんは職人上がりの社長さんで設計から加工まで何でもやってくれるという我妻さんの名を挙げたが、仙波さんは苦い顔。
なんでも難しい人で頼み方間違うとエライことになるそうな。

 案の定、「あかん。うちはやらへんで」と言われてしまった・・・

 なんか仙波さんがイマイチ信用できない(笑
舞たちにナメた態度取ってるのも(まぁ、おじさん達にとっては普通なんだろうが)アレだし、アイデアだけもらってうまいことやろうとしているのでは〜ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ との目で見てしまうナリ。

 何気に悠人(横山裕)と会っていることを舞に話していた久留美(山下美月)。
ゆっくり関係を育てているようだね。
お兄ちゃん、佳晴(松尾諭)ともよく飲みに行っているらしい。
意外な組み合わせだが、なんとなくわかるよね。


 火曜日 第108話

アホちゃう?
こんな見込みあらへんようなもんに試作も何もあるかいな。
的場さん、勘弁してぇな
」我妻(久保田磨希)


 我妻さんにランプの件を頼むと、うんざり顔でバッサリ!( ̄▽ ̄;)
しかし舞が専門的な話ができると知ったら、場所を変えて話を聞いてくれた。


 そこでも舞がIWAKURAの娘だと知ると、先制パンチ。

「ええご身分やなぁ。
あないな大きい工場となると娘に会社作って遊ばせとく余裕があんねんな」



 しかし舞にはかすりもしない(笑

遊びでやってません」舞
「さぁ、どやろ。
どこの工場も今、生き残るだけで精いっぱいや。
売れるかどうか分からんもん作ってる余裕なんかあらへんねん」我妻


 舞は「こんねくと」を作った理由と東大阪の工場全体が生き残るために「あたらしいこと」が必要だと説得。徐々に我妻さんの態度が変わって来た。

覚悟はあんねやろな
はい
中途半端に投げ出したら二度と仕事せえへんで。
いっぺんだけつきおうたげる

はい!


 男気があって頼りになりそうな我妻さん。
強烈な個性と、いかにも大阪のおばちゃんらしいファッション。
東大阪のものづくりを支えてきた自信と責任、そして懐の深さが伝わってきたよ。

「あたらしいこと」に臨むという舞の言葉に反応していた。
きっと我妻さんもパイオニア精神で必死に道を切り開いてきたんじゃなかろうか。

 いい出会いになりそう。
社長として新米の舞のこともいろんな方向から導いてくれるのでは〜。



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:00|PermalinkComments(2)

2023年02月24日

「舞いあがれ!」 第21週 新たな出発

 月曜日 第97話

 二人が告白しあった日から半年がすぎ、今日は二人の結婚式。

 はやっ!
まさか月曜日にあの予告のウェディングドレス姿が披露されるとは。


 仏前で二人は浩太(高橋克典)に結婚の報告。

「お父ちゃん、無事に結婚式を挙げることができました」舞
「舞さんを大切にします」貴司(赤楚衛二)


 真っ白なウェディングドレス姿見てもらいたかったんやろな。
三人だけの大切な時間。貴司でよかった。
お父ちゃんも嬉しそうやで (´;ω;`)


 披露宴会場(?)は、やはり「ノーサイド」一択(笑
舞(福原遥)ったら、そこにもウェディングドレスで来たから長い裾引きずって真っ黒になっちゃうんじゃ?って、いらん心配したぞ。


 「ノーサイド」にはオールキャスト勢ぞろい。
五島列島組はもちろん、IWAKURA組からは笠やん(古舘寛治)と章兄ちゃん(葵揚)ら。
そして航空組代表として由良先輩(吉谷彩子)と倫子(山崎紘菜)。

 由良先輩はアリゾナでパイロットをしているそうな。
頑張って夢叶えたんだね。相変わらず凛としてはる。
凛子はフランス人の同僚と婚約中ですってよ!
彼からもらった個性的な指輪が想像を掻き立てるわね〜(笑

 かわいい妹分・舞の面倒を見ている姿が二人らしかった。
舞にとっても心から尊敬でき、甘えられる存在なんだろうな。


 さて、遅れて到着した悠人(横山裕)。
にゃんと佳晴(松尾諭)が連れて来た。久留美(山下美月)の指示らしいが。

 晴れの席に自分が行って雰囲気壊しては・・て気使って出ない気だったのかな?
みんなも悠人を見て驚いてはいたが、顔を見られてほっとしてたで。


 やっぱりお兄ちゃんがおらな!
てか、いつのまにか佳晴が兄貴分みたいになっているのに笑ったぞ。
助けてもらった恩というか恥ずかしい所みられた相手だから、逆に楽なのかな。

 嬉しそうに酔っぱらって章兄ちゃんに抱えられていく笠やんにも、ぐっときたわ。
気持ちいいお酒だったのがわかるよ。


 そして賑やかな「ノーサイド」を一人出ていく悠人に気づいた久留美。
買ってきたビールを手渡したぞ(in 柏木公園)

「これから何やったらええんやろなぁ・・・
俺にできることは金稼ぐことぐらいで・・・」悠人
「お金稼げるってすごい才能やと思いますけど。
うちのお父ちゃんには一つもない才能です」

「うれしかったなぁ・・・
大事な友達と大事な友達が家族になりました。
めっちゃうれしくて・・・ちょっと・・・さみしいです
」久留美


 こんなことを言える相手は悠人だけ。
そして悠人が素直に弱音を吐ける相手も久留美だけなんだよね。


 気づけば会場のあちこちでカップル誕生しとる。
山田(大浦千佳)と藤沢(榎田貴斗)。なんとなく気づいてはいたよ(笑
一太(若林元太)と百花さん(尾本祐菜)。うまくいってるのね〜♬
悠人と久留美。そうなるだろうな〜とは思っとった。
そしてまさかの佳晴と「ノーサイド」のママ・道子さん(たくませいこ)。

 道子さんって結婚しているのかと思ったよ。
あるいは離婚経験者 ( ̄▽ ̄;)
佳晴、道子さんにはみっともないとこ一杯見られているから、ありのままの自分を見せられそう。佳晴の栄光も挫折も絶望もすべて知っている。

 佳晴、こういう店で珈琲入れたりするの合ってるかも。
道子さんならうまく佳晴の手綱握りそうだし。


 帰り道、岩倉家の新しい表札を見て勝(山口智充)が雪乃さん(くわばたりえ)につぶやいとった。

『うめづいわくら』や」勝
「ホンマやなぁ・・・」雪乃
「浩ちゃん、きれいかったで。舞ちゃんの花嫁姿」


 (´;ω;`)ウッ…
IWAKURAが大変な時、いよいよになったら一緒に漫才でもやろ!と勝さんが誘っていたコンビ名が「うめづいわくら」やった。
こんな形で実現するなんてなぁ。あの頃は思ってもみなかったよねぇ。


 そして、ばんば(高畑淳子)の前で安堵の涙を流すめぐみ(永作博美)にもらい泣き。
(´•̥ ω •̥` ) うまい!うますぎるよ永作さん。
耐えていたものがぐわっと開くのがわかった。
パイロットの夢を諦めさせてしまったという思いもあったろうし、
嬉しくて、ほっとして、心から娘の幸せを願う喜びの涙だね。


 そしてリフォームした二階に新居をかまえた舞と貴司。

「今日な、ええ一日やったやんか」貴司
「うん。ホンマに幸せな一日やった」舞
「ずっと忘れたないやろ」
「うん」
「この幸せ、歌の中に閉じ込めよう思っててな、さっきから考えてんねん」
「こういう歌にしたなるような幸せ、これからいっぱいあったらええな」
「うん。幸せになろ」
「うん」


 指切りする二人の初々しくてかわいいこと。
「この一瞬を永遠に」。
このドラマの、こんなふうにまっすぐに素直に描くところが好き。
二人の真ん中にある灯を一緒に見ているような気持ちになる。


 火曜日 第98話

 舞と貴司の新婚生活
お揃いのエプロン付けて二人で台所に立っております。

 (*´艸`*) ザ・新婚(笑
貴司も愛妻弁当持ってデラシネに出勤か〜


 IWAKURAのブログも少しづつ閲覧者数が増えてきており、
(♡´艸`)ウフフ♡ てな感じの舞の元に土屋(二宮星)が慌てて走ってきた。

 笠やんが腰いわしてしもうたらしい。
すぐに病院へ連れて行ったが、ぎっくり腰は動けないからなぁ。
舞の連絡を受け嫁に行った娘さんが迎えに来てくれたが、なんかよそよそしい雰囲気。

 そしてめぐみ社長の元に笠やんから退職したいという電話が入ったのさ〜
まぁ、そんな遠くない時期には辞めるつもりだったらしいが、今回のことで決心がついたらしい。

 翌日、朝礼で笠やんは正式に退職を伝えた。
引き継ぎきっちりしてから辞めるとは言っていたが、みんなやっぱり寂しさが隠せない。

 退職後の生活を土屋さんに聞かれて「家族サービス」と応えていた笠やんだったが、奥様は去年亡くなられて一人暮らしだった模様。
子育ては奥さんまかせだったから一人娘とは何を話したらいいかわからなくて疎遠な感じになっているそうな。お孫さんと一緒に作ろうと思ってプラモデルをたくさん買っているのに、それも伝えられていないらしい(章にいちゃん談)

 悲しい。
IWAKURAという家族の頼れるお父さん的存在だった笠やんなのに。
あの情熱やあったかさが娘には伝わっていなかったなんて。
でもお互いにコミュニケーションの仕方がわかっていないだけで、きっかけがあれば繋がれると思うんだけどな〜





続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:11|PermalinkComments(4)

2022年11月18日

「舞いあがれ!」 第7週 パイロットになりたい!

 月曜日 第31話

 舞(福原遥)の「大事な話」に驚くめぐみ(永作博美)と浩太(高橋克典)。
さらに航空大学を受験し、合格すれば、大学を中退し、この春から通うために勉強を始め、資金も貯めていると聞き、唖然・・・

「あんた、ずっと飛行機作りたい言うてきたやん。
お父ちゃんも楽しみにしてんねんで。
お父ちゃんが作った部品を舞が作る飛行機に載せるんやって。
もう少しやなぁて・・・
親の勝手な期待かも分かれへんけど、
舞は子供の頃から手先が器用で工作好きやったやろ。
飛行機作りたいいう夢聞いた時、舞に向いてる、ええ仕事やなぁと思てな。
ずっと応援してきた。
せやから大学はちゃんと卒業してほしい。それまでに考えたらええやん。
一回人力飛行機で飛んだだけやろ。そやのに・・・」めぐみ


「一回だけでも分かる。
お母ちゃんだって、お父ちゃんと出会って大学中退したんやろ。
その気持ちに間違いなかったんやないの?
お母ちゃんが反対なんは分かった。
けど諦めることはでけへん」舞


 ありゃーーーその事とこの事は違・・・・・違わない・・か?
でも自分が中退したからこそ、卒業して欲しいという思いがあるんじゃないの?
浩太さんと一緒になったことはもちろん後悔なんてしていないだろうけど、生活していたら、あの時勉強しておけば良かったという思いは誰もが抱く後悔だと思う。

 それに模型飛行機に乗った時の初めての感動に引きずられているだけなのかもしれない・・とも思うよなぁ。
スワン号とお客さんを乗せて飛ぶ旅客機のパイロットは違うだろうし。


 「ノーサイド」に逃げ込んだ舞だったが、ママから久留美(山下美月)と共に親の思いを諭され帰宅・・・
そこに悠人(横山裕)から電話が。

 例によってかわいい妹をおちょくる兄だったが、舞からめぐみに放った言葉の後悔を聞くと驚いとった。

「びっくりしたやろな。
舞がそんなことを主張するん初めてやろ。
遅れてきた反抗期、どこまで続くか見ものやな」


 反抗期というか、自立の時期なのかな。
子供ならいつか親と闘う時が来る。闘うことでしか得られない自分というのもあると思う。闘わず諦めると一生引きずってしまう(私だよ!あの頃は闘う気力も無かったのよ〜 ( ̄▽ ̄;))。


 めぐみ達も舞の言動に驚き戸惑ってはいたが、怒って反対している訳じゃない。
まだまだ男社会と思われるパイロットの世界、そんな所で苦労し傷つく娘を心配していたのさ〜。

「舞にできるやろか・・」めぐみ
「う〜ん・・・」浩太
「大変な仕事なんやろねぇ」
「いや、そらそやろ。
大勢の命預かって飛ばなあかんねから」
「舞は、そんなまだ人のいてへん道をがむしゃらに切り開いていくタイプやあれへん。頑張ってパイロットになれたとしても、そのあとしんどい思いすんのとちゃうやろか・・・」


 苦労は買ってでもしろと昔から言われているが、親としては、ほどよい苦労はさせてもいいが、命懸けのしんどい思いはさせたくないゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
航空大学に入れても、そこで挫折したら舞はどうしたらいいのか・・・


 そんな話をしていたら、「うめづ」のおばちゃん(くわばたりえ)が泣きながら飛び込んできた。

どないしよ!貴司が・・・貴司が!

 どうした?貴司。
3日も家に戻らず連絡もない言うてたもんなぁ・・・
耐えられず、心が求めるどっかへ呼ばれていったのかなぁ・・・


 火曜日 第32話

 なんと貴司は3日前に会社に退職届を出していたことが判明。
心配に堪らなくなった雪乃さん(くわばたりえ)が会社に電話して発覚。
携帯も繋がらないし、そりゃ取り乱すのも当然さ。
それを聞いた舞と久留美も心当たりを探しまわり、「デラシネ」が閉店したことを初めて知った。

 雪乃さんが会社に行って貴司のことを聞いてきたが、前の日まで普通に働いていたということ以外なにもわからなかった。事故に巻き込まれた可能性もあるため、居ても立っても居られず警察に届けるという雪乃さんを、そんな事したら帰りづらくなると止める勝さん(山口智充)。

 突然のことに何も気づかなかった自分を責める舞たち・・・
貴司はサインを出していたと勝さんを責める雪乃さんの声が胸に響く。

「ちゃう・・・
私、何も知らんかったんやない・・・
貴司君、何か変やなって心のどっかで気ぃ付いてた。
そやのに、自分のことで頭いっぱいで・・・」舞


 そこに着信を見た貴司から電話がかかってきた!
なんと今、五島におるそうな。

「舞ちゃんからうちのおかんに言うてくれへん?
ちゃんと生きてるから心配せんといてて」貴司
「そんなん自分で言うた方がええ。心配してはるから」舞
「今は話できへん。
・・・もう限界なんよ。
せやから舞ちゃんから伝えてほしい」
「分かった。けど教えて。五島にしばらくおんの?」
「分かれへん。
けど見てみたかった景色があんねん。絵葉書の・・・」

 それだけ言って切れたしまった。

 そういえば、小学生の頃、舞が五島から送った絵葉書、
いつまでも見てたもんなぁ・・
そこは舞がいるなにやら遥かかなたの美しい場所。
舞が帰ってきてからは、舞を元気にしてくれた不思議な場所。

 いつしか貴司君の中で行ってみたい特別な場所、「デラシネ」と同じように、そこに行けば救われるかもしれないと思える場所になっていたんだろうか。
なんだかわかるような気がする。心がそこを求めている。なにもかも無くしたと思った時呼ばれる景色というのがあると思う。


 てか貴司、ばぁばの所へ行きんさい!
そして受け止めてもらいなさい。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:56|PermalinkComments(0)

2022年11月12日

「舞いあがれ!」 第6週 スワン号の奇跡

 月曜日 第26話

 無事テスト飛行が終わり、その映像確認後、刈谷先輩(高杉真宙)は、さらに舞(福原遥)が飛びやすい飛行機に改良するためプロペラの取り付け角度の調整を決定。
皆さんから驚きと非難の声が(笑

 なんとか鶴田(足立英)が落ち着かせたが、刈谷の改良案を実現化するにはプロペラハブの改良をせにゃならん。金属加工なんて無理やん!の声が上がる中、舞の実家(IWAKURA!)が浮上!

 舞から連絡をもらった浩太(高橋克典)は頼られて嬉しくてたまらない(笑
しかし、そんなお父ちゃんに冷水を浴びせる者が・・・


 章兄ちゃん(葵揚)さ。
サークルの中に彼氏がいるのでは?最近帰り遅いみたいだし〜
舞の年頃なら親に隠れて付き合っているはず。
携帯見てニヤニヤしてるのは彼氏の写真を待ち受けにしてるんじゃ?

 浩太を谷底に突き落として去っていったのです・・
で、バードマンズが工場に来たら、スリーアミーゴ(浩太、笠やん、章兄ちゃん)は「どいつが舞ちゃんの彼氏だぁ?」と見分開始。お父ちゃんなんて瞬時にメガネ外したし(笑


 肝心の加工は浩太の工場の専門外だったようで断る流れになったんだが、
笠やん(古舘寛治)の「できるで」の一言で状況一変。
なんと笠やんは昔、金属加工屋にいたそうで(浩太も初耳)、即動いてくれた。

 ここが職人さんのすごいところだよね。
培ってきた技術でやったことがない事にもチャレンジしてくれる。

 なんか、なにわバードマン達の試行錯誤が、昔、浩太が特殊ネジの試作品を作った時と重なったよ。あの時も職人さん達に助けてもらったもんねぇ。


 めぐみ(永作博美)と浩太は鶴田達から舞の頑張りと、なにわバードマンにとってどれほど大切な存在かを聞いてほっとしたと同時に、すごく嬉しそうだった。

「舞、ええ人らと一緒に頑張ってるみたいやなぁ」めぐみ
「せやなぁ」浩太
「変わるもんなんやね。パイロットやて」
「ホンマにな」


 さて、舞の携帯の待ち受けですが・・・
スワン号でしたとさ (* ̄m ̄)プッ


 笠やんのおかげで新しいプロペラハブも完成!
また一歩、記録に近づいた「なにわバードマン」なのでした。

 今回は浩太パパのいろんな表情が見られましたわ〜
舞に恋人出現→ショーーック!→ドキドキ→不安→ホッ→喜び〜〜!
舞から待ち受け画面を見せられた時の、心から安心し笑顔がぱああああ〜〜っと広がったのがなんともいえんかったわ。

 相変わらず、それぞれの仕事の過程を丁寧に描いてくれる。
だからこそ自然とワシらもスワン号への思いが募っていくんだよね。


 火曜日 第27話

 記録飛行まであと3日。
舞は体重管理ミッションを達成し44キロを切りましたぞ!

 由良先輩(吉谷彩子)に報告したら、にゃんと本番の前日はエネルギーを蓄える為、炭水化物しっかり摂るようにという嬉しいお達しが!
バイト中も何を食べようか楽しく妄想する舞なのでした。

 記録飛行前日、トレーニングは休みだが部室に行った舞を部員達みんながタコ焼きパーティで迎えてくれた。
先輩たち、手際がいいわ〜!
実はなにわバードマンは毎年学園祭でたこ焼きの屋台出しているそうな。
だから技術も味も代々伝わっているらしい。

 たこ焼きパーティで盛り上がりながら、祭りの前日特有の高揚感と期待感ではずむおしゃべりが良かった。模型飛行機へのロマン、自分だけの密かな挫折感、そして挑戦への若者らしい闘志。
青春だねぇ・・・


 その夜、みんなの熱い思いを知っているからこそ、その期待に応えたいからこそ、眠れない舞。
ばぁば(高畑淳子)に電話したさ。

「寝られへん。
サークルのみんながどんだけ頑張ってきて、どんだけ時間かけて、
どんだけ心込めて飛行機作ってきたかって考えたら・・・
その大事な飛行機を私が飛ばすんやで」舞
「およ」ばぁば
「怖い」
舞なら大丈夫っち。みんな信じとるとね。
じゃけん、舞も自分ば信じて飛べばよか

「分かった」
明日、ぎばっとぞ
うん


 (´;ω;`)ウッ…ばぁば〜〜!
きっと舞は今までも自分では持ちこたえれん時にこうやってばぁばに電話して、その度に受け止めてもらって、安心して眠ることができたんだろうなぁ。
二人の変わらぬ繋がりに泣けたとよ。


 そしてついに記録飛行の日!
琵琶湖へと続くスワン号だけの白い滑走路。
舞の気迫。
走り出すみんなの思い。
動き出すスワン号。
全力で追いかける空色のTシャツ達。
そしてスワン号は空へとすべりだした!

 はぁ〜〜〜〜
もう画面が美しくて力強くて・・・
スワン号が飛んだ瞬間に私の心も一緒に飛んだよ。
スワン号が琵琶湖へ浮かんだ瞬間に止まった画も最高だった。
まさか火曜日に飛ぶとは・・・
そして6週目で、この朝ドラに出会えた感動に心震えてる。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:28|PermalinkComments(0)

2022年10月28日

「舞いあがれ!」 第4週 翼にかける青春

 月曜日 第16話

 さて、10年の時が流れ、あのかわいかった舞ちゃん(浅田芭路)は18歳。
舞(福原遥)と、そして同じ時代を生きているみなさんの現状を確認してみましょう。

 岩倉舞・・・浪速大学で航空工学を学ぶ一年生。入学式で人力飛行機サークル「なにわバードマン」に見学に行き、翼を壊してしまい、謝罪に行ったのがきっかけで入部。琵琶湖で行われるイカロスコンテスト出場を目指しスワン号制作に励んでいるが、新米なので翼を支える骨リブの型紙作りを頑張っております。部費と活動費を捻出するために久留美と同じカフェでバイトを始めたぞ。

 ちゃんと謝りに行き、「自分にできることをやらせて欲しい」と頼んだ舞。健やかで素直な心がそのまま育っているのを見て、おばちゃん嬉しかったよぅ。由良先輩(吉谷彩子)にすげなく拒絶されたけど、舞の「翼(よく)がキレイやったから」という言葉に気づいてくれた先輩が誘ってくれた。最初っから、お!人力飛行機サークルある!入るぞ!てな感じではなく、出会いと入部までの流れに舞の性格が良く現わされていたわ〜

 岩倉浩太(お父ちゃん)(岩倉螺子製作所 社長)(高橋克典)・・・特殊ネジ試作品成功と大量受注を経て、機械も増やし、ネジを材料から作るメーカーに成長させた。特殊ネジの依頼も増え、二つの工場を持つ従業員18名の会社になりました。飛行機の部品を作りジェット機に載せるという夢を持っている。会社のイメージアップを図るためにCI(コーポレート アイデンティティー)に目覚め、HPやスローガン作りに燃えている。その過程で東大阪で作るという人工衛星のことを知り、悠人のナメた発言を受け発奮し、人工衛星製造の説明会に参加する。

 お父ちゃんのエネルギッシュな働きぶりから、この10年の努力と成果の実りが伝わってくる。良かった〜ネジ工場あるあるにならなくてゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ そして同じ夢を持つ舞と過ごすちょっとした時間に喜びを感じているのもわかるわ〜チャレンジすることを恐れない熱い男健在!まだまだガンガンいくで〜!

 岩倉めぐみ(お母ちゃん)(永作博美)・・・岩倉螺子製作所の総務兼経理として会社とお父ちゃんを支えている。相変わらず忙しそうやけど自信と貫禄が伝わってくる。

 岩倉悠人(お兄ちゃん)(横山裕)・・・希望を成し遂げ地元の名門中学・高校を出て東大に進んだが、町内でも有名な岩倉家の問題児となっとる。連絡が取れないため就職活動がうまくいってないのでは?と家族に心配をかけたが、(多分)一流どころのIMORI電機から内定をもらっていた。が、そこは3年で辞めて投資家になる計画を持っている。大学3年の間に株で2千万稼いだので、今後3年で10倍に増やすつもりだそうな。夢は「指一本動かすだけで億稼げる人間になる」。「うめづ」の豚玉お好み焼きが大好物。

 お兄ちゃん、いつのまに銭ゲバになってもうたん?何かをするためにお金を稼ぐというのではなく、お金を増やすこと自体がおもしろくなっている感じ。現在2004年。お兄ちゃんが大損して借金作って行方不明のホームレスになってしまわないことを願います・・・

 望月久留美(山下美月)・・・「絶対ええ看護師さんになる」と強い決意を持つ看護専門学校一年生。お父ちゃん(松尾諭)の仕事が続かないせいか、生活費を稼ぐためにカフェでアルバイトをしている。

 梅津貴司(赤楚衛二)・・・高校卒業後、コンピューター相手の方が仕事が楽やと勘違いしシステムエンジニアの職に就いた。でも想像以上にハードで残業も多いみたい。相変わらず「デラシネ」に入り浸っている。詩の創作の時間を大切にしている。

「働いてたら本読みたいなとか、詩ぃ書きたいなぁとか、前よりずっと思うねん。
自分の好きなもんがはっきり見えてきて夢に近づいてる気ぃするんや」


 心が詩を書くことを求めているんだね。あの頃と同じ。いや、もっとその思いが強くなってきている。生活すべてが創作に結びついていくんだろうね。

 「デラシネ」のおっちゃん(又吉直樹)・・・相変わらず(笑)。誰が居ても気にしない。故にいまだに舞たちの秘密基地となっている。

 火曜日 第17話

 スワン号完成に向け一致団結する「なにわバードマン」に悲報が!
なんと、「イカロスコンテスト」出場のための書類審査で落ちてしまったのさ〜!!

 ショッキング〜!みんなこの大会のために頑張ってきたのに。
わざわざ留年した先輩までいるのに。どうすりゃいいのさ。
わたしゃ、希望すれば誰でも出られると思っていたよ。
そもそも人力飛行機製造人口自体少ないと思ってた・・・
そんなに厳しい世界だったとは・・・無知な私を許して欲しい・・




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:19|PermalinkComments(0)