及川光博

2022年12月30日

きこりのテレビ日記 #100

 12月26日(月曜日)

 例年の12月に比べたらそれほど忙しくないんじゃ?と思っていたら、今日から急に年末感。仕事の電話が止まらない。請求書に手が付けられなくてイライラ。悪態も止まらない(笑)(一応電話切ってから悪態をつくようにしておりますが)そのうち足も出そう(誰も居ない時を見計らってモノに当たっておりますが)帰宅したら頭が痛くて、ちょい昼寝。すぐに猫がわらわらと寄ってきた(笑

 『invert 城塚翡翠 倒叙集』#5(最終話) 信用ならない目撃者 後編(録画)(日本テレビ)

 今回も翡翠(清原果耶)の圧倒的な勝利。
翡翠と鐘場(及川光博)の作戦は完璧を期する為、真ちゃん(小芝風花)にも秘密裡に始められていた。

 雲野(杉本哲太)が会って、彼女の恋心を利用しコントロールに成功した!と思った涼見梓(若月佑美)は翡翠が用意したニセモノの目撃者だった(実は元スリの岩戸さんで翡翠のスリ師匠)(雲野だって自分で言ってたじゃん「目撃者ほど信用ならない者はいない」ってさ〜)。本物の涼見梓は実は酔っぱらっていたので雲野のことなんて見ちゃいなかった。そして涼見梓を見つけたのは真ちゃん。警察も彼女の存在を知らなかった。誰も目撃者の存在を知らないし、警察関係者にもその情報は教えていない。なのに雲野はすぐに涼見さんの場所を特定し会いに行った。

「目撃者の場所にすぐ来ることができたのは、目撃者を目撃した犯人だけ」翡翠

 靴下がかかっていたはずのハンガーの移動。消えた靴下。
翡翠は曽根本(鈴之助)の部屋に入った時から雲野が目撃者を見たことに気づいていた。
 コロンボのように雲野に付きまとい、苛立たせながら奴のの本質に迫り、真相を突き止めるも口封じのため殺される探偵の役を演じながら、確信していた。雲野は必ずあの拳銃を出してくると。

「君はまるで化け物だな」雲野

 それはきっと雲野にとって最高の賛辞なのでしょう。
美しくて孤独な化け物、城塚翡翠。これはゲームですらなかった。

「君が『透明な悪魔』を捕まえたという噂は本当らしいな」雲野
あの変態シスコン野郎は人間の心をもっていないので全く尻尾を掴めずに苦戦しましたが、あなたはごく普通の犯罪者です。人間の心を持っている。
あなたの敗因はあなたが奥様を愛していたこと、それに尽きますよ
」翡翠


 妻が亡くなってから絶望し、悪に突き進むことで破滅を求めた雲野。
自分を止められる(ほどの)人間などいないと思いながらも、こうやって自分を膝まづかせる相手を求め続けていた。

「人間は死に取り憑かれるものです。
そこから再び歩み始めることは、一人きりではとても難しい」翡翠


 翡翠自身も死と生の狭間でいまだに苦しんでいるのでいるのか。
殺人者の罪を暴き罰を受けさせる、その為に活動している時だけ生きていると感じられるのか・・・
常人にはない能力を持った者は「化け物」になりえる自分と「人間」である自分の間で揺れ動いている。翡翠は人間で在り続けるために殺人者達を断罪しているのかもしれない。

 そして翡翠にとって真ちゃんは、きっと真が思っている以上に大きくて、この世に繋ぎとめてくれる存在なのかもしれない。真ちゃんがいるから翡翠は人間でいられる。

 嘘をつかれていたと知った真ちゃんに翡翠はボコボコにされたけど、嬉しそうだったなぁ。
そして神妙に謝罪する(初めてか?)姿に衝撃を受けた真ちゃんのお許しがでた。

「許してあげるからさ、いつかあんたのこと教えてよ」真

 大切だからこそ教えないのかも。
二人はいいバディだよ。
地獄をツーステップで涼やかに歩いていくような翡翠と、そんな翡翠に引っ張り回されているように見えながら、翡翠の心の中にすっぽり収まっている真ちゃん。二人が歩いていく道をもっと見ていたい。そして獄中にいても心は常に翡翠を求める香月(瀬戸康史)も気になる。
season2 の放送、心から待っております。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:21|PermalinkComments(0)

2006年07月04日

「吾輩は主婦である」31話

 さて、オープニングで登場・・矢名家のペットミドリガメ。
名前は漱石。
しかし、みんなが呼び捨てにするのが気に入らない人間の漱石(斉藤由貴)。
「じゃあ、金之助にしますか?」ちよこ(竹下景子)
 
 やな書房では、「吾輩は主婦である」出版記念に福袋を発売。
「「吾輩」と「あぶさん」の一巻がセットで1500円なのよ〜」ちよこ
「当然2巻が読みたくなるでしょ?(もう一つの福袋を開く)
「吾輩」と「あぶさん」の3巻が入ってんのよ〜
(また別の福袋から)で、こんどこそ2巻かと思って買うと・・
「吾輩」が二冊入ってんのよ〜♪
つまり、お客は「あぶさん」の2巻が当たるまで永遠に「吾輩」を買い続ける訳!
ざまあみろ!」
「バカもの〜!!」
「バカじゃないわよ。商売上手よ」

 確かに〜!2巻ってとこが微妙だね〜
そりゃ、買うかも。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2006年07月01日

「吾輩は主婦である」29話・30話

 MSに行くと、ベランダに足をかけて飛び降りようとしている夜先生(高橋一生)と
遭遇した漱石(斉藤由貴)。
お互いに固まったまま一時間が経過。
結局おにぎりを食べて落ち着く二人。
「書きたいものがないんです」
たまたま大学の卒業記念に書いた小説をブログに発表したら、
注目されて作家になって芥川賞をとってしまったというしずか。
 次回作も何を書いたらいいのかわからない・・と悩みを打ち明ける。

 「書きたいものがある奴などおらん!
そんなもの、よっぽどの自信家か頭のおかしい奴だけだ。
書きたいものがないということは、書く必要がないということだ。
充たされているということだよ。
それは人間としてすこぶる正常で幸せなことなんだぞ。
だから、書きたいと思うまで書かんで結構!」
漱石の言葉に心打たれた夜先生、漱石に弟子入りすることにする。

 いや〜高橋一生さんっておもしろいですよね。
いろんな人が頭で描いている「今の若者」のイメージに合致するっていうか・・
存在感があるのに変幻自在な感じがする。
 今回プロフィールを調べてみたら「耳をすませば」の主人公の恋人役の
声やってたんだね〜!びっくり・・・

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:09|PermalinkComments(6)TrackBack(4)

「吾輩は主婦である」27話・28話

 つぼみ(能世あんな)が辞めたせいでジャンバルジャンでの漱石は
大忙し。おまけに小説の方も中々進まなくてイライラ。
たかし(及川光博)も漱石との生活に疲れてきてイライラ。
 そんな時、MSを買いたいという人が現れて久々に盛り上がる矢名家。

 しかし・・たかしがMSの事でみどりっつーか漱石に相談しようとしたら
ウラ拳で殴られ鼻血が・・・あら〜
それなのにMSが売れた金の2千万の使い道で盛り上がるメンバー達(ってやす子とひろしまで

使い道は
・矢名家のリフォーム
・韓国に土地を買って、やな書房の韓国支店を作る

 仕事が進まない漱石はみんなをどなりつける。
家に居ては集中できない!漱石はMSで執筆をすることにする。
しかし、丁度買手が見に来て自分の部屋だと言い張る漱石と
妻とは相談済と言い張るたかし、間に入った不動産屋、
買手の若造とでにっちもさっちもいかない感じに。

 買手の朝野さんは実は超有名作家の夜しずかであることが判明!
著書の「キャミソール」はそろそろ100万部、TV化と映画化の話も来てる。
ちらっとMSを見ただけで、
「買います。ここよさげなんで・・」
「できれば二千万で・・(おずおず)」たかし
「あー、そんなもんなんだ・・(安っ)」続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:00|PermalinkComments(2)TrackBack(4)

2006年06月27日

「吾輩は主婦である」26話

 真夜中に突然嵐と共に現れた男ゆきお(川平慈英)。
「オマエかよ!」漱石
どうしても、相談したいことがあってやって来たというゆきおだが・・
「実は・・・・ごにょごにょごにょ・・・」
「えっ?!」
「聞こえない!!」
「追い込んでも逆効果だよ。
言ってなかったけど、ゆきおさん、ホントはものすごく暗い人間で
対人恐怖症のリハビリの為にミュージカル始めたんだって。
だからすごく大きな声かすごく小さい声しかでないんですよね」たかし
「ごにょごにょ・・・・・・・・・・・」
「え〜〜〜?!!」

 どうやら、つぼみ(観世あんな)と関係ができてしまい、
元妻とどっちを選んだらいいか悩んでいるらしい。
しかも、ゆきおは後腐れのない一夜限りの関係だと思ったら、
辞めたはずのつぼみは辞めず、嫉妬と束縛が始まって困ってるそうな・・
「つきあってるんじゃないの?」たかし
「付き合ってるの?付き合ってるのかなぁ・・?ていうか付き合うって何?」ゆきお
「中学生かよ!」たかし続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(5)

2006年06月24日

「吾輩は主婦である」24話

 たかし(及川光博)が電車で痴漢をして捕まったという電話が入る。
『ついにやったか・・赤パジャマ・・
変態野郎とは思っていたがまさか性犯罪に走るとは・・』漱石

「まあ〜〜!!申し訳ありません!」泣き出すちよこ。
なぐさめる漱石を突き飛ばして
「( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!! また、小説のネタにする気でしょ!!
そもそも吾輩が吾輩になってから、この家がおかしな事になってるんです!
吾輩色に染まり始めてるんです!
少しは責任感じてもらわないと困るんです!!(キーーッ!)」

 急に豹変する竹下さんが笑える・・
このドラマのおかげで私の中では竹下株急上昇ですよ!続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 06:19|PermalinkComments(2)TrackBack(4)

2006年06月23日

「吾輩は主婦である」23話

 さて、締め切りの水曜だというのに・・・
すっかり地元の有名人となった漱石(斉藤由貴)の元には
ひっきりなしにご近所さんがやって来て無駄話をして行く。
 執筆に集中できなくていらいるする漱石。

 総菜屋のネモトの奥さんへのアドバイス
「賭け事ってのは勝ってる時が止め時なんです。
勝ってる時に足を洗えたら本物です!」と
ネモトさんの旦那の愛読書「俺はパチンコでマンションを買った」(元いいとも青年隊ですね〜)
にウケました。

 さて、ちよこ(竹下景子)の死んだ夫の友人尾形(小野武彦)が訊ねて来た事から
事件勃発・・・
なにやらちよこの様子がおかしい・・一人だけ紗がかかってるし・・
『死んだ亭主の友人と未亡人との再会・・何かドラマチックな展開だ・・』
食事中もぼんやりしたり、急に笑い出したり・・・
『ちよこは今、恋をしている・・』続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2006年06月21日

「吾輩は主婦である」22話

 さて、娘たちをほっぽって漱石(斉藤由貴)の言った
「新しい男との出会い」を求めて出て行ったももえ(猫背椿)
「娘を4649」・・・

 よろしく・・って・・

 急に家族が増えて家計簿をつけるそろばんも震えがちなちよこ(竹下景子)。
「もお〜!!かさむ!かさむ!食費がかさむっちゅーねん!!」
しかし、そんな事はお構いなしの姉妹、やりたい放題で
じゅんやまゆみを泣かせる・・

 勝手に日記は読むし、携帯は覗くし、じゅんも隣の裕太もボコボコに・・
野生児だよ・・・
しかし、ヤンキーの娘って何故かみんな色白いよね・・
その白さも、秋田美人ぽい白じゃなくて蝋人形っぽいんだけど・・続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2006年06月19日

「吾輩は主婦である」21話

 先週分は忙しくて書けなかったのですが・・・
もう半分きちゃったんだね〜早っ!
今週はまじめに1話づつ書いていきます。

 突然現れたたかしの妹(猫背椿)。
「ももえれす・・しくよろ〜〜つて!」
漱石(斉藤由貴)によって、爪お化け、吸血鬼と命名される。
15年も行方不明だったために、まゆみもじゅんも知らなかったというか
存在を隠していたというか・・・

 初めて会った漱石というか・・兄嫁に
「アンタ!もしかして・・(全員どきっ)デーモン小暮のファン?
私もデーモン小暮の追っかけやってたんだよね。
高校の時ミサ行きまくってたよ!
吾輩は10万32歳である!ムハハハハーー!!
お前を蝋人形にしてやろうか〜?」
 そして、みどりの名前を聞いた途端「じゃ、ケロンパって呼ぶね!」

 ついに出てきた猫背椿さん
小学生っぽい雰囲気をもった年齢不詳の不思議な女優さんです。
マンハッタンラブストーリー」の再現フィルムの女ですね〜
大人計画」というかクドカンファミリーが続々登場してきますね〜
 しかし、「ケロンパ」ってヤングは知らないんじゃ・・・
クドカンって昭和文化の伝承者だよね〜続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:30|PermalinkComments(2)TrackBack(2)

2006年06月05日

「吾輩は主婦である」11話

 第11回 「はいく」
せっかくみどり(斉藤由貴)に戻ったのになまはげ(池津祥子)の一言で
また漱石が戻ってくる。(何でだ?)
「吾輩の趣味は何?」やす子
「俳句だ!」
「へ〜いい趣味してんじゃん!今度さ、俳句パーティやろうじゃん!」

 家族はみどりが戻って来たと大喜び・・
子供達の顔を見ると自分は漱石だとなかなか言い出せない。
つい、みどりのふりをしてしまう漱石。(母性本能ゆえ?)

 しかし、ミュージカルの歌を歌ってと言われて軍歌を歌ったのに
「じょうず〜!!みどりさん、歌嫁〜!!」
気づけよ・・・
 いったい、やす子の何が漱石にスイッチを入れたのでしょうか?

 漱石に戻った事が言えなくてもんもんとする漱石。
「いっそこのまま主婦になってしまうか・・・明治に帰りたい・・(切実)」
そうこうするうちに久しぶりに戻ってきたみどりに迫る赤パジャマ。
『母の振りはできても妻の振りはできん!』
逃げ回ってもねっとりと迫る赤パジャマ。
漱石が観念した時にまゆみ(東亜優)編み物を教えてもらおうと思ってやってくる。
「ちがう、ちがう!これ、マッサージ堯; ̄□ ̄A アセアセ」たかし
ボトッ!(毛糸と籠の落ちる音)「こないで!」
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 22:44|PermalinkComments(2)TrackBack(3)