又吉直樹

2023年01月20日

「舞いあがれ!」 第16週 母と私の挑戦 

 月曜日 第72話

 社長になっためぐみ(永作博美)は社員達に人員整理の結果、信金さんに融資の返済期限を延長してもらえたことを報告。しかしその期限は半年と短い。経営立て直しのために営業に力を入れる、そのために藤沢君(元からいる営業)と娘の舞(福原遥)と新規事業獲得に励むと伝えた。

 みなさんの反応の冷たいこと・・・
舞がパイロット内定を辞退したと覚悟と熱意を見せても、戸惑いと不安しか返ってこない。
ネジのことなんも知らんお嬢さんが入ったところで泥舟感は高まるばかり。それに舞の落ち着いた佇まいが非常事態なのにって逆に腹立つのかもしれんなぁ・・


 そして藤沢君(榎田貴斗)だよ。
営業先をリストアップしてくれたのはいいけど、ド素人の舞に丸投げ。
営業の基本ぐらい教えてくれてもいいじゃん!
ただがむしゃらに電話かけまくっても仕事獲得に繋がるとは思えん。
直接担当者に会いに行く時も紹介がてら舞を連れて一緒に回ればいいと思うんだが。
無駄な動きをしている暇はないのに、どういうつもり?
舞の味方したら他の従業員さん達に責められると思ってんのかしら。


 そして舞も舞だよ( ̄▽ ̄;)
ネジの知識も納期もわからんのに営業先でどんな話をしようってのさ?


 もちろん電話はスルーされるし、訪問しても堂々と居留守を使われてしまう。
そんな中、会って話を聞いてくれたのは、かつて岩倉螺子製作所が危機の際、特殊ネジの仕事を回してくれた「カワチ鋲螺」の森本さん。しかし仕事には繋がらなかった。

「今まで経営に関わってはれへんかったお母さんが社長になりはったんですわな。
厳しいこと申しますけどな、そない簡単に信用でけへんのですわ。
今、ご自身の会社がどんなレベルの製品やったら引き受けられんのかちゃんと理解してはりますか?未経験者が工場やっていくて、どだい無理な話なんですわ」


 厳しい言葉だが、ごもっとも。
商品のことなんも知らんのに相手を説得できる訳もない。
そして森本さんは忙しい中、わざわざ時間を取って舞に大事なことを教えてくれた。
これも浩太さん(高橋克典)が地道に築いてきた信頼関係があったからだよね。


 舞は笠やんに「ねじの転造と切削のこと」を教えて欲しいと頼んだ。
それを聞いた社員Aは「これからネジのお勉強か」て呆れとった。
ゆっくりかもしれんが舞は一歩一歩進もうとしている。

 舞のバイタリティは恐ろしいほど。
ゼロからのスタートでも怯まず挑んでいく。今までと同じように。


 てか、大吉先生は「山田がキーマン」って言ってたけど、どんどん増長する山田の態度が憎らしいったらありゃしない ( ̄▽ ̄;) 華丸さん「そろそろいい子にならないかなぁ」とボヤいとったが、急に善人になるのもアレだし、タイミングが難しいぞ。よっぽどの事がなきゃ減らず口もなくならないだろうしさ。

 舞から内定を辞退して二人で会社を立て直すと聞いたばんば(高畑淳子)はさすがに動揺したみたいだが、舞の前向きな言葉を受け止めてくれた。そして朝陽君(又野暁仁)に友達ができたこと、学校に行けるようになるかもしれないと教えてくれた。

朝陽君前に進んでるやん」舞
およ」ばんば
私も頑張る


 火曜日 第73話

 そして始まった「笠やんのやさしいネジ教室」。
めぐみも加わり、そして社員の一人・土屋さん(二宮星)も参加。
それを見た社員は今更・・てな感じだったけど、かまっちゃいられんのだわ。

 笠やんにしてみたら初歩の初歩だろうけど、社員が言うところの「素人」にもすごくわかりやすい内容だった!コレ、他の人にも絶対ためになると思うワ〜
新しい発見があるんじゃないかなぁ。

 『ネジが好きですから』と周りに同調することなくネジ講義に参加した土屋さん。いい職人になるだろうなぁ。「好き」って強いよねぇ?
章兄ちゃん(葵揚)を思い出したよ。

 そして相変わらず呆れ顔で通り過ぎる山田(大浦千佳)ではあったが、
舞の動向は常に気になる模様 ( ̄▽ ̄;)
最近舞と二人の場面多くなってきているよね?
やはり山田がキーマンなの?
山田が動けば山も動くのか??



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:02|PermalinkComments(2)

2022年11月12日

「舞いあがれ!」 第6週 スワン号の奇跡

 月曜日 第26話

 無事テスト飛行が終わり、その映像確認後、刈谷先輩(高杉真宙)は、さらに舞(福原遥)が飛びやすい飛行機に改良するためプロペラの取り付け角度の調整を決定。
皆さんから驚きと非難の声が(笑

 なんとか鶴田(足立英)が落ち着かせたが、刈谷の改良案を実現化するにはプロペラハブの改良をせにゃならん。金属加工なんて無理やん!の声が上がる中、舞の実家(IWAKURA!)が浮上!

 舞から連絡をもらった浩太(高橋克典)は頼られて嬉しくてたまらない(笑
しかし、そんなお父ちゃんに冷水を浴びせる者が・・・


 章兄ちゃん(葵揚)さ。
サークルの中に彼氏がいるのでは?最近帰り遅いみたいだし〜
舞の年頃なら親に隠れて付き合っているはず。
携帯見てニヤニヤしてるのは彼氏の写真を待ち受けにしてるんじゃ?

 浩太を谷底に突き落として去っていったのです・・
で、バードマンズが工場に来たら、スリーアミーゴ(浩太、笠やん、章兄ちゃん)は「どいつが舞ちゃんの彼氏だぁ?」と見分開始。お父ちゃんなんて瞬時にメガネ外したし(笑


 肝心の加工は浩太の工場の専門外だったようで断る流れになったんだが、
笠やん(古舘寛治)の「できるで」の一言で状況一変。
なんと笠やんは昔、金属加工屋にいたそうで(浩太も初耳)、即動いてくれた。

 ここが職人さんのすごいところだよね。
培ってきた技術でやったことがない事にもチャレンジしてくれる。

 なんか、なにわバードマン達の試行錯誤が、昔、浩太が特殊ネジの試作品を作った時と重なったよ。あの時も職人さん達に助けてもらったもんねぇ。


 めぐみ(永作博美)と浩太は鶴田達から舞の頑張りと、なにわバードマンにとってどれほど大切な存在かを聞いてほっとしたと同時に、すごく嬉しそうだった。

「舞、ええ人らと一緒に頑張ってるみたいやなぁ」めぐみ
「せやなぁ」浩太
「変わるもんなんやね。パイロットやて」
「ホンマにな」


 さて、舞の携帯の待ち受けですが・・・
スワン号でしたとさ (* ̄m ̄)プッ


 笠やんのおかげで新しいプロペラハブも完成!
また一歩、記録に近づいた「なにわバードマン」なのでした。

 今回は浩太パパのいろんな表情が見られましたわ〜
舞に恋人出現→ショーーック!→ドキドキ→不安→ホッ→喜び〜〜!
舞から待ち受け画面を見せられた時の、心から安心し笑顔がぱああああ〜〜っと広がったのがなんともいえんかったわ。

 相変わらず、それぞれの仕事の過程を丁寧に描いてくれる。
だからこそ自然とワシらもスワン号への思いが募っていくんだよね。


 火曜日 第27話

 記録飛行まであと3日。
舞は体重管理ミッションを達成し44キロを切りましたぞ!

 由良先輩(吉谷彩子)に報告したら、にゃんと本番の前日はエネルギーを蓄える為、炭水化物しっかり摂るようにという嬉しいお達しが!
バイト中も何を食べようか楽しく妄想する舞なのでした。

 記録飛行前日、トレーニングは休みだが部室に行った舞を部員達みんながタコ焼きパーティで迎えてくれた。
先輩たち、手際がいいわ〜!
実はなにわバードマンは毎年学園祭でたこ焼きの屋台出しているそうな。
だから技術も味も代々伝わっているらしい。

 たこ焼きパーティで盛り上がりながら、祭りの前日特有の高揚感と期待感ではずむおしゃべりが良かった。模型飛行機へのロマン、自分だけの密かな挫折感、そして挑戦への若者らしい闘志。
青春だねぇ・・・


 その夜、みんなの熱い思いを知っているからこそ、その期待に応えたいからこそ、眠れない舞。
ばぁば(高畑淳子)に電話したさ。

「寝られへん。
サークルのみんながどんだけ頑張ってきて、どんだけ時間かけて、
どんだけ心込めて飛行機作ってきたかって考えたら・・・
その大事な飛行機を私が飛ばすんやで」舞
「およ」ばぁば
「怖い」
舞なら大丈夫っち。みんな信じとるとね。
じゃけん、舞も自分ば信じて飛べばよか

「分かった」
明日、ぎばっとぞ
うん


 (´;ω;`)ウッ…ばぁば〜〜!
きっと舞は今までも自分では持ちこたえれん時にこうやってばぁばに電話して、その度に受け止めてもらって、安心して眠ることができたんだろうなぁ。
二人の変わらぬ繋がりに泣けたとよ。


 そしてついに記録飛行の日!
琵琶湖へと続くスワン号だけの白い滑走路。
舞の気迫。
走り出すみんなの思い。
動き出すスワン号。
全力で追いかける空色のTシャツ達。
そしてスワン号は空へとすべりだした!

 はぁ〜〜〜〜
もう画面が美しくて力強くて・・・
スワン号が飛んだ瞬間に私の心も一緒に飛んだよ。
スワン号が琵琶湖へ浮かんだ瞬間に止まった画も最高だった。
まさか火曜日に飛ぶとは・・・
そして6週目で、この朝ドラに出会えた感動に心震えてる。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:28|PermalinkComments(0)

2022年10月28日

「舞いあがれ!」 第4週 翼にかける青春

 月曜日 第16話

 さて、10年の時が流れ、あのかわいかった舞ちゃん(浅田芭路)は18歳。
舞(福原遥)と、そして同じ時代を生きているみなさんの現状を確認してみましょう。

 岩倉舞・・・浪速大学で航空工学を学ぶ一年生。入学式で人力飛行機サークル「なにわバードマン」に見学に行き、翼を壊してしまい、謝罪に行ったのがきっかけで入部。琵琶湖で行われるイカロスコンテスト出場を目指しスワン号制作に励んでいるが、新米なので翼を支える骨リブの型紙作りを頑張っております。部費と活動費を捻出するために久留美と同じカフェでバイトを始めたぞ。

 ちゃんと謝りに行き、「自分にできることをやらせて欲しい」と頼んだ舞。健やかで素直な心がそのまま育っているのを見て、おばちゃん嬉しかったよぅ。由良先輩(吉谷彩子)にすげなく拒絶されたけど、舞の「翼(よく)がキレイやったから」という言葉に気づいてくれた先輩が誘ってくれた。最初っから、お!人力飛行機サークルある!入るぞ!てな感じではなく、出会いと入部までの流れに舞の性格が良く現わされていたわ〜

 岩倉浩太(お父ちゃん)(岩倉螺子製作所 社長)(高橋克典)・・・特殊ネジ試作品成功と大量受注を経て、機械も増やし、ネジを材料から作るメーカーに成長させた。特殊ネジの依頼も増え、二つの工場を持つ従業員18名の会社になりました。飛行機の部品を作りジェット機に載せるという夢を持っている。会社のイメージアップを図るためにCI(コーポレート アイデンティティー)に目覚め、HPやスローガン作りに燃えている。その過程で東大阪で作るという人工衛星のことを知り、悠人のナメた発言を受け発奮し、人工衛星製造の説明会に参加する。

 お父ちゃんのエネルギッシュな働きぶりから、この10年の努力と成果の実りが伝わってくる。良かった〜ネジ工場あるあるにならなくてゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ そして同じ夢を持つ舞と過ごすちょっとした時間に喜びを感じているのもわかるわ〜チャレンジすることを恐れない熱い男健在!まだまだガンガンいくで〜!

 岩倉めぐみ(お母ちゃん)(永作博美)・・・岩倉螺子製作所の総務兼経理として会社とお父ちゃんを支えている。相変わらず忙しそうやけど自信と貫禄が伝わってくる。

 岩倉悠人(お兄ちゃん)(横山裕)・・・希望を成し遂げ地元の名門中学・高校を出て東大に進んだが、町内でも有名な岩倉家の問題児となっとる。連絡が取れないため就職活動がうまくいってないのでは?と家族に心配をかけたが、(多分)一流どころのIMORI電機から内定をもらっていた。が、そこは3年で辞めて投資家になる計画を持っている。大学3年の間に株で2千万稼いだので、今後3年で10倍に増やすつもりだそうな。夢は「指一本動かすだけで億稼げる人間になる」。「うめづ」の豚玉お好み焼きが大好物。

 お兄ちゃん、いつのまに銭ゲバになってもうたん?何かをするためにお金を稼ぐというのではなく、お金を増やすこと自体がおもしろくなっている感じ。現在2004年。お兄ちゃんが大損して借金作って行方不明のホームレスになってしまわないことを願います・・・

 望月久留美(山下美月)・・・「絶対ええ看護師さんになる」と強い決意を持つ看護専門学校一年生。お父ちゃん(松尾諭)の仕事が続かないせいか、生活費を稼ぐためにカフェでアルバイトをしている。

 梅津貴司(赤楚衛二)・・・高校卒業後、コンピューター相手の方が仕事が楽やと勘違いしシステムエンジニアの職に就いた。でも想像以上にハードで残業も多いみたい。相変わらず「デラシネ」に入り浸っている。詩の創作の時間を大切にしている。

「働いてたら本読みたいなとか、詩ぃ書きたいなぁとか、前よりずっと思うねん。
自分の好きなもんがはっきり見えてきて夢に近づいてる気ぃするんや」


 心が詩を書くことを求めているんだね。あの頃と同じ。いや、もっとその思いが強くなってきている。生活すべてが創作に結びついていくんだろうね。

 「デラシネ」のおっちゃん(又吉直樹)・・・相変わらず(笑)。誰が居ても気にしない。故にいまだに舞たちの秘密基地となっている。

 火曜日 第17話

 スワン号完成に向け一致団結する「なにわバードマン」に悲報が!
なんと、「イカロスコンテスト」出場のための書類審査で落ちてしまったのさ〜!!

 ショッキング〜!みんなこの大会のために頑張ってきたのに。
わざわざ留年した先輩までいるのに。どうすりゃいいのさ。
わたしゃ、希望すれば誰でも出られると思っていたよ。
そもそも人力飛行機製造人口自体少ないと思ってた・・・
そんなに厳しい世界だったとは・・・無知な私を許して欲しい・・




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:19|PermalinkComments(0)

2022年10月21日

「舞いあがれ!」 第3週 がんばれ!お父ちゃん

 月曜日 第11話
 
 大阪に戻った舞(浅田芭路)の新しい生活が始まりました。
てか、舞が留守にしている間に岩倉家もかなり変わったよ。
お父ちゃん(高橋克典)やお兄ちゃん(海老塚幸穏)が料理を作ってくれたり、食事の準備をしたり、そこに舞のお手伝いも加わって、めぐみ(永作博美)の負担が少しは減りそうな予感。家族一致団結ゆう感じやな。

 そして舞は、初めて父も飛行機が大好きで、夢を叶えて飛行機を作る会社で働いていたことを知った。江戸時代に飛行機の構想を持っていた発明家の本も見せてくれたで。

 学校での舞は体育の授業にも参加し、堂々と跳び箱も飛んでみんなをびっくりさせとる。明るく積極的になった舞は注目の的。しかし、久留美(大野さき)がクラスのみんなから仲間外れにされている事を知りショックを受ける。うさぎのスミちゃんが死んでしまった事で「ウサギ殺し」呼ばわりされていたのさ〜

 なんてことだ。
そんなの子供の飼育係が全部背負うことじゃないでしょうよ〜
先生は知っとんのか?


 翌日、学校を休んだ久留美に会いに行った舞は、ウサギは飼い主に具合が悪いことを隠そうとするし、急に死んでしまうことがあると教えた(本で調べたらしい)。
そやから、望月さんのせえやない

 伝えられた〜!すごいじゃん!
舞は日々成長している。
チャレンジすることを楽しんですらいる。
それにめぐみに思っていることを言葉にして伝え、相談することもできるようになった。


 って、久留美ちゃんのお父さん、松尾諭さん!
なんか最近、逆に仲野太賀さんに似てきたような気がするんだが(笑
久留美ちゃん、「うちのお父ちゃん、かっこええんやで」と言っていたけど、もしかして今は働いてないのかな。昔ラグビーの選手やっていてケガして会社辞めたということだが・・・学校休んだけど久留美ちゃんは具合悪くなさそうだし・・なんか事情ありそう。

 でも勇気を出したことで友達として、さらに一歩近づけたみたい。
久留美とは長い付き合いになりそうだね(HPにも載っているしゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ)


 火曜日 第12話

 お父ちゃんの工場大ピンチ!
納品したネジに不良品が混じっていたという事で取引停止を言い渡されたのさ〜
それまでにも寝る間を惜しんで働いており、舞と約束した遊園地にも行けず、グライダーを作る約束も果たせず・・疲れ切っているお父ちゃんが心配よ〜

 そもそも、お父ちゃんのお父ちゃんが亡くなって、工場を継ぐことになり、飛行機の会社を辞めたそうな。

「いつか飛行機の部品作りたいねん。
それが僕の新しい夢」


 そう、ヤングめぐみに語っていたヤングふう克典・・・
でも工場経営に追われ、夢どころではなくなっていったんだろうなぁ。

 舞は父と一緒にグライダーを作る為の本を探そうと貴司(齋藤絢永)と近所の古本屋へ。
気難しい店主のおっちゃん(又吉直樹)(昔は立ち読みしてたら、よくはたきで追い払われたよね(笑)肩たたかれて「買ってからね 」とか言われたもんだよ)が選んでくれた本に夢中。そして貴司は、そのおっちゃんが書いた詩集に心打たれていた。

 貴司、感性が豊かなんだね。
詩を理解し、その「寂しくてきれい」な景色を見ている。
小さくてもちゃんと自分の世界を持っている。
自分の感性を理解し認めてくれたおっちゃんと出会えて貴司も嬉しかったんじゃないかな。
すっかりおっちゃんに気に入られた二人(笑
これから、ここ「デラシネ」が二人の秘密基地になりそう。


 いろいろな事が重なって疲れ切っているお父ちゃん・・
舞はそんな父を元気にしたい!と飛行機を作りを始めましたぞ。
舞の思いを乗せて飛んでくれるかしら。

 ばらもん凧に段ボールの翼をつけて、なんとか空を飛べるように工夫した舞。
自分で考えて、行動し、失敗してもまた別の方法でチャレンジ。
舞という女の子の心が楽しく健やかに跳ね始めています。






続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:36|PermalinkComments(2)