中森明菜

2006年06月16日

「プリマダム」第十回

 発表会にむけてやる気満々の店長(加藤雅也)と高太郎(古田新太)。
「遥坊の代役は私がいただきます!」
「それはこっちの台詞ですね〜」
発表会の日程と会場が決まる。半年後だって・・・

 半年後でも早すぎるぐらいですよ・・

 「主役の私だけポワント履いていいですかぁ〜?」笑子
「わぁ〜いいなぁ〜
「私も死ぬまでには履いてみたいわ〜」松島トモ子(リアルだ・・)
「死んでも無理ね!」笑子(そげなこと・・・)
「トウシューズにこだわらずバレエシューズで美しく踊ることも大切です」匠先生

 匠先生、この浮き足立った連中にビシッと言ってやってくださいよ〜。

 家に帰った高太郎は白タイツ姿を披露する。
「やっぱ発表会と言えばこれでしょう!エロかっこいい!」高太郎
「パパ、キモイ!!」娘達
「キモカワイイ!!」
「かわいくなーーい!」

 まあ、かわいいですけど・・
本番もこれで臨むのでしょうか?楽しみなようなコワイような・・・
男性舞踊者と言えば、どうしてももっこりが気になってしまいますが・・
高太郎は大丈夫でしたね・・しまいこんだ?(猫じゃないって!)

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:57|PermalinkComments(4)TrackBack(8)

2006年06月08日

「プリマダム」第九回

 二人で踊っていて急に苦しみだした嵐子(中森明菜)は救急車で
新藤先生の病院へ運ばれる。
この期に及んでも遥生(中島裕翔)には言わないでと頼む嵐子に戸惑う佳奈(黒木瞳)

 古田新太さん、眼帯してましたよね〜
「またぶつけちゃった・・」って・・アンタ。
苦しすぎるぞ・・
先週よりひどそうって事は、こっちの方を先に撮ったのかしら・・

 バレエ教室では匠先生(小林十市)がパリから戻って
発表会のキャスティングが発表される。
 店長(加藤雅也)はみんなに役名をつけようと提案。
ヒロインの笑子はトゥーランドット姫、他のみんなはオデットとかジュリエットとかなのに、佳奈だけは万田さん、マンダーと。
そして、自分は王様で高太郎は村人A、舞(夏帆)は村人Bと決め付ける。

 店長・・そりゃないぜ!
何故か佳奈には冷たいんですよね〜
甘えれれる存在なんですかね。
今のところ一番じゃまなライバルは高太郎?続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:46|PermalinkComments(12)TrackBack(9)

2006年06月01日

「プリマダム」第8回

 さて、何もかもなくしちゃった嵐子(中森明菜)と遥生(中島裕翔)は
佳奈(黒木瞳)の家に居候することに。
その晩の料理は高太郎(古田新太)のお得意お好み焼き。
「美味しそう!何て料理ですか?
ん〜普段フランス料理とかばっかり食べてんのか?
「お母さんも床で寝るのは初めてよ」って・・
アンタ、日本人じゃないのか?
貯金もしてなかったらしいし、ホントに今までどうやって生きてきたんだ?
畠山が来てからはともかく、それ以前は?

 ところで、古田さんの目の横のキズっつーか、腫れ・・
あれマジ怪我ですよね?どうしたんでしょうか?
「ギャルサー」でやっちまったんでしょうか・・後半治ってきてたけど。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:42|PermalinkComments(7)TrackBack(6)