丘みつ子

2021年11月20日

『スナック キズツキ』第7話 ヨシ子さん 

 今回の主人公は前回の香保さん(西田尚美)のお母さん・ヨシ子さん(丘みつ子)。旦那様は5年前に他界。
サトちゃんこと(第3話)息子の悟志さん(塚地武雅)とふたり暮らし。

 晩御飯、息子は自分を待たないで食べていてって言うけれど、
一人で食べることに慣れない。
息子からは自分のことは気にせずに旅行でも芝居でもどんどん出かけろ、
友達を誘ってみろと言うけれど、身体を悪くしたり、田舎に引っ越したりで
誘える相手はいないのよね。
じゃあ、新しく友達を作れっていうけれど・・
この年でどうやって友達を作るの?
「俺のことは気にしなくていいから」「何か楽しいことしてよ」って言われても・・
何も思いつかないし、そう言われちゃうと寂しさも感じるわ・・・

 子供としては、親が一人でぽつんと自分を待っているだけの生活より
何かに夢中になってくれる方が(宗教とか〇〇〇講以外で)
ホッとするんだよね( ̄▽ ̄;)

 私も母親に言ったことあるよ。
お金なんて貯めこんでてもしかたないんだから、
ジャンジャン好きなことに使ったらいいじゃん、
買い物するのもいいし、旅行とかも行けばいいじゃん!
親戚のあばさんにでも会いに行けば?

 でもね、膝が痛いからとか、暑いから寒いからとか、
行ったところでねぇ・・等と理由をつけて動きゃーしない。

 さて、町内会の定例会に参加したヨシ子さんは自治会長から
いきなり皆川さんという初老の女性を紹介された。
最近、越してきたばかりの皆川さんは娘さんと二人ぐらし。
で、その娘さんを悟志さんにどうか?って言うのさ〜

『子供がいつまでも一人ってのは、やっぱり心配だよ!
自分の老後より子供の老後が気になっちゃったり』
会長

 う〜ん・・・
たまたま独身の男女がそばにいるからってふっつけようってのは
どんなもんでしょ・・・( ̄▽ ̄;)
それぞれ好みってもんがあるだろうしさ〜
家族とは言え、頼まれてもいないのにお見合いの話って持っていきずらいと思うが〜

 ヨシ子さんも皆川さんも戸惑っちゃったよ。
お互いに好印象ではあったのだが・・・
その場で断るのもアレだし、電話番号を交換して別れたのだった。

 そのことを香保さんに連絡したら、まぁまぁ乗り気。
『お兄ちゃんが結婚したら、お母さんだってのんびりできるじゃない?
いつまでも世話焼いてないで、お母さんも好きなことしたら?』

 まるで世話焼くのが悪いことのように・・・
それに「好きなこと」って言われてもわかんないわよ!
もんもんもん・・・・

 そんな時、目に止まった張り紙・・・
『お酒 置いてない スナック』・・・・
あら、店の人かしら・・
感じ良さそうだわ・・・
『あ、ちょっと休んでいきませんか?』トウコ

 スナックに一人でなんて入ったこともないのに
すーーーっとヨシ子さんはついていってしまったのでした。
HPはこちら




 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:14|PermalinkComments(0)