トラベラー

2021年08月28日

きこりのテレビ日記 #49

 8月23日(月曜日)小雨

 近所のボロ工場(昭和45年には存在していた一般家屋を使用)が先週から、やっと解体しはじめたが、すごいのんびり。ケチで有名な社長だから自分で解体もやってんのかしら?とっとと片づけりゃいいのに。でも毎日出勤時と退勤時に今日はどれぐらい進んだかな〜?おっ、結構進んだじゃん、あの中こんなふうになってたのね〜等と確認するのが楽しかったりして。

 20時 BS朝日『ウチ、断捨離しました!』#82

 今回も結構強烈だった。キャラ的にも内容的にも(笑
主人公は長年のパートナーたっちゃんと一軒家に住むともちゃん。
玄関入ったらもうすごい!と思ったら
玄関の前からもうゴチャゴチャがあふれていた・・・( ̄▽ ̄;)
この手の番組でよく見るけど、なんで玄関に必要ない(本人は必要とジャッジしているんだろうが)他ジャンルのモノを積み上げるんだろうね?長く住んでいると慣れちゃって圧迫感も感じないのかな?

 ごちゃごちゃは廊下〜居間〜台所〜階段〜物置〜寝室までとにかく15年分のモノがあらゆる場所に堆積している。なんと言うか・・その場で捨てるかどうかの判断を保留にし続けてきた結果が累積したというか〜〜ご自分で『(モノが)すごいのよ〜』『病気だね』と認めているが開き直っているようにも見える(笑

 この状態のせいか、ともちゃんはイライラがひどく、ついついたっちゃんに怒鳴り散らすことが多いそうな。その状態を治して『優しい人になりたい』、さらにたっちゃんのためにも自分が一人になれる『穏やかに過ごせる部屋』を作りたくて応募されたらしい。

 家を訪れたやましたさんも、さすがに絶句というか・・・どこから手をつけたらいいのかわからんほど。二階の物置(昔の資料がたまっている)を自分の部屋にするのが目標ということで、まずはここから。でもね〜とにかくともちゃんのペースがのろいというか・・私だったらキレて棚を蹴っ飛ばすレベルゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ・・・様子を見てやましたさんが時々指導入れるんだけど・・・届いていないというか・・ブロックしているというか・・

 やましたさんが帰った後、お二人で断捨離を続行したんだが、資料を捨てるにも、ともちゃんがいちいち確認して浸って・・迷って・・だから進まないったらありゃしない。私にしてみたら、もう何年も開くことなく置いてあったんだから、全て捨てていいのでは?いちいち見てたら日が暮れちゃうよ!どんどん捨てんかい!なんだが。

 たっちゃんがシビレを切らして台所の断捨離を始めればケンカ(ともちゃんがキレてどなって終わり、番組最強かも)になるし・・難しい。ひじょうーーーに難しい(笑

 たっちゃんはともちゃんのために台所をリフォームしようと計画しており、そのために茶箪笥とかも作り初めていたもんだから、この機会を逃したくなかったのさ〜その後も物置の断捨離が進まないので、さすがに堪忍袋の緒が切れたたっちゃんが独断で棚を外して処分したもんだから、わたしゃともちゃんの怒りが怖くてヒヤヒヤしたけど、コレに対してはまったくお咎めなしでむしろ感謝していた。

 やっぱりアレだね。夫婦のことは(このお二人は婚姻されていないが)夫婦にしかわからないというか、いくらケンカを繰り返していても二人だけの世界があるんだな〜と納得。ともちゃんはたっちゃんのことを尊敬してすごく大切に思っているし、たっちゃんもともちゃんという人のいい面も悪い面も受け止めて愛しているんだな〜と・・・ちょっと羨ましくなったよ。

 断捨離はラストスパートをかけたおかげで結構進んだけど(私的にはたいして変わってないじゃん!って思ったが)人それぞれのペースがあるもんね。ともちゃんはこっからがスタートで、たっちゃんのサポートを受けながらちょっとづづ断捨離を続けていくんだろうね。


 8月24日(火曜日)小雨

 昨夜、寝る前にベッドを東向きに変えたらいい感じ。
ミー太もちゃんとベッドに来てくれたし〜ヽ(´ー`)ノ
ただデカいから布団を占領されて背中が冷えるなど・・・(笑

 雨続きで寒い。
ストーブ点けたいけど、私にしては珍しく我慢している。

模範タクシー』第13話(録画)(スカパー)(KNTV)

 ペク会長(チャ・ジヨン)の昔の映像から始まった。どっかのエライ会長さんに尽くすペク会長・・・後妻業か?と思ったら本気だったのかしら・・・陰謀なのか何なのか一緒にいる時事故にあって会長は死亡。遺族に罵倒されるペク会長・・・それでカネゴンになっちゃったのかねぇ・・

 と思ったら、「エピローグ」で注射セット出してきて会長に打ってた!
一瞬でも毒グモ女を信じた私が大馬鹿だったよ・・・(-言-)
会長と一緒に乗っている車に突っ込んで来たトラックにはソクテとヨンテが乗っていた。こうやって資金を稼いてきたのか・・・ホント、恐ろしい女だよ。

 さて現在、監禁していた犯罪者たちを連れて逃亡したペク会長一味。
チャン代表(キム・ウィソン)とキム・ドギ(イ・ジェフン)は犯罪者達奪還を誓うが、連れて来たところで入れる場所がもうない。ど〜すんの?

 だから〜〜!『親切なクムジャさん』方式に一人一人遺族と一緒に殺っちゃまえば良かったんだよ。監禁代とかも浮くしさ〜ペク会長みたいな奴を儲けさせることもなかったし。生かしておく意味がわからんよ。チャン代表は恐怖心から更生への道を歩むのではないか?と考えていたようだけどまだるっこしいよ。閉じ込めておくだけで奴らが改心するとは思えないし、復讐頼んだ相手も末路がはっきりしないと不安なんじゃないの?

 ペク会長がバハマ大使館とコンタクトを取っているのを知ったドギ達は停電を起こして大使館に侵入。そこでヨンテを見付けて捕獲し救急車で逃走(いつも思うんだけど、この救急車どこから来た?すぐに車の塗装変えちゃうからコレも剥がせるタイプ?)。同じ時に嗅ぎつけたカン検事(イ・ソム)も来ていたんだけどなんとかまくことができた。



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:51|PermalinkComments(0)