テレビ体操

2021年01月30日

きこりのテレビ日記 #22 1月30日(土曜日)

 4時頃にトイレに起きて蒲団に入ったが、そのあと10分おきぐらいにすず(猫)が蒲団に入れて〜→布団上げる→なんか位置が気に入らない→またね〜 を三回繰り返されて眠れず。キーーー!

 5時半外へ。雪が積もっている時はミー太はついて来ない。一昨日から降り続け40センチぐらいの積雪か。昨日私としては珍しく降っている間2回雪かきしたので今朝は10僂阿蕕ぁでも歩道と車道のところに「置き土産(除雪車が通った後にできる雪の塊)」があったので結構時間かかってしまった。気づけば6時過ぎ(´;ω;`) お腹空いた。

 6時20分テレビの電源オン。
6時25分Eテレ 『テレビ体操
やっぱりタコちゃん(すいません。多胡肇先生です)はいいなぁ。『ビリーズブートキャンプ』が流行った時にああいうスパルタ式のハードな掛け声の方が気合が入っていいかもと思ったけど(やらんけど)やっぱりタコちゃんみたいに基本近所の町内会で長年庶務やってくれてるおじさんみたいに気さくだけど、力強さもあり穏やかに導いてくれる掛け声がいいわねぇ。でも、たまには刺激も欲しいからビリーみたいにおっかない口調で叱咤して欲しい鴨。

 7時15分 BSP『澪つくし』第108話
いや〜惣吉さん(川野太郎)亡くなっちゃったけど、ホントは生きてるんでしょ?と望みを繋いできましたが半年近く経っても戻らないとは・・・どっかに流れ着いて口の利けない人に怪我の手当をしてもらってるから(そんな漫画見たことあるような)誰も知らないの。骨折しているから全治6か月!かなり遠くに流されちゃったから移動にも時間かかるし、とか思っていたけど。ここまでなっちゃうと生きてても帰りづらいか・・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 若くして後家さんって絶対ジェームスの趣味だわ。

 今週は吉武家から弟の善吉と再婚して欲しいという話が来て(昔はよくあった。うちの親戚にも亡くなった姉の後に妹が入った例あり)かをるはギョッとしとった。まぁねぇ、とねさん(草笛光子)はかをるのことを気に入っていたから娘がいなくなったようで寂しかったんだろうね。でも、いくらなんでもねぇ、あんなに深く愛し合ったいたんだから、その弟とって逆にヤダべさ。断られて善吉君もほっとしたと思うぞ。

 かをる(沢口靖子)のことなんだけどさ、惣吉の死亡と流産のショック、精神的にも身体的にも傷ついていたし、面倒をかけてはいけない的配慮もあり、Qべー(津川雅彦)の命令で強引に実家に連れてかれたのはしかたがない。でも体調戻ってもずっと入兆にいる。海を見ると惣吉を思い出して辛いのはわかるけど最初は外川に帰るって言ってたじゃん。再婚問題でビビっちゃった?てかさ、戸籍のことも再婚問題についてもQべーとるい(加賀まり子)が決めようとしても自分の意見は一切言わない。困ったような顔してみせるだけ。自分はこう思っている、だからこうしない、あるいはする、それを言わなきゃかをるの本心は伝わらないんじゃないの?ってイライラしたわ〜あの場に私がいたら、「アンタはどうしたい訳?」って詰問したよ( ̄▽ ̄;) 結婚前はQべーの言いなり、結婚したら吉武家と惣吉に従う(あなたの色に染まりますが希望だったからかいいが)、惣吉がいなくなったら、また回りに従うのみ。「おんな子供」とは言われているけど、ホントかをるは常にその場の保護者に従っている印象。これが昭和の女性ヒロインか。与えられた場所で咲くってやつなのかい?

 そんなこんなで今日は吉武家もさすがにかをる奪還を諦めたのか惣吉の形見分けの品を持ってきてくれた。それは万祝と、あのキャッキャッこいつぅ!なラブラブ新婚旅行の写真。振り返るかをると惣吉の日々・・・その後の墓前での誓い。あぁ、ホントに?ホントに死んじゃったの?(`;ω;´) これからは入兆で生きていくの〜?
沢口靖子主演 連続テレビ小説 澪つくし 完全版 DVD-BOXI 全7枚【NHKスクエア限定商品】沢口靖子主演 連続テレビ小説 澪つくし 完全版 DVD-BOXII 全7枚【NHKスクエア限定商品】平成オトナの勝手塾―中高年一貫指導

 7時30分 BSP 『おちょやん』 第6週まとめ 「あんたにうちの何がわかんねん」

 も〜千代が迷惑がりながらも親子の情にほだされている姿にざわざわ。千代、油断すな!絶対なんかあるんだって!なんでカフェー・シネマのみんなも歓迎ムードなの?(対外的にはいい人に見えるんだろうな。昔やんちゃしていて粗暴な雰囲気やけど愛情はあるんやろなて思うというか、思わせるのがうまいというか・・)と、これから待ち受けているであろう怒涛の展開にため息・・・辛い週だったわ〜

 とにかく今週は
テルヲ、来るんじゃねぇ!
千代がせっかく築いた生活の邪魔すんな!
テルヲ、ええかげんにせぇよ!

テルヲ、とっとと消えんかい!

テルヲ、調子にのんなよ。
テルヲ、そんないいこと言ってる体にしても今までの悪行とは相殺にならんワ。

テルヲ、頼むから黙っとけ!

テルヲ、やっぱりな。に、尽きる。

 そして水曜日ラスト、千代の部屋を家探しするテルヲを見て

テルヲォ!オンドリャ、

(`Д´)ノ ぶっ殺スぞ!!


 と、なったよね。守衛さんから様子を聞き、事態を察知した千代(杉咲花)はカフェーへ。そこで通帳を手に逃げようとしているテルヲを見つけた。

『なにしてんの・・・

何してんのか
聞いてるやろっ!!


 この時のトータスさんの目。魔がひゅっと戻ってきていて、追いつめられた獣の目、弱い手負いの。でももっと弱い者を噛み殺して自分は生きのびてやるという本能だけの。うまい。でも親のこんな顔見たくないっつーの。

 テルヲは例によって『借りるだけ。すぐ返す』。問い詰められ借金の額を500と言っていたけど絶対嘘。こういう奴はこんなギリギリの時でも少な目に言うもんや。1,000はあるとみたね。もちろん博打や。そしてテルヲは千代のたったひとつの小さな希望の光さえも踏みつけにした。

どうせあいつ(ヨシヲ)は、もう現れやいん。
(映画で千代の名前が映っても)現れないいうことは、
もうお前に会う気があらへんか、どっかで野垂れ死どるかや!

大体な、おまんが女優としてもっとぱっとしとったら、
こねなはした金でガタガタ言う事あれへんね。期待して損したわ


 信じられない展開に店長(西村和彦)がメガホンを手に
『よ〜い、ハイ!』をかけるも
これが現実や!
店長にまで金をせびるテルヲを見て千代は笑い出した。

『ええわ。もうええ。それもってき』
『それでこそ、わいの娘や』
『ちゃう。うちらもう親子やあらへん。
うちらを繋げてるのは血やのうて金や。

コレもあげるわ(財布から小銭をパシャッ!)
これで、もううちはスッカラカンや。もう来ても無駄やで。
金の切れ目が縁の切れ目や


『おおけに』
床に落ちた小銭を拾ってテルヲは去っていった。

 すごい勝負だった。いや勝負やないねんけど・・・
杉咲花さんとトータス松本さん、本物の戦いやった。生きるか死ぬかの。
圧巻やったけど・・・悲しい。辛い。決別しても胸は晴れない。泥饅頭ぶつけられて頭踏みつけにされて唾を吐きかけられたようなもんや。これが親のやることか?(`;ω;´)

 金曜日の『あさイチ』プレミアムトークは「テルヲのいいわけスペシャル」(●^曲^●)
しょっぱなからテルヲとして言い訳スタートするが、クランクアップしてもう結構経つのかな?照れ笑いしながらテルヲとして話しているトータスさんにこっちも笑っちゃったよ〜テルヲという役について最初は『おしん』の作造(伊東四朗)みたいな感じでと言われていたそうな。いやいやいや、全然違うワ( ̄▽ ̄;)アハハ…作造はそんな積極的におしんを苦しめてはいなかったぞ。結果的にはそうなっていたけどさ。トータスさん、何度も『テルヲは悪い人ではない』と訴えていたけど華丸さんも大吉さんも、視聴者のみなさんも、はぁ?!だったぞ(笑)そら、お母さんも火消しに回るさ。そして視聴者の方から名言来たよ。
『テルヲ憎んでトータス憎まず』トータスさんの笑顔を見たら憎めないよね。トータスさん自身の人間としてのかわいげがあったから、千代が切ろうとしても切れない親としての絆を信じたくなってしまうどうしようもない人間・テルヲがこんなに伝わってきたんだと思う。

 木曜日、千代は女優を諦めることにした。まぁ、テルヲの事だけじゃなくオーディションに落ちたり(一瞬スイッチ入って、おや?ってとこもあったんだが)、弥生さんの首切りで所長(六角精児)に談判に行った際言われた事を受け止めた結果なんだけどさ。

お前さん、何様のつもりや!
役者道とは常に一人で行くもんや。孤独との壮絶な戦いや!
この覚悟があらへんのやったら、悪いこと言わん、今すぐ辞めた方がええ。
お前ごときが遠山弥生をどうこう言うのは
傲慢であり彼女への侮蔑や!!


 確かにそうや。ええこと言う。玉があっち行ったこっち行ったばっかり気にしているしょーもないおっさんかと思ったら違ったワ。千鳥さんを思い出したよね。千代の目も覚めた。いつのまにか向上心を無くし、こんなもんでよかんべイズムに陥っていた自分・・・。あんなにお芝居が大好きだったのに楽しく思えなくなっていたことにも。潮時ってやつかい・・・

 そして実家から戻ってくるよう言われていた小暮さん(若葉竜也)にも決断の時が来ていた。最後の賭けのつもりで必死に書いた脚本を読んだ所長から引導を渡されておった。

『今までで一番面白ないわ。全部が中途半端や。
今までの方がよっぽどお前の気持ちが入ってた』


 自分に才能がないことを認めるのは辛いもんや。でも本人が一番わかっている。現実を見ようとしなかっただけ。小暮さんはその足で千代に東京の実家に戻ることを告げ、プロポーズした。

 初めての告白とプロポーズにときめきを憶えた千代やったが・・・一緒になる気はなかった。小暮さんはすごくいい人だし、ご両親も千代に会えるのを楽しみにしてくれているそうだし、小暮家に入れてもらえば穏やかな幸せが待っているのかもしれない。でも、「いつかテルヲを引き取りヨシヲも一緒に暮らそう」なんて無邪気に言う人を巻き込めない。そもそも小暮さんにはホントの千代を理解できないんじゃなかろうか。ヨシヲみたいな親が存在することも。血を流しながら親を捨てる子がいることも。「かわいいお嫁さん」を連れて実家に帰る孝行息子って絵を完成させたいだけのような気もするし・・・千代と一緒になることで挫折をごまかそうとしている節もあるような・・

 そんな時にまた現れる一平(成田凌)。そして一平になら千代は感情をぶつけることができるんだよね。

『お前、まだあの親父に縛られてんのか。情けないやっちゃなぁ』
『なんも知らんくせに偉そうなこと言うな!
  アンタにうちの何がわかんねんな!!』

『・・・・わかるはずないやろ。
人の苦しみがそない簡単にわかってたまるか』
『・・・・』
『どんだけ知ったふうな口叩いてもお前の苦しみはお前にしかわかれへん。
俺の苦しみはお前なんかには絶対にわかれへん。
そやから俺は芝居すんねん。
芝居してたら、そういうもんがちょっとはわかる気がする。
わかってもらえる気がする』


 涙を拭きながら『あっち行け!』と悪態つく千代やったが、小暮さんの優しい言葉よりも一平の孤独を突き付けてくる言葉に癒されたはずや。そして、二人は合わせ鏡。一平が千代に放った言葉は全部自分に向けたもんや。一平も偉大な父親と戦い続けている。まだもがいている最中やろが、なんかちょっと吹っ切れた雰囲気はあるなぁ。

 そして金曜日。小暮さんとの別れ。彼も自分が結婚に逃げようとしているの気づいていたみたいや。ホントにいい人やった。いい人すぎて監督としてはアレだったのかな。そしてにゃんと千代に異動辞令が!!
『竹井千代、お前さんにはこの撮影所出てってもらう』所長
『顔も並、背ぇもちっちゃい、色気もあらへん。アンタ、映画には向かんなぁ』社長

 クビかと思って焦ったが、新しい喜劇の一座を作ることにしたので、そっちでやりなさいということだった。しかも道頓堀やで!社長は千代の映画では収まりきらない魅力や実力が生の舞台でなら発揮できると判断してくれたみたい。もしかしたら一平の推薦もあったのかもなぁ。美髪部のたつ子さん(湖条千秋)は餞に髪を結ってくれた。千代みたいな子初めてだったろうなぁ。そして守衛の守屋さん( 渋谷天外)ともお別れ。守屋さんは千代のことを『忘れられへん女優さん』と言ってくれた。いろんな出会いがあったなぁ・・・いつかまた大きくなった千代を見てもらえる時が来るといいね。

 カフェーシネマを出る日。道頓堀に戻る日。そして千代の新しい冒険の始まりの日。予告見たら、やっぱり一平と同じ劇団( *´艸`) かなり個性的なメンバーになりそうやな。
連続テレビ小説 おちょやん Part1 NHKドラマ・ガイド大阪のお母さん (潮文庫)

迷宮グルメ 異郷の駅前食堂』沖縄&台湾(録画)(BS朝日)
なんだかんだ言いつつ毎週録画して見ている。これがヒロシマジック。車窓から外を見ているヒロシの横顔がいいなぁ・・と思った。いや、イケメンとかそういうジャンルのアレに対する気持ちではない。なんかさ、その横顔が期待に満ちているのでもなく、疲れたふうでもなく、ただ見ている(いや、ただ単に表情に出ないだけなのかもしれんが)、それがいいと思った。沖縄編はヒロシが好きな安室奈美恵さんの故郷のせいか、いつになく饒舌だったね。テンションも多少高め。
 この番組は前半に新作、後半は再放送みたいなのだが、台湾編は2018年放送のもの。なんか今よりハキハキしているような・・( ̄▽ ̄;) 体験とかもしてたんだね〜そして帽子買う率高し。言葉がわからない場所で頼む料理の方がギャンブル度高くてこの番組の趣旨にあっているよう思ふ。失敗しても全部食べるんだろうな〜ってとこも良し。

 『椿の花咲く頃』14話・15話(Netflix)
友人から10話ぐらいからおもしろくなるから、それまで我慢して見て〜と言われていたのだが、5話ぐらいからかなり引き込まれた。田舎町オンサンで『カメリア(椿)』というスナックを開店したシングルマザーのドンベク(コン・ヒョジン)はその田舎にそぐわない美しさと境遇から商店街の女性たちから冷遇されながらも息子ピルグとつつましく暮らしていた。そこに異動してきた警察官ヨンシク(カン・ハヌル)が彼女に惚れてしまい猛アタック。徐々に彼女の心を開いて恋人になることができるんだけど、二人の交際を許さない母親、ドンベクをを狙い続けている連続殺人犯ジョーカー、彼女を捨てた母親、ピルグの父親、そこに町内会の皆さんのそれぞれの事情などが挟まれる趣あるドラマ。

 登場人物が多いんだけど、それぞれキャラが完成されていて物語を邪魔しない感じで出る時には出て引っ込む時はそれなりにと、非常に見やすい作り。どの顔もどこかで見た顔だから親しみやすいし(『サイコだけど大丈夫』でガンテのお兄さん役だったオ・ジョンセさんも出ている )達者な方ばかりだから安心して見ていられる。特に主演のコン・ヒョジンさんがハマっている。こういうそこそこの美人で目立つことしていないのにな〜んか気になる存在の子いたよね。男子に人気がある特別な存在感の子。ドンベクは母親に捨てられ施設で育ったために偏見せいで辛い目に遭ってきたから自分に自信はなくて人になんか言われても言い返したりできず悲しそ〜な顔したり困った顔で笑ったりする。そういうところが妙齢のご婦人達をイラッとさせていじめられてしまうんだけど(笑)心が清らかというか子供のように純粋なんだよね。ヨンシクと出会ってからは彼のおかげもあって強くなり自分らしさを守れるよう変わっていく。

 コン・ヒョジンさんがホントうまい。彼女にぞっこんのヨンシクですら『あなたには何か人をイライラさせるものがありますね』と言ってしまう部分・ドンベクらしさを子供っぽくなく自然に表現しているし、生きてきた辛い時間と、だからこそ大切にしている愛情や常に心の中で必死に戦っているのが伝わってくる。そしてヨンシクも、最初はこんな男相手にされる訳ないじゃん・・( ̄▽ ̄;)と思いながら見ていたんだけど、このバカ正直さにだんだんほだされるというか(笑)おめでたいほどの前向きさと情熱に『頑張れ、ヨンシク!』と応援モードに。警戒心の強いドンベク(本当は愛情に飢えているから心の奥では求めているんだけど)がガードを解くのにも説得力があったよ。

 脚本も練り上げてあるんだろうけど常に軽やか。ベースがホームドラマでそこにサスペンス風味がパラパラって感じなんだけどバランスもいい。15話の「mother」ではドンベク自身ともいえる苦しみの部分がジョーカー捜査と絡めながら溶けて生まれ変わっていくのが繊細に描かれていた。多分、ドンベクを捨てたのも愛情がないからではなくあったからなのではないか・・と黒から白へ変わる展開が見事だった。謎は残るけど。あと5話。この脚本家さんだったら大団円ではなくても納得のいく新鮮なラストを見せてくれるのではないかなぁ・・と期待している。

 23時テレビの電源オフ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 23:30|PermalinkComments(2)

2020年12月04日

きこりのテレビ日記 #10 12月4日(金曜日)

 4時44分目覚ましで起きる。
眠りの浅いレム睡眠を感知した瞬間に起こしてくれるアラームアプリを使っているが、その瞬間とやらに30分の幅があるので(5時10分に設定したら早い時は4時40分に鳴る)早く起こされると損した気分になる。落ちている一円玉を拾うのには一円以上のエネルギーを使うというがそれと似た感じ?(違うか( ̄▽ ̄;) )普通にスマホのアラーム使えばいいじゃん!と思いつつ使い続けている。

 ツイッターをぼーーーっと見ながら昨日の美容師さんとの会話を思い出す。常に脳が活性化しているエネルギッシュな彼女ならさもありなんなのだが『ぼーーーっとした状態』になったことが人生で一度もないそうな。私はぼーーっとする時間がないと嫌なんで意識的にぼーーっとしていることもある。
『「ぼーーーっとって」どういう状態?
他のお客さんにも言われたけどわかんないんだよね』
『いや、ホントにぼーーーーっと(脱力してみせる)なんも考えていない状態?
ぼーーーー!(昔から私は説明は長嶋茂雄タイプだ。とにかく擬音の力技)
無の状態?』
『いや、無なんてないでしょ!その状態でも絶対何か考えてるしょ』
『いや、どうだろ・・まぁ、今晩ナニ食べようかなぁとか?』
『ホラ!脳は動いてるでしょ?』
『確かに!無じゃないね!(我ながら素直)考えてるわ!』
『でしょ〜?ホントにどういう状態なんだか?』
『・・・!「ぼーーっ」ってずっと脳や気持ちの状態だと思っていたけど
体の状態かもよ?(大発見)』
『でもさ••••』

 5時10分起床。
昨日初めてストーブを微小で点けっぱなしで寝たんで居間があったかい。いや、ちょっと暑い?まだつけっぱは早かったか?

 5時15分ミー太と外へ。寒いせいかミー太もすぐに戻ってきた。

 6時20分テレビの電源オン。STV(日テレ系)『どさんこワイド朝

 6時25分 Eテレ 『テレビ体操
今週は新しい体操ウィーク。この時間の前半とか「みんなの体操」が終わった後とかに披露される新体操。コレは動きが斬新すぎるんぢゃ?とか高齢の方には難しい動きでは?(私にも( ̄▽ ̄;) )等と感情にわずかながら揺らぎを感じ、新しい体操が始ると、チェッ、いつもの「みんなの体操」でいいよ!等と思う時あり。

 6時55分 Eテレ『0655

 7時日テレ 『ZIP!
東京マスクランド」を紹介していた。10年前誰がこのようなマスクに特化したランドができると想像したであろう・・てか、マスクってどんどん大きくなってきていない?なんか顔半分覆っているような( ̄▽ ̄;) 映っているのと比べたら私が普段使っているマスクの1.5倍?アベノマスクの4倍ぐらいになっているんぢゃ。学生の頃もう制服のスカートが短くなっているのが主流なのに自分はちょい長めのだったと気づいた時のような。ところで横浜は東京なの?

 7時15分 BSP『澪つくし』第65話
吉武家全員で(お父さんは惣吉がおんぶ)海を散歩するほのぼの画面からスタート。かをる(沢口靖子)も幸せそう。いいお家にお嫁に行ったねぇ。さらに惣吉(川口太郎)と共にるい(加賀まりこ)の元へ新年の挨拶も。お魚の名前覚えたのよ!と嬉しそうに報告するかをるに『小学生かよ!』と突っ込みつつも新婚さんのご愛敬。一方、入兆では就寝前に髪をとかすハマー(根岸季衣)の姿が。てか、髪をおろしたハマーを初めて見た!艶やかな御髪。以外と若い。夜の外出から戻った早苗に説教し1人部屋から2人部屋への降格を申し渡した。で、早苗が居た部屋でハマーが寝た訳だが・・・そこへ忍び寄る弥太郎(明石家さんま)。ハマーの大声で日本刀を手に現れたQベー(津川雅彦)はクビ宣告。弥太郎が消えた理由についてジェームスに嫌われただの、早起きが嫌だっただのいろいろ書いてあったが、まぁそんな重要な役でもないし、ここらへんでいなくなって丁度良かったのでは。

 7時30分 BSP 『おちょやん
栗子(宮澤エマ)とテルヲ(トータス松本)が自分らを奉公に出す相談をしているのを聞いた千代(毎田暖乃)は徹底抗戦開始。しかし母親を求めるヨシヲ(荒田陽向)の思いを知り、さらに栗子が妊娠中であることを確認した千代は自分は奉公に行くからヨシヲを頼むと二人に頭を下げるのだった。そうと決めたら各方面に挨拶と感謝を伝えに行く千代・・・なんてええ子なんや。玉井先生(木内義一)の『竹井さんは普通ですよ』という言葉は千代の中でずっと暖かい灯となって残ると思う。
 幼くして奉公に出る教え子を見送る先生の無念さと寂しさ、いつもと違う空気を感じる勝次、『またな!』と言われて何も言えない千代の手をぎゅっと握ってくれた小林家のおばあちゃん、多分自分も同じように小さい頃に家を出たのかもしれない、複雑な思いで三味線を弾く栗子、『姉やん!』とただ叫び続けることしかできないヨシヲ。それぞれの思いが背中から、目から、その間からじわじわと切なく伝わってくる。この朝ドラは当たりや!そう思えた金曜日。そして愛情はあるのかもしれんが伝え方もタイミングもとんちんかんなテルヲ。走って追いかけてきた父に千代はもしかしたら行かなくていいと言ってくれるのかもと笑顔になったけれど・・・栗子が嫌がるからと母の写真を手渡すというね・・・そんな言い方しかできないテルヲの精一杯の餞のつもりだったのかもしれないけど・・千代は決別の意味にとったと思うぞ。
うちは捨てられたんやない。
うちがあんたらを捨てたんや!

そうとでも言わなきゃ前に進めないやん・・・(´;ω;`) この言葉を言わせたこのドラマに惚れたわ。でっかい月に向かって一人歩いていく千代の背中に人生への覚悟が見えた。

 しかし困ったことになった。今までは『エール』の時間に出勤準備をしていたのだが『おちょやん』はおもしろいので目が離せない。という訳で、そのしわ寄せは『こころ旅』へ。ゆっくり見ていたいのに横目で見ながらバタバタ。だから朝食食べた後ぼーーーっとしている時間がよ・・・

 2時帰宅。『ねほりんぱほりん』 元談合屋編 (録画)Eテレ を見ながら昼食。
しかし毎回よく掘らせてくれる相手を見つけてくるよね( ̄▽ ̄;) すごいわ。談合屋の具体的な仕事の内容やその家族の感じもリアルに伝わり背中がヒンヤリしたぞ。てか隠語や陰ジェスチャーが全てわかるYOUさんがすごい(笑

 『力の強い女 ト・ボンスン』第9話 (録画)(スカパー、ホームドラマチャンネル)
ペク・タク(イム・ウォニ)に騙され呼び出されたボンスン(パク・ボヨン)は大勢の手下どもと戦う羽目に。次々とやっつけていくボンスンがかっちょいい!その様子を見たミンヒョク(パク・ヒョンシク)は過去にバス事故の時助けてくれたのが彼女だと気づく。そしてついにグクドゥ(ジス)がボンスンの力持ちぶりを見てしまったよ。ショックを受けて暴言を吐いたらどうしよ・・と心配していたけど過去の記憶の中に思い当たることもあったようで変わらぬグクドゥにホッ。ボンスンへの思いを再認識したようで良かった。そして韓ドラ定番、思い人の代りに刺される案件発生(笑)体を張って助けてくれたミンヒョクとボンスン、一気に距離が縮まりグクドゥ、ジェラシー!連続拉致事件の方は犯人の方が上手でなかなか捜査が進まない。次のターゲットはグクドゥの元カノみたいだし・・・大きく動きそう。

 『趣味どきっ!』 ぬくもりの北欧スタイル 1回目 (録画)Eテレ
デンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデンの大使館内部と文化を紹介してくれる番組らしい。センスが良くてもモノが多い家には惹かれない。でもどの大使館も広い空間にすっきりと選び抜かれた家具が配置されておりよろしゅうございました。色の使い方が洗練されとるし絵の飾り方もさすがのバランス。今回はざっと全体的にだったけど来週から2回はインテリアについて詳しく教えてくれるそうなので楽しみ。気楽に見られる。

 12月はナマケモノの私が唯一頑張る月。お歳暮、年末調整(難しい計算は税理士さんがやってくれるので私はそのための書類記入)、冬季賞与、年賀状(2,021年度分から取引先への年賀状は廃止したけどそれ以外の分)、給与計算、掃除・・・とにかく気持ちがせわしないやねぇ・・( ̄▽ ̄;)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村 
こたつ  


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:06|PermalinkComments(4)

2020年11月27日

きこりのテレビ日記 #8  11月27日(金曜日)

 4時55分起床。さむいねむいさむいねむい・・・
やっと金曜日まだ金曜日という感じ。
ベッドに座ったままで頭部マッサージ。マッサージと言っても後頭部の首辺りとおでこの上あたりをガーーっとわしゃわしゃするだけなのだがトイレでもよくやっている。
これは足裏マッサージの先生に教えてもらったのだ。これをやっていると脳梗塞等の病気予防になるとか言っていたような。(もはや朧気だが習慣だけが残っている)

 その治療院は夫婦で営業していた。旦那さんが足裏と全身のちょこっとマッサージ担当、奥さんがカッピング(ガラスのコップみたいのを当てて真空状態にして多分毒を吸い出す?)担当だった。旦那さんの足裏マッサージがかなりうまかった。コレは当たりだ!と内心小躍りしたもんだった。15分ぐらい足裏とふくらはぎをマッサージされ、その後横になって背中から全身を5分ぐらいほぐされ、おっ、いい感じ〜と思ったところで旦那さん部門終了。

 その後、奥さんのカッピングが始るのだが、毎回、たいしたことない感だけが残り、コレっている?わたしゃ旦那さんの方だけでいいよと無念な気持ちで受けていた。旦那さん部門と奥さんのソレは必ずセットになっているらしくどちらか片方だけの施術というのは許されない(一回聞いてみたはず)。

 で、問題はその吸出しをしてもらっている間に夫婦の日常会話がデカい声でされること。近所の誰それさんがどうしたとか子どものナニがどうなったとか・・コレって今どうしても話さなきゃならないこと?それとも客の前でこうやって話すことが夫婦の楽しみというかプレイになってるの?私に聞かせたいのかしら?誰それさんってどうしてそんなことになったの?等マッサージの間はとにかく無の状態でいたいのに雑念が次々と沸き上がり落ち着かないのだった。

 それよりもっと嫌だったのは小型犬二匹が治療中もしょっちゅう移動しまくることだった。私はどちらかというと動物好きの方だと思うがこういう場では会いたくない( ̄▽ ̄;) しかも施術後にお茶を出してくれるのだが、そのテーブルの上も犬がキャンキャンいいながら通りすぎていく。なぜなんだろう?うちのかわいいわんこを見て💛ってことなのかな?誉めなきゃダメ?等と施術後もぼーーっとしたいのに気が抜けない。一度やんわり『わんちゃんはいつもいるんですか?(犬が邪魔でくつろげないんだよ!)』と尋ねたことがあるが『そうなんですよ〜💛』と言われ終わった。それでも5,6回通ったかなぁ。旦那さんのマッサージと離れるのは非常に惜しかったのだが行くのを止めてしまった。

 いつも車でその店の前を通る度にあの夫婦と犬たちはどうしているかな〜?と思っていたが去年看板が無くなっていた。繁盛してもっといい場所に異動したのか、つぶれちゃったのか・・どちらにせよあの夫婦とわんこたちに幸あれ。

 5時3分。『お外に行くよ〜』と声をかけるとミー太は弾丸のように階段を転がり下りて行った。玄関に出る前に羊毛ボールを見付けてドッタンバッタン。(人間の)2,3歳の男の子ってこんな感じなのかな?マイナス3度。電気がついている窓にほっとする。5,6分の外出だが歩いているうちに目が覚める。

 6時18分テレビの電源を入れる。なんか急にテレビ体操が20分からのような気がして焦ったのだが、まだ『テレビでハングル語講座』をやっていた。弾き語りとかもあるのね。毎週ラスト1,2分ぐらいしか見ないのだが満島真之介君がすごくやる気満々で勉強しているのが気持ちいい。いつか韓ドラに出演できますように。

6時25分Eテレ『テレビ体操
お姉さんたちの花柄とグリーンのレオタードが気になる。このグリーンが似合う人って日本人にはあんまりいないと思うが。赤とかピンクだと派手すぎるとか言われるのかな?ブルーだと寒そう&多少元気感マイナスイメージ?で、グリーンに落ち着いたのかな?

 6時55分 Eテレ『0655
今週の歌『冬毛の歌』に癒されるぅ〜来週は2番らしいから楽しみ♬

 7時15分 BSP『澪つくし』59話
律子(桜田淳子)が古川家を訪れ吉武家に行き惣吉(川野太郎)に本当のことを話してきた(それとかをるは純潔であることも)とかをる(沢口靖子)に報告。『ありがとうございました、お嬢様』と涙ながらに感激するかをる。人がいいというか何というか・・( ̄▽ ̄;) そもそも律子のせいで一週間も留置所に入れられていたのにさ(でもシャバに出てきても髪ひとすじも乱れておらず疲れもまったく見えないという)。どこまでも純真で清らか、恨みや憎しみなど抱くことなく、でしゃばらず一途に一人の男性を信じて待ち続ける。守ってあげたい存在だけど非常時には踏ん張れる芯の強さとたくましさがある。ジェームスの理想なのか?

 7時30分 BSP『エール』最終回
今までで最高の回であった。って、ずっと適当にながし見してたけどさ。薬師丸ひろ子さんの『高原列車は行く』もぴったりだったけど岩城さんの『イヨマンテの夜』が凄かった。
 →BSP 7時45分『世界ふれあい街歩き

 帰宅後、『番外捜査』第1話(録画)(スカパー、Mネット)を見る。
なぜか『交渉人』と勘違いして録画しちゃってシン・ハギュンさんでないなぁ・・いつ出るんだろう?ラストにバーン!って出るやつ?等と思いつつ見ていたんだけどおもしろかった。金で雇ったチーム(スキルが笑っちゃうほどすごい)と普通に違法な捜査を駆使して犯人を捕まえる刑事チン・ガンホ(チャ・テヒョン)と視聴率を上げるために命がけでスクープを狙うPDカン・ムヨン(イ・ソンビン)が別方向から犯人へと近づいていく。知ってる俳優さんは探偵役のチ・スンヒョンさん(『検索ワードを入力してください』の一途な旦那さん!)しかいなかったけど、どの役者さんも粒選りな感じ。飽きない脚本だし、コレはいけそう。次回も見てみます。ただちょっとサイコな描写があるから注意は必要かも( ̄▽ ̄;)

 『斬新な整理』#10(録画)(スカパー、Mnet)
 今回の依頼人は芸人で歌手のキム・ミリョさんと俳優のチョン・ソンユンさん。二人目の子どもが生まれてからは主に家事と育児をソンユンさんが担当しミリョさんが外で仕事している。途中でバトンタッチしたせいか家の中は混乱の末、モノが堆積していた。家事ってそれぞれのやり方やこだわりがあるもんね。ゆっくり引き継ぎする時間も無かったせいか、お互いに常にモノを探してイライラ。疲れ切って夫婦関係にも危機がきているような雰囲気。片づけたくても時間も気力もないのがよくわかる。断捨離は自分でモノと向き合うものだけど、ここまできたらプロの力を借りるのが正解。部屋が変わった後の旦那さんの顔を見たら憑き物が落ちたみたいにスッキリしていた。きっと日々の小さなストレスが溜まっていたと思われ・・・何とかしたいのにできない罪悪感とすまなさを感じていた奥さんからも解放感が伝わってきて心からほっとしたよ( ̄▽ ̄;)

 16時50分『どさんこワイド179』STV(日テレ)
東京のコロナ感染者が570人。北海道は252人。札幌は142人。十勝は13人。重傷者と死亡者の数が増えているのが気になる。クラスターも増えているし。医療従事者のみなさんはちゃんと休みを取れているんだろうか。ただでさえ強いストレスと戦いながら働いているのに。

 『NHKスペシャル ドラマ こもりびと』(録画)
私自身も失業の期間が長かったり正社員になれずバイトジプシーだったので雅夫(松山ケンイチ)と重なる部分を感じながら見た。胃癌ステージ4,余命半年の宣告を受けた一夫(武田鉄矢)は10年以上見ないようにしてきた引きこもりの雅夫と向き合う決意をする。孫娘三咲(北香那)の協力を得て雅夫のつぶやきを読み好きな音楽を知った一夫は初めて雅夫の苦しみと葛藤を知る。雅夫は自分がこうなったのは一夫のせいだと思っているけど、自分を一番責めて追いつめているのは自分自身なんだよね。何とかしたい動き出したい、でも怖くてできないともがいているのも自分。一夫が最後の瞬間に『生きていてくれるだけでいい!』と心底思えたように「遅すぎる」ことなんてない。本当の思いがあれば必ず相手にはいつか伝わる。その言葉は心の中で育っていくと思う。お互いが生きているうちに理解しあえたら、そりゃ良かったけどその時の一夫にも雅夫にもあれが精一杯だった。雅夫が引きこもっていた10年という月日は決して無駄だとは思わない。雅夫にとって必要な時間だった。父の死をきっかけに雅夫が自分自身で決断し一歩踏み出せて良かった。

 最近マッコリにハマっている。私が飲んでいるのは麹酵堂米マッコリってやつなんだけど酸味と甘みととろみが丁度いいのさ〜気分を出すためマッコリ杯も買っちゃった。で、マッコリ飲みながら韓ドラ見るの(σ´∀`)σ
力の強い女 ト・ボンスン』第3話(録画)(スカパー、ホームドラマチャンネル)
わりかしおもしろい。ボンスン役のパク・ボヨンがちっちゃくてほどよく生意気でかわいい。ボンスンが好きな刑事役の人が私の好みではないけど御曹司ミンヒョク役のパク・ヒョンシクがキュートだからいっか・・

 明日行けばお休み。仕事の帰りに母の所に寄って生存確認してこよう。
こたつ   

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:07|PermalinkComments(2)

2020年11月19日

きこりのテレビ日記 #5  11月19日(木曜日)

 4時頃からすず(猫、10歳)が布団に入ったり出たり。
4時半頃に落ち着いて丸まったけれど私も枕の位置や高さが定まらず寝たんだか寝ないんだか。
 5時起床。
私は風通しの悪いところが好きじゃないのでコロナ前から毎朝起きたら必ず窓を開ける(寒さでサッシが凍るまでは)。今日はなんだか暖かいような。

 5時15分。小雨が降っているのにミー太はいそいそと出かけて行った。
あれから倉庫が近づくと『隣家のご主人いるかもよ?注意!注意!』と脳内に用心を呼び掛けている。今日はいなかった。

 木曜日は燃えるゴミの日。生ごみ・猫砂(こちらでは何故か燃えるゴミに分類されているのだ)、昨夜まとめた実家からもらった座布団とカバー等をゴミステーションへ。
私は身内・友人関係のものも躊躇なく捨てられる方だ。手紙類は1年過ぎたら捨てるし写真は自分のものはアルバムから剥がして靴箱に半分ぐらいしか残していない。よく「断捨離」は捨てる行為によって本当に大切なものを選び抜くと言うが、私の場合は捨てることによって自分の心がどう動くか確認したいのかもしれない。雨が本格的になってきたので6時前にミー太帰宅。

 6時24分テレビの電源を入れる。
6時25分Eテレ『テレビ体操
本日は美佳先生。伴奏は能條さん。
前半は肩と腕のほぐし系体操。連続して腕の上げ下げをするのが地味に辛い。
両手を水平に上げて片足を上げる「命のポーズ」のラストで今日も晴菜ちゃんが一瞬グラついたのを確認して癒される。

 →『0655』→7時BSPへ。『ふらっとあの街 旅ラン10キロ』「秋の京都東山ラン」
京都行きたいなぁ。てか、4月に東京行きを予定していた。それをコロナのせいで11月に延期。娘と泊まろうと思っていたホテルも結構いい部屋取ったのに(´;ω;`) 神宮外苑の銀杏並木見たかったのに(´;ω;`) 21日に出発する予定だったのにぃ。もし自分が移動してコロナに感染し実家の母にうつしたら・・と思うと動けない。ぐやじい。コロナめ!

 7時15分 BSP『澪つくし
朝食の席でかをる(沢口靖子)に惣吉(川野太郎)への気持ちを確認するQベー(津川雅彦)。家族を自分が賛成しなければ結婚しないというかをるの言葉の証人にするつもりか。どこまでも自分本位な家長が強引に率いる入兆(坂東家)と将来の親方・惣吉の気持ちを尊重し心をひとつにする吉武家が対比するように描かれる。草笛光子さんがいいよねぇ。小股の切れ上がったいい女とはこのことか(ちょっと違う?)。潔くって情があり懐が深い。とねさんの若い頃が自然と見えてくる。
 そして水橋の潜伏先旅館にかをるを使いにやる律子(桜田淳子)。アンタね、もし水橋が捕まったら、かをるもエライ目に遭うんだよ。かをるを利用したり隠れ蓑にしたりする自分に気づいていないとしたらただの世間知らずだよ。でもその浅はかさも含めてずんこちゃんはいい感じに演じていると思う。

 1時半帰宅。昼食を食べながら『突然ですが占ってもいいですか?』(録画)(フジTV)
占い好きだからいつも見ている。でも私が占ってもらう立場だったらシ〇マさんだったらハズレ・・と思ってしまう鴨。

 その後『ショッピング王ルイ』第15話(録画)(スカパー、ホームドラマチャンネル)(再視聴)
何度見てもルイとボクシルの心の清さと大きさ、家族とその周りのみんなとの素直な愛情に泣けてしまう。私、泣くために韓ドラ見ているのかも。

 『斬新な整理』(録画)(スカパー、Mネット)
今回の依頼人は元KBSアナウンサーのオ・ジョンヨンさん。想像を絶するモノの多さ( ̄□ ̄;)!! 歴代一位と思われ・・・3LDKの住まいの二部屋が思い出の品で埋まっていて雑な地層状態。その思い出の歴史は小学生の頃から始まり、数も種類も、こんなもの何で取っておくの?!と唖然とするものばかり(私にとっては)さすがのマキシマリスト パク・ナレも逃げ出すレベル。
 私だったら発狂して火を放つ所だけどMCの三人は優しい。ちゃんとジョンヨンさんの生き方を受け入れ寄り添ってあげている。しかしさ、昔のものってそんなに見る?若い人ほどそんな暇なくない?しかも捨てられずに取っていても埃かぶっているのがほとんどじゃない?過去を懐かしむって栄光に包まれているからなのかなぁ。自分は過去の自分が好きではないので過去を思い出すものを見ると嫌な気持ちになるんだけど( ̄▽ ̄;)充実したすばらしい過去だったら違うのかも。
 私がスタッフだったら死にたくなる現場だったと思うけど『空間の最適化』で見事部屋は蘇りました。じゃなきゃ番組続かないよね。
 最初は呆れて見ていたけどだんだん、この人は過去の全ての時間をすんごい頑張って生きてきたんだな〜だからその時間を共にすごしてきたモノが捨てられないんだなとわかった。モノにはいろんな思いがこもっている。部屋の風通しが良くなり依頼人がスッキリさっぱり笑顔になった姿を見られて私も満足。

 17時50分〜19時『どさんこワイド179
東京で534人感染確認かーーー『五つの小』なんて大喜利みたいなこと言ってる場合なんだろうか。北海道では267人。うち札幌市が197人。十勝は6人。連休明けの24日に100人以上参加の講習会に行かにゃならんのだが・・・明日一応開催について確認してみよう。

 『魂のタキ火』#7 夢の扉を開く夜@深谷(録画)BSP
焚火をしながらのトーク番組だけど主役は火。出演は黒木瞳・山崎ナオコーラ・矢部太郎。映像のたき火だけど結構臨場感ある。刻々と変わっていく炎の形と色、存在感。音。いっそ焚火の映像だけでもいいかも。火を前にするとなんか、しん・・となっちゃうよね。そして引き込まれているうちに自分と向き合っている。ビジネス焚火だけど、みなさんトークというよりもつぶやきのようになっていくがそれでいいのだ。

 8時15分テレビの電源オフ。
明日返却の本が2冊。一冊は手をつけられず、あと1冊は半分ぐらい読んだかな〜
全く読めなかった本(『ホテルローヤル』桜木紫乃 著)はまた予約入れなおした。途中まで読んだ本(『いやよいやよも旅のうち』北大路公子 著)はハマってきたのですぐ続きが読みたい。購入しようか迷い中。

こたつ 

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:32|PermalinkComments(4)

2020年11月15日

きこりのテレビ日記 #3  11月14日(土曜日)

 4時45分目が覚める。と言うより猫に起こされる。
5時5分布団からでる。子どもの頃『5時5分』って番組があった。恐ろしいもんで未だに5時5分に気づくと脳内で「 ♬ 5時5分〜5時5分〜♪ 楽しくテレビを見るために〜♬」等と再生される。

 って、調べたらこの歌は『受信相談』という番組のテーマ曲で『♬ 4時5分〜4時5分 ♪』が正解だったよ〜!自分、いつのまに5時に変換していたんだ?!( ̄▽ ̄;) このように自然と誤解して覚えてしまっている歌詞の記憶というものはなかなかアップデートがきかない。新しい情報はすぐ消えるのに古い記憶の頑固さときたら・・。きっと私はこれからも『5時5分 ♬ 5時5分〜♪』と歌い続けると思われ。

 5時10分頃ミー太と外へ。私は東へ。ミー太は・・・どこへ?
ミー太のシマはだいたい把握しているが、たまにびっくりする所で会うことがあって『アンタ、こんなところまでシマを伸ばしてたんかい?危ないからこんなとこ来ちゃダメだよ』と指導を入れる。でも忘れた頃にまたいるんだよねぇ・・本能だからしかたない。先代猫のそーやも開拓に熱心だった。ミー太にとってもそーやにとっても、それが生きることなんだろうなぁ。

 5時35分ぐらいからテレビをつける。
TBS(こっちではHBC)の『まるっと!サタデー』。何年か前までは日テレの『ズームイン!!サタデー』だったのだが身内でワイワイやっている感じが嫌で変えてしまった。って、TBS、本日は『マスターズゴルフ』・・・・興味なし。

 白湯を飲みながらEテレ『猫のしっぽカエルの手』を見る。久しぶり。手作りの仕事を訪ねるシリーズ・岩手。これは2018年の再放送だけどベニシアさん、結構痩せたなぁ。『ひっつみ』が美味しそう。郷土料理って若い頃は独特のクセがありそうと思って全く食べたいと思わなかったけど(『食いしん坊!万才』で、コレって絶対美味しくはないと思われる『懐かしい味ですね〜!』としか表現しようがない映像をよく見た)、この頃は違う。味の嗜好が変わってきたのもあるけれど永く伝えられてきた家族の中心にあるような食べ物に魅かれるのかもしれない。

 6時25分『テレビ体操
本日の先生は肇ちゃん。相変わらず胸板が厚い。おいくつなのだろうか。HPで各先生や体操のお姉さんたちのプロフィール出して欲しいもんだわ。と思ったらHPの概要のところに出てた。肇ちゃん、やっぱりウエイトトレーニングが趣味なのね 先生方、やはり日体大出身。美佳先生はトランポリンも好き。大輔ちゃんは・・・あら、趣味とか書いてないわ。そして最近露出の多い新人ピアニストの能條さん、やはりご立派な経歴。ストレス解消はサイクリングと映画鑑賞か。なるほどねぇ・・番組で挨拶する時は、ぎぎぎーーって音がしそうなほど硬い印象だけどプロフィールの写真は柔らかくていい感じよ。

 7時15分 BSPにて『澪つくし
今週は律子(桜田淳子)の画策でかをる(沢口靖子)の結婚話は爆発炎上。いい仲だった職人を捨てて嫁ごうとしていたという汚名までかぶる羽目に。入兆でのみなさんの仕打ちに耐え切れず実家に逃げ戻るかをる。消火活動に走り回る梅木(柴田恭兵)と清次(寺田農)。対応した惣吉(川野太郎)の男らしさとカッコよさが際立った土曜日でございました。もうね・・「恋のあらすじ(ジェームス三木先生作詞)」が流れそうな気配になるとツイッターのTLが賑わうこと(笑)カラオケで歌いたい人急増中じゃないかしら( ̄▽ ̄;) 

 7時30分『サワコの朝
本日のゲストは笠井信輔さん。今までの人生で笠井さんのことを考えたことは一切ないが・・・と思いつつ見ていたがすぐに引き込まれた。やはり伝えたいものがある人の言葉は強い。闘病生活を記録してSNSで発信。長年情報番組に携わってきた笠井さんは様々な方たちのプライバシーを扱ってきた。仕事としてつっこまれたくないであろう部分にも切り込む日々だった。病気になり今度は自分が反対の立場に。『だとしたら自分から出していかなきゃならないな・・と。それは自分の義務であり、バランスがとれない‥と』。すごくわかりやすい言葉だった。よくガンガン追いつめるようにインタビューする人がいるが、アンタはそのマイクとカメラが無くても同じことが聞けるの?と思う。仕事だから当たり前?でもたまに立場を利用して承認欲求を満たしているんじゃ?疑いたくなる人もいる。笠井さんにはその相手と向き合う時の痛みと覚悟があったんだと思う。

 1時過ぎ帰宅。昼食を食べながら『王様のブランチ』を見る。「物件リサーチ」目当て。私は物件ものが好きだ。「辰巳琢郎の家物語」も「渡辺篤史の建物探訪」も毎週録画設定している。「突撃!隣のスゴイ家」は・・・MC二人のやり取りがなんか面倒くさくて中身に集中できないから見ていない・・・( ̄▽ ̄;) 家はもう建てられないけど物件を見ながら、母が死んで猫もいなくなったら家を売ってどっかに行くか〜〜?その時はどんな部屋がいいかしら〜?などと思ったりする。

 18時。TBS「報道特集
「セルフネグレクト」という言葉を初めて知った。自分で気づいて清掃業者を呼べる人はまだいい。始まりにも気づかず徐々に気力が失われ、ある日ふと、その部屋から逃げるように消えてしまう。あるいは死を選んでしまう(積極的に生きるための策を取らなかったため)一般的なゴミ屋敷は主体的にゴミを集めてゴミで自分を守ろうとしているように思うけど「セルフネグレクト」はそれとも違うような。結果的にはゴミ屋敷になってしまうんだけどもっと無意識で生活の歩みが徐々に徐々にゆっくりになってある日突然止まってしまうような・・・。他人事とは思えない。私もよく面倒くさい、明日やればいいや、来週やればいいさ、今月中に・・・とか言ってるもんなぁ。体の具合が悪くなると普通に病院で診てもらうようにこころに異変や違和感を感じたらカウンセリングや心療内科に行って欲しい。当たり前のことで恥ずかしいことではないと広まって欲しいなぁ。

 『驚きの土曜日』(録画)(スカパー、Mネット)
チャンミンさん(東方神起)がゲストということで初めて見てみた。
音楽番組に出演した時イントロ中にユンホさんが『チャンミン、誕生日おめでとう!』と叫んだ件で何度もからかわれていて笑った。ユンホさんはネタの宝庫だね。クイズ形式の番組らしいが、なんかテンポが悪くて飽きてきたので途中で視聴終了。
 
 21時『嵐にしやがれ
キングがゲストということで久しぶりにリアタイ。わたしゃ特にファンでもないんだが(洋ちゃんのエピソードを聞いて人間・福山雅治から目が離せなくなった。←それがファンでは?)、そんな行きずりの者をも思わず惹き付けてしまうのがスター!この落ち着きと余裕!でもやっぱりどこかに洋ちゃんが潜んでいないか探してしまったわ。

 『82年生まれ、キム・ジヨン(チョ・ナムジュ 著)』もうすぐ読み終わる。20日が返却日だから急がねば・・と思いつつ睡魔に負けて10時半布団へ シュッ =͟͟͞͞ (|3[▓▓]

こたつ

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 12:14|PermalinkComments(0)

2020年11月09日

きこりのテレビ日記 #2  11月9日(月曜日)

 5時20分起床。二度寝しそうになる。
外は暗い。でもいかねば(会社の倉庫の鍵開け)。ミー太はウキウキと外に出ていった。(1時間ぐらいで戻ってくる)
今日は新聞集配所お休み。いつもここの灯りが頼りなのでちょっと寂しい。というより怖い。

 6時すぎテレビをつける。
どさんこワイド朝
7日はコロナ感染者最大の187人(8日は153人)。警戒ステージ3へ移行。
27日まで集中対策。酒類を扱う飲食店の営業時間短縮。

 十勝でもじわじわと感染者が増えている。
年齢・性別非公表の方がいるのは、やはり差別を恐れてのことだろうか。
土地柄、噂が驚くほど速くあっと言う間に広がる。
無知と恐怖からデマは広がる。でも不確かな情報を広めたところで安心材料にはならない。
自分も気をつけなければ。やれることをきちんとやって日常を営むのみだ。

 6時25分『テレビ体操』。
もう7年ぐらい休みの日以外は毎日している。
『僕たちは習慣で、できている。』(佐々木典士 著)の通り、習慣化してしまえば全く苦ではない。むしろしないと気持ち悪い。(しかし習慣化していても『寒い』『眠い』『めんどくせぇ』等の理由から常に否定的感情が抑えられないものもある)もうすっかりメンバーの皆さんとも顔なじみだ(勝手に)。今日は美佳先生。愛ちゃんもいる。こういうかわいくて親しみやすい顔って視聴しているお年寄りに人気がありそう。

 体操が終わったら→また『どさんこワイド朝』→『0655』→『ZIP!
7時10分頃『澪つくし』待機のためBSPへ。
『おしん』ほど熱心に見てはいないが『はね駒』よりは真面目に見ている。
現在リアタイでツイッターでつぶやいている数少ない番組のひとつ。
今は新人俳優さんも子役さんもナチュラルな演技が普通にうまいように思うが昭和の頃は違った。アイドル主演ドラマなんてびっくりするほどスティックでも平然と続いていたもんだ。むしろ激しい脚本に求められる演技と現実のギャップを楽しでいたような(ex. 『スチュワーデス物語』)

 沢口さんも例にもれず。今日で43回目だが、最近気にならないな〜と思ったら・・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイというほど、またスティックに戻るという感じ。まぁ、製作側も狙っていたみたいだがストーリーとは関係なくひやひやドキドキ。困ってるんだか悲しいんだかわからないよ・・ここはもっと元気に・・それじゃ気持ち全く伝わらないよ・・さらに靖子ちゃん、男に指吸われるなんて!キスの場面なんて大丈夫かい?等々。まさに親戚の姪っ子を見守る気持ち。まわりの大御所さん達だけでなく、ずんこちゃんもさぞ肝を冷やしたことでしょう。でもわたしゃ最終回まで靖子ちゃんを見守り続けるよ。

 その後出勤準備をしながら『エール』→『こころ旅
正直『エール』は好きじゃないのでつけていても見ない。『こころ旅』のためにBSPのままにしている。

 1時半帰宅。昼食を食べながら30分ほど『バイキングMORE』を見る。 
ネットでは常に叩かれている印象のこの番組だが、お昼はいつもコレ。なんでだろう?コメンテイターがみんなすごい勝手にいろいろ言ってる(坂上忍が番組を回すのを邪魔しない範囲で。坂上は意図する流れに逆らうと明らかにイラッとしている( ̄▽ ̄;)アハハ…でも毒にも薬にもならない発言にも反発がくる)のが気にいってるのかも。特におぎやはぎがいい。でも、まこちゃんの役目って?句点的な?

 3時頃から『ショッピング王ルイ』第七話(録画)(スカパー)(ホームドラマチャンネル)
再視聴。癒されるしかわいい二人を見ていると幸せな気分に。

 『ねほりんぱほりん』(録画)今回は「レンタルの彼女」
安定の面白さ。いろんな世界があるもんだねぇ。毎回独自の努力と苦労に感心させられるぞ。そしてMCの二人のさりげないベテランみ。今週心に残ったYOUさんのお言葉『ラッパとか持ってないと危ない』『好きなんだよ男は!揺れるものが』『太客だよね』『イケメンは、まずいガム』。

 『健康カプセル!ゲンキの時間』(録画)
昔は全く見なかったのに近年関心を持つようになったジャンルに『健康』『長寿』がある(笑)自分、そんなに長生きしたいのか?と突っ込みつつも真剣に見てしまうお年頃。長生きしたい訳じゃないけど生きている限りはなるべく苦痛を感じずにすごしたい。今回のテーマは「糖尿病」。私も広い範囲では糖尿病予備軍ですよ。内臓脂肪も多いし、早食いだし、筋肉にも自信がない。見たからには少しづつでも変えていかねば。

 17時50分ごろから『どさんこワイド179』へ。
北海道、本日のコロナ感染者数は200人!
十勝でも8人のクラスターが発生したらしい。かなりビビっているが今まで通り気をつけるしかない。
   夜は7時以降はほとんどテレビをつけない。たまに録画ものを見る。
本日は予約の入っている本を借りているので少しでも読み進めねば。
自分は並行して何冊か読むタイプ。
今読んでいるのは『いやよいやよも旅のうち』(北大路公子 著)、『自分らしく、ひとりで暮らすということ』(ショコラさん他 著)、『韓国かあさんの味とレシピ』(八田靖史 著)


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:03|PermalinkComments(0)