ソロ活女子のススメ

2021年06月06日

きこりのテレビ日記 #42

 6月2日(水曜日)晴れ・・のような。

 6時25分Eテレ 『テレビ体操

 6月になってタイトルバックがあじさいに変わったわ〜
こんなちょっとしたことで気持ちが和らぐ〜新しい体操も挟まれ、いろいろ工夫してんのね〜等と思いながら体を動かす。 

斬新な整理』#34(録画)(Mnet)

 今回の依頼人は女優のキム・ガヨンさんと旦那さんのイム・ヨファンさん。
余りにも深刻なケースであるためナレ達には依頼人情報が渡らなかったようだが、さもありなん。

 玄関入ったらデカい壺やら石やらが並んどる。圧迫感ーー。リビングにもガヨンさんがお母様からもらったという壺が棚のあちこちに入っているし、お子さん(7歳)の遊び道具やらおもちゃの家やトランポリンなんかがびっしり並んでいて通るのも大変 ( ̄▽ ̄;) 台所には料理上手のガヨンさんが作った料理を配るとかで大型タッパー(収納ケースみたい)や大型の料理道具、発送用発泡スチロール容器が積みあがってるし、作る量もハンパじゃないそうで場所を取る業務用の調味料や食品が在庫を含めて多数。棚にギチギチ、床にも置いてある・・もうめまいがしそう・・・(´Д` ) 家中そんな感じ。あらゆる場所にいろんなジャンルのモノがごちゃごちゃと堆積して空間が感じられない。光も入らないョ〜

 他の部屋にもガヨンさんの趣味のもの(始めたけどすぐ止めたのか)多数でかなりスペースを使っている。エラさんが「コレは使うの?」と聞いたら「ええ、使います」の連続で捨てる気なし。さらに浴室が機能せず物置になっている。お子さんがいるのにどうしているの??そして恐ろしかったのはガヨンさんがこの状態を『普通でしょ』と言っていたこと・・・(  Д ) ゚ ゚ いや〜〜〜旦那さん、よく我慢しているよな。こんな家じゃ気持ちも休まらないでしょうよ。もう慣れたのか?番組史上最も独特だった。防災リュック(特大・一家用容量の)が各部屋に置いてあるってのもすごいし。心配性なのかしらね。

 旦那さんの部屋も半分以上はガヨンさんのモノ。さらにベッドも子供用か?ってぐらい小さくて縮こまって寝ているし・・・さすがに旦那さんが可哀そうになったワ( ̄▽ ̄;) 

 これはスタッフ逃げたくなったと思われ・・・いつも短時間で家具の再配置とか中のモノを整理整頓してくれてるけど・・・今回はいつもの何倍もの時間が必要でしょ・・・人ごとながら暗ーーい気持ちになったぞ。

 でもガヨンさん、意外なほど手放す時は潔かった(自分の拘りのモノ意外は)。そもそもの量がかなり多いから断捨離する量もかなりなもんだよね。

 アフターの家は玄関はそれでもやっぱりモノが多い印象だけど低い棚の中に入れたり並べ方も工夫されているのですっきりした印象。やっぱり配置の仕方が大事なんだよね。リビングも私にしたらまだモノが多いよ!って思ったけど床が見えてベランダにモノがないからすっきりさわやか〜風が通るってすばらしい〜!

 キッチンもごちゃついて詰め込んでいた食器がギャラリーのように美しく並んでいる〜作業スペースができて広々。これなら増々腕が振るえるでしょうよ。旦那さんの部屋もできたし(奥さんのPCは置いてあるけど)洗面所もやっと使えるようになりお風呂やシャワーにも入れるようになった。この奥さんなら、すぐまた自分のモノをあちこちの部屋に置きそうだけど・・・( ̄▽ ̄;) 今回はいつも以上に整理の力を実感したわ〜

シェフは名探偵』第1話(録画)(TV東京)

 面白かった〜!なんて優しいミステリー。レストランには謎が溢れている。
てか、三舟シェフ(西島秀俊)記憶力良すぎだろ!8年前に入ったラーメン屋の店員の顔を憶えているとは・・・恐ろしい子・・・

 彼は人を見る目も抜群。強引にスカウトしたリストラされたサラリーマン高築(濱田岳)は初日からお皿三枚持っていたし、動きはいいし、一度教わったことはすぐ身に付ける。気働きもできるし何よりシェフと同じで記憶力がいい。いや〜濱田君が入ってドラマがさらに締まったね。毎度のことながら濱田君は最高のスパイスザンス。

 そしてスーシェフの志村(神尾佑)とソムリエの金子(石井杏奈)、4人のバランスが絶妙。緊張感がありながらもコミカルで楽しい。まかないはもちろん、お客様に出される料理、今回出て来たチョコまですべてが美味しそう!全体的に好きな感じ。もちろん視聴決定です。




 6月3日(木曜日) 曇っているけど暑くなりそうな感じ。

 『にぶんのいち夫婦』第1話(録画)(テレビ東京)

 興味本位で録画してみたが韓ドラの『夫婦の世界』みたい。HPのトップ画像も似てる。あっちよりマイルドな感じだが。結婚2年目、イケメンで優しくて家事にも積極参加の完璧な夫に愛されている幸せな妻→夫に浮気されている不幸な妻?ホントにねぇ・・世の中に浮気のしない誠実な男性はいないのでしょうか〜?これから浮気相手の特定になるんだろうが、親友が怪しいよねぇ・・てか、比嘉さんの旦那さん役の話し方が妙に生優しくて(まさかあの人が?!と近所で言われる犯罪者的な)生理的に受け付けない。2回目はいいかな・・・( ̄▽ ̄;)

 『リコカツ』第7話(録画)(TBS)

 明日金曜日だから先週の分見ておかないと( ̄▽ ̄;)
お互いに思い合っているの素直になれず・・・うまくいかないわねぇ・・・でも、このすれ違いが、あぁ、今、私ドラマ見てるわぁ!って実感させてくれるの。恋愛ものには興味ないのに今季はコレだけは非常に楽しく見ております。

 離婚をカミングアウトした咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)にそれぞれ急接近する者が・・・
咲には元カレの青山(高橋光臣)と担当作家の水無月(白洲迅)、そして紘一には煮物女こと一ノ瀬(田辺桃子)。そんなね、懺悔したって今までの悪行は許されんのよ( ー`дー´) 卑怯な手を使いおってからに。食堂でやっと咲が素直になろうとしたのにーーーバッドタイミングで入って来やがってゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ。そして紘一が追ったのに煮物女も追ってきたという・・・ね。一途に見せようとしているが中々怖い女デスヨ。

 咲の方もね、青山は危険な男ですよ・・こう、する〜っと寄り添ってくる感じがね、弱ってる時はマズイよ(笑)なんかぴったりフィットのコツわかってるも。でもこういう人って結婚したら豹変しそう( ̄▽ ̄;) 作家先生の方もね、ちょっと愛を求める濡れた子犬感あるしね、強引で読めないところあるから油断大敵。咲は眼中にないだろうけど機嫌を損じる訳にいかないしねぇ・・・

 今回、咲のお父さん(平田満)のスマホの着メロが『蒲田行進曲』だったのがちょいと嬉しかった。懐かしい。当たり役だったよなぁ。若かったねぇ、お互いに( ̄▽ ̄;)アハハ…続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:48|PermalinkComments(0)

2021年04月25日

きこりのテレビ日記 #37

 4月25日(日)

 猫たちが騒いでいる。5時5分。まぁいつも通りなのだが今日は日曜日。それに雨なんだけどなぁ・・どうせ猫ドア開けてもすぐ戻ってくるくせにぃ・・・頼むから寝かせてくれ〜〜と布団に潜るがベッドの隣に置いてあるタンスから飛び降りて来たり枕の横を走ったり・・・ケンカ始めるし・・( ̄▽ ̄;)アハハ…
それでも1時間近く抵抗したが6時に起床。玄関の扉を開けるが・・・
『あれ?雨だ・・・』
『だから言ったでしょーーがーー』
soto

 10秒後には家の中へ。まぁ、いい。
猫たちは雨だということを確認して満足したようだ。
1

 コーヒーを淹れておいて(ちょいと冷めかけが好きなんで)車で図書館へ。
返却日が過ぎていたのでね・・・( ̄▽ ̄;)
昔図書館で働いていた時は返却日遅れていた人にエラっそうに督促の電話かけていたのに・・・申し訳ない。

 帰宅してコーヒーを飲みながら『シングル男のハッピーライフ』#384(録画)(KNTV)を見る。今回の映像は前半がパク・セリさんで後半はMCのパク・ナレ。なんかセリさんが来るとみんながすごく気を使っているのが見えてちょっと楽しめない。もちろん気を使われるだけの功績のある人なんだけど、MCのみなさんから微妙な緊張感も伝わってくる。

 後半は体調不良のナレが韓医院(漢方の処方をしてくれる病院)で診察を受ける場面から。多忙で去年から頭痛とアレルギー反応に悩まされているそうな。私が見ている番組ですら結構ナレさんを見るもんね。韓国ではもっと活躍しているはず。そりゃ疲労とストレスも溜まっているでしょうよ。問診と詳しいストレスチェック的なものがあるようだが「怒り」チェックもあって私もやって欲しいと思ったよ。我ながら長年の怒りが溜まっていて、ふとした拍子に爆発するのを感じているのでね( ̄▽ ̄;)(悪い条件が重なったら犯罪者になるかも・・という危惧は常にある)

 ナレさんの場合はやはり疲労が蓄積しているそうで身体の上半身は熱いのに下半身が冷えて血液の循環が悪いし心臓にも影響が出ているんだと。ゆっくり休んで欲しいがレギュラーも多いだろうし手抜きできるタイプの人ではなさそうだから難しいのかなぁ。でもこれからも活躍するためにも一度長期的に休むことも考えて欲しいわ。韓医院の後は農村暮らしが体験できる地方の韓屋(韓国の伝統的な建築様式で建てられている家)ペンションへ。

 かまどで使う薪割りや火をおこすのは大変そうだったけどやっと作った食事はすごく美味しそうだった。焼きサワラ・雑穀米・近所で獲ったナズナのジョン、古漬けキムチの味噌汁、唐辛子の醤油漬け・・・(^q^) 夜はドジョウ鍋とツルニンジン。こっちはそんなにアレだったけど( ̄▽ ̄;) (unagiも好きじゃないんで)滋養はついたみたいだが。

 スローライフの大変さを実感し眠りについたナレさん。『私は都会の人間です!』って宣言してたもんね(笑)余計ストレスが溜まったような気もするが・・気分転換にはなったのかなぁ。

 『ソロ活女子のススメ』 第4話(録画)(テレビ東京)

 今日の五月女さん(江口のりこ)のソロ活は「工場夜景クルーズ」。いいねぇ゚+(b゚ェ゚*)+゚ まさにソロ活にぴったりだよ。一人でゆっくり見たいもんねぇ。ところがソロ活先輩と後輩に話しかけられ・・・戸惑いつつも五月女さんは楽しんでおりました。思いがけず深い話になったりして・・いい時間になったようです。
 
 ひとりで動いているとたまにこういうことがあるから面白いよね。行きずりの人とだからこそできる短いけれど心が触れ合うようなやり取り。この後、ライン交換とか飲みに誘われたら面倒だな(ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ)と思ったけど、お二人ともそれぞれのソロ活ルールにのっとってそのような事は無くあっさり別れたのが良かった。またどこかで会えたらいいもんね。

 10時5分より40分ぐらい『サンデー・ジャポン』(TBS)視聴。
3回目の緊急事態宣言について。オリンピック中止するって言うなら信用するがどうなんでしょうかねぇ。基本移動(不要不急の外出)自粛要請、お酒を出す飲食店・大型商業施設に休業要請。イベントは無観客。都立公園は閉鎖。看板やネオン消灯要請。ネオン消すことに何の意味が?暗くなって治安が悪くならないか心配だよ。それに無言で済む観劇とか映画、書店も休業要請って・・・飲食店だって一人で来るんならいんじゃないの?公園も閉鎖って・・・(-_-) リモートワーク出来る人なんて労働者のほんの一部だしさ。「要請」ってまだ有効なのかねぇ。「正直者がバカをみる」事態になっているような気もするが。

 『生きるとか 死ぬとか 父親とか』 第3話「美容とか見た目とか」(録画)(テレビ東京)

 食物アレルギーで痒みが止まらないと父・哲也(國村隼)から電話があり皮膚科に付き添うことになったトキコ(吉田羊)。しかし診察受けるも異常なし。診断は加齢による乾燥肌。アレ?アレルギー検査とかしてくれないの?と思ったら一ヶ月前に検査済だった( ̄▽ ̄;) ボケたか?と思ったが、すぐに顔のシミ取りを要請をする哲也。友達との約束をキャンセルして付き合ったのにと愚痴るトキコであった。

 まぁ、切り替えが早いのはいいけど腹立つよなぁ。他人なら許せることでも身内だとムッカーってくるよね。シミ取りなら私もしたいよ。実家に行く度に母の「そのシミをどうにかしろ」って言われるのもムカつくしさ。でも前にシミ取りに行った時恐怖を感じて・・・施術事自体はほとんど痛みなかったんだど、目隠しをされている間の医師と看護師の会話の険悪な雰囲気に( ´△`;) さらに自分の顔ごときにそんなお金をかけるのはもったいない気も・・・美味しいもん食べて欲しいもん買った方が人相良くなるんぢゃ・・と思ったり。

 父の急なシミ取りに怪しみを感じるトッキーさん。「もう年よりなんだから(シミなんか)いいじゃない」ってのもアレだと思うが、確かに怪しくはある。女の影??本来身なりに気を配るのはいいことなんだけどね。ここもやはり身内が色気を出してくると嫌な気持ちになる(笑)

 しかし友の「お父さんは刺激が欲しかったのかもよ。自分を元気づけるためじゃ?」という言葉に納得するトキコ。

『年老いた父が自分で自分を励ますことのなにがいけないというのか。
そう考えて反省した』


 確かにね〜トキコ世代はまだ一人でとか友達と一緒に自分を潤すことはできるけど、親世代だとお仲間も次々といなくなるし、身体の調子もアレで外にも出ずらくなる。だから子供の力を借りて自分をリフレッシュさせる・・・それの何がいけないというのか。用事を頼まれる度にムッとしていた自分を反省したよ。

 ラジオの投稿にもあったように思い付きのよう見える行動にも、実は本人なりの意味やコンプレックスへの戦いや意外な向上心やチャレンジ精神があったりする。親子だとそんな行動に対しても瞬間的に沸き上がる感情に縛られがちだけど、ちょっと離れて楽しめるようになればお互いにとって良し・・なのかもね。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:40|PermalinkComments(0)

2021年04月10日

きこりのテレビ日記 #35

 4月8日(木)

 今日は亡くなった父の誕生日。だからといって何をする訳でもなし。生きていれば91歳か〜と思うぐらい。お釈迦様と同じ誕生日だって自慢していたな。

 『全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの』#1 「上中里」(録画)(フジテレビ)
 事前情報何もナシでタイトル名だけで録画してみました。ムロさん主演だったとは( ̄▽ ̄;) 面白かったよ。まぁ、絶対見る!ってアレじゃないけど、見るとのんびりできるというか。それと劇伴が好みだった。

 ムロさん、ちゃんと清野さんぽい顔と服装と雰囲気になってる!(「東京都北区赤羽」の漫画でしか見たことないが)思いつきでそういうことしそうな感じになってる!(笑)東京はいいなぁ。ちょっと電車に乗れば知らない街に行ける。こっちだと車で1時間とか〜〜( ̄▽ ̄;)アハハ…遠いし変わり映えしない景色だよ。今回は「上中里」とやら。「また絶対来るよ 」とか言ってたけど絶対行かないでしょ(笑

 『ガンバレ!引っ越し人生』(録画)(NHK総合)

 不定期に放送されている番組みたいで前にも一回見たかな。引っ越しって何かワクワクするんだよね。今回は二組の家族が紹介されたんだが前半の青森から専門学校のある東京へ引っ越し(お兄ちゃんが東京に住んでいる。お兄さんは弟と住むために張り切って一軒家を見付けて先に引っ越し)た息子さん、めっちゃいい子だった。なんか純真というか、若いのに『引っ越しで家族との絆を確認できた』と言ってたし。いい御家庭で育ったんだろうな〜と伝わってきたよ。弟に美味しいもん食べさせてあげたいって言ってたお兄ちゃんも早速作ってたし。このお兄ちゃんがいるなら遠く離れた東京でも安心だね。

 駅まで見送ったお母さんがもう抱きしめることはできないから(もうおっきいし男の子だし)頬にちょっと触れてお別れして、旅立った後泣いている姿を見たら、こっちもしんみりしちゃったよ。私もいまだに東京に帰る娘を見送った後泣けてきちゃうもんね(笑)で、自分にもこんな母親らしい面があったんだな〜なんて嬉しくなったりしてねゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 後半はシステムエンジニアを退職されてみかん農家になるため湯河原に引っ越しされるご夫婦。旦那さんは56歳。いや〜思い切ったね。退路を断つために住んでいたマンション売りに出して行くってよ。研修期間の一年間は無給だそうな。ご夫婦共に健康だからこそできるチャレンジ。すごい勇気だと思うワ。私も今の仕事(自営)辞めて雑貨屋やりたいな〜とか別の仕事につきたいな・・とかいろいろ考えるけど失敗して一文無しになると思うとキリギリス人生長い私でも踏み出せない(笑)
春・・・新天地で始めるそれぞれの生活。羨ましいような怖いような・・・応援しておりますョ〜

 4月9日(金)

 今週後半は、また朝は氷点下。洗おうと思って洗濯かごに入れておいた毛糸の帽子を取り出してかぶる(一週間ぐらい入っている。我ながらいつ洗うんや)。コレがあるとないとじゃ違うのよ〜ぼさぼさの髪も隠せるしね。

 7時15分 BSP『あぐり』 第2週 「エイスケの秘密」第11話

 既成概念にとらわれないというか自由というか・・なんとなく実は合うんでないの?というあぐり(田中美里)とエイスケ(野村萬斎)だったが、まだお互いに心は許していない様子。
 さて、あぐりが登校途中に出会った「変なおじさん」はエイスケの友人・森潤(森本レオ)だった。なんでも文壇で注目されている「放浪の文士」なんだって〜年齢は離れているみたいだが、おもしろがりポイントが同じらしく、エイスケの描いた暗闇の街の絵に感心しとった。さらに二人はあぐりの着物を着て化粧し外へ飛び出す問題行動を。エイスケを自分の跡継ぎにしようと考えている父上(里見浩太朗)は森と縁を切らせようと札束入りの封筒を渡し、彼もすんなり受け取った。

 その事にエイスケがショックを受けたのかどうかはわからないけど、わたしゃ、「受け取りません!」なんて清廉潔白を気取るより、有難く頂く人の方が好き。だってきっとお金受け取っても森さんって、またエイスケに会うに決まってるもん。持ってる人がどうぞ〜って渡すなら受けとってバンバン使ってあげなきゃ ♪ヽ(*´∀`)ノ

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:16|PermalinkComments(2)

2021年04月04日

きこりのテレビ日記 #33

 4月4日(日曜日)

 6時過ぎ。ミー太が悲しげに鳴いている。アォ〜〜ン〜アォ〜〜ン〜〜〜
わんこみたい。この声を聞く度にミー太は昔うちにいた犬のコロの生まれ変わりなんじゃ・・と思ってしまう。態度も犬っぽいし。起きようとしたらすずが布団の中へ入ってきた。雨降りの日曜日に猫のあたたかさが心地よい〜結局、6時半頃起床。

 7時ミー太・なつ・すずと外へ。でも雨だよん・・・( ̄▽ ̄;)
すぐ家に戻るなつとすず。ミー太はパトロールへ。漢だねぇ。
本日は定休日だが倉庫のトイレ掃除。これを終えたら今日はのんびりして良し!

 『シングル男のハッピーライフ』#381(録画)(スカパー)(KNTV)

 日曜日のお愉しみ(土曜夜放送)『シングル男のハッピーライフ』。にゃんとBTSのJ-HOPEさんが(って、誰が誰やらわからんが( ̄▽ ̄;) )が出演希望されているそうな。出てくれたら視聴率ヤバイことになるだろうね〜

 本日は少し寒いのでコーヒーが旨い。このところスターバックスのスティックコーヒー(カフェラテ)にハマって、そればかり飲んでいたが(ハマるとそればかりになる)たまにちゃんと淹れると美味しい。脂質も気にしなくていいし。

 今回のゲスト、前半は2PMのウヨンさん(なんだけどチャンソンさんも出演)、後半は先週に引き続きパク・ウンソクさん。チャンソンさんはしょっちゅうウヨンさんちに来ているらしく暗証番号も知っていて慣れたふうに台所で調理開始。手際も良くてめっちゃ美味しそう!この番組に出てくる料理で出前以外で初めて旨そう!!って思ったぞ。鮭ごはん作りたくなった〜
 食後はカムバックに向けて(4人が兵役だったらしい)ダンス自主練。最初は忘れてしまってぼ〜んやり踊っていた二人が徐々に勘を取り戻しエネルギッシュな野獣の片りんを見せるようになっていたのはさすが!2PMについては俳優業しか知らなかったので今後は歌手としての仕事にも注目してみようと思いますわ。

 郊外(ソウルからどれぐらい離れているかわからんが)の楊平の一軒家で暮らすウンソクさん、ラストには寂しいと言っていたけど趣味を極め中って感じですごく一人暮らしを楽しんでいるような。『後悔したくないから迷った時はとにかくやってみる』と言う言葉が印象的だったわ〜

 『モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜』 最終話(録画)(テレビ朝日)

 前回トミー失踪事件のおかげで能力が復活したモコミ(小芝風花)にε-(´∀`*)ホッ
千華子(富田靖子)は『普通になって良かったじゃない』とか相変わらず発言をしていたが、この能力はモコミにとってすごく大切な要素だから(モコミ自身が無くなって清々したよって言っているなら別だけど)本来のモコミを取り戻せたようで良かった。

 能力が戻ったモコミは自分の進むべき道を樹木医に決め、修行するため一人立ちすることにした。旅立ち前に千華子に言いたいこと言ったもんだから気まずい別れになっちゃったけど、やっぱり戻ってきちんと心の中にある思いを伝えられた。トミーとの別れも寂しかったけど、ホントに大人になったというか・・大人になりたいと思った時がその時なんだと思う。モコミは今だったんだよね。

 そしてお兄ちゃん(工藤阿須加)も役者をやってみることを決意して劇団を立ち上げた佑矢(加藤清史郎)の元へ(あんな態度取ってたのによく頼れるよなぁ。しかも、すぐ戻って来ちゃったけど( ̄▽ ̄;)アハハ…)まぁ、「青春のリグレット」を解消できたみたいで良かった。鈴音さん(水沢エレナ)とは一緒に暮らせないと伝え(正直に自分の気持ちを言えて良かったよ。今まで全部溜め込んでいたから)花屋さんを頼んで行ったけど、戻ってからは二人の将来が見えるいい雰囲気になっとった。

 そして子供たちからいろいろ言われやっと父親・観(橋爪功)のせいにするのをやめた千華子。ちゃんと運転免許取って夫(田辺誠一)の元へ。一緒に行くはずだっ父親は『恋の予感』とやらで残ったわ〜もしや教師をしていた頃のお相手に再会しちゃったのかしらね。このおじいちゃんはいつまでも老けないし変わらない。観さんだけが家族一人一人をあるがままに受け止めていたように思う。それってすごく難しいことだよね。

 家族はそれぞれ別々の場所で生きることを決めたけど、人が変わる時が来るように家族も形を変える時があるのだと思う。その時傷つけあったり憎しみを感じることもあるかもしれないけど「家族」でいたいという気持ちがあれば離れていようと大切な場所になるし、その場所を育てていくんじゃないのかなぁ。

 道端に咲いた一輪の花のようなほっとする佳作でした。やっぱり風花ちゃんって好きな女優さんだわぁ。

 『黄金の日日』第1話 「信長軍包囲」(録画)(BSP)

 楽しみにしていましたわ〜♪ヽ(*´∀`)ノ 昔見たんだけど、そんな真剣には見ていなかったからねぇ。あぁ・・・この曲だよ!懐かしい!脚本は市川森一さんだったのか〜しかしキャストの名前を見ていたら鬼籍に入られた方ばかり・・・何だか胸が熱くなってしまう(´;ω;`) あなたたちが残してくれた作品をしっかり楽しませてもらいますよ。

 第一話は攻め入って来た信長(高橋幸治)(信長と言えば、わたしゃ未だにこのお方が浮かぶよ)から堺を守るため千利休(鶴田浩二)から託された葉茶壷を届けようと秘密裡に動く今井宗久(丹波哲郎)。そのお供として選ばれた(残った?)身寄りのない(危険なミッションなのでね)3人、善住坊(川谷拓三)、のちの石川五右衛門(根津甚八)、そしてのちの納屋助左衛門こと助佐(現 松本白鸚)の姿が描かれた。

 いや〜いいキャスティングですよ。五右衛門の最期は憶えているわ・・川谷拓三さんも若い!小心者キャラがキュート(笑。そして白鸚様!この時は染五郎さんだったが、しっかり納屋番として働く名もなき若者感、でも大志を実現してくれそうな強さと柔らかさのある眼差しがしゅてきだった。お父さん琉球に行く途中で遭難しちゃったみたいなんだけど父の後を継いで船乗りになり交易をしたいという言葉に宗久も胸を打たれたようだね。

 てか、すごい豪華な出演陣だよ。堺商人のトップ・会合衆には丹波さんや鶴田さんの他、宇野重吉・志村喬・津川雅彦だよ!そして秀吉が緒形拳、助佐の生涯のパートナーとなる美緒に栗原小巻。夏目雅子さんの姿もあったわ〜さすが大河って感じ。もちろん視聴決定。日曜日の楽しみが増えました。



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 22:11|PermalinkComments(0)