シンミナ

2021年11月04日

「海街チャチャチャ」 第2話

 勤めていた歯科医院の院長と意見が合わずケンカになり退職したヘジン(シン・ミナ)は昔来たことのある海沿いの田舎町・コンジンに行き、なりゆきで歯科医院開業を決意。都会生活に慣れているヘジンは腕さえあれば患者は来ると安易に考えていたみたいだが〜〜( ̄▽ ̄;)アハハ…

 都会と田舎は違うもんね〜ヘジンが着ているランニングウェアは下着呼ばわりされるし、地域のお年寄りに好意を示されてもソウルルールで対応したら冷たいと言われてしまう。都会じゃご近所付き合いもないけど、田舎じゃ地域に入れていただくという姿勢が大事。なのにホン班長(キム・ソンホ)に強く勧められて行ったみんなが集まっているお祭りで、それぞれのお店の悪口になるような正直な感想を言ってしまうヘジン。みなさんが『何?この娘?!』と内心ムッとして離れていったのにも気づかない。決定打はマイクが入っているのにも気づかず電話で話して、元歌手のカフェ店主・チュンジェ(チョ・ハンチョル)をこき下ろしてしまったこと。聞こえてしまったみなさん、気まずいし(内容は事実っちゃー事実だし)こんな状況を呼び込んだヘジンにドン引き。

 おかげで開店しても誰も寄り付きゃしない。それどころか村八分状態に。ホン班長のアドバイスで餅を配ったけど(遅い!)嫌々、ただ配っただけなので全く変化なし( ̄▽ ̄;) またまたホン班長がむりやり町内会の会合に参加させ、ヘジンからってことで差し入れをしてくれたら(その後キッチリ代金をヘジンに請求)、みなさんの態度は少し軟化。





続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:37|PermalinkComments(0)

「海街チャチャチャ」 第3話

 同期の結婚式に呼ばれたヘジン(シン・ミナ)は気合入れまくりでネットで服を買い漁っている。届けにくる(宅配の仕事もやってる)ホン班長(キム・ソンホ)も呆れ顔。

 わかるわ〜結婚式って女の戦場よね(笑
特に微妙なお年頃の時は。
ある時期過ぎたら、むしろ楽しいんだけどさ。
ヘジンって気が強いからナメられてたまるか!って気持ちも人一倍なんだろうな〜

 で、ついにD-day到来。
何度もファッションショーを行った結果選んだ服をお召しになり、メイクもキメて出かけようとしたら・・ホン班長がおばあちゃん三人衆を引き連れて現れた。みなさんソウルに用事があるので車に一緒に乗せていって欲しいというのさ〜

 うんざりしつつも受け入れるはめになったんだが、みなさんトイレが近いからしょっちゅうサービスエリアに寄らなきゃならんし(私もトイレ近いからわかるけど、頼む方も辛いのよ〜(笑))、新車なのに車の中を餅の粉で汚されるし、途中で買ったCDをガンガン鳴らして歌われるしで、ヘジンのイライラが止まらない。

 結局、遅刻して出席。同期のみなさんには所得自慢されたり、田舎で独立したことについて突っ込まれたヘジンだったが、田舎で開業する良さを強調(誇張?)(競争相手がいない、お客殺到等)して乗り切った。その後もホン班長と一緒にいるところを撮られて『恋人?』とかグループラインの話題になったんだけど『一方的に好かれて困っている』と知らせたヘジンであった。

 ところでホン班長はメンタルクリニックのビルの前にいたが、通ってるのかしら?住民の話じゃしょっちゅうソウルに来ているみたい。寝ている時うなされたりもしていたから、何か大きな精神的問題を抱えてコンジンに戻ってきたのかな?

 今回は歯のインプラント治療問題でガムニおばあちゃん(キム・ヨンオク)との距離が少し縮まったね。経済的な問題もあって(余分なお金があれば息子や孫のために使いたい)(相談の電話をかけたらお金の協力要請と思った息子が遠回しに断るのが切なかった。遠くの身内より近くのホン班長だよ)治療を拒絶したガムニさんに対して、冷たく突き放すような言動を取ってしまったヘジン。

 ヘジン的には早くに亡くなってしまったお母さんのことがあるので、元気で健康でいてくれることが子供のためなんだから自分を大切にしない行動に腹が立ったんだね。でも、自分がお金を出すし、そのことは秘密にしてヘジンが割引にしたことにして治療を勧めて欲しいと頼むホン班長のおかげで、イカが大好物なのに食べられなくなったガムニさんに寄り添うことができた。自らガムニさんの家に出かけて行ってやんわり説得、ガムニさんも素直に受け入れ治療に来てくれた。




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:35|PermalinkComments(0)

2021年10月26日

「海街チャチャチャ」第15話・16話(最終話)

 最近、仕事から帰ってきたら浄化の意味もあってゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ このドラマを見ている。いや〜自分でも不思議なんだけど、何故そのように思うのか?夢中になるドラマはいろいろあったけれど、このように大げさにいうと清め的な感覚を求めて見たドラマってなかったかも。

 多分、キム・ソンホさん演じるホン班長の存在が大きい。特にその顔ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ (本来はタイプじゃないんだけどな〜『キム課長とソ理事』の時はもっと馬面に見えた)この人が悪いことなんて絶対する訳がない!と思えるというか・・・色白で童顔ってのもあるかもしれないが、世俗の垢が全く感じられない!(笑)なんか後光が射してるようなキャラクター(笑)まぁ、いい。ネットフリックスのマイリストには1,2話で見なくなった韓ドラがたくさん入っているが、このドラマはその中でも特別な引きがあるということだ、私にとって。

 等と書いていたらキム・ソンホさんのスキャンダル勃発!(ノ)゚Д゚(ヾ)マジ!?
今、最も注目されている俳優さんだけに本国ではスゴイ騒ぎになっていると思われ・・・OH・・なんということでしょう・・・il|(´ωノl┴┬ 
私ってやっぱり男を見る目がないのかしら・・・

 ソンホさん、一応謝罪しているから交際は認めているようだが・・・。
ワシは男女の関係の責任はフィフティ・フィフティだと思っとる。お付き合いされていた女性も大人として自分で決断された結果だと思う。報道だけ見ているとソンホさんの別れ方にも問題があるようだが・・・ホントの所はお付き合いされていた二人にしかわからないことだし・・・

 一瞬、記事書くのやめようかな・・と思ったりしたけど、このドラマに癒されたのは事実だし、いいドラマだと思うからたくさんの人に見て欲しい。そしてキム・ソンホさんは俳優としても実力のある方だと思うし、私を含めさらに成長していく姿を楽しみにしているファンも多いと思う。だから戻ってきて欲しいなぁと心から願っている。

 さぁ、肝心のドラマの話に戻りましょう♪
丁寧に描かれてきた街の人々のエピソードも気持ちよく回収されましたた。コンジン三つの謎、その1 ホン班長の空白の5年間

 大きな存在となったのが大学の寮のルームメイトで兄のようにドゥシク(ホン班長)(キム・ソンホ)の面倒をなにかと見てくれたジョンウさん(複学生)。彼を慕っていたドゥシクは就職もジョンウさんと同じファンド会社・YK資産運用に決めファンドマネージャーとして働いていた。

 14話のラストでホン班長を殴ったドハ(イ・ソッキョン)の父親・ギフンはその会社の警備員をしていた。彼から投資を始めたいと相談を受けたドゥシクはローリスクのものを勧めたんだが、いつのまにか別の担当者の元でハイリスクのものに手を出し家の保証金まで注ぎ込んで家族にも内緒で融資を受けていた。

 そんな時アメリカの経済恐慌の影響を受け株価は暴落。慌ててドゥシクに相談するも時すでに遅し。その後、後始末に追われていたドゥシクはギフンさんからの電話に出る余裕もなく・・・財産を失うことになったショックでギフンさんは自殺を図ってしまう。それを知ったドゥシクは病院に向かおうとしたが冷静さを失っている彼を心配したジョンウさんが運転した。しかし途中で交通事故に遭い亡くなってしまった・・・

 急いではいたけど安全運転だったから、ぶつかって来た乗用車とトラックの過失なんだけどさ。元からおじいちゃんの死にも責任を感じていたドゥシクだったから、自分を責め続け闇に堕ちたんだろうなぁ・・

 話を聞いたヘジン(シン・ミナ)の全てを赦し包み込むような愛情に感動したよ。
『私には”悲しい”と言っていい。私には”苦しい”と言っていいのよ。
泣いていい・・泣いていいのよ』
抱きしめるヘジンに身を預け、ドゥシクはやっと涙とともに封じ込めてきた悲しみを表現することができた。今まできっと泣くことも自分に許さなかったんだと思う。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:38|PermalinkComments(0)