ウチ断捨離しました

2021年08月28日

きこりのテレビ日記 #49

 8月23日(月曜日)小雨

 近所のボロ工場(昭和45年には存在していた一般家屋を使用)が先週から、やっと解体しはじめたが、すごいのんびり。ケチで有名な社長だから自分で解体もやってんのかしら?とっとと片づけりゃいいのに。でも毎日出勤時と退勤時に今日はどれぐらい進んだかな〜?おっ、結構進んだじゃん、あの中こんなふうになってたのね〜等と確認するのが楽しかったりして。

 20時 BS朝日『ウチ、断捨離しました!』#82

 今回も結構強烈だった。キャラ的にも内容的にも(笑
主人公は長年のパートナーたっちゃんと一軒家に住むともちゃん。
玄関入ったらもうすごい!と思ったら
玄関の前からもうゴチャゴチャがあふれていた・・・( ̄▽ ̄;)
この手の番組でよく見るけど、なんで玄関に必要ない(本人は必要とジャッジしているんだろうが)他ジャンルのモノを積み上げるんだろうね?長く住んでいると慣れちゃって圧迫感も感じないのかな?

 ごちゃごちゃは廊下〜居間〜台所〜階段〜物置〜寝室までとにかく15年分のモノがあらゆる場所に堆積している。なんと言うか・・その場で捨てるかどうかの判断を保留にし続けてきた結果が累積したというか〜〜ご自分で『(モノが)すごいのよ〜』『病気だね』と認めているが開き直っているようにも見える(笑

 この状態のせいか、ともちゃんはイライラがひどく、ついついたっちゃんに怒鳴り散らすことが多いそうな。その状態を治して『優しい人になりたい』、さらにたっちゃんのためにも自分が一人になれる『穏やかに過ごせる部屋』を作りたくて応募されたらしい。

 家を訪れたやましたさんも、さすがに絶句というか・・・どこから手をつけたらいいのかわからんほど。二階の物置(昔の資料がたまっている)を自分の部屋にするのが目標ということで、まずはここから。でもね〜とにかくともちゃんのペースがのろいというか・・私だったらキレて棚を蹴っ飛ばすレベルゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ・・・様子を見てやましたさんが時々指導入れるんだけど・・・届いていないというか・・ブロックしているというか・・

 やましたさんが帰った後、お二人で断捨離を続行したんだが、資料を捨てるにも、ともちゃんがいちいち確認して浸って・・迷って・・だから進まないったらありゃしない。私にしてみたら、もう何年も開くことなく置いてあったんだから、全て捨てていいのでは?いちいち見てたら日が暮れちゃうよ!どんどん捨てんかい!なんだが。

 たっちゃんがシビレを切らして台所の断捨離を始めればケンカ(ともちゃんがキレてどなって終わり、番組最強かも)になるし・・難しい。ひじょうーーーに難しい(笑

 たっちゃんはともちゃんのために台所をリフォームしようと計画しており、そのために茶箪笥とかも作り初めていたもんだから、この機会を逃したくなかったのさ〜その後も物置の断捨離が進まないので、さすがに堪忍袋の緒が切れたたっちゃんが独断で棚を外して処分したもんだから、わたしゃともちゃんの怒りが怖くてヒヤヒヤしたけど、コレに対してはまったくお咎めなしでむしろ感謝していた。

 やっぱりアレだね。夫婦のことは(このお二人は婚姻されていないが)夫婦にしかわからないというか、いくらケンカを繰り返していても二人だけの世界があるんだな〜と納得。ともちゃんはたっちゃんのことを尊敬してすごく大切に思っているし、たっちゃんもともちゃんという人のいい面も悪い面も受け止めて愛しているんだな〜と・・・ちょっと羨ましくなったよ。

 断捨離はラストスパートをかけたおかげで結構進んだけど(私的にはたいして変わってないじゃん!って思ったが)人それぞれのペースがあるもんね。ともちゃんはこっからがスタートで、たっちゃんのサポートを受けながらちょっとづづ断捨離を続けていくんだろうね。


 8月24日(火曜日)小雨

 昨夜、寝る前にベッドを東向きに変えたらいい感じ。
ミー太もちゃんとベッドに来てくれたし〜ヽ(´ー`)ノ
ただデカいから布団を占領されて背中が冷えるなど・・・(笑

 雨続きで寒い。
ストーブ点けたいけど、私にしては珍しく我慢している。

模範タクシー』第13話(録画)(スカパー)(KNTV)

 ペク会長(チャ・ジヨン)の昔の映像から始まった。どっかのエライ会長さんに尽くすペク会長・・・後妻業か?と思ったら本気だったのかしら・・・陰謀なのか何なのか一緒にいる時事故にあって会長は死亡。遺族に罵倒されるペク会長・・・それでカネゴンになっちゃったのかねぇ・・

 と思ったら、「エピローグ」で注射セット出してきて会長に打ってた!
一瞬でも毒グモ女を信じた私が大馬鹿だったよ・・・(-言-)
会長と一緒に乗っている車に突っ込んで来たトラックにはソクテとヨンテが乗っていた。こうやって資金を稼いてきたのか・・・ホント、恐ろしい女だよ。

 さて現在、監禁していた犯罪者たちを連れて逃亡したペク会長一味。
チャン代表(キム・ウィソン)とキム・ドギ(イ・ジェフン)は犯罪者達奪還を誓うが、連れて来たところで入れる場所がもうない。ど〜すんの?

 だから〜〜!『親切なクムジャさん』方式に一人一人遺族と一緒に殺っちゃまえば良かったんだよ。監禁代とかも浮くしさ〜ペク会長みたいな奴を儲けさせることもなかったし。生かしておく意味がわからんよ。チャン代表は恐怖心から更生への道を歩むのではないか?と考えていたようだけどまだるっこしいよ。閉じ込めておくだけで奴らが改心するとは思えないし、復讐頼んだ相手も末路がはっきりしないと不安なんじゃないの?

 ペク会長がバハマ大使館とコンタクトを取っているのを知ったドギ達は停電を起こして大使館に侵入。そこでヨンテを見付けて捕獲し救急車で逃走(いつも思うんだけど、この救急車どこから来た?すぐに車の塗装変えちゃうからコレも剥がせるタイプ?)。同じ時に嗅ぎつけたカン検事(イ・ソム)も来ていたんだけどなんとかまくことができた。



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:51|PermalinkComments(0)

2021年08月13日

きこりのテレビ日記 #47

 8月9日(月曜日)祝日 小雨

 珍しく猫たちに起こされなかったので7時過ぎに起床。
玄関を開けて出ていく猫たちを上がり框に座って見ながらボーーーー。
うちの玄関は狭くはないけど、もっと広くしてサンルームみたいにしたら
猫と一緒にボーーーッとできそう。
そこにもキャットタワー置いて〜
キャットウォークもあったらいいな〜♬
玄関の横の納戸的場所の壁をぶち抜いて・・・
スペースを広げて・・・( ˇωˇ ).。o(♡
邪魔な棚は処分して〜〜+..。゚+.(*´∀`).。o○
あぁ・・リフォームしたいなぁ。
やめていたロト6、再開するか?

 韓国ドラマ『怪物』第9話(録画)(スカパー)(KNTV)
感想はこちら

 8月10日(火曜日)雨

 今日と明日行ったらお盆休みだが〜〜たった二日の勤労が辛い。
そして今からお盆休み明けが怖い。

 韓国ドラマ『怪物』(録画)(スカパー)(KNTV)第10話 
感想はこちら

 『ウチ、断捨離しました!』「難攻不落!もったいない母 VS 息子 終わりなき断捨離戦争 前編(録画)(BS朝日)

 最近、実家の断捨離を手伝うお子さんパターンが多いが、ホント大変そう。
他人事とは思えず(うちの実家は母が片づけ魔なのでスッキリはしているが、人柄的にうちの母と似た感じ)息子さんがお母さんに意見する姿を見ていて胸が苦しくなった(笑

 これまた最近のパターンだがとにかく家中にモノが積み重なっている。
どこもかしこもギッチギチ。
空間がまったく見当たらない( ̄▽ ̄;)
私、最近こういう場面見るとブルドーザーで全部ガーーー!!ってやってやりたくなる(笑

 「ここで寝ている」という寝室は背の高い箪笥やら衣類やら・・お母さん自身も「何があるんだろ?」ってぐらい様々なジャンルのモノが積みあがっていて、危険としかいいようがない。息子さんも心配されていたが地震が来たら逃げることも難しいと思う。

 食器棚には、もらいものの使わない食器もギュウギュウ。
コレ取り出せないと思う。
捨てない理由は、くれた人がたまに来た時に「大事に使ってくれているわ」と言われると捨てられないそうな・・・この無理やり詰め込んだ状態を見て「大事にしてる」と思うだろうか(дll)
てか、人にあげたものいちいち、どうなってるかな?なんてチェックしないよね?

 やましたさんが来て、空間のある心地よさを体感してもらおうとひとつの棚の中のモノと棚を処分してきれいにしてくれたのだが、二日ほどして息子さんが行ってみると捨てた棚が戻っていて、中にお人形さんとかが並べてあった・・・( ̄▽ ̄;) お母さんはお父さんに責任転嫁をしていたがお父さんは断捨離推進派なんでお母さんの感情的なアレだと思われ・・・

 いや〜〜コレは息子さん無力感でぐったりしちゃうよね・・・
親子だとどうしても感情的な言い合いになっちゃうからお嫁さんがうまいこと話して説得するんだが〜(このお嫁さんもエライ!そして冷静)多分理屈じゃないんだろうね。お母さんの心の中のなにか(親から教えられたもったいな精神や自我)がブロックしちゃうんだろうね。

 見かねてお父さんが「思い切ろうぜ!」と言ってくれたのが気持ちいい。
でも収納されていたお母さんの大量の衣類を断捨離したのは2着ほど・・・( ̄▽ ̄;)バッグは一切処分しない宣言。お父さんが見本を示すため自分の衣類の断捨離をどんどん進めるも、その捨てた袋を開けて「もったいない」と阻止しようとするという。

 息子さんのお嫁さん、友人、孫にまで手伝いに来てもらったのにね・・・
息子さんから提案されたにしても番組冒頭で断捨離の決意を語っていたのに・・
失礼ながら非常に意固地というか・・・
見てて消火器ぶっ放して捨てなきゃならないようにしてやろうか・・と思ったぞ。

 8月11日(水曜日)雨

 もうずっと雨。かなり寒い朝。気温は12度(冬じゃん!( ̄▽ ̄;) )
先週、暑さで死にそうだったのが信じられん。
昨日、分解掃除に出したストーブが戻ってきたので良かった。

 さっそく焚く。
でも分解掃除に出した後は焚くと独特の臭いがするので
窓を開けながらストーブ焚くということに。

 こんな日常が戻ってきました( ̄▽ ̄;)
8.11


 韓国ドラマ『怪物』第11話 (録画)(スカパー)(KNTV)
感想はこちら
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:42|PermalinkComments(0)

2021年01月04日

きこりのテレビ日記 #17 1月4日(月曜日)

 8時6分。
なんだか友人から助けを求めるラインが来て(住所は茨城県ナントカカントカ(漢字で書かれていたが忘れた)(私も関東に住んでいるらしい)その場所(倉庫らしい)に行く方法を行きずりの人に尋ね、よっしゃ行くで!となっているところで猫に起こされた。あの友人はどうなったのであろうか。夢の中のこととはいえ気になる・・続きを見るために眠りの世界に戻ろうとしたが猫に邪魔され断念。気になる・・

 ツイッターを見たり(でも『おちょやん』の感想で溢れていたのでシャットダウンw)ラインみたり布団に潜ってみたり・・・娘は東京に戻ったから朝ご飯作らなくていいし仕事は6日からなのであと二日はのんびりできるのだ。幸せ。しかし鋭い視線を感じて起床。8時35分。
b

 起きますよ・・起きりゃいいんでしょ。
しかし自分の生活は『めんどくせぇ』『やりたくない』『さぼりたい』ものに支えられていると再確認する1月4日月曜日。嫌々ながら『めんどうくせぇ』と向き合うことで私の健康は維持されているしナントカ生活も回っている。

 8時50分テレビの電源オン。
日テレになっていたので『スッキリ
よく考えれば『スッキリ』って変なタイトル。『スグナオール』とか『ケロリン』みたいな?箱根駅伝の話題。スポーツに一切興味がない私が唯一見るのが箱根駅伝。と言っても復路の9区から見るレベルゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ。いや〜ラストの駒澤大の追い込みすごかった。でも創価大のランナーの気持ちを思うと辛い。しかし面白い。そして青学12位からよく4位まできたよねぇ。だが4位だったのに復路優勝とかってシステムがよくわからない。タイム的には一位だったってこと?

 10分ほど見て『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日(こちらではHTB))へ。
こちらは『緊急事態宣言』について。18日から国会って遅くね?その前に審議とかいろいろあるにしてものんびりしてるよなぁとしか思えない。今頃『特措法改正』って何なんだろ。去年のうちに時間あっただろうよ。30分ほど見てテレビの電源オフ。

 本日、今年最初の「燃えるゴミの日」。寒くて外に出るの嫌で(出勤時に持っていけばいいんじゃ?とも思うが消毒して手にクリーム塗った状態でゴミステーションのネット触りたくない(手袋はいてるけど)(変なとこ潔癖)&持って出るの面倒(リュックで両手空いてるけど))等の理由で年末に倉庫に隠しておいたゴミ・・・年が明けたら必ず出そうと誓ったのに、やはり寒くて外に出たくない。倉庫にもゴミはあるが倉庫と一階の間にある隙間(1畳ほどの空間)にも猫砂ゴミなどが置いてあり、そのドアを開けると感じる冷風を受けるのが嫌。そうこうしているうちに9時過ぎてしまった。『ゴミは午前9時までに出しましょう』と指示されているので9時過ぎたら真面目人間の私的にはアウト。冬場はこうして倉庫がいっぱいになるまで溜めてしまうのです・・・

 昼近くなって『澪つくし』第85話(録画)(BSP)を見る。
まだまだ続く一揆のその後。外川では逮捕された漁師たちに義理立てをして一切漁を行わない日々。コレはどうなんでしょうかねぇ( ̄▽ ̄;) 残っている人たちで漁に出てその上がりをみんなに分配した方が建設的なんじゃ?ぶらぶら遊んでいると弥太郎みたいに良からぬことを考えるもんも出てくるしさ、やっぱり体使ってないとなまってくるんでない?
 
 惣吉たちに差し入れをしに行ったかをる(沢口靖子)は道中、偶然Qべー(津川雅彦)に会った。重たい荷物を抱えているかをるを気遣い『いよいよ困ったら帰ってこい』と伝える姿は愛情ある父親そのもの。でも、なんか100%誠実とは思えないアタイ・・・。そんな中、名取村長辞任のニュースが!あんなに強気だったのにどうしたのかしら?と思ったら汚職問題で取り調べを受け弱気になったんだとさ。大喜びするとねさん(草笛光子)とかをる。でも新村長はどうなるの?反対派首脳部のおじさん達は捕まってるしさ。次の村長が名取の息のかかった奴だったらアレなんじゃないの?釈放のめどがつかない惣吉(川野太郎)を思うかおるは夢の中で惣吉と呼び合うのでした。嗚呼・・。高神村汚職問題はまだまだつづく・・・

 12時45分 NHK総合 『おちょやん
第21話。第5週「女優になります」京都編のはじまりはじまり〜ヽ(*´ェ`*)ノ
千代(杉咲花)が辿り着いたのは京都。頼る人も場所もありまへん。早速住む場所と仕事確保のために動き出したさ。口入屋が紹介してくれたのは「カフェー・キネマ」の女給さん。なんやら治安も悪そうだし、おなごが一人で歩く場所じゃなさそうだけど選らんどる余裕はありまへん。危機管理能力の高い千代がヤバみを感じない訳がないけど、御寮人さん(篠原涼子)の「旅立ちだす!」という言葉を支えに一歩踏み出したさぁ。

 店長の宮元(西村和彦)は活動写真好きで自分のことを監督と呼ばせる面倒くさい奴や。でもまぁ、悪い人ではなさそう。ここで働いている子は事情を抱えながらも皆さん女優を目指しているそうな。で、千代のこともそんな一人だと思ったらしい。初日からすでに衣装・食事代等ツケができているので早くじゃんじゃんチップ貰えるようにならんと。

 同室の真理(吉川愛)、ええ子みたいやけど・・・洋子(阿部純子)にライバル心持ってるとこみると千代のことを問題外と見たから優しいのかもしれん(疑り深い奴)。親身に世話はやいてくれます。初めて見るカフェーの現場に衝撃を受ける千代であったが・・・

(これも生きるためや、やるしかあらへん)

『よっしゃ!

  どっからでもかかってき!!』


 ピンチの時こそ底力を出せる。それが千代や。
覚悟を決めたら怖いもんなんてありまへん (;゚ω゚(;゚ω゚(;゚ω゚(;゚ω゚(;゚ω゚(;゚ω゚)'`
酔っ払いの客をお茶子時代に培った経験でうまいことあしらい、にゃんと活動写真の会社社長からスカウトされましたとさ。

 いや〜度胸と賢さを買われたのかねぇ。さすが千代。どんな場所でも咲けるおなごや。てか、京都では「へぇ」じゃなく「はい」なんだね。そして高城百合子さん、映画の世界でも頑張ってはるようやな。千代が共演できるのはいつになるやろ。

 毎年猫村さんのカレンダーを愛用しております。例年月めくりなんだけど今年はなぜか日めくり仕様になっておりまして、それでももちろん購入。でも日めくりってどうなんだろう?有難みがイマイチわからない。毎日めくるのってめんどくさくない?日めくり使うくらいなら年めくり(一枚)でいいよ・・要するに大好きな猫村さんなのにピンときていなかった。んが、使ってみると、いーじゃありませんか。捲る度に新しい一日が始まるって感じで気持ちが切り替えられる。なんか捲るだけで充実感が。やっぱり2021年も猫村さんと始める一日よ。
a


 『よみがえる新日本紀行』「波濤の太鼓〜奥能登・外浦〜」(録画)(BSP)
輪島の朝市の様子が映って、コレの絵本見たことあるかも!って棚を探してみたら、うちにあったのは『にちよういち』だった( ̄▽ ̄;)アハハ…四国高知市のだね。

 輪島市の朝市について描かれているのはこっちだ。
今度図書館で借りてこよ。

 『心配しないで、オバケです』(録画)(スカパー)(KBS WORLD)
パク・̪シネが好きなので見てみました。2012年の一話完結スペシャルドラマです。
交通事故で記憶を失ってしまったムンギ(ポン・テギュ)は、なぜか女性の幽霊キム・ヨナ(パク・シネ)につきまとわれるようになる。彼女に導かれながら少しづつ記憶を取り戻していくムンギだったが・・・

 (つд⊂)エーン・・切なすぎる。もっとちょっといい話に落ち着くのかと思ったらリアルに辛い。幸薄い二人が小さな幸せを掴めるところだったのにぃ〜でもパク・シネさん、オバケになっても優しくて愛情を大切にしている、生前のヨナが伝わってくる素敵な存在感だったわ。そしてこのあんちゃんはなぜ選ばれたの?と思ってしまうぐらいしょぼい雰囲気だったポン・テギュさん、良かったわ〜自然でじんわりと哀しみが伝わってきて、いい役者さん。すっかりファンになってしまったわよ〜

 『わたしの”奥駈道”をゆく〜山伏修行の5日間』(録画)(BS1)2017年12月の再放送。
私は自分が修行するのは嫌だが修行している人を見るのは好きだゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ。コレは山伏になりたい人の修行の様子なのかな?と思ったら京都・聖護院が主宰する5日間の山伏修行体験。参加したのは年齢も職業も様々な男女。参加する理由も人それぞれ。山伏修行は生まれ変わりを目指す「擬死再生」の行と言われているそうな。それほど厳しく辛いということだよね・・・( ̄▽ ̄;) 修行は吉野川での水行から始まり2千メートル近い山々を越え100キロの道のりを歩き「前鬼」に向かう。最終目的地は熊野だって。地図見てたら気が遠くなっちゃったよ。

 いやいやいやいや・・・山道が険しい険しい。素人が行く場所じゃないよ( ̄▽ ̄;) 行場と呼ばれるそそり立った岩場をチェーンを頼りに登ったり歩いたり下ったり(膝にくるんだコレが)。断崖絶壁から吊り下げられたり(怖えぇ・・)。常に進むか留まるかの選択も迫られる。まさに人生と同じ。勇気を試され、今の自分自身と否が応でも向き合うことになる。山に宿る神々へ祈りを捧げることも修行だ。その祈りは修行の時間を重ねることによって変わっていくのだろう。苦痛や苦しみの中で削られ濾され浄化され己を離れていくのかもしれない。

 面白かった。なんか泣けてきたよ。父の後に付きおっかなびっくり歩いていた息子と父の大地さん親子。いつのまにか息子は疲労して歩みの遅くなる父を気遣い引っ張っていくようになっていた。そして初めて人を頼り感謝することができた明石さん。自分自身の未熟さと将来の不安を感じていた若き僧侶の赤澤さんの笑顔からはほのかな自信が伝わってきた。人生を変えるために参加し、そして変えることができる自分を掴んだ皆さんの姿から力を得ましたわ。

 20時 BS朝日 『ウチ、”断捨離”しました!
今回のお宅は「番組史上最強の家」と出しているだけあってすさまじかった。失礼ながら断捨離というよりもゴミ屋敷レベルだと思ったよ。依頼者のご実家で12部屋もあるんだけどすべての空間にモノが堆積しとる。ご両親は別の場所に住んでらして一年半も放置状態だから、ここにあるモノは全て使われていない、必要ではないものだと思うんだけど、お母さまがモノに執着されているそうな。

 なんか、このお母様が自分の母とも重なる部分があり(家の状態ではなく性格的な面で)娘さんに感情移入しちゃったよ( ̄▽ ̄;) なんかモノで家族を支配しようとしているみたいに見えてさ。その事に自分では気づいていないってとこも。業者さんの手も借りながら一週間集中で断捨離することになったんだけど、途中で何度もお母様から、アレは捨てないで、コレは大事なものだからとかってメールが来て、その度に娘さんは葛藤するのさ〜罪悪感と恐怖心・・よくわかるよ。やましたさんの支えもあり、それを乗り越えた娘さんはホント偉かった。大げさかもしれないけど、これは自分自身との戦いであり、解決するべき問題だったんだろうね。「親のためだと思って始めたけど自分自身のためだった」と娘さんのスッキリした笑顔が見られて嬉しかったわ。

 20時55分テレビの電源オフ。
正月休みもあと一日。また明後日から早起きできるかしらん・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 22:07|PermalinkComments(4)

2020年12月06日

きこりのテレビ日記 #11 12月7日(月曜日)

 5時15分起床。
12月は祝日がないのが辛い。うちは日曜・祝日のみが休みなので祝日を毎月心待ちにしているのだ。心待ちにしたところで増えないんだけどさ。

 5時25分外へ。珍しくミー太がついてこなかった。でも猫ドアは開けておく。
帰り道デパートに手配して会社に届く分のお歳暮(近所だから自分で持っていく分)2つのうち一つが届いていないことが気になる。このデパートには去年も一個手配を忘れられていた。地元のメーカーの珍しくもないものを注文したので在庫がないはずはないのだが〜木曜日ぐらいまで待って来なかったら確認しよう。隣家の前でミー太が待っていた。すりすりミー太と帰宅。

 すぐにご飯の催促。なつだけいつも口腔環境が良くなるサプリを毎日一錠(たいてい朝)混ぜている。8歳の時にすでにお口の臭いを感じたのでペットシッターさん(元動物病院勤務)に歯石を取る手術した方がいいですかねと相談したら年齢的にもギリギリだから(全身麻酔になるので高齢だとリスクが高くなる)早く診てもらった方がいいよーと教えてもらい連れていったのだが、手術をするほどでもないということでサプリを飲ませることになった。しかし本当にサプリだけでいいのだろうか・・「歯垢・歯石が気になる猫」用のカリカリもあげてるけど・・・サプリの効果はあるような気がするが飲まないよりはマシという感じ?根本的な解決にはなっていない訳だから・・うーーむ・・と周期的に迷う。なつももう10歳。ギリギリの年齢を過ぎてしまった。先代猫のそーやも亡くなる二年ぐらい前から歯周病的なアレだったが、もはや手術できない年齢だったため2.3ヶ月おきに痛みを軽減する注射を打ちに来てもらっていた。そーやの苦しみから学習した私はなつとすずが来た時歯磨きをしようとチャレンジしたのだが、あまりの抵抗ぶりに負けてしまって今に至る。たまに歯石を取る布とかウェットティッシュ的なものも使ってみるのだがやはり激しい抵抗に敗退。すべて私が悪いのだ。遊びながら歯石が取れるへちま的なものやまたたびの木も与えてみるが人気がない。という訳で常に模索中・・・

 6時24分テレビの電源オン。
6時25分Eテレ 『テレビ体操

 6時55分 Eテレ 『0655
たなくじは『ゆっくり食べると大吉』・・・うぅ・・わかってますよぅ・・

 7時日テレ 『ZIP!

 7時15分 BSP『澪つくし』第67回
突然の義父・文吉の失踪。皆の衆で必死に探すも見つからず。惣吉(川野太郎)の指示で網蔵を探したら文吉は網を掴んだまま亡くなっていた。寝たきりで全く動けなかった問題は残るが潮の香の中で最期を迎えたかったのかねぇ・・漁師魂を守りぬいた親方のために網にくるんで埋葬したら?という意見が出たが、それはどうだろう・・網にくるまれたら捕獲された魚的な扱いにならないかねぇ( ̄▽ ̄;)実行にうつされたかどうかは不明。身内の葬儀の後は「黒不浄」と言って1週間漁を休むのが習わしだが、イワシが大漁と聞いた惣吉は一日早く黒不浄を切り上げ漁に出る決断をする。『黒不浄』は心の問題だからとか言ってたけど習わしになるにはそれなりの理由があると思うぞ。バイオリズム的にアレだとか、集中力に欠けるとかさ。視聴者のホントにいいのかい?という心配の通り、事故が起こり死亡者が出たとの知らせが!報告に来た斎藤洋介さんの唇も震えていたわ〜さて、正式に網元の頭領となった惣吉の力量が試される時がきたようです。

 7時30分 BSP 『おちょやん』第6話
道頓堀に着いた千代(毎田暖乃)はテンション爆上がり。そりゃそうだよね、あんな田舎からこんな賑やかな所に来たらお祭りかと思うよね。千代が働くことになるのは芝居茶屋の岡安。店の前から出てきたお茶子さんたちとぶつかり乱暴な啖呵を切る千代に早速指導を入れる女将のシズ(篠原涼子)。シズから試されてるとすぐに気づいた千代は模範解答をしたつもりなのに瞬殺。シズは一か月だけ置いてやると告げるのでした。多分千代の性質、年齢に似合わない独立心、大人を信用していない態度、ある意味ナメてかかっている所があると見抜いたんだね。シズと似ているのかもしれない。試用期間一か月宣告は半分本気。情のある人とは思うが情に流されることはないと思われるシズ。千代や、取り繕ってもすぐ見破られるで。死ぬ気で居場所を作らんと。って、千代の教育係で女中頭かめ役の楠美薫さんは朝ドラでは女中頭のベテラン(笑)安心感と期待が高まりますわ。着いて早々地雷を踏んで怒らせたみたいだけど・・・さて、どうやって落としますかねぇ。

 1時半帰宅。昼食を食べながら『カラフルな魔女の物語』 いたずら描きとさんぽ(録画) Eテレ を見る。
20年前から鎌倉に住んでいる角野さん。家の中には角野さんが大切にするいろんな種類の小さな可愛いものがいっぱい並んでいる。それは人生の、そして旅の思い出。角野さんは毎日散歩に出て行く。必ずいたずら描きができる手帳を携えて。そのいたずら描きから物語が生まれることもあるそうな。85歳と言えば立派なおばあちゃんだが歩く後ろ姿からは全く老いを感じない。今日はどんなものに出会えるんだろうというわくわくドキドキが伝わってくる。『生き生きと心を動かして生きていきたい』という言葉通り、一日一日新しい時間を過ごしているのだろう。出かける時の装いも帽子、メガネ、コート、靴、ひとつひとつを自分らしく心地よく楽しんで選んでいるのがわかる。かわいらしくて軽やか。心が老いてない。その秘訣がこの番組からわかるのかな?次回の「魔法のワンピース」も楽しみ。角野さんが食べられていた砂糖を使わないで煮た小豆、蜂蜜をかけているのが美味しそう!ワシもやってみよう♬

 1年のツケが回ってくる月・・・それが師走。
我が町内は毎月第二火曜が資源回収日。しかし朝の忙しい時に溜まったダンボールやら広告チラシ等を運ぶ気力はない。夏は朝から汗かきたくないし冬は一度家に入ったらできるだけ外に出たくない。春と秋があるじゃないかと思うが多分ゴミ出しと同じように面倒くさかったのであろう。来月でいいや・・・来月まで大丈夫・・・来月絶対持って行く!・・・もういっそ金で解決?便利屋さんに頼む?(-ω-;)と見過ごし続けた結果が12月。すんげぇ量になっちまっただよ。倉庫の半分ふさいでるよ。こんなの絶対一人で運べない。ますます嫌気が・・。集積所はすぐ向かいなのにすごく遠い。車で運ぶ?向かいなのに?積んだり降ろしたり逆にめんどくさくない?来年にする?でも私は昭和の人間。ゴミの年越しはしたくないし正月は新しい下着で迎えたい。明日が最後。やるしかねぇ!という訳で大量のダンボールの山を紐で縛って明日の朝運ぶように倉庫の前に出しました。チラシを束ねたのも7.8個あったかねぇ( ̄▽ ̄;) 後は明日、私の気持ちがくじけなければ無事新年が迎えられるはず・・・明日は少し早起きするか?

 『恋のトリセツ 〜フンナムとジョンウムの恋愛日誌〜』第13話 (録画)(スカパー、ホームドラマチャンネル)
ファン・ジョンウムさんのドラマは『あいつがそいつだ』も見ているけれど、こっちの方がおもしろいかな〜。ついにジョンウム(ファン・ジョンウム)の父・スンリョル(イ・ムンシク)に交際の挨拶に行ったフンナム(ナムグン・ミン)。そこで父・カン・ジョンド(ナム・ギョンウプ)との因縁と募る恨みを聞かされビクビク。その時にすいません!それは自分の父で母親はあなたがかわいがっていた後輩ですよ!って言えばいいのにと思ったけどそうもいかないのかい?他人のことならどんな難問もスイスイと解いてくれるフンナムだけど自分の問題は考えすぎちゃって動けないみたい。そしてダメ親父のカン・ジョンドだけど息子のためにスンリョルを訪ねたら殴り合いのケンカに発展。この展開がいかにも韓ドラらしくて気楽に見られていいのよね。フンナムと父、フンナムの父とジョンウムの父の関係は雪解けに向かうのかしら・・あと3回。

 20時 BS朝日 『ウチ、断捨離しました!
12月は断捨離欲が倍!さらに倍!こういう番組を見るとさらにモチベーションが上がるぞ!今回の依頼人のお家はモノが多いのはもちろんだけど整理しようという意志がみられないというか見失っているというか、どのスペースもいろんなジャンルのものが混ざり合いぎゅうぎゅうに詰まっておりました。日常風景を見ていると奥様は「ねばならぬ」というこだわりが強いというか・・お米を研ぐときにはこの道具、料理する時にはこの順番等、マイルールが多い印象。断捨離も決断ができずなかなか進まない。申し訳ないけど、わたしゃもーーイライラしちゃって( ̄▽ ̄;)アハハ…「決断の女王」小林トレーナーが助っ人に来てくれてほっとしたよ。
 いや〜さすがだねぇ。訓練受けている方は違うよ。モノを選んでいく思考のコツをわかりやすく伝えてもらった奥様、腑に落ちたようで一気にスピードアップ。専用多数から少数兼用への教えに従いみるみるモノを減らしていきました。床にモノも無くなり娘さんも嬉しそう。旦那様も晴れ晴れとした表情。ホントにスッキリしたねぇ。ご夫婦の努力に拍手ザンス。

 20時55分テレビの電源オフ。
生協の注文やっちゃお・・( ̄▽ ̄;)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
こたつ  

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:18|PermalinkComments(0)

2020年11月23日

きこりのテレビ日記 #7  11月23日(月曜日)

 7時起床。もたもたと猫たちを外に出してなんとか7時15分の『澪つくし』55話(BSP)に間に合った。
ピロシキの連中と漁師のみなさんのケンカを納めるために惣吉(川口太郎)が入兆を訪問。最初はコワッパどもに阻止されるがQベー(津川雅彦)が現れ始めて家に入れてもらう。話はもちろんケンカのことからかをる(沢口靖子)との結婚へと及び漁師を辞めて婿入りするなら許したる!とのたまうQベーであった。いや〜どこまでも男らしくまっすぐな惣吉。ピロシキのクズチンピラ共とは大違い。この思い込みの強さと、かをると会った時間は多目に見積もっても2,3時間ほどだと考えるとストーカーっぽくもあるが、ストーカーかどうかは相手との合意による。相手の意志を無視したら犯罪だがストーカーじみた愛だろうと緊縛系だろうがお互い納得して突き進むのなら何でもアリだ。交渉決裂して出ていく惣吉と見つめ合い涙ながらに見送るかをるであった。

7時30分『エール』(早く『おちょやん』始らないかな〜(´−`) )
→7時45分『こころ旅

 朝ご飯を食べながら『北海道四季の彩り 冬の輝き』(録画)(BSP)視聴。
北海道に住んでいても北海道の自然や動物たちが出てくる映像が好きだ。シマエナガかわいい。十勝も出てきた。冬の方が動物たちは自由を感じているような。寒い時に外に出るのは嫌(わかさぎ釣りも娘を置いて5分でリタイア)だけどジュエリーアイス見てみたいなぁ。

 『Mnet Live』東方神起編(録画)(スカパー、Mネット)
東方神起に注目し始めたのが最近なんで知らない歌もあった。てか普通の歌番組でもMVと同じ演出するのね。

 11時過ぎウォーキングへ。風が強いので毛糸の帽子を装着。誰でも美人に見えるというキャスケットタイプだが黒板五郎にしか見えない。強風の中50分ぐらい歩いた。4.2キロ。
 その帰りに実家へ。母が私のワイヤレスイヤホーに興味を示したので付けて曲を聞かせてあげた。音量調節の仕方とか耳から落ちないのか、いくらぐらいするのか等珍しく質問攻めに。しかし途中でどうも話が噛み合わないことに気づいた。母は補聴器と思っていたらしい( ̄▽ ̄;)アハハ…なんで?私まださすがに補聴器使用する年じゃないけど?私の説明っていったい??コレは「イヤホン」と言って自分一人だけで音楽聴きたい時とかに付けるもので電話も出られるよと説明したがわかってくれたのかどうか・・まぁいいやと帰宅。

 『永遠に僕のもの』ルイス・オルテガ監督 2018年 アルゼンチン/スペイン (録画)(wowow)
 1971年、ブエノスアイレス。17歳の少年カルリートス(ロレンソ・フェロ)は盗みに入った邸でレコードをかけ一人で踊っている。彼には罪悪感も恐れもない。自由で美しい。ある日学校でラモン(チノ・ダリン)という青年を見つけた彼はケンカを売って仲良くなる。ラモンの父親も盗みで生計を立てており3人はチームで稼ぐことにした。ラモンもラモンの父親も普通の小悪党だから盗みに入る前には計画を立て恐怖を感じながら慌てて強奪作業に入る。でもカルリートスは違う。これは友達との遊びだ。ショーケースの美しい宝石を眺め、身に着けてみたり。『生きているんだ。楽しまなきゃ』と余裕。
 邦題はちょっとアレかも。原題の『天使』の方が合っている。天使は善を無意識に行っている。カルリートスも無邪気に欲しければ盗み邪魔だと思えば殺す。やっていることは人間界では悪とされていることだが大好きなラモンと一緒にいるための行動のひとつにすぎない。お金にも興味がない。カルリートスの感情が動くのはラモンに関する時だけ。ラモンと出会ってカルリートスは初めて人間らしい感情を持ったのかもしれない。演じるロレンソ・フェロが唯一無二の存在感を放っている。体形もお腹がちょっとぽこっと出ている幼児体形なところも天使っぽい。甘すぎず適度な湿り気をまといながら軽やかで汚れることがない。拘置所から逃げ出したカルリートスは列車の中で涙を流す。それはラモンを失ってしまった自分自身を憐れんでいるのか。初めて知った孤独の痛みなのか。誰もいなくなったラモンの家で過ごすカルリートスは置いて行かれた子どものようだ。ラスト、多分警官に囲まれていることに気づきながらラジオから流れる曲に合わせて踊るカルリートスは相変わらず美しく魅力的だ。でもオープニングの時と違ってその姿からは痛みさえも楽しもうとする凄みのようなものが伝わってくるのだった。モデルとなった『黒い天使』は終身刑を言い渡され現在も刑務所の中で生きているそうだが、私の中でカルリートスには踊りながら警官たちにハチの巣のように撃たれ血みどろの中美しい笑顔で死んでいるのです。

 20時『ウチ、断捨離しました!』BS朝日
今回も結構なモノの量で、コレ、やましたさんが来る日まで片づけるなんて無理でしょ・・と、げんなりしたけど、一か月の悪戦苦闘の末方向性が見えた感じ。子ども達を経済的に支えようとすれば一緒にいる時間は無くなり体もクタクタ。もっと一緒にいてあげたいけどできない。部屋の中を片付ける気力もない。もどかしさと申し訳なさと苦しさで依頼者が悲鳴をあげているような心を現わしているのがあの家だった。あそこまですっきりしたら、今後さらに断捨離もしていきやすいと思われ。いや〜頑張った。何より子供たちが積極的に断捨離に参加した結果が大きいよね。料理をする余裕も生まれたし。料理ってその人の心だもんね。その料理を子供たちに食べさせてあげられることで依頼者さんの心のバランスも違ってくるような気がする。

 あ〜〜働きたくねぇ。早起きしたくねぇ (((ヽ(o`д´o*)ノシ)))ジタバタ

こたつ  

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:45|PermalinkComments(0)