てるてるあした

2006年06月10日

「てるてるあした」第九回

 照代(黒川智花)は、またやす子(福田麻由子)の昔の場面を見せられる。
つり橋の上から死のうとする母親を必死で止めるやす子。
「何で私のために生きてくれないの?!」
 その事を久代(草笛光子)に尋ねるが、
「今更過去の事をほじくりかえして何になるんだい」と相手にしてくれない。

 大八(ブラザートム)さん、よく久代さんの面倒をみていますね〜
でも、何で身につけているもの全てに値札が付いてんの?
いつも、店の商品を着て出てくるのかい?

 夏江(大森暁美)が祐介のためにおもちゃのピアノを持ってきた。
それ以来、ピアノのそばにやす子が現れるように。
照代はやす子が何をして欲しがっているのかを捜し始める。
運命の向こう


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:06|PermalinkComments(8)TrackBack(9)

2006年06月03日

「てるてるあした」第八回

 照代(黒川智花)はささら日報の記者だと言う伊勢崎章吾(東根作寿英)と知り合う。
伊勢崎は自分はテレパスだと言って、照代の事やサヤ(木村多恵)のことまで当てる。
 その夜、祐介が熱を出しててんやわんやしていると伊勢崎から電話が。
「君のSOSを感じてね」
すっかりテレパスと信じた照代は伊勢崎の車でサヤと祐介を病院に連れていってもらう。

 さて、完全看護を理由に追い返されたサヤは笹乃館に戻り
自分が伊勢崎に騙されて、祐介を連れ去られた事を知る。
義理の兄夫婦から贈られたぬいぐるみに盗聴器が隠されていたため
サヤ達の会話は筒抜けだったのだ。
「このやろ〜!今に見てろよ!」久代・照代

 あら〜久代(草笛光子)さんを本気で怒らせちゃいましたね。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:57|PermalinkComments(8)TrackBack(8)

2006年05月28日

「てるてるあした」第七回

 市場のバイトをクビになる照代(黒川智花)
「あんたが俺の隠し子じゃないかって噂がでてさ」大木(佐藤二朗)
バイト代と一緒に台車ごとの野菜を餞別にくれる大木。
ついでに、お金持ちになれるいう「リッチマンコイン」をくれる。
 エラ子に渡した途端におばあちゃんからお小遣いをもらうエラ子。
本物?!

 佐藤さんの出番もこれで終わりか〜残念だわ〜
あと会えるのは「ブス瞳」だけか〜
 笹乃館の前では「平川地1丁目」が路上ライブをおこなっている。
「ささらが生んだ初めてのストレートチルドレンよ」夏江
ご近所さんも集まって、楽しそうに聞き入る皆さん。
皆さん同じ方向に肩をゆすって、正しいですよ〜
「一日さ〜どらぐらい稼ぐの?」照代
「・・○○○○・・・」
「!」
自分も稼ごうと歌い始める照代とエラ子。
途端に散っていく客達・・

 主題曲を歌っている「平川地1丁目」さん、初めてお顔を拝見しました。
何とも心に染み入る歌詞とメロディー、それにぴったり合った歌声。
ほんとうにいい主題歌です。
 ところで、「ささら焼き」ってどんなの?
前のドラマでも出てきたのかな?
「日本一のおいしさ」って書いてあったけど、気になるわ〜
運命の向こう
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:22|PermalinkComments(10)TrackBack(6)