またたび

2018年11月13日

仙台旅行 その4

 さて、こけし創りも無事終了。
遅い昼ご飯でもということになり、娘とNちゃんがネットで
見つけたカフェに行くことにしました。

 ここが大当たり。
こけしファンにとっては聖地のようなしゅてきな場所でございました。
外観は普通のおうちっぽくて『北海道にもこういうカフェ多いよね』なんて
言っていたのですが・・

 入口からこけしちゃんが!
2





















IMG_9484

そして店内にも
隠れミッキーならぬ隠しこけしが!
あんなとこにも。




 こんなとこにも。
34













 コレ、自宅にもほしいですよ〜!
こけしの顔がおじいちゃんなのもイイネ! 
IMG_9434 (編集済み)












 もちろんフォークとスプーンも。
49











 時計も。
IMG_9551











 このドーナツ用のこけしプレート欲しかったな〜
IMG_9440 (編集済み)















IMG_9483

トイレットペーパーホルダーもこけし。
これ通販して欲しいよ。
全部店主の方の手作りだそうな。




 純喫茶ではなく「準喫茶」なのね(* ̄m ̄)
IMG_9435











IMG_9436 (編集済み)







このパフェ、下にコーヒーゼリーが入っていて
あっさりして美味しかった〜!






 こけしを堪能させてもらったカフェともお別れ。
私が17時台の飛行機乗るため、レンタカーを返しがてらみんなで仙台空港へ。
確認したところ飛行機は平常運行。
搭乗手続きを待っている間の穏やかな薄い茜色の空がきれいだったな〜
じゃ写真撮りなさいよってね〜( ̄▽ ̄;)
なんか北海道に帰れると思うと気がぬけて・・(笑

 帰りも揺れて怖かった。
なんせ定員80名未満の小さな飛行機だからね〜
無事着いて心底ほっとしたよ(T▽T)アハハ!
北海道に入れりゃもう安心さ。

 んが、やはりJRは運休(翌日も運休だった)
でも大丈夫!バスの予約もしてあるからね〜♬
にゃんとここにきて初めて保険が生きた!
あの大量の保険の中でやっとひとつ・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…
嬉しいようなバカバカしいような。

 初めて乗る長距離バス・・座席の後ろにトイレが付いているのが安心感よ〜
さらに途中でトイレ休憩も入れてくれるという・・気遣いあり。
車内では映画の上映もしていたけれど、前に座っていたおばはんの
リュックの太い紐が画面を遮断していたので(内心『気づかないもんかねぇ・・(-ε-)』
と思ったけど「あなたのリュックのだらんとした紐が邪魔ですよ」とわざわざ
指摘して狭い車内で気まずい思いするのもヤダし・・・)諦めて寝よっ・・・

 自宅に着いたのは11時ごろ。くったくただよ。
猫たち大歓迎(笑
一泊でも離れていて私も寂しかったよ〜

 こげな地味な旅行記を最後まで読んでくださった方、ありがとうございます〜( ̄▽ ̄;)
次回は初めて利用したペットシッターさんについて。
kitaku


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:20|PermalinkComments(10)

2018年11月10日

仙台旅行 その3

 こけし創り体験をさせていただけるお店『こけしの菅原屋』さんに到着。
中年のおじさんが一人でやっているようだ。
その割にはおみやげ売り場も広いし、手が回るのだろうかとか
こけし創りしているうちに万引きされるんぢゃ・・等と気になる。
って、みんな楽しみに来ているのにそんな邪心持たないか・・・( ̄▽ ̄;)

 さて、こけしは身長だいたい12センチぐらい。
ほぼ形ができているものを首と胴体の部分をシャーーーン!となにやら回る機械
(ろくろ的な?)に彫刻刀みたいなのをあててを首とウエストの辺りを削って
それぞれオリジナリティを出すのです。
この作り方は江戸時代から続いているそうな。

 まずおじさんが見本を見せてくれたんだけど・・
コレ、意外と(ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ)難しそうだぞ・・・

「さぁ、誰からやりますか?」おじさん
「はいっ!(`・ω・´)ノ」

 あれ?普段すべてに消極的なのに、なぜか名乗りを上げる自分・・・
「最初にやった人は失敗しても許されますョ〜」おじさん
「そうっスよね〜!」

 友人によると、瞬時に私の顔は職人になっていたという・・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
IMG_9558

 って、おじさんが手を添えて誘導してくれるんで私の実力というよりも
二人羽織的な・・?
できあがったこけしは、まだなんの絵も施されず木のままなんだけど、
すでに愛おしいぞ。

 おじさんからは『初めてにしてはうまいね。
でも、コレがうまい人はなぜか絵付けが下手なんだ』との嫌な予言が・・・( ̄▽ ̄;)

 そして皆、次々と職人の世界に入っていったわ〜
真剣よ〜緊張するし〜
そんな中、一人だけ緩い微笑みを浮かべ、そんな一生懸命ふうでもないのに
おじさんの笑顔も引き出したNちゃんの姿が印象的だったわ。
余裕あるわね・・(。 ̄□ ̄)

 それぞれこけしっぽいものが出来上がり、次は絵付け。
絵具は緑・赤・黒・・の三色だったかな〜(´〜`) 黄色はなかったような・・
おじさんからは「できあがっても『変になっちゃった!』って言わないように。
不思議とこけしは作った人そっくりになります」とのお言葉が・・・

 絵付けがマジ難しかった。
絵具がにじむし、描いているうちに方向性がわからんくなったよ〜
あれ〜もっとかわいくなるはずだったのに・・
どんどん迷宮にはいっていくわ〜( ノД`)
みんなも苦労しとる・・・

 でも、うちのメンバーのいいところは、どんな時にもネガティブにならないこと。
旅行中も渋滞しようが道を間違おうが雨風にあたろうが私がしょっちゅうトイレ行こうが
ワッショ━━(∩´∀`)∩´∀`)∩´∀`)∩´∀`)∩´∀`)∩━━イ

 旅行中、唯一どす黒い空気が流れたのはカフェの駐車場から出ようとした時、
入ろうとしている車が道をふさいでいた時のみ。
『邪魔なんだよ!』
『アンタがいると出られないでしょーが!』
『気がきかない人だね〜』
『どけろ!っつーの!!』・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…

 という訳でこの絵付け作業にそれぞれ難儀しつつもお互いへの
褒めと励ましが止まらない。

『うまいね〜!』
『よくそんなこと思いつくね。いいわぁ!』
『いや〜ん!かわいすぎ!』
『後ろ姿もめっちゃいい!』
『最高かよ?!』
『もはやアート?!』

 おじさんも『褒め合いがすごいね・・・( ゚Д゚)ポカーン』・・・
なんかの宗教かと思ったかしら・・

 出来上がったら順番におじさんが仕上げをしてくれます。
わたしゃ、納得のいかない出来に『うわ〜ん・・変になっちゃった!ヽ(T-T )ノ』と
おじさんから言っちゃダメと言われていたワードを口にする失態を。

 でもね・・仕上にロウを塗ってくれたら・・・
なんとか見られる感じになったよ(と思うしかない)。
おじさんが売り物のこけしの間に4人のこけしを並べてくれました。

 一番右が私の。隣が友人H。その隣が娘の。その隣がNちゃん。
いや〜若い人は発想が豊かだわ。
IMG_9428

 家に帰って冷静になり、自分はどんなこけしにしたかったんだろう??と考えたら・・
『そうだ!太陽の塔みたいにしたかったんだ!』
どこが太陽の塔やねん!ヾ(~O~;)
い、いんだもん!こけし創りリベンジ決まったから次回は私の太陽の塔作るんだもん!

 てな感じでもう一回ぐらいつづく・・( ̄▽ ̄;)

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:24|PermalinkComments(3)

2018年11月07日

仙台旅行 その2

 さて、仙台空港に到着。
時間差1時間ぐらいで全員集合しましたョ〜
東北だから北海道と同じぐらいの気温かと思ったら暑かった(笑
やっぱり初めての場所はわくわくするわ〜(^^♪

 宿は鳴子温泉なのでレンタカーで移動。
遅い昼飯に牛タンを!と街中に繰り出したら駐車場を探してかなりさまよっちゃった。
やっと駐車できたと思ったらビル内の迷宮にはまってぐるぐる・・
仙台市内は思っていたよりも都会だったわ〜

 でも、牛タンは今回の旅の目的のひとつでもあるので外せない。
なんか行こうとした店じゃないとこに出ちゃったけど、もはや空腹MAXだったので
全員すぐに妥協。美味しく頂きました。

 そして市内から鳴子温泉は遠かった(笑、3時間ぐらいかかった)
みんなで交代しながらナビを頼りに山奥へ。

 いや〜わたしゃ、ナビが付いている車にする前はナビをバカにしてたんだけど
今じゃナビの有難みを実感しております。
特に慣れていない場所では必須だね。

 結局、それでも迷いつつ(笑)7時近くに宿に到着。
昔ながらの、温泉宿。適度に鄙びていてナイス。
仲居さんから『虫がでますよ。びっくりすると思いますから言っておきますね』
と言われていた通り虫が出たよ( ̄▽ ̄;) しかもカメムシ。
言われていたから『あぁ、やっぱりいるね』と思ったけど
部屋の中に侵入してきたカメムシを退治した時は少し取り乱してしまったわ〜

 晩御飯も小鍋や小鉄板焼きや刺身など、いかにもな感じが嬉しい。
旅の宿にいることを実感。部屋食って何年ぶりだろ・・・
で、昼ごはんはお腹の調子をコントロールするためにかなりセーブしたんだけど
夜はまぁまぁ食べてしまったので、お腹ゴロゴロが再発し夜中何度もトイレに通いましたとさ。

 朝・・・予報どおり台風が到着したようでかなり風が激しくなってきた。
雨も降っております。
予報って何でこんな時ばっかり当たるんだろうね( ̄▽ ̄;)

 朝ぶろから帰ってきたら停電。
でも、わしらはこの前の地震で停電を経験しとるから、みんな『停電だね』と冷静よ。

 朝ご飯を持ってきてくれるはずが、多分あの食事を運ぶエレベーターが止まっちゃったんだろうね。
ちょいと遅れたけど『旅館の朝食』を楽しみました・・と言いたいけれど
お腹のせいで食欲が全くなくちょこっとしか食べられんかった。

 わたしゃ、今回の件で自分のお腹にほとほと愛想がつきたよ。
みんなに心配もかけちゃったし、こうやって旅の内容よりもお腹ゴロゴロに
ついてばかり書いている自分も腹立たしい。
だから帰ってきて腸活に真面目に取り組み始めております。
次回の旅では思いっきり食べられるようになるさぁ!

 さて、本日は今回の旅行のメインイベント「こけし創り」が待っております。
外は雨と風だったけど、わたしゃ、そういうのは気にならない。
飛ばされるほどではなかったしね。

 予約の時間までちょいとあるので、まずは『こけし館』へ。
ここは1時間もいなかったけど内容が充実していたよ。

 歴代こけしの展示が興味深かったし(なんか流派(?)によって顔も違うし〜
昔ながらのこけしとは違った自由こけしみたいのもあった)、
グッズもいろいろ、製作の様子も見られたし〜

 って、メンバー全員展示を熱心に見ていたけれど、内心はこれから作るこけしの顔やスタイルを
どんな感じにしようかと小悩み中よ。

 そんな感じで、もう一回ぐらいつづく・・・ (๑・ω-)〜♥”.
 巨大こけしと一緒に写真を撮るのはお約束〜(^^♪
IMG_9487

 顔出しパネルもね・・・って、みんな猫になってるからアレだけどさ・・( ̄▽ ̄;)
IMG_9422 (編集済み)


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:15|PermalinkComments(3)

2018年11月04日

仙台旅行 その1

 先月のことですが、仙台へ行って来ました。
メンバーは私と娘、その幼馴染のNちゃんとそのお母さんで付き合いの長いH。
なぜか4人ともこけしグッズが好きで、いつかこけしの聖地仙台に行きたいね〜
なんて言いあっていたのです。

 『いつか』って、来年か再来年?とか思っていたのですが
思いがけず娘たちで話がまとまり、企画して宿もとってくれたんで
全員の休みが合う10月初めに行くことにしました。
一泊だけど充実してましたわ〜

 娘は東京から、Nちゃん親子は札幌から。
私は帯広から。直行便出ていないから千歳まで列車よ。めんどくさいぞ。

 んが、ちょうど台風25号が直撃(笑
行きは飛行機が飛んでも帰りは欠航になる恐れが・・・
何よりJR北海道はすぐ運休になるんだわさ。帰れなくなったらヤダわ〜( ̄▽ ̄;)
危ない橋はなるべく渡りたくない私は延期しても・・と思ったけど
他の三人は行く気満々(笑

 それとなく別の機会でもいいよねぇ?
台風だもんねぇ?と言ってみたけど
3人とも、それがなにか?って感じ。なぜだ?!( ̄▽ ̄;)
そんな訳で仙台へレッツラゴン!

 でも、列車はこの前の地震の影響で普通に遅延したりしてるのよね。
乗り継ぎの飛行機に間に合わなかったらどうしよ・・・(´-ω-`)
で、列車が遅れた時のために次の飛行機の便も予約。
三人には次の飛行機にも乗り遅れたら棄権するわ〜と連絡。

 問題は帰りの便だよ。
列車への乗り継ぎがあるんで仙台発17時台の便にしたんだけど
台風で飛ばなかった時のために(台風は午前中に到着して昼にかけて移動する予定)一応20時の便も予約。
でも、その場合列車の最終が終わってるんで札幌泊になるから札幌の宿も予約。
そして次の日の朝一の列車も予約。
さらにその日は欠航しても翌日は飛ぶかもしれないから翌日朝一の便も予約。
その場合の乗り継ぎの列車も予約。

 そして一番可能性が高いのが飛行機は飛んでもJRが運休になるパターン。
その場合帯広までの足はバスのみ。よってバスも予約。
でも飛行機の遅れで、そのバスにも乗り遅れるかも・・・(-ω-;)ウーン
それが最終のバスだから、一応翌日のバスも予約・・
とにかくその時になって慌てるのが嫌な私は保険かけまくり。

 予約のがんじがらめ。狂っているでしょうか?(笑
読んでくださった方も『どうかしてるぜ!』と思ったでしょうが・・( ̄▽ ̄;)
今回、私も自分って思っていた以上に心配性なんだな〜ってわかったわ。
というか思っていたよりも自分の闇が深いと自覚したわ(笑

 さて、当日。台風が来るとは思えないいい天気でございました。
列車は10分程度の遅れで千歳に到着。予定通りの飛行機に乗れたわ〜
予定をクリアする度に余分な予約を取り消し〜( ̄▽ ̄;)

 ちなみに全部ネット予約なんで、そのパスワードを書いた紙をポーチに入れて・・
そのポーチがどっかいった時のために手帳にもパスワードを記入・・・
とにかく保険でくったくただよ・・(笑

 そして毎度のことながら旅に出るとお腹が緩くなりがちなあたい・・
今回は帰れなくなるんじゃ・・という不安保険のせいでゴロゴロの二乗。
ストッパー飲んだけど効きゃしない・・
一人旅ならいいけど皆様に迷惑をかけちゃ大変・・・その思いがさらにゴロゴロを呼ぶ・・

 そして飛行機は小さめでかなり揺れて怖かったよ〜((((;≡д≡;i))))
そんな感じで、まだ仙台へ着いていないけど続く・・・(・ω<) てへぺろ.

 なんにも写真がないとアレなんで・・・
こけしにあふれていた鳴子温泉あたりのものを・・
IMG_9482

 駐車場にもこけしが。
あ、こんな所にも!あんな所にも!こけしを見つける度に大騒ぎしていたわしらでした。
IMG_9421


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:15|PermalinkComments(4)

2015年10月02日

六花の森と大学芋

 今頃、シルバーウィークの記事ってのもアレなんだけどさ・・・( ̄∇ ̄;)

十勝と言えば、最近はガーデン巡りを目的に訪れる方も多いんですよね〜



 その走りは、もちろん「紫竹ガーデン」

娘が小さい頃、よく両親と一緒に行ったよ〜。

イングリッシュガーデンが新鮮だったわ〜

その頃はまだガーデン産業(?)も今のように盛んではなく、地元の人ぐらいしか来てなかったような。



 今じゃ十勝のあちこちに見ごたえのあるガーデンがあります。

「北海道ガーデン街道」というHPもあります。



 8月、アレ?7月だったかな〜この中のひとつ、真鍋庭園に行きました。

ここは広い敷地の中に日本庭園とかヨーロッパ庭園がありまして・・・・

まぁ、ちょっと大味な感じかな〜(´∀`;) 

ディズニーランド内に施されている庭園ぽいかも。



 で、連休中に「六花の森」に行ってきました。

ここは、ご存じ六花亭の工場敷地内にある庭園です。

六花亭の庭園は店舗もそうですが、緻密に創られた上品な自然といいますか、広い敷地内をウォーキングしながら記念館を見学しつつ植物と触れ合える感じになっております。



 この日は秋らしい穏やかないい日でした。

2


 これはオオイタドリ。丈は2mぐらい。

8


 花はこんな感じ。

9


 エゾリンドウ。

1


 ハマナシ(ハマナス)。

3


 アジサイかと思ったらノリウツギやて。

5


 エゾトリカブト・・・トリカブトって、あのトリカブトだよねぇ・・・?

10


 この小道の横には川が流れています。

連休なのに、人がいないわーー

11


 工場から甘い匂いが・・・これはマルセイバターサンドでは・・・( ̄○○ ̄)

7


 丘の上になんかある・・・

12


 「考える人」という彫刻らしい。

13


 運動にもなったし、広くて気持ちが清々したわ〜

 

 帰宅して、庭になっていたぶどうと、久しぶりに作った大学芋を食べながら読書していたけど、すぐにうとうと眠ってしまいましたとさ。

IMG_7329


IMG_7330



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:37|PermalinkComments(24)

2015年04月20日

2015年春の旅 鳥取砂丘と東京谷中あたり その2

 さて翌日4月11日土曜日、7時に朝食を予約していたので6時前に起床。

わたしゃ、とにかく急ぐはめになったり慌てて走ったりするのが嫌いなんでかなり余裕を持って動きます。

カーテンを開けると、さっきまで降っていた感じだけど、一応雨は上がってる。

スマホで天気をチェックすると雨にはなっているけど、今は降ってない。

よし!今日こそらくださんに乗るのだ!



 朝食は和定食を小さな食堂のようなところで頂きました。

私以外、みんなおっさんばかり。5人ぐらいしかいなかったけどさ。

おかずの種類も多いし地元産の食材を使って工夫されたものばかりでした。

焼いてあるあじの開きを食べる直前に自分で炙るお楽しみもありましたし。

ちょっと撮る雰囲気じゃなかったんで撮らなかったけど。

食事に力を入れている宿だな〜という印象です。



 んが・・・何しろ昨晩食べ過ぎたからさ〜( -∇)=3

お腹にもきてしまいまして・・・・

まぁ、旅行するとよくお腹壊すんで整腸剤とストッパーは常に持っております。

結構残してしまったよ。アレだね、旅に出るにはタフな胃と腸がなきゃいかんね。

今後も旅を楽しむために胃腸を鍛えることを誓ったよ。



 チェックアウトを済ませると、宿の方に鳥取駅まで送っていただいて、荷物を預けた後

バスに乗って鳥取砂丘へ。

昨夜、仲居さんが「路線バスに乗ってみるのもいいでしょ」と教えてくれたんでね。

なんか気持ちも変わって楽しかったぞ。

タクシーより時間かかるかな〜と心配したけど、同じぐらいだったわ。



 本日の空模様はこんな感じ。

上の方にある黒いものはUFOではなく、デジカメのレンズの汚れです( ̄∀ ̄;)

012


 風はちょっとあるけど、私がいる間は雨は降らないべ。

まず、らくだ遊覧をさせてくれるらくだやさんに向かいました。



 らくださんが来るのか聞いてみたら、今日は出ますという返事が。

宿舎は出たそうなのでらくだ乗り場で待つことにしました。

いや、結構待ったよ。30分以上かな〜他に誰も待ってない中。

でも砂丘の向こうかららくださんが歩いてくるのが見えたら感動したよ。



 で、らくださんが現れると遊覧目あてのお客さんがわらわらと集まって来ましたぞ。

私の後ろにいたカップルの女性が「あ!あの白いらくだかわいい〜 私アレに乗りたいな〜」と甘い声を上げております。

するとスタッフの方が「らくだは選べません」という看板を・・( ̄▽ ̄;)



 乗り場は四か所あり、さて、一番乗りの私にはどんならくださんがあたるのかしら〜?とドキドキしていたら、

来ましたョ〜あの白いかわいい子が。

名前はリサちゃん。ちなみに他のらくださんはこんな感じ



 こちらではオスは一匹で他はみなメスなんだそうな。

ひとこぶらくだとふたこぶらくだが半分づつで、リサちゃんはふたこぶらくだ。

「揺れるから遠くの方を見るようにしてください〜酔ってしまう方もいるので」

と言われたけど、確かに結構横揺れするわ〜でも、わたしゃ、三半規管強いんで無問題。

馬とはまた違った乗り心地・・・



 らくだというと熱い国にしかいないと思っていたけど、それはひとこぶらくだのことで

ふたこぶらくだはかなり寒くなることもある地域に生息しているそうな。

中国やモンゴルとかね。

IMG_6194


 ガイドさんと楽しくお話をしていたら、あっと言う間にらくだタイムは終ってしまいました。

その間3分ぐらい?もっと乗っていたかったわ〜

降りる前になでさせてもらったら、ちょっとゴワゴワ?(笑

今はらくださんも毛の生え変わりの時期なんですってョ〜



 その後また砂丘をひとまわりして、空港へ向かいました。

さようなら〜夕日の砂丘も見て見たかったな〜

また来たいわ〜

そしていつかモンゴルでらくださんに乗ってみたいなんて新たな夢もうまれました。

018


015


 さて、昼の飛行機で東京へ。

娘は用事があるので夜に姉と姪っ子と食事をする場所で合流する予定です。

今回の宿は去年と同じ東京ステーションホテル

去年は駅舎が覗けるドームサイドだったんで、今年は丸の内側のパレスサイドにしました。

まぁ、皇居に面してるっちゃーしてるかねぇ・・・

IMG_6199


IMG_6197


 ここには癒されるために泊まるって感じかねぇ・・

正直私にとっては楽天通しても高いわーー!ってお値段なんですが、贅沢を味わってまた頑張って稼いで泊まりに来ようと思うというか・・・



 1時間ほど休んで、ご近所の『KITTE』を覗いてきました。

いや〜こういう所に来るといつも思うんだけど、コレ商売になるの?って店がたくさんあるよね〜

高級なのはもちろん、ほんの一握りの需要のためにこのような地代の高い場所で?というようなモノを扱っているというか・・・

これが東京なんだろうね〜



 その後、姉と姪っこと娘と食事をするために西荻窪の「夢飯(ムーハン)」へ

ここはシンガポール料理なんですってよ。チキンライスが特に美味しいそうで姉も姪っ子も頼んでいたわ〜

なんか想像とは違うチキンライスでかなりボリューミーだけど、美味しそうだったわ〜



 私は・・・・お腹ゴロゴロが怖くて鶏粥とソトンゴレン(いかのフリッター)をのろのろと食べておりました。

せっかく姉たちが時間を作ってくれたと言うのに・・・情けなや・・・

今度会う時までにお腹を鍛え・・(わかったから ゞ( ̄∇ ̄;))



 ホテルに帰ってお風呂に入って「ドS刑事」を見ながら就寝。

本日の万歩計の記録は13316歩。



 翌日はかなり楽しみにしていた朝食ブッフェ。

70品目あるそうですがほどよい感じ。選りすぐりの食材を使って丁寧に創られていると思いました。

案内されたのが何故か去年と同じ席で娘と笑ってしまったわ〜



 で、去年も気になっていたんだけどレストランの一角に透明な扉で仕切られた個室(かなり広い)がひとつだけあるのです。

去年はご夫婦だけだったのですが、今回は3世代一緒の6人家族と思われ・・・



「あの方達は選ばれた方たちなのよね?」私

「そりゃそうでしょ。スイートとかに泊まってんじゃないの?」娘



 でも見た感じそんな金持ちそうにも見えないけど(失礼)と思ってしまった卑しい私を許して。

本当のお金持ちとはそんなビカビカさせたりせずむしろ地味なのね。



 こちらが私の朝食。サラダのとなりの小さいカップは湯葉です。

IMG_6200


 こちらは娘の朝食。去年食べた目の前で作ってもらったオムレツが

たいした美味しかったようでまたもらっていました。

IMG_6201


 娘とは普段、メールで話したりしているけど、やっぱりゆっくり話せる時間が欲しい。

朝食時間だけどお互いにリラックスして就職のことやアルバイトのことを話せて嬉しかったわ〜



 わたしゃ、いつもおみやげもスーツケースも送ってしまいます。

で、チェックアウトの後いつものリュックだけ背負って、まずは皇居へ。

わたしゃ、皇居って行ったことなかったんで花見ついでに行ってみようと思って。



 桜はまだたっぷり咲いていました。いろんな種類があって見ごたえあるわ〜

IMG_6202


IMG_6205


 ある程度堪能したんで( ̄▽ ̄;)アハハ…谷中あたりへ移動。

根津駅〜千駄木駅〜日暮里駅に囲まれた細かい路地がいっぱいある区域へ。

「谷中銀座」食べ歩きの番組を見た娘が行ってみたいっていうんでね。



 去年も行ったけど、わたしゃこの辺りやっぱり好きだわぁ。

高齢の方が一人で元気に歩いている姿をよく見かけました。

昔からずっと住んでらっしゃる方が多いんだろうね。



 この日は雲っていたけど、シャツと麻のコートだけで十分な温かさ。

気持ちよく歩けました。

って、根津駅に着いたのが11時ぐらいだったんだけど、ここら辺の店が開くのは11時半から12時ぐらい。

ぶらぶらしながら、ちょっと喉が渇いたんで「Bonjour mojo2」という小さなパン屋さんでレモン牛乳購入。

 コレ、北海道にはないのよ〜

レモン果汁は一切入ってないけど(笑)ほのかなレモン味ですっきり飲みやす〜い!

IMG_6216


 そろそろ店も開く頃かしら・・・

まず遠藤正美(クラフト木)さんの木彫り展が開催されている「ギャラリーTEN」さんへ。

最終日だからほとんど売れちゃっていたけど、新作もいろいろあって見ごたえありました。

欲しい作品もあったんだけどね〜今回は我慢。



 ぐるっと回って「谷中銀座」へ。ここに着いたら、やっぱり肉のさとうさんのメンチカツを食べなきゃね。20分ぐらい並んだけど価値ありよ。

決してもたれません。

メンチカツは人気なので揚げてる途中で買えない時もあるそうなんだけど、我々はタイミング良くありつけました。

IMG_6219


 谷中銀座を抜けて、ぐるっと回って三崎坂からへび道辺りは小さなお店がいろいろ並んでいます。

意外と日曜日が休みの店も多いから平日の方がいいのかねぇ・・・



 東京に来ると毎回物欲が爆発してしまうんだけど、年のせいかしら〜大分物欲が消えました(^-人-^)

ピンバッチとかブローチ3点ぐらいしか買わなかったわ。



 そんな中、今回買った中でお勧め商品は「亀の子束子谷中店」で見つけたこちら。

その名もタムラさん!

普通の束子より柔らかいサイザル繊維といつもの束子の茶色いシュロ繊維がミックスされてます。

「これで足の裏を洗うと気持ちいいんですよ〜」という言葉に惹かれ購入。

帰宅してから使ったら、ほどよい刺激でホント気もちい〜ヾ( ~▽~)ツ

コレに長い棒をつけて背中とかマッサージしたいわ〜



 亀の子束子さんでは商品にニックネームのようなものが付いておりまして、

それは全部歴代の社員さんの名前から取っているそうな。

一番堅いヤツが社長さんの名前だったかな〜

他にも「ナリタくん」や「ニシオくん」「サトウさん」などがあります。

「サトウさん」は柔らかいサイザル繊維のみの白い束子。色白社員さんの名前からとったそうです(* ̄m ̄)

1


 短かったけど娘といい時間を過ごせました。

17時の飛行機で帯広へ(って、空港へ向かう時間になんか知らんけどJRが止まっている区間があって、

また焦ったわ〜今回もスマホの『乗り換え案内』アプリには助けられました)。

猫達の元気な姿を見てほっとしたよ。



 本日の万歩計の記録は16459歩。歩いたわ〜

旅は行って良し、帰ってきて良し。

猫達とのいつもの日常に幸せを感じつつ、また旅立てる日の計画を立てております。



 旅日記にお付き合いくださり、ありがとうございました<(_ _*)>



banner_br_mogura



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:46|PermalinkComments(16)

2015年04月18日

2015年春の旅 鳥取砂丘と東京谷中あたり その1

 2泊3日という短い間でしたが旅を満喫してきました。

目的はズバリ!砂丘でらくだに乗る事。

今回はガイドブックは買わずにネットでちょい調べるのみ。

参考にさせてもらったサイトはこちらこちらです。



 出発日の4月10日、帯広は雨が上がっていたけどさぶい!

2,3日前から全国的に寒くなり雨の予報が出ていたんで、スーツケースの中から服を出したり入れたりの繰り返し。

寒いって言ったって北海道人の私にすりゃそうでもないでしょうよ・・・と思ったり、

いや、ネットで確認すると実際気温低いし・・・(-_-;ウーン

買ったばかりの麻のコートを着て行きたいが10度ぐらいだとどう考えても震えるはめになる。

かと言って冬と春の中間に着るコートは袖口の汚れが気になるし、冬過ぎるイメージだしぃ・・・

結局、かなり着込んで麻のコート着用。短め丈で厚手のジャケットも持っていきました。



 帯広から羽田で乗り換えて鳥取へ。1時間半プラス、乗継まで2時間、羽田から1時間15分。

9時20分ので飛んで2時半ぐらいに鳥取空港に着いたぞ。雨でございます。



 って、鳥取空港はなぜか「鳥取砂丘コナン空港」ということになっているらしい。

13


 な〜んでだ?コナンの作者がこっち出身なのか?とタクシーの運転手さんに聞いたら、

一般の方から募集したら知らないけどそうなったという答えが。

「名前変わってもそんなに客は来ないけどね〜」と運転手さんはボヤいてたわ〜

一応帰ってきてからネットで調べたら、「名探偵コナン」の作者・青山剛昌先生は鳥取県出身でした。

そうよね、そりゃそうだよね〜



 本日の宿は「こぜにや」さん。

砂丘メインの旅だから砂丘の近くの宿にするべきかギリギリまで迷ったんだけど、

晩ご飯に釣られてこちらにしました( ̄▽ ̄;)



 部屋は、まぁ普通かな〜

でも、みなさんとても親切で家族的な雰囲気の宿でした。

チェックインを済ませたらすぐに砂丘に向かうことにしました。雨だけど、わたしゃ行くよ。

宿からタクシーで15分ぐらい。

雨だと風紋が見ずらいけど、歩きやすいらしい。

最初は他の観光客の方達もいたけど、すぐに私一人になり、砂丘ひとり占め。



IMG_6158


IMG_6152


100


 いや、砂丘ってば、ホントに砂だけでできているのよ。

でも山があちこちにできていて頑張れば登れます。

一番高い場所は「馬の背」と呼ばれており見晴らしがいいぞ。



 ヒーハー言いながら登ってきたとこを振り返ると・・・

おーーー結構来たわね。

IMG_6171


 って・・・砂だけでできていると思うと・・・ズボッと穴が空いて落ちてしまいそうで怖いんだけど〜((( ;゚Д゚)))

そげなことはありません。不思議だわーーー

そして立つ場所によって違った景色が見える。

私にとっては非常におもしろいところでした。

こんなふうに何もない場所を見たかったのです。

 

 登ってきた横にはスリバチと言って池でもないんだけど大きな水たまりができております。

青々としていて鳥たちの声もはっきり聞こえたよ。

033


 その反対側は浜辺になっております。

024


 さて・・・・今回の目的は砂丘だけでなく、らくださんに乗る事。

でも・・・雨だとさすがにらくださんは宿舎で休んでいるそうな。

悲しい・・・でも明日もあるさ。雨の予報だけどね・・・( ̄▼ ̄;)



 50分ほど砂丘を堪能した後、土産物屋を覗き、なぜかコンピューター占いしてもらっちゃった。

私、旅先でこういう占いしてもらうの好きなのよね。意外と当たるし。

50
 

 その後、タクシーで砂丘から離れ、降りて宿の近くの商店街をのんびり歩いて(迷って宿になかなかたどり着けなかったという(;´∀`))部屋に戻りました。

早速温泉へ。鳥取って温泉のイメージないけど、ちゃんと温泉もあるらしい。

一応ここ、「永楽温泉町」だしね。



 でも宿泊客がいないのかしら〜?

6時という混みあう時間帯のはずなのに私一人・・・

ま、今回はそういう旅なんでしょう。

ゆったり浸からせてもらいました。

露天風呂でモダンジャズが流れていたのは、ちょっとどうかと思うけど・・・(^〜^;)

(てか蕎麦屋でもこだわりラーメン屋でも骨董屋でも、何でもジャズをかけときゃいいという風潮が好きじゃないぞ)

翌日、肌がつるっつるになりましたぞ〜



 お楽しみの夕食は「特選会席・四季彩【春~秋】〜魚貝類も和牛もバランスよく〜」というもの。

コレは一部ですが、美味しかったョ〜



IMG_6187


 食べ過ぎたわーーー

やっぱりこの年になると旅館の夕食って完食するの無理だね。

ラスト二皿ちょい残してしまったわーー無念なり。



 お酒(鳥取の地酒「瑞泉」すっきりしていて飲みやすかった〜)も頂いたんで、すぐに眠気が・・・

本日万歩計の記録は11006歩。腰は快調。

明日昼の飛行機で東京へ行く予定だけど雨降ったら早目に移動しようかしらん・・・

でも、やっぱりらくださんが諦めきれない。

そんなにしょっちゅう来られる場所じゃないしなーーー( ~−ω−~)zzz〜などと考えながら就寝。



 その2へ続く。

拙い旅日記ですが、もうちょいお付き合い下さいませ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



banner_br_mogura



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:37|PermalinkComments(10)

2014年04月17日

東京おのぼりさん日記 その6 (2014年4月11日〜13日 その2)

 ところで、桜はもう終わったと思って諦めていたんですが、ちょっこし残っていましたョ〜

こちらは、いろんな種類の桜があるねぇ〜

IMG_3281

























IMG_3283

































013





















 富岡八幡宮ではお宮参りや車のお祓いが行われていました。

いや〜風もなくて穏やかないい日だわ〜

029





















 今夜の宿はずっと泊まってみたかった「東京ステーションホテル」です。

コレは駅舎の天井。

003





















 娘に聞いたら泊まってみたいと言うので、急きょ追加。

私が予約したのは窓から駅舎の中が見られる「ドームサイド」。

ツインだったような気がしてたけどダブルだったわ〜(またかよ・・・)

でもキングサイズだったから娘と一緒でも広々だったよ。



 天井が高くてお風呂も広いし、シャワーも2種類ついていてくつろげただよ。

娘なんてガウン着てはしゃいでたぞ ̄m ̄ ふふ

まだまだ子供だねぇ・・・



 いや〜ここは気持ちのいいホテルでした。

働いている人達が全員プロ!って感じだったわ〜安心できるホテルだよ。



 でも、部屋まで遠くてさ〜(←軟弱)

北と南にあるドームの間に長〜い廊下があって両サイドにも部屋があるんだけど、

わしらが泊るドームサイドに辿り着くまで200メートルぐらい歩いたかね〜



 で、客室は3階で朝食ラウンジは4階なんだけど、4階に上る階段がなかなか見つからなくてさ〜

娘と二人で「あ〜永久にここから出られないような気がする〜」

「まさか東京に来てキツネに化かされるとは〜」なんて言いながらドームサイドをぐるぐる回りつづけちゃったョ。



 朝食はブッフェスタイルで和食エリアと洋食エリアに分かれていてそこそこ充実していました。

おかゆのトッピングも結構あったし〜

ヨーグルトも普通のとカスピ海ヨーグルトあったし、

吟味された食材を提供している感じ。



 私の朝ごはん。わたしゃ、バイキングはそんな量取らない方だけど、

コレ食べた後、クロワッサンと果物も頂きました。

__























 ホテルを出たところで娘とは別れ、わたしゃ、また谷中へ。

まだ夫のおみやげを買ってなかったのよ〜〜(^▽^;)

一日目に見たお店にロドリゲス系のかわいいTシャツがあったんで、

それにしようと思ったけど、まだ開いてなかった・・



 でも、「韋駄天」さんといういい感じの器のお店に出会えたんで、おちょことコーヒーカップを買いました。

谷中は、また来たいというお店が一杯あったな〜

来年も行く予定だから、その時にも回ろ〜っと。



 その後、ず〜っと行ってみたかったクラフトモクさんの個展へ。

モクさんと奥さんってどんな方かしら〜?ドキドキオドオドしながら会場へ入ると・・

ブログ友のnanapuさんが連絡しておいてくれたようで、入るとすぐに

奥様が「北海道からいらした方?」と話しかけてくれました。



 ネットの写真で見てはいたけれど、実際に作品を見ることができて嬉しかったわ〜

も〜どれにしようか迷ったよ。

欲しかったギター猫は売約済み。

7































 その後はおととし来た時には開いてなかった「ねんねこ家」さんへ。

ここは民家を使った猫のいるカフェ。猫グッズはちょこっとだけョ〜

4























 「ニャンカレー」を頂きました。

5

























6



室内には店長のサンキチ君がどーんと鎮座しております。





周りのテンションの高いおばちゃん達から

話しかけられたり、なでられたりしても

全く動じないサンキチさん・・・

できたお方です・・・















__ 3





でも、めんどくさくなったら

ふらりと外へ・・・

スタスタスタ・・・



自由に生きておられるようです。

(ー) フフ















2



食事の後は坂を上って行ったところにある

有名なヒマラヤ杉を見に行きました。

なるほど、りっぱな木じゃわい・・・



左側にちょこんと寄り添うように建っているのは

「みかどパン」というお店。



昭和の雰囲気漂う、

素朴なパンが置いてありましたョ〜











また、ねんねこ家さんの前に戻って来たら、店長がお客様を迎えていました。

店長さん、お元気で〜(^_^)/~~また会いましょう♪

1























今回の旅の戦利品。

「Biscuit」というお店で見つけたモールの猫とへび。

このお店にはいろんな種類のモールの生きものがいたさ〜

                                  「めでタイ」と迷ったんだけど「酔いどれ猫」を

                                  もらいましたョ〜

21































こちらはピンバッチとブローチ。

わたしゃ、イヤリングもネックレスもめったに付けないんでブローチに注目しちゃいます。

陶器のブローチと手刺繍の猫とへび。

このブサイクな顔がかわいいでしょ?

                             ねんねこ家さんで買ったステッカー。

                             猫ものはつい手にとっちゃうやね〜





 今回は3日間充実していたな〜

てか、東京駅のことは調べてなかったんで、地下しか行かなかったけど、

周りにおもしろそうなものが入っているビルたくさんあったのね〜(-"-;A

次回はしっかり歩いてみよ・・・来年は桜の咲き始めの時期に行きたいわん。



 拙い旅日記を読んでくださってありがとうございました<(_ _*)>

家にこもりがちの自分ですが、出るとやっぱり楽しい。

そして刺激を受けることが多いね。



  二日目 16,216歩

  三日目 15,025歩 



 東京おのぼりさん日記 その5 (2014年4月11日〜13日)




このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:57|PermalinkComments(18)

2014年04月16日

東京おのぼりさん日記 その5 (2014年4月11日〜13日 その1)

 さて、桜の時期も終わりかけだというのに東京へ行ってまいりました。

二泊三日。



 も〜去年の10月、娘の引っ越しの手伝いで行った時はどこにも行けなかったからね〜

一度姉と姪と一緒にハンバーグ店に行ったけど(私が指定したんだけど美味しくなかったし・・)

それ以外はずっと段ボールに詰めたり掃除しながらコンビニで買ってきたおにぎりとかパン食べてたしー

せめて帰りの日はゆっくり回ろうと思ったのに、チケットの日にち取り違えで(自分のせい(-言-))

やっと取れたチケットが早い時間だったから帰る直前までバタバタヒーヒーほんと慌ただしかったのよね〜

だから、戻ってからすぐにこの旅の準備を始めたさ〜



 旅のお伴はコレ。

20

「ことりっぷ」とJTBのMOOK「詳細地図 東京」

(すごく見やすい。私は行く場所のだけ破って持って歩きます)

あとは携帯の乗継案内アプリね( ̄▽ ̄;)

コレのおかげでどんだけ助かっているか。



 で、9時半の飛行機に乗って昼前には付きましたョ〜

いや〜暖かいとは聞いていたけど、薄手のコートを着ていたら暑いぐらいだったわ〜

本日は娘と一緒に谷中を回る予定なんで日暮里駅で待ち合わせ。

3日間ずっと穏やかないい天気でね〜本当に気持ちいい時間を過ごせました。



 一日目は谷中エリアをぐるっと一回りする予定。

日暮里駅でスーツケースを預けた後(わたしゃ方向オンチだから預けたら、

後でわからなくならないようにその周りをカメラで写しますだよ)を出たらすぐに「ルノアール」があって感激するわしら・・・( ̄m ̄〃)

「去年ルノアールで」を見て以来、ルノアールに遭遇する度に注目してしまうのです。

「毛布出してくれんのかな〜」

「一度入って見たいよね〜」等と言いながら通り過ぎる。



 谷中は猫が多いそうで、猫グッズの店がたくさんありました。

IMG_3269































 でも、猫には一匹しか出会えなかったわ〜

路地奥のドアの前にちょこんと。開けてくれるの待ってるのかしら・・・

IMG_3276































 谷中銀座は車も入ってこないからのんびりゆったり歩けました。

お店を覗きながら、夕焼けがキレイに見えるという「夕焼けだんだん」へ。

まだ3時ぐらいだったから明るいけどね。

IMG_3271































 娘が夕方から用事があったので短いコースにしたんですが2時間ぐらいで回れました。

で、駅の近くの佃煮が何種類も並んでいる中野屋さんでわかさぎの佃煮を買いましたョ〜

明日の朝ごはんにするのさ〜♪



 娘と別れたあと、どこか回ろうかな〜と思ったんだけどスーツケースが重くて〜(;´д`)

何かおかず作っていって〜と娘に言われていたので大人しく帰りました。

なんせ娘のアパートまで1時間以上かかるんで・・・

今晩は娘の部屋に泊まります。



 って、娘のとこってレオパレスなんだけど、台所が狭くてホントイヤ!

IHのコンロが二つあってすぐ横は小さなシンク。

で、調理するスペースが全くないのよーー

レオパレスっていってもピンからキリまであるんだろうけど、ここって生活用のアパートじゃないよね〜

長期出張とかで泊まるアレなんじゃないのかねぇ・・・(ーΩー )

娘には言わないけど、この狭い台所マジストレスだわーー



 晩御飯は親子丼。おかずは二品ほど作り置きしました。

9時頃帰ってきたんで私はビール、娘はチューハイを飲みながら食べました。

いつのまにか飲めるようになったんだねぇ・・・(o^-^o)

久しぶりにゆっくり話しましたョ〜

 一日目 12657歩(普段は大体5000歩)



 翌日は「深川」に行きました。

「清澄白河駅」で降りたら「深川資料館通り」へ。

こちらも昔ながらの商店街なのですが、思わず入りたくなる良さげな雰囲気の古本屋さんが結構ありました。

清潔で取りやすい棚に店主の個性が感じられる本が納められています。

絵本もたくさんあるし、地元の人が自分の家の本棚のように寄れる店って感じかしら。



 聞くところによると、深川は古本屋さんが中心となって町を盛り上げていっているらしい。

娘はジャズ関連の本(多分彼氏の影響(¬w¬*))、私は高峰秀子関連の本を二冊購入。

歩くのが楽しくなる町ですなぁ・・・



 その後、「深川江戸資料館」へ。

ここには江戸時代の長屋が再現されているんですョ〜



 矢印のところには猫がいて、ときどき「にゃああああーー!」と鳴くんだけど、その度に娘がビクッ!としてたわ〜

BlogPaint





















 長屋の中。結構広いぞ。

017























019





いや〜全体的に暗いんだけど、

当時はこんなもんだったんだろうな〜

八百屋さんには野菜が並んでいて

大根や菜っ葉、蓮根にごぼうに人参・・・

現在とそんなに変わらない品揃えだったわ〜















020



 火の見櫓の前にあるのは移動蕎麦屋さん。

これをかついで江戸の町を歩いてたんだね〜

もちろん二人で担いでいるふうの写真を撮りましぞ。



 御茶屋さんの前には座る場所があって、

たまに落語やお芝居が見られるんだって〜

いいね〜













 こちらは天ぷらの屋台。

021





























 船宿の前にはちゃんと舟があって、店内はこんな感じ。りっぱなもんだよね〜

024





















 楽しかったわ〜

さて、昼ご飯ですが、深川に来たらやっぱり「深川めし」でしょうよ。

「鬼平犯科帳」にも出てきたもんね〜

あちこちに「深川めし」「深川丼」の張り紙やのぼりが出とります。

迷ったけど直感でココ。

IMG_3294

























 にゃんと、入口に「一本うどんあります」の張り紙が!

「鬼平犯科帳」に木村忠吾の好物として出てきたんだけど、

ぶっというどんが一本だけってどんなん???ってずっと気になっていたのよ〜!

でも、深川めしも食べたい!

という訳で娘を一本うどん頼むよう誘導し、私は深川めしを注文。



 来たよ、来ましたよ〜!「一本うどん」が!

IMG_3296

























 円形のものを想定していたんだけど、ところてんみたいだね〜

うどんについているのは甘味噌ふう。

タレには本わさびを擂り降ろしたのとねぎを入れて食べるんですが

蕎麦つゆともまた違った味なんだよねぇ・・・



娘に感想を聞くと

「・・・・うどんだねぇ・・」

一口もらうと「確かにうどんだわ・・」

ビジュアルから甘味があるんじゃ?って思ったりしたけど

ホントにうどんの太い版って感じ。

おもしろいわーー



 そして深川めしですョ〜

パンフレットによると「深川めし」には「ぶっかけめし」「炊き込みご飯」「どんぶり系」等いろいろあるらしい。

基本はあさりと長ネギ。

こちらのは、ご飯と汁が別々にくるぶっかけタイプ。お蕎麦や桜エビの佃煮もついてきました。

IMG_3297

























 いや〜うまかった!!あさりのダシがよくでててあっさりしているのにコクがある。

うちの夫も絶対好きな味だわ〜

娘も「おいしい〜!」とバクバク食べていました。

鬼平様も食べたのかしらね〜。満足満足。

image























 「東京おのぼりさん日記 その6」につづく・・・




このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 23:22|PermalinkComments(6)

2013年03月31日

春近し・・・

 いや〜あっと言う間に3月は終わりましたなぁ・・・
って、いつも同じこと書いてるけどさ・・( ̄▼ ̄;)
3月は仕事も忙しいし、娘が帰ってきたら、娘がらみの用事が目白押しで、
常にバタバタしていたような・・・
娘は10日ほど北海道に居たんですが、のんびりできたのは20日の祝日だけ。
で、久しぶりに家族でドライブしてきました。

 目指すは豊頃の『とかるね』ですョ〜廃校の中にカフェとか雑貨屋・アンティークショップがあるのよ〜
この前TVで紹介されたから、混んでるかな〜と思ったけど、空いててラッキー!すごく、ゆったりのんびりできたわ〜

 小学校だったのかな・・?
IMG_0670

 周りはこんな感じ。
みなさん、こんな人里離れたところに通ってたのね。
IMG_0674

 中にはステージもありますよ〜
ちょっとしたコンサートができるのかな・・・
IMG_0660

 雑貨屋さんがあって、奥にはアンティークショップ。
いい感じの箪笥とか棚とか電気の笠が一杯あったわ〜
IMG_0669

 カフェにあった卵のリース。かわいいねぇ・・・(n´―`n)
IMG_0664

 私はピザを頼みましたぞ。
IMG_0665

 娘はオムレツ。夫はパスタを頼んだんだけど、写す間もなく食べられちゃった(´∀`;)
IMG_0667

 その帰り、夫の知り合いのドーナツ屋さんに寄って、お茶を頂きました。
実は、そこのご主人、占い(手相と生年月日の占い)をやるそうで、その筋では有名らしくあちこちから占ってもらいに来るんだって〜無料で見てくれるらしい。

 で、私も本当は見てもらいたくてうずうずしていたんだけど、親しくもないのにずうずうしいよな〜見て見て!って人きっとたくさんいてうんざりしているだろうし・・等と我慢していたら、そういう話になったんで、ちょこっと見てもらいました。

 本当は全体的に見てもらいたかったんだけど(また中途半端な遠慮を)
「じゃ、健康運を・・・」と手を差し出したら、婦人科系の病気の傾向があるけど、
そんな重病じゃないって言われました。
やはりね・・・それは感じてました・・・(;´-∀-`)ゞ

 娘はまず最初に「真面目すぎる」って言われてました(* ̄m ̄)
娘は音楽をやってるんですが先輩たちからもよく「真面目すぎる」って言われるそうで、目下のところちょっとした悩みになっているようです。素人の私から見ても頭で考えて音楽をやってるような感じで、もっと自由に感じながら演奏したらいいのに〜とか勝手なこと思ったりして・・・

 あと、いろんな男の人をそばに置きなさいとか言われてたぞ(どういう意味?)
で、結婚は30過ぎの方がうまくいくって・・・
うーーんと・・今付き合ってる彼とは〜どうなるんだろ・・( ̄∀ ̄)
ま、占いは天気予報みたいなもんですから。
聞いた後どうするかは本人次第だとわたしゃ、思ってますよん。

 そして、生年月日の占いもしてくれたんですが、私のことを「すごく楽しい人!」て言ってくれましたョ〜
そんな事言われたの初めてなんだけど、なんかそう言われたらすごく自分が楽しい人のように思えてきたぞ。単純だね〜

 ★2020年11月追記。
実はこの時、夫の手を見た占い師さんは私たちの前では何も言いませんでした。その後別の日に呼び出され会ってきた模様。多分、占い師さんは彼が裏でやっていることに気づいて注意したんだと思う。このままだと離婚になるよって( ̄▽ ̄;)アハハ…ホントバカだよね。そして私は『楽しい人』になれているかなぁ・・なんてたまに考えたりします。

 さて、北海道も雪が溶けて春らしくなってきました。
コレは娘を空港に送っていった帰りに写したんで1週間ぐらい前かな〜
緑が見えてきたでしょ〜?
IMG_0711

 反対側は、まだ雪だけどさ・・・
IMG_0717

 こちらは本日の庭。もうほとんど雪はありません。枯れ葉と雑草の除去をしましたよん。
IMG_0769

 チオノドクサも芽を出してきました。楽しみだな〜ヽ(*´ェ`*)ノ
IMG_0772



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:26|PermalinkComments(28)

2012年11月20日

東京おのぼりさん日記 その4 (2012年11月10日〜12日)

 さて、小腹を満たした後は演芸場の中へ。

はっぴを着たおじさんたちが入口で案内をしてくれますョ〜。

日曜なんで、さすがに混んでるわ〜座る場所がないんで私も立ち見よん。

一人だから気楽なもんさ。



 慣れてるお客さんはお弁当とかおやつ、お酒も持ってきて飲みながら楽しんでました。

いいね〜( *^皿^)

中は田舎の小さな映画館って感じ。150人ぐらい入るのかな〜?

017


 ナイツはスケジュールによると13時過ぎ出演だったんだけど、15時過ぎに変更。

そういうことはよくあるらしい。

だから、お目当ての芸人さんがいる場合は確認した方がいいかも。

018


 私が入った時は夫婦マジック的な演目をやってました。

舞台が近いから、芸人さんの細かい表情まで見えて楽しいぞ。

会場も気楽なのはいいけど、しょっちゅう携帯が鳴ったり、その場で応答するおっさんもいたりして、びっくりしたよ。

あと、普通におしゃべりしてる人とかね。

でも、芸人さんも、そんなこといちいち気にしちゃいないって感じだったけどね。



 会場内はいつでも出入り自由で途中で帰る人もいるんで、私も席を確保できてゆっくり見ることができました。

ナイツはやっぱり別格だわ〜も〜ドッカンドッカンウケてました。

他に私が気になったのは鏡味健二郎というおじいちゃんの芸人さん。

曲芸の方なんだけど、なんか・・・すんごいおぼつかない感じで・・・( ̄∀ ̄;)

真面目にやってるのに、イマイチ感がすごい。

お馴染のお客さんの優しさに支えられてるってのがビンビン伝わってきたよ。



 帰りに売店で夫におみやげを買いました。

「笑点」のカレンダーとてぬぐい。ちなみにこの鹿は演芸場のキャラ「はなしか」ちゃんだって・・

003

 演芸場から出た後は仲見世をぶらぶらして、ホテルでちょっと休んでから東京ソラマチへ。

明日、荷物送っちゃうから(も〜前回荷物が邪魔で邪魔で耐えられなかったのよ)今晩のうちにおみやげを全部買ってしまうのだー!

あいにく雨だけど、気にするもんか〜(9`・ω・)9



 いや〜広い広い・・・わたしゃ、かなり歩いたよ。

着いてすぐに、あっ、そういえば、ここってスカイツリーの下だったんだ!と思って上を見上げたら・・・

おおおーー!コレが634か・・・確認終了!

って、写真撮るの忘れたよ〜〜/(^o^)\ まっ、いいや。

__





おもしろげな店がいっぱいあったわ〜

サザエさん茶屋って、いったい・・・・























 甘味処?お焼きとか?

1























 あと、やっぱり、スカイツリーに来たんだから、お土産と言えばコレでしょ

移動のせいで、くたっとなっちゃったけど、美味しかったよ。

075


 自宅用にとっくり的なものとか、箸置きを少々、買っちゃった。

073











































 晩御飯はソラマチで買った、惣菜とビール。ちょっと寂しいけど、ちょっと疲れちゃってさ〜

とにかく部屋で横になりたい・・・

旅の時間を有効に使うには、やっぱり体力がなきゃダメだね〜

019


 翌日は、歩いて行ける今戸神社へ。

こちらも招き猫発祥の地となっております(´m`)

ちょっと小雨が降っていたけど、全然大丈夫。ここが隅田川やね〜広いわ〜

025


この川沿いの道をずっと行けばいいはず・・・なんか気持ち良かったよ〜

027


 地図を持っていても迷う私は、100mおきぐらいに道を尋ね・・・

途中で同じように今戸神社に行く女性に出会って、その方のお蔭で行きつけたぞ。

ここは、パワースポットなんだって。で、縁結びの神様がいらっしゃるそうな。

031


 ご神木にいっぱい丸い絵馬が付けられとる〜

一昨日の豪徳寺でも祈ったけど、娘と彼の縁が続きますように(ただし娘が望む限り)って祈ってみました。

034


 その後は、人形町へ。前に行った時は日曜だったからほとんど休みだったんだよね。

本日は月曜日、しっかりオープンのはず〜!



 懐かしの甘酒横丁に帰ってきましたョ〜

私が行きたかったのは「孤独のグルメ シーズン2第2話で、五郎さんが行ったお茶屋「森乃園」さん2階の甘味処。

ここは地下鉄の人形町駅を出てすぐなんで、いくら私でも迷わな〜い!



 私の計画としては、まずここでおやつを食べて、昼は天ぷらってアレだったんだけど、

にゃんと2階は12時からなんだって〜!

ショックを受けたけど、それまでぶらぶらしよ〜ってことで、まずは水天宮へ。

051


 おみくじを見ると、つい引きたくなるのは私だけ?これで東京へ来て3回目だよ・・・

052


 そして、御犬様にご挨拶。

この前は気づかなかったけど、自分の干支のところをなでなでしながら祈るらしい。

娘が出産するときは、どうぞ苦しみませんように・・・(^人^ )

054


 平日だけど、七五三のお参りの家族連れが多かったわん。晴れて良かったね。

058


 その後は、前回も行った小梅茶荘さんへ。

037


 ご主人に教えていただいて、味見させてもらいながら、疲労回復系&ダイエット系のお茶と急須などを購入。

素敵な茶器がいっぱいあったんだけど、いいものはやはりお高い。

お求めやすい価格でいい感じのものをもらいました。

008


 その後は、そろそろ時間もいいはず。「森乃園」さんへ再びGO。

五郎さんが座っていたのはあのあたりね〜

042


 五郎さんは冷し抹茶ぜんざいを食べていたけど、私は暖かいのをもらいました。

038


 待ってる間に、今戸神社でひいたおみくじを見よ〜っと。あ、小槌が入っとる。

早速財布に入れよう。

044


 そして、さらに、ほうじ茶わらびセットまで頼んでしまったわ。

040


 だって、私、この手の和風おやつ大好きなのよ〜ヽ(^◇^*)/

そんなにしょっちゅう来ることもないし〜という旅人特有の欲望が抑えられず・・・

美味しかったわ〜!後悔なし!



 でも、お腹いっぱいになってしまったわ・・・マズイ、コレでは天ぷらが食べられない。

五郎さんが食べたあの美味しそうな「中山」の天ぷらをお好みで食べるつもりだったのに・・・

取りあえず、腹ごなしのためにまた、甘酒横丁を歩いていたら・・・偶然、「中山」発見!



 でも、ちょうど休憩に入ってたみたい。

しゃーないね。どうせ、このまんぷくぶりでは美味しく食べられないから、次回まで楽しみはとっておこう。

049


 風情があって活気あふれる街、人形町よ、また来る日まで〜

2回目だけど、まだまだ探求したい街だわ〜

046


 その後は日本橋のあたりをうろうろして、なぜか東京へ来て奈良まほろば館(物産館的な)覗いたりして、早めに空港に向かいました。

今回はいろんなお店を回れたけど、食に関してはちゃちゃっと済ませることが多かったな〜

そういえば、浅草の仲見世で食べたメンチカツが美味しかった( ̄ ∇+ ̄)

あと、東京ソラマチで喉がかわいて飲んだ30種の野菜生ジュース・・コレも体に沁み渡ったな〜

隣に独り言ぶつぶつ言ってるおっさんが横になっててアレだったけど。

次回はおいしいもんにもっと貪欲になろ〜!なんてね。



 こんなしょうもない旅日記に付き合ってくれてありがとうございます。

また、来年の春あたり・・・行きたいなぁ・・・o(@^◇^@)o



  東京おのぼりさん日記 その3 (2012年11月10日〜12日

  東京おのぼりさん日記 その2 (2012年4月1日〜4月2日) 

  東京おのぼりさん日記 その1 (2012年1月28日〜29日) 



 


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:36|PermalinkComments(50)

2012年11月19日

東京おのぼりさん日記 その3 (2012年11月10日〜12日)

 さて、久々に娘の所に行ってきました。

で、ついでに東京観光・・って、どっちがついでなんだか・・・(* ̄m ̄)

帰ってきてから1週間以上たっちゃったけど、良かったらお付き合いくださいませ。



 着いた日は穏やかないい天気でした。

こっちが結構冷え込んでたんで、迷った末、冬っぽいコート着て行ったもんだから暑く感じるぐらいだったわ〜

空港で昼ごはんをすませ(いつも、あちこち見てるうちに空腹にかられ、良さげなところを捜すも見つからず、王将とか富士そばとかに入っちゃうからさ)

 この時入った喫茶店の入口でスーツケース預かったもらったら、出るとき違う人のスーツケース受取っちゃって、モノレールに乗る直前気付いて走った、走った・・ε=ε=ヾ(;゚д゚)/ ひー

田舎モードじゃダメよ、気を引き締めなはれや!と自分に言い聞かせました・・・



 娘はどうせ忙しいから、ちょっと寄り道。

同じ小田急線沿いの豪徳寺へ。

ここは招き猫発祥の地らしいのよ〜って、そういう寺、全国あちこちにあるらしいけどさ。

Let's豪徳寺!



 初めて来たけど、落ち着いた雰囲気の住宅街なんだね〜

結構歩いたけど、この日は気持ち良かったョ〜

015













商店街には豪徳寺への道しるべが。

かわいいな〜

003


大きな寺なのか塀づたいに歩いてきたけどなかなかつかない。

ぐるーーーっと回って、やっと着いたわ〜

010


011


絵馬(絵猫?)にもお猫様が。私もすずとなつの健康と長寿をお願いしてきましたぞ。

005


招き猫の奉納所です。願いを叶えてくれた招き猫さんたちがいっぱい。

006


私も1匹連れてきちゃいました。娘には豆招き猫のおみやげ。

なんか、しっかりしたお顔をしてらっしゃる〜

023


ちなみに、我が家に去年からいる招き猫さん。人が良さそう・・(* ̄m ̄) いや、猫が・・

022


 娘の部屋に着いた後は東京に住んでいる姉と姪っこが来てくれたんで、そばの居酒屋で食事。楽しかったわ〜(( ^∀^ ))



 その後は娘のために在庫用のおかずをちょこっと作って寝ちゃいました。

でも、娘はレポートの提出期限が迫ってるそうで、夜中2時半ぐらいまで隣でやってたよ〜

次の日は授業の一環だそうで、コンサートを見に行った後友達のところでレポート仕上げるって言うんで、一緒に部屋を出て、それぞれ反対方向の電車に乗って別れました。

ちなみに、レポートは徹夜で終わらせたそうな。



 まぁ、掃除はそんなにしていないけど、ちゃんと工夫してきちんと暮らしているようで感心&安心したわ。

私が学生の頃はもっと何もできなかったし、勉強もサボることしか考えてなかったも。

あぁ、やっぱりもう娘は独立したんだな〜って寂しくも感じたけど、一人で出して良かったなぁ・・とも思ったのでしたr(^ω^*)))



 翌日は浅草よん。

まず雷門から5分ぐらいのところのホテルに行って、荷物預かってもらって・・

浅草演芸場に行こうって決めてたんで、チケットを買いに行きました。

だって、昼の部にナイツが出るんだも〜んヽ(^◇^*)/

予約はできないんで(団体さんは別)11時から窓口で買うのよ〜

もう過ぎてるから急げ〜ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛



 無事、チケット購入後は、ちょい腹ごなし。すぐそばの『珈琲 天国』へ

小さなお店ですが、かわいくて落ち着く雰囲気。

パンケーキとコーヒーをもらいましたよん。



 「東京おのぼりさん日記 その4」へつづく



 生きてる間に天国に来られるとは・・・

__ (3)


 パンケーキはふわっふわ。珈琲もおいしかったよ(o^-^o) 満足、満足

__ (2)









このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 23:34|PermalinkComments(7)

2012年09月23日

秋が来ましたよ〜♪

 いや〜9月に入ったというのに30度以上の暑さが続くという、
夏嫌いの私にとっては地獄のような日々で、
身を潜めて過ごしていましたが、やっと一昨日ぐらいから涼しくなりました。
最高気温も25度ぐらい。
コレだよ!コレが北海道なんだよ〜
無気力だった私にも、やっとパワーが戻ってきたんで、
普段の休みにはDVD見るか雑草抜いてるだけですが、珍しく夫と外出しました。

 場所は十勝千年の森
ここはかなり広い森のような空間で森林浴しながらウォーキングしたり、乗馬をしたり、
カフェやレストランでくつろいだりできるという、十勝らしい場所です。
昼は蕎麦食べようってことになって、この中にある蕎麦屋に行くついでに散策することに。
私も、ここなら気持ちよくウォーキングできるってんで、渡りに船さ。
もちろん、活動量計携帯デスヨ〜

 同じ十勝でも、かなり奥の方なのよね・・・(´∀`;) 思ってたよりも時間かかったわ。
で、こんなほとんど家もない田舎道でにゃんこさんに遭遇。
どうやら、向こうに見える牧場の猫ちゃんなのかな?
人に慣れた感じでした。かわゆし〜(´ω`)

005

祝日だったから、北海道ツアーのお客さん達もいらしていたみたい。
ほどよく賑わってましたわ〜
入口にあるのが、天然の檻?反対側に人が入れるぐらいの隙間があるんだけど
おもしろいよね〜どうやってこんなふうに木をしならせる事できるんだろ・・・?
こういうのが何個も並んでました。

007
以前に来たのは7,8年前かな〜大分様変わりしていました。
美味しそうな出店がいっぱい並んでましたわ・・って、コレじゃ良くわかんないよね。
009
森の中はホント、気持ち良かったわ〜
010
012
015
013
014

途中のカフェでひとやすみ。
どこででもソフトを食べる男・夫は早速ハスカップソースのソフトを試食。
こってりしたソフトに酸味のあるソースが合っててうまかった〜♪

022
近くにはやぎさん達が・・・
森の中にはヤギの乳を使ったチーズ工房もありますよん。
024
そして、丘の上にはセグウェイが試乗できる場所が・・・
バラエティで芸人が乗ってるのを見て、おもしろそうだな〜と思っていたわしらはさっそく体験。
019
コレ、ツアーの方が2時間のコースで利用する時は30分乗り方の説明するそうで、
簡単だけど、注意も必要な乗り物らしい。
私達は15分の体験だったので5分間係員の方が乗り方を指導してくれました。

体の重心をかける場所によってアクセルとブレーキを調節するのさ〜
最初は緊張したけど、おもしろかった〜
決められた場所をぐるぐる回ってるだけだったけど、どこまでも登って行きたくなったよ〜
017
って、夫が娘に「セグフェイに乗るよ〜」とメールを送ったら
「崖から落ちないでね〜(TmT)」という返信が・・・
いったいどんなとこにいると思ってるのでしょうか・・・・(*^m^)o==3

ハーブ農園もあって・・・これはルバーブかな〜
025
ほとんどの花は終ってたけど、森の中でよく見かけた花。
028
蕎麦は結局、別の場所で食べたんだけど昨日は8588歩、約6キロ歩いたぞ。
総消費カロリーは1872でした。多いのか少ないのかわからんが・・( ̄∀ ̄;)

最後に北海道らしい標識を・・・
034

この辺は馬の放牧が多いのかしら?
私が運転してて良く見るのは「鹿注意」。「りす注意」もよくみるわ〜
あと、私は見た事ないけど「牛注意」の標識もあるらしい。
今度見つけたら、写真に撮っておくね( *^皿^)



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 09:46|PermalinkComments(43)

2012年04月08日

東京おのぼりさん日記 その2 (2012年4月1日〜2日)

 さて、またまた、久しぶりの更新になっちゃった・・・(;´д`)ゞ

1日に娘を送って一泊して帰って来てから、仕事は忙しいし、風邪は引くしで、あっというまに1週間が過ぎてしまいました。



 夫と二人きりの生活になった訳だけど、今度は一昨日から夫が娘の入学式に出るため神奈川行ってるから、まだ実感がないのよね。

でも、娘が使ってた部屋に私が引っ越したり(だって家の中で一番陽当たりが良くていい場所なんだもん)、居間の模様替えをしたり(娘が放置していたいろんなものの片付け込み)して、気持ちを切り替えてる感じかな・・



 さて、3月は引っ越しの片付けでほとんど時間がなかったけど、今回は半日ぐらい時間がありました。

着いた日は、娘は早速友達と出かけたんで、私はガス警報器設置のお兄さんが去った後、井の頭公園へ行ってみました。



 着いたのは4時ぐらいだったんですが、まだ暖かかったわぁ〜

のんびり歩くのが、気持ちよかったです。

そういえば、ジブリ美術館が近くなんだよね。予約しときゃよかったよ・・・(σ´-`)



 花見客で賑わってましたよ〜

沖縄民謡に合わせて踊ってる団体もいたぞ。

021


018


023


 桜も咲いていたけど、椿もあちこちで見かけたよ。いいねぇ・・ひと足先に春を感じました。

017


 翌日は飛行機の時間まで5時間ぐらいあったので、前から行きたかった岡本太郎祈念館へ。にゃんと「表参道」ですよ。

いや〜オサレでアーティスティックな建物ばっかりで、見とれてたら、中々進まなかったよ。

それと、表参道に職場があるのかしら・・・年配で素敵な女性を多く見かけたな〜



 岡本太郎記念館は撮影オッケー。さすが太っ腹な岡本太郎先生!

ここは岡本太郎さんが亡くなるまで過ごしたアトリエ兼自宅です。

031


032


 所狭しと作品が並んでいますよ〜あぁ・・・感激・・・:*:・:(*゚Д゚*):・:*:・・

039


040


 太郎さんと敏子さんの写真が並んでる・・・

041


 アトリエは思ってたより狭かったので、びっくり。

この場所で先生はエネルギッシュに作品を生み出したのね。

床には絵具の水滴の痕がたくさん残ってました。

043


044


 このピアノを太郎さんが弾いたのね〜ドラマ思い出すな〜

045


 庭にも作品がいっぱい。この日もぽかぽか陽気だったから、外が気持ちいい!

052


 自然の中でも負けない存在感。

一体化して、常に変化し続けている・・・これが岡本太郎なんだね。



 ここに来て、やっぱり岡本太郎さんが表現するような、原始的なエネルギーと生命力あふれる作品が好きなんだな〜と再確認。

そういえば、中学生の頃、アフリカ美術になぜか惹かれて、変なお面とか魔除け部屋にかざってたな〜(σ´-`)

050


049


055


 併設されているカフェで休みながら、まったり・・・

一口食べちゃったけど、チーズケーキとエスプレッソ。

053


 帰り道、桜が満開だったので、カシャッ!

059


 その後は、根津と谷中方面へ。

昭和の匂いが残ってる、猫さんにも出会える町ってことで・・・( ̄∀ ̄)

まずは根津神社へ。

つつじが有名らしくて、「つつじまつり」も行われてるらしいですが・・・

この時はまだ、つつじ咲いてなかった〜(`;ω;´)

066


 地元の方に親しまれてる神社って感じでしたね〜

小さなお子さんを連れ太お母さんとか、近所の方と思われる御爺さんや御婆さんが思い思いの場所で日向ぼっこされてました。

065


 谷中では猫さんに会えなかったけど、狭くて細い小路が迷路のようにあって、こりゃ、猫が好きな町だワ・・って思ったよ。

飛行機の時間が気になって、谷中は小走りでちょこっとしか居られなかったから、今度はゆっくり歩きたいな。

067




 東京おのぼりさん日記 その1


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 11:52|PermalinkComments(25)

2012年02月03日

東京おのぼりさん日記 その1 (2012年1月28日〜29日)

 さて、先週、1泊でしたが、東京へ行ってきました。

土曜日は、娘の住むMSの契約を終えた後、姉と晩御飯。

飲んだら、帰り方わからなくなったらアレなんで、宿泊ホテルのすぐ近く日本橋まで来てもらいました。



 さすが、銀座は違うわ〜

どのビルも新しくても、その店の歴史が感じられるというか、ご立派だよ。

で、よさげな雰囲気のコレド室町、2階の日本橋紀ノ重へ。



 はっきり言って、東京の居酒屋的な場所で魚介類等の食べものには、まったく期待していなかったのですが、ここは美味しかったですね〜

姉と二人で日本酒の冷2合と一緒においしくいただきましたョ〜



 突き出しに出てきたのが、多分、イカのゴロと醤油で和えもの。

焼いて食べるんですがそのままでも旨かった。

009


 鯛茶漬け〜味噌ダレで。

014


015


 なめろうの紫蘇揚げと酒粕チーズスティック

011


 アスパラ焼き

016


 店内は女将さんの気配りが行き届いてる感じで、落ち着けました。

また、行きたいにゃ〜



 ほろ酔い気分でホテルへ。

ホテルは寝るだけだと思ったんで、銀座三越のすぐそばのビジネスホテルに決めました。

まぁ、窓を開ければ1メートル先は隣の壁ってとこでしたが、ホントに寝るだけだったんで・・・無問題。



 朝食の会場は会社の寮の食堂みたいな感じ・・・(´∀`;) ハハハ・・

多分、そこにいらした60代〜70代の妙齢のご婦人二人が作ってらっしゃるようで・・・

和食のみのバイキングで種類も少なかったけど、わたしゃ、最近ダイエットしてるんで、こちらも無問題。

このおばちゃん達の家庭的な雰囲気のおかげで、旅先でものんびりリラックスして食べられました。

何かほっとしたよ。



 4時ぐらいまで時間があったので、銀座と「新参者」のロケ地・人形町のあたりを歩いて見ましたよ〜



 10時頃チェックアウトして、水天宮へ。

ここは殺された峯子(原田美枝子)が息子(向井理)の恋人の安産を祈った場所。

そして、今は亡き原田芳雄さん演じる寺田が勘当した娘の安産祈願をした場所ですね〜



 今のところ、私はもちろん、娘も妊娠の予定は全くないんで、アレですが・・

おめでたい雰囲気に、なんか気分華やいだわ〜o(*^▽^*)o

日曜ということもあってご家族で安産祈願のため参られてる方々で賑わってましたョ〜 

026


 こちらが、「子宝犬」様ですよ〜

関係ないけど、なでなでしちゃった。おみくじも引いたよ〜「吉」

023


 やはりお犬様情報には敏感なのね。後ろには、預かり犬・猫のポスターが貼ってあります。

どうか、よい飼い主さんとめぐり逢えますように。

024


 そして、主人公の加賀恭一郎も歩いた「甘酒横丁」へ。

あぁ・・・日曜日だから閑散としている・・・・

現在、10時40分頃・・・まだ開店前なのでしょうか?

いいえ・・・o( ̄ー ̄;)ゞにゃんと、人形町は日曜には閉店している店が多いそうな。



 寂しい・・・寂しいぞ・・・(´-ω-`)

それでも歩いてみたけど、北風が身にしみるわぁ〜

この日は風も強くて北海道人の私でも震え上がるほどでした。

マフラーぐるぐる巻で歩いたよ。



 第一話「煎餅屋の娘」の舞台となった「草加屋」もあったけど、閉まってたよう・・・(ノ◇≦。)

028


 で、路地をうろうろしていたら「お茶あります」の文字が・・・

喫茶店かな〜と思ったら、中国・台湾茶のお店でした。

昭和風の佇まいがほっとするわぁ・・・ε-(´∀`*)



 小梅茶荘さん。

中国出身だという女性が入れてくださったお茶とお菓子を頂いて、おしゃべりしている間に、体も心もぽっかぽか。

楽しいひとときでした。お名前はお伺いしていなかったのですが、ありがとうございました。

また、お邪魔させてもらいますね。



 店を出たら、猫が待っていた。外から通っている猫かな・・・?

030


 その後、偶然たどり着いた人形焼の「板倉屋」さん。

下町らしい雰囲気と、ほどよい賑わいにつられ、ふらふら〜っと入っちゃいました。

034


 店内で食べることもできますよ〜

私も1個、熱々の人形焼を食べました。美味しかった〜ヽ(´ー`)ノ おみやげも買ったよ〜



 えーーと・・・多分、七福神の誰か・・?

033


 ふと周りを見ると、あちこちに人形焼の看板が・・・

ちなみに、ドラマの第二話で出てきた人形焼は「重盛永信堂」というところらしい・・・

そういえば、でっかいビルの一階にそのようなとこがあったような・・・



 その後・・・巨大がんもが目に入って・・・

コレはなんじゃろ・・と店内を見ていたら、湯葉もあるし、豆腐の唐揚げもあるし・・・荷物になるのも忘れていろいろ買い込んじゃった。



 双葉というお豆腐やさん創業明治40年ですってよ〜

第五話でこの店の前で峯子と亜美(黒木メイサ)が話していたようですよ〜

002





これが、ジャンボがんも。

直径20センチぐらいあります。









004





味付き湯葉。

酒のつまみにもいいよ〜









051



こちらは、豆腐の唐揚げ。

食感は鶏のから揚げみたい

なんだけど、中身は豆腐。

普通の唐揚げより

美味しいかも・・・









 なんかすんごい荷物になっちゃったけど(でも、ホントは豆乳ドーナツも買いたかった)そのまま、日本橋の「麒麟の像」へ。

映画「麒麟の翼」では、ここの下で中井貴一さんが死んでるんでしょ?

私以外にも、たくさん写真撮ってる方たちがいたよ〜

あぁ〜早く映画見たいよう・・・((p’∀’q))

038


 そして・・・

おおおーーー!ここが日本橋三越か〜コレは多分、新館だよねぇ・・・( ´゚д゚)

043


 道なりに歩いて行くと、「ハゲタカ」のロケ地にもなった「マンダリンオリエンタル東京」が・・・



 ひえ〜(゚ロ゚」)」 にゃんとごりっぱな・・・

前日、一緒に飲んだ姉は「ハゲタカ廃人」なので、お仲間のみなさんと何度も訪れたことがあるそうな・・

「通りぬけてみっかい?」と誘われたけど、恐れ多くて・・・遠慮しました。

045


 なんか地図を見てても、位置関係がいまいちわからず、うろうろ同じ所歩きまわったり、店を出たらまったく違う方向に歩いちゃって逆戻りしたり(方向音痴なんで・・)・・・( ̄∀ ̄;)

無駄な動きが多かったけど、楽しかったなぁ〜



 3月にまた東京へ行くので、その時、回れなかったとこへ行ってみようと思ってます。

その2はその後に。


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:00|PermalinkComments(30)

2010年05月14日

富良野にて・・・

 古い話で恐縮ですが・・・

G.W.は、富良野へ行ってきました。

と言っても、娘が次の日、友達と回転すしに行く約束したってんで、

次の日の昼には帰ってこなきゃならないという急ぎ旅ですが・・・( ̄∀ ̄)

 もうちょっと足を伸ばせば旭川だから、旭山動物園にも行くかって

話も出たんですが時間もないしね・・・混んでるだろうし、あきらめましたわ。



 帯広からだと車で2時間かからないかな・・?

途中、あちこちの道の駅に寄ったりして、のんびり行きました。



 さて、北海道と言えば熊!

結構、どこにでも熊はいます。

北海道人には、めずらしくも何ともないんで、みんな素通りですが、

本州から来られた方とかは、よく一緒に写真撮ってるよね( *´艸`)



 これは、狩勝峠の道の駅の前にいる木彫りの熊。

こわっ!!

008


 こちらは、富良野の道の駅に居た剥製の熊さんたち・・・

まだ小熊さんだよね・・・・

010


 天気が良くて、気持のいい日でした。

でも、山にはまだ雪がこんもり・・・

富良野のホテルではスキーを楽しむお客さんもいましたョ。

011


 出た!スープカレーようかん!!

北海道の名物「スープカレー」と「ようかん」の夢のコラボ・・・(・∀-`;)

回りを見回しても、手に取っている猛者はいませんでした。

009


 楽しみにしていたのは麓郷にある「ジャムおばさんのジャム工房」。

以前、来た時にすごく楽しかったんで・・・

ジャムの種類がすごく多いんですが、試食用のパンもどっさり置いてくれてるので、

味見してから選べるんですョ。



 キャラクターのジャムおばさんは、やなせたかし先生がふらのジャム園さんのために

作ってくれたそうな・・・

013


014


 さて、ここにはお子様にとっては天国のような「アンパンマンショップ」が

あるのです。

で、親子連れ殺到・・・・到着するまでちょっと渋滞してましたわ〜



 で、その間に、家族で「バタコさん」について話合っておりました。

「バタコさんってさ〜ジャムおじさんとどういう関係なんだろうね・・」娘

「え〜〜、流れ者で、たまたまジャムおじさんと知り合って、パン工場で

働いてんじゃないの?」私

「え〜、私、娘だと思ってた」娘

「娘では、ないんじゃないの?」私

「じゃ、奥さんか?ずいぶん年離れてるべや・・」夫

「奥さんな訳ないじゃん!ジャムおじさんとバタコさんって、他人行儀なとこない?」私



「でもさ、ジャムおじさん、バタコさんのこと呼び捨てにしてなかった?」娘

「そう言えばそうだね・・・「バタコや・・」とか言ってたもんね。

じゃ、姪っ子とかかな〜?」私

「でも、何でおじさんと暮らしてんだ?親はどうしてんのよ?」夫

「さぁ〜〜絶縁状態なんじゃないの・・何等かの事情があってさ・・・」私



「じゃ、アンパンマンとバタコさんはどういう関係なんだ?」夫

「他人でしょ!工場で働く人と、そのパンでしょ?」私

「アンパンマンはさ、ちゃんと「バタコさん」って言ってたよね」娘

「アンパンマンが「バタコ!」とか言ってたらまずいだろ・・」夫

「オイ、バタコ、ちょっとパン焼けや!」私

「感じ悪いわ〜」娘



 結局、よくわかんなかった・・・(´∀`;)

アンパンマン公式ポータルサイト」で調べたら、

「バタコさん」・・「パンこうじょうで ジャムおじさんの おてつだいを している、

あかるい おんなのこ」だってョ

関係までは、わかりませんでした。



015


 店の前には、みんなの仲間たち、お馴染みのキャラクターの石像が並んでいて

一緒に写真を撮る親子連れがあちこちに・・・



 店内は非常に混みあっておりました。

でも、懐かしかったわ〜

娘が小さい頃は、アンパンマンにはお世話になったよ。

指人形みたいのもたくさん集めたし・・・

 今じゃ我が家の暗い納戸の中で、モールサンタたちと仲良くしていることでしょう・・・



 グッズの種類も多かったわ〜大人だって見てると楽しいよね。

娘はおにぎりを包むフィルムとか買ってました。



 しかし、こんなほのぼのワールドでも争いごとが・・・

20代と思われるお若いパパとママが、子供がまいごになったことで

お互いに責任を擦り付け合っておりました。

「アンタが連れてると思ったでしょ!」奥さん

「俺が連れてる訳ねぇだろ!おめぇ、何やってんだよ!」奥さんの頭バシッ!!



 (゚◇゚;)ひ〜〜!やめてくりぃ・・・他の子が怯えてるよぅ・・・

あと、子供が迷って中々決められないでいるのにキレてるお母さんとか・・・

怖かったよう・・・



 さて、富良野と言えば「オムカレー」なんだそうな・・夫の調べによると。

で、お勧めの「山香食堂」へ。

定食屋さんで、メニューも豊富です。

店内は活気があって、お客さんもいっぱい。

018


 これが「オムカレー」。

カレーはデミグラスソース系で、意外とスパイシー・・・

食べたことのない感じかも・・・

富良野名物「オムカレー」には、必ず、この旗が立ってるんだって・・・

富良野牛乳も付いてきます。

 結構ボリューミーだけど、娘も完食。

019


 次の日は、新しくできたという六花亭の富良野店へ行ってみました。

敷地も建物の中も広くて、贅沢に空間を使ってましたわ〜

023


 店の中から、広〜いオープンデッキに出られて、椅子がずら〜っと並んでるので

日向ぼっこをしながら、店内で買ったものを食べたりできます。

024


 前に広がっているのは、葡萄畑かね・・・

いろんな人が座って、和んでましたわ〜気持良かったよ〜

020


 どこに行っても、必ずソフトを食べる男の夫は、ここでも買ってました。

どうせなら、富良野限定の「ぶどうソフト」買えばいいのに・・・

025


 おみやげは、富良野の道の駅で買った「にわとり牧場」のプリン。

こってりしてて、とってもクリーミィ・・・だから、カラメルはあっさり味。

美味しかったわ〜

026


 今度はもっとゆっくりとあちこち回りたいな〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:32|PermalinkComments(10)

2006年10月30日

ちょいと糠平へ

 28日は娘の13回目の誕生日だったので、

前から温泉に一泊しようと計画を立てていました。


 だって、夏休みのあと国語の最初の授業で娘が作った俳句が・・

「夏休み 一歩も帯広 出なかった」ですよ〜(;´▽`A``

たまにはどっか連れてかないとね・・

でも、部活もあるし、仕事が終ってからなんで近場じゃなきゃだめなんで

糠平(車で50分ぐらい)に決めたのです。

 はっきり言って、糠平という所ははさびれた温泉場というイメージなんで

大した期待もなく行きました。


 でも、がんばってるな〜という印象を受けましたね。

家族だけとか、少数のお手伝いの人達だけで営業してるところも

けっこうあって、私達が泊まったのも20部屋しかない小さい旅館でした。

 ご近所さんもそんな感じで、息子さんや娘さんが、

代々続いている旅館と温泉場を何とか盛り上げよう、

活気つけようとがんばっているのががびしびし伝わってきましたね〜

それがとても気持ち良かったし・・また行こうかという気持ちになりました。


 旅館自体は改築を続けているみたいですが、

私達が泊まったのは昔ながらの和室だったんでそれはちょっとテンション下がりました。

 娘のテンションが下がったのもすぐわかったんで、

『ヤバイヤバイ・・、ヽ`(~д~*)、ヽ』

つーか、玄関にマスコット犬のすんごいでかい犬がいたのを見た時から

まず娘の表情が変わったんだけど・・・

『犬がいるとは・・・調べてなかったよ・・( ̄ー ̄;』

何か、ペット可の宿だったみたいで・・(それぐらいチェックしとけよ!ってね〜)

他にも犬連れのお客さんがいました。とほほ・・

 しかも、トイレが部屋になかったんですよ〜!

想定外だわ〜私トイレ近いんで、かなりめんどくさかったです。


 でも、館内はアンティークものというか昭和っぽい小物があちこちに

置いてあって、いい感じでしたね。

ただ、廊下がすんごい寒かった。真冬になったら廊下にも暖房入れるのかな?

果実酒














 廊下に置いてあった地元で取れた果実で作ったらしい

お酒とジュース。

夕食の時にこちらが選んだお酒を出してくれました。


 晩御飯は、糠平周辺で取れた山菜や野草を使った創作料理でした。

鹿肉や野草の天ぷらも出ました。

夕食

 私が外食に求めるのは、プロが見せてくれる驚きのようなものです。

そういう意味では、満足がいく内容ではありませんでしたが

お客さん一人一人を気遣う従業員の方たちの気持ちのいいサービスの

おかげで楽しい夕食になりました。

 気になったのは、長芋のスープ。 

長いものスープ

 娘のバースディケーキは帯広で買って、

娘を驚かそうと夕食の時に出して下さいと頼んでおきました。

 娘は「何か、お父さんの態度がわざとらしかったけどね・・」

と言ってましたが・・~(^◇^)/ 

ケーキ

 夕食前にちょっとドライブに行くと、

鹿さんがじーーーっとこっちを見てました。

わかりますか?

私は夫と娘に「シカ!シカ!」って言われてるのに5分ぐらいわかんなくて

さんざんののしられました・・

だって保護色みたいになってるんだも〜

しかさん

 トロッコに乗りました。

受付をしていたお兄ちゃんがすごい寒そうだったわ。

トロッコっていうと私は「インディー・ジョーンズ魔宮の伝説

を思い出すんだけど〜

こりは、誰か一人が犠牲になって(?)こいで進むというやつだったわ・・

変わりばんこに自転車をこいだんだけど、私がこぐと急にスピードダウン・・

トロッコ


 最近、市川崑監督の「金田一耕助シリーズ」を見直してるんで、

こういう寂しい風景を見ると、死体が浮いてきそうだわ〜

しかし、この男、風景を撮ろうとすると必ず入り込むな〜( ̄_ ̄ )。o0○

糠平湖



このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 14:16|PermalinkComments(16)

2006年09月03日

秋の風

 土・日と札幌方面へ行ってきました。
すっかり、秋の空・・涼しい風が気持ちいいです。
 とんぼもたくさん飛んでましたね〜
とんぼ
















 帰りに、穂別のキャンプ場を下見してきました。
広いわ〜!
川も流れていて、子供たちがが川遊びをしたり、どちょうを取ったりしていました。
キャンプ場2
















何もないのが気持ちいい〜!
キャンプ場
















3人で記念写真。
私の鞄がだら〜んと下がってるのが気になるわ〜
影

















ジンギスカン鍋
おみやげ屋で見つけた
ジンギスカン鍋のキーホルダー。
おみやげ在庫用に購入。




旅先で出会ったレストランの猫さん。
そんなとこで寝てるとあぶないよ〜
アンタ、誰かに似てるね・・・
出会った猫
















留守番ご苦労さん。
イカ焼きが気になるようで・・・
君に似てるけど、つつましく暮してる猫さんに会ったよ・・・
いやしんぼ猫

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 22:38|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

2005年10月10日

旭山動物園

 夫が旭川へ出張だったので、一緒について行って旭山動物園へ行ってきました。
今回で三度目ですが、何度行っても楽しい、それが旭山動物園です。
初めて行った3年ぐらい前は、今ほどのすごい人気ではなくて全国的に注目され始めた頃だったので、
それほど混んではいなかったのですが、いまでは旭山動物園を
見るために本州からのツアーのお客さんもかなりいるようで賑わっていました。

 この動物園の良さは動物達が生き生きとしていること(囚われの身であること変りはないのですが・・・)。TVの特集でインタビューに副園長さんが答えていましたが、
「動物園を作るというのは人間のエゴ。それならばせめて動物達が自然にいられるような環境を作ってあげたい」とおっしゃっていた通り、出来る限り広くあるがままに暮らせる様に考えられています。
 こう感じること自体エゴなのかもしれませんが、のびのびとしている動物達をみているのはうれしいです。
ユキヒョウお腹












 さて、これは何でしょう?
実はこれは、ユキヒョウのお腹なのです。
ユキヒョウは高いところでくつろぐ習性があるそうで、檻の中のかなり高いところに
棚みたいなところがあって、いつも(3回ともいつもここにいた)ここで寝ています。

 で、下から見上げるとあと1.5メートルぐらいのところに
網目からはみ出しているユキキョウの毛にゃみが見えるのです。
いつも、『う〜触りたい!もしくは棒でつつきたい!』と思うのですが
欲望を必死で抑えております。
ユキヒョウ二匹



二匹
いるんですよ〜
わかるかな〜?






一番人気は、やはりホッキョクグマ館でした。
クマのプールの中が厚いガラスでおおわれて見えるようになっています。
飛び込んだクマの毛の流れ、足の肉球、表情までがはっきり見えていつまで
見ていてもあきません。
 ホント、実際に見て欲しいです。 
ホッキョクグマ












ホッキョクグマ2


あんまりはっきり
写ってない
けどね〜







 園内には、動物達に関する詳しい説明やお知らせがかわいい絵入りで書かれていて、移動中も楽しませてくれます。順路を示すのも木で彫られた動物で
手作り感があふれています。
もと飼育員のあべ弘志さんの絵が基本になっていますが、
時期によって頻繁に書き換えているようです。
この園で働く人たちの動物達への愛情とさらに上をめざそうという心意気が伝わってきます。

 さて、これは猫饅頭ならぬ、きつね饅頭。
すっかり冬毛に生え変わってふっさふさ・・・うまぴょーー
狐饅頭











ペンギン


今日は秋晴れでした。
ペンギンも太陽の下で
うれしそう・・・





 また、行きたいっす。

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:03|PermalinkComments(5)

2005年05月05日

サロマ湖旅行  シゲチャンランド

6faa5383.jpg
 今回の旅行で私が一番楽しみに
していたのが、ここシゲチャンランドです。




 ここは、網走郡津別町にある私設美術館です。
大西重成(シゲチャン)という60近いおっちゃんが
1996年に北海道に移住と同時に創ったらしいです。

 拾ってきたものや、普通なら捨てるようなもの
(アイスクリームのスプーンとかビール瓶の蓋とか)を使って創った作品は、
へんてこでかわいい、おもしろいものばかり。
広い敷地のなかに右手、左手、耳、鼻、口、脳、骨と銘銘してある
小屋があって、そのなかに作品がおいてあります。
 中でもちいさなひょうたんを使って創ったおやじみたいな作品
には心惹かれました。
細かくて、ごちゃごちゃしていて、明るくて、ユニークな作品に囲まれているとわくわくしてきます。
 じみーな外観なので、あまり知られていないのかもしれませんが
行けば絶対楽しめると思います。

 ランド内に、頭にバンダナを巻いたおっさんが、
アーティストっぽい雰囲気のカップルと話していましたが、
多分あれがシゲチャンなのでしょう。
人のよさそうなおっちゃんに見えました。
私達もシゲチャンと語り合いたかったですが、
一家そろって人見知りなので、その勇気がなく
「あれがシゲチャンだね・・・」と遠くから確認しただけで去りました。

 でも、話しかけたら気軽にいろいろ教えてくれると思います。
ここは、他の人にも絶対薦めると思います。
また行きたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)