「怪奇恋愛作戦」

2015年03月28日

「怪奇恋愛作戦」 #12(最終話) 鬼神村と7人の生贄 後編

 「えっ・・・・?!Σ(|||▽||| )」夏美

 って、アンタ、またあのバスで到着した場面に戻ったちゃたよ。
懐中時計の呪いでしょうか。永久にタイムリープし続ける7人・・・?
考えるだけで疲れるわーー
逃げられりゃいいけど、いずれ村人たちに殺やれちゃうんじゃないのぉ・・・( ̄▼ ̄;)
ま、いっか・・・
HPはこちら 


 さて、槍で時計もろとも刺されて死んだ夏美(麻生久美子)だったが、
バスで鬼神村に到着した瞬間に戻っていた。
そしてまた始まる一日・・・
三階堂(仲村トオル)は村人にしつこく「精がでますね!」と叫び、
眠山(山西惇)は懐中時計を夏美にかけてくれ、
唄子(犬山イヌコ)は重たい米袋を持たせる。
そして冬(緒川たまき)と秋子(坂井真紀)は三階堂といい感じになるようアシストすると夏美に囁く。

「みんな・・・生きてるのよね・・・?
いきてるんでしょお、みんなあ〜?!・゚・(゚`Д´゚)・゚・
よがっっだああああーーー!!
」夏美
「生きてるわよねぇ?」冬
「生きてるわよ、死ぬほど!」秋子

 ほっとする夏美だが、眠山からあの時計がタイムリープ機能やら何やらがあるものだと聞き、これがあれば、みんなを助けられるかもしれないと思い付く。
んが、三階堂に没収されそうになりモミあっているうちに時計はどこの誰やらわからんトラックの荷台に乗って消えてしまった。

 夏美は宿に向かう道中、何度も「帰ろう」とか「このままじゃ殺される」と訴えたけど煩がられるだけで、誰ひとり聞いちゃくれない。抵抗虚しく宿に到着。

「鬼神村へようこそ。遠いところ・・」女将(高橋ひとみ)
「入っちゃダメよ!!人殺しなんだってば!」夏美
「ちょっと!」秋子
「オニババ!悪魔ーーー!!」
「すいません〜ん!」
「三日間お世話になります〜」

 みんな宿に入っちゃったわ〜
そして秋子は秋子を殺すことになる植木職人(鈴木浩介)と見つめ合っとる!


『ぁーーーーーーマズイ・・・・このままじゃ絶対マズイ』夏美心の叫び

怪奇恋愛作戦 Blu-ray BOXFallin’ Down(初回生産限定盤)(DVD付)ヴィーナス(完全生産限定盤)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:42|PermalinkComments(4)TrackBack(6)

2015年03月21日

「怪奇恋愛作戦」 #11 鬼神村と7人の生贄 前編

 にゃんということでしょう・・・みんな殺されちゃったわ〜( ̄▽ ̄;)アハハ…
そしていろんなアレがミックスされている今回のお話。
予想することは意味がないわね。
最終回、シュールにまとめてくれるのか、いつも通りバカバカしさ満載でいくのか。
あるいは「熱海の捜査官」ばりに煙に巻いてくれるのか、楽しみですわ〜
HPはこちら


 さて、応募していないのに当たった温泉旅行に三階堂(仲村トオル)から誘われドキドキの夏美(麻生久美子)。
そこは鬼神村というところで今年は80年に一度の祭りが行われるそうな。
温泉もあり「源泉垂れ流し」ですってよ(* ̄m ̄)

「行く!けど・・・やらしいことしないでよ」夏美
「しないよ!オマエにそんな事したって何の得もないだろう?誰も幸せにならないよ?」三階堂
「・・・・なら、いいけどぉ・・・」      
「よし、決まり!眠山さんも行きましょうよ!」三階堂
「えっ?!」夏美
「いいの?」眠山(山西惇)
「ええ!唄子さんもどうです?」
「もちろん行くわよ。あ、刑事さんもどお?」唄子(犬山イヌコ)
「あ、じゃあ俺も行きます!」
「えええーーー?!」夏美

 という訳でいつものメンバー、夏美、秋子(坂井真紀)、冬(緒川たまき)、三階堂、眠山、唄子、そして黴田(水澤紳吾)も入れた総勢7人で電車を乗り継ぎ4時間半かけて鬼神村へやってきました。
何でも当選の電話がかかって来た時に「必ず7名様でお越しください」ってキツク言われたらしい。

怪奇恋愛作戦 Blu-ray BOXFallin’ Down(初回生産限定盤)(DVD付)ヴィーナス(完全生産限定盤)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年03月14日

「怪奇恋愛作戦」 #10 乙女☆純情奇譚 〜恋とはどんなものかしら〜 後編

 さて、眠山(山西惇)から霞(真野恵里菜)戦時中に亡くなった幽霊で三階堂(仲村トオル)をあの世に連れて行こうとしていると聞いた夏美(麻生久美子)と萌香(今野鮎莉)は三階堂が入院している病院へダッシュ!

 病室に霞が居たんで彼女は幽霊だって教えたんだけど、
そのことはさっき聞いて三階堂的には何の問題もないらしい。
どうしても一緒に居てと言われ受け入れたんだとさ。


「夏美、お前知ってるだろう?俺が頼まれたら断れないの」
「何よソレ!」夏美
「お嬢様と三階堂様の邪魔はさせません。
次の満月に私達はあちらの世界へ行きます。
それまでは何があってもお二人を守ります!ぐおーー!」静子(木野花)
「三階堂!ダメよ!目を覚まして!」夏美
「だまれーー!!」

 キャッ!(ll´д゚ノ)ノ ばあやが悪鬼に変身。
掛け声とともに炎をバーーッっと送ると霞も三階堂も消えてしまいました。


 その後、霞が幽霊になってしまった理由を探るために眠山と冬(緒川たまき)は黴田(水澤紳吾)のいるお寺へ。霞の実家桐島家は代々この寺の檀家だったらしい。

 ファンキーな住職(ミッキー・カーチス)は最初個人情報がどうのとか言って情報を出し渋ったけど、銭を渡したらペラペラと漏らしました。
霧島家は江戸時代から続く旧家でここら辺じゃ一番の家だったそうな。
戦時中、一人娘の霞に縁談があり楽しみにしていたんだけど、お見合いの前日空襲で霧島家の人々は全員亡くなってしまった。

 その霞が見合いするはずだった相手の写真を見ると三階堂そっくり。
もしや生まれ変わりかご先祖様?


 その頃、拉致された三階堂もばあやから霞の事情を聞かされておった。

「お見合いを目前にお嬢様は恋することも愛することも知らずに亡くなられました。
それがあまりにも御不憫で。
せめてただ一度でも女としての幸せを感じていただきたかった。
それだけが心残りでした」ばあや
「・・・・だから成仏できずにいたと?」三階堂
「しかし、ついにお嬢様は三階堂様に巡り合われました。
これは運命なのです」

 軍服に着替えた三階堂に霞はうっとり。

「これからはずっと一緒。永遠に一緒です」
「うん」三階堂
HPはこちら

怪奇恋愛作戦 Blu-ray BOXFallin’ Down(初回生産限定盤)(DVD付)ヴィーナス(完全生産限定盤)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:02|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2015年03月07日

「怪奇恋愛作戦」 #9 乙女☆純情奇譚 〜恋とはどんなものかしら〜 前編

 「〜恋とはどんなものかしら〜」ってアンタ・・・
まずは、このサブサブタイトルにツッコんでおきましょうかね( ̄▽ ̄;)アハハ…
ケラさんもあのドラマ楽しみにしているのかしら〜?と思ったら、今回の脚本は田中眞一さん、演出は濱谷晃一さんでした。
HPはこちら


 さて容疑者オオカミ少年の供述を受けて遺体捜しに行った三階堂(仲村トオル)は熊に襲われ足を挫いた霧島霞(真野恵里菜)と出会った(その際「動物はみんな友達」と言って熊と話し合いに行くも普通に襲われ発砲する経過あり)。

 霞をお屋敷まで送り届けた三階堂はお礼にお手伝いの静子(木野花)が作ったエビ三昧の夕食を振舞われる。
で、静子の舞に飽きて寝てしまった三階堂を見つめながら、静子と霞は「ようございました。まさかこのようなお方が」と頷きあうのでした。
三階堂の知らぬ間に何やら恐ろしい計画が進んでいるようですョ〜

 まるで浦島太郎のように歓待されてすっかり霞の虜になってしまった三階堂は連日彼女とデートを繰り返すようになり夏美(麻生久美子)と萌香(今野鮎莉)は心穏やかじゃいられない。
今回、霞という共通の敵を得た夏美と萌香は一緒に釣りに行ったりしてたぞ。

 って、霞は20歳らしいが平成の文化・習慣に染まっておらず、何故か敵性語を使わない傾向があった。
ゾンビ→心のない体の腐った人
ポップコーン→とうもろこしの炒ったもの
映画→キネマ(あれ?)

 「面影」に来た時も「シベリア」なる明治時代に売られ始めた羊羹をカステラでサンドしたものを注文しとった。


 まぁ、このドラマには妖怪やもののけしか出てこないからね。
霞の住んでいるお屋敷は戦争中空襲に遭ったらしいから、念が残っているため成仏できずにいるのでしょうか。
ばあやとこんな会話をしてましたぞ。


「お嬢様、次の満月までが期限でございます」静子
「ええ、わかってるわ」霞

怪奇恋愛作戦 Blu-ray BOXFallin’ Down(初回生産限定盤)(DVD付)ヴィーナス(完全生産限定盤)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:38|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2015年03月01日

「怪奇恋愛作戦」 #8 悪魔ブイヨン 後編

 今回は今までの中で一番おもしろかったかも。
ちゃんと筋がありながら笑いとバカバカしさとの配合がちょうどいい感じだったし、
変な間や空気もいい感じでちりばめられていた。
すっきりきれいにまとまっていたような。
HPはこちら


 さて、悪魔ブイヨン(声・ピエール瀧)に操られた冬(緒川たまき)に首を絞められ中の夏美(麻生久美子)・・・
そこに「突然来てみた」唄子が入って来てほっとするも、一向に助けてくれず、
夏美に向かって「死んじゃうわよ。やめなさい」というばかり。
やっと絞めてる方に言わなきゃダメだと気付いても冬の目がピカッと光って操られ一緒に首を絞める始末。

 その後、忘れ物を取りにきた三階堂(仲村トオル)、ガス検診のおじさん、どんぶりを取りに来た蕎麦屋さんまで一緒になって夏美の首を絞めていたけど、さすがに死ぬだろ・・・ ゞ( ̄∇ ̄;)

 結局、眠山(山西惇)のアドバイスでみんなの集団催眠が解け、死なずに済んだようです。
なぜ悪魔ブイヨンが夏美のバンダナを欲しがったのかというと、アレがブイヨンを封じ込める封印の布だったそうな。
眠山が確認するとちゃんと『封印の布(ブイヨン用)』と貼ってあったぞ。

 その頃、九十九一人 (森岡龍)は冬に、あの布がないと魂を奪われると訴えておりました。
冬は仲間として指導するのでした。
「どうせ奪われるならあんなヤツにじゃなく芝居になさい」

 そう言われても魂取られるかどうかの瀬戸際だからね〜
で、冬ったら部屋中に殺虫剤をスプレーしとる。
「あの虫に聞かれたくないのよ!!」


「こんな時こそアレよ。『なにくそ精神』。
行くわよ。なにくその『な』〜」冬
投げ出さない!
なにくその『に』〜!
逃げ出さない!
「なにくその『く』〜!」
くさらない!
「なにくその『そ』〜!」
「何でしだっけ??」
「何だっけ??そらない」
「何をですか?蕎麦を食べ過ぎない?」
「大事なことだけど。そ・・・」
「そ・・・そ・・・・そ・・・」
そむかなーい!誰に?悪魔にだ」ブイヨン

 殺虫剤攻撃をする冬・・・・
でも逆に紫色のもわ〜んとしたのをふきかけられまた催眠状態に。
再び、封印の布を奪うミッションが与えられました。

怪奇恋愛作戦 Blu-ray BOXFallin’ Down(初回生産限定盤)(DVD付)ヴィーナス(完全生産限定盤)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月21日

「怪奇恋愛作戦」 #7 悪魔ブイヨン 前編

 今回は以前のテンポに戻っておもしろかったわ〜
バカバカしさ満載だったし〜ゲストのもったいない使い方もナイス。
HPはこちら


 夏美(麻生久美子)と三階堂(仲村トオル)は唄子(犬山イヌコ)から聞いた「世界最大規模のフリーマーケット」を見に公園に来たんだけど、出店しているのは唄子と手伝いの眠山さん(山西惇)だけだった。
で、萌香(今野鮎莉)へのプレゼントを探す三階堂に唄子は「死にたてのザリガニ」や「死んでだいーぶたったザリガニ」や「スラムダンク 第四巻8冊セット」を勧めるのだった。

 で、ふと気づくと隣で怪しげな爺さんも店を出しとる。
そこに出ている品は眠山の興味をそそるものばかり。
眠り山さん5点ほどお買い上げ。
「ブイヨンのランプ」とやらにも手を出そうとしたのに、これまた突然現れた女が300円で購入。
女は「このランプはとても恐ろしいものだ。買ってはいけません」という眠山の忠告を無視して行ってしまったわ〜

 この怪しげな爺さんの顔が何かとそっくり。
ロシアだかのマリオネット?なんだっけ〜?σ( ̄、 ̄=) どっかで見たんだけどな〜


 その頃、冬は唄子の店で買ったセーラー服を着て「レーダーマン」の撮影エキストラに自主的に参加していた。その不自然にでしゃばった演技は他の女子高生を凌駕する勢いに満ちており監督と助監督を苛立たせるのだった。
 そこで怪獣役なのに着ぐるみを着ないで演じる自信があると監督に訴えアレされていた昔の劇団にいた九十九 一人(森岡龍)に再会。
適当な会話をして別れたのだが・・・・

 冬と九十九のファッションが古着屋のネットショッピングで買えそうなアレで昭和ムードを醸し出してたわ〜

怪奇恋愛作戦 Blu-ray BOXFallin’ Down(初回生産限定盤)(DVD付)ヴィーナス(完全生産限定盤)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年02月14日

「怪奇恋愛作戦」 #6 闇夜の少年 後編

 秋子とヴァンパイアの少年の切ない恋の物語・・・
彼は秋子と朝を過ごした後消滅してしまったのかしら・・
それとも、どこかでひっそりと生きているのかしら・・
我孫子が死んだのだけは確かだな( ̄▽ ̄)
HPはこちら


 夏美(麻生久美子)とケンカした翌日、育朗(松井健太)の退学届を見つけた秋子(坂井真紀)は彼の住んでいるアパートへ行ってみたんだけど、そこで待っていたミナ(荻野目慶子)に睡眠薬を飲まされ、血を抜かれてしまう。

 こえーーーー普通に荻野目さんの顔が怖いーーー!ε=(`д´;ノ)ノ

 ミナは獲物としての秋子を再確認させるために抜き取った血を育朗に飲ませようとするも、育朗は拒否。
「先生は違う。餌なんかじゃない!」

 その言葉に逆上したミナは手首を切り、自分の血を飲ませようとするんだけど、これまた育朗は拒否。
出血したミナを置いて秋子と出奔してしまいました。

 実は育朗とミナが住んでいたのは黴田(水澤紳吾)のアパートの向かえ。
三階堂(仲村トオル)と悲別(大倉孝二)に職質された際、萌香を襲ったヴァンパイア(ミナ)の似顔絵を見た黴田が教えてくれたぞ。
なぜ事件はいつも黴田のそばで起こっているんだ〜?!


 で、アパートに行ってみたらミナが血だらけで倒れていた。
ミナは一連の吸血殺人の罪を告白し逮捕され、連続吸血鬼殺人事件は終結したことになった。
その後、拘置所のミナは真夜中現れた育朗(吸血鬼って壁も通り抜けられるの?)にカプッと腕を噛まれ
血を抜かれて死んでしまった。

 幼い頃、大好きだった育朗お兄ちゃんの手を掴んで、一緒に生きてきたミナ・・・
その愛を全うしたとも言えるのだがーーーとにかく荻野目さんのビジュアルが生々しくて怖くてーー
ミナのラブストーリーに入り込めなかったわーーー( ̄▽ ̄;)アハハ…


怪奇恋愛作戦 Blu-ray BOXFallin’ Down(初回生産限定盤)(DVD付)ヴィーナス(完全生産限定盤)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年02月07日

「怪奇恋愛作戦」 #5 闇夜の少年 前編

 どこか懐かしい、NHK少年ドラマシリーズのかほりが・・・
今回のあやかしはヴァンパイア。
永遠の時を生きる少年の悲しみがそこはかとなく感じられましたわ〜
HPはこちら


『揺木秋子さん、38歳。定時制高校夜間部で音楽教師をしております。
変わり映えのない退屈な日常。
秋子さんはそんな毎日を変えてくれる何かを
心のどこかでずっと待っていたのでございます。
そう・・・自分でも気づかないうちに・・・』語り部(池谷のぶえ)


 音楽の授業中、『憾(うらみ)』(ぶっそうなタイトルじゃのうと思ったけど、これは憎しみとかではなく心残りや未練、無念な思いを意味する言葉らしい)を紹介し
滝廉太郎愛を語る秋子(坂井真紀)に熱視線を向ける少年が・・・
教え子の神楽育朗君(松井健太)でございます。
髪を昭和風にすっきりと7:3に分けた涼しげな甘いマスクデスヨ〜

 さて、執拗にすっぽん屋に誘う同僚の安孫子(森田ガンツ)から逃げるように職員室を出た秋子はピアノの音に導かれ音楽室へ。
弾いていたのは育朗君。すばらしい演奏に感動した秋子が拍手すると
「コレ、滝廉太郎に教わったんです。さっき久し振りに聞いたら懐かしくなって。
先生みたいな素敵な人に好かれて、彼もきっと喜んでいるだろうな」

ええっ?!からかうのよしてよ!
あたしなんて全然ダメ!今までいいことなんてひとっつも無かったし、
変な人ばっかし寄ってくるしさぁ!
このままこうやって終わっていくだけのつまらない人生!


 秋子、ぶっちゃけすぎだよ! ゞ( ̄∇ ̄;)溜まってるのかい?
でもポジティブシンキングなのか育朗は
「かよわいんですね、先生」と微笑みましたぞ。


 こんなかわいい子にそんな事言われたら、そりゃ魂持ってかれるさ。
秋子は面影で一人、ぽわ〜ん・・・・・・・と初恋顔。
そしてそんな秋子にぽわ〜んの悲別(大倉孝二)。
唄子(犬山イヌコ)に「秋子はあきらめろ」と言われ、奮起して結婚を申しこもうとするも
育朗が現れ、手を激しくはねのけられてしまいましたとさ。

 育朗ったら、秋子の手を握り
「僕がついてるから。先生は僕が守ります(*^-^)ニコ」だってよーーーー!!
「*ドキューン【愛】*。◇。) 」秋子
「えええええええ〜〜〜〜!
(*/▽))(*/▽))(*/▽))」
夏美・冬・唄子
「クソがきが・・・!ぶち込んでやる!」
銃を握り弾丸を装填しはじめる悲別・・・刑事のモラルはどうなっているのでしょうか〜
「ナニ?この展開?!」夏美(麻生久美子)
「禁断の恋ってヤツ?!」冬(緒川たまき)
「素敵ね!若さって!フフ」唄子( 犬山イヌコ)

 記念の写真を撮ろうとする唄子の前で照れまくりの秋子だけど、
テンションかなり上がってますぞ。

 秋子よ〜この前も学生さんたちに純真な心を弄ばれたばかりなのに・・・
懲りないわね。
でも、今回のお相手はマジのようです。


怪奇恋愛作戦 Blu-ray BOXFallin’ Down(初回生産限定盤)(DVD付)ヴィーナス(完全生産限定盤)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年01月31日

「怪奇恋愛作戦」 #4 妖怪年食い 後編

 妖怪年食いに掴まって輪っかの中に閉じ込められた冬(緒川たまき)は
明日、愛媛県で流れる角砂糖のCMオーディションがあるから
とっとと解放するよう伝えましたぞ。
相変わらずなマイペースな対応に苛立ちを募らせる年食い・・・

 でも妖怪としてのパワーは持ってますんでね・・・
掛け声をかけると、冬の口からオタマジャクシみたいな寿命玉がぽわわ〜〜ん・・・・
コレを食べられると老けちゃうのね。


 んが、出て行った寿命玉を握って離さない冬・・・
「離せ!離すんです!離すんだよ!なんて女だ?!」
さらに年食いの口の中に手を突っ込んで今まで食べた寿命玉を頂こうと・・・
「良かったら少し分けていただけませんか?」
「何を?!」
「ですから、年?と申しますか若さ?お腹の中にあるんですよね?たっぷり」
「そんな危険な思想を持った女はアンタが初めてだよ!」
「ちょっとだけ・・・ちょっとだけ」

 身を守ろうとした年食いが冬を振り払ったら、海の中に落ちちゃった・・・
冬のせいで年食い、オエッとなってるかしら〜?( ̄▽ ̄;)
ドラマHPはこちら


 そのころ『喫茶面影』では三階堂(仲村トオル)立ち会いの元、みどりちゃんと思われるおばあちゃん(銀粉蝶)を連れてきた夏美(麻生久美子)がみどりちゃんと確認するために尋問をしていたが、質問自体がとんちんかんなため無駄に時間が過ぎていた。

 翌日、川で釣りをしていた黴田(水澤紳吾)が電話でこっぴどく女にフラれ、小便と共に憂いを流そうとしていると、冬が流れてきた。
冬のことはキモイと思っていても見捨てるほど非常な男ではないので助けてあげるのでした。

 目が覚めて、黴田から『濁流にのまれそう』になりながらも『決死の覚悟』で川から救ってあげたと聞き、運命を感じる冬・・・

「相変わらずキモチ悪いね、君」黴田
「はい?」冬
「何でもないよ。・・・・・・キスでもするか」
「え?
「キスだよ。するならする。しないならしない!」
で、キスを待つ冬だったのですが、峰医師(萩原聖人)が来たんで中止。

 そう、ここはあの年食い院長がいる三千歳病院・・・
気付いた冬は怯えて逃げようとするが、院長に見つかり病室に戻り72歳のフリをするのでした。そして・・・

「退院したらディズニーシー行くか?」黴田
「・・・・・・」冬
「行くのか行かないのか?!」

 この黴田さん役の妙な雰囲気の人・・・ガダルカナル・タカをすっきりさせたような顔なんだけど、緒川たまきさんとの絶妙の釣り合わなさ加減がいいわね〜
プロフィール見たら意外といい男じゃないですか。
入江悠監督作品の常連俳優だそうな。え〜「サイタマノラッパー」見直したくなったぞ。


怪奇恋愛作戦 Blu-ray BOXFallin’ Down(初回生産限定盤)(DVD付)ヴィーナス(完全生産限定盤)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:57|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2015年01月24日

「怪奇恋愛作戦」 #3 妖怪年食い 前編

 「妖怪年食い」・・・・年を食べてくれるなら、いい妖怪じゃ・・・?( ・◇・)
と思ったら、寿命を頂いちゃう的な?
てか、「妖怪年食い」を演じていた毬谷友子さん自身、年を食われてしまったような印象が・・・ ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ!
HPはこちら〜


 さて、今回の巡査A(岩崎う大)とB(槙尾ユウスケ)は怖い話をしながらパトロール中。
ベタな脅かしをしながら舞台となる「三千歳病院」まで来ましたョ〜

 ろくでもない病気で秋子(坂井真紀)が入院していることが語り部のおばさん(池谷のぶえ)により語られます。
夜中・・・同室のそれなりの病気で入院しているミドリちゃん(中山絵梨奈)が何者かの声に呼ばれ起き上がる。
一緒に起きちゃった秋子を伴い、トイレへ。

 おしっこをしたくない秋子はトイレの外で待ちながらちょいホの字の峰先生(萩原聖人)に一生懸命自己アピール。
でも峰先生は上の空。なんだか気になっていることがあるようです。

 中に入ったミドリちゃんをなまはげふうな妖怪が待っていた。
その妖怪に睨まれるとミドリちゃんの口からエクトプラズムみたいのがぽわ〜ん・・・・
なんか大昔、「ウルトラQ」的な番組で見たような・・・そもそも「怪奇大作戦」は見た覚えがないんだよな〜
一気に老けてしまったミドリ(銀粉蝶)はそのまま徘徊?
年取られちゃうとボケちゃうのかしら〜?( ̄▽ ̄;)


 この妖怪は実は院長で、峰先生も了解していた。
院長は若い娘を見つけては年を頂戴していたようです。

 秋子は突然消えたミドリちゃんのことを見舞に来た夏美(麻生久美子)と三階堂(仲村トオル)に相談したんだけど、無邪気な三階堂はどら焼きとお茶に夢中で適当に答えるばかり。
院長(毬谷友子)は退院したっていうけど、家族も捜してたし何か変・・・・

 てか、三階堂が美魔女的な院長にニヤけた笑顔を見せたばかりにジェラシーメラメラの夏美はプンスカ村の村長さんになってしまったぞ。
玄関前でケンカをしていたら、秋子狙いの悲別(大倉孝二)が見舞いに来たので三階堂はどこまでも無邪気に健闘を祈るのでした。

 私はかわいげのある無邪気なバカに弱いのだが、今季のベスト・オブ・バカは仲村トオルかしら〜?(* ̄┏Д┓ ̄*) 愛い奴よのぅ・・・

怪奇恋愛作戦 (小学館文庫)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2015年01月17日

「怪奇恋愛作戦」 #2 21世紀のフランケンシュタイン 後編

 さて、夏美(麻生久美子)が怪人に拉致されたとも知らず三階堂(仲村トオル)は萌香(今野鮎莉)とデート中。
でも、萌香は三階堂推薦のハエが元気に飛び回るきたな美味い店が気に入らなかったようです。
店主はもちろんラーメンに両指入れてるし(「熱くない?すごいな!」と感心する三階堂)、萌香の顔を見たいっていう悲別(大倉孝二)付きだし、悲別報告によると便所にでっかいナメクジがいるし(店主によると飼ってないけどユキオという名らしい)。

 さらにジェラシー混じりに萌香が夏美のことを罵倒すると同意するかと思いきや、怒り出し店を出て行ってしまった。
「はぁ・・・・わかんない・・」萌香
「わっかんないっスよ」悲別


 その頃、廻博士(小澤征悦)の屋敷に囚われている夏美は怪人(赤堀雅秋)から同じく掴まっているおばちゃん(星野知美)の脳みそを夏美に入れ替えると聞き怯えていた。
実は怪人も別の人間の脳を入れ替えられた存在だそうな。

「この体・・・僕の体じゃない。いろいろ思い出とれちゃった・・・
だがしかし、しかしもかかしも、脳みそが僕ならこれは僕だ!
違う?!違わないっ!!


 そして、怪人の思い出帳からなぜか冬(緒川たまき)の写真が出てきたのを夏美は見逃さなかった。
どうやら学生の頃の怪人の思い人だったらしい。
その写真を奪ったおばちゃんを怪人はボッコボコにしていたぞ。

 そんな話をしていたらグッドタイミングで冬から電話がきたんだけど、縛られて出られない夏美の代わりに
怪人が出ちゃったわ〜

「あああ〜〜〜来て〜〜!!」夏美
「おおおおおお〜〜〜!!」怪人
「きてえーーーー!!」
「おおおおおーーー!」


 夏美が「親友が助けにくる」と話すと怪人は目を輝かせております。
でも、冬は夏美と怪人の声を行為中と思いこみ、すぐに秋子(坂井真紀)に電話して二人で衝撃と怒りを噛みしめるのでした。
夏美も普通に「助けて〜!」って言ぃや〜いいものを( ̄▽ ̄;)
もちろん助けに行く訳もなく放置ね。
HPはこちら

怪奇恋愛作戦 (小学館文庫)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:47|PermalinkComments(2)TrackBack(2)

2015年01月10日

「怪奇恋愛作戦」 #1 21世紀のフランケンシュタイン 前編

 いや〜なんてすっとんきょうなドラマなのでしょう。
完全に私の好みよ〜ヽ( ´3`)ノ
わざとらしいB級感もイイネ!
でも、こういうドラマって書きづらいのよね〜
だから迷っているけど、とりあえず今回は書くぞ。
HPはこちら


 さて、死刑執行されたはずの男(赤堀雅秋)が宝石店を襲う怪事件が発生する。
異変を感じ巡査A(岩崎う大)とB(横尾ユウスケ)が現場にかけつけるが、
怪力ゾンビのような男に殺されそうになり、発砲するもへのカッパ。
まんまと逃げられてしまう。


 この巡査二人のお茶とお茶を飲んでいないのにお茶の吹き出し合戦に笑ったぞ。
この二人はレギュラーらしいから、毎回こうやって小コントを見せてくれるわけやね。


 刑事の三階堂(仲村トオル)と悲別(大倉孝二)は死刑囚の死体が消えた事件を追っている。
宝石店襲撃犯人は死刑囚と似ているってだけで、まだ断定はされていないよ。

 では、メインのアラフォー娘3人の紹介。
消崎夏美(麻生久美子)37歳。
カフェのオーナーになるのが夢で、居抜きの良物件を見つけたことからコツコツ貯めた金で即契約。
会社を辞め、オープン準備を始めようとしたら、仲介した不動産屋の金持ち逃げ発覚。

 自分が買ったはずの場所では唄子(犬山イヌ子)という年齢不詳ふうの女性が「喫茶面影」を開店させており、
ショックを受ける夏美に全く同情せず、バイトの面接に来た年増と勘違いし「若い子じゃなきゃダメ」と告げ
さらに奈落の底に落とす。

 疲れ切って帰宅すると一緒に暮らしていた恋人・竜太が部屋の家財道具すべてを持ち出し消えていた。
残った段ボールは二つ。その一つに「お元気で 竜太」と書いてありましたとさ。

 一気に金も仕事も恋人も未来も失ってしまった夏美は失意の底へ・・・
そんな夏美に靴下がいっぱい詰まった使い古しの冷蔵庫をめぐんでくれる三階堂とお手伝いの悲別。
三階堂と夏美は幼馴染なんだってよ。


 いや〜麻生久美子さんはいつでもフレッシュ。
どんなにひどい目に遭っても痛々しくならないから、安心して地獄に突き落としてあげてね。今回もあっけらかんとした魅力がはじけてるわ〜
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(2)