「ST 赤と白の捜査ファイル」

2014年09月18日

「ST 赤と白の捜査ファイル」 第10話(最終話) シリーズ最大の難事件 モモタロウの謎今夜完結!黒幕の正体は?

 それぞれの見せ場があって現在進行形で成長しているメンバー達の姿がきっちり描かれたし、捜査一課との連携もバッチリで犯人達を追い詰めることができた、いい最終回だったんじゃないですか〜
そしてドラマはドラマで終結し、なおかつ映画へとうまく繋いだと思います。
でも、こういうのってドラマ終わってすぐぐらいに公開してくれないと、中身忘れちゃうよね〜
( ̄▽ ̄;)私だけか?
HPはこちら

 捜査会議では「モモタロウ殺人事件」の犯人グループの情報が整理され赤城(藤原竜也)から報告されました。

「今回の事件の犯人は複数ヤツらはグループで行動しルールに のっとった犯行を繰り返す。
ルールその1。被害者を拉致した現場にひと筆描きの五芒星といわれるマークを残す。
ルールその2。殺人の実行犯は いつも違う。
犯人は1人につき被害者1人を絞殺している。
グループ全員が殺人の実行犯になる仕組みだ。

ルールその3。殺害後被害者の背中に「モモタロウ」の字を刻み遺体を捨てる。
このことから分かるのは 犯人達は一つの思想で まとまってること。それは世直しだ。
第一の被害者 倉地久則は体育教師で体罰で生徒を死なせたが高校が認めず おとがめなし。
第二の被害者 泉田マチ子は詐欺まがいの手口で美容商品を売りつけ消費者から訴えられたが裁判で勝訴。
第三の被害者 畑山録太郎は時効となった殺人事件の犯人だったと告白した本を出版し大もうけした。
いずれも世間的には悪人だとされる連中だ。

犯人グループは桃太郎の鬼退治よろしく悪人を成敗する。
警察も法律も 無視した処刑だ。
そして、ルールその4だ。ヤツらは遺体を遺棄した現場に次なる遺体遺棄現場を示唆する物証をわざと残す。

これは何を意味するか。バカ愚かな警察に対する挑発だ。
俺が散々お前達に言って来たことだ。
しかし、誰一人反省しないからこんな事態になるんだ。
恥を知れ!恥を知れ!恥を
」赤城

「これが言いたくてお行儀良くしてたんだ(-。−;)」百合根(岡田将生)
「お前らの前で話しすると疲れるわ。帰る」赤城
「仕事終わりぃ〜お疲れ〜」青山(志田未来)

 他のSTメンバーも同じアレだったようで・・・・(´∀`;)途中退席。
あとはミスター百合根が引き継ぎましたとさ。

 その後、四人目の犠牲者、コガネイホールディングスというレストランチェーンのトップ・小金井誠さんが遺体で見つかった。
5人目の被害者のヒントとして置いてあったのは日本地図。
赤城は青山に犯人グループのプロファイリングをさせましたぞ。

ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:58|PermalinkComments(6)TrackBack(10)

2014年09月11日

「ST 赤と白の捜査ファイル」 第9話 いよいよ大詰め シリーズ最大の難事件にST絶体絶命・モモタロウの謎を解け!

 さて、毎回カウンターの中で地味にグラスを磨きながら、ちょいといいセリフをつぶやいてきた三枝(渡部篤郎)が店を閉めて活動開始。
今週と来週はフェスタ・三枝な訳だが・・・
このような活動をするとラストは、たいてい・・・・(ノω・、) ウゥ・・・
三枝は映画には出してもらえないのか?それだけが心配です。
HPはこちら


 お話は百合根(岡田将生)の突然の出世と異動から始まります。
思えば、これもSTを解体するためのアレだったようですが・・・
松戸(瀬戸朝香)から、赤城(藤原竜也)同席のもと百合根はSTのキャップを外れることが告げられました。
STの功績が認められ異例の抜擢で警察庁刑事局特殊犯罪対策室の室長になるんだと〜。後任には、にゃんと池田(林遣都)が!

「承知した。非常に いい知らせだ。
それよりも 事件をよこせ!退屈極まりない」赤城

 この冷静な対応は百合根にかなりのショックを与えたようで、翌日になっても怒っております。
「何なんだ!あいつは!僕がこれまで どれだけ世話を焼いて来たと思ってる!
僕がいなけりゃ何もできないくせに。いつもはどんな命令だって無視するくせに!
こんな時だけ・・・『承知した。非常にいい知らせだ』
いいかげんにしろよ!
僕が どれだけ STに懸けて来たと思ってるんだ!


 って、メンバーもいるのに・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…
ホントは三枝のカフェでグチりたかったんだけど、閉店していなくなっちゃったからね


 他のメンバーもキャップ離脱に全く動じず・・・
山吹(三宅弘城)など「現世では大変お世話になりました」と、二度と会わない体に。
でも、実はそれぞれ内心複雑だったようよ。

「『本当は かなりショックだ。なのにショックだとは言いたくない。
寂しくつらい気持ちを率先して告白する勇気がない』」青山(志田未来)
「仲間をプロファイリングするのはルール違反です」山吹
「青山ちゃんは?」結城(芦名星)
「・・・・赤城さんも僕らと同じ気持ちなのかな?」青山

 実は赤城は百合根と別れた後、黒崎(窪田正孝)を呼び出して相談したらしい。
「お前は 余計なことは言わない。だから話す」

 あくまで『俺が子供の頃に同じクラスだった知り合いの話』として、
親友が引っ越すことになり、別れがあまりにも辛いため、転校が判明した時点から無視して友達づきあいを遮断、そのまま二度と会わなかったが、この決断は間違っていなかったかを尋ねました。

『赤城さんの決断は間違ってない』
「よし!そうだな、よし!いや、待て待て待て待て 待て待て。
これは俺の話ではない。俺の子供の頃の同じクラスの知り合いの話だ。
コレ、さっきも言ったろ?な?そうか・・・分かった。ありがとな」
『永遠に続く日常なんてない・・・絶交しといたほうがいいな』


 あまりにも赤城らしいエピソード(* ̄m ̄)プッ
そして、今回も同じ感じでいくことにしたようです。
すぐに百合根の着信をブロックする設定をしておりました。
呼び名もキャップからミスターに変更。
こうやって別れの辛さに耐えているようです。


「絶交って・・・気持ちいいほど極端だ」青山
「私、考えてみたんですが、今回の人事はキャップがSTを卒業するのではなく
私達がキャップから卒業するためのものかもしれないと」山吹
「そろそろそういう時期なのかしら・・」結城
「永遠に一緒なんてあり得ないもんね」青山
「ああ」黒崎

 なんか「ああ」ってセリフだけも、話すのかしらどうかしらとドキドキ・・・
そしてテンション上がるーー
今回は、黒崎、普通にセリフ多いぞ!ヾ(〃^∇^)ノ♪

ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:15|PermalinkComments(6)TrackBack(7)

2014年09月04日

「ST 赤と白の捜査ファイル」 第8話 母の悲しみが奏でる死の子守唄・天才赤城左門 VS 犯罪心理学の権威究極の対決!

 なぜか菊川役の田中哲司さんが途中離脱。大人の事情でしょうか〜?
それとも最終回で活躍するための伏線??
どちらにしろさみしいわ〜
桃子(柴本幸)だってまだまだ修行中ですのに〜
HPはこちら

 さて、今回は最終回への導入となるような事件でしょうか・・・
二人の男がスタンガンで感電したところを縄で絞殺され発見された。
一人目は7年前の17歳だった時、酔っていちゃもんをつけた末に大崎啓介という青年に暴行し死に至らしめた田所順(金井俊太郎)。未成年であるため刑事裁判では裁かれず、親が学校の教師で家庭での更生が可能だとしておよそ1年で少年院を出ていた。

 もう一人は4年前、当時18歳だった新島優名をストーキングし殺害した容疑を掛けられた小林栄太(藤波将)。ストーカーの事実はあったが殺害に関しては状況証拠のみだったため不起訴となっていた。

 こういう場合疑われるのはかつての被害者遺族。
早速、大崎啓介の母親・佳子(宮地雅子)(離婚した夫は海外出張中)、新島優名の母親・新島春名(高橋ひとみ)、夫で犯罪心理学の教授・新島泰弘(西岡馬)に事情聴取。

 んが佳子は田所への恨みを口にするも、田所が殺害された時間にはパート先の食品工場にいた。
春名も娘が殺された傷は癒えていなかったが、小林殺害時刻に友人と実家に電話をかけていた。
泰弘は大学で一人で仕事をしていたため証人がいなかったが、冷静に対応。

 3人とも赤城(藤原竜也)のぐいぐい踏み込む鋭い質問にも動揺を見せず、青山(志田未来)と結城(芦名星)嘘発見チェックもクリア。
でも、3人には動機がある。(てか動機があるのは3人だけ)田所と小林の殺され方の微妙な違いから赤城は交換殺人を疑うが佳子と春名の間に面識はなく接点が見つからなかった。

ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:38|PermalinkComments(2)TrackBack(7)

2014年08月21日

「ST 赤と白の捜査ファイル」 第6話 女医監禁の裏に医療ミスの秘密!天才赤城左門の秘められた過去が今夜明らかに

 今回は「赤城左門、過去と対決す!の巻」
HPはこちら

 女性が監禁されている映像が警視庁に送りつけられた。
犯人の要求は「48時間以内に武藤嘉和の死の真相を明らかにせよ。さもなければこの女を断罪に処す」。
しかし3時間経っても「武藤嘉和」についても、この女性についても何も掴めていなかった。

「女はその服装から医療従事者であることは一目瞭然だ」赤城(藤原竜也)
「そんなこたぁわかってるんだよ!医療従事者って言ったって、医師、看護師、薬剤師、ほ、他にもいるだろう?!」菊川(田中哲司)

 赤城は映像の中の女性の左手に「5N ルンバール」と書いてあるのを指摘。
「5N=5階北病棟 ルンバール=腰椎穿刺=髄液を採取する処置で実地できるのは医師のみ。故に彼女は医師」と解説。さらに年齢から研修医。
さらにさらに、彼女の額に表れた皴の形状は恐怖はあるが驚きはないことを示しているから、自分が拉致される状況や犯人側の動機には納得している。

 「武藤嘉和の死」は医療事故、医療過誤の類によるもの。
誘拐、脅迫という最終手段に至るにはそれなりの過程があったと考えられる。
武藤嘉和の関係者が医療訴訟を起こしている可能性が高い。
それも一年以上前で原告が敗訴している。
犯人は病院側にも同じ映像を送っているはずだが、病院側はその事実を警察に届けていない。
隠蔽せねばならない理由、後ろめたさがあるから。

 女性を特定できる材料が揃いましたぞ。

「哀れな女だ。医療の道なんて目指すからこんなことに巻き込まれるんだ」赤城
「赤城さんだって医者じゃないですか」百合根(岡田将生)
「・・・・・・・・・この哀れな女を死なせるな」
「はい!」

 ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!いい返事だ。
赤城が推理を繰り広げている間の百合根と菊川の反応の違いが楽しいったらありゃしない。
調べにより赤城の推論が正しいと照明され百合根は大喜び。
赤城は「当然のことにいちいち驚くな」とクールに流そうとしていたけど、顔に得意線が入ったのをわたしゃ見逃さなかったぞ。


ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:13|PermalinkComments(2)TrackBack(5)

2014年08月14日

「ST 赤と白の捜査ファイル」 第5話 真夏の夜の心霊スポットの謎・暗闇に美女の悲鳴が響く!証人全員の嘘を暴け!

 今回は「菊川、赤城にほえ面かかされる!の巻」
そして容疑者たちの嘘と共にSTメンバーの嘘も描かれました。
HPはこちら


 今回、殺されたのは心霊番組のプロデューサー・細田康夫。
ちょうど細田が作っていた霊能力者・安達春輔シリーズを青山(志田未来)が見ていたところに連絡が入ったもんだから、青山のテンション上がる上がる・・(* ̄m ̄)プッ

 現場は安達春輔シリーズの新作を撮影中だったのMSの一室。
細田は部屋の真ん中にうつ伏せで倒れており、首の骨が折れていた。
第一発見者は同じ オクトパスプロのAD・戸川一郎。朝の5時にカメラのテープを回収に来て遺体を発見したそうな。

 傍に脚立があったことから、菊川(田中哲司)は照明用の脚立から落ちたと主張。
ご近所への聞き込みでも言い争う声を聴いた者がいなかったことから事故死と断定。
照明係でもないディレクターの細田が上る訳ないし、酒は飲んでいたが酩酊するほどでもなかったし、倒れ方も脚立から落ちた訳でもないことを現しているから事故ではないと主張する赤城(藤原竜也)声を聞かなかったもんだから、赤城は「あとでほえ面かくなよ!」と言い放ち、ほえ面かかせることに執念を燃やすのでした。

 撮影クルーはプロデューサーの細田、ディレクターの千葉、ADの戸川と上原、
タレントの水木優子(逢沢りな)、霊能者の安達春輔(坂田マサノブ)の6人。
昨夜の撮影中に細田と千葉が番組方針のことでモメだし、千葉は水木優子を連れて打ち上げに行ってしまった。
細田と千葉のケンカはよくあることらしい。

ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:41|PermalinkComments(4)TrackBack(7)

2014年08月07日

「ST 赤と白の捜査ファイル」 第4話 謎の集団自殺に隠された欲望の罠・哀しい男と女の悲劇を天才赤城左門が解く!

 今回は宗教がらみの事件ってことで山吹さん(三宅弘城)が大きな役割を果たしました。
いつも通り控えめながら、きっちり仕事をやり遂げ、ラストには意外な一面も見せてくれましたョ〜。
HPはこちら


 あるMSの一室で男2名女2名の死体が見つかった。
室内には七輪を焚いた痕があり、窓にはガムテープで目張り、郵便受けにはタオルが詰めてあったため菊川(田中哲司)は集団自殺の線で捜査開始。

 んが赤城の見立ては違った。
死因は一酸化炭素中毒で間違いないが、目張りの貼り方が慌てているように雑だったこと、使われたガムテープの残りが部屋にないこと、ガムテープやサッシに指紋が残っていないことから他殺、あるいは自殺ほう助の可能性が高いと。

 現場の動画を見た青山(志田未来)も他殺を主張。
遺書がなかったことと、生活感のない部屋の不自然さも指摘。
赤城も4人が携帯電話を持っていなかったことをあげた。
現場に残っていた匂いから黒崎(窪田正孝)が催眠効果があると言われているシダールというお香が焚かれていたことも確認。匂いだけでお香が残っていないのも変・・・

 STの結論としては「何者かが睡眠薬代わりにお香をたき、4人が眠ってから一酸化炭素中毒による集団自殺に見せ掛け殺した」というもので所轄の『集団自殺』という考えとは真っ向から対立。
松戸理事官(瀬戸朝香)は、その主張を裏付ける証拠を速やかに提出するよう百合根(岡田将生)に命令。
間に立った池田管理官(林遣都)が追い込まれることになりましたわ〜。

 その後、桃子(柴本幸)の調べで部屋の持ち主は宗教法人 苦楽苑の教祖・阿久津昇観(松田悟志)で、亡くなった4人は信者だったことが判明。
百合根と赤城と山吹という珍しいメンバーで聞き込みに行った結果、使われた部屋は阿久津が別院を作るために購入したもので、鍵を持っているのは阿久津と別院をまかされる予定だった山県(霧島れいか)、それと一番弟子の篠崎雄介(鈴木一真)。
篠崎は阿久津と宗教上の意見の相違があり、1週間前に苦楽苑を出て行ったそうな。

ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:42|PermalinkComments(2)TrackBack(5)

2014年07月31日

「ST 赤と白の捜査ファイル」 第3話 迫る炎に美女の悲鳴・連続放火事件に隠された謎を追え!

 今回は黒崎大活躍の巻。
プライベートも描かれ、セリフもいっぱい。
ママに迫るセクスィーなお顔も見られたしぃ〜大満足でございました。
HPはこちら


 ジムで気合いの入ったスパーリングを見せる黒崎(窪田正孝)と親友の内藤茂太(石垣佑磨)。
あの黒崎といい勝負になっているとは、内藤もかなりの腕なのでしょう。
相変らず喋らない黒崎がどうやってコミュニケーション取っているのかというと・・・
ジェスチャー・・・( ̄▽ ̄;)
もう喋った方が早いんじゃ?って気もするけど、いい感じで交流ができているようです。

 内藤は劇団員。近々行われる公演に黒崎を招待しようとしましたが、律儀な黒崎はチケット代を支払うと約束。
現場とは違ったリラックスした笑顔を見せる黒崎なのでした。
声は出さないけど、三枝(渡部篤郎)が言っていたように拳で語り合ってきたんでしょうなぁ・・

 事件はそんな黒崎の通っているジムの近くで起こりました。
火災が発生し、マリという女性が遺体となって発見される。
発生時、やじ馬に紛れていた黒崎は現場から足を引きずって去っていくガタイのいい男を目に留めていた。

 安置所で赤城(藤原竜也)と百合根(岡田将生)が遺体を確認。
「20歳代女性。
多量のアルコールを摂取した後、一酸化炭素中毒を起こして死亡。
前歯は全部セラミック。
顎と鼻にはプロテーゼを入れ脇の下には豊胸手術の痕。
被害者は 自分の容姿が金になると分かってる。
つまり仕事は芸能関係か水商売。
水商売ならば、かなりの高級クラブにお勤めだ」赤城

「いや・・・それほどでもないかと。
被害者が倒れていたのはコスプレが売りのキャバクラだったので」百合根
「売りがコスプレ?( ̄口 ̄)・・・」
「安くて庶民的なキャバクラです。高級ではない」
「それは おかしい。俺は誰だ?赤城左門だ。間違うはずがない
「すごい自信ですね。尊敬します」
「だったら今すぐ現場へ連れて行け。俺が間違っていることなどあり得ない
今回はこのフレーズ5回ぐらい言っていたぞ(^w^)

ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:37|PermalinkComments(2)TrackBack(7)

2014年07月24日

「ST 赤と白の捜査ファイル」 第2話 相棒刑事が卑劣な犯罪を追う!大好評の新バディが今夜も難事件をズバリ解決!

 う〜ん!今回もおもしろかった〜!ヾ(〃^∇^)ノ
窪田君の出番をもうちょっと増やして欲しいけど〜贅沢はいいますまい。
少しづつ進化しているSTの姿におばちゃん、感激ョ

HPはこちら

 3か月前から昼夜を問わず都内の通行人が突然何者かに殴られて気絶する事件が連続しており、その様子が動画に撮られ「Sudenaguri(スデナグリ)」というハンドルネームでサイトにアップされていることがわかった。
犯行は定期的なんだけど、ここ2週間間隔が狭くなっていた。
どうやら閲覧数が増加して来て注目を浴びたため劇場型の愉快犯になり 、犯行がエスカレートしている模様。最悪な事態になることも予測されたため池田管理官(林遣都)は百合根(岡田将生)に「ST」も捜査に加わるよう命じました。

 いや〜一緒にいた松戸理事官(瀬戸朝香)ったら、「STには期待しているんです」とか言ってたけど、解体する機会を狙っている感じだよね〜

 そんな時、ついに「スデナグリ」の犯行で死亡者が出た。
被害者は山田修、27歳。撲殺。遺体のそばには両親へのプレゼントと思われるハワイ旅行の予約確認シートが落ちていた。
百合根が現場に到着し犯人への怒りを燃やしていると、いつのまにか赤城(藤原竜也)が・・・

「許せないという感情は右脳の働きで、キャップが使うべきは理論をつかさどる左脳だ。
・・・・と言いたいところだが、実際のところ右脳と左脳にはそれほどの差は ない」赤城
「何の話ですか?」百合根
「死因は脳挫傷。バトル兆候も出ている。
恐らく 外傷性くも膜下出血。
脳挫傷により口内で嘔吐した形跡もあるが、どこにも吐しゃ物は見当たらない。
つまり被害者は死後ここまで運ばれて来た。
外傷からいって凶器は鋭利なものではなく、もっと丸みを帯びたもの。
脳挫傷になるほど威力のあるもので殴られたんだから少なくとも人間の拳ではない」
「ということは?」百合根
「俺の右脳と左脳が言ってる。『これは「スデナグリ」の犯行じゃ ない。模倣犯だ」と」赤城
「・・・・・・!」百合根・桃子(柴本幸)・菊川(田中哲司)
「追うべき事件は2つ。忙しくなるな」赤城

 赤城ったら、みんなの手前、神妙な顔しているけど内心必死で高笑いを抑えていると思われ・・・(* ̄m ̄)プッ
事件が二つって・・小躍りしたいほど嬉しいよね〜。


ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:35|PermalinkComments(2)TrackBack(10)

2014年07月17日

「ST 赤と白の捜査ファイル」 第1話 オレ様刑事と弱気な警部が難事件をズバリ解決!最高の相棒刑事ドラマ誕生

 おもしろかったです。
SPドラマ見てなくてもついていけるかしら〜?と不安だったけど、
あのメンバーズが登場したら思いだしたワ。
そういえば見た!見た!( ̄▽ ̄;)アハハ…
藤原竜也が引きこもりで、ラストにあの変な着ぐるみ(ガッキー君と言うらしい)着て走ってたワ。思いだせて良かった・・
変人大好きを自負するもんとしちゃ、見ずにはおられんでしょ。
HPはこちら

 さて、「ST」こと「警視庁科学特捜班」はその存在意義が認められず解散を迫れていた。
一応、束ね役の百合根(岡田将生)は上層部にSTの必要性を訴えようとしたんだけど、プレゼン能力も説得力もゼロの百合根の言葉は全く届かないのだった。
さらにST設立のために尽力し何かとメンバーたちを助けてくれていた三枝参事官(渡部篤郎)が突然警察を辞めちゃうし(そのごカフェをオープン)、代わりに来た理事官(ST監査役も兼任)・松戸(瀬戸朝香)はSTを目の仇にしとる。
一人、危機感を募らせる百合根なのでした。

 そんな中、二つの遺体が発見された。
臨海公園の中でジャージを着て死んでいた杉田英吉。19歳。
鑑識が終わって、移動させようとしたらゾンビのように蘇り、また死んだ。

 錦町でトレーニングウェア姿で道に倒れていた笹本雅彦。35歳。
目立った外傷がなかったんで現場を確認した菊川刑事(田中哲司)はジョギング中の心臓発作と判断したんだけど・・・突然現れた赤城(藤原竜也)が異議を唱えたぞ。

「被害者はフリーのカメラマンだ。
それも ゴシップ専門、いわゆるパパラッチだ。
死因も心臓発作じゃない。毒物。他殺だ」赤木
「何で分かるんです?」桃子(新人刑事)(柴本幸)
「雁首揃えて、こんな簡単なことも分からないようなら警察辞めるんだな。税金泥棒集団め」

「クッソ〜 赤城ぃ!」掴みかかる菊川
「赤城って・・・赤城左門ですか?あの、STの?」桃子
「今日こそ、その腐った根性を叩き直してやる!」菊川
「根性は腐ってるが推理は正しい。
腰にコルセットをつけた時に出来る痣。被害者は腰痛持ち。
スポーツ選手や重たい物を持つ人にある職業病。
筋肉の質からしてアスリートではない。運送業者でもなければカメラマンだ。
シャッターチャンスを待つため無理な体勢になり腰を痛める。
重い機材を片側で持って運ぶからだ。
眼鏡の度数も左右で違う。
片方の目でファインダーをのぞくから片方だけが悪くなる。
しかも 暗い所で目を酷使した形跡がある。
普通のカメラマンなら明るい場所。暗い場所に隠れて撮影するのは・・・
パパラッチだ」

「すごい・・・」桃子
「上着のチャックがインナーシャツに引っ掛かってる。
自分で着たらこうはならない。気付いて直す。
つまり被害者ではない誰かがチャックを上げた。
犯人だ よって他殺。外傷なし。絞められた痕もなし。眼球に鬱血点もなし。
一見すると確かに病死だが他殺となれば原因は毒物以外考えられない。
以上!反論のある者は?
「・・・・・・・・」
皆無!

 鮮やか!(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ みなさんぐうの音も出やしない。
でも態度がまたえらっそうなもんだから嫌われちゃうのよね〜
フォロー役の百合根が到着したけれど彼に赤城をコントロールできるはずもなく・・・常に後手後手に


ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:18|PermalinkComments(6)TrackBack(11)