「実験刑事トトリ 2」

2013年11月17日

「実験刑事トトリ 2」 最終回 学園がけがされる時

 うぇ〜ん(´;Д;`) ついに終わっちゃった〜!
でも、わたしゃ、シーズン3があるって信じてますよぉ〜
だってトトリと安永先輩の新しい絆が感じられるラストだったもんね。
これから、このコンビはますますおもしろくなっていくはず。
来年の春ぐらいにどうかしら・・?
HPはこちら

 さて、今回の犯人は私立恵成学園の理事長・亜希子(岸本加世子)。
出版社との長年の黒い付き合いを非難し理事会に訴えると言ってきた教師・香織(吉田羊)を初等科の合唱部の合宿訓練を利用して殺害しました。
園内の森の中に北と南ふたつの棟があり、子供達と香織はそこで合宿をしていたのよ〜
二つの棟の距離は徒歩で10分ぐらい。
まるっきり同じ作りで目印は玄関に飾ってあるかぼちゃのランタン。北棟の顔は笑っており、南棟のは怒っている。

 仕込みは殺害前日に始まっていました。
合宿最後の夜の「お疲れさんパーティ」で子供達をサプライズで驚かせようと提案した亜希子は
当日、香織をおばけ(ハロウフィン的な洋風おばけね)に扮装させ森の中から子供達のいる棟を覗かせました。
すぐに子供達の一人、連が気づいて騒ぎ出しました。

 そして夜になり、子供達と亜希子は北棟で練習、香織は南棟でパーティの準備に出かけました(18時半)。
その後、亜希子は練習を終えた子供達を暗がりの中、肝試しをさせながら南棟へ移動させる。
北棟から南棟へ行くには曲がり角にあるお地蔵さんを2回左折する。

 途中で亜希子演じるおばけに襲われた子供達はお地蔵さんを確認しながらダッシュで南棟へ。
途中転んでしまった連を見つけた亜希子は正体を明かして、星空を見ながら一緒に南棟へ向かいました。

 って、実は子供達が南棟だと思っている場所は北棟でした。
お地蔵さんを一個隠すことで北棟に逆戻りさせたんだね。
道のりは長くなるけど、お化け騒ぎでパニックになっている子供達は必死に走っているので気づかないって訳さ。
南棟に行くと言って出た香織は隠れていて、子供達が出た後に北棟で飾りつけを開始。
これが亜希子が香織に提案した子供達へのサプライズであり、アリバイトリックでした。

 南棟(北棟だけど)に着き、不在の香織を心配する体の亜希子(19時)。
そこに香織から忘れ物をしたので北棟に戻ると電話が入る。
コレももちろん仕込み。
亜希子は、こぼれたジュースを拭いて出られないため、子供に電話に出させ内容を伝えさせる。
子供達には課題曲の練習をするよう伝えて(コレも仕込み。課題曲はちょうど5分なので不在時間を子供達に認識させるため。ちゃんと後で証言してくれた)、自分は北棟にいる香織を探しに行くと言って外に出ました。
で、外でおばけの恰好でスタンバイしている香織を石で殴って殺害。

 その後、みんなで香織を捜しに行こうと北棟へ移動(北棟から来たからぐるっと回って北棟に戻る)。
移動中に守衛さんに北棟を見回るようお願いして死体を発見させる(19時45分)。

 ところで・・・先輩としての自信を喪失してしまった安永(高橋光臣)は退職願をポッケに忍ばせております。
そして、『先輩って呼び方をやめてください』という安永の言葉を真に受けたのか、それともこれも実験なのか、
トトリ(三上博史)は「安永さん」と呼び始めましたぞ。
その事にもうっすらと傷つく安永・・・( ´,_ゝ`)プッ

 なんか安永って、いぢめ欲をそそるというか〜もっと落ち込ませてやりたいって気になりますよね。
で、がっくりしている姿を見て、愛でたいというか・・
そんな沈んだ安永の様子を見て、三船(笹野高史)と弥生(高橋愛)はマコリン(栗山千明)に失恋したと思ってワクワク・・
NHK DVD 実験刑事トトリ DVD-BOX実験刑事トトリ オリジナルサウンドトラック実験刑事トトリ (リンダブックス)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:00|PermalinkComments(2)TrackBack(2)

2013年11月10日

「実験刑事トトリ 2」 第5回 秘密〜ある小説家の死について

 今回は動機が明かされないままいきなり死体の処理?と思ったら、そういうことだったんかい・・・
殺人は犯さなかったけど、遺体を遺棄し捜査をかく乱した和久井にトトリは温情を与えませんでした。
死者の最期の思いを利己的な理由からゆがませた犯人にトトリは毅然と対応しましたぞ。
ただ単にめんどくさかっただけかもしらんが・・・( ̄m ̄* )

 今回は容疑者が安永(高橋光臣)の先輩だったことから、安永のコントロールがいつも以上に大変だったけど、どんな相手であろうとブレず冷静に捜査にあたる、そして人のことなんて知ったこっちゃないというトトリらしさが見られた回でした。
HPはこちら

 登場人物の紹介デス。
「貧乏探偵シリーズ」で有名な人気ミステリー作家・宮部智弘(三谷六九)。
そして彼をマネージメントする会社の社長・和久井(ムロツヨシ)。
宮部を入れて5人の作家が所属しているらしい。
和久井は安永の高校時代のラグビー部の先輩で、当時ミスに落ち込み部をやめようとしていた安永を力づけに来てくれたことがある。彼の影響で、安永は自分も弱っている人を勇気づけたいと刑事になったんだと。

 場面はMSの一室で汗をぬぐいながら宮部の遺体をでかいスーツケースの納める和久井の姿から始まる。
ここは宮部が執筆のために使っていた部屋で隣には和久井が在沖している事務所がある。
その後、和久井は暗号的な脅迫状を制作し、ヒントに紙片と罪をかぶせたい相手の店のチラシを現場に置いておく。
宮部が無理やり部屋から連れ去られた演出をするために室内を荒らし、壁にインクをぶちまけた。
この時点で17時40分。

 そしてアリバイを創るためにスマホの時計を18時に設定し、外出しようとしたアパートの住人小野田にわざとぶつかりスマホを拾ってもらい、アラームを鳴らして『もう6時か』とつぶやき時間を印象づける。
さらに、別の住人高山が部屋から出てきたのを機に事務所にある棚を倒し、
宮部の部屋から音がしたと見せかけ、高山に不安を訴え、一緒に宮部の部屋を確認してもらう。
乱れた室内と宮部が消えているのに気づいた体の和久井は高山に警察に連絡するよう伝え、自分は宮部を捜しに行くと言って、その間に事務所に置いてあった死体を移動して処理。
18時丁度に川辺で死体に灯油をかけて燃やしました。

 って、ここまでで、かなりツッコミどころがあるぞ。
そもそも、ムロツヨシだってことで胡散臭さ10割増し( ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ)。
それと、突発的な事件だったにも関わらず、あんな人一人がぴったり入るようなスーツケースが部屋にあるって偶然すぎるだろ!
それと、小野田と高山が通りかからなかったらどうするつもりだったんだ?
この二人はいつも同じ時間に外出しているのかい?
そして、そんな出入りの多い時間帯なのにスーツケース移動しているとこを他の住人に見られていないって奇跡だぞ。
まぁ、計画的なアレじゃなく、思い付きにしてはスゴイでしょ?って和久井も自慢してたけど、かなり危険なアレだったね〜

 遺体の第一発見者としてラーメンズの片桐仁登場。
何か、こういう役の片桐さんが、すごくほどよい印象だったな。
コレっていいことなのだろうか〜

 宮部の部屋の状態を確認したトトリ(三上博史)は絨毯の端の被害者の失禁痕に気づきました。
部屋の壁には宮部が描いたと思われる俳句が見られたが、半分はインクがかけられていた。

 関係者への事情聴取で安永は和久井先輩に再会。
「先輩の先輩にあたる方なんですね?」トトリ
「先輩?(何でこんなおっさんの先輩なの?)」和久井
「いろいろありまして」安永
NHK DVD 実験刑事トトリ DVD-BOX実験刑事トトリ オリジナルサウンドトラック実験刑事トトリ (リンダブックス)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 14:13|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2013年11月03日

「実験刑事トトリ 2」 第4回 ビリヤードが終わったあとに

 いや〜今回も最初から最後まで神経のいきとどいた、いい時間でした。
てか、絶対最後にオチがあるはずとわかっていながら、トトリにもらい泣き・・・
そりゃ、アンタ、安永もそう思うって!
相変わらず人騒がせなトトリなのでした。
HPはこちら

 さて、トトリは、拘留期限というリミットの中で健闘しましたぞ。
強盗に入って来た男を殺してしまったビリヤード界の貴公子。
はたして正当防衛は認められるのか。

 世界大会出場を控えるプロのビリヤード選手・楠木忠之(成河)はビリヤードのテクニックを披露するネット生中継中にナイフを持って強盗として押し入って来た常連客の池山隼人(金井勇太)ともみあいになり殺してしまった。
アームで固定していたカメラは途中で落ちてしまいましたが、池山の金を要求する怒号、もみ合う二人の気配、楠木が襲われる悲鳴、倒れた池山と楠木の姿を記録していました。

 もちろん、これは楠木の綿密に練られた計画。
まず、事件当日開店前、時計を一時間進め、電池を少ない残量のものに変えておく(自然に止まらせるため)。
酔ってバーで寝てしまった従業員の宮子(濱田マリ)の携帯を隠した後起こして、時計を確認させる。
現在15時だけど、宮子は開店時間の16時だと思ってしまった。
池山には23時から始まる生中継のカメラ要員を頼み、22時に練習場に来るように伝え、
その前に、バーにいる宮子にカタログを届けさせる。

 池山が来たのは22時なんだけど、バーの時計は進んでいるので宮子は23時と認識。
練習場の扉を池山が無理やりやりこじあけた体になるよう細工しておいて、指紋もバッチリ付けさせておく。
現れた池山をすぐに刺殺し、23時から生中継開始。
練習場内部を紹介する感じで撮り、どこにも池山はいないことを強調。
事件発生は23時17分。
事前にバーテンの和樹に金を請求していた(ビリヤード教授料)声を録音しておき、それを流す。
その声が入っていたCDは踏みつけ粉砕。
もみあいになってる声を出し、その間に楠木は自分の顔を傷つける。
その生中継を見た視聴者が警察に連絡して事件発覚。

 確保された楠木は正当防衛を主張。
ネット中継を見ていたのは3015人。
安永(高橋光臣)の見立ても正当防衛でほぼ間違いなしだった。

 でも、そこにトトリ(三上博史)が待ったをかけたぞ。
池永の財布には事件当日に当てた万馬券が入っていた。
換金すれば数十万円を手にすることができる人間が強盗なんてヤバイ橋を渡るだろうか・・・

NHK DVD 実験刑事トトリ DVD-BOX実験刑事トトリ オリジナルサウンドトラック実験刑事トトリ (リンダブックス)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:45|PermalinkComments(2)TrackBack(4)

2013年10月27日

「実験刑事トトリ 2」 第3回 偽りの断崖〜写真家のしかけたわな

 さて、前回はかなりの苦戦を強いられたトトリでしたが、今回はいつものペースで犯人を追いつめましたぞ。
って、先週、どうみても親しい関係なのに「初めまして」と白々しく挨拶しあっていたマコリン(栗山千明)とトトリ(三上博史)は兄弟であることが判明。
ま、恋人とは思えないから、視聴者にはわかっていたわよね。
一ファンとタレントという関係から、(一応)いろいろお世話をした先輩と後輩の妹という関係になった安永(高橋光臣)とマコリン・・・
恋人になれるチャンスは0%から10%ぐらいには高まったかな〜?
HPはこちら

 さて、今回の犯人は写真家の大坪知里(横山めぐみ)。
彼女は写真を盗用した件で元カメラマンを目指していた桃井から恐喝されていた。
彼が写真界と縁を切るという約束で定期的に金を渡していたんだけど、再度カメラマンの夢にチャレンジすると聞き、殺す決意をしたのさ〜

 殺害当日、写真家の夢を諦めさせるための1億円を用意したと自分のスタジオのオフィスに15時頃彼を呼び出しておく。
撮影の休憩タイムに部屋に戻って、彼の頭を石で殴打して殺害(コレ、毛布か何かかぶせないと血が飛び散ると思うが〜)。
彼のカメラを使って事前に自分で撮影しておいた風景写真を撮り、彼が15時頃撮影中に亡くなったと偽装。
この間10分。
仕事終了後に彼の車に死体を乗せて移動。カメラを首にかけて崖の上から落とし事故死を演出した。

 でも、知里はいくつかのミスを犯した。
ひとつは、殺害後の撮影開始の時、手が震えていたため、いつもは使わない三脚を使用したこと。
そして、遺体を運んだ彼の車、使用後に座席の位置は戻しておいたけど、バックミラーの向きを直し忘れたこと。
桃井が普段メガネ使用者で車内にメガネを置きっぱだったことに気づかなかったこと。
トトリにたくさんのヒントを与えてしまいました。

 現場検証後、すぐに実験開始。
桃井と同じ身長178cm前後の警察官を集め、座席に座った状態でバックミラーが見られるか確認させました。
全員、後ろが見えなかったことから、車を運転していたのは桃井以外の可能性があることを証明しましたョ〜。
NHK DVD 実験刑事トトリ DVD-BOX実験刑事トトリ オリジナルサウンドトラック実験刑事トトリ (リンダブックス)
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2013年10月13日

「実験刑事トトリ 2」 第1回 罪深き建築家の肖像〜実験刑事ふたたび

 さぁ、待ってた人がいるのかいないのか、よくわからんけど、変人コンビが活躍する刑事ドラマが帰ってきましたョ〜
って、トトリって大学に戻ったんじゃなかったっけ?って思ってシーズン1の最終回確認してみたら、元同僚に協力しただけか。
トトリは心置きなく実験ができる「刑事」って仕事に興味が尽きないようで、辞める気はなさそうです。
HPはこちら

 
 オープニングは刑事ドラマの終盤にありがちな犯人チームと刑事達との撃ちあいシーンから。
形勢不利と見たベテラン刑事はつぶやくのでした。
「あの二人さえ来てくれれば!」

 そこに扉を蹴破って、あの二人(トトリと安永的な?)が登場!
「来たぞう!!」ベテラン
「待たせたな」トトリ
銃をぶっぱなす待たれていた刑事・・・

 あれ?トトリ(三上博史)と安永(高橋光臣)って、こんな武闘派だっけか?( ̄ー ̄?)と思ってたら、これはドラマ。
興奮しながらラーメンを手にしTV見上げる安永と・・・・
「刑事になって1年、このような場面に出くわすことはありませんでした」と冷静に感想を述べるトトリ・・・
相変わらずのお二人さんのようです。

 昼飯のラーメンを食べ始めた二人の元に三船(笹野高史)が飛び込んできました。
「オイ!事件だ!」

 あ〜〜ラーメン食べ始めの中断はキツイ・・・
カップ麺も食べようとした時に電話なんてかかってきても、わたしゃ無視するよ。

 大事件ですよ!
三船が冷蔵庫に入れておいた一口しか飲んでいないペットボトルのお茶が半分になっていた!
しかも、ちゃんと蓋に「三」と名前を記入していたのに!
捜査一課にモラルはないのでしょうか〜?

 「では、実験してみましょう」トトリ
トトリは「E」と描いた紙を安永と三船に見せ、何と読むか答えさせました。
「E・・・」安永・三船
その後、捜査一課の皆さんに見せてみると・・・
「山!」
「えっ?なんで?なんで?」安永

 視聴者はとっくにお見通しだよ!
見る方向によって違って見える文字がある。
三船さんの「三」も川中(高橋愛)の「川」に見えたため、彼女が飲んでいたことが判明。

 事件は解決。
「あ〜飲んじゃったよ〜!最悪!おえっ・・」川中
犯人の川中が傷を負って終わりました。
「さすがだなぁ!トトリ。おかげで事件解決だ!」三船
「・・・・やっぱり地味だぁ・・・」安永

 これでこそ、「実験刑事トトリ」さ〜!はじまりはじまり〜♪
実験刑事トトリ (リンダブックス)NHK DVD 実験刑事トトリ DVD-BOX実験刑事トトリ オリジナルサウンドトラック
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(6)