「TAROの塔」

2011年04月01日

「TAROの塔」 最終回 芸術は爆発だ!

「だって岡本太郎はいるのよ、ここに。そうでしょ?
何で、いないなんて言うの?
今も一緒に戦っているのよ。
まだまだ岡本太郎はこの世界に必要なのよ。
だから、まだ、な〜んにも終わってないのよ」敏子

 多分、それは真実なんだろう。
太郎がこの世を去った時、共に見つめてきた聖火が消えていないことを確認した敏子は、
その火を一人で掲げていくことを決意したのだから。
戦うことは生きること、生きることは太郎と共にあること。
その思いは、敏子が、再び太郎に呼ばれるまで変わりませんでした。
HPはこちら

 さて、時代は第一回で太郎が大阪万博のテーマプロデューサーを引き受ける直前に戻りますョ〜
「アバンギャルドな芸術家」である太郎(松尾スズキ)が国家プロジェクトの万博プロデューサーを引き受けたのは、太郎の中では「危険な道」ってことで一貫性はあったんだけど、迷いはあったようです。

 「もし、コレが失敗したら、今度こそ岡本太郎は終わるかもしれないよ。
俺はそういうやり方でこれまでやってきたから、それでもかまわんが、
何も残らないお前が不憫だ・・・」
「あたしのどこが不憫なんですか?!」
敏子は太郎の胸ぐらを掴みましたぞ。
「岡本太郎を殺させやしませんよ。殺すなら、あたしが殺します!」
「敏子!もし、俺のやり方で万博をやり抜けば、あぁ、俺もやろう!
私も!ってヤツがわぁ〜って現れて幾何級数的に増えてくるだろう?
そういう日本を作りたいんだ!!」

 敏子(常盤貴子)は、太郎以上に「岡本太郎」になっていました。
岡本太郎といえども、いい大人です。責任もあります。
芸術的な衝動だけで行動する訳にはいきません。
 そういう何やかんやが一緒になった太郎の思いを敏子が受け取り、
浄化して、本来の「岡本太郎」のものに返して太郎に渡す。
敏子は太郎であり、太郎の中にはいつも敏子がいる。
だから、太郎は芸術家としてブレずに生き続けることができたんじゃないでしょうか。
美術手帖 2011年 03月号 [雑誌]美の呪力 (新潮文庫)対極と爆発 岡本太郎の宇宙 1 全5巻 第1回配本 (ちくま学芸文庫)続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:47|PermalinkComments(14)TrackBack(4)

2011年03月20日

「TAROの塔」 第三回 戦友

 何て、すさまじいんだ!
見終わった後、何故か泣けてくる・・
「君は燃えたのか?!」
頭の中で、太郎の声が響いております。

 1939年、かの子の死後、第二次世界大戦勃発。
日本に帰国した太郎(濱田岳)は徴兵され、中国戦線に送られた。
理不尽なルールが君臨する軍人生活と捕虜生活を経て復員した太郎は、荒れ果てて何もなくなってしまった日本で、生きる喜びが湧き上がってくるのを感じました。

 2年後、太郎(松尾スズキ)は仲間たちと「夜の会」を立ち上げ、前衛芸術活動を繰り広げておりました。
そして、そんな太郎を熱心に見つめる平野敏子(常盤貴子)という女性がいた。
敏子は出版社に勤めて編集見習いをしており、いつか岡本かの子のような小説を書きたいと思っていました。

 で、お友達二人を誘って岡本太郎先生のアトリエに遊びに行くわけですョ。
フランス仕込みのキャフェ・オーレを作ってくれる芸術家岡本太郎に3人とも目が状態。
 んが・・・

「エロティシズムか。
う〜〜ん・・・服を脱いでごらん?」太郎
(゚ロ゚」)」(゚ロ゚」)」(゚ロ゚」)・・・・

 ギョッとしている娘さんたちに「エロティシズム」について語り、性愛を供犠に例える太郎ちゃん・・・
「さあ!みんなで向こうで供犠を体験しよう!」

 普通にエロ親父だよ・・・( *^皿^)
敏子以外は、もちろん拒絶。
「私は・・・興味があります。でも、怖いです・・」敏子
「うーーーーん。正直だ!!」太郎
胡散臭げな微笑みを見せるけど、なんか魅力的な太郎ちゃん・・・
岡本太郎 爆発大全今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社文庫)岡本太郎新世紀 (別冊太陽 日本のこころ) 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 14:42|PermalinkComments(6)TrackBack(3)

2011年03月05日

「TAROの塔」 第二回 青春のパリ

 なんてベラボーなドラマなんだ!
見終わった後、私の心にも得体のしれない激しいエネルギーが湧いてきたぞ。
恐るべし、岡本太郎・・・
 今回は、大阪万博のシンボル「太陽の塔」設置が決まるまでを。
そして、パリで苦悩の末、芸術家「岡本太郎」が生まれるまでが描かれました。
HPはこちら

 1929年、一平(田辺誠一)は約束通り、かの子(寺島しのぶ)と太郎(濱田岳)をパリへと連れていきました。
この時、太郎は18歳。
そして、憧れの地パリイを踏んだ喜びで、かの子の目はいつも以上に輝いておりました。

『僕には生涯、母親を持った記憶がない。
ただひたすら、自らの芸術に身を捧げ、甘えたい時だけ僕に甘える。
彼女は僕にとって、無邪気で残酷な芸術そのものだ』
岡本太郎 爆発大全今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社文庫)岡本太郎新世紀 (別冊太陽 日本のこころ)続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:59|PermalinkComments(6)TrackBack(5)

2011年02月26日

「TAROの塔」 第一回 太陽の子

 いや〜最初は松尾スズキさんが出てくると、笑えてきちゃって・・
どうなんだろう〜大丈夫か?とか、昔TVで見た、訳わからないながらも強烈ですさまじい岡本太郎のパワーが感じられないわ〜とか思いながら見てたんだけど、徐々に引きこまれ、「松尾スズキさんが演じる岡本太郎」という人間に強い興味が湧いてきました。
HPはこちら

 第一回目では岡本太郎が「大阪万博」のプロデューサーを引き受けるまでを、
父一平(田辺誠一)と母かの子(寺島しのぶ)と過ごした幼年時代を挟みながら描かれました。

 岡本氏の養女で秘書である敏子(常盤貴子)の存在がいまいちよくわからないだけど、彼女は芸術家岡本太郎と「この世」を繋ぐ巫女のように見えました。
 芸術家である岡本太郎を誰よりも理解している、でも、管理するのでもなく追いかけているのでもない、寄り添うのとも違う感じ・・・彼の目の中に住んでいるような・・・
でもって、通訳のような存在なのかな?
すごくおもしろい位置にいる人だな〜と思いましたわ〜
 
 で、寺島しのぶさんがすさまじかった。
父親(平田満)が言っていたように『芸術熱』に取りつかれてる・・
少女のまま、ただ芸術のみを渇望し、自分だけでなく夫にも息子にも芸術家たれと強く求めた女性。
 最初は単なる裕福な家で育った夢見る夢子さんか・・?って思ったんだけど、
深い所で煮えたぎっているような、どろどろとした、そして強い力を持ったエネルギーは抑えがたい芸術家のものだったんだね。
太郎は確かにこの人の血を受け継いでいる。
今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社文庫)対極と爆発 岡本太郎の宇宙 1 全5巻 第1回配本 (ちくま学芸文庫)かの子撩乱 (講談社文庫 せ 1-1)続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:36|PermalinkComments(8)TrackBack(9)