「アグリー・ベティ」 シーズン1

2008年03月18日

「アグリー・ベティ」第二十三回(シーズン1最終回?)

 いやいやいや・・・
そんなにいっぺんに解決しないでしょうよ・・とは思ってましたが、ここまでかい?!
日本だったら一応の結末はつけると思うけど・・・
しかも、シーズン2があるのかどうかも教えてくれないし・・・
NHKさん、ちょっとあんまりにも不親切じゃ・・・(ι´゚д゚`)・・・

 まぁ、いい、振り返ってみましょう・・
帰国したベティ(アメリカ・フェレーラ)は早速、ヘンリーに気持ちを伝える。
「私、メキシコでいろいろ考えて気づいたの。
欲しいものを全て手にできるチャンスは少ない、でも勝ち取ろうとしなかったらチャンスを捨てることになる。だから決めたの。あなたを勝ち取る。
 私達、最高のカップルだと思うの。
お互い考えてることが分かるし、それに笑いのツボが同じだし、
あなたを見るといつも口の中がカラカラにかわいちゃうし・・・」ベティ
「チャーリーとは別れたよ。
運命の人じゃなかった・・僕の口をカラカラにさせるのは君だ」ヘンリー

 まぁ、彼ららしい告白でやっと恋人同士になれたようですな・・・
一方、薬物に依存していたダニエル(エリック・メビウス)は薬の売人に
顔をなぐられて痣を作って出社。
それをベティにみつかり、ガールスカウトの子が湖に落ちたのを助けてできた傷だと嘘をついてしまう。
 あらら・・・・

 そして、ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)はついにブラッドフォード(アラン・デール)から婚約指輪を受け取るのでした。
「ジュエリーの匂いがすると思ったの!」ウ
「幸せ?」ブラッド
「信じられないぐらい!おとぎ話の中にいるみたい・・」ウ
「君は私のお姫様だよ・・」ブ
「・・・(ΦωΦ)フフフ・・・」ウ

 ウィルミナストーリーはまだ始まったばかり・・・
そっと陰で牙を磨くウィルミナなのでした・・続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:37|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2008年03月13日

「アグリー・ベティ」第二十二回

 スアレス家はイグナシオのビザ取得のためにメキシコへと旅立つ。
初めての飛行機でベティのテンションもうなぎ上り・・・
父親に聞きながら家系図を製作するベティ(アメリカ・フェレーラ)だが、
母側の血縁者のことを聞くとイグナシオが不機嫌に・・
 まだ何か隠してる?

 モード編集部では特集でジョーダン・ダンにインタビューをすることに決定。
しかしアレクシスは「絶対ダメよ!!」と怒り出す。
不思議がるウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)に、実はアレクシスは女性になる前にジョーダンと付き合っていたことをチクるダニエル(エリック・メビウス)。

 「死んだはずのボーイフレンドが美人になって戻ってくるなんて・・・
ん〜〜そうそうできない体験だわ〜(`m´★)」ウ
「うふっ・・( ̄皿 ̄)」マーク(マイケル・ユーリー)
「取材はキャンセルしないで〜
よし!おもしろいことになるぞ〜!!よし、ハイタッチだ!」はしゃぎながら去っていくダニエル
「ハイタッチなんてバカみたい・・」マーク
「Ψ( ̄∀ ̄)Ψ にやり・・」ウ
「ウィリー!ダメよ!笑いじわが!」マ
「かまわないわぁ〜今日はいい日よ。
兄弟はケンカするし、ブラッドフォードは離婚届を送ったし、
私が次のミセス・ミードになる日はもうまじかよ・・」ウ続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月26日

「アグリー・ベティ」第二十一回

 さて、今スアレス家で一番の話題は・・・・
イグナシオ(トニー・プラナ)のメキシコ帰国問題・・
メキシコに戻って、ビザを取り合法的に再入国しないとダメらしい・・
でも、メキシコに帰る旅費がない。

 職場では事務専門職員の日ということで、
モードで事務専門職員の為のパーティが開かれることになり、ベティは幹事で忙しい・・
場所は中世風レストランミドルエイジ。
 ダニエル(エリック・メビウス)から「秘書の日おめでとう〜」と
ちっちゃいトロフィーを渡されたョ・・いらね〜

 アメリカにはいろんなお祝いの日があるのね〜
何でも「この期間は一般企業や、役所、学校などで上司がこれらの仕事に就く部下たちをねぎらい、豪華なランチを奢ったり、プレゼントなどを贈る」んだと〜
へえ〜〜

 なのに、誰も祝ってくれず荒れまくるアマンダ(ベッキー・ニュートン)。
パーティもパス!
「ひど〜い!!私に一人で行けっていうの?!」マーク(マイケル・ユーリー)

 いい感じのアレクシスとロドリゴ・・
熱心にブラジル行きを勧めるロドリゴ・・
パスポートの写真は髭があるし、母親をほっておけないと話すアレクシス。
でも、心はかなり動いているようですよ〜続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月19日

「アグリー・ベティ」第二十回

 ベティ(アメリカ・フェレーラ)は、窓から入って来た朝帰りのヒルダ(アナ・オルティス)に起こされる。
イグナシオに隠れてサントスと会ってるらしい・・
 クリスティーナ(アシュリー・ジェンセン)とダニエル(エリック・メビウス)に裏切られた気持ちでいっぱいのベティはすねて会社を休むと・・
「職場っていうのはね、友達を作るんじゃなくてお金を作る場所!
それと備品を盗む場所!(オー!マイガー!・・って誰にでも覚えがあることっスね)」

 さて、すっかり仲良しさんのウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)とブラッドフォード(アラン・デール)・・
「私はね〜できればただの遊び相手だとは思われたくないの・・
人生のパートナーだと思って欲しいのよ。
何でも話せる相手だって・・」やんわりと結婚を匂わせるウィルミナ。

 さて、表紙のモデルとして使わないと警察に全て話すと脅すリーナとペトラ親子。
金で解決しようと7万5千ドルを差し出すダニエル。
「お金の問題じゃないでしょ!キャリアの問題なの!
ペトラは第二のケイト・モスよ。もっとスリムだし!」
姉妹雑誌のモードブラジルを紹介すると言ってもNO!
「表紙か、刑務所か!」リーナ

 ベティのいないダニエル・・たった一人で追い詰められちゃいましたよ〜続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年02月12日

「アグリー・ベティ」第十九回

 すっかり負け犬気分になったダニエル(エリック・メビウス)は仕事も放りだして
酒と女の子の日々・・
その隙を狙ってセレブ・ウオッチャーのクインシー・コームズが編集部に入り込んでるのを発見したベティはすぐに追い出す。
「噛み付きますよ!」ベティ
「甘くみないでちょうだい!あなたがどんなに獰猛な番犬でも私には国王や大統領だって勝てないのよ。ダニエル・ミードなんか簡単に潰せるんだから!」コームズ

 何かオレンジの変な帽子をかぶったおネエ言葉の小男なんですが・・・・
何かカポーティを連想してしまったわ・・・

 さて、やっと発信機をはずしてもらえたイグナシオ・・足首が真っ赤ョ・・
1ヶ月後の裁判に備えて弁護士のジェリーと会わせるから家に来てとコンスタンスに言われちゃいましたが・・・
「彼女の家に行ったら絶対アウトよ!」ヒルダ

 遊び人仕様でのんびりご出勤のダニエルに説教をするベティ。
「アレクシスが何もかもやってくれるだろ・・」ダニエル
「アレクシスに全部渡してしまうんですね?この半年、あんなにがんばってきたのに」ベティ
「そして、ほんの一瞬で何もかも奪われた!
わからないの?!僕は結局家族が思ってた通りになったまでさ・・
そうだろ?ダメな遊び人・・それが性に合ってる・・」ダニエル

 実はコームズを編集部に呼んだのはアレクシス・・
「あなたに書きたててもらって父を葬りたいの」
インタビュー中に、フェイが書いた日記の後半部分が編集部のどこかにあるというシークレットルームにあると聞き、探し始めるアレクシス。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月11日

「アグリー・ベティ」第十八回

 クレアが自首したためブラッドフォード(アラン・デール)は釈放される。
TVはまたしてもミード家のスキャンダルを報じる毎日・・・
責任を感じるベティ(アメリカ・フェレーラ)。

 そして、コンスタンスから発信機を取り付けられてしまったイグナシオは
新聞を取りに出ただけで、注意音がけたたましく鳴り出しコンスタンスから電話がかかってくるという毎日・・・
「裁判まで四週間よ・・」ベティ
「四週間も囚人のようにくらすのか?!まったくどうにかなりそうだ・・
もう忘れそうだよ、雨の感触とか芝生のすがすがしい香りとか・・」イグナシオ

 出所したブラッドフォードは早速アレクシスのオフィスで待ち伏せ・・
びっくりして声をあげるアレクシス。
「これがお前の望んだ人生なのか?」B
「あなたを一生塀の中に閉じ込めるのが望みだった」A
「私はお前に男として生きて欲しかった・・こんな息子なら持たなければ良かった。
お前とはもう終わりだ」B

 しかし、ひどい言いようだわね・・・
何でアレクシスの生き方を認めようとしないのかねぇ〜

 裁判の前に依存症治療で入院しているクレアを見舞うブラッドフォード。
「ま、気分は最高ね・・このブレスレットも・・」両腕を手錠でベッドの柵につながれてる・・
アレクシスをクビにしたことを責めるクレア。
「私は当分出てこられないけど、みんな家族でいてほしいの」
そこにダニエルもやってくる。
「アレックスは家族に戻るつもりはないと思うよ・・」ダニエル(エリック・メビウス)
「私はあの子にモードを手伝うように言ったの」クレア
「冗談じゃない!誰を雇うかは私が決める。モードのオーナーは私だ」ブ
「正確に言うと、あなたはミード出版社のオーナーよ。
モードは違う、オーナーは私」

 税金対策のためにオーナーはクレアの名義になっているらしい・・・ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月29日

「アグリー・ベティ」第十七回

 グレース(ルーシー・リュー)が母親を証言台に立たせようとしていると知った
ダニエル(エリック・メビウス)はあわててクレアをホテルに閉じ込める。
「アレックスだけには言わなきゃ・・お父さんは人殺しじゃないって」クレア
「言うだけ無駄だよ。親父を憎んでいる」ダニエル
「誰にも会わないで!電話もなし、クレア・ミードは行方不明、いいね。
ホテルのフロントにも偽名を言っておくよ」クレアの手を握って誓わせるダニエル。

 一方、ベティはチャーリーとヘンリーの二人から、チャーリーの誕生日パーティに招待される。ホントは二人が一緒のところを見るのは辛い!
でも、あえて出席することにするベティ・・

 イグナシオも災難に合っていた・・
ケースワーカーのコンスタンスはすっかり恋人気取り・・・
裁判までは逆らったら後が怖い・・
ヒルダは父親のために作戦を立てる。

 仲直りしようとウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)の元を訪れたアレクシスだったが、ウィルミナは冷たい・・ 
わざとTVをつけてダニエルが有能なグレースを雇った事を知らせるウ。
「思惑がはずれたみたいね・・私達お互いに」ウ

 グレースにドレスを贈るようダニエルから頼まれたベティ(アメリカ・フェレーラ)は
選んでくれたクリスティーナに、つい、二人が付き合ってることを話してしまう。
さらに、パーティの事をクリスティーナに相談・・
「辛い思いするだけじゃないの!どうしてそんな事するの?」ク
「だって、せめてヘンリーと友達でいたいの・・もう平気よ、大人だもの」べ
「一人で行っちゃダメ!誰か男性と行くの!」ク
 で、いつも行く矯正歯科の感じのいいファーカス先生を誘うベティ。

 ドレスが無くなっていたことから、ダニエルがグレースに贈ったことを知り、
さらに二人が付き合ってることを知ったウィルミナは・・
「つまり、そういうことなのねぇ〜フッフッフッフッ・・
ダニエルは期待を裏切らない人だわ〜」何やら企み顔のウィルミナ・・・続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月22日

「アグリー・ベティ」第十六回

 クレアの告白を聞いたベティ(アメリカ・フェレーラ)は自分も殺されるのでは?
という悪夢にうなされる。
さらにウォルターと別れたのにヘンリーが元カノと復縁したことを知ってショックからも立ち直れない・・

 ベティはダニエル(エリック・メビウス)にクレアの事を話すが病気とお酒のせいだと否定する。
でも、ミードパパに一応報告に行ったダニエルは、弁護士を変えるよう言われる。
ご指名はダニエルの大学の同級生のグレース。

 しかし・・ダニエルには当時ブスで有名だったグレースと新年のパーティへ行く約束をしながらすっぽかしたという過去があったため非常に頼みにくい・・
親父のためだ・・・しかたない・・グレースに連絡を取るダニエル。

 颯爽とモードに復帰したアレクシスだったが世間の風は冷たい・・・
「複雑な心境よ・・死んでまた蘇るって・・」アレクシス
「あ〜ら、ダナ・キャランのデザインなんかその繰り返しよ〜」ウィルミナ
「昔の友達がみんなこんな冷たいなんて・・」ア
「ほっとけばいいのよ・・親友は一人いればいいわ」ウ
 ダニエルと和解して仲良く出勤する二人の様子に危機感を感じたウィルミナは
ひそかに動き始める。

 そうとは知らずにヘンリーの彼女チャーリーと知り合いになったベティは
彼女をパーティに誘ったが後悔して迷っていた。
「しっかりしなさいよ!そろそろモードガールになってもいい頃でしょ?」アマンダ
「モードガール?」ベティ
「モードガールは誰にも負けない。私達はオンリーワンなの。アイツを渡しちゃダメ。あの女の弱点を責めるのよ」

 いつでも一貫していぢわるなアマンダがしゅてき・・・続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月21日

「アグリー・ベティ」第十五回

 今日が16回の放送だっていうのに、新ドラがはじまってこんなに遅くなっちゃったわ・・
(〃´・ω・`) 
さて、アレクシスの登場とブラッドフォードの逮捕でファッションTVでは
ミード家のスキャンダルのニュースばかり・・・
ミードパパ(アラン・デール)の面会に行ったダニエル(エリック・メビウス)は
「あいつに負けちゃいかん・・今ミード出版を守れるのはお前だけだ。
私は無実だ、やってない」の言葉を聞く。

 出勤したベティ(アメリカ・フェレーラ)は渦中の人アレクシスとエレベーターで一緒になる。思わず顔とか胸に視線が釘付けになるベティ。
「いいわ、教えてあげる。
顎をソフトに、鼻を細く、生え際を上げて、喉仏を取ったの。
そしてインプラントを頬と胸とおしりに。
生々しい話はしたくないけど、噂は真っ赤な嘘よ、ホルマリン漬けになんかしないの」アレクシス
「そう、それ知って良かったです」ベティ

 通常運行をアピールするためにミーティングを開いて「モードはこれまで通りだ」とダニエルが発表しているとアレクシスがやって来て
『社長が職務につけない場合は経営権は長男に渡る』という証書を楯にして
ダニエルにクビを言い渡す。

 いやいやいや・・・
ちゃんと編集長の名刺まで作っていたくせに、晴天の霹靂ふうの演技をするウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)・・・グッジョブですよ〜

 弁護士に相談したダニエルは「長男のアレクサンダー・ミードはすでに死亡していること」「長男であって長女ではない」という理由で証書の禁止命令を得る。
ミードパパが帰って来るまで時間をかせぐ作戦でいくことにする。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 12:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月08日

「アグリー・ベティ」第十四回

 久々の「アグリー・ベティ」だと言うのに正月ボケで最初の10分見逃してしまったわ・・・

 ファッション・ウィークの準備でベティ(アメリカ・フェレーラ)は大忙し・・
そしてダニエル(エリック・メビウス)の元には悪い友達ベックスが現われてしつこくナンパに誘ってるYO〜
でも、もう前のダニエルではありませんのでね・・・きっぱりと自分の立場を伝えて
断ってたわね。

 履歴書のコピーをモードでさせてもらったヒルダは臨時の仕事にありつく。
テンションうなぎのぼりでウッキウキのヒルダ・・
過去の「ヒルダの妹」と呼ばれ比較された嫌〜な思い出が蘇るベティ。
「絶対ろくなことにならない・・・どうせ私がワリを食うのよ・・」

 ケースワーカーのコンスタンスの訪問を受けているイグナシオ。
「私、捨てられたの!もうすぐバレンタインなのに捨てるなんて!!彼にチョコ買ったのに!」
イグナシオの方が相談に乗ったりして・・・・続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月26日

「アグリー・ベティ」第十三回

 ソフィアと決別しMYWを辞めたベティ(アメリカ・フェレーラ)は、
メキシコ料理店でチップガールをしていた。
そして、ヒルダもハーバラックスの全商品がリコール対象となり失業・・
就職活動を始めるが、うまくいかない。
 
 失恋したダニエルはブラジルに行ってるが連絡が取れない状態。
謎の女から編集長に任命されたウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)は
「モード」のスタッフ全員を「残留組」と「追放組」に分け始める。

 クリスティーナへのジャッジ・・
「裁縫の腕はたしかにいいわね〜でもガサツな所がちょっと・・」ウィルミナ
「それに炭水化物も平気で食べるし・・」マーク
「だけど私の本当のサイズを知ってるのは彼女だけだし・・」ウ
「どうする?」マ
「う〜ん・・保留にしましょ」

 「アマンダはクビよ!」ウィルミナ
「そ、そうねぇ・・・(゚ ▽゚ ;)」マーク
「何の役に立つの?ダニエルのアシスタントよ。一緒に辞めてもらいましょ」ウ
「ええ・・でも・・この子は・・」マ
「お友達がいなくなると寂しいのね・・ダメよ!次!」ウ
「この子、ダニエルに振られたの、アシスタントになったのはただキャリア・アップしたいからよ!」マ
「私に忠誠心を見せて欲しいわね・・じゃなきゃクビよ!」ウ

 あら〜ベティとダニエルがいない間にこんなことになってるとは・・・
急に乗っ取り話が進んじゃいましたね〜続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月19日

「アグリー・ベティ」第十二回

「MYW」編集部へ初出勤したベティ(アメリカ・フェレーラ)は暖かく
迎えられる。
新しい仲間と新しい自分のデスク・・・やる気満々ですよ〜

 ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)はテッドと楽しく休暇を過ごしていた。
二人の時間を邪魔する携帯電話に
「水いらずで過ごしたいんだよ。テキサスに居る時みたいに・・
ミチバシリじゃなくアルマジロ的に過ごしたい」テッド
「あぁ〜テキサス風じゃなくもっと標準的に言ってもらえる?」ウィルミナ
「ほら、アルマジロってのはスローペースががやることやった後は寝っころがってる。
ミチバシリはせわしない鳥だ。どこまでも走り続けるが何の楽しみもない」
「アルマジロってよくハイウェイの真ん中で轢かれて死んでる動物でしょ?」ウ
「頭は良くないがただゆったりのんびりしている( *^)^*)チュウ」
 そこに又携帯が鳴って・・・でも携帯を放り投げるウィルミナ。
「これでいい?Mr.アルマジロ?」

 あら〜仕事人間のウィルミナが携帯に出ないなんて・・・
恋は人を変えてしまうのね〜

 さて、スアレス家に移民税関執行局からケースワーカーのコンスタンスが来て
イグナシオに尋問中。
犯罪者扱いの態度に腹を立てるイグナシオだったが・・
「移民税関執行局から見れば、あなたは明らかに犯罪者です!!
言っときますけど、あなたは不法入国したんですよ!
強制送還は我々次第だってことをどうぞお忘れなく!」続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月12日

「アグリー・ベティ」第十一回

 経理のヘンリーと急接近したベティ(アメリカ・フェレーラ)
「僕の運命の人だよ・・( 。-_-。)ε・ ) チュッ」ヘンリー
『(゚∇゚ ;)ハツ!私ったらウォルターがいるのに・・』
って、夢でしたね・・なのに罪の意識を感じてしまう真面目なベティ。

 一方、思いを遂げたダニエル(エリック・メビウス)とソフィアは
3週間もべったりと過ごしたのね〜
「お互い息抜きした方がいいんじゃない?
冷却期間を置いて確かめるの、気持ちが本物かどうか・・」ソフィア
「僕には君しかいないんだよ・・」ダニエル
「それがホントかどうか証明して!他の女性と付き合ってみるのよ」ソフィア

 証明って言われてもねぇ・・・
このシトはいったい何を望んでるんのかねぇ・・・

 クリスマスを前に、ヒルダ(アナ・オルティス)とジーナは大喧嘩。
ヒルダがジーナの家のツリーを車で轢いちゃった・・・縁起わる・・

 そして、すっかり態度がでかくなっちゃったマークさん(マイケル・ユーリー)。
ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)のための全粒小麦粉のベーグルも勝手に食べちゃったりして・・・
「いいじゃないのぉ〜、私達、何でも分かち合う仲でしょ?
あなたの謎のお友達も知ってるし・・」マーク

 調子に乗っちゃって・・大丈夫?マーク・・続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月05日

「アグリー・ベティ」第十回

ベティ(アメリカ・フェレーラ)の部屋で目覚めたダニエル(エリック・メビウス)。
「)゚0゚( どうして・・僕、ここに?君はどこで寝たの?」
「あなたの腕で・・」ベティ
「ヘ(゚曲、゚;)ノ~ ヒィイイイイイ!!」ダニエル
「なんてね、嘘ですよ。私は下のソファで」
「良かったぁ!いや・・ありがとう」
起きたけど、二日酔いと失恋のショックでドロドロなダニエル。

 一方、休日なのにウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)にオフィスに呼び出されたマーク(マイケル・ユーリー)はドッキドキ・・

「休みで誰もいない時を狙って、誰かが私のオフィスでバカ騒ぎをしたみたい」ウ
「( ̄ー ̄; ずうずうしい!何をしたの?」マーク
「飲んだり食べたりした上に、私の引き出しをひっかき回してこのデスクから
電話をかけたようね」ウ
「いったいその人どういうつもりなの?♪〜<(ФεФ;)>
感謝祭はパレードを見たり、何十回目かの「サウンド・オブ・ミュージック」を
見て過ごすものでしょう?」マーク
「あなたは今年もそうやって過ごした?」ウ
「ええ、実家でね。家族と一緒に」
「こっちへ戻ったのは?」
「トラップファミリーがナチスから逃げるシーンよ!
「エーデルワイス」の前に出れば夜中までには戻れるから」
「マーク!コレが落ちてたのよ!」

 って・・カシューナッツが・・・
アマンダってそんなに食べてたっけ?続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 10:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年11月27日

「アグリー・ベティ」第九回

 今回はそれぞれの感謝祭。
って・・・アメリカ文化に疎い私はわからないのですが・・
アメリカ人にとって「感謝祭」ってそんなに特別な日なんだねぇ・・
 一人で過ごすなんて耐えられない・・そんな日・・らしい。

 なのにベティ(アメリカ・フェレーラ)はダニエル(エリック・メビウス)がいつまでもオフィスにいるので帰れない。
ソフィアからの連絡を待っていらいらするダニエル。
「大丈夫ですか?」ベティ
「大丈夫じゃないよ!!
一日電話を待ったり、2分おきにメールをチェックしたり・・
これじゃまるで「SEX and the CITY」に出てくる恋に悩む女みたいだろ!」ダニエル
「あの番組好きでした」ベティ

 アマンダ(ベッキー・ニュートン)は新しい彼(妻アリ、子あり)と過ごそうと思ったのにキャンセルされてがっかり。
 マーク(マイケル・ユーリー)の感謝祭の予定は・・
「家族とクランベリーソースのかかった七面鳥を食べながら、カナダに住んでる彼女の事を自慢するわ┐('д')┌ 」
二人でウィルミナのオフィスで過ごさない?と誘うアマンダ。

 いいのかな〜?
そのウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)はヴェルサーチのパーティに出るために
クリスティーナに頼んでドレスのフィッティング中だったのに、ニコが感謝祭に帰ってくることに・・
「え〜〜?!いきなり変更されちゃ困るわ!」続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年11月21日

「アグリー・ベティ」第八回

 ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)は社長のブラッドフォード(アラン・デール)から、
スーパーマーケットの安売り王テッド・レボを接待して広告の仕事を取るよう命じられる。
嫌々彼の店で売っている安物のスーツを身につけ、オフィスをテキサス風に飾り迎える。
 ベティは憧れの作家であるソフィアにサイン本をもらった上に、
「MYW」で特集する記事の意見を求められドキドキ・・
でも、普通の女性が対象と言いながら
「セックス依存症、その発見法と防止法」って・・・アメリカは病んでるわ・・

 ベティ(アメリカ・フェレーラ)はダニエル(エリック・メビウス)から
週末に高級ホテルに泊まって、そのレビュー記事を書くよう言われ、
チャンスに大喜び・・
 でも、週末はウォルターとアトランティックシティへ行く予定だったのよね・・
って・・アトランティックシティってどんなとこ?って調べたら
ラスベガスみたいな感じなんだと・・

 仕事優先のベティはウォルターにアトランティックシティ行きを断って、
一応、ウォルターも誘ったんだけど・・・
「イヤだよ!マンハッタンのダサいホテルで過ごすなんて!
僕はアトランティックシティのカジノでがっぽり稼いでやるんだから!」

 一人でホテルに乗り込んだベティはモダーンでおしゃれなホテルの雰囲気に
呑まれながらもスウィートルームで楽しく過ごす。
でも、「モード」って名乗ってたよね・・
こういうのって匿名じゃないと、ありのままの対応を見ることはできないんじゃ・・?続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月14日

「アグリー・ベティ」第七回

 さて、父親イグナシオの不法入国の件を弁護士に相談するスアレス家のみなさん。
「まさか強制送還に?!家族もいるし、税金も払ってるし、メッツファンなのに?!
すっかりアメリカ人よ!」ベティ(アメリカ・フェレーラ)
 相談料はヒルダの顔で無料だったけど、雇ったら2万ドルもかかるって!
頭を悩ませるベティとヒルダ。

 ダニエル・・先週、父親に説教されたはずなのに懲りてないよ・・
アマンダと一晩過ごして一緒に出勤したのに、ラテン系の美女に引寄せられる。
しかし、この女性・・・いくらコーヒーがかかったんだか何だか知らんけど
いきなり密室でシャツ脱がなくても・・ダニエルの事をからかってるとしか思えんぞ・・
 で、その策略にまんまとひっかかってしまうダニエル。

 「モード」編集部では「2007年必須アイテム特集号」の打ち合わせが行われていた。
「とにかく一番大事なのはこの特集号によって読者の生活に変化をもたらすこと。
平凡な毎日をワンランクアップさせて変化をもたらこと。
来年こそはいい年になると読者に約束するの。
恋愛関係の悩みや人生の問題にも答える。
肝心なのは来年の不可欠なファッションアイテムを提案すること!」ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)

 そ、そんな万能の書なの?モードって・・・??

 さて、スイスの全寮制の学校を退学になった娘のニコが戻ってきて
ウィルミナのペースも乱れがち・・
すぐに別のフランスの全寮制の学校入学の手続きを始めるウィルミナに
反発してデパートで万引きをするニコ。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月06日

「アグリー・ベティ」第六回

 今回はハロウィンでのそれぞれの恋模様を・・
日本じゃいまいちなじまない「ハロウィン」・・でもベティの住んでる所じゃ
町中で楽しんでるようですね〜
お父さんもドラキュラの扮装をしたり、血のりを仕込んだりと楽しそう。
ジャスティンも「踊る大紐育」のジーン・ケリーになったりしてかわいかったわ〜

 ベティも「モード」で仮装コンテストがあるというメールをもらって蝶の扮装をして張り切って出社。
こりはもちろん、マーク(マイケル・ユーリー)のいたずら・・
なのにそのままの格好で仕事をするベティ(アメリカ・フェレーラ)・・いいのか?
マークはポンチョを着てベティの扮装・・こらこら!

 ダニエル(エリック・メビウス)は無くした時計を探すようベティに頼む。
一緒に過ごした女の子のどこかの部屋にあるはず・・
(;¬_¬)ジーーベティの冷たい視線を浴びるダニエル。
「誰と寝たかはもちろんちゃんと憶えてるし、電話番号も控えてある・・
ただ何曜日にどの子と会ったのかはいまいちはっきりしない・・」と
曜日ごとに分けた女の子のリストを渡すのでした。(月曜日だけ空白)

 ウィルミナも(バネッサ・ウィリアムズ)10歳年下のジェイソンとのデートを控えていた。
でも、ファッションTVでその事をからかわれへそを曲げるのでした。

 そして、ウォルターから部屋の鍵を渡されたベティは経理のヘンリーの事も気にななっていた。
その事を、クリスティーナに相談すると
「他の人とも付き合ってみたら?
彼は初めて焼いたパンケーキ・・・練習用よ、捨てちゃうでしょ?」
「捨てないわよ。もったいない」ベティ
「あなたはサナギから孵ったばかりなのよ。
このまま一生決めちゃう前に羽を広げて世界を飛んでみたら?出会いを求めて・・」続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月31日

「アグリー・ベティ」第五回

 今回のテーマは「秘密」?

 初めて業界のパーティに出たベティ(アメリカ・フェレーラ)は舞い上がる。
そんなベティを影で笑いものにするマーク(マイケル・ユーリー)とアマンダ(ベッキー・ニュートン)。

 「モード」はクリスマス号の撮影準備で忙しい。
今回のコンセプトは「黙示録ものクリスマス」核戦争後の世界を新進デザイナーのファッションを使って表現・・よくわからん・・( ̄ー ̄?)

 さて、パーティでベティは最初はバカにしたふうだった業界人をも惹きつけて人気者になったようですね。
「あの子大人気ね・・ゲイ・パレードのライザ・ミネリみたい( ̄‥ ̄)=3」マーク
 家に帰れば元彼のウォルターが家で食事をしていた。
「何でいるの?」
「火曜はタマーレの日だから・・」ウォルター

 この「タマーレ」・・初めて知りましたが「とうもろこしの粉からできた薄いパンに調理した鶏や豚の肉を乗せてをとうもろこしの皮に包んで蒸したもの」だそうです。
メキシコではよく食べられるものらしい・・何か美味しそうですね〜
 あと、ミランダが食べていた「フラン」・・
これはメキシコ風のプリンなんですってよ・・このドラマ見てるとメキシコ料理を本格的に味わってみたくなるよ〜

 さて、「憧れの職業に就いている人」のレポートを書くためについて来た甥のジャスティンと出勤してみれば・・カメラマンのビンセントが荒れまくっていた。
どうやら「イザベラ」にクリスマス企画を丸ごと盗まれたらしい・・
緊急ミーティングが始まった。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月24日

「アグリー・ベティ」第四回

 さて、ミード出版のクローゼットの衣替え、使った衣装や小道具が一斉処分(つまりタダでもらえる)の日となり大騒ぎ。
しかし、ベティ(アメリカ・フェレーラ)は経費の書類の提出期限が迫ってるため忙しい。
ダニエル(エリック・メビウス)からドサッと出されたレシートと領収書の山を整理しなければならない。

 さらに父親の持病の薬を買いたいのに保険調査が済むまでは保険の利かない金額で薬を購入しなければならない。
197砲發梁膓發魯好▲譽慌箸砲呂覆ぁ
いったいどうしたら・・?
おまけに別れたはずの恋人のウォルターが貢物(何にでも使えるリモコン)を
持って復縁を迫る・・忙しいったらありゃしない・・

 社長に呼び出しをくらったベティが「私が取ったのは付箋だけです!」
って、告白したところには笑ったわ〜。
会社の備品に対する感覚って、アメリカでも同じなのかしらね〜
 ブラッドフォード(アラン・デール)は、ダニエルのところに
かかってくる謎の女性からの電話を気にしていた。
「以前クビにした女性」で、今後、電話があったらその内容をダニエルに内緒で教えて欲しいと命じられるベティ。
 
 謎の女性は亡くなったはずのフェイなんですよね?
彼女とブラッドフォードはどういう関係だったんでしょうか?
「不滅の愛を込めて」ってオルゴール持ってたけど、あれってブラッドフォードが送ったんでしょうかね・・?続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)