プレミアムドラマ「エンジェルフライト」第2話 テロに打ち砕かれた開発支援プレミアムドラマ「エンジェルフライト」第3話 社葬 VS おかめ食堂

2024年06月19日

きこりのテレビ日記 #168

 6月17日(月曜日) くもり

 『アンチヒーロー』last episode(最終話)正義(録画)(TBS)

 人は過ちを犯す。それはしかたのないことだ。
しかしその過ちに気づいた時、どんな選択をするかで未来は大きく変わる。
真実に向き合わず己の欲望を優先させた時、正義はゆがむ。
隠そうとしても己は知っている。
自分の中で闇が膨らみモンスターのように育ち、コントロールできなくなっていく。

 でも、選択の瞬間は常にある。
遅すぎるということはない。

 志水さん(緒形直人)から奪われた時間と人間としての誇り、それを思うともっと早く真実が明らかにされていたら・・と思うが、一度見失った真実を取り戻すにはそれだけの時間が必要だった。

「あの裁判から、ずっと考えていました。
法律とはいったい何なのか。
罪を償い、やり直すためにあるのが法律だと前まで思っていました。

 でも今は知っています。
罪をつぐなったからと言って許してくれるほど世の中甘くない。
公平でもない。
そんな不条理と戦うためにアンチヒーローが必要なのかもしれません。

 だから今度は僕が、
あなたを無罪にして差し上げます」赤峰(北村匠海)


 ハイ!二代目襲名決定!!おめでとうございます!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 「罪」と「正義」、それは光の当たり方によって様相が変わってくるのだろうか。
その罪は本当に悪なのか。
その正義は誰のための正義なのか?

 悪の形をとる正義もある。
その正義に向き合うことは許されることなのか。
明墨も赤峰も自らに問いかけ続けながら法の世界に生き続けるのだろう(って、今回の件で弁護士資格はく奪されなきゃね( ̄▽ ̄;) )。
「アンチヒーロー」なんていない方がいい。でも彼らの力が必要な時もある。

 やっぱり緑川(木村佳乃)がこっち側じゃないと成功しない作戦だったよね。
長い闘いだった。
でも気づいてもらえない志水さんもいるかもしれない。
人が人を裁く限り。

 いや〜面白かったわ〜
最終回、また不気味なトーンで法廷を回す明墨(長谷川博己)が見られて満足満足。
かっこいいドラマだった。それぞれが役割をビシッと決めてくれてさ。
始まった時、何か理由があるんだろうけど罪のある人間を無罪にするってどうなの?と思ったが、人が人を裁くことの難しさ、人間の思いこみによる怖さや弱さ、時に危険だけど信念を持ち続ける尊さ、そんな人間のしぶとさ、いろいろと考えさせてくれたドラマだった。

 ベストメンバーだったけど、地味ながら常に明墨の斜め後ろぐらいの位置にいて確実に仕事をこなす青山さん(林泰文)が特に好きだったなぁ。彼らが今後どんなアンチヒーローぶりを魅せてくれるのか、「シーズン2」期待していますわ〜!





 6月18日(火曜日)くもり・・だけど暑いぞ!27度

 暑くなるのが早すぎる。6月と言えば『リラ冷え』じゃんか!
毎年寒くてストーブ焚いていたじゃん!『リラ冷え』を返せ!
暑さのせいで、いつもより早くエネルギー節約モード・・というか、外に出たくない・・というか、動きたくない。眠い。こういう時ひとり暮らしで良かった〜って思ふ ( ̄▽ ̄;) 誰の目も気にせずだらけることができるもんね。多少の罪の意識はあるが。おばちゃんの罪の意識なんて軽い軽い。

 『エンジェルフライト』第2話 テロに打ち砕かれた開発支援(録画)(NHKBS)

 無差別テロにより失われた命。
本当に誰を恨めばいいのか。
自分で選んだ道とは言え、志なかばで命を奪われた時、残された家族は心の中でどう折り合いをつければいいんだろう。

 改めて「エンジェルハース」の仕事の意味をつきつけられた回。
御遺体修復と死化粧は大切だ。対面した最後が凄惨なままだったら、家族はその姿を一生忘れられず苦しむだろう。自分を責め、家族を責め、悲しみの地獄がより深くなる。死化粧は、死者のためでもあるけれど、これからも生き続ける家族のためだ。命が奪われたのは許せない、テロリストは憎い、でも死に顔が安らかで眠っているようだったら、せめて救われる。「おかえり」と言って迎えてあげることで、やっと死と向き合うことができる。

 『死と向き合うってことは生と向き合うこと』

 途切れてしまった命を見届け、その人の思い、歩いて来た道、人生そのものを受け止める。そして受け止めながら、自分も生きて行く。
生きることで、いなくなってしまった家族と共に生きていける。

 前回もだったけど、見ていると涙が止まらない。
大切な人の死と向き合おうとする家族の、その愛に。エンジェルハースのメンバーの、故人とご家族に寄り添い仕事を全うしようとする真摯な姿に。


 『パンドラの果実』season 3 最新章SP (録画)(日本テレビ)

 「パンドラの果実」ってseason2やったっけ?私、全然覚えてないんだけど・・と思ったら、Huluオリジナルドラマとして配信してたんだね ( ̄▽ ̄;) コレ、見てなくても大丈夫な感じ?と思いつつ一応見てみました。

 まぁ、小比類巻(ディーン・フジオカ)と最上(岸井ゆきの)との距離感もseason1とたいして変わっていないみたいだから大丈夫だったわ。

 進化したAIGは感情を持つのか?
人間のような感情表現を学習によって会得することは可能かもしれんが、自ら感情を発信することはないのでは?知らんけど。でも作ったのは人間だから、その人間の思いは受け継ぐかもしれない。人間はどこかに印を残したいものだから。

 罪を犯し逃亡中の息子の体調を心配し呼び寄せ、チェスでわざと負けて、責任を取って初期化させる。まるで母親の気持ちを投影させたような「メーティス」の行動。目的のためには国民を人質に取り決断を迫る。冷酷な判断と、特定の人間にだけ示される母性的な愛情は、まさに神そのもの。シーズン1ってどんなだったかな〜思い出せないけどゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 今回は科学とファンタジーがいい具合に混ざり合っていて、ちょっといい話的ラストになっとった。
でもHuluは、お金かかるから続きは見ないよ〜



 6月19日(水曜日)十勝晴れ〜珍しく爽やかな暑さ。昭和みたい。

 『くるり〜誰が私と恋をした?〜』第11話(最終話)(録画)(TBS)

 面白かった〜!久しぶりに恋愛もの楽しんだわ〜
記憶を失ったまこと(生見愛瑠)の自分さがし。
でも探さなくったってちゃんとあったし、自分は日々新しく生まれ変わっている。
記憶はその人の歴史であり宝物ではあるけれど、拘っていたら前に進めない。
「今」の自分を受け入れ、「今」の自分を大切に生きて行く。

 押し込めていた自分を解き放つことができた、まことのこころの旅。
めるるがフレッシュに素直に演じてくれたから、こちらも素直に見つめることができた。
それを支える三人の男衆。
彼らもまことと一緒に自分自身を見つめ、ほんの少し自由になれたかな。
爽やかなドラマでございました。



人気ブログランキング
人気ブログランキング
テレビ・ラジオランキング
テレビ・ラジオランキング

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:47│Comments(0)テレビ日記 | 2024年ドラマ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プレミアムドラマ「エンジェルフライト」第2話 テロに打ち砕かれた開発支援プレミアムドラマ「エンジェルフライト」第3話 社葬 VS おかめ食堂