きこりのテレビ日記 #156韓国ドラマ「涙の女王」第7話

2024年03月31日

きこりのテレビ日記 #157

 3月29日(金曜日)雨

 7時30分 BSP『ブギウギ』 第26週「世紀のうた 心のうた」126話(最終話)

 終わっちゃったね〜寂しいけれど、笑顔で別れることができる。半年間、もちろん泣かされる場面も多々あって、目薬刺してから出勤したこともあったし、感動して丸まっちゃった時もあったけど、楽しかった〜!という思いの方が強い。今まで見て来た朝ドラとの別れでは味わったことのない清々しい気持ちですっきりと見送ることができる。

 正直、見る前は趣里さんにそんなに期待はしていなかった。よく知らなかったしね。でも、今は趣里さんだからこその「ブギウギ」だったし、その凄さに立ち会うことができた幸せを感じている。演じるとはこういうことなんだなぁ・・・笠置シヅ子というモデルを芯に福来スズ子という新しい人物を創り上げ、その時代とともに、歌い、愛し、義理と人情を胸に生きる。趣里さんという役者は消え、確かな存在感で福来スズ子だけがいる。そこには笠置シヅ子すらいない。ブギの女王・福来スズ子が居た世界線だけが残る。

 そしてこの人がいなければ福来スズ子は福来スズ子ではなかった、羽鳥先生。でも羽鳥先生もスズ子という歌手と出会うことでワクワクしながら音楽の世界で子供のように遊んでこられたんだよね。

 今までわたしゃ、つよぽん苦手だったんで一切ドラマ見てこなかっただが、「ブギウギ」に登場してからすぐに解消(笑)。一見、スティックっぽい(ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ)んだけど、完璧にできあがっているから、目の動きや眉毛の表情だけの繊細な表現だけで確かに伝わってくる。つよぽんって、すごい人だったんだね ( ̄▽ ̄;)

 歌手としての幸せを味わってきたスズ子が、愛子と血の繋がらない家族とともにすごす平凡な幸せも実感しながら生きていくラストも良かった。なんかいろんな人がつぶやいているけど、朝ドラ終わったら1週間ほど余韻を味わう時間が欲しいよね。次のも面白そうなのはわかるんだけど、なんかすぐ次に行けない( ̄▽ ̄;) だもんで2,3週間はもやもやしながら見ているのよね。



 韓国ドラマ『ヴィンチェンツォ』(Netflix)

 いや〜面白かった。
って、正直、7話見終わるまでに1年ぐらいかかってるんのよね ( ̄▽ ̄;) 騙したり騙されたり、殺したり殺されたり、助かった!と思ったらやられるとか・・ホラ、ヒヤヒヤするのイヤだからさ〜ちょっと見ては休憩して別のラブコメとか見て、また見て・・を繰り返していたのよ。でも10話あたりから止まらなくなった。なんだよ、コレ、私の大好きな世界じゃん!また最初っから見直したいぐらい。なんせ完走までに時間かかってるから最初の頃の話忘れてるしね・・・

 面白く無かったら1話の10分でやめる私がマイリストから外せなかったのは、ヴィンチェンツォと鳩のインザーギとの関係が気になったから。なんでこのテイストに鳩が?変なの(褒め言葉)、妙なセンス(褒め言葉)。で、やっぱり最後まで見て良かった。クールなのにあったかい、ハチャメチャなのに根っこが揺るがないから安心してノレる、ファンタジーなのにリアル、残酷なのに美しい、恐ろしいのに笑える。

 どうしたらこんなへんてこりん(褒め言葉)な設定と次々展開する物語が構築できて、映像に表現できるんだろう。サスペンスとコメディの配合具合も絶妙だったし恋愛パートは香る程度なのも好みだった。この脚本家パク・ジェボムさんと演出のキム・ヒウォンさんの他の作品も見たい。

 そしてやっぱり主演は好みのお方じゃなくちゃね。
「太陽の末裔」第一話15分ぐらいでリタイアした私だが、このドラマのソン・ジュンギ様は、も〜〜とにかくかっこよくて美しくてぇ〜〜アクションもきれいなのよ。そうだ、ずっとスーツだったのも得点高し(笑。「悪魔を苦しめることができるのは、もうひとりの悪魔だけ」という言葉通り、目的のためにはどこまでも冷酷で非情になれる男。これからも悪人として生きる覚悟のある男。

 そしてクムガ・プラザの住人達も回が進むにつれて次々と隠していた部分が出て来て、ますます一人一人の個性が際立ってくるし、それがストーリーにハマりながら進行していくのよね〜。コレ、演じる側もすごく楽しかったと思う。人が死にすぎるのがアレだけど、私の中の殿堂入り韓ドラがまたひとつ増えたわ〜




 3月30日(土曜日)晴れ・・のような。強風。

 気圧差なのか頭が痛い。でも家にいる時より職場にいる時の方が頭痛を感じるので、もしかして仕事中息をつめていてしっかり呼吸できてないのかしらん・・とか思ったり。

 7時15分 NHKBS 『まんぷく』「いきましょう!二人で!」第146話(最終話)

 ホント言うと「ブギウギ」より「まんぷく」終わる方がすごく寂しい。みんな大好きだったわ〜
『オードリー』も堺様や佐々木蔵之介様が出るから見るけど〜なんか主演の女優さんがあんまり・・・(ええ、私は好き嫌いの激しい女)。それに調べたら産みの母と育ての母の間で確執が・・って朝からヤダなぁ・・( ̄▽ ̄;) ま、結局見るけどね。

 萬平さんの狂気も中々だったけど、ハセヒロには日曜劇場「アンチヒーロー」でさらなる狂気を魅せて欲しい。HP見たらビジュアルも見るからにヤバそうだし。期待できそう(笑
 
 『不適切にもほどがある!』第10話(最終話)アップデートしなきゃダメですか?

 2024年も、いずれ過去になる。
令和人から見た昭和がとんでもなく野蛮で不適切案件だらけだったように、2054年の(その頃の和暦は何になっているのかな?)人間にしたら令和という時代も酷かったね〜と言われるんだろうな。どんな時代も生きずらいし、そこに生きる人間は大切な人のために未来はもっとマシになっていて欲しいな〜と思うのだろう。

 時代は変わっても結局は人(「正直不動産2」か!)なんだと思う。
令和から戻り、様々なことを体験した地獄の小川(阿部サダヲ)は仏の小川に変わった。故に以前の小川とは違う小川が小川の周りの世界を変えていく。キヨシ(坂元愛登)との出会いと過ごした時間を受けて佐高君は自分の人生を変えた。そのお陰で井上(三宅弘城)はタイムマシンの研究が続けられタイムトンネルを発見することができた。小川のいたずらで付き合う予定の無かった(かどうかはわからない)渚(仲里依紗)と秋津( 磯村勇斗)は恋人同士になった。

 そして卒業式で「オマエらの未来は面白ぇから!」と小川に言われた生徒たちの中にも革命が起こるかもしれない。門出を未来の音楽(Creepy Nutsの「二度寝」)(初めて歌詞をちゃんと聞いたら、このドラマに当て書きしたのかって内容だったのね〜( ̄▽ ̄;) )で送ってもらったことで人生は変わらないかもしれないけれどゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 多分昨日とは違った新しい風が吹いて、その風がバタフライエフェクトのように巡り巡って未来を変える・・・というか人間が変えていくんだね。

 それでも大学生になった純子(河合優実)はゆずる(錦戸亮)と出会って、結婚し、渚が生まれ、阪神・淡路大震災は起きて、小川と純子は亡くなってしまうのかもしれない。あるいは令和から戻った小川のいる世界線では起きないのかもしれないし、タイムトンネルのおかげでどうにかなるのかもしれない。

 久しぶりにハマれたクドカン脚本のへんてこりんな(褒めてます)ドラマ。
面白いような面白くないような、見終わった後、いつもモヤッイラッとするような奇妙な感覚を抱きながらも、クドカンワールドの登場人物達に会いたくて毎週楽しみに見ておりました。「寛容」の意味を辞書で調べちゃったよ(笑)クドカンにはもっともっと変な(褒め言葉)ドラマを作っていって欲しい。ドラマにも未来を変える力があるとわかっているから。


人気ブログランキング
人気ブログランキング
「#テレビ番組」人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
韓国ドラマランキング
韓国ドラマランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 10:26│Comments(4)テレビ日記 | 2024年ドラマ

この記事へのコメント

1. Posted by 桔梗   2024年04月01日 17:39
今日から新学期だね。子供が小さい頃は何だかんだ忙しかったよね。
もう戻りたくはない。
「ふてほど」終了してしまった。
最後にトイレの謎も解けてよかった〜。ドクみたいな井上も登場して(笑)。
佐高君の車もあれっぽかったね。
マスターや佐高君は未来から来たって信じてくれたんだね。
サカエちゃんは最後まで出番があったのね。キヨシは自分が生まれてこないといけないから必死だよね〜。
最後だからと、同性婚、女装癖、渚と秋津君のカップルと色々盛り込んだね。
秋津君は恋愛しなきゃダメですか?なんて言ってたのに、すっかり恋愛体質になっちゃって・・。
市郎の変化はずっと見てきたから分かるよね。今更煙草どこでも吸ったり、けつバットやるとは思えない。
市郎とサカエさんの話を聞いてると、どっちの時代もしんどいわ。これから30年後なんてどうなってるんだろう。
純子と渚のスパゲッティ食べてる時のシーンよかったね。親子にみえた。
キヨシも好きたけど、渚の赤ちゃん可愛かった〜。あの笑顔もっと見てたい。
最後にタイムトンネルが出てきて、今度は他の人が主人公でもいいからまた見たいね。しばらくは妄想でもして名残を惜しむか・・。
2. Posted by きこり→桔梗さん   2024年04月02日 16:34
> 今日から新学期だね。子供が小さい頃は何だかんだ忙しかったよね。
> もう戻りたくはない。
そうなんだよ。忙しくも充実してはいたけど戻りたくはない(笑
新入学の子供と親を見ていると懐かしいような、いろいろ頑張って〜!って気持ちになる。
> 最後にトイレの謎も解けてよかった〜。ドクみたいな井上も登場して(笑)。
そうそう!あの年齢になるまで頑張って研究続けてたんだね。
> 佐高君の車もあれっぽかったね。
気づかなかったけど、そうだわ〜!時代遅れのスーパーカー?と思ったらデロリアンだ!(笑
> サカエちゃんは最後まで出番があったのね。キヨシは自分が生まれてこないといけないから必死だよね〜。
そうだけど、ホントにあの二人結婚するのかな?過去人と関わったことで気持ちの変化はなかったのか?(笑
> 秋津君は恋愛しなきゃダメですか?なんて言ってたのに、すっかり恋愛体質になっちゃって・・。
恋愛感情抱いたことないって今時だな〜と思ったけど経験したことなかっただけ。これからはジャンジャンいろんな子と会いそう。
> 市郎の変化はずっと見てきたから分かるよね。今更煙草どこでも吸ったり、けつバットやるとは思えない。
すっかり変わって令和風吹かせてたね(笑
> 純子と渚のスパゲッティ食べてる時のシーンよかったね。親子にみえた。
タイムマシンが使えて一番良かったことだよね。亡くなったお母さんとの思い出を作ることができるなんてさ。じ〜ん・・としたよ。
> 最後にタイムトンネルが出てきて、今度は他の人が主人公でもいいからまた見たいね。
令和人が未来に行くパターンも見て見たいね。あるいはあのあと、本当に歴史は変わらなかったのか教えて欲しい。
3. Posted by 桔梗   2024年04月08日 18:35
純子の部屋に阿部寛さんのでかいポスターがあったことも書いておかねば・・。
阿部つながりのスタッフさんの遊び心なのか(笑)。
最初は不適切な市郎とコンプラおばさんのサカエさんだったのに、次第に二人が互いを認めあっていくのがよかったと思う。
後半なんて、サカエさんが昭和で市郎と関係なく恋愛?したりして登場場面が増えていったような・・。
このドラマは一人ひとりが皆主人公であったと思える様なドラマだね。

先日深夜に「ちりとてちん」の関連番組やってたね。いつまでも愛されてるなーと感じたよ。
4. Posted by きこり→桔梗さん   2024年04月09日 15:41
> 純子の部屋に阿部寛さんのでかいポスターがあったことも書いておかねば・・。
あった!あった!まさかこの青年がこんないい役者さんになるとは思えない感じ(笑
> 阿部つながりのスタッフさんの遊び心なのか(笑)。
細かく見て行ったらいろいろあるんだろうな。
私はほとんど気づかないけど(笑
> 最初は不適切な市郎とコンプラおばさんのサカエさんだったのに、次第に二人が互いを認めあっていくのがよかったと思う。
全否定からお互いのいいところを認め合うようになって、いろいろ知られちゃってるし、戦友みたいな感じかな?
> 後半なんて、サカエさんが昭和で市郎と関係なく恋愛?したりして登場場面が増えていったような・・。
安森先生、意外と好きだった(笑
昔のハンサムさんって感じでちょっととんちんかんで。
> このドラマは一人ひとりが皆主人公であったと思える様なドラマだね。
そうだね、クドカンらしく捨てキャラは1人もいないよね。
> 先日深夜に「ちりとてちん」の関連番組やってたね。いつまでも愛されてるなーと感じたよ。
録画し忘れちゃったのよ〜!かなり経っているのにちりとてファンは熱いね。それだけ心に残るし語りたいドラマなんだろうな〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
きこりのテレビ日記 #156韓国ドラマ「涙の女王」第7話