韓国ドラマ「涙の女王」第5話きこりのテレビ日記 #156

2024年03月26日

韓国ドラマ「涙の女王」第6話

 『エピローグ』が切ない。
こうなってしまうと余計に。
ヘイン(キム・ジウォン)の初恋の相手はヒョヌ(キム・スヒョン)だったんだね。

 まだヘインがインターンやってた頃、退社時間に雨が降り出し、ヘインが気になる存在だったヒョヌは自分の折りたたみ傘を彼女に渡し、自分は濡れて帰った。

 迎えの車の中でヒョヌの傘を笑顔で見つめるヘイン。
そしてバス停に駆け込んだヒョヌがめちゃくちゃ嬉しそうな顔になっているのを見た。『俺はやったぜ!』てな感じでヘインへの溢れる思いと、勇気を出した自分に誇らしさ一杯の。

 それからヘインは帰宅するヒョヌの乗ったバスを遠回りして見守るようになった(高級車の中から)。「バス停の君」を見つめるヘインはすごく幸せそうだった。


「眺めるだけでも満足で、つい考えてしまう。
顔が見たくて遠回りする。
それが初めてなら初恋なのよ」


 あの頃のヘインは恋心に気づいて欲しい、ただひとりの純な女性だった・・・

 さて、スチョル(クァク・ドンヨン)の嫁・ダヘ(イ・ジュビン)は想像以上のあばずれだった ( ̄▽ ̄;) 彼女もウンソン派の一員だった!てか、もしかして子供もウンソン(パク・ソンフン)の子なんじゃないのお?財閥あるあるでDNA検査もしたらしいが、こいつらだったらいくらでも書類偽造しそう。

 てか、ウンソンと同じ施設にいたんだね。
会長(キム・ガプス)が施設を訪ねた時、花束を渡した女の子がダヘだった。あの時、スチョルも一緒に来ていて、一人息子と知ると『将来、結婚しよう』と迫っていた。すぐ逃げられたけど。


 ヘイン達の留守の間に二人の居住スペースに忍び込み、ヒョヌの机の中も荒探し。ヒョヌを追い出す材料を捜しに来たようだが、グレイスが3年かけて調べてもヒョヌからは何も出なかったらしいぞ。さすが清廉潔白なヒョヌ ( ̄▽ ̄;) でもウンソンは机の中にあった『チュソン24』という会社のカードを発見し持ち去っていた。

 この会社には狩りの時の森の中の様子が映っていると思われるデータ復元をヒョヌが頼んでいた。まだヒョヌは気づいてないけど、ダヘが熊をおびき出そうと餌を蒔いているところが映っていたのさ〜もちろんウンソンはすぐに手を打ち、データを握りつぶし、きっと大金を渡したんでしょ?会社を閉店させちゃったのよ〜でも、そのことをヤンギ(ムン・テユ)から聞くと、会社のそばに止めて置いた車のドラレコデータを確認するようヒョヌは指示していた。デキる男だね〜

 てか、恐ろしい世界だよ。
ウンソン一派を一応紹介しておくと、まずウンソンでしょ〜そしてダヘ、ヘインの母・ソンファ(ナ・ヨンヒ)御用達エステサロンを経営しているグレイス(キム・ジュリョン)、会長の金庫番だったソンチーム長、さらにヒョヌの秘書まで!そしてもちろんモ・スリ(イ・ミスク)も。

 ボムジャ(キム・ジョンナン)が探偵に調べさせたところによると、彼女の本当の名前は『オ・スリョン』。でも30年前に死んだことになっている。オ・スリョンは姦通罪で掴まり、死ぬ3年前に刑務所内で男児を出産していた。多分、この子がウンソンだよね。

 この情報を掴んだのがボムジャってのがな〜
彼女が何言っても家族は信用しないだろうし。

 いや〜しかし長い時間かけて準備したんだね。
会長の奥さん、心臓発作で亡くなっているらしいけど、もしかして殺したのもこいつら?



 その頃、ドイツにいるヒョヌとヘインはいい感じ。
やっと夫婦として心が繋がった充実感を感じていたかしら〜?
リラックスしているヘインはそれでも自分が死んだ後のことをヒョヌに頼み始めた。

・祭祀はしないこと(祭祀の料理が嫌い)
・景色とワインを楽しみながら私を思い出して。ヘルキナの新商品と一緒に
・訃報記事には美談も入れて(ヒョヌは『無いよ』と)
・お葬式には敵対していた人達が来るから気を引き締めて
・悪口が出たら訴えて


「多分、誰も泣かないわ。
あなたが泣いて。約束よ」
「僕に泣いて欲しい?」
「気持ちは半々よ。
悲しんで欲しいけど、あまりにも悲しむのは嫌。
永遠に忘れないのは重荷だけど、
すぐ忘れたらムカつく」
「どうしろと?」
「そうね。惜しんで欲しいかな。
私がいない世の中を嘆いて欲しい」


 ヘインの言葉を涙を堪えながら聞くヒョヌであった。
もうヒョヌの心はあの頃に戻っているよね。
ヘインから遺言書の内容を書き換えると言われても

「ありがとう。でも、今はだめだ。
君が完治を宣言された時に作り直して」


 ベストな返しデスヨ!
でもヒョヌの本当の気持ちだもんね。

 で、夜になると緊張感が漂う二人(笑。
ま、お高い部屋だろうから寝室はたくさんあるんだろうけど、この流れだと一緒の部屋だよね(笑)おずおずと尋ねるヒョヌ。

「今日から一緒に寝てもいい?」

 すぐには応えないヘインの態度を見て、
だめか・・と立ち去ろうとしたら・・・
腕を掴むヘイン。

オーケー・・・」ヘイン

 めでたく二人でベッドイン(ただ隣同士で布団に入ってるだけ)。
照れているのか交通事故に遭った宿敵・イェナの話を始めるヘイン( ̄▽ ̄;)
病院に運ばれた彼女を見て夫がまず遺産相続の心配をしたらしい。

「この世界では誰かが死んだら最初に出てくる話題よ。
あの財産はどこへ行く?
現金、不動産、株、相続税の話ばかり。
妻の葬式で夫はトイレで笑うそうよ」ヘイン
「・・・・」ヒョヌ
「純粋なのは・・あなただけ」


 いやいやいや、本当に純粋なのはアナタよ( ̄▽ ̄;)
ヒョヌ、居心地が悪いったらありゃしない。
でも褒め殺しは、まだ続く・・・

 病気を告げた時に「愛している」と言ってくれて、すごく安心したこと、
朝、呼吸をしているか心配して確認に来てくれたこと、
咳にも大騒ぎ・・・

「遺言書や名義や財産などに興味も無い人よ。
尋ねもしなかった。
私が心配で夜を明かしたのよね。
私の夫はそういう人よ。
こんな男はいない。
夫運だけは最高だわ」
「・・・・いや、夫運だけはない・・」ヒョヌ


 いたたまれなくなっちゃったけど、
今のヒョヌは本気でヘインを心配しているし、
見つめる目にも愛おしさが溢れとる・・・
教会でも彼女のために(多分)祈ってたもんね。

 翌朝、研究所から治療してもいいよと連絡が入り、喜ぶヘインだったが、実は前日にヒョヌが所長に会いに行き、脅していた。ヘインが研究所を支援する協定を結んだのは治療に対する感謝の印なのに何の治療もしないなら詐欺でしょ!法的措置も取るしメディアにも流すぞってね。所長はまず注射治療法で白血球数を増やすことから始めると約束してくれた。

 気持ちが繋がった二人は恋人同士の時間を久しぶりに楽しんだ。
嫉妬したり、しかえしたり。
新婚旅行の時に行った「愛の南京錠」がかかっているホーエンツォレルン橋(多分)で、自分達がかけた錠を捜したり、散歩したり、ヘインが望んだとおりの時間が過ぎていた。

 その後、治療のため病院に来た二人だったがヘインが行方不明になってしまった。
ヘインは兄に似た少年を見つけて、病院の外まで追いかけて行ったのさ〜探しに来たヒョヌ(見つけた時泣きそうな顔で抱きしめていた)にヘインは兄のことを初めて語った。

 9歳の夏休みに海でボードに乗った時、原因不明の事故が起こり溺れたヘインを兄のスワンが助けてくれた。ヘインは無事だったけど兄は亡くなってしまった。母のソンファは、そのことを決して許さず、ヘインもずっと罪の意識を抱えている。

「兄の代わりに生きてる気がしたの」

 死期が近づくと自分を愛した人が天使になって会いにくると言うから、兄が迎えに来てくれたのかもというヘインに注射の副作用で幻覚が見えると伝えるヒョヌ。

「でも、あなたが死ぬ時には天使になって迎えに行く。
私が迎えに行けば怖くないでしょ?」
「そうだな・・頼むよ・・(内心号泣)
今は食べよう。たくさん食べて頑張るんだ」


 自分へのヘインの愛情を知り、心揺さぶられるヒョヌ。
二人の心がぴったり寄り添っているというのに・・・
クィーンズは揺らぎ始めていた。

 ウンソンの指示で防犯カメラの修理といつわりグレイスが業者を呼び入れ、ヒョヌの部屋の中にある金庫を開けていた。中から出て来たのはヒョヌが第1話で作った「離婚に関する合意書」。あ〜〜やられちゃったね。てか、この家の人達、グレイスの言う事聞きすぎだよ。まぁ、それだけ時間をかけて信用させてきたんだろうけどさ。

 さらに会長が大好きなナポレオンの絵を贈呈。
気分を上げたところでヒチョルの投資計画についてチクリ。ヒョヌの意見で外部のコンサル会社に調査を依頼していたんだが、かまいませんよ〜と余裕の笑顔を見せながら他者とも話を進めていますからと競争心を煽るウンソン。その隣ではグレイスがライバル会社が乗り気だとサポート。会長はそれを聞き焦りを見せとった。もーーー!すっかりウンソンの手のひらで転がされてるじゃん!

 そんな時、金庫番のソンチーム長による130億の横領が発覚。
金額が大きいので会長も検察に召喚される模様。
内部の人間による告発があったようで会長は怒りを爆発させとった。

 その後、モ・スリがわざとらしく居間から盗聴器発見。
半径2キロ以内の場所に受信機があるとのことで、家中が捜索され、もちろんヒョヌの机の中から受信機が見つかった!さらに勝手に開けた金庫の中からは「離婚合意書」も!そりゃあもう大騒ぎ!きゃつらはヤンギの存在も知っていた!ヤンギがライバル会社の顧問弁護士事務所所属だから、盗聴ファイルが渡ってないか心配ですわね・・とか言っちゃって会長を刺激。もう内部告発者はヒョヌで決まりさ。激高した会長は「今すぐ呼び戻せ!」ですってよ。

 ソンファはすぐにヘインに電話してヒョヌの悪行を伝えたんだけど、ヘインは「彼は無実よ」と相手にしない。ヒョヌにも実家からの電話には出ないよう命じたさ。そうして二人でデートを楽しんでいたのだが〜ヒョヌがヘインのために四つ葉のクローバーを買い占めに行っている間にヘインの元に「離婚合意書」の写真が届いた。

「否定して。違うと言ってよ。
知らないと」ヘイン
「僕が書いたものだ。
黙っててごめん・・」ヒョヌ


 ヒョヌは嘘がつけないからなぁ・・・
帰国した後が怖いよ。すべてヒョヌのせいにされて追い出されちゃうのかい?
ヘインを守ってくれる人がいなくなるじゃんか!

 第1話 第2話 第3話 第4話
 第5話 第7話 第8話 第9話
 第10話 第11話 第12話

韓国ドラマランキング
韓国ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
韓国ドラマ「涙の女王」第5話きこりのテレビ日記 #156