『お別れホスピタル』 第4話(最終話) 未来のわたし韓国ドラマ「私の夫と結婚して」第1話〜第4話

2024年02月27日

夜ドラ「作りたい女と食べたい女」season 2 第27話

 本格的に物件探しを始めた野本さん(比嘉愛未)と春日さん(西野恵未)。
招き入れられた不動産屋さんで詳しい話を聞いてみたら・・・

 『二人入居可能』の「二人」とは「家族」「親族」「カップル(結婚を前提とした真剣な交際中に限る)」という意味らしい。なので『ルームシェア可能物件』で探した方がいいとアドバイスされた。モヤモヤ〜っとしたものを抱えて退散。思っていた以上に希望通りの部屋を見つけるのって難しいみたい。

「でも、現実ってこうなんだな・・って思いました」春日
「現実・・」野本


 そうかもしれないなぁ・・
そしてこの「カップル」とは異性カップルを意味しているんだよね?日本の法律では同性婚は認められていないもん。何が違うんだろうね?わたしゃわからんよ。

 部屋を探すだけなのに地味にダメージが重なり、疲労感がすごい。
「友達ですか?」という問いに答える時のストレス。小さな嘘かもしれないけれど、自分がすり減るような嫌な気持ちになるよね。正直に言いたいけど何て伝えたらいいのかもわからない。相手がどんな反応を見せるのかも怖い。

 そんな時は料理をするのが一番。
春日さんが仕事に行っている間、野本さんは実家のお母さんが送ってくれた小豆を煮始めた。野本さんは本物の料理好きだね。
私なんて、自分で小豆煮たことなんてないよ〜( ̄▽ ̄;)
いつも缶詰の煮てある奴買ってるぞ。
(しょっちゅうぜんざい食べるのでR)

 優しく洗って、茹でこぼした後、そのゆで汁は捨てて、また煮始める。ガス台の前に椅子を持ち込むほど目が離せないものなんだね。
丁寧にアク取りをしながら火の加減に注意して、時間をかけてコトコトと。





 出来立ての煮小豆食べてみたいなぁ・・(*´﹃`*)
それだけでガンガンいけるよね。

 春日さんから帰る時間の連絡をもらった野本さんはマンションの前でお出迎え。

「何か早く会いたいな〜と思って」
「寒いのに、ありがとうございます」


 いい感じ
そして部屋に落ち着いたら、お互いのモヤモヤを伝えあった。

 不動産屋さんの言葉に傷ついたこと、
真剣な交際をしているのに『カップル』と認められないことへの反発、
「友達」と言ってしまったことへの申し訳なさ、
その現状をすぐには変えられないことへの無力感。

 この何とも言えない重たい気持ちはあんこで吹き飛ばすしかない。
春日さんのリクエストは「あんバタートースト」
あんこはたっぷりで!(笑

 私もすぐに食べたい〜〜!!
パンもバターもあるのに、あんこがないーー!

 お次はアイス&あんこ!きなこのっけ。
コレは鉄板でしょ!

「あ〜〜満たされたぁ・・」野本
「あんこって幸せな気持ちになりますね」春日
「作って良かったぁ。
ヨシ、なんかやる気が出て来た!」


「何か問題が解決したわけではないですが、
美味しいものって、
何だか少し前向きな気持ちにさせてくれますね」
「そうだね」野本
「というか、野本さんの作るものには、
そういう力があるような気がします」


 そうなんだよ。
美味しいものには人を元気にさせるパワーがあるのさ。
反対にマズイもん食べた時にはやられちゃうけど ( ̄▽ ̄;)

 さらに野本さんの作るものには愛情がこもっているからね。
そりゃ特別美味しいに決まっている。

 こうやってお互いのモヤモヤも喜びも伝えあって、
解決しながら考えながら、ふたりの暮らしを作っていけばいいさ ♬

 season1の記事。
 第11話 第12話 第13話 第14話
 第15話 第16話 第17話 第18話
 第19話 第20話 第21話 第22話
 第23話 第24話 第25話 第26話

人気ブログランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『お別れホスピタル』 第4話(最終話) 未来のわたし韓国ドラマ「私の夫と結婚して」第1話〜第4話