夜ドラ「作りたい女と食べたい女」season 2 第25話『お別れホスピタル』 第4話(最終話) 未来のわたし

2024年02月23日

夜ドラ「作りたい女と食べたい女」season 2 第26話

 「いちご狩り」の件がずっと気になっている野本さん(比嘉愛未)は、春日さん(西野恵未)に本当はいちご狩りの方に行きたかったんじゃ?と尋ねてみた。

「最初はそう思ってましたけど、
野本さんが行きたい方に行きたかったので全然。
それに、野菜狩りも楽しかったです」春日

「私の希望だけ押し付けてるというか・・・
そんなふうになってないかなぁ・・って」野本
「それは・・・なってないですよ。
そんなふうに思ってないですし、
大丈夫です」


 う〜ん・・・いつもの春日さんなんだけど・・・
なんかスッキリしない。
お互いに核心を避けているような・・・

 野菜狩りの時の写真を見ながら、春日さんの表情を確認してみる野本さん。
写真見てもわかんないよね〜( ̄▽ ̄;)
元々春日さん、そんなに表情に現わさない人だから。

 一緒に住む部屋の物件を探すためにお互いの条件を出し合っている時も、春日さんは自分に合わせてくれてるんじゃ?我慢しているんじゃ?と思ってしまう野本さん。
矢子さん(ともさかりえ)に相談してみたさ。

「まぁ・・でも、付き合ってたら絶対何かは起きると思うよ。
全然違う人間が一緒にいるんだもん。
不安なことがあるなら、なるべく言ってみたら?
ちゃんと言葉にしないとお互いわからないことも多いと思うし」


 的確〜!
矢子さん、過去にそれができなくて失敗したことがあるそうな。

 そうだよね。
相性がいいと、つい話さなくてもわかってるような気がしちゃうけど、人間は日々変わっていってるからなぁ。まめに言葉にして伝えあわなきゃアレだよね。





 野本さんが早速、ゆっくり話したいから週末にご飯を食べようと誘うと、春日さんも同じように考えていた。にゃんと、春日さんがご飯を作ってくれるってよ!

 春日さんが作ってくれたのは、この前収穫した冬野菜のたっぷり入ったポトフと鶏肉のソテー的な?、さらにサラダもおしゃれに用意してあってドレッシングはお手製(多分)。

 わかるよ、春日さん。
自分はこの前の野菜狩り、とっても楽しかったんですよって伝えたかったんだよね。
気持ちのこもった、彩も良いテーブル。

「早くから作ってくれてたの?」という野本さんの問いかけに
「いえ」と言ってから「・・・あ、はい。少し」と応えた春日さん。

 相手を思いやるつもりの答えが野本さんを不安にさせていると気づいた春日さんは自分を変えていこうとしている。美味しそうにほおばる野本さんを嬉しそうに愛おしそうに見つめる春日さんに、ホロリ(笑

 そして野本さんが作ってきてくれたデザートはいちごパイ。

 春日さんのためにいちごを食べさせてあげたかったんだよね。
なんていうか・・お互いのモヤモヤを料理にすることによって成仏させるというかゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ、一緒に食べることで昇華させられるような力が料理にはあるんだよね。

 「いちご狩り」の件はちいさなことだ。もう春日さんも気にしていないことはわかっている。でも、その奥にあることについて二人で話したかったんだよね。

「私、春日さんが何がしたいとか、
どこに行きたいとか知りたいし、
一緒にしてみたいって思ってるんだけど・・・
ちゃんと聞けてなくて、ごめんね」
「・・・いえ」


 自分の思いに気づいてくれたこと、
それを言葉にして伝えてくれたこと、
その言葉から野本さんらしい愛情が感じられたこと、
春日さんが、心の中ですごく感動しているのが伝わってきたよ。

「確かに、自分がどうしたいとかを人に伝えるのは苦手かもしれないです。小さい頃から家では我慢しがちで自分の要望など言えないことが多かったので。
あと、付き合うってどういうことなのか、
それも少し、悩んでいました。経験がないので。

人づきあいとか自分の気持ちを言うとかが、
うまい方ではないので、
野本さんを不安にさせてしまっていましたよね」

「ううん。そんなことないよ。でも・・
これからさ、家を探したり、一緒に暮らしたり、
新しいことがたくさんあるから、
春日さんに知らない間に我慢させちゃってたら、
すごく・・悲しくて」
「・・・・・」
「私の前ではわがままも言って欲しいです」
「はい。
野本さん、ありがとうございます」


「付き合うっていうことも、私も手探りだよ。
一緒に探っていこう?」
「そうですね」


 良かった・・(´;ω;`)
お互いに素敵な人に出会えたね。
そして改めて言葉に出して伝えることの大切さを教えてもらったよ。

 その後、野本さんが買ってきたいちごの種を二人で植えたぞ。
(すんごく丁寧だった。種をピンセットでつまんでたし( ̄▽ ̄;) 私なら袋からザーー!だよ(笑)強い奴だけ生えてこい!ってね)

 「いちご記念日」だね。
実は春日さんにはお母さんと二人でいちご狩りに行った思い出があった。

「家族には、ほとんどいい思い出はないんですけど、
楽しかった記憶があって。
だから野本さんと一緒に行けたら・・と思ったんです」


 そうなんだよね。だから家族ってやっかい。
嫌な事が多かったとしても幸せな思い出があれば、それはずっと輝いている。

 ドキュンとやられて、つくづくいちご狩りに行かなかった自分を責める野本さん(笑
「いちご狩りに行きましょう!」と改めて宣言する彼女に、
「私はこのいちごを育てて狩りたいです」(パーフェクト!笑)と返した春日さんに思わずスリスリしてしまう野本さんなのでした。

 ふふふ・・いいねぇ・・

 season1の記事。
 第11話 第12話 第13話 第14話
 第15話 第16話 第17話 第18話
 第19話 第20話 第21話 第22話
 第23話 第24話 第25話 第27話
 第28話 第29話 第30話(最終回)

人気ブログランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
夜ドラ「作りたい女と食べたい女」season 2 第25話『お別れホスピタル』 第4話(最終話) 未来のわたし