『お別れホスピタル』 第2話 愛は残酷夜ドラ「作りたい女と食べたい女」season 2 第20話

2024年02月13日

夜ドラ「作りたい女と食べたい女」season 2 第19話

「あの・・・
勘違いだったら申し訳ないんですけど・・・
春日さんと野本さんは・・その・・
つきあってらっしゃるんですか?」南雲(藤吉夏鈴)


 コラッ、南雲さん、そんなこと言ったら
春日さん、意識しちゃうじゃん!・・って思ったら・・・

「つきあってないです。
つきあってないですが・・・
確かに・・私は、野本さんのことが好きです」春日


 それは人類愛的な?それともLOVE寄りな?
どちらにしろいい流れよ〜
停電がいいきっかけになったというか。
暗闇と蝋燭効果で本心が話しやすい舞台ができていたのかしら〜?

 さて、yakoさん(ともさかりえ)にバレンタインデーのことを相談する野本さん(比嘉愛未)。
なんか意識してしまって気楽に誘えなくなり、でもバレンタインには何等かのアクションを起したい、でも何を贈ったらいいか迷う〜(チョコ?クッキー?ケーキ?)、さらに気持ちをどこまで伝える?春日さん困るんじゃ?今の関係も壊れる〜?的なアレで悩みは尽きず寝不足気味ですってよ( ̄▽ ̄;)

 yakoさんの回答は・・・

「そんなに気負わなくてもいいんじゃないの?
本命として渡さなきゃとか、
友チョコになっちゃうとかじゃなくて、
ユキさんがその方に手作りのお菓子を食べて欲しいって、その気持ちだけでいいんじゃない?
2人の時間を楽しむことが大事だと思うよ」


 さすがですわ〜
yakoさんに背中を押され、春日さん(西野恵未)を『デザートを作るので食べに来ませんか?(自然だ!(笑))』と誘うことができたぞ。

 恋する相手を思って一喜一憂する野本さんを
微笑ましい表情で見守ってくれるyakoさん。

 でも、学生の頃のyakoさんも悩み多き時間を過ごしたのでした。
まだ「アセクシャル」という言葉に出会っていなかった頃。

 バレンタインデーにチョコ交換をした後、付き合っていた彼女がyakoさんの手を掴もうとしたのに逃げてしまった。触れられるのを避けるyakoさんの気持ちが信じられなくなった彼女は去っていった。

 難しいなぁ・・・
好き同士だと当然のように触れ合うってことになっているから、それを避けるってことは好きじゃないのね?ってなっちゃうよね。yakoさんも「アセクシュアル」という言葉に出会うまでは、自分自身の気持ちや感覚が信じられなくて苦しんだだろうなぁ。





 ストレート(って言い方でいいのかい?)の恋愛だってそれぞれだよね。性的指向に関係なく人間同士が付き合っていくスタイルは本当に千差万別だと思う。ピタッと合うことは奇跡なんじゃないの?どっちかが合わせるか我慢しているか、でも、そんなの長く続かないよね。お互い尊重し合いながら二人だけの世界をつくっていくのが理想だけど・・・

 迷った末、パウンドケーキを作ってみた(でもまだ試作品段階)野本さんは佐山さん(森田望智)に味見をしてもらった。たいした好評だったわ〜。

 甘いもんもさ〜好みあるからね。わたしゃ、クッキーは好きじゃなくて、パウンドケーキもそんなに嬉しくないゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ、それならまんじゅうの方がいいワ。でも饅頭も皮がパサパサしてるのは嫌。しっとりもにゅっとしているのがいいの。生麩まんじゅう貰ったらイチコロよ(笑

 バレンタイン前日、野本さん達の住んでいるマンションだけが停電。
準備のいい春日さんが蝋燭を持っていたので野本さんと南雲さんは取り合えず春日さんちへ避難。
暗がりの中に蝋燭の火がユラユラ〜
落ち着くけど、囲んでいると交霊会みたい(笑

 で、南雲さんが席を外している時の二人の様子を見て、
あの問いかけになった模様。
確かにね、私でもその場に居たら、野本さんは春日さんのこと好きなんだな〜って思うもん。
やっぱり恋していると隠していても滲みでちゃうのよね〜

 さて、春日さんの「好き」はどんな好き?

 season1の記事。
 第11話 第12話 第13話 第14話
 第15話 第16話 第17話 第18話

人気ブログランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『お別れホスピタル』 第2話 愛は残酷夜ドラ「作りたい女と食べたい女」season 2 第20話