連続ドラマW 『落日』 第3話連続ドラマW 『落日』 第4話(最終話)

2023年09月29日

きこりのテレビ日記 #127

 9月27日(水曜日)霧深し

 楽しみに見ていたドラマが終わって、テーマ曲を聴きながらいろんな場面を思い出したり、最終回を見直したり・・・夏ドラマっていつもそんなに引きずらないんだけどね、今シーズンはかなり好きなドラマがあったからなぁ・・・秋ドラマもまだ始まらないし、なんだか中途半端な時期ザンス。

 7時15分 BSP 『あまちゃん』最終週 おらたち、熱いよね! 第153話

 3回目視聴にも関わらず、毎回毎回新鮮な面白さを感じさせてくれた「あまちゃん」再放送も今週で終わり。寂しいよ。ホントに名作ってのは何度見ても見飽きないよね(昨夜は突然「王様のレストラン」が見たくなって7話と最終話見ちゃったよ。こちらも何度視たことか。脚本・キャスト・スタッフそれぞれのすばらしい仕事が何度でも感動させてくれる。すごいことだよ)

 さて、今日の「あまちゃん」は鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)がついに公衆の面前で歌うという場面。美しい歌声に癒されながら、さて鈴鹿さんは元々うまいのに歌手やりたくなかったから音痴のフリをしていたのか、それともホントに音痴で春子の特訓の成果が出たのか、あるいはとんでもねぇ奇跡が起こったのか、それはわからねぇ・・という疑問を残しながらも締まる清々しい回だ。

 記事はこちら

 春子(小泉今日子)も太巻(古田新太)も疑念を感じるが、はっきりさせようとはしない。お互いに「おがまいなぐ」。みんな北三陸の流儀が身についてるんだな。「秘密」なのかもしれないし「秘密」じゃないのかもしれない。そんなことはどうでもいいって距離感が好きだぁ。

 英国クライムサスペンス『埋もれる殺意』シーズン5 〜6年の封印〜 第1話 物言えぬミイラ(録画)(WOWOW)

 1話目はその後の推理によって多分繋がるであろうバラバラの場所で生きている人々が断片的に描かれる。season4見逃しちゃったんだけど、前の上司のキャシー亡くなっちゃったのね( ̄▽ ̄;)

 新しく異動してきたのはジェシカ・ジェームス警部(シニード・キーナン)なんだが〜赴任する朝に夫から愛人がいることを打ち明けられるという・・・最悪のスタートだよ( ̄▽ ̄;) 捜査どころじゃないっつーの。

 事件は長い事空き家だった家を買った人がリフォームしようとしたら、暖炉の煙突からミイラ化した女性の遺体が見つかる。身に着けていた服が4、50年も前のものだったことから、ジェシカはそんな大昔の殺人だか何だかわからん遺体に関わっちゃいられんのよ、捜査は中止!というスタンスを示し、部下達とは不協和音。サニー(サンジーヴ・バスカー)なんて他にも理由はあるが辞職しようとしとる。んが、フラン(カロリーナ・メイン)の地道な調査によって服は古着ショップで購入したものであり、被害者が亡くなったのは6年前とわかり、捜査続行だね!となる。ジェシカにはまだ言ってないけど〜。

 相変わらず刑事たちの私生活と事件捜査の描き方のバランスがほどよい。
メインのジェシカとサニーが生活の重いモヤモヤを抱えとるが最終話までにはなんとかなるんじゃろか・・



 9月28日(木曜日)雨

 朝、もう半ジャーでは出られないぐらいの涼しさ。
嬉しい。心から嬉しい。夏が終わって生き返るよ。

 『パリピ孔明』#1(録画)(フジテレビ)

 なんか予告を見て、変そうなドラマだな〜と思って録画してみたんだが、面白いでないの!三国志の知識ゼロだけど見ていいのかしら?
てか、最近の向井理様、熱いね!(笑

 志半ばにして病に倒れた諸葛孔明(向井理)は今際の際に「願わくは、次の人生は命のやり取りなどない平和な世界に・・」とつぶやいた。

 そんな孔明が目を覚ましたのは(服装は三国時代のまま)、にゃんとハロウィーンの夜の盛り上がり過ぎている渋谷。そして迷い込んだ「BBラウンジ」というライブハウスで英子(上白石萌歌)の歌声に心惹かれるのであった。

 いや〜ん!懐かしの原田真二様の「タイムトラベル」じゃん!
私が中村雅俊様の次に好きになったお方。LPも2枚持ってるよ(笑

 若返って平和な世の中に再生したらしいと理解した孔明はスマホを始め、次々と高い学習力で文明の利器を使いこなすようになる(本を読んだだけで各種カクテルも作っちゃう)。さらに三国志オタク(デスクの引き出しに戦場を再現するジオラマあり)のオーナー・小林(森山未來)に仕事と住む場所を貰い、英子の歌声を世の中の人々に届けるために軍師として動く宣言をするのだった。

 最初の作戦「石兵八陣」(出口なし作戦)は大成功。
一度入った、酒で呼び寄せた客たちは逃さない、いや逃れられない(笑
出口がわからないよう惑わされた客たちは英子の歌を聞くしかない。

 でも、孔明にはわかっていた。
一度でも英子の歌を聞いてもらえれば、彼女のすばらしさが伝わると。
英子の歌を信じればこその大胆な戦略でございました。

 この時の松原みきの「真夜中のドア」も良かった。選曲が好みよ〜
キャスティングもユニーク。
ちょっと怖い人気シンガー・ミア西表に菅原小春(マネージャーにヒビキが)、
スーパーアーティスト・前園ケイジに関口メンディー、
世界的シンガーのマリア・ディーゼル(アヴちゃん)の歌声には私も瞬時に引き込まれたよ〜

 そして嬉しかったのは劉備役のディーン・フジオカ様の存在よ。
思い出話的にしか出てこないみたいだけどいいの。こんなおディーン様も見てみたかった(笑)中国語も安心して聞いていられるし〜(笑
アーティスト役のみなさんのパフォーマンスも楽しみだし、孔明様の次の戦略に期待、上白石萌歌様の歌声もまた聞きたいので来週も見ます。



 9月29日(金曜日)晴れ

 朝の外出、そろそろ薄めのジャンパーとか必要かも。
今年は雪が遅いといいなぁ。降るまでに野菜畑を来年少しでも雑草取りしないですむための整備をせねば。

 7時30分 BSP 連続テレビ小説『らんまん』最終週 スエコザサ 第130話(最終話)

 終わっちゃったね〜いや〜半年間いい時間を過ごさせてもらったよ。
わたしゃ前回のAK作品で、もうAKは終わったな・・って思っていたから、始まる前は神木君なのにどうしたもんだかってモヤモヤしとったが、有難い誤算だったよ。

 丁寧で繊細、王道の朝ドラを感じさせながら攻めの姿勢も忘れない(自分達独自の伝え方を守ると言う強い意志が伝わってきた)、史実を基本にフィクションとノンフィクションで織りなされたバランスの良さ、何より視聴者の視る感じる力を信じる素直な創り方(でもこのドラマ独自の個性で表現)(変に奇をてらったり唐突にエピソードを入れて驚かせようとしない(どの朝ドラを言ってるのか( ̄▽ ̄;)))背筋を伸ばしまっすぐに見つめているような創りての皆さんの姿勢に感動したよ。

 いいドラマは終わった後にもあの人この人の生き生きとした姿が浮かんで、心の中で続いている。万太郎と植物の出会いにも似た、美しくて尊い、日なたのにおいがするような心に残る朝ドラでした。スタッフとキャストの皆さん、ありがとうございました。


 『筋トレサラリーマン 中山筋太郎』#1 オフィス編、#2 ジム編、#3 デート編(録画)(読売テレビ)

 ちょっと前にきんに君が「きんにくTV」で「重大発表です!僕主演のドラマが決まりました!」って言ってて、えぇ?きんに君主演ってどういう意味?そんなドラマってある?見るからに演技ヘタそうだし。このために減量して身体作ったって言ってたけどドッキリじゃないの?と心配していたがホントだった。

 しかし3つのパートに分かれているとは言え1時間って冒険すぎるのでは?せいぜい30分でしょ( ̄▽ ̄;) それでも一応見てみました。

「現代社会のしばらみから解放され、己と向き合い筋肉を鍛える。
それは人間に与えられた権利であり・・」


 「孤独のグルメ」かよ!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
主人公の中山筋太郎(なかやまきんに君)は筋トレ命。二か月先の大会出場目指しているが、このところ残業で二日もジムに行けていない。仕事中も筋肉のことばかり考え、脳内トレーニングに励み、奇声を発してしまう有様。

 全然仕事に集中しとらんし。
もうサラリーマン辞めてジムとかで働けばいいと思うけど。
それにもう出世諦めているんなら上司の飲みの誘いは断ってもいいのでは?

「カタボる」「オールアウト」
「勝負服はテスラのタンクトップ」
「アルコール類は筋肉を分解し成長を妨げる悪魔の飲み物」
「マッチョは常に二択を迫られる(筋肉 or 旅行、筋肉 or 快適な電車通勤等)」
「マッチョはシュワちゃんのことを『アーノルド』と呼ぶ」
「マッチョも『マッチョズレ(細マッチョ or ゴリマッチョ)』を恐れる」
「デート中でも「分食(2時間おきにエネルギー摂取)」は必須」


 などなど・・・
筋トレ用語(?)や「トレーニー」の日常を知ることができて、おもしろいっちゃーおもしろいが・・・
コレでずっとイケるのか?( ̄▽ ̄;)
最近筋トレ人口も増えているそうだから「筋トレあるある」で共感や笑いが味わえるのかしら。

 通りすがりのマッチョ役で西川貴教お兄さん、
筋太郎を師と仰ぐ老マッチョで社長の草野仁様、
今回は居なかったような気がするけど、ケイン・コスギ様も花を添えております。
私は・・・今回だけでお腹いっぱいかな〜

  秋ドラマ始まってますな〜
私が一番楽しみにしているのは、もちろん
「きのう何食べた? season 2」
早くシロさんとケンジに会いた〜い


 気になっているのは
 「時をかけるな、恋人たち」
タイムトラベルものは押さえないとね。
それに吉岡里帆さん苦手だったんだけど「落日」で克服したからね(笑



 「いちばん好きな花」
フジテレビのドラマにはほとんど期待をしていないのだが〜
多部ちゃん出るしな( ̄▽ ̄;)
安易な恋愛ものでないことを祈る。
 


 「フェルマーの料理」
数学と料理?
そして志尊淳君が朝ドラの次に選んだ役を見てみたい。



 朝ドラ「ブギウギ」もね。
AKがすばらしかったから、逆にBKが心配になったりするんだけど( ̄▽ ̄;)
趣里さんに期待。



 そして秋のEテレ

 なんと言っても「ねほりんぱほりん」シーズン8
まずは「今年もやるよ〜!ねほりんぱほりん」から見ないと。
にゃんと矢野顕子さんゲストよ!



「しあわせ気分のゴガク」
スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語。
わたしゃ、めっぽう旅行気分を味わうために見るけどね( ̄▽ ̄;)



人気ブログランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:26│Comments(0)テレビ日記 | 2023年ドラマ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
連続ドラマW 『落日』 第3話連続ドラマW 『落日』 第4話(最終話)