「作りたい女と食べたい女」 第10話(最終話)「舞いあがれ!」 第12週 翼を休める島

2022年12月16日

「舞いあがれ!」 第11週 笑顔のフライト

 月曜日 第51話

 さて、柏木からの教官チェンジ提案。
舞は「ちょっと考える時間をくれませんか?」と答えたのだが、
どうしても舞とサンダー(吉川晃司)を引き離したい柏木(目黒蓮)。

「もう時間がない。
早く教官を替えて訓練に集中しないと最終審査に間に合わないかもしれない」


 急かす急かす( ̄▽ ̄;)
舞が「大河内教官のこと勘違いしてた。もうちょっと(教官の元で)頑張りたい」と伝えたのに、勝手に山下教官に話通してやがる。

 いや〜とんでもなく危ない男発覚・・・
彼女のことは俺が考えてやらなければって思ってんのかね?
女子供扱いかい?恋愛感情が暴走?
柏木がこのままだと、ここで(航空学校)でお別れだわね( ̄▽ ̄;)


 そんな事がありまして・・・舞の二回目のソロフライト。
ブリーフィングの時、サンダーは何か言いたそうにしていたけど実施を許可。

 多分天候に少々難ありで、途中でちょっと大変かもな〜って感じだったんだろうけど、あえてフライトさせて学ばせようとしたんかねぇ。

 ところが少々どころじゃなかった。
風向きが変わり、急遽帯広空港に戻るよう指示を出し上空で待機させていたんだが、横風が強まり、帯広空港に戻ることもできなくなった。サンダーは釧路空港への着陸を指示。

『私一人でって・・・・そんなん・・・
燃料はある。大丈夫。けど、もし・・・
釧路も風が強くて降りられへんかったら‥』


 舞の心臓バクバク・・・
不安や恐怖と必死に闘い、頑張って冷静を保ち、フライト方向を見極めようとする姿に緊張マックス!緊迫感がグイグイと伝わってくる。
いや〜福原さん、ホントうまいと思うワ〜
パイロットってのはこの孤独に耐えられるだけの強さがないとダメなんだね。


 ところが・・・

「岩倉学生、聞こえるか?」
「・・・はい」
「右を見ろ。釧路まで私が誘導する」


 キャーーーーーー!!➸( ˙-˙=͟͟͞͞)♡ス˝キュン
聞こえましたヨ〜〜私にもあの曲が!
来るの早えぇな・・とは思ったけど(笑
私の性格的に逆に邪魔だよ・・とも思ったけれども(笑


 このラストにもちろん朝ドラ受け班も大盛り上がり。
鈴木アナが言いたくてたまらない顔をしていた(笑

「かっこいいね・・」大
「コレ、ホントですよね?夢とかじゃなくて」鈴木アナ
「惚れてまう・・惚れてまう案件です、コレは!」華
「いや、マーヴェリックでしたね」大
マーヴェリックでしたわ・・・流れましたね、あの曲が。
デンジャー・ゾーンが!
」華
「金曜日お会いしてますのでね、釧路空港でのシンバルキックまで見えてます」大
「いや〜すごかった、コレ。恋は止まらないよ。『恋をとめないで』」華


 すばらしい朝ドラ受け(笑
半年前には死んだ目で、もごもご朝ドラ受けしてたのにゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 って、地上でハラハラしながら見守る柏木。
このことでサンダーに責任問題とか突き付けなきゃいいが。


 火曜日 第52話

 大河内教官の誘導に従い、釧路空港が近づいてきた。
そして着陸態勢に入ったよ!

「岩倉学生」
「はい」
「自信を持て。落ち着いてやればできる」


 今までの失敗を省み、今飛んでいる空と向き合った舞は
風を掴み、着陸の体感をついに自分のものにした。
センターラインにきれいに着陸!

よくやった。
これまでで一番の着陸だった
」サンダー


 「よくやった」頂きましたよ〜!!
サンダーの誉め言葉は柏木への「悪くない」が最上級だと思ったのに、
「よくやった」だよ〜!!花丸だよう!

 ほっとしたのと、思っていた通りの着陸ができたこと、
教官から認めてもらえたこと、いろんな感動で涙する舞にもらい泣き。
美しい涙だよ・・・(´;ω;`)


 舞に足りなかったのは経験と自信。
今回のこの経験は舞にとって一生忘れられない体験だったし大きな成長に繋がったと思う。かわいい子には旅をさせろ・・だね。違うか( ̄▽ ̄;)


 感謝とともに改めて、この前の「(自分は)適正のない生徒を落とすためにいる」という言葉の意味を尋ねる舞。

「あの言葉、教官の本心ですか?」
「本心だ。
パイロットの適性のない学生をいち早く見極め落とすことも私の仕事だ。
水島にはその適性がなかった。

 だが、パイロットになれなくても彼の人生が終わったわけではない。
大切なのは彼がこれからどう生きるかだ。
彼は、また別の道を歩んでいける」


 水島はちゃんと頭を下げて大河内教官に感謝の気持ちを伝えていたんだね。
水島が学んでいるうちにパイロットに本気でなりたいと思うようになったのは事実だと思う。
でも、家業を継ぐ道から逃げてきた水島は、落とされてどこかでホッとしたところもあったんじゃなかろうか。
これで実家に戻るしかないという覚悟ができた。
落とされたのは適正が無かっただけ。
彼の人間性や人生が否定された訳じゃない。


「岩倉学生。
審査や訓練ばかりにとらわれて大事なことを見失うな。
なぜパイロットになりたいか思い出したか?
目指すべきものは、そこにあるはずだ」


 今回の件でサンダーが生徒ひとりひとりの人生を背負い、
しっかりと向き合ってきたことが舞にも伝わったと思う。


 で、帯広に戻ってきた舞を待ち構えていた柏木が
走り寄って抱きしめっ!

 Σ(~ロ~;) オイオイオイ!ここは学校だぞ。
しかも舞はまだ、アンタと付き合うって言ってないからな。
(乂' 3 ')ブー!! パッション柏木、イエローカード!


 でも、舞ははっきりと柏木に
「大河内教官の下で最後まで訓練頑張りたいです」と伝えられた。
柏木も納得したみたい ( ̄▽ ̄;) ハハハ…

 その後、訓練は順調に進み、最終審査が一週間後に迫ったある日。
中澤(濱正悟)からメンバーに離婚発表が・・・
皆、呆然。
しかし凛子(山崎紘菜)からは積極的に奥さんと話そうともせず、自己完結し離婚を決めたことへの叱責が。

 凛子の指摘した通り、そういうとこだぞ。
もし別れたくないんなら、すぐに会いに行くとか〜、会ってもらえなくても必死に気持ちを訴えるとか(まぁ、それはそれで面倒な奴かもしれんが)、常に相手の出方を見て、そっちがそうなら俺もって流れで決める感じが奥さんにしてみたら悲しいんじゃないかい?この人の本気はどこにあるんだろう?って疲れちゃったのかもね。

 てか、凛子はなんであんなに怒るのかね?
前に離婚の相談している時にも思ったけど、なんか凛子と中澤の撮り方(関わり方)がまるで付き合ってるかのような・・ただ単に凛子が姐御っぽいだけなの?

 本日「あさイチ」にゲスト出演した中澤学生・・・
ドラマと全然ちがうーーーー!!ビックリ。
なんかすごくスッキリしたお顔(笑
人は髪型とメガネでかなり変わるのね〜







 水曜日 第53話

 最終審査まで、あと5日。
しかしチームメンバーの心に中澤の離婚問題が重くのしかかっております( ̄▽ ̄;)
舞は凛子を誘って中澤の元へ。
離婚届を提出しようとしている中澤を止め、ミーティング開始。

 お茶を出した後、ちんまりと座っている吉田学生(醍醐虎汰朗)(笑
そしてなぜいつも柏木学生を仲間外れにする?( ̄▽ ̄;)

 さらに「愛している」と叫びながら、どうみてもコミュニケーション不足だし、
自分の頭の中だけで夫婦関係を完結させている中澤。
「何で俺が離婚しなきゃならないんだ?!」って言葉からは自分の思いを理解しようとしない奥さんへの苛立ちしか伝わってこない。

 そして中澤がらみの問題に常に感情的に絡んでくる凛子。
確かに凛子の言う通り中澤は奥さんと向き合っていないし、奥さんが何を考えているのか知ろうともしていない。それは当たっているんだろうけど実際美幸さんと話した訳でもないからなぁ。

 商社時代にたくさんいた、本人的には悪気のない中澤タイプの男性達を許せない、矯正したいという気持ちもわかる。そのせいでかなり傷ついたはずなのに差別にめげず、立ち向かっていく強い姿勢は立派だと思う。

 でもそういう一般的なジェンダーの問題を中澤夫婦の離婚問題と絡めて語るのは、なにか違うような・・| 柱 |ヽ(-_-; ) ウーン。中澤も余計混乱しちゃうんじゃない?(その後、手紙を書き、夫婦関係修復へ向けて動き始めた)離婚問題なしで凛子の世の中の思い込みや差別と闘っていきたいという強い意志は描けなかったんだろうか。なんか変なモヤモヤが残ったよ。


 そんな事がありまして・・・
舞のところに、久々に鶴田先輩(足立英)と刈谷先輩(高杉真宙)から電話が入った。
にゃんと、二人して「うめづ」に居る!

 今年の「イカルスコンテスト」、なにわバードマン大活躍やったそうな。
で、テレビを見ていたら舞のこと思い出したんだって。

「岩倉は、今飛んどうとや」刈谷
「はい」舞
「う〜ん。それやったら、スワン号の奇跡はまだ続いとるってことたい。
今でも岩倉は俺たちのパイロットやけん。
なにわバードマンの魂、忘れちゃいかんよ!

はい


 ふたりが、舞が空にあこがれた気持ちを思い出させてくれた。
みんなと一緒に飛んだあの日。
ただ前だけを見つめて漕ぎ続け、そこから見た青空、胸の底から湧き上がってきた感動、泣きたいほどの喜び・・・あの瞬間があったから舞はパイロットになりたいと思った。
ホント、なにわバードマン魂生きてるね 。


 木曜日 第54話

 最終審査が始まった。審査は3日に分けて行われる。
1日目は口述審査。2日目はエアワークとタッチ&ゴーの審査。
3日目は野外航法の審査。
帯広空港から飛んで別の空港にタッチ&ゴー。それから帯広空港へ帰ってくる。

エブリバディー!
これが帯広校での最後の審査だ。
甘くないよ。
Do you understand?!


 最後と思うと、この山下教官も名残惜しいわね ( ̄▽ ̄;)
きっとこういうふうに英語混じりで喋る教官、実際にいたんだと思われ・・・(笑)生徒の間でモノマネされてたんだろうな〜


 試験の様子・・・
みなさん、すばらしいわ!堂々としとる。
訓練がしっかり自分のものになっている感じ。
そして、なんか吉田学生がすごくかっちょよく見えたんだが( ̄▽ ̄;)
髪型変えた?

 野外航法の審査に向かう舞と柏木を大河内教官が見送ってくれた!
心強いわ〜!てか、私も見送って欲しい! 
舞もリラックスして臨めたせいか、自分がパイロットになって操縦している妄想を・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ、大丈夫かよ?


 すべての試験を終え、大河内教官へご挨拶。

今日、最終審査の時、将来自分が操縦する飛行機を思い浮かべました。
乗客の皆さんにはそれぞれ行きたい場所があって、会いたい人がいて、見たい景色があって、そんなこと考えてたら飛ぶのが楽しくなってきました。
私は誰かの喜ぶ顔が好きです。
それが私の目指すべきものかもしれません。
私は、私の飛行機に乗ってくれるお客さんに安心して喜んでもらえるパイロットになります
」舞
「うん」サンダー

俺は・・・俺は父と同じ国際線のパイロットになります。
ここで出会った仲間たちと同じように、信頼し合える乗務員と世界中を飛び回って父の背中を追います
」柏木
「うん」


プロになれば君たちは、また苦しむかもしれない。
だが答えは一つではない。

私もそう思いながら日々飛んでいる。
岩倉学生、柏木学生。
いつか君たちが操縦する旅客機に乗れることを楽しみにしている

はい!」二人
最後までご指導ありがとうございました!」舞
「ご苦労さまでした」


 満足げなサンダーの笑顔が沁みた!
本当にすばらしい教官だったよ。
結局、柏木はわかったのかしら〜?( ̄▽ ̄;)
今日の大河内教官の言葉を長い人生の中で何度も思い返すことと思う。
その言葉の意味や重さを改めて感じる時が来る。
その度にサンダーから与えてもらったものの大きさを実感するんだろうなぁ。
二人が操縦する旅客機に乗りたいなんて最高の餞の言葉じゃんか。


 審査は全員通過。
宮崎に戻って、さらに高度なフライト訓練に入るそうな。
で、お祝いパーチーの時、隙をみてデートに誘う柏木。

 きっと言うタイミングとか行く場所とか念入りに考えたんだろうなぁ( ̄▽ ̄;)
柏木は嵐の櫻井君みたいに細かくスケジュール決めそうだが・・


 で、十勝の雄大な大自然、晴れ渡った空、夕陽のラベンダー畑、
完璧なロケーションの元(この時間も計算したはず)、再度告白する柏木。

「・・・・・私も。
私も・・・柏木さんが好きです。
これからも一緒に空飛びたいです」


 えぇ〜〜〜!ちょっとビックリ( ̄▽ ̄;)
わたしゃ、てっきり「ごめんなさい!」の方かと思ったよ。
舞よ、本当に初めて付き合う相手が柏木でいいのかい?
結構面倒くさい男だと思うぞ〜〜

 てか、貴司君(赤楚衛二)が知ったらショック受けるんじゃ?
きっといつもみたいに優しい笑顔で接してくれるとは思うが、
内心 (˂˃ ˡ̼̮ ˂˃lll)ガーン‼ では?
心配だわ〜〜 


 「あさイチ」朝ドラ受け班も長すぎるデート場面に困惑(笑

「こんなシーン見せられて・・・
おじさん達は何を言えばいいのか・・・」大
「ニヤニヤって」鈴木アナ
「舞いあがってますね」華
「こっちが舞いあがるぅ〜」鈴木アナ
「まだ終わってない、卒業してないですよね?」華
「北海道、ソフトクリーム、ラベンダー畑・・・」大
「白樺も映ってた!木漏れ日、ベンチ、もう完璧!パーフェクト!
空も!どんなぎくしゃくしてても」華
「ああなるとね・・」大
「絶対ああなりますよ。こうなりますよ」鈴木アナ
「いや〜〜まいったなぁ・・・
いやぁ〜アテンションプリーズ!」華


 いや〜おばちゃんだって困っちゃうわよ( ̄▽ ̄;)
まぁ、確かにね、あの場所のあのシチュエーションだと、そんなんでなくてもオッケーしちゃうかもね(笑)ソフトも奢ってくれたし。
でも、舞の相手は柏木じゃない気がするんだよなぁ・・


 金曜日 第55話

 舞の帰郷。きっと何日も前から楽しみにしていた浩太(高橋克典)とめぐみ(永作博美)・・・家族水入らずで過ごしたかっただろうし、御馳走で歓待してあげたかったはず。しかし舞の連れてくるお友達が、どーーしても本場のお好み焼き食べたいというので「うめづ」で晩餐の予定なのです。

 で、突然現れた同期の柏木とやらに当惑する浩太とめぐみ・・・
「お父様」・・・「おとうさま?義父様?!どういうこっちゃ?!」浩太心の叫び
「友達」・・・「ともだち?友達じゃないだろ!恋人だろ?!」柏木心の叫び

 おばちゃんもビックリよ ( ̄▽ ̄;) えぇ〜〜?!なんで来たの?
まだ付き合い初めて何日とかでしょ?
(後に岩倉家訪問は柏木発案と判明。礼儀正しいってことなんだろうけど、何か怖いんだけど)


 場所を「うめづ」に変えて実況見分開始。
もちろん笠やん(古舘寛治)と章兄ちゃん(葵揚)、雪乃さん(くわばたりえ)、勝さん(山口智充)も参加。しかし明らかにテンション下がって不機嫌な浩太(笑

 なのに空気を読まず「友達の体」を粉砕し、交際宣言する柏木。

「お父様、お母様。
僕は・・・舞さんのことが好きです。
真剣におつきあいしたいと思っています。
今日はそのご挨拶がしたくて伺いました」


 舞はその言葉に感動したみたいやが、私だったら死にたくなるワ(笑
でも、浩太は正直に言ってくれた柏木を男として認めたようだが ( ̄▽ ̄;)
まぁ、恋人の実家に初めて行く時の大変さは経験済みじゃからのぅ。


 柏木の言葉を受けた笠やんの「おぉ・・!」という驚きの声、
そして「泊まっていけ」と言っためぐみを「余計なことを!」てな感じで睨んだ浩太にウケたぞ。


 で、舞の部屋でおしゃべり開始したら、お隣の窓から貴司君(赤楚衛二)登場。
間がいいんだか悪いんだか(笑

 すごく親しげ!
俺だけに向けられていたと思っていた笑顔がこの男にも!
すごく近い!物理的にも精神的にも・・・
ずっとこんなふうに過ごしてきたのか?!
コイツは危険だ!
と、エマージェンシーランプが点いたり点かなかったり ( ̄▽ ̄;)


 すぐに先制パンチ。

「舞さんとおつきあいさしていただいてる柏木です」

 ( ̄▽ ̄;)ハハハ・・・なのに何も気づかない舞は貴司の短歌を褒めちぎり、ずっと飾ってあったとか言うし〜
純粋に天然なんだろうけど・・天然なんでしょうけどさ・・・ちょっとヒドイぞ。
華丸さんが『(天然であって欲しい)計算だったら怖いですよ。計算ならばね!』と驚愕しとったが、舞よ、どういうつもり?
「♬ケンカをやめて〜二人を止めて〜♬」という状況を招こうとしてんのか?
貴司君だって困ってるじゃん!

 その後の柏木の言動は自爆としか思えなかったし、やっぱりこの男はやめといた方が・・を再確認したわ〜


「貴司さん、舞のことはこれから僕が支えていきます。
安心してください」


 もう「俺の舞に近づくんじゃねーぞ!」ってかい?
余裕の貴司と比べて、ちっちゃみが・・・( ̄▽ ̄;) 吠える吠える
まぁ、貴司の「ええ短歌書けたら、また送るわ」もすごいなって感じだけど。
「ええ彼氏やな」って言葉も謎だし(笑
舞に夢中になってるわかりやすい男やなってこと?


 そんな事がありまして・・・
2ヶ月後、2007年12月、(株)IWAKURAの新工場が完成。
自動車向け部品の製造に参入するため最新の機械を導入し従業員の数もかなり増やしたんやて。

 「リーマンショック」は来年か・・
いろいろ心配やわ・・・


 で、宮崎での訓練も順調に進み、あっちゅーまに舞は就職活動始めとる。
2008年9月になっております。

 早いよう!
さらに高度な宮崎校での訓練や都築教官との再会を楽しみにしていたのにぃ〜
でも、ま、来週から脚本家さんが桑原亮子さんに戻るし、ばんばにも会えるし〜期待しますか。てか、今週はなんというか〜ツッコミばかりしていた気がするが・・・( ̄▽ ̄;)


 このブログの『舞いあがれ!』第1週について書いてある記事
 第2週 ばらもん凧(だこ)、あがれ!
 第3週 がんばれ!お父ちゃん
 第4週 翼にかける青春
 第5週 空を飛びたい!
 第6週 スワン号の奇跡
 第7週 パイロットになりたい!
 第8週 いざ、航空学校へ!
 第9週 私らはチームや
 第10週 別れと初恋


人気ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by 桔梗   2022年12月19日 18:31
「岩倉 右を向け!」大河内教官がかっこよすぎて、頼もしくて、柏木学生が不利だよねぇ。
あのデートスポットはどこ?北海道じゃ車で移動だよね?
あさイチでラベンダー畑と言ったら、視聴者から訂正が入ってブルーサルビアって言ってたよ。
もうざっくりあんな光景だとラベンダーって反応してしまうよね。北の国からで止まってるって・・。
舞ちゃんの家に来て、ちゃんと挨拶したのは柏木の真面目さだと受け取ったよ。
だけどなんか柏木じゃないよねえ・・。やけに貴司に「舞ちゃんは俺のもの」感だしてたよね。
24日の土スタは赤楚くんがゲストだね。舞ちゃんのことどう思ってるのか、突っ込んでほしいわ。
2. Posted by きこり→桔梗さん   2022年12月19日 19:27
>あのデートスポットはどこ?北海道じゃ車で移動だよね?
なんとなくあそこかなぁ・・って思う場所はあるけど、車ないと移動無理だね(笑
十勝はあちこちにガーデンぽいスポットがあるんだけど、みんな離れているからね。
>視聴者から訂正が入ってブルーサルビアって言ってたよ。
(・ω<) テヘペロ そっちか(笑
私も見た時ラベンダーじゃないんじゃ?って思ったけど、こういう形のもあるしな〜って思ってラベンダーにしちゃった(笑
もうあの色があったらラベンダーさ(笑
>やけに貴司に「舞ちゃんは俺のもの」感だしてたよね。
ちょっと止めて欲しかったわ( ̄▽ ̄;)もともとそんなに好きなキャラではないけど、あまりにもちっちゃい。もっと舞が好きになって納得ってところ見せて欲しかったわ〜
元々はあったかい心を持った誠実な青年だと思うから。
>24日の土スタは赤楚くんがゲストだね
お!見るわ〜
私は舞は最終的には貴司くんとじゃないかな〜?って思ったりするんだが〜
華大さんたちは就職先にも候補がいるかも?って言ってたけど、内定がどうなるかねぇ・・・( ̄▽ ̄;)
サンダーとあれっきりは寂しいよね。いつか再会して欲しいなぁ・・・
てかサンダーの私生活が気になるよ(笑
3. Posted by 桔梗   2022年12月20日 00:01
サンダーは休日には帯広郊外を歩いているかもよ。
そして空を見上げれば、学生さん達と訓練中のサンダーの飛行機が今日も飛んでいるよ。
4. Posted by きこり→桔梗さん   2022年12月20日 12:09
>サンダーは休日には帯広郊外を歩いているかもよ
(♡´艸`)ウフフ そう考えると楽しいねぇ・・
いつもの空が違ってみえるわ〜(笑
六花亭ですれ違ってたりして〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「作りたい女と食べたい女」 第10話(最終話)「舞いあがれ!」 第12週 翼を休める島