きこりのテレビ日記 #88『拾われた男』#10(最終話)

2022年09月11日

きこりのテレビ日記 #89

 9月6日(火曜日)霧雨

 珍しく倉庫の近くで猫発見。錆猫をトラ猫が鳴きながら追いかけていた。
親子なのかな。痩せているなぁ・・なんか食べさせてあげたい・・
9-6

 『魔法のリノベ』#8 猫と犬も住みたい家(録画)(フジテレビ)

 今回の依頼は竜之介(吉野北人)行きつけのバーの店主・京子(YOU)とパートナーの弘前(戸次重幸)。京子は犬2匹を飼っており、弘前は猫4匹、人間も動物も仲良く共存できるリノベを希望。

 小梅(波留)とバディを組もうとハッスルし、物件購入を急がせる竜之介だったが、まだ肝心の二人の間で話し合いもできておらず、家のイメージも抱けていない感じ。

 いや〜悩む弘前の気持ち、良くわかるわ〜お互いに大切な家族だもの。わんこと猫たちに仲良くして欲しいけど、コレばっかりは相性もあるし、小さい時から一緒にいるならまだしも、みんな成長しちゃってるからなぁ( ̄▽ ̄;) 動物達がうまくいかなきゃ自分たちも・・・って悩むの当たり前だよ。

 最終的には犬と猫のスペースをフロアーではなく空間で分けた竜之介の設計に納得。『始めてみなければわからない・・を楽しむ家にしましょう!』という小梅の言葉に安心して家族の未来を託す気になれた弘前(京子は元々なんとかなるさタイプ(笑))。良かった良かった。

 キャットウォークはマストよね〜!(裏山)
もっと犬と猫が共存する家を詳しく見たかったわ〜
今回は大型犬だったから猫ともうまくいったのかな。小型・中型犬だと結構鳴き声とかうるさくて猫の神経に障るというか〜猫に敵対心燃やすというか〜大型犬は穏やかでおとなしいイメージ(すいません、個人の感想です)。まぁ、それぞれのテリトリーを確保したのが良かったんだろうね。

 さて、小梅がいなくてもやらなくちゃ!と頑張った玄之介(間宮祥太朗)だったが、やはり小梅が戻ってきたら、ピシッと締まるね。今や小梅は『まるふく』の守り神のような無くてはならない存在になっている。でもまるふく的にはやっぱり竜之介も大切だし、小出さん(近藤芳正)も越後さん(本多力)も必要な人。みんながそれぞれの仕事を全うして『まるふく』というファミリーなんだね。だが、来週それも分裂?( ̄▽ ̄;)

 恋模様は性急に関係を進めようとする竜之介とミコト(SUMIRE)は撃沈と思われ・・・(竜之介に認識はなさそうだが)。微妙に距離を測りながらの緩やかな玄之介の告白を受け、自分の思いも伝えた小梅。
『始めてみます・・・?』玄之介
『始めて・・・みましょうか?』小梅

 こんな距離の取り方が二人には合っている。お互い脛に傷持つ身(ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ)、その過去をきれいさっぱり忘れて、次行こう!って二人じゃないもんね。傷もその人の歴史だもの。お互いの傷の様子をさりげなく気遣いながらゆっくり歩いていく感じ?
でも、こちらも来週、決別宣言?( ̄▽ ̄;) どうなるんじゃい・・



 風が秋の感じ。昼寝(最近、昼ご飯食べた後1時間半ぐらい寝るのが普通になっている( ̄▽ ̄;) それでも10時には眠い)の後、窓を開けて、ちょっと激しいぐらいの風を受けるのが気持ちいい。庭に残っている花はマリーゴールドとりんどう、桔梗、バーベナ、イソトマぐらい。うちの庭って8月後半ぐらいから、もう寂しいのよね。
そろそろ来年の準備だなぁ・・・
9-9

 マリーゴールドをしょってみました。
9-6-2

 『拾われた男』第10話(最終話)(録画)(BSP)

 やっと見たよ( ̄▽ ̄;)
諭が兄を追いかけて行った先に見た家族の風景。
それは諭自身も想像したことのないものだった。

 振り返ってみましょう。覆面武志(諭)は父から送られた魔球で奇跡を起こした(平造(風間杜夫)、なんか仕込んだ?( ̄▽ ̄;) )。ショーンはヒーローになったぞ!そんな贈り物を残して武志(草剛)はついにアメリカを離れることに。

『兄貴は何でアメリカに来たんや?』諭(仲野太賀)
『何でやろなぁ〜世界平和とか、
みんなが仲良ぅする方法とか考えとった気もするけど。
ソレが見つかると思うとったんかな・・』武志
『それやったら、見つかったやん。
見つけた思うで。世界平和も家族も。間違いなく』
『ロスト アンド ファウンドやな』

 二人のこの瞬間にしか見られない表情・・・
諭の中のストッパーが消えて、兄と心のトンネルが繋がったような時間。

 日本に着いたら両親が待っていた。
あの父親が『よう帰ってきた!』と抱きしめ、
『ごめん・・ごめんなさい・・ごめんなさい・・』と武志は応えた。

 もしかしたらお互いに、この瞬間のために離れたのかもしれないね。
お互いに素直になる為に15年の時間と距離が必要だった。





 春になり、家族で太巻きで花見。
あの時は兄に優しくなれたし、父親にも素直になれたけど、今はやっぱり『苦手やわ!』と再認識する諭。

『そういうもんなんじゃないの、家族なんて。
そういう居心地の悪さとか、良さとか、ありがとうって思えた時の感じとか、お父さんと素直になれた時の気持ちとか・・・
そういうのをちゃんと心で覚えておくべきなんじゃないの?
俳優さんは』結(伊藤沙莉)

 やっぱり結さんはわかっている。すごい人だよ。
松尾さん、この人を離しちゃダメだよ。見張っているからね(笑

 その半年後、兄は亡くなった。
仕事で忙しく葬儀にも行けなかった(行きたくなかった)諭だが、幼馴染の野本(片山友希)のお葬式でアメリカに行く直前の兄の話を聞いた。家族に語れなかった思いを武志は野本達には話していた。ずっと諭が羨ましかったこと、自分も両親から拾われた子と言われていたから諭にいぢわるで言っていたこと、「(二人は)よう似てます」と言われて、すごく嬉しそうな顔をしていたこと。

 うどん屋を出て、プラットホームに立った諭はあの日の自分達を見た。
自分を振り切るように自転車で走る兄、
お兄ちゃん、待って!置いてかんで!』必死に後を追いかける自分。
すがるように助けを求めた自分にスペシウム光線を浴びせる兄。
その時の悲しみ・・・

 でも、今ならわかる。
「スペシウム光線」は「アイ〜〜ン!」だった。
攻撃じゃなく応援だった。
兄は背中を見せながら、いつも振り返りながら自分を気にかけていた。
そしてそんな兄を憎みながらもずっと追いかけてきたことを。

 諭はやっと泣けた。素直に兄を求めた。

『くさい芝居やなぁ・・くさいわ』武志
『ここは・・・泣かなあかん場面やで』諭

 兄が連れてきてくれた家族の風景。
なんか変だけど愛おしい。
裏と表が混ざり合って、いろんな顔がある。
面倒くさいけど、コレが俺なんだなぁ・・・俺のうちなんだな。
気持ちよさそうな笑顔を見せる諭に (´;ω;`)
なんだかこちらまで誇らしくなったよ。

 まさか、あの松尾諭さんに、こんな波乱万丈の人生があったなんてねぇ。
確かに松尾さんは「拾われた男」。いろんな人に拾われてきたけれど、人に拾いたい思いを起こさせる人なんだと思う。河原にあるたくさんの石、その中にあっても、ん?なんだコレ?面白そう、なんかちょっと違うぞ、と手を伸ばしたくなるような。

 そして拾われたことで繋がった縁を離さなかった。無理せず自分らしいやり方で。
だから拾った相手にも妙な負担がないんだと思う。知らんけど(笑

 いいドラマでした。出演者それぞれが自然な輝きのある色を見せて、スタッフの作った居心地のいい空間できれいに混ざり合う、そんなドラマに出会える幸せはそうそうあるもんじゃない。ファンタジーっぽくありながらリアルでもある。続きが見たいのは良い終わり。しばらくあの世界に浸っておりましたよ〜。

 9月9日(金曜日)晴れ 昨日に続き日中暑し

 昨日の夕方から急にテレビの地上波の画面と音声にノイズが入り見られなくなってしまった。てか、テレビ入力画面では見られるのだが、DVDレコーダーの画面では見られないという謎。一応、自分で電源オフにしたり配線を抜き差ししたりいろいろやった結果直って、お、私ってスゴイ!と大喜びしたのだが、朝になったらまた戻っており、さらにあちこちいじったら、ノイズさえなくなり、「信号がありません」・・と何も映らなくなってしまった・・・

 今日は「石子と羽男」があるのに・・・
まぁ、今は昔と違って地上波で見られなくても配信ですぐに見られるから冷静でいられるが・・あの頃は何かのアレで記事書いてる連ドラが見られないとショックで、キーーー!ってなってたわ〜(笑
有難いことです。

 で、しかたなく電気屋さんに来てもらったら(来てもらう直前に直るという「修理頼むあるある」になってしまったが、帰ったらどうせ元に戻るんでしょと思い見てもらった)最終的にアンテナが老朽化しているのであろう・・というジャッジが下され、付け替えることに・・・
3万ちょい飛んでいく・・_:(´ཀ`」 ∠):_ タスケテー 

 それでも直らなかったらTVかもと言われた・・TVは普通に映ってるのに?完全デジタル化になった時に買ったから・・いつだっけ?(コレは古いですよと言われた)レコーダーは2017年に買ったから、まぁ最近?わたしゃ、やっぱり配線なんじゃ?って気もするんだが・・だってTV周り掃除で動かすと一瞬映らなくなったりするのよ〜もう面倒くさいから今日配線も変えちゃってくださいって頼んだんだけど修理のお兄ちゃんに様子をみましょうと言われ受け入れたあたい・・こういう時、電気関係に明るい人がそばにいたら・・

 来週付け替えに来てくれるんだけど、うち、三階建てで屋根の上には横についてる細いはしごみたいので登るのよね( ̄▽ ̄;)
『結構高いけど大丈夫かなぁ?(町火消のはしご乗りじゃないんだから、怖いでしょうよ〜)』
『高いのは大丈夫です。長い脚立に乗ってやりますから』
『はー−(長い脚立ってアンタ、コントとかで長い脚立ごと倒れるの見たことあるけど?まぁ、畑側に倒れるから大丈夫か?でも、痛そうなものいっぱいおいてあるけど。命綱付けるのかなぁ・・)』

 確認しよ。

 20時 Eテレ 『あしたも晴れ!人生レシピ』
  実践者に学ぶ!心も部屋もスッキリした暮らし


 断捨離ものだと、つい見てしまう。こういう企画で勝間さんの部屋、よく紹介されるよなぁ・・と思ったら、再放送の回だった。前にも見たよ ( ̄▽ ̄;)15分ぐらい普通に見てたが?他にもシンプルに暮らしている人の部屋が紹介されて、あ、この人また出てる、有名だからあちこちに出るんだな〜と思いながら見てた。恐ろしいわ〜

 まぁね、最近は同じ本2冊買っても驚きもしないわ。予約したあったのに、あ、この人の新しい本出たんだ!ポチッ!とかね( ̄▽ ̄;) ア〇〇ンもさ〜、アナタちょっと前にも同じ本買ってますよ って、教えてくれりゃいいじゃんね〜(てか、そんな備えに「ビブリア」で読んだ本記録してるのに意味なし芳一だよ)

 認知症で亡くなった方の家を片付けていると同じ種類のものが何十個も見つかるらしい(爪切り20本、はさみ10丁とか)。まだそこまではいっていないが己を戒めねば。お金ももったいないしさ。
番組の方はそのまま楽しく最後まで見ました。

 9月10日(土曜日)晴れ

 朝は涼しくて本当に気持ちいい \( *´∀`* )/ 14度ぐらい。
秋よ、早く来ておくれ・・・何ならもう冬でもいいわゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 『石子と羽男 -そんなコトで訴えます?-』第9話 放火殺人(録画)(TBS)

 ちゃんと録画できててホッとしていたら、
ラスト3分ノイズが入っていた・・_| ̄|○
で、しかたなくParaviへ。会費取られるけど『山田太郎ものがたり』見つけたから、コレ見たら退会しよ( ̄▽ ̄;)

 大庭(赤楚衛二)が公園トイレの放火容疑で逮捕!
それだけならまだしもゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 中から遺体が発見され殺人容疑も!弟・拓(望月歩)が関わっていると思った大庭は「自分がやった」と自供してしまい、かなりマズイ状況に。大庭の為に力を合わせ奔走する石子(有村架純)と羽男(中村倫也)。

 なんか今までの回で二人が学んできたことの再確認のような案件であった。
思い込みで依頼人と向き合わないこと。弁護士としてフラットな立場で調査すること。声を上げられない人の声に耳を澄ますこと。その相手の心に寄り添うこと。助けたい意志を伝え、依頼人が新しい未来を考えられる手伝いをする。

 結局、殺されたと思われた日向さん(平田広明)は自殺だった。不動産投資詐欺に遭った日向さんは、復讐も兼ねて社長である大庭に殺されたと見せかけて妻に保険金を残そうとしたのだった。

 てか、大庭には呆れたよ( ̄▽ ̄;)
雇われて間もない社長(坪倉由幸)に頼まれたからって名義貸すなんて。名前だけって言っても世間的には「社長」なんだから思い責任を担うことになるのに。もちろん利用した「我が家」が悪いに決まってるんだけど(奴も御子神(田中哲司)にのせられたんだろうが)安易だし、ステータスが欲しいという欲を突かれたんだろうなぁ。それと誰かの為でも「自分がやった」なんて一度でも言っちゃ取り返しがつかなくなるのね・・よく覚えておくワ。

 自分を責める大庭に羽男がかけた彼らしい言葉に成長を感じたわ〜
名義貸しと自供については反省すべきだけど『それ以上の反省はする必要ないから。ちょっと自分のこと責めすぎ〜本当に責められるべきなのは人をだます奴だ』

 「潮法律事務所」に来て、石子と共に依頼人に向き合う日々を過ごしたことで、能力的にも精神的にもすごくバランスが取れて、本来の良さが出てきているような。石子も羽男のカバーに徹したことから、今まで仕事上は抑え込んできた情の厚さとか、優しさ、柔らかさを出せるようになったんじゃないのかな。

 大庭の事件で動揺し涙を流しているであろう石子の顔を見ないようにして出窓からお茶だけ差し出す羽男にじ〜ん・・そしてその優しさを素直に受け取る石子にも。まだまだ始まったばかりだけど、この二人はお互いが生きる、いいバディだと思うよ。

 大庭は「不起訴処分」。
警察署の前で大庭を抱きしめる羽男(笑

良かった!良かったね!
おかえり!おかえりなさい!!
』羽男
『ありがとう・・・ごめんなさい・・』大庭

 まさかのハグ横取り(笑
でも、3人で自然と抱き合う姿に、そして感謝と謝罪を伝える大庭に、いつのまにか揺るぎない特別な関係を築けていることを実感。いい仲間だよ。

 来週はついに最終回。ずっと胡散臭かった田中哲司さんの正体をアレすることができるのかしら〜?そして羽男はお父ちゃん(イッセー尾形)と対決?今回、動揺するとフリーズしてしまう原因は父親だと自覚した羽男だったが、まだ戦うだけの準備はできていないはず。多分、潮ファミリー(おいでやす小田含む)総動員で迎撃すると思われ・・・どこまでいけるか・・



 9月11日(日曜日)晴れ

 22時 日本テレビ『初恋の悪魔』#8

 あれは・・・署長(伊藤英明)の息子?
心配そうに見てたけど、もしや署長は息子をかばっていたの?

 悠日(仲野太賀)の両親は相変わらず謎(笑
なんか誰かに操られているような雰囲気も。
警察署を辞めた悠日は訪ねて来た両親に期待に沿えなかったことを謝罪するが、意外と気にしてないふう。さらに父親の話から亡くなる直前、朝陽(毎熊克哉)は署長に会っていたことが判明(署長は知らんふり)。
そしてスマホのパスコードも判明。「7580(七転び八起き)」。

 お母さんが知っているなんて、よっぽどいい子ちゃんだったのね ( ̄▽ ̄;)
着信履歴にあった場所で兄のことを尋ねると、兄は刑事という仕事に迷いを抱いていたらしい。そして亡くなる前日にも会った本城さん(神尾佑)(元同僚・現在余命半年で入院中・パジャマ)によると、朝陽がリサ(満島ひかり)を撃ったのは署長の命令だった模様(リサが武器を所持していると聞いた)。命令に反し、わざと急所を外したためリサは死ななかった。リサのアパートからは凶器のナイフが見つかったが兄は署長に不信感を抱き、死ぬ直前、疑問をぶつけた模様。

 本城さんによると兄は署長を親のように慕っていたのでショックも大きかったらしい。
「雪松さん(署長)は初恋の人。
親に言われるままに警察学校に入って、目的もなく過ごしていた自分に刑事の生き方を教えてくれた」朝陽

 やっとタイトルに繋がる言葉キター−!
不思議なタイトルだよなぁ・・と思っていたが。
「初恋の人」の中に悪魔がいるのか・・
「初恋の人」の悪魔的存在(現在のところ息子が濃厚)のことなのか・・

 タクシー運転手の、真犯人と思われる男の左腕にやけどの跡があったという証言から、鹿浜(林遣都)は一世一代の小芝居をして署長の腕を確認するが何もなかった。コレ、なんかわざとらしかったよねぇ?左じゃなくて右腕なんじゃないのお?この情報もわざと鹿浜に流したような気も。

 そしてなかなか戻らない星砂(松岡茉優)。
悠日のカレーで覚醒!・・と思ったら、またヘビ女に?
それともこんな自分じゃアレだと思ってヘビ女のフリをしているの?
カレー食べている時は確かに星砂だったよねぇ?

 まずは雪松家問題だよ。次回、進展あるかな。




ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:07│Comments(0)テレビ日記 | 2022年ドラマ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
きこりのテレビ日記 #88『拾われた男』#10(最終話)