「賢い医師生活」シーズン2 第9話『スナック キズツキ』第6話 香保さん 

2021年11月12日

きこりのテレビ日記 #61

 11月8日(月曜日)

 7時30分 BSP 「カムカムエヴリバディ」第6話

 稔さん(松村北斗)と安子(上白石萌音)の手紙のやり取りを重ねることで伝わってくる二人の心の繋がり。
そして日常の変化(「日常英語会話」の番組停止、野球のボールが手に入りにくい、たばこの銘柄が英語表記から日本語へ)からじわじわと伝わってくる戦争へと歩を進めていく不穏な空気。

 それでもお互いの気持ちだけを見つめ『日なたの道を歩こう』と誓いあう二人が清らかで美しい。そして、避けられない歴史を思うと切なくなる。

 よく練られた、この朝ドラらしさが感じられる、心に残る第2週1日目でした。

 11月9日(火曜日)霧深し

 昨夜はそんなに大量に水分を摂った訳でもないのに3度もトイレに起きてしまった。
そして3時半には雄たけびをあげて走り回るすず姐さんを布団に収納。
4時半にはミー太が・・・°。。(´-ω-`) ぐすん・・細切れの眠り・・

 しかなたく5時起床。
5時10分ミー太と一緒に外へ。
「ゴムまりのように」という表現があるが、そんな感じで駆け降りるミー太。
でも、もっと固い感じ。デカいけしごむのように?

 7時30分 BSP 「カムカムエヴリバディ」第7話

 算太(濱田岳)がついに帰宅!おかえり〜〜!ヽ(o´∀`o)ノ
算太がみんなに言う事にゃ、ダンスホールでは人気者(映像がいかにも算太らしい過ごしぶりでほっとしたのだが〜〜)で楽しく過ごしていたらしいが閉鎖になってしまったそうな。
今はあくまで「小休止」。
菓子職人の世界に戻る気はないらしい。

 ところが・・・にゃんと借金取りが算太を捜しに来たという・・( ̄▽ ̄;)
ダンスホールの支配人も前払いした給料踏み倒されたと嘆いておるし、貢いだのに逃げられたと泣いているおなごもいるそうな・・・

 なんてこった・・・算太・・だめんず枠だったか・・・_| ̄|●
借金は金太さん(甲本雅裕)が払ったけど、勘当処分決定。
算太が親に肩代わりさせるために帰って来たとは思えない。
これからまた逃亡の旅を続けるために、みんなの顔を見ておきたかったんかのぅ・・

 「たちばな」のあんころ餅を食べて『あ〜うめぇなぁ』とつぶやいていた算太。
跡継ぎ問題から解放されてやっと美味しく思えたのか、
それとも橘に戻って来たかったんじゃろか・・・

 『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』第1話 「やっぱりワインレッドがしら?」(録画)(NHK総合)

 本当にのほほんとしたドラマだぞ(笑
でも、なんとなくいいかも。

 芸人「阿佐ヶ谷姉妹」の姉担当・エリコさん(木村多江)は妹担当・ミホさん(安藤玉枝)が三ヶ月も自分の部屋に泊まっているから、一緒に暮らそうと提案するがミホさんははぐらかすばかり。

 でも、その後も一緒に暮らすのは断るんだけど居続けるという・・( ̄▽ ̄;)
しかし、6畳一間で二人暮らしって結構キツイぞ。
それぞれの部屋があるならまだしも一間だからねぇ・・・
しかも仕事も一緒でしょ?
わたしゃ、どんなに親しくても一人の時間がないと辛いのよね。

 でもエリコさんのキャラというか、お人柄も大きいのかしら。
『お姉さんといると二人でいても一人でいるような気分になれるのよ』
って言ってたしさ。
性格は全く違うように見えるけど、
コレは別に気にしなくてもいいでしょ・・って部分が一致するのかなァ。
パンツも貸し合える関係ってすごいよね (* ̄m ̄)プッ

 演じるお二人からは阿佐ヶ谷姉妹として長年関係を育んできたような気安さとほどよい距離感の愛情が伝わってきた。
てか、木村多江さん、かなりエリコさんに寄せてるよね?(笑

 高円寺に行ったミホさんを心配して『コーエンジ兄弟』になってしまったミホさんに『ミホさんはイーサン?ジョエル?どっちなの?!』と問いかける場面では笑ってしまったわ。
チコちゃんに叱られる』の木村多江劇場を思い出した(笑

 姉や母親のようにミホさんのことを心配するエリコさんだけど、天然なところもあり、ミホさんがいるおかげでしっかりしたエリコさんでいられるのかも。そしてかなりマイペースなミホさんだけど本能で見抜くところがあるのかな。

 ミホさんと一緒に暮らしたいのは『私が楽しく暮らしたいから』とわかったエリコさん。
ミホさんが一晩いないだけで、なんともしっくりこない。
もうミホさんがいるのが当たり前になっている。

 そうして居候して、エリコさんが口説き続けて1年半ぐらい経ったのかしら?唐突に引っ越してきたミホさん。カビとアリのせいってのは7割がた正しいと思うけど(笑)残りの三割はミホさんの方もエリコさんとのふたり暮らしが楽しいと思えたからだよね。

 なんか妙な二人だけど、来週も見てみます♫


 11月10日(水曜日)小雨
 
 6時55分 Eテレ 『0655
「冬毛の歌」の季節が来た。
「ポニーのヒサミツと中川理沙」さんの歌声は真冬に太陽の光を浴びながら、はらはらと落ちて来る粉雪のよう。
この映像の動物たちを見ていると心から癒される。
彼らの冬と共に生きる姿と、何とも言えない深いものを感じさせる目。
美しくて気高いなぁ。





 7時30分 BSP 「カムカムエヴリバディ」第8話

 安子(上白石萌音)に見合い話がもちあがる。
相手は砂糖製造工場の次男坊。
おじいちゃん(大和田伸也)は、はっきり「政略結婚じゃ」と(笑
金太さん(甲本雅裕)としずさん(小豆農家の娘)(西田尚美)もそんな感じだったそうな。
ちなみにおじいちゃんとおばあちゃんは恋愛結婚なんだってさ(笑

 算太(濱田岳)のことがあったからねぇ・・・
安子は稔さん(松村北斗)を思いながらも受け入れなきゃならないと思ったんだろうね。一人置手紙に今日中に帰りますと書いて、大阪の稔さんの元へ行ったさ。

 稔さんが住んでいる町を歩き、
稔さんに会って、
稔さんが暮らしている部屋に座って、
稔さんとモモケンの映画を見て、
いつも稔さんが行っている食堂で食べて、
稔さんの好きな旭川に似てる場所へ行って、
2人で一緒に「a beautiful sunset」を眺めた。

 美しかったねぇ・・・
そして英語で話すことが二人だけの心の交換のようになっている。
日本語よりもお互いの存在と思いが感じられるような。

 駅で稔さんと別れ、汽車が動き出した途端泣き出す安子。
ここで主題歌デスヨ!
最高の構成!泣かせるんじゃないよ!(´;ω;`)

 岡山に到着。
それでも涙が止まらない安子に近づく稔さん!!
『何で泣いてるん?
安子ちゃん、何があったん?』

 もーーーーーーーー!!
現れたよ、完璧な王子様が!!
安子は配達で大阪に来たとか言ってたけど、おかしいなって最初からわかっていたんだね。
わたしゃ、稔さんなら離れがたくて、つい列車に飛び乗るんじゃ?って期待していたけど来ないから、そうだよね〜〜(・д・`)と思っていたら・・・

 心配になり、すぐ急行に乗って追いかけたらしい。
(って、今日知った。わたしゃ同じ汽車に乗って、ずっと安子を見守ってたと思っていたよ(笑))
岡山に着いて何事もなく安子が家に帰ったら、そのまま大阪に帰ろうと思ったのね?
でも、いつまでも安子が泣いているから、つい声をかけてしまったのね?

 もーーーーーーーー!!
素敵すぎるんですけど!!
新しい推しが現れたんでしょうか?!

 安子や、ちゃんとすべて稔さんに話すのだよ。
無理して一人で背負っちゃダメよ。

 『剣樹抄〜光圀公と俺〜』第一話 家康の孫

 そんなんでもなかったかな〜δ(・ω・`)ウーン…
ただヤマコーがセクスィーだったわ〜
誰に対しても礼を尽くし、相手を一人の人間として尊重する、全く偉ぶらない、穏やかな剣の達人。普段の豊かな人間性が伝わってくる顔と剣を持った時の凄みがあるけど涼やかなお顔。
かつて、こんな魅力的な光圀様がいたでしょうか 〜

 隠密組織「拾人衆」をたばねている水戸光圀(山本耕史)は「明暦の大火」で孤児になった木剣の使い手・了助(黒川想矢)と出会い、彼を「拾人衆」に加えようと考える。

 「拾人衆」とは特殊な能力を持った子供たちの集団で、その能力を生かし江戸の町を守るために結成された組織。
(『大江戸捜査網』じゃん!『死して屍拾う者なし』じゃん!どうしてすぐに昭和のドラマに当てはめようとするんだ?!と思われるでしょうが、すぐに昭和の記憶に戻っちゃうんだからしょうがない。ちなみに『大江戸捜査網』のオープニングテーマ曲は非常にカッコよく気持ちも上がるのでウォーキングの時などに聴いておる)

 「拾人衆」のメインの子たちは・・・
・「バイオニックジェミー」並みに耳がいい亀一(川口和空)
・声色のモノマネ(ってレベルじゃない。憑依?)が得意な鳩(金恒那)
・人相描きの達人(瞬間記憶能力もすごい)の巳助(藤原颯音)
・「バイオニックジェミー」並みに足が速い韋駄天(黒澤諒)

 今回は「明暦の大火」を起こした犯人であり、了助の父親を殺した奴等の首領が、錦氷ノ介(加藤シゲアキ)(ずっと誰だっけ〜?どっかで見たような〜と思っていたがHPでやっとわかった( ̄▽ ̄;)アハハ…)だと掴むまでが描かれた。

 子供たちは皆、龍雲寺という所で寝食を共にしている。
そこには吽慶(石坂浩二)(コレもHP見てわかった(笑)なんか石坂浩二さん、人相変わったんじゃ?)という仏師がおり、彼が暴れ馬のような了助の見守り役(ホントに見守るだけで強制とか一切なし。了助がどっか行っちゃった時も戻ってきた時も黙って受け入れた)

 この吽慶と了助の関係も気になるわ〜と思ってたら、HPによると吽慶って錦氷ノ介の父親なのね。こりゃ大変だ。一応次回も見てみます。

 11月11日(木曜日)小雨のち曇り

 7時30分 BSP 「カムカムエヴリバディ」第9話

 安子(上白石萌音)から事情を聞いたと思われる稔さん(松村北斗)は、そのまま橘家へ挨拶に現れた。そして改めて結婚を前提としたお付き合いを申し込み、去年の夏に知り合い文通を続けてきたこと、今日、大阪に来た安子の様子が気になり、岡山まで追いかけて事情を聞いたこと、今後の戦況を考えると砂糖工場と手を結んでも経営状況が良くなるとは思えないと誠実な態度で伝えた。

 さらに、今まで跡継ぎとして親の決めた生き方に沿うように努力してきたこと、多分結婚についても親の意志に従うつもりだったことを話した。

『ですが・・・
安子さんに出会うてから僕の目に映る景色が一変しました。
親の決めた相手じゃのうて・・・安子さんと共におりたい。
安子さんと共に生きたい。
安子さんにそばにおってほしい。
それが嘘偽りのない僕の気持ちです


 堂々と親へ宣言!惚れるわ〜〜
こんなんされたら一生ついていくわゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
も〜誰が見たってすばらしい青年デスヨ!
頭もいいし、人柄の良さと品格が滲みでとるし、
なにより安子への深い愛情が感じられる。
この人になら娘を任せられる。どんな親だってそう思うさ。

 でも、みんな現実をわかっている。
稔さんは雉真繊維の長男で跡継ぎ。
安子も橘家の跡継ぎとして婿を取ってもらわにゃならない。

 金太さんの苦し気な顔・・・
父親として娘には幸せになって欲しい。
この青年なら安子を一生守ってくれるだろう。
でも自分の代で「たちばな」を終わらせる訳にはいかない。

 二代目として稔に言える言葉は
『安子を「たちばな」から出すわけにゃあいかん。
もう・・・うちにゃあ、安子しかおらんのんじゃ』・・だった。

 辛い・・・
思いだけでは変えられない現実の重み。

 それでも安子は自分の思いを稔さんに伝えた。
私も稔さんと生きていきたい。
あなたと日なたの道を歩いていきたい


 も〜〜全国の視聴者みんなが安子と稔を一緒にさせてあげたい!って思うとるよ!
ところが、仲良くキャッチボールしてたと思ったら勇(村上虹郎)め、稔さんにこげな宣言を。

わし・・・あんこのことが好きなんじゃ

 いやいやいやいや・・・なんで今言う?!
安子と稔さんが付き合ってることは知っとるじゃろが!
安子が好いとるのは稔さんじゃってわかってるだろうがーー!
爪痕を残したかったのかい?| 柱 |ヽ(-_-; ) ウーン

 11月12日(金曜日)曇りのち晴れ

 やっと金曜日!
なんか昨日、自分の人間的弱さを痛感し落ち込んでいたが
今日も夜が明けた。なんとかやっつけるべ。

 溜まっていた資源ごみをやっと三個(プラごみ2袋、瓶1袋)出した。
でもまだ倉庫に10個ぐらいある( ̄▽ ̄;)アハハ…
(今の時期でコレじゃ、冬を過ごした後だとどれだけ増えているか・・)
プラごみを蒲団圧縮みたいにかさ少なくできるものないのかね?
いや、プラごみ自体を少なくするよう努めなきゃアレだよね。

 7時30分 BSP 「カムカムエヴリバディ」第10話

 勇(村上虹郎)の剛速球を受け止め、稔さん(松村北斗)も直球で返したぞ。
安子の両親に挨拶をしたこと、許してはもらえんかったが、今後も誠意を尽くしてわかってもらうともりだと話したさ。
しかし勇も負けとらん。
ワシ、今年が最後の夏なんじゃ。
諦めん。甲子園も・・・。あんこも


 世の中はどんどん嫌な流れになっていく。
敵性語の『基礎英語講座』を学習する安子は責められ(でも吉右衛門様が助け舟を出してくれた(笑)吉右衛門様の今後にも注目していきたい)、
野球部のユニフォームのローマ字が禁止され、
軍用機の燃料にされるため砂糖が使えなくなり、
「たちばな」の職人・菊井の元に召集令状が届く、
そして甲子園大会が中止になった。

 兄中心の雉真家で勇が唯一自分の存在をアピールできるものが野球だった。
甲子園に出場できたら安子に思いを伝えようとしていたのに・・・それすらもできなくなった。
思わず安子を抱きしめた後、逃げるように去って行く勇が悲しい。

 そして「基礎英語講座」放送が終了になり、日本は戦争に突入した。

 稔さんは学生だから召集されないって言ってたけど、そのうち戦地に行くことになるのだろう。
もう家の存続どころか国の存続も危ぶまれる時もやってくる。
「たちばな」は、そして安子と稔はどうなるんじゃろう・・・

 って、なんか予告で算太(濱田岳)が出征の挨拶してなかった?(´;ω;`)
そして二人は引き裂かれてしまうのかい?

 『SUPER RICH』第5話(録画)(フジテレビ)

 優(赤楚衛二)は衛(江口のりこ)に告白するが、すーーーっと流されてしまう(笑)(餃子に負けた)返事ももらえないまま優は人材育成のためのアジア留学に立候補。
出発。1年後帰国。はやっ!

 さて、この1年でスリースターブックス内の変化は・・

・ハムスターを飼い始めた
・新人バイト・城戸君(結木滉星)が入った。フランス語とタガログ語堪能でデキる子(デキる子すぎてなんか怪しい・・・どっかのスパイぢゃ‥ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ)
・「満月モバイル」の息子が立ち上げた低価格ブランド・「三日月モバイル」との連携に向けた企画が進んでいる。
・衛と宮村(町田啓太[)交際中(リリカ(志田未来)情報だが眉唾)
・彩(菅野莉央)が多分妊娠中。コレ、宮村の子だったら怒るよ( ̄▽ ̄;)
・ラーメン屋さん(まぁ、関係者?)が三日月モバイルに転職。

 優自身の変化としては・・・
・ちょっとだけセンスが良くなった。
・中国語が堪能になった?
・仕事の面で粘り強くなった?

 優を連れて三日月モバイルの社長・森ノ宮大吾(矢野聖人)(なんか懐かしいな)に会いに行ったら、優が留学中に知り合った友人であることが判明。親し気に語り合う姿にみなさん、こりゃ有利だわいと喜ぶが、「満月モバイル」を牛耳っているのは大河専務(田山涼成)であり、大吾に決定権はないらしい。しかも連携はほぼ他の所に決まっているそうな。

 大河専務が父の親友であり、幼い頃かわいがってもらって事を思い出した衛は直接大河専務にアプローチを試みるが全く相手にしてもらえなかった。

 あの様子だとむしろ衛の父親を嫌っていたんじゃ?
妬んでたんじゃないのお?
利用するためにだけ親しくしていた模様。一筋縄じゃいかなそうなおっさんだね。

 優ってこのドラマの(かえるの)王子様ポジションなのかしら。
衛が大河専務に振り払われて倒れそうになった所にシュッと現れ抱きとめとった。
優の衛への思いは1年前と変わらず、いや、宮村を意識してさらに燃え上がっております。

 公園で衛がダンスを教えてくれていたら、抱きしめて(ここまでは許された)・・
キスしようとしたら・・さすがに『あかんやろ!勢いは!』とヒールで足を踏んで拒絶(笑

 その後、会社に帰ったら宮村が衛を抱きしめている場面に遭遇。
みなさんドキッとなった訳だが・・きっと宮村も初めて衛を抱きしめたんだと思うよ。なんかこの二人、行動がバッティングするからさ。

 さて、今回、実家の母が倒れ、母(美保純)から頭を下げて200万貸して欲しいと頼まれた優。
『「誰かが言った。人生の悲劇は2つしかない。1つは金のない悲劇、そしてもう1つは金のある悲劇。世の中は金だ。金が悲劇を生む」 by 鷲津政彦』
貸したくても蓄えはない。
母親が工場経営に行き詰まり、多分金策に回っていたせいで倒れたのも気づかず、冷たく突き放してしまった。母も工場も守ることができず、結局お金を宮村に借りた。

『俺はずっと甘えた子どものままで、
みんなにおんぶに抱っこされている新人のままで、
ずっと貧乏なままで・・・
衛さんと釣り合う大人になれなかった・・』

『変わらないってさ、それって悪いことなのかな?
変わりたいと思う気持ち、私もわかる。
もっともっとなりたい自分に近づきたいって思う。
でもさ、変わりたいって思う事が大事やと思うねん。
そう思って頑張ることが大事で、変わること自体は大したことじゃない』衛

 そうだよね、今の自分を客観的に見つめて、変わりたい、変わってみせると思う事、そして行動を起こすこと、その気持ちと過程で人はちょっとづつ成長できるんじゃなかろうか。
それに衛は優には変わって欲しくないと思っている部分があると思うよ。

 てか、優にとっての衛って「尊敬できる」「精神的にRICHな」「なりたい大人」の象徴なのかな?
そして憧れであり、自分の成長度を確認できる大切なものさしのような。
本当に女性としての衛を求めているんだろうか。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 17:38│Comments(0)テレビ日記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「賢い医師生活」シーズン2 第9話『スナック キズツキ』第6話 香保さん