「古見さんは、コミュ症です。」 最終話「海街チャチャチャ」 第3話

2021年11月03日

「刑務所のルールブック」 第14話・15話・16話(最終話)

 刑務所ものって暴力描写が必ずありそうで
(『あしたのジョー』のトラウマ( ̄▽ ̄;) )怖くて見られなかったんだけど、
友人からそんなんでもないよとの言葉をもらい勇気を出して見て見ました。
すごくおもしろかった!!コレはお勧めします!脚本が絶妙。職人技だわ〜。

 刑務所だから登場人物多いんだけど、一人一人キャラがしっかり立ってる。そして犯罪を犯してしまう経緯のそれぞれのエピソードの描き方も簡潔で自然。
ドライな笑いのセンスも好きだわ〜

 メジャーリーグ入りが決まっていた野球のスター選手キム・ジェヒョク(パク・ヘス)は妹を暴行しようとした男を過剰防衛で殺してしまい一年間のムショ生活を送ることになってしまう。パク・ヘスさんは初めてだったんだけど、すっかりファンになってしまったわ〜天然で、いわゆる野球バカで野球以外のことはなんもできない。元恋人のジホが何度も『彼はバカなの!』って言うけどホントそう(笑)でも、いいバカだよ。

 同じ部屋の受刑者達も最初はスーパースターが来た!って感じでドキドキしながら敬うというか気を使ってたんだけど、わかってきたら『あいつは何も考えていない』って(笑)いい意味で(笑)ホントのおバカさん。

 でも男としても人間としても信じられる、そして守ってあげたくなる、そんな人。多くを語ることはないけど行動で、まなざしで示してくれる。刑務所の中でも愚直とも思えるほど普通にいい人として行動してしまうから、そのせいでワルに目をつけられ何度も危険な目に遭ったり死んでもおかしくない局面に立たされるんだけど、策を弄しない策が成功するというか、余計なことを考えないことで救われるというか・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…面白いんだよねぇ。

 しかし、最後の最後まで気が抜けなかった・・・
ここからは14話〜最終話のネタバレを書きます。






 14話では、いい調子で仕上がっていたジェヒョクがプレッシャーとストレスからか投球が乱れる「スティーブ・ブラス病」になってしまう。ジュノ(チョン・ギョンホ)が精神科の先生に催眠術かけてもらってもカウンセリングやってもらってもダメ。ところがジホ(クリスタル)の一言で治ってしまうというね。

 ジェヒョクと別れた気持ちも分かるし、太っ腹な雰囲気もあるジホに好感を持っていたけどジェヒョクのことを誰よりも理解しているこの時の言葉に、彼の相手は君しかいないよ!と思ったぞ。復縁した後は誰にも弱音を吐かなかったジェヒョクがジホには素直に相談しアドバイスを求めていた。懐の深いジホしかジェヒョクを教育し癒すことのできる女性はいないだろうなぁ。

 ずっと頑張って薬を断っていたハニャン(イ・ギュヒョン)が悪い受刑者に狙われて医務室で無理やり薬飲まされようとした場面はヒヤヒヤしたよーー。てか、ハニャンを救ったのはいつもケンカばかり繰り返していた悪魔のユ大尉ことジョンウ(チョン・へイン)。入って来た当初は嘘の証言で罪を着せられたため人間不信になり恨みと怒りで全てを拒否していたんだけど、彼の行動を見て冤罪では?と思ったペン部長(チョン・ウンイン)や彼に命を救われたソン刑務官(カン・ギドゥン)(『サイコだけど大丈夫』のガンテの親友だーー!、ずっと貢物していたもんね)の援護や同房のミンチョル(チェ・ムソン)達のおかげで心を開いていったんだよね。お兄ちゃんとの家族愛には泣けた。再審請求が通って泣き崩れる姿にもらい泣きしたよーー。

 15話ではミンチョルさん(チェ・ムソン)の仮釈放が認められず、
なんだよーーー!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン と怒りに震えたわーー
ナ課長(パク・ヒョンス)の心無い言い草にもムカーー!(何か家庭の事情でこういう性格になってしまったのかと思ったら小学生の頃から変わらないってのには笑った)ペン部長がガッツリ言ってくれて少しは溜飲が下ったけどさ。

 ミンチョルさんは怒ったらさすが元ヤクザ、めっちゃ怖いんだけど普段は温厚で部屋のみんなを支えてくれるお父さんみたいな人。自分の罪にしっかりと向き合い受刑者として真摯に償いの日々を過ごす姿ははまさにトップ・オブ・ザ・模範囚。顔はいかにも犯罪者っぽいけど優しくて繊細な乙女の部分もある(花言葉教えてくれたりして〜)。

 こんないい人だから娘も会いに来てくれたし(肝臓あげても息子に拒否されたカイストは好き放題に生きてきたからね。まさに自業自得)、報われることを期待しない愛情で小悪人だったジャン・バルジャンの心を入れ替えることもできたんだよね(コイツ絶対口ばっかりで会いに来ないと思ってたわ〜( ̄▽ ̄;)アハハ…)刑務官のみなさんがミンチョルさんを思いやる姿にも泣けた(´;ω;`)

 そして・・・出所まで薬を断って恋人のジウォンとやり直すって言ってたのに・・・
お母さんも待っていたのに・・・
門を出てすぐに薬に手をだしてしまったハニャン・・・(TдT) 

 なんでだよぉ・・・も〜迷って迷って車の外に出ようとしたのに、それでも手を出した時とその後の何とも言えない表情・・・
これで人生終わった感、快感と、もう薬のために戦わなくてもいいんだという安堵感、深い悲しみ・・・うますぎるよ。そして悲しくて悲しくてやりきれなかった。地獄のその隣には幸せに繋がる道が見えていたのに。立ち直って欲しかった。てか、マトリも出所したばかりの人間に罠しかけんじゃねーよ!でも薬を断ち切るのがどれほど難しいか・・リアルな描写だった。忘れられない人物だよねぇ・・

 最終話になっても油断できない。ずっとジェヒョクを狙っていたヨム班長からお金を要求されても払わなかったら、同じ部屋の仲間に手を出してきやがった。ジェヒョクはダンベルを手に奴の元へ向かい『野球なんて辞める!』と言い放ったから全てを失ってでも殺る気かと思ってヒヤヒヤしたよ〜懲役が増えてミンチョルさんみたいに部屋のみんなを支える人になってしまうの〜?とか、奴を殺して自分も死ぬとか?止めてーーー!!ヾ(#`・Д・´)ノ 

 ジェヒョクにはその覚悟ができていたみたいだけど無期懲役囚のおじいちゃんが救ってくれた。まさに情けは人の為ならず。ミンチョルが自分らしく行動することで回りの受刑者たちにいろんな影響を与えていったんだよね。

 たまに出てくるジェヒョクの意外と使える(笑)普段があまりにも何も考えてないからちょっと作戦考えるだけでスゴイ!ってなってしまう)部分が発揮され(いろんな人の協力があってこそだけどさ)ヨム班長の恐喝を暴いて無事出所の日を迎えることができたんだよね〜

 前日のインタビューの時にジェヒョクがしっかり刑務官のみなさんへの感謝を口にしてくれて、やっぱりいい男だなぁ・・って思ったよ。ジェヒョクなら出所後も同房だったみんなと再会しただろうし西部刑務所に慰安で来てくれたりするんじゃないのかな。法子との約束も果たしたみたいだし。颯爽とスポーツカーに乗ってグラサンで現れた、かっちょよくなった法子を見た時はヤッターー!って嬉しくなったよ。

 刑務官の中でも一番好きだったのはペン部長だよねぇ。最初、チョン・ウンインさんを見た時、あ!『君の声が聞こえる』に出てた悪い奴!ここでも服役者をいじめる気ね!と身構えたのだが・・大間違い。誰よりも受刑者達に寄り添ってくれる情のある素敵な刑務官だった。

 火事の時、ナ課長がペン部長を辞めさせようとしたら所長が珍しく『彼は必要な人だ』ってきっぱり言っていて(この所長どうしようもないなと思っていたけど、この場面で見直した)そうなんだよな〜言葉は悪くて直情型のところもあるけど、彼は受刑者たちを自分と同じ人間として付き合って支えている。最終回ではいいパパさんの面も見せてくれて愛されたキャラだったねぇ。

 そしてジェヒョクの親友ジュノ、チョン・ギョンホさんの存在感。彼のことは『純情に惚れる』で好きになって『ライフ・オン・ザ・マース』も良かったよねぇ。『悪魔がお前の名前を呼ぶ時』は途中で挫折しちゃったけど〜( ̄▽ ̄;)アハハ…な〜んかファンキーな雰囲気があると言うかすっとぼけた所がいいのよね〜

 ジュノがいるからこそジェヒョクはムショの生活が耐えられた。親友なのに言えないから回りには熱狂的なファンでストーカーと認知されているのには笑ったけど。本物のストーカー(笑)の弟とのかけあいも良かったね。クッションで殴るところとか(笑)クールでスマートで優しい。最初はペン部長のこと嫌っていたけど徐々に尊敬するようになってラストは第二のペン部長っぽくなっていたよね。

 そうそうジュノと付き合うジェヒョクの妹ジェヒ(イム・ファヨン)・・・見ながらずーーーっと、どっかで見た顔なんだけどな〜と思っていたら『キム課長とソ理事』に出ていたキム課長好きの子だったんだね(最終回見終わってやっと調べた)あの時は明るくて突き抜けたキャラだったからわからなかったよ〜ジェヒ、恋人のことも兄にカミングアウトできたし幸せになって良かった。

 出所の朝、ムショを出て弁護士さんやお母さんと抱き合った後カメラのフラッシュを浴びながらジホを探すジェヒョクに、じーーん・・・ジホも目立たないようにしていたんだよね。そしてカメラなんぞ気にせず抱きしめてキス・・いい場面だったなぁ(´;ω;`) もう二人は決して離れないだろうなぁ。

 そして野球界に復帰して最初の登板。第一話の最初の場面は、この時だったんだね。彼は伝説になったけど、弱さもある、それでも必死に頑張って生きる、ひとりの人間なんだよね。刑務所の生活はジェヒョクにとって人生の最底辺で(カウンセリングの先生にグラフ書いてって言われて書ききれなかったもんね(笑))辛くて悔しくて理不尽な思いばかりだったかもしれないけど、人生の中で最も濃くて様々なことを学べた時間でもあったと思う。

 刑務所は確かに罪を犯した人々が入る場所だけど社会の闇をはっきりと映す場所でもあるんだよね。受刑者達の過去のエピソードを見ながら社会の様々な深い闇や問題が見えたし、受刑者達は、その影響を受けざるを得ない弱い立場にいた被害者でもあると思った。いろんな事を考えさせてくれたすばらしい人間ドラマでした。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村


韓国ドラマランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 16:57│Comments(0)韓ドラ いろいろ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「古見さんは、コミュ症です。」 最終話「海街チャチャチャ」 第3話