「怪物」第10話 沈む「怪物」第12話 ほどく

2021年08月11日

「怪物」第11話 締める

 やっぱり・・・ユヨンを殺したのはジョンジェ・・・?
何かから逃げて来たユヨン(手から血が出ていたから、もう指は切られていた?)は
助けを求めて車に向かって走って行き・・・轢かれてしまった・・
運転していたのはジョンジェ・・・それともト議員?

 どちらにしろト議員はその始末をイ・チャンジンに頼んだ。
21年前からの黒い繋がり・・・

 とすると・・・ユヨンを拉致して指を切ったまではジンムクが?
それとも別の犯人がいるの?
もーーー!一話一話が濃すぎだよぉ・・・驚異の充実ぶり。
真相を知りたいけれど最終回になって欲しくない。
わたしゃ『怪物』にすっかり夢中。憑りつかれてしまったよぅ・・
KNTVのHPはこちら

 2003年、ドンシク(シン・ハギュン)の父親の葬儀に
サンベ所長(チョン・ホジン)は来てくれた。

『すみません・・
娘さんを見つけられず申し訳ありません・・』
『おじさん・・・
俺がおじさんのような警官になったら、ユヨンを見つけられる?』ドンシク
『・・・・・』
『そしたら、みんな忘れてくれるかな。
俺が殺してないって・・・信じてくれるかな』
『・・・・・』
楽に息がしたい。
・・・・そうしてもいい?

『私に任せなさい。
私の人生を懸けてかなえてやるから』


 ドンシクを抱きしめて言ってくれたサンベ所長。
所長はその約束を守り続けた。
ドンシクと家族の運命を狂わせた罪を一生をかけて償ってくれた。

 サンベ所長の葬儀。
喪主はドンシク・・・
挨拶をしたジュウォン(ヨ・ジング)は憔悴していた。
心配そうに見つめるドンシク・・・

 2018年、パートナーのサンヨプを亡くし、自らも負傷したドンシクは生きる気力を失っていた。
叱咤し、父親のように気遣ってくれた所長・・・

『そんなに辛いのか?』
『・・・・』
『ふざけたことを。パートナーを守れなかったくせに!
自分がかわいそうか?
私はそうは思わない。
サンヨプを守れず死なせておいて自分を憐れんだりできない。
なぜ脚が痛むんだ?お前は哀れなふりをしている!
寒い部屋で脚を痛がっていれば償いになるのか?
生きることが恐れおおい?
違う!生きること自体が地獄だ。
だから一日一日を必死で生きるんだよ!
息をして、飯を食べて、笑いながら。
勝手に死んじゃいけない。
サンヨプの代りに必死で生きるんだ。
それがお前と私の罰なんだよ!


 (´;ω;`) うぅ・・・
所長はドンシクに、その生きざまを見せて自分も必死に生きて来たんだね。
罪を背負って苦しみながら・・・

 ドンシクから取り調べを受けた時、サンベ所長は『全部終わらせたら空気のきれいな所で老いて死ぬよ』と言っていたけど、それは本当のことだった。
海沿いの町に所長とドンシク名義で家を買っていたのさーーー
(´;ω;`) 本当に本当に息子と思ってくれていたんだね。
もちろん、それだけではなく償いの気持ちがあっただろう。
それでもサンベ所長にとってドンシクは特別な存在だった。

 『バカな人だ・・・』
ドンシクの痛みが伝わってくる・・・
この人はどれだけの後悔と苦しみを背負っているんだ・・・






 でも、今回の件でジュウォンは完全にマニャン・ファミリーの一員として認められたというか・・大きな傷を負った彼をみんなが気にして守ろうとしているのがわかる。そしてジュウォンの心の壁も、もうない。

 卵を投げつけ、投げつけられたジェイ(チェ・ソンウン)とジュウォンの関係も変わったね。

『一人で大丈夫ですか?』ジュウォン
『いつも一人だったから今日も同じよ』ジェイ
『もっと孤独になったでしょ』
『どうかしら・・そうかな・・』
『すみません・・・僕が・・・
(釣ろうとして失敗して死なせてしまった)
所長を助けるべき・・・』
『やめて。全員を救うことはできない。
警官だって同じよ』

 ジェイの言葉が救いのようにジュウォンの心にしみこんでいくのがわかった。
あんなに他人に興味がなかったのにねぇ・・・
所長も言っていたけどマニャンの人たちとの関わりの中で大人になったんだね。
車載カメラ映像を送ったことも謝っていたし。
もうすっかり身内となったジュウォンにジェイはドンシクとジョンジェがいる場所を教えてくれた。

 所長が買った家。
表札には『ナム・サンベ イ・ドンシク』の名前が入っているのが悲しい・・

 薬を飲んでいたジョンジェ(チェ・デフン)を気遣うジュウォン。

『また誰かが死ぬかと思うと怖いでしょ?
親しくない俺でも』ジョンジェ
『・・・気になっただけです。すみませんでした』ジュウォン
『謝らなくても。人間味があっていいね』
『・・・・』

『ドンシクはもっと怖いだろう。
身近な人が次々に死んでいくことが自分のせいだと感じて』
『所長の死は・・・・僕のせいです。
危険にさらしたのも僕で、全部・・・僕が悪いんです』
『自分を責めるのはやめて。
俺も経験があるからわかる。足を踏み入れないで。
早く抜け出さないと。
息をすることが、生きていることが、悪夢なんだ
『・・・・・』
『自分が自分なのか・・
別の人なのかもわからず生きるんだけど、何なんだろう。
よくわからない・・・
ハン警部補は、この地獄に入ってこないで』

 何がこの人をこんなに苦しめているんだろう・・・
そしてドンシクが言っていた通り(売り言葉に買い言葉だろうが)
この人はドンシクが手を離したらどこまでも闇の底に沈んでいってしまいそうだ。
生きている実感がないような、悲しみの中で漂い続けているようなはかなさがある。

 サンベ所長の死を経て、ジュウォンの目に映るマニャンの人々の姿が変わってきたように思う。
ひとりひとりが傷と哀しみを背負って、それでも強く生きて行こうとしているんだと。

 所長を思いながら背中を丸めて釣りをしているドンシクに
わざといつものように声をかけるジュウォン。

『水面だけを見ていると魚が浮きを揺らしているのか、
風が波を起こして揺らしているのか、わからなくなるんだ。
慌てて合わせると逃げられる。
だけど遅すぎても逃がしてしまう。
合わせるべきか・・・待つべきか・・・』ドンシク
僕は・・・動きます。魚でも風でも合わせます

 ジュウォンは相棒として改めてドンシクと捜査を再開したいと伝え、ドンシクも受け入れた。

『また誰かが亡くなる姿は見たくない。
あなたにもそうなって欲しくないから・・』ジュウォン
『ハン警部補、突っ走るのは俺の役目だ。
ハン警部補は自分らしく落ち着いて冷静に判断してください。
それが役目です。分かりましたか?』ドンシク
はい

 なんかジュウォンが今まで見たことないような顔でドンシクを見つめとった。
『兄貴!ついて行きます!』って目だったぞゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 マニャン・ファミリー(ジェイ、ジョンジェ、ジフン、ジファと二人)も一致団結し所長殺しの犯人捜査開始。

 浮上した容疑者はマニャン派出所のチョ巡査部長とファン警部補。
所長が亡くなった夜、いるはずのない本庁に来ていた二人には必ず隠していることがある。
『疑わないために疑う(by ジュウォン)』捜査開始!

 今まで単なるチョイ役と思っていた二人に急にスポットライトが?!
どういうこと・・・?
この二人が犯人じゃちょっと納得いかないわぁ・・・

 尾行の結果、ファン警部補は本庁に入ろうと画策していただけだったことが判明。
所長が殺された夜に面接を受けていたんだね。
結果は不合格であった・・・( ̄▽ ̄;)

 一方、チョ巡査部長の通話明細書を調べていたジョンジェは、彼がムンジュ署長のチョン・チョルムンとハン次長(チェ・ジノ)(正確には秘書室)と連絡を取っていたことを確認。
さらに母親の飛ばし携帯の番号も発見!でもコレはみんなには秘密。

 ジュウォンが父親にチョ巡査部長が会いに来た理由を聞きに行ったら、珍しく素直な感じで全く意味がわからないと言っていた。21年前の失踪事件のことで『自分は上の指示に従っただけだ。ムンジュ署長(当時はハン次長が署長)の指示どおり』と訴えていたそうな。

 ハン次長はチョ巡査部長に会ったこともないのにどうやって指示を?と問いただしたら、勘違いでしたと逃げるように帰っていったんだって〜

 本当?!このたぬき親父、ばっくれてるんじゃないのお?
次長によると、その夜、サンベ所長も現れチョ巡査部長が来た理由を尋ねたそうな。
『21年前の、あの鑑定書の処分をしたのはあなたですか?』とも。
次長はこっちも意味がわからず追い返したと説明。

 わざわざヒョクを同席させてるのも怪しい。
さらにサンベ所長の死因を徹底的に調べるようヒョクに命じていた。
ポーズ?( ̄▽ ̄;)

『本心ですか?』ジュウォン
『私も警官だぞ』ハン次長

 どうだか!

 別情報からチョ巡査部長が留置場にいるサンベ所長を訪ねたこともわかった。 
早速、チョ巡査部長をマニャン精肉店に呼び出して尋問開始。

 留置場に行ったのは所長に呼び出されたからで、所長はやっぱり21年前のパン・ジュソン殺人事件の時の鑑定書のことを聞いてきたらしい。

「鑑定書」とは殺人事件の証拠品のギターピックについてのもので、それを科捜チームに運んだのも鑑定書を受け取り、担当刑事だったサンベ所長に渡したのもチョ巡査部長だった。このせいでドンシクは犯人にされたんだけど、鑑定書によると指紋もDNAも検出されなかったそうな。なのにピックの持ち主だというだけでドンシクは犯人として逮捕された。

 調書にも「鑑定を依頼したと」の記載はあるが、いつのまにか、その「鑑定書」が消えていた。

『お前が鑑定書を処分したのか?
どうしてそんなことを?偽物だから?
私に渡した鑑定書は偽物だった。本物とすり替えたんだろ。
問題になりそうだから処分したんだ。
全部、お前の仕業だろ?!
おい、チョ・ギルグ!チョ・ギルグ!
』サンベ所長


 てなことを所長に言われ留置場から逃げだしたチョ巡査部長。
みんなにも自分は処分していないし、上の指示に従っただけと訴えた。

 通話明細書を目の前に置くジュウォン。
誰ですか?
所長からメールを受け取り、次長室に3回、飛ばし携帯に3回

イ・ユヨン』ドンシク
カン・ジンムク』ジ
ナム・サンベ。一体誰が殺したんだろう』ド
『チョ巡査部長ですか?』ジ
俺じゃないってば!
俺は・・・・話せないんだ・・』

 なんでも所長から『所長室の金庫にあった鑑定書が消えた。お前が全部罪をかぶることになるぞ』というメールが来たから会いに行ったんだと。
チョ巡査部長はあくまで自分は鑑定書を受け取っただけだから悪くないし、あの夜、ムンジュ署長のチョン・チョルムンも所長に会いに来てたと言い出した。

 その後、ジュウォンは料亭的な場所にチョン署長を呼び出し尋問。
チョ巡査部長によると鑑定書を処分するよう命じたのはチョン・チョルムンだった。
署長は当時署長だったハン次長(ややこしや)の指示だと言って鑑定書を処分するようメールで命じたらしい。サンベ所長に会いに来て、チョン署長に会ったチョ巡査部長がそのことを問い詰めたら『死にたくなければ黙ってなさい!』と脅したんだと。

 コレはムンジュ署長がハン次長の名を語って独断でやったことなの?
とんでもねぇ奴だよ。まぁ、最初から人相良くないなと思っていたよ。
時代劇に出てくる悪代官顔だよね。

 サンベ所長が留置場にいる間、たくさんの人が来てたんだね。
チョン署長は自ら会いに来た模様。

 ジンムクが自殺した夜、サンベ所長はムンジュ署長の協力を得て留置場の監視カメラを止め、ユヨンのことを聞くためジンムクに会いに来た。しかし二人が行った時にはすでにジンムクは死んでいた。留置場に忍び込んだ事がバレるとアレなんで二人はその場から逃げた。

 そしてチョン署長がサンベ所長に会いに来た夜。

『”ドンシク、ユヨンは違う” 一緒に見ただろ?
ジンムクが指を噛みちぎって壁に残した血書を。
死の間際に残したダイイングメッセージだ。
よほど悔しかったんだろう』サンベ所長
『カン・ジンムクは犯人じゃないとでも?
それを聞くために彼に会わせろと?』チョン署長
『ピックの鑑定書はお前の指示か?
パン・ジュソンの遺体発見現場に落ちてたギターピックのことだ。
あの鑑定書はお前が処分させたのか?』

 チョン署長は憶えていないし、探りまわっていると年金がもらえなくなると脅してきたが、所長はジンムクが自殺した夜一緒にいたことをネタに留置場から出すよう命令。

『お前の言うとおりだ。
すべて終わったことだし昔のことだよ。
お前が何をすり替えて処分したのかなんて知ったことではない。
私はここから出たら過去のことは全て忘れる』所長
『そうですよね〜』署長


 もちろん、ジュウォンには昔話をしていただけと話す署長。
その時の映像を確認していたジュウォンは署長が留置場から帰った後、サンベ所長が防犯カメラに向かって口にしていた言葉を伝えた(音声は録音されてなかったので口の動きから読み取った)。

『お前は知ってるだろ?
誰がカン・ジンムクを殺したのか。
カン・ジンムクを殺した奴が私も殺すだろう』


 サンベ所長は鑑定書を始末させたのはチョン署長だと気づいていた。
所長は所長でユヨンの事件の真相に辿り着こうと一人で探っていたんだね。
だから自分が囮となって犯人と繋がっているであろう署長を刺激することで真犯人をおびき出そうした。逮捕されて、にやりとしていたのは、その機会をチャンスと捉えていたからだったんだ・・・命がけで・・(´;ω;`)

 所長の無念を晴らすべくマニョンファミリーが仕掛けた結果、ムンジュ署長と繋がっているのはイ・チャンジン(JL建設代表)(ホ・ソンテ)と市議会議員ト・へウォン(ジョンジェの母親)(キル・ヘヨン)だと暴くことができた。

 あの夜、所長を拉致して殺したのはイ・チャンジン!
でも、ト議員も関わっているはず。

 そして悪党どもを集合させるため母親を呼び出す役割をしたジョンジェはこの作戦の内容をを知らなかった?
驚くジョンジェに『息をすることが、生きていることが悪夢か?お前が隠している地獄って何なんだ?』と尋ねるドンシク。
ドンシクはついに真相を知ってしまったんだろうか・・・

 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

 第9話 第10話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

人気ブログランキング 

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 19:53│Comments(0)韓国ドラマ 「怪物」 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「怪物」第10話 沈む「怪物」第12話 ほどく