きこりのテレビ日記 #31 3月27日(土曜日)きこりのテレビ日記 #33

2021年03月31日

きこりのテレビ日記 #32

 3月29日(月)

 6時25分Eテレ 『テレビ体操
今週からタイトルバックの猫ちゃんも春仕様。
後ろのスクリーンも薄いグリーンとブルーで爽やか〜〜
そして「みんなの体操」から始まらない月曜日
まさかなくなったんじゃ・・・
わりかし優しめの新しい体操が始まる。
なのに両手指を順番に折っていく体操でつまづく。
そして月曜日はラジオ体操第一のはずなのに第二!
このちょっとした「聞いてないよ」感が脳への刺激になるの鴨。

 7時15分BSP『あぐり』「花嫁は15歳」第1話
まだ私の中の「澪つくし」は終わっていないのだが始まってしまった。
初見。主人公誕生の時から始まるのって最近じゃあんまりないかも。
明治40年父親が弁護士の川村家の三女として誕生。
結構大きな家でお手伝いさんも二人いたかな?
男の子を望んでいた父は、これで最後の女の子という意味で「あぐり」と名付けた。
ちなみに5人目でやっと男子誕生したらしい。

 その後、一気に11年経過。成長したあぐり(秋定里穂)は朝ドラ史上かなり高レベルのおてんば?と言うよりも男勝りに成長。元気はつらつ。
ケンカでは男の子には負けていない、むしろやっつける。女子が苦手系の虫・動物ウェルカム(ウシガエルを収集し母上の寿命を縮ませた)。
本日はカラスの卵がかえるのを見守ろうと一晩中木の上にいたため警察まで動員する騒ぎとなったのにケロッと帰宅し『カラスが孵った〜!』と報告するあぐりが描かれた。

 母親の美佐(松原智恵子)が心配のあまりに『あんな子、産むんじゃなかった』と嘆く場面がありギョッとしたが、あぐりが生まれてから事件の連続で気が休まることがなかったそうな。まぁね、友人の男の子も小さい時やんちゃだったから、彼女は『謝り続けの人生だよ』とボヤいとった( ̄▽ ̄;)
そんなあぐりがサブタイトルによると15歳で嫁入りか・・・当時はみんなこれぐらいの年齢だったのかしら。


 7時30分 BSP 『おちょやん』第17週「うちの守りたかった家庭劇」第81話

 昭和16年に始まった太平洋戦争は最初は大勝利をおさめていたが18年には戦況は悪化。それに伴い敵性語を使うことは禁止され看板もレコードも英語のものは排除された。

 バッカみたいだよね。そんなことしても意味ないのに。アメリカじゃ反対に日本や日本語のことを勉強していたっていうのにさ。

 そして昭和19年1月、道頓堀は人出もなくうら寂しい雰囲気。劇場も入りが悪いワ。そりゃそうだよね。男の人たちは出征していないし、残った人たちも芝居に行く気持ちも経済的にも余裕がない。内容も愛国もんばかりじゃ飽きられるしさ。

 さすがに一平(成田凌)の中にも揺らぐものが。
『今から俺が何聞いても「ええで」言うてくれな。
こないな時やのに、芝居やっててええねやろか・・』
『何でそないなこと…』千代(杉咲花)
ええで。ええんですて』寛治(前田旺志郎)
『せやな。ええねやんな』一平
『・・・うん』千代
『・・・うん』一平

 「うん」と同意しつつもなんかスッキリせん。
戦時だけでなく非常時にも自然と沸き上がる疑問だよね。ワシはこういう時こそエンタメは人々の力や癒しになるから平常運行して欲しいと思う。いつも通りに笑えたり楽しんだりすることで、人は本来の自分自身を確認できる。そうして生きている自分を実感できるんじゃなかろうか。そりゃ食べ物があって寝る場所があってこそだろうし、楽しむことへの罪の意識もふわぁ〜っと起きたりするんやけど。

 そして福助(井上拓哉)に赤紙がきた。
みつえ(東野絢香)が言うには前に楽団で慰問に行った時、軍歌なんか演奏したくないて反抗したから目ぇつけられたんやないかて・・・
福助は千代と一平に頭を下げて頼んどった。

『みつえと一福のことよろしゅう頼んます。
僕のいてへん間どうか2人のこと…』

 あぁ・・・戦争は嫌だ。ホントに嫌だよ。
なんで国の命令で人を殺しに行かなきゃならないんだよ。

 そしてご寮人さんはついに岡安を閉めることにしたそうだす。
シズ(篠原涼子)から報告を受けた菊さん(いしのようこ)の『ほうか』が重かった。そして『うちがやっていけてんのは戦争のおかげだす。せやさかい、文句言われしまへん』という言葉も。

  本日の注目ポイント

 カイロ代わりに猫を抱っこしていた小山田さん(曽我廼家寛太郎)に千さん(星田英利)から『何やソレ。晩飯かい』のツッコミが。食糧難の時代だからリアルにブラックジョークが響いた( ̄▽ ̄;)アハハ…



 『おじさまと猫』第12話(最終話)(録画)(テレビ東京)

 ついにおじさま(草刈正雄)と再会し、お家に帰ることができたふくまる(神木隆之介)。
良かったねぇ・・・(´;ω;`) 懐かしい我が家の匂いを確認する姿がいじらしい。辛かった日々が蘇り泣けてしまうふくまるを『大丈夫だから』と抱きしめるおじさま。いっぱい甘えて一緒に眠って・・・もう安心にゃ・・・

 翌日は森山(小関裕太)のライブの日。ふくまると一緒にいたいおじさまは迷うけれど、結局会場へと向かった。んが、ライブは始まっておらず、ステージで森山は立ち尽くしていた。にゃんとメンバーが当日キャンセル!ひどいことするにゃ〜そんな奴等には音楽の神様からの天罰が下るにゃ!
 困っている森山君を救え!おじさまがステージに上がると日比野(平山浩行)とその仲間たちも続いた。

 楽譜置いていってくれたのかしら?「いくらでも合わせる」って言ってたけど歌に合わせるって???何曲演奏したのかしら?曲の順番わかってんの?まさか一曲のみ?等の疑問が湧きあがりましたがすべてふくまる効果でクリア ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 無事ライブは終了したのです。そしておじさまは久々に舞台で演奏することができたのでございます。

 『神田先生のおかげです!』と頭を下げる森山におじさまは『私がステージに立てたのはみなさんのおかげです。一人では不可能です。勇気をくださってありがとうございます。皆さんのおかげです』と伝えるのでした。この謙虚で上品でかわいげのあるおじさまを体現できるのは草刈様だけ。もうず〜〜っと見ていたいわよ。

 そして星空を眺めていたおじさまとふくまるは流れ星に『ず〜〜っと一緒にいられますように』とお願いしたのです。1年後、おじさまはコンサートを開いておりました。そのポスターにはふくまるも映っていました。

 にゃんて素敵なポスターヽ(´∀`)ノ いや〜楽しくてしみじみと癒されるドラマでした。原作を愛読していたのでドラマ化が決まってふくまるがぬいぐるみと知り、う〜〜む・・・どうじゃろうねぇ・・・原作読んでる人は脳内でイメージをうまいことアレできると思うけど未読の視聴者はついてこられるかしら?と心配しとった。でも終わってみると不可能が可能になった!(笑

 ぬいぐるみのふくまるに命を吹き込んだのは、すばらしい表現力の神木君と、ふくまるへの深い愛情が伝わってくる草刈さんの温かなまなざし、そしてもちろん人形操演の人形劇団プークのみなさんの匠の技術、そしてスタッフ・キャストの皆様のお互いへの信頼と愛でしょうなぁ。よくぞドラマ化してくださった!ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。原作はまだまだ続いております。いつかシーズン2でふくまるファミリーに再会できることを願っております。




 『貴族からの招待状』『イタリア シチリア』(録画)(BSP)

 貴族様の生活が見てみたくて録画しました( ̄▽ ̄;) 侯爵夫人様が我々平民の為にお住まいをご案内してくださいます。最初はエリザベス女王もお越しになられた事があり、あのヴィスコンティの映画のロケにも使われたという「ヴァルグアルネーラ・ガンジ宮殿」。いや〜キンキラキンは私の趣味ではないけれど、てぇしたもんだ。こんな所に住んでいたらどんな性格になるんだろうねぇ・・(平民の感想)てか、維持費が大変でしょうよ〜と思っていたら、とにかく修復に銭がかかる!26年前から修復を初めて(それでも85%しか終わっていない)65億円は超える金額かかったってよ!ひゃーーー!!助けてーーー!!┗(;´Д`)┛その費用は先祖が残してくれた資産や宮殿意外の施設を貸し出したりして賄ってるんだって〜

 お次は1476年に建てられた「アッリアータ・ディ・ピエトラタッリャータ宮殿」。こちらも2年前からずっと修復中。侯爵様と侯爵夫人が迎えて下さったわ〜家具や調度品も歴史あるものばかり。でもちゃんとそういうものを修復する職人さんの技術も受け継がれているんだろうね。お孫さんはこの広い宮殿の中でかくれんぼするんだってさ。でも広すぎて鬼一人では探せないから隠れるブロック決めておくと言ってた。このお坊ちゃま、こんなお家に生まれてくるなんて前世どれだけ徳を積んだのかしら?・・・てな感じで何軒も(いや、宮殿ってどう数えるの?)続くんだけど三分の二ぐらいで飽きてきちゃった ( ̄▽ ̄;)アハハ…いろんなタイプの貴族様達がいたけれど宮殿を受け継ぐということはご先祖様から伝わる家族の哲学をも受け継ぐことなんだろうね。そして本当の持てる者はその義務というか為すべきことをも当然のこととして受け継いでいる。貴族というのは立場ではなくて生き方なのかも。だからなのか侯爵様たちが宮殿にいると思われるご先祖様の幽霊の存在を肯定し友好的に迎えようとしているのが印象的だったわ〜

  3月30日(火)

 5時20分、ミー太となつと一緒に外へ。倉庫が近づいて来たら煙草の匂いが・・・コレは隣家のおっさんが玄関で吸っているね・・と思ったらやはりいた。冬だと暗くて姿が見えないから急に声かけられて寿命縮まったが、もう大丈夫。しかしおっさん、顔色が赤黒いというか失礼ながら非常に不健康な濁った血の色を感じさせる。煙草ぐらい家の中で吸わせてやれよと内心思っていたが、健康を心配する奥さんからの戒めなのかも。

 庭の花がすこしづつ芽吹いて来た。
左上がキャットニップ、その隣が多分ムスカリ。
左下はビオラ。その隣がチューリップ。
春

 6時25分Eテレ 『テレビ体操
今日は「みんなの体操」あったわ。

 7時15分BSP『あぐり』「花嫁は15歳」第2話

 今回は嫁に行った長女・紀美子(白鳥夕香)と見舞いに行った次女の富美子(山崎宏美)がスペイン風邪で亡くなってしまった。熱に浮かされた紀美子が欲しがったアイスクリームをあぐりに頼まれ、もう店閉めたのに作ってくれたレストランのシェフ、優しいよぉ・・・作るのに時間もかかるのに。一瞬スペイン風邪患者の家族だからって差別するんじゃ・・とか思っちゃってごめんよ〜

 7時30分 BSP 『おちょやん』第17週「うちの守りたかった家庭劇」第82話

 ご寮人さんは岡安を閉める準備をてきぱき。
手伝いながらも泣けてくる千代。

『ご寮人さんはどないしはるおつもりだす?』千代
『わてはどこにも行けへん。
旦さんと2人でずっとここいてる。
この道頓堀が、わての居場所だす。
あんたには感謝してますのやで。
千代、この岡安に来てくれておおきにな』

『・・・・』
『あんたもう・・・干してんのに濡らしてどないしますね』
『すんまへん・・・うちはやっぱり悔しい・・・
岡安のうなってほしないんだす…』

 千代にとっては「岡安」が実家だもんな。
ご寮人さんや旦さん、ハナさんだけでなくお茶子の姉さんたちも揃って、みんなで家族。
それはきっとお茶子倶楽部のみなさんにとってもおんなじ。
戦争のせいだけじゃなくいつかは終わるとは思っていたが・・・
どんなもんでも終わりはあるとわかっちゃいるが・・
泣いている千代を抱きしめるご寮人さんも辛いさ。
ざぶとんに突っ伏して涙を隠す(拭く)演出が千代らしくて良かった。

 そして愛国少年に育った福助の息子・一福(歳内王太)が『瓦全より玉砕』と書いたはちまき渡したのもなぁ・・・
『僕は、お父ちゃんを誇りに思います。
僕ももうすぐ14歳や。
そしたら少年兵として志願しよ思てます』て・・・・

 戦争が終わって『瓦全より玉砕』の意味を本当にわかった時、一福はどう思うやろか。「お国のために華々しく死んでくれ」て・・・そういう教育受けて来たからそれが正しいと信じ込んでるんやろな。日本は勝つ、そのために命を捧げるのは光栄なことて・・・まっすぐな一福の目を見てたら悲しくなったワ。

 出征する福助の壮行会が岡安で行われた。最後に福助に思いっきりトランペットを吹かせてやりたいと考えた千代は一平とみつえと作戦を立てえびす座へ連れてきた。で、ちょこっと吹いたら・・・なんやら国防婦人会っぽいおばちゃんが警官連れてきたで。敵性音楽聞こえたと密告した模様。

 (╬⓪⓪) はぁ?!ワンフレーズぐらいしか吹いとらんやろが!!道頓堀の人ならわかってくれると思っていたのにガッカリだよ。

 でもトランペットの音ってすんごい響くから劇場とは言え普通の木造建築で大丈夫かね?って心配してたのよ。昔、うちの娘が小学生の頃に義父が泊りに来てて私が寝た後にトランペット吹きはじめたのさ〜
パーーパッパッパパラーパッ!
即起きて『うるさいっ!!何時だと思ってんの!』と
怒鳴ったら義父が目を丸くして非常に気まずそうにしていましたとさ( ̄▽ ̄;)アハハ…

 こちらは大丈夫!寛治とルリ子さん(明日海りお)と香里さん(松本妃代)が発声練習しているフリでごまかしたので警官とおばさんは退場。気配を感じた他のみんなも集まってきて福助渾身の演奏を聴くことができましたで。

 いい演奏やったなぁ・・・(´;ω;`)
口ベタな福助やけど、アンタの思い伝わってきたで。
その姿を見つめるそれぞれの思いも。お父ちゃんやみつえの堪えようとしても流れる涙に(´;ω;`) そしてなんか百久利君(坂口涼太郎)が拍手もせずにじいっと聞いている姿に胸打たれたよ。福助の辛い気持ちとその願いをまっすぐに受け止めている気がして・・・鶴亀に来てから人間的にも成長しているのを感じてきたが、この子きっといい役者さんになるなぁ。

 『昔話法廷』「桃太郎」裁判(録画)(Eテレ)

 いや〜見ごたえあった!この番組たっま〜に見ているけど今回は出演者も豪華だし、脚本は森下佳子さんだし、見ずにいられますかっての。
桃太郎、わたしゃ、犬やキジ・猿たちを低賃金でこき使った労働基準法とかにアレするのかと思ったら、鬼達を襲撃し、一人を斬り殺し30人に重軽傷を負わせ、その財産を強奪したということで『強盗殺人罪』で起訴だった。検察官(天海祐希)は死刑を求刑。

 弁護人(佐藤浩市)は桃太郎(仲野太賀)の犯行は鬼からの犯行予告を受け村人達を守るためやむを得ず行われたとして情状酌量の余地あり、死刑にすべきではないと主張。検察側証人の殺された鬼ノ助の妻(仲里依紗)、そして弁護側証人の桃太郎のおばあさん(白石加代子)の証言は裁判員たちの心を大きく揺さぶった。

 妻によると、そもそも鬼達は鬼だというだけで酷い差別を受け鬼ヶ島に隔離された。鬼たちの人間に対する犯罪は生きていくためにしかたなかったと主張。さらに鬼ノ助さんはそんな犯罪を犯さずに暮らしていけるように鬼ヶ島の痩せた土地でも育つ鬼芋を一生懸命育てていたそうな。

 おばあさんは桃太郎がどんなに孝行息子だったか、そして事件はネットに流れた鬼達の無差別襲撃予告を受けてのもので、桃太郎はこの国を守るために命を懸けて戦ったのだから正しい行為だと訴えた。さらに人間だったら襲撃はしないが鬼だからやられて当たり前的発言も。

 う〜む・・・鬼差別・・・(-ω-;) そもそも鬼達はずっと不当な差別を受け続けてきたんだよなぁ。一部のヤカラが犯罪を犯しては来たけれどそれは人間も同じ。

 その後、犬がお供をしたのは食べ物に釣られたのと、桃太郎の脅迫的行動があったからと証言。さらに鬼たちは上陸した自分たちに親切だったし襲ってきたりもしなかった、こっちが襲いかかっても抵抗もしなかったとの意外な言葉も!それじゃ桃太郎は無抵抗の鬼たちをやっつけたってことかい?とんだサイコ野郎だよ・・でも犬たちの証言も自分たちが罪から逃れるため桃太郎一人を悪人にしたてようとする感じも・・

 裁判は被告人尋問で大きく動きました。最初は恩義を感じていた村人たちを守るための行動だと話していた桃太郎が、「犯行予告」は自作自演だと告白。SNSで炎上した結果、村人たちの態度が激変し、存在を否定され村八分状態となり、おばあさん達まで差別されるようになった。その事への復讐心が動機だった。桃太郎は鬼退治をして来たら友好的になり称える、コロコロ変わる村人たちの態度への強い怒りと憎しみを吐露。
『俺は・・・ず〜っと俺でしかないのに・・・
ほんとマジであんたら・・・アホなんじゃねぇの!!

 もちろん犯罪に走ったのは悪い。でも正義マンの仮面をかぶり桃太郎とおばあさん達を苦しめた人たちは何の罪にも問われないのか。鬼たちは人間を食べると嘘の情報を流し煽った人たちに罪はないのか?鬼たちと桃太郎への差別、失われた命・・・弁護士が言っていたように死刑にして終わる話じゃないね。

 いや〜面白かった!あの『桃太郎』からここまで話を広げられるかね?そして内容は深いのに言葉がちゃんと子供たちにもわかりやすいセリフになっている。他の昔話法廷も見たくなるよね。さすがEテレ、やってくれるわ。

 3月31日(水)

 今日で3月も終わりか・・・4月になったらさすがにコールテンのズボンはアレだよね?冬物のコートも今日まで。5月に雪が降ることもある北海道とはいえ、やはり季節にそぐわないべ。

 6時25分Eテレ 『テレビ体操
今日も新しい体操あり。かなり簡単だけど続けていると地味に辛さが溜まって来るやつ・・・

 6時53分 『0655』を見るためにEテレにしたら『英語であそぼ』じゃない番組やってる! どうやら29日から時間帯が変わったようだ。わたしゃきらりちゃん(村山輝星、きらりと読むらしい。キラキラネーム?)の笑顔を見るのが楽しみだったのに。いつもラスト1分ぐらいだが( ̄▽ ̄;) てか、新年度からはキャスト入れ替わったのね。厚切りジェイソンは残っているのに。きらりちゃんに会いたいわ〜

 7時15分BSP『あぐり』「花嫁は15歳」第3話 

 姉たちが亡くなって一ヶ月。両親はさすがにやつれきっているが、あぐりは意外と元気( ̄▽ ̄;) 友達からあぐりは高等女学校の試験に合格する訳ない、試験科目に木登りとかあれば別だけどぉ的なことを言われ一念発起。急にガリ勉開始。付け焼刃だったが父(田村亮)のヤマが当たって合格!

 入学式の日、男子たちにいじめられていた中村民子を救い(やられた男子は骨折)友人になる。この子がきっと、あぐりの親友になるのね。ヒロインに親友は付きものだもんね。
さて・・・スペイン風邪が治りきらなかった父は再発しあっけなく亡くなってしまった。

 ひゃーーーー始まって3話なのに次々と亡くなっていくーーーてか、お父さんが亡くなってあのお母さんだけだと生活していけるのかしら?援助してくれる親戚とかいるのかなぁ・・

 7時30分 BSP 『おちょやん』第17週「うちの守りたかった家庭劇」第83話

 昭和19年2月、福助は出征した。
そしてその数日後、岡安を閉じる時が来た。
ご寮人さんはお茶子倶楽部のみなさん一人一人に感謝の言葉を伝え、岡安を続けられなかったのは自分の責任だと謝った。で、いろんな感情が沸き上がりウルウルしてきたみなさんをとっとと追い出し玄関を閉めるご寮人さん・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…涙見られたくなかったんやろな。それはみなさんもわかっておりました。

 みんな離れ離れや。富士子さん(土居志央梨)は旦那さんの田舎へ行って農業を手伝うそうな。節子さん(仁村紗和)は天涯孤独の身だそうで東京へ。たまちゃん(古谷ちさ)は大阪の実家に戻り寝たきりのおばあちゃんの世話するんやて。別れる時になって初めてお茶子倶楽部のみなさんの事情を知ったよ。実家があってもなくてもご寮人さんのいる所がみんなの家やで。いつでも戻っておいで。

 戦況は悪なるばかりで、劇場も次々と閉鎖され道頓堀の灯りは消えてしまった。千代たちは辛うじて開いている小さな小屋でなんとか公演を続けておった。でも・・・それもダメになりそうやな。

 そしてついに百久利さん(坂口涼太郎)に召集令状が・・・福助の演奏の時なんとも言えん表情だったのはいずれ自分にも・・・と覚悟していたからなんだね。アンタ、これからの役者さんやのに。伸び盛りやのに。(´;ω;`) あーーー最初に会った時はマジやな奴!千さんの金魚のクソがっ!としか思わなかったのに今はこんなにも別れが辛い。あの笑顔が余計辛いよ。絶対に、絶対に生きて帰ってくるんやで!また千さんと一緒の舞台に立つんやで!

  今日のドッキリ

防空壕の中で突然始まったムガ様と千代の漫才。アホなおっさんのせいで嫌な空気になっていた防空壕が笑いに包まれた。ムガ様の役は漫才師の花車当郎。いずれ鶴亀家庭劇に入ってくれたりするんやろか。

 『星から来たあなた』第2話(録画)(スカパー)(アジアドラマチックTV)

 『サイコだけど大丈夫』を見てキム・スヒョン様に落ちてしまったので、この作品も見てみました。んが、相手役の女優さんの顔が好みでない( ̄▽ ̄;)アハハ…「美人女優」って役なのにそう思えない。普通の顔だと思う ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 好みの問題だからしかたないよね。最近、顔重視の傾向がさらに強くなっている。日本のドラマも好きじゃない顔の人が主演だとおもしろそうな脚本でも見たくない(一応録画して見てみるが気持ちが下るので無理して見ない)。拒否してしまう。「結局、顔」になってしまった。そのせいで評判になっているのに見逃したドラマ多し。昔はここまでひどくなかった・・と思ふ。コレも老化の一種なのかしら・・・"o(-_-;*) ウゥム…

 てか、私は今のスヒョン様が好きなの だから過去の作品を見てもあんまりときめかない。というか『サイコだけど大丈夫』のガンテが好きなんだろうな。お兄さんのサンテ(オ・ジョンセ)も好き〜ムニョン(ソ・イェジ)も。彼女の美しさと存在感にはひれ伏したくなる。『サイコだけど大丈夫』の世界観すべてが大好きなんだと思う。という訳で迷っていたけど、13話まで録画した分すべて削除(見ないもの溜めておくのやなの( ̄▽ ̄;) )スヒョン様愛は、次回作『その日の夜』で満足させてもらうわ〜

 そんな私が、このところほぼ毎日のように見ているのが『クィア・アイ』 (Netflix)
わたしゃ、すっかりファブ5に夢中だよ。なぜなんだろう・・・我ながらこんなおっさん達から目が離せないとは・・・( ̄▽ ̄;) 多分・・彼らが私の望むものをすべて持っているように思えるからなのかなぁ。自由、勇気、広い心、強さ・・・この番組を見ていると自分も少しづつ変われるような気になる。

 まだ水曜日!今週は長いわ〜( ̄Д)=3


人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:34│Comments(0)テレビ日記 | 2021年ドラマ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
きこりのテレビ日記 #31 3月27日(土曜日)きこりのテレビ日記 #33