きこりのテレビ日記 #23 2月3日(水曜日)きこりのテレビ日記 #24 2月13日(土曜日)

2021年02月08日

「ここは今から倫理です。」 第4話

 さて、今回は倫理の時間、屋外編。
学校外ならではのリアルでドキドキする実践の時間。
改めて、学問や教養はテストや蘊蓄を語るためではなく
生活や生きていく時間そのものを支えてくれるものだと実感しましたぞ。
高柳先生、充実した時間をありがとう!

 今回の主役は2話で登場した「常に眠たい男・間幸喜」の友人・近藤陸(川野快晴)。
半グレとして地元では悪名高い兄・カイト(山科圭太)がヤバイ薬を持ち逃げしたせいでチンピラにボコボコにされ拉致されるところをジュダ(成河)という男に助けられるが、今度はそいつに閉じ込められそうになる。

 ジュダはなぜ陸を助けたのか?手頃なオモチャと思ったのか。彼はカイトがかなりヤバイ状況にあること、外に出たら陸も同じ目に遭うことを伝え、自分と仲良くすれば守ってやると迫りました。

 一方、2週間も学校を休んでいる陸を心配していた高柳(山田裕貴)は幸喜(渡邉蒼)やいち子(茅島みずき)の情報から居場所を特定しジュダの元へ現れた。

 ここからジュダと高柳の「対話」という名の「悪」と「善」の戦いが始まります。扉の前で何もわからず佇んでいる陸を前に。
ジュダは陸が自分からここに来たと話した。バカだから何が善か悪かも知らずに、何も考えず、その場その場で流された結果、この場所にいるのだと。
『そうなんですか?近藤君はなぜここにいるんですか?』高柳

 陸は答えられない。

『おかしいなと思うタイミングは何回もあった。
でも思うだけで口には出さなかった。なんで?って。
だから誰も答えてくれなかった。
そのうち考えるのも面倒くさくなった。
なんで学校に行かなきゃならないのか。
なんでうちには親がいないのか。』


 わかっているのは自分の家族は兄だけで、兄が好きだったこと。
その兄の言う事だからヤバイものと感じつつ運んだし
出された頭が痛くなるジュースも飲んだ。

 陸はまだこどもなんだよね。兄は唯一の保護者であり生活を支えてくれる存在であり、陸にとっての社会だった。自分の中に生まれた問いかけを突き詰めると全てを失ってしまう。それは恐怖だし、その先どうやって生きていったらいいかもわからない。だから「自分への問い」を全て抹殺した。

 ジュダは何も考えずに流されてきたことが人間はそもそも悪だと証明していると語った。さらに荀子の「人間の本性は悪」、カントの「人間は気ままに生きると争う悪になる」、ハンナ・アーレントの「悪は陳腐。悪は月並み」という言葉を紹介した。

『誰もが当たり前のように簡単に悪に染まっていく。
それがこの世界の真理だ。そうだろ?先生』ジュダ
『いいえ。あなたは彼らの思想を都合よく解釈しているだけです。
荀子もカントもアーレントも人間は当然悪であるから悪を容認するとは言っていません。
彼らはだからこそ人が悪を乗り越えるために何をすべきか語っているのです』高柳

ここは今から倫理です。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)ここは今から倫理です。 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


 よく知られた事例として元ナチスでホロコーストを主導したアイヒマンは狂った差別主義者でも冷徹な快楽殺人鬼でもなかった。ごく普通の真面目なドイツ人だったと話した。

『上からの命令に従った従順な官僚。
分かるか?命令されたから。
それだけの理由で人間は毒ガスの噴射スイッチも原爆の投下スイッチも簡単に躊躇なく押せるんだ。
誰もが当たり前のように悪なんだ。そうだよなぁ?先生』ジュダ

 今の陸がそうだった。
なぜ?どうして?という心の疑問を無視し兄の命令に従った。
従うという行動を選ぶことで考えることを拒否した。

 ジュダは語った。
名だたる哲学者たちが「人間の悪性」をどう乗り越えるか考え、答えを出してきたが、人間は変わらない。戦争は起こるし、虐殺も行われる。多くの命が奪われて、その度に哲学者はその理由を求めたが人間は同じ過ちを犯し続けている。

『人間は変わったか?世界は変わったか?』
『アンタこそわかっているはずだ。人は悪を克服できない!
誰もがアイヒマンでユダなんだ!

『なのに不思議だよ。そんなに善ぶるなんて』

『私は彼の教師ですから。
教師として善の心で彼に接するしかありません』高柳
『フッ・・・辛いね〜先生・・・』
『教えてください。彼になにがあったのか。
なぜ彼がここに来たのか』
『アンタみたいな善には何も教えない。
教えてところでわかんねぇだろ。
アンタの顔・・・偽善の仮面がべったり顔に貼りついているよ。
二度と引きはがせないくらいに』

『・・・分からないかもしれません。
ですが分かろうとすることはできる。だから問い続けます
近藤君、あなたはなぜここにいるんですか?』高柳
『・・・・・・』陸
『ねぇ、弟君、君はどうしたいの?』ジュダ
『・・・わかんない・・分かんないっス・・』

 この『わからない』は逃げのわからないじゃない。
陸は今、わからない自分と向き合っている。
唯一わかったのは「優しかった兄」と自分には気遣ってくれる友達がいるってこと。今、彼らに会いたい、彼らのいる学校に戻りたいってこと。

 陸は自分自身で答えを見つけた。
そんな彼をジュダは解放し安全の保障を与えた。

『何かを・・・救ってくれたのですか?』高柳
『俺は正しいことが大っ嫌い。
でも・・・でもね、先生、誰よりも正しく生きているアンタが
俺みたいのと真剣に言い合いしてくれるのは嬉しい。
アンタとこうして口論することだけが俺のしている唯一の倫理的なこと』

 自ら扉を開けて二人を外に出したジュダ。
『悪』そのもののように名乗っているジュダこそ、実は善を知り善に憧れているのかもしれません。
弊ブログでは何度も紹介した言葉ですが『人間とは、妙な生きものよ。悪いことをしながら善いことをし、善いことをしながら悪事をはたらく。(by 長谷川平蔵)』のように、人間の中には悪と善が共存し撚り合わさっているのではないでしょうか。あるいは悪と善がやじろべえのようになんとか均衡を保とうとしている。様々な条件や風の具合で悪に傾く時もあれば思いがけず善に傾く時もある。善を求めていても悪に流れる時もあれば、悪に浸かりきっていても善を求める部分がある。

 高柳はユダからの杯を飲まなかった。手渡されても決して口をつけなかった。
倫理教師として揺らぐことはなかった。ジュダは高柳のことを偽善者と言ったけれど、その偽善者の仮面が完璧で彼の皮膚と一体化するほどなら彼は善なのではないかしら・・・
高柳は自分への問いかけを止めない。自分の中にある悪と向き合い問いかけ続けている。だからジュダと会って「悪」を学んでいるんだと思う。

 2年前、高柳の生徒で何度か校内で自殺未遂を起こした子がいた。
高柳は何回も彼女の話を聞いたけど、学校には来なくなり、ジュダのそばにいることを選んだ。連れ戻そうとしてもダメだった。

『彼女はひとりで生き始めた。
あの男と同じような闇の世界で。
時々あの男の元へ彼女の話を聞きに行っていたのですよ。
(この時にはジュダからの飲み物を受け取り飲んでいた)
学校という正しい場所ではあんなに死にたがっていたのに
悪は憎むべきだけれど、彼女はその悪のおかげで今も生きている』

『・・・でも近藤君、あなたがもし、悪に触れて怖いと思い
学校という場所を不快に思っていないなら、二度とこんなことしないで下さい』
『・・・・・・・』
ちゃんと考えなさい!
自分にとって何が善か悪かぐらい

『・・・・・』
明日からまた学校に来るんですね?!
『・・・・はい

 難しい。そしておもしろい。
高柳という教師が。そして人間が。

 結局、カイトは逮捕され陸は今一人ぐらしみたい。
でももう彼は逃げていない。ちょっと大人になったのかな。自分の中に生まれた問いに一生懸命向き合っていこうとしているのが伝わってくる清々しい笑顔だった。

 善の海でおぼれた彼女は悪という浮き輪につかまり生き延びた。今は悪の海が心地よい。でもいつか違う海を求めて泳ぎ始めるかもしれない。彼女もまた自分自身に問いかけ続けているんじゃないかな。それが生きることだから。

『ではまた・・・倫理の時間に会いましょう』

 『ここは今から倫理です。』 第1話  第2話 第3話 第5話 第6話



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
きこりのテレビ日記 #23 2月3日(水曜日)きこりのテレビ日記 #24 2月13日(土曜日)