きこりのテレビ日記 #19 1月11日(月曜日)「ここは今から倫理です。」 第1話

2021年01月16日

きこりのテレビ日記 #20 1月16日(土曜日)

 4時43分アプリに起こされる。眠い。そしてすずが『布団に入れて〜』とやって来る。初めて耳元で天使と悪魔が交互に囁くというのを見たのは『トムとジェリー』だった。あの演出ってすごい発明だと思うわ〜。

 ^(#`∀´)_Ψ「入れてあげなよ。甘え下手のすずが来てるんだよ」

・"†ε(○´∀`)з 「ダメダメ!今入れたら一緒に寝ちゃうでしょ!起きられないよ!」

 ^(#`∀´)_Ψ「早起きするのは運送屋さんのためでしょ?最近来るの6時半ぐらいじゃん!(家の前を通るので見える)なら、時間はたっぷりあるよ

*・"†ε(○´∀`)з「たっま〜に5時半くらいに来ることあるでしょ?前、運転手さん待たせたことあるじゃない。申し訳ないと思わないの?」

 ^(#`∀´)_Ψ「ちょっとだけ遅れたっていいじゃん!6時までなら余裕だよ」

*・"†ε(○´∀`)з 「今日は一粒万倍日だよ。いいことすれば万倍だよ

 ^(#`∀´)_Ψ「そんなの気にしたことないじゃん。布団は裏切らないよ」

 ฅ(=✧ω✧=)ฅ 「にゃあ〜早く布団に入れて〜」

 うぅ・・・・

 5時24分起床。カーテン開けたら雪。雪も一粒万倍。
5時30分外へ。久しぶりにミー太も一緒に外に。結構積もっている。15センチぐらいか。本日は世間的にはお休みとなっているのか除雪車はまだ入っていない。倉庫から帰ってから20分ほど雪かき。ぼっこ手袋(方言?指が二手に分かれている手袋)はいてると手がすべる〜

 6時 テレビの電源オン。
TBS『まるっと!サタデー』→6時25分 Eテレ 『テレビ体操』→6時35分『まるっと!サタデー』へ戻る。→7時BSP『美の壺
抹茶スイーツのアフタヌーンティ美味しそうどこのホテルかしら。

 7時15分 BSP『澪つくし』第96話
本日はびっくりな展開で「おちょやん」に集中できなかったよ、ママン・・( ̄▽ ̄;)
水橋と再会した律子(桜田淳子)は銚子に戻って来た河原畑(石丸謙二郎)に別れを告げようとするが、そんなもん聞くはずがない。ルバシカなんか着ちゃって浮かれていた河原畑が哀れだわ〜揉み合っている所にQべー(津川雅彦)が通りかかり、二人が別れると聞き大喜び。いやいやいや、もっとタチの悪い男と逃げようとしているんだってば!

 冷たくすれば諦めると思っていた律子は大間違い。本気で河原畑と別れたいなら別れ方も考えないと。彼が興味を持たない思いっきり俗っぽい女になるとか、あなたの色に染まります従順なかをる風になるとかさ。真剣みが足りないよ。

 水橋の存在を知った河原畑は水橋がいる宿へ。ちょうど駆け落ちの段どりを相談していたもんだから軽く隠れる律子。男どもは外へ。そうして河原畑は灯りもない暗ーーい屏風ヶ浦の断崖へ水橋を連れてきた。言い合いから殴り合いに進行するかと思いきや、涙ながらの河原畑のドゥゲザ、からの決闘宣言。( ̄▽ ̄;)アハハ…決闘ってアンタ、正々堂々を気取っているのかしら〜?いきなり決闘開始!そこに現れた律子に気がいったせいで蹴り倒された水橋は崖下へ。(ヤバイ!落ちるってなった時すかさずグイッと押した河原畑)

ぎゃーーーーー!!!」律子
(楳図かずお先生の描く絵の顔みたいになってたわ)
「(유Д유〣)・・・」河原畑
「人殺し・・」
律子!一緒に死んでくれ!!
きゃあ!
愛してるんだ!

 もちろん抵抗したが二人一緒に崖下に落ちてしまいましたとさ。いやいやいやいや! 河原畑め「僕がいい所に案内しますよ」とか言ってたけど大怪我ぐらいで殺す度胸まではないと思っていたが、殺しちゃうし、まさかの律子まで( ̄▽ ̄;) やっぱり迂闊な男だよ。水橋も自分のことを憎んでいる男と崖っぷちに来るなんてバカじゃないの?コレ3人とも死んじゃうアレ?水橋だけ死んで河原畑は行方不明、律子は半身不随で車椅子。忘れた頃に律子の元に助清面かぶった河原畑が復讐に現れ、歩けないと思っていた律子が突然立ち上がって報復したりしないべね。

 てか、水橋のことを伝えたかをるも後味悪いったらありゃしない。そもそも何でわざわざ伝えるかね?律子の性格わかってるなら絶対水橋のとこに行くに決まってるじゃん。行かない方がいいですよ〜ってつもりだったのかね?ホントにおバカさん。まぁ、かをるに会わなくても水橋のことだから手紙送って匂わせたり誰かに会うまで海岸ほっつき回っただろうからかをるのせいではないけどさ。なんかジェームス、ウキウキしながら書いていたんだろうなぁ。筆も走っただろうよ( ̄▽ ̄;) 『来週もこのつづきをどうぞ』じゃねぇぞ!

 7時30分 BSP 『おちょやん』第6週まとめ「楽しい冒険つづけよう!」
今週もいろんな事がありましたな。『正チャンの冒険』公演に向けて練習中に清子さん(映美くらら)負傷でセリフを覚えているという理由だけで千代(杉咲花)が代役に決定。開幕まで24時間!変わらぬ大根ぶりにギョッとした座員のみなさんでしたが・・・とにかく楽しみにしているお客さんのためにやるしかねぇ!ってことで突っ走るのでした。千代がいるだけで学芸会・・・( ̄▽ ̄;) ホントの学芸会なら子供のかわいさで下手でも相殺されるけど、これは商業演劇、お金を頂いて芝居を見てもらうんだす。ブーイングだけではすみまへんで。

 杉咲さんのスティック芝居がうまい!(笑)うつろいやすい呼吸法、硬い体、声を大きくしたら怒鳴るだけになっちゃうし・・・そもそも舞台に立つこと自体二度目なのに出ずっぱり?ソラ、清子さんもめまい起こすわ(笑)
 一人残って練習している千代の元に千鳥(若村麻由美)が冷かしの体で現れた。本当は心配で堪らなかったのよね〜最初は大福食べながら見ていたけど手元が寂しくなるとイライラ・・指導したくてたまらん!で、長刀を持ってきて、掛け声をかけながら振りなさい!と。

 千代の演技を見ていた千鳥さんは、こりゃとりあえず今の段階では呼吸法だけでも身につけさせようって判断したんだろうね。長刀を振りながらセリフを言う事で腹式呼吸で響かせることができるように・・・なったような。月影先生の指導は一晩中続き・・・朝、座員たちが来てみると二人とも倒れて眠っておりました。も〜『ガラスの仮面』第三巻「たけくらべ」物置に閉じ込められたマヤと月影先生の特訓だよぅ。

 そうして開いた舞台。疲労のせいかうまい具合に力も抜けていい感じ。それに少年ぽい爽やかな千代が演じたおかげで子供たちも親近感を抱いたような。
『良かったぁ、みんな楽しんでくれてはる』

 さぁ、いよいよグランドフィナーレよ!と思ったら・・・山賊をやっつける短剣を忘れてきてしもたーーー!!!やっちまったな!顔色を変える千代を見て、すぐにみなさんも気づいたさ。ひゃーーーーー!!!ねずみが時間を稼いでくれてる間に考えるんだ!どうする?どうする〜?

『・・・・山賊さん、僕と友達になろ?』
『・・・・へ?』山賊
『・・・・は??』清子さん
『ホンマはさみしかったんやろ?そやさかい姫さんさろたりしたんやんな〜?』
それは・・・・それはどうだろう〜

 正々堂々にっこり(コレ大事)。大人たちは異変を感じないでもないけど舞台を見る子供たちの目は輝いている。正チャン、どうするの?何が始まるの?♪((o(^∇^)o))♪ 急に関西弁になったけどぉ。

今まで辛いことばっかりやったかもわからへんけど、大丈夫。
だんない!
きっとこれからはええこともぎょうさんある。
そやさかい・・
みんな一緒に楽しい冒険続けよう!


 最初に拍手してくれたのは店長(西村和彦)やった。
そしてみんなも!『正チャン!』声援が飛んでおります。
良かった良かった。子供たちは漫画の中では正チャンが盗賊たちをやっつけるのを知っている。でもこの変更されたラストにも大喜びだった。それは演技は稚拙だったかもしれんが千代の言葉にはホントがあったから。『冒険を続けよう』という言葉からは、わくわくするような未来、生きる喜びが伝わってきた。洋子さんの息子進太郎君も正チャン帽もらってヒーローになれたような気持ちやったと思うわ〜

 公演は1週間延長された後無事千秋楽を迎えた。千代がアドリブで変えたラストはそのまま生かされ決めセリフのようになって子供たちは一緒に唱えとった。舞台の成功は新聞にも載り千代は『粗削りだが見どころあり』と書かれた。こんな嬉しいこと家族に知らせないでどうする。千代は店長に頼んで(1分だけ許可もらえた。無料?)岡安に電話を入れた。

 シズさん(篠原涼子)が『千代?!』と叫んだ途端にみなさんわらわらわら〜湧いてきましたで(笑)役者していることと、新聞に載ったことしか伝えられなかったけど、無事を知ってみんな嬉しそうやったなぁ。影から一平(成田凌)も聞いとったし。自分の幸せを伝えたい相手がいる、それがどれだけ千代の励みになっているか。岡安のみなさんのほっとした顔見てたら泣けてきたワ。

 これで山村千鳥一座も続けられる。千代は千鳥に感謝を伝えたさ〜
ところが返ってきた言葉は・・
山村千鳥一座は解散する
『何で?何で解散せなあかんのだす?』
あなたのせいよ!

 千鳥さんは自分を見下した世の中を見返すために役者になった。見下された屈辱や怒り、恨みがエネルギーだった。その為に誰よりも努力したし自分を追い込んだ。そうして上を目指しているうちにいつしか『正チャンの冒険』のような芝居を『あんなもの』と見下すようになってしまった。そんな自分が許せないと語った。

『もう一度、一人で全国を回って鍛えなおす!』
『一人でだすか?』
私も冒険したくなったの!

 カフェー・シネマの女給の純子さんが逞しくなった進太郎を見て『お芝居の力て、えらいもんやなぁ』とつぶやいていたけど、ホンマやな。『正チャンの冒険』が千鳥さんの生き方を変えた。見返すための芝居ではなく、本物の役者になるための果てしない道を自分のために歩いてみたくなった。潔くて強くて美しい人。

 千鳥さんは鶴亀撮影所に紹介状を書いてくれたそうな(他の座員の行き先も紹介してくれていた)。
自分の未熟さを行って思い知るといいわ。
次に会う時にはあなたの困り果てた顔を見るのを楽しみにしてるから!

『それは・・・』
嫌がらせに決まってるでしょ!

 お別れに千鳥さんは四つ葉のクローバーを押し花にしたしおりを渡してくれた。きっと座員のみんなにも贈ったんじゃないかな。

『高城百合子さんが太陽やったら千鳥さんは夜の暗闇言うてはりましたよね』
『・・・・』
『うち、ちいちゃい頃からよう夜空見てました。
お母ちゃんとの思い出だす。
夜にならな星は見えへん。
うちは夜も好きだす』
『・・・・』

 . (´;ω;`) ・・・
その言葉にどんなに千鳥さんが力づけられたか・・
一人の人間としての千鳥さんへの信頼と愛情がこもった言葉。
岡安を出る時シズさんが餞の言葉くれたっけねぇ。

『これは旅立ちだす。
せやさかい・・・しんどなったらいつでも帰っといで。
あんたの家は岡安や』


 同じ言葉を千鳥さんにも贈ります。
千代や清子さんがいるとこが千鳥さんの家だす。
離れていてもみんな家族や。

 春になり、千代はついに撮影所を訪れた。
かつて戦いを繰り広げた守衛の守屋さんが、にゃんと名前を呼んで門を開けてくれたで!
こういうふうに全部が繋がってるんだよなぁ。カフェーでも芝居小屋でも、どんな場面でもしっかりひとりひとりが生きている。

 千代の新しい冒険が始まった。『大部屋女優』という・・・( ̄▽ ̄;) みなさんとってもわかりやすく冷たいけど当たり前。みんなライバル。誰かが浮かべ場誰かが沈む。そしてチャンスの神様には前髪しかない。助監督の小暮(若葉竜也)の指示で千代は急遽代役で映画に出られることになった。役割は「ただ通り過ぎる女中さん」。すーーーぅっとな。だがーーー千代は、つい饅頭屋で買い物をしてしまった。しかも主役にかぶってる!

『うち、お使いの合間にこっそりお饅頭買いに来た女中さんなんだす。
そやけど優しい子ぉやから同僚の分も買うたんだす』
『・・・何の話・・?』小暮
ヘイ!ユーー!!
勝手に設定作るんじゃなーい!

何も考えるな!目立つな!
ただ言われた通りに動くだけでいいんだー!!
』ジョージ
そやけど、こない美味しそうなお饅頭屋さん素通りできます?
でけしまへんわぁ!!

なし!!女中なーーし!!

 チャンチャン!
千代や、ジョージ監督はいい芝居してもアップになんてしてくれまへんで(『ガラスの仮面』第6巻田淵エミ主演「白い青春譜」にマヤがちょい役で出演するも、その迫真の演技に思わず監督がアップにしてしまったという・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ )まぁ、あのトットちゃんも最初は『変!』『普通にして!』連発されたみたいだから何とかなるさぁ。それにしても所長(六角精児)といい監督のジョージといい、千代はおもろい人間に出会う運は持ってるんだすな。小暮君なんて普通すぎてアレなんじゃ?と思ったり。来週も楽しみ。

 1時半頃、昼食を食べながら『メレンゲの気持ち』(録画)(日テレ)を1時間ほど見る。
この番組も3月いっぱいで終了するらしい。まぁね、潮時でしょうよ。正直メインのMCが久本さんというのはキツイ。多分久本さんという方はすごく繊細で優しいのかもしれない。で、各方面に気を使った結果中途半端な突っ込みや使い古された(安全な)合いの手を入れてしまうのかも。どんな充実した時間を紡いだ番組にも必ず終わりは来る。終わらないと始れないもんね。

 『今夜は絵顔で眠りたい!スペシャル』(録画)(BSP)
なんとな〜く録画してみたが面白かった。「似顔絵セラピスト」の村岡ケンイチさんという方が出かけた先で身の上話を聞かせてもらい似顔絵を描くという番組。「似顔絵セラピスト」って初めて聞いたよ( ̄▽ ̄;) でも見終わったらそうでしょうともって感じ。30代後半ぐらいなのかな〜この人のスタイルなのか相手との距離の取り方や聞き方が親身になりすぎずクールすぎず、でもちゃんと聞いてくれているのがわかる。いい意味で後で顔が思い出せない感じ?(ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ)。プロではないからこその良さを感じたわ。普段は全国の病院を回って似顔絵で心を癒す活動をされているそうな。今回、村岡さんが出向いたのは宝くじが当たると評判の皆中稲荷神社、熟年男女向け婚活パーティー、中野ブロードウェイ、新宿の老舗バッティングセンター。

 みなさん、結構ハードな人生を送ってらっしゃる・・・どの方の話にも引き込まれた。そして過去の話を聞いて描いてくれるんだけど似顔絵は未来の、なりたい自分になれている姿というか。ご自分でも気づいていない希望や夢を手にして生き生きと輝いている姿だった。村岡さんの絵を見て、驚き、何となく納得し、そして笑顔になる。自然と前向きな気持ちが沸き上がってきたんじゃなかろうか。「勇気もらえるもんですね」と言った方もいた。似顔絵の力というものを初めて感じたよ。

 『バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜』 #2 バイプレイヤーと決め台詞(録画)(テレ東)
今回もよござんした。
さて、バイプレウッドの森は荒れていた。7チャンの「チーム7」第一話が最高視聴率を取ったため各チャンテルで焦りの嵐が吹きまくっていたのだ。中でも最低視聴率だった銀行ドラマ「大合併」チームは2話にに向けてテコ入れ必須状態。で、「バズらせたらいんじゃね?」という事になり、キャストそれぞれが決めセリフを懐刀に撮影に臨んだ。

小沢『底っぷちなんだよ!
大倉『もももも・・
申し訳訳ゴザゴザございません!

そして・・・
向井『俺は・・俺は・・・獅子の子だあ!
『カット!オッケー!』

 明らかにオッケーじゃねぇだろ!( ̄▽ ̄;) 視聴率は上がったけどバズったのは小沢と大倉だけだった。『底っぷち』は日本トレンドワード13位、『ワケワケゴザゴザ』は8位。主役のために!と始めたバズり作戦だったがバズって嬉しい花いちもんめ。複雑な心境ながらも得意げな二人であった。一方、バズらなかった向井は責任を感じて落ち込んでおりチームの雰囲気にくらーい影を落としていた。それでも共演のみなさんに気を使いまくる理。

 そんな彼を落とし穴作りに誘う『アウトローの森』キャストのおじさん達。
人が落ちると元気でるよお♬

 名言いただきました<(_ _)>

 そして理のために新たな決めセリフを考えた。
手数料泥棒とは俺様のことだ!
いつまで待たせんだよ、窓口さんよ!
理科の理と書いておさむちゃんでーす!

 つらい・・・( ̄▽ ̄;)

 ツダカンと六角さん、スタッフも理のために頑張っていた。
第一候補『俺は銀行王になる!』
六角さん推薦『無限のお金へ、さぁ行くぞーー!』
他には『「金」という字は「人」に「玉」と書きます』
『ファッキングセントラルぐらい分かるよ、バカ野郎!』
『行員なめんな、セントラル最高!』
『英世、ひでーよ』
『マネー!カムバック!』
『銀行で会おうぜ、ベイベー』
『バカ野郎、まだ契約始まっちゃいねぇよ』
『生まれ変わったらなりたいもん銀行王』
『俺の契約書には書いてねぇ!』
理からも『僕は合併しましぇ〜ん!』が出たよ。

 う〜ん、私的には『バカ野郎、まだ契約始まっちゃいねぇよ』かな ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
そして第三話の視聴率はまた上がった。しかし今回もバズったのはツダカン(『銀行王に俺はなる』トレンドワード4位)と六角さん(『手数料泥棒とは俺様のことだ』トレンドワード6位)だった。なんか二人ともすごい決めセリフが合っている(笑)バズり済みのみなさん、ちょっと天狗になっているのかしら?そして理はどんどん壊れていく・・・

 第四話のリハーサルは決めセリフの嵐(笑)理もいろんな決めセリフをミックスして起死回生に臨んだ。ふっきれた。『俺失敗しませんから』と心から思えた。だっがーーーー四話のクライマックス撮影の日、他の撮影がおして理が遅れてきた為長回し一発撮りになってしまった。で、緊張しまくりで平常心を失っていた理はセリフをすべてド忘れ。カメラを止められないため他の出演者が理のセリフを無理やり代弁したり、心の声を聞くという恐ろしい展開に・・・。もちろん最後の決めセリフもなし。怯えながら放送を見守る出演者たちでしたが・・・にゃんと!SNSは喋らない理の話題で持ち切り『#喋れ向井』はホットワード世界一位を獲得。ついに、ついに理がバズった!
バンザーイ♪ヽ(▽ ̄ )ノ/(_△_)ヽ(  ̄▽)ノ バンザーイ♪

 なんだコレ。面白すぎるじゃん!痛烈な批判にもなっているし。今季一番好きかも。来週ももちろん見るよ。そうそう、出演者の名前に付いてる解説が素敵すぎるっての!

大倉孝二 「常にどの現場でも、主演を食ってやろうと虎視眈々と目の奥を光らせているという森の噂」

小沢仁志 「どんな作品も任侠ものに変えてしまう強烈な個性をもつ。主演を支えることがバイプレイヤーの掟だと信じている」

向井理 「朝ドラでバズりまくったスターの風格を持つ男。超真面目で、向井と言う割に向かい風に弱い」

津田寛治 「苦労人ゆえか苦労している役者を見るとほっとけない。良かれと思ったことが裏目に出がち」

六角精児 「自称クズ人間。”なんとかなる”が口癖でなんとかならない時もなんとかなると言う」

 19時半。テレビの電源オフ。
 


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 22:18│Comments(0)テレビ日記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
きこりのテレビ日記 #19 1月11日(月曜日)「ここは今から倫理です。」 第1話