『アンナチュラル』 第7話 殺人遊戯 春なのにぃ〜♪

2018年03月17日

『アンナチュラル』 最終話 旅の終わり  

 いや〜おもしろかった!
充実した時間をいただきましたョ〜
一話一話の構成、そして重ねた全10話、最終回までが完璧でした。
私的に10点満点で9.5点・・
マイナス0・5点は一部キャスティングが
私の好みじゃなかったため ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
でも彼女の個性である甘い雰囲気が逆に
このドラマには良かったのかなぁ・・・とも思う。

 ラス、ト六郎(窪田正孝)を迎え入れるそれぞれの
らしい態度ににんまり。いいチームですよ。
お仕事ドラマとしても見ごたえのある、
そして刺激をもらえるドラマでしたな〜
HPはこちら
 

 ほんでは、振り返ってみましょう。
中堂(井浦新)の恋人・夕希子(橋本真実)も含めた連続殺人事件の
犯人と思われる高瀬(尾上寛之)が身を守って欲しいと警察に出頭した。
しかし、彼は死体損壊と遺棄は認めたが殺人は否定。
女性達はアパートの内見中に突然死亡した。
自分のせいにされたら困るので死体を処分したといい張るのだった。

 一方、宍戸(北村有起哉)は出頭前の高瀬にインタビューできた者として
マスコミに顔を売り、高瀬の告白を『妄想』として出版。
高瀬は伝説の殺人者になるためにアルファベット26文字を
使った26通りの殺害方法で女性たちを殺していた。

 しかしそれは殺人事件として立件されていないものばかりで
物的証拠もない。
ご遺体はすでに火葬ずみ。
出頭直前にバラバラに解体された遺体も
酸で溶かされ残っておらず死因が特定できなかった。

 『死因が特定されないと立件できない』・・・・
そうなんだね。裁くための基本・・・
こんなふうにUDIラボの存在意義が試されるとは・・


 担当検事の烏田(吹越満)はホルマリンを投与された橘芹菜さんの
殺人を立証できれば連続殺人に繋ぐことができるとミコトに告げた。
弁護側は鑑定書に記載されていた『ボツリヌス菌』が橘さんの
死因でありホルマリンは死後遺体を腐敗させないために投与したと
主張しようとしていた。
そのため烏田は鑑定書から『ボツリヌス菌』に
関する記述をすべて削除するようミコトに命じた。

「高瀬を確実に有罪にするためです。
あなたのその小さなプライドをほんの少し曲げていただくだけで
高瀬を法で裁くことができる」

 いやいやいや・・・
戦法とは言え、そうなると正確な鑑定書ではなくなるよ。
でもそうしないと殺された女性たちの無念さも中堂の思いも
闇に葬られてしまう。
迷うのは当たり前。
仕事人としても人間としても簡単には答えが出せない。

 しかも検察に協力しなければ補助金を打ち切ると
刑事局長から脅しが・・・
UDIラボの未来までかかっているという・・


TBS系 金曜ドラマ「アンナチュラル」オリジナル・サウンドトラックLemon(レモン盤 初回限定)(レターセット)


 てか、高瀬がボツリヌス菌のことを知っていたのは
六郎が宍戸を責めている時に思わず言ってしまったのが
高瀬に伝わった模様。

 さすがにここに至って神倉所長(松重豊)は
『週間ジャーナル』や宍戸と内通していた六郎を告発。

 今はUDIのメンバーとしてやりがいを感じていた六郎だったけど・・
謝罪しUDIを去っていきました。

 ミコトと東海林(市川実日子)は橘芹菜さんの遺体から検出された
ホルマリンが生きているうちに投与されたと証明する方法を
探していたが見つけられずにいた。
やっぱり烏田の要求を受け入れるしかないのか・・

 一方、中堂(井浦新)の心は決まっていた。
高瀬を裁くためなら法医学者をも辞める覚悟ができていた。
『ボツリヌス菌』の部分を削除した鑑定書を作成しミコトに手渡したさ。

「事実を曲げろってことですか?」ミコト
事実は高瀬が殺したということだ。
いつか言ったな。『敵は不条理な死』・・・
殺人者を裁けない。
これ以上の不条理があるか」中堂

 でも・・・でもさ・・・
法医学者の仕事は殺人者を裁くことではないんだよ。
ご遺体が死に至った原因を真実を正確に示す。
そこを曲げてしまったら法医学は、UDIは根本を崩してしまう。

 ミコトは苦しんでいた。
でも、彼女にはちゃんと苦しめる「場所」があった。
このドラマではたまにしか出てこなかった三澄家だけど
多すぎず少なすぎず場面配分が絶妙だったと思う。

 ミコトがミコトとして受け入れられ、安心して生活し、
心を休められる場所。弱音が吐ける場所。
自分と繋がっている家族の存在。
長い時間をかけて作ってきた「日常」があったからこそ
ミコトの『今』があるというのがしっかり伝わってきた。


「私・・・・ずっと悲しむ代わりに怒ってた気がする。
負けたくなかった。
不条理な死に負けるってことは、私を道連れに死のうとした
母に負けることだから・・・
でも・・毎日どこかで人が死んで・・・その分誰かが悲しんで・・
人が人を殺して・・憎んで・・・また悲しみが増える。
法医学者のできることなんて・・・ほんの少し。
負けそう・・・」ミコト

「生きてる限り・・・負けないわよ
な〜に世界の悲しみ背負っちゃってるの。
一人でなんて持てっこないって!」夏代(薬師丸ひろ子)

 生きていくことは戦い。
でもその戦いこそが生きることなのかもしれない。
そして夏代の言葉通り、『生きる』道を選んだことは、
もう、勝ちなんだろうと思う。


 書店では宍戸の書いた麹谷夕希子さんのプライバシーを暴く
記事を載せた『週間ジャーナル』が・・・・
それを読んだ中堂は奴を殺す決意をし木林(竜星涼)に
大金を渡し遺体の搬送と火葬を頼んでいた。
そして姿を消した。

 翌日、鑑定書は変更できないと心を決めたミコトだったが
先に決断した神倉が検察庁に乗りんでいた。

三澄ではなく私の判断です
「所長自らUDIラボを潰すおつもりですか?」烏田
「UDIラボは中立公正な機関です。
補助金は頂いてもお上におもねり、
解剖結果を捻じ曲げることは致しません!」

「高瀬を殺人で裁けなくていいんですか?」

それはそちらの仕事でしょう!
うちはうちの仕事をきっちりやってるんです!
責任転嫁しないでいただきたい!


 その通り!
いや〜かっちょいい!上司にしたい男性癸韻世茵
どんな仕事にだって限りはある。
だからこそ、その中で一生懸命ベストを尽すしかないんだよね。


 でも『遺体もない、証拠もない』という状況では何をしたら・・・
そこに現れたのが夕希子の父・和有(国広富之)。
偶然の出会いを六郎がしっかりUDIラボのメンバーに繋いだぞ。

 その結果、アメリカで土葬されてた夕希子さんの遺体の
再解剖が決まったんだからねぇ。すごい!すごいぞ!
 

 その頃、中堂は宍戸を待っていた。

 ミコトの電話を切ったあとの中堂・・・いい顔してた〜
井浦新様の真骨頂だよ。
怒りと憎しみを超えた冷めきった悲しくて優しい目。
堪らん・・・


 中堂は宍戸にフグの毒を注射。
解毒剤を手に、死ぬまでの1時間の間に
高瀬の殺人の証拠を出せと迫った。

 中堂の行動を察知したミコトたちは木林に連絡。
殺る気を確認し、すぐに宍戸の元へ向かったさ。

 って・・・木林さん、バカンス?( ̄∇ ̄;)
楽しそうに鼻歌うたっちゃってさ〜
彼も非常にユニークなキャラで好きだったな〜
このドラマはさ、一人一人がキッチリ仕事しているって感じで
安心して見ていられたんだよね。


 中堂は宍戸の書いた本の内容から、宍戸が高瀬の殺人現場におり
彼に協力していたと推理。
でも高瀬が宍戸のことを警察に言わなかったのは宍戸が殺人の証拠を
握っているからと考えたのさ〜

 その通りで監禁する時に使ったさかなの模様が付いたゴムボールを
宍戸は持っていた。

 んが、瓶に入ったそれを解毒剤と引き換えに渡す時、奴め、
瓶の中の硫酸とボールを混ぜ合わせやがった!
付着していたはずの被害者のDNAを検出することが
できなくなっちまったよおーーーー!!

 クソが!!
いや〜も〜!北村さんの人でなしぶりがすさまじくて・・
マジ殺意がわいたわ・・・( ̄∇ ̄;)
コイツはいったい何なんだ?
スクープと自己顕示欲のために人間の心を失くしたのか。


 駆けつけたミコトと六郎は呆然。
してやったりとほくそ笑む宍戸だったが、中堂が渡した解毒剤こそが毒だった。
にんまりする中堂様・・・

「こいつが自分で飲んだんだ。
ゆっくり苦しみながら・・・死んでいけ

「戦うなら法医学者として戦ってください!」ミコト
「法医学者はもうやめだ!」中堂

「なら個人的な話をします。
私が嫌なんです!見たくないんです!!
不条理な事件に巻き込まれた人間が自分の人生を手放して・・・
同じような不条理なことをしてしまったら・・・
負けなんじゃないんですか?!
中堂さんが負けるのなんて見たくないんです!
私を・・・私を絶望させないでください!」


 ミコトの人生をかけた説得、そして六郎の命がけの行動が
中堂の心を動かし殺人者にさせなかった。
中堂は本物の解毒剤をちゃんと持っていた。


 彼の中にも、まだ人間を信じたい気持ちがあったのか・・・
この迷いを生じさせたのはミコトであり、UDIラボのメンバーとの
繋がりなんだよね。


 アメリカから運ばれた夕希子さんの遺体はUDIラボの
最新の技術を駆使して再解剖・検査された。
その結果、高瀬は夕希子を含む3名の殺人の被疑者として
追起訴され裁判にかけられることになった。

 ミコトは8年前にはなかった「ID plus」という判定キットを使い
夕希子の遺体から高瀬のDNAが検出されたことを証言。
さらに母親に支配されていた高瀬の劣等感を煽り、自白を引きだしたぞ!

 ヤッターーー!!\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/ バカめ!
一生ムショに入ってろ!


 そして宍戸にも裁きの手が!
毛利(大倉孝二)たちが「殺人ほう助」の罪名で逮捕。
その様子を六郎と連絡を取り合っていた末次(池田鉄洋)が激写!

 ちゃんと毛利たちにも花道を作ってくれたのね〜
野木さん、さすが!!


 夏代に報告の電話をするミコト。

「(秋彦に)ミコトの仕事は終わりだって」夏代
「やっとね」ミコト
「また次があるでしょう?」
「あるねぇ・・・次から次へ。絶望する暇がない」
「フフフ・・・最高じゃない」。

 気を許すと絶望はいつのまにか入りこんでくる。
でも絶望の奥にも小さな光のような希望は必ずある。
もしかしたら、それを見出すために人間は生きているのかもしれないね。


 夕希子さんの父親と和解できて、夕希子さんが最期まで中堂を愛し、
一緒に生きていくつもりだったと知ることができて良かったよ。

「夕希子の旅は終わったけど・・・あなたは生きてください」

 中堂もやっと自分を許すことができたかな・・
中堂もミコトも無くなった大切な人達のことを忘れることはないだろう。
それは生涯消えない傷だけど、もしかしたら生きる証なのかもしれないよね。

 いや〜深いドラマでした。
人間が生きていく上で背負う闇の中でもがく姿を描きながら(殺人者は除く)
その闇すらも愛おしく思えるような彼らの生が見えた。
人間の生きる力が確かに感じられた。
死が常に全面にあるドラマでしたが希望をもらえたと思います。

 海外ドラマじゃなくても、こんなすごいドラマがあるんだよ〜!と
わたしゃ言いたい。
スタッフ・キャストの皆さまに心から感謝。


 第1話 名前のない毒 
 第2話 死にたがりの手紙 
 第5話 死の報復
 第7話 殺人遊戯  

usagi


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:37│Comments(12)「アンナチュラル」 

この記事へのコメント

1. Posted by ココ   2018年03月18日 10:59
終わっちゃいましたね〜
最終回って なんだかイマイチつまらない終わり方
って、感じるものがけっこうあるんだけど
面白かったです!
宍戸役が北村さんだったので最近の北村さんの役柄と人気で
もしかしたら改心しちゃってアレか?って嫌な(笑)予感もあったけど
最後まで極悪人役を演じる北村さんを見れて満足 アハハ
対象に池田さん演じる編集者が最後にモラルを持ってもらえたことに一安心
出版社の編集者からモラルが全て欠如されてしまってはネェ
「人間が生きていくうえで背負う闇」
この闇を悪魔の闇に変換しないで 闘った人は
強くて優しいですよね。
だからラボのみんなは久部クンの葛藤をきちんと理解して
許せたんですよね〜
神倉所長のような上司がこの世の中どのくらいいるのかぁ〜って思いました!!
松重さんがこのドラマをピリッと引き締めましたね〜流石ですねぇ〜
2. Posted by かえ   2018年03月18日 17:07
こんにちは。
1話を見たから続きも見始めたんですけど
最後まで面白かったですね!
宍戸のクズっぷりも徹底していてほんと
見ていて殺意が湧きましたよ(汗)
夕希子さんの父親の誤解が解けてようやく
中堂さんも前を向けるんですね〜。
この役は新さんにハマってました♪

最後はみんなそれぞれに久部くんを
迎え入れてまた新しい日々が始まって行く
というラストも良かったですね。
また続編が見てみたいですね。




3. Posted by きこり→ココさん   2018年03月18日 22:11
終わっちゃったね〜寂しいわ〜
>最終回って なんだかイマイチつまらない終わり方
って、感じるものがけっこうあるんだけど
そそ!だからなのか、私楽しみに見ているドラマでも
最終回になると興味失うことが結構あるんだよね。
で、最終回だけ忘れた頃に見たりとか・・( ̄∇ ̄;)
>最後まで極悪人役を演じる北村さんを見れて満足 アハハ
その辺もリアルだったよね。
人間そんな簡単に変わらない。特に悪人は。
とんでもないクズのまま消えて行ってくれてホントほっとしたわ(笑
池田さんも正義感だけじゃなく宍戸への対抗心やスクープ狙いって
目的が見えて逆にほっ・・(笑
下卑た部分もありながらわずかに記者としての正しい部分が勝ったというか。
野木さんは脇のキャラクターの生かし方がうまいよね。
>この闇を悪魔の闇に変換しないで 闘った人は
強くて優しいですよね。
そうかもしれないね。人間にはいつだって選択の機会があるもの。
戦うことを選んだ時点でその人は勝っているのかなとも思うよ。
六郎を受け入れた笑顔がそれぞれの人生を感じさせてくれたというか・・
>神倉所長のような上司がこの世の中どのくらいいるのかぁ〜って思いました!!
偶然だろうけどタイムリーだったよね( ̄∇ ̄;)
これが本物の上司の責任の取り方だよ!ってのを見せてもらったよね。
キャストのみなさんいい仕事していたよねぇ・・

4. Posted by きこり→かえさん   2018年03月18日 22:19
最終回、それぞれに救いがあって良かったですね。
一話完結ふうでありながらメインの謎は続いていて
次週への繋ぎ方もうまかったですよね〜
野木さんはやはり職人だなぁ・・と信頼感を再確認しましたよ〜
北村さん、最高で最悪のろくでなしでしたよね〜(笑
さすがにうまかったし忘れられないキャラクターになりそうです。
>この役は新さんにハマってました♪
ね〜!わたしゃ、久々に新様きたわーー!!ってわくわくしました。
続編見てみたいけど、中堂様の件も一段落ついたから難しいかも。
でもスペシャルとかでその後が見たいです〜!

5. Posted by こたろう   2018年03月19日 12:13
ピンクのカバは中堂さんだったんですね。やはり、主人公のみことはもう少し年齢が高くて、ゆっくり話す女優さんが良かったかな〜視聴率を取るためのキー局のキャスト選びがあざとすぎる…広瀬すずはいったい何番組と映画出てるのやらです。
最終回はやはり二転三転して良かった。テーマは生と死はコインの裏と表で隣り合わせ。たまたま生きているだけでたまたま死ぬ。生きてる人間は精一杯生きるですね。

今期好きなドラマは、これと、BSの弟の夫 あの相撲のバルトがいい演技。ゲイを否定していた主人公のが変わっていくのが良かった。暖かくていいドラマで泣けました。
隣の家族は…は妊活がかなり精神的にも大変なんだなぁ〜と考えさせられましたが回りにあんなに問題抱えてる人がいるかな…詰め込みすぎた感じ。
99.9は、ギャグが多くて事件だけやったら30分でドラマ終わるのでは?ちょっとウザイ。海月姫は間延びしちゃって、自立すれば解決するじゃん?映画で良かったかな。
ファイナルカット …あんな警察官いる?昼に働いてるのになんであちこち行ってるの?盗撮、盗聴していいの?犯人あの人だったんだ〜しか残らない。
anone 偽札作りかぁ〜瑛太はどうしてあんなに金に拘るのか?社長から転落したから?もう少しユーモアを入れてほしいなぁ。暗い。
バイバイブラックバードは、城田優が上手い。家族の旅路は、タッキーの歌の下手さが明らかに。翼くんが上手かったんだ〜内容は、昔の大映ドラマみたい。遠藤憲一さんのズラは無理です。ダメですよ今ズラを被っても若い役は無理ですって❗キムタクBG絶対続編あるんじゃん❗けんたろう君出したし〜山口智子出すなんてズルい。見ちゃうじゃん。
4月のドラマはどうかな〜
6. Posted by きこり→こたろうさん   2018年03月20日 19:37
>主人公のみことはもう少し年齢が高くて、ゆっくり話す女優さんが良かったかな〜
私としては波瑠さんが良かったんですが、でもそうなると中堂や六郎のキャスティングも変わってきちゃうだろうな〜( ̄∇ ̄;)
>BSの弟の夫 あの相撲のバルトがいい演技。
ドラマも心に残る佳作でしたがバルトさん自然な演技がすばらしかったですよね。
弥一の心の変化も納得のいくものでしたし、娘の夏菜ちゃんもその友達もいい雰囲気でした。
>隣の家族は…は妊活がかなり精神的にも大変なんだなぁ〜と考えさせられましたが
ホントですよね。
結構痛みがあるし身体的なダメージがけっこうあるってのは聞いたことあるんですが
精神的な辛さがリアルに伝わってきましたよね。
「海月姫」はフジらしい楽しいドラマでした。
なんだか続きありそうな雰囲気も。スペシャルあるかもしれませんね。
「バイバイブラックバード」録画してあるんですがまだ見ていません。
この前「フィッシュストーリー」を見直して高良健吾さんっていい俳優さんだな〜と
改めて思いました。城田さんもですがお二人の演技を見るのが楽しみです。
あっと言う間に春ドラマの時期ですね。
来季はなかなか期待できそうなドラマが多そうです。
今週最終回ですがみんな幸せになってくれるといいなぁ・・
7. Posted by こたろう   2018年03月21日 08:24
そうなんです。私も波留さんが良いと思ってました。ボーダーで厳しい検死やってたしね〜あと、柴崎こうとか、中谷美紀とか…北川景子とか…でも視聴率がね。他のキャストも変わるからね。井浦さんは、ARATA時代から10年役者をやめていて、演技する事に自信を無くしていたとの事ですが、人は悩み苦しみがあると深みや幅のある人間になるのかな。4月からのドラマで楽しみなのは、家政婦のミタゾノが帰ってきた事です。清水ふみかさんが、千眼さんになって、幸福の科学に行ってしまいもうないと思っていたので嬉しいかぎりです。松岡君のミタゾノ早く見たい。
8. Posted by きこり→こたろうさん   2018年03月22日 21:24
>柴崎こうとか、中谷美紀とか…北川景子とか
どの方もそれぞれ個性的だから相手役とのバランスやまわりのキャスティングも
難しそうですなあ・・( ̄∇ ̄;)
そう考えると今のキャスティングが一番なのかも。
>ARATA時代から10年役者をやめていて、演技する事に自信を無くしていたとの事ですが
そうだったんですね。私が初めて新さんを意識したのは『刑事の現場 リミット』というNHKのドラマでした。犯人役でしたがかなり印象に残りました。
4月から『ミタゾノ』始まるのですね。清水さんの役はどなたが演じるのかしら・・
楽しみですね。
9. Posted by ココ   2018年03月30日 18:31
4月から始まるドラマ
きこりさんの お勧めはなんだろな〜?
10. Posted by きこり→ココさん   2018年03月31日 19:25
いや〜あっと言う間に春ドラマの時期だね〜
ドラマと共に季節の移り変わりを実感するわ〜(笑
私が楽しみにしているのは古沢良太さん脚本の『コンフィデンスマン』と
波瑠さん主演の『未解決の女 警視庁文書捜査官』。
この2本は絶対見ると思うんだよね〜
ニノ主演の『ブラックペアン』『あなたには帰る家がある』『家政夫のミタゾノ』も一応押えとくかな〜(笑
NHKの『デイジーラック』と『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』も気になっているよ。最近はすぐにリタイアしてしまう根気のない私だけど春はどうじゃろ・・
ココさんは気になっているドラマある?
11. Posted by ココ   2018年04月06日 14:48
元気ですかーっ!←自分の事は棚に上げるあたし イシシシシ

今回のNHKの朝ドラは見ようという気になったので見ています。
子役の会話がかわゆくて面白いです。
いっそこのまま 子役だけで半年やって欲しいです。
それにしても、今どきの子役は どの子も本当に演技上手で
若手の変な(笑)役者より全然上手〜で 感心するばかり。
この春ドラマは各局の キャストとストーリーを見て引っかかったものを
とりあえず全部録画し、1回目放送を見てから決めるつもりです。
なぜか いつになくドラマを見る気になっとるよ〜 へへへ 
12. Posted by きこり→ココさん   2018年04月07日 10:15
元気だよーーーー!
でもさぶくてまた家に引きこもってるよーー!(笑
いつになったら昼間のウォーキング再開になるんだか・・
朝は鍵開けのついでのちょっと遠回りして帰るぐらいだからな〜運動不足がすごいよ・・・
今回の朝ドラはおもしろそうだね。
主演の女優さんの生き生きした表情にも惹かれたよ。
申し訳ないけど前回のヒロインには全く惹かれず・・
演技力も・・・もごもご・・・
そうなると展開にまったく説得力もなくなってしかたなくつけてたって感じだったからさ〜
そそ!子役時代は来週には終わるみたいだけど
私ももっと長くてもいいのに〜って思ったよ。
赤ちゃん時代ももう少しあっていいし、小学生になるまでも
いろいろあっただろうしさ〜
今回見てて私は何か始まる前の方が好きなんだな〜って
思ったよ。背景というか事が起きる前の積み重ねの方が
興味あるような・・・
もう春ドラマ始まっているのあるね。
私も一応一回目は録画しているけど海外ドラマも始まっているしWOWOWのドラマもあるしで忙しいがね〜♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『アンナチュラル』 第7話 殺人遊戯 春なのにぃ〜♪