「この声をきみに」 第7回 ヒーローになる時2017年秋ドラマ雑感

2017年11月18日

「この声をきみに」 最終回 美しくひびきよく

『子供の頃の自分に言ってやりたい。
心のぽっかりが無くなることは永遠にない。
でも・・・・ふいに心が熱くなる瞬間があって
人生は悪くないよって・・・
そう思えるよって・・・

むしろぽっかりがあるからこそ
そういう瞬間が訪れるのかもしれない。

いずれにせよ僕らの物語は始まったばかりだ』


 「僕の物語第二章」ではなく、「僕らの物語」・・・
あんなに人と関わるのが苦手でその苦しさから
扉を閉じていた孝が軽やかな風を感じつつ大好きな人と
歩いている。

 おばちゃん・・・嬉しくって泣けたよ(T-T*)フフフ…
決して埋まることがない欠落の象徴だった『ぽっかり』も
今では大切な存在。
人間は常に未完成な生きもの。
欠落は埋まることがないのかもしれないけど、
だからこそ一瞬の繋がりが愛おしいのかもしれない。
想像できなかった世界、突然開ける視界・・・
そして世界が繋がる瞬間。
人生はやっぱりおもしろい。

 てか、二人のこの自然にわがままが言いあえる感じ・・・
さては京子先生が実家に戻ってからも連絡を取り合って
いたわね〜このこの〜( * ̄▽ ̄)σ" ツンツン...
孝が京子に贈ったのは思いがいっぱい詰まった彼自身の声。
笑顔で応える京子先生からは『今』を生きる喜びと穏やかな
エネルギーが伝わってきた。

 彼らの物語、そして朗読教室のみなさんの物語を
もっと見たい!
スタッフ・キャストの皆さま、シーズン2制作を切にお願い致しますョ〜
HPはこちら


 それでは振り返ってみますかねぇ・・
嘘偽りのないまっすぐな気持ちを伝えた孝(竹野内豊)でしたが・・・
ふと我に返る瞬間があり・・・男としてよりも生徒としての思いを
優先させる作戦に変更しようとするも京子(麻生久美子)にスルーされてしまう。

 先生に辞めて欲しくない!僕達には先生が必要だ!
その思いは朗読教室の皆さんも一緒。
孝が中心となり『京子先生引き留め大作戦G』を決行することに。

「みんなで何とか引き留めよう!
僕らがもうそんなばかげたことをやるような
年ではないことは自覚しているんだ!
しかし、あえて言いたい!
先生に辞めないで欲しいという気持ちを、思いを
みんなで届けるんだ!」
「僕らには朗読がある。いや、朗読しかない!」


 思いの届け方、伝え方は京子先生からしっかり教わり、
みんなの血と肉となっとる!
今までの学習の成果を見せる時が来たのよ〜!


世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)あ・い・た・く・て (小さい詩集)おおきなかぶ



 発表会まで2週間。
各自、朗読の練習をしながら『作戦G』は秘密裡に進行していた。

 あんなに人とつるむのを毛嫌いしていた孝が
しっかり輪にハマっとる(* ̄m ̄)
龍太郎(加賀谷光輝)から届いた手紙に早速返事を
書く姿もウキウキしとる。

 気持ちを伝えるのがヘタで伝えることを放棄していたけど
今は気持ちを伝えたい、そしてどうやって伝えようと
考えるのも楽しいんだね。


 奈緒(ミムラ)にも結婚生活への感謝の思いを
伝えることができた。

 しかも伝え方も孝らしさがにじんでおり、
わかりやすくてユニーク。
『僕の輪は繋がっているように見えて重なっていただけ』
という言葉には自分とも重なりハッとさせられました。
気づくためには離れることが必要だったんだね。


 自立のために活動した奈緒にもいろんな気づきが
あったようで。
突っ張っていた心がほぐれ、冷静に二人の関係を
見つめられたようだす。
再就職を支援する講座を受けるため大学に通うことに
したそうな。
拒んでいた養育費も感謝と共に受け入れてくれました。


 きちんと『ありがとう』と『さようなら』が言えて
これから新しくいい関係が築けそうじゃの〜 

 孝が贈った本のお返しに奈緒が渡してくれた詩集『贈るうた』。
「今の私たち向き」と教えてくれたのが『ほぐす』という詩。
全文が知りたくてググり何度も読みました。
本当にねぇ・・・
ほぐすことにならなければ結び目にも気づかないの
かもしれない。
自然にいつのまにか結んでいる不思議というか・・
『涙もなしに、なつかしむのではないか』という言葉に
グッときたよ。


 さて、発表会が近づいていますが、泰代さん(片桐はいり)は
急に演目を変更したいと京子先生に申し出ました。

「もちろん賢治は愛しています。
でも・・実は・・・もっと気になる人ができてしまったの」

 泰代さんの『賢治』って呼び方、いいよね〜
なんかずっと寄り添ってきた深い愛情を感じる。
ふとした横顔に人生が見える。
やっぱり片桐はいりさんって大好きな女優さんだ。
 

 ヨガ教室で知り合ったそのお方を発表会に呼んだそうよ。
で、そんな泰代さんのために京子先生が選んでくれたのがコレ。
寺山修司の『ハート型の思い出』。

 刹那的でもあり、きらめくような思いが伝わってくるような
『恋』する瞬間が見える詩でした。
泰代さんの朗読は自分自身に問いかけるようでもあり、
隠されていた彼女の情熱が垣間見えて新鮮でしたわ〜


 発表会前日、練習後、みなさんを代表し孝が京子先生に
思いを伝えることに。
例によって導入部は変な感じだったけど、
立派にやり遂げましたぞ〜

「僕が言いたいのは・・・つまり・・・
江崎京子は確かにここにいたということだ。
先生はここで、この教室で、先生として生きた時間は
決して嘘じゃない。
今でも。それはこれからもだ。

「・・・・・・・皆さん・・」京子

「もし・・・・・発表会で、先生の心に少しでも
僕達の声が届いたら・・・
もう一回信じてみませんか?」

「・・・・・何を?」
「人生を」

 ついに発表会当日。
孝のパパさん(平泉成)も元義母(仁科亜季子)も龍太郎も
舞花(安藤美優)も見に来てくれました。

 始まる前の佐久良先生のお言葉も沁みましたな〜
教室の名前『灯火親』の由来である漢詩を詠み
「今日も一つの言葉が、声が、誰かの心に
灯りをともすことができますように」


 偶然出会ったひとつの言葉が人生を変えることもある。
このドラマを見ながらずっと考えていたけれど
私自身のことを思い返すと、形に心を合わせようと
してきたところがある。
でもまず心なんだよね。
心があって、その心を伝えるために言葉がある。
だから言葉は武器にもなるし温かな灯りにもなる。
もっと言葉に命を通わせなきゃダメだよなぁ〜とか・・・


 みなさんの朗読、聴きごたえありましたなぁ・・・
一人の観客として広がるその世界にドキドキしながら引き込まれました。

 孝の番が来た!
『おじさんのかさ』を読む予定だったのですが
自分の小学校の卒業文集に載せた文『僕の夢』にチェンジ。

 35年が過ぎて・・・
夢を見ていたあの頃を懐かしむのでもなく否定するのでもなく
その思いに光を当てて大切に今を生きる。
素直で柔らかな孝の決意のようなものであり、
京子先生へのメッセージでもある確かな思いが伝わってきました。
孝!かっちょ良かったぞ!


 そして『作戦G』開始!
『おおきなかぶ』を演じながら、ねずみさん役を振り京子先生を巻きこむ。
そしてみんなで一緒にかぶ抜きを成し遂げる!

 仕上げは佐久良先生。
サトウハチロー作の『ことばはやさしく美しくひびきよく』を
一緒に朗読しようと誘いました。

 シンプルでわかりやすくて丁寧に紡がれた言葉。
人の生活の中にある生きた言葉、
人と人との間にある言葉の重みと輝き、自由さ。
この詩を朗読することで、まとっていた余計なものがそぎ落とされ、
京子の心を原点に戻してくれたのではないでしょうか。


 いや〜いい朗読会でした。
終了後、すぐにクニー(杉本哲太)は海へと向かってしまったわ〜。
でも『春になったらまた読もう』と孝と約束して別れました。

 ん〜クニーさんも大好きだったな〜
温かくて男らしくておおらかで。
彼がいたおかげで孝は教室に馴染めたんだもんね〜
何より大切な友を得た。
この男達の物語も気になるのよ〜
 

 そして泰代さんの思い人は誰?と思ったら・・・パックンかい?(* ̄m ̄)
ま、お互い思いを伝えあえたようで良かった。
美鈴(大原櫻子)も雄一(戸塚祥太)とのデートの約束取りつけたし。
その雄一も実家の家業継ぐことに決めたようだし。
京子先生は疎遠になっていた実家に戻ることにした。
それぞれの未来への希望が感じられるいい最終回だったのぅ。


 春になり・・
新入学生たちに孝が読んでいたのは藤原正彦の「世にも美しい数学入門」。
その姿からは以前には見えなかった数学への情熱と愛情が伝わってきた。
孝には伝えたい言葉がある。
そして伝えるべき相手もいる。幸せだのぅ・・・

 いや〜全8話楽しかった〜!!
毎回紹介される言葉に朗読にときめきをもらい
癒され、泣かされました。
物語の状況にリンクする本のチョイスが絶秒でシビレました。
毎回、次はどんな本がとわくわくしておりましたョ〜

 朗読と出会った孝の心が開かれ、その世界が広がって行く
様子が気持ち良くて嬉しくて・・
主演のお二人はもちろんですが登場人物一人一人が
魅力的でかわいくて別れがたいよ。
JUJUさんの主題歌もドラマにぴったりでした。
ダウンロードしたんで聴きながらしばらくドラマの余韻を味わいますわ〜


 第1回 つまらない男
 第2回 友だちはカエルくん
 第3回 雨にも負けぬ男
 第4回 飛べ!くじらぐも
 第5回 キスはどうですか?
 第6回 もつれる二人
 第7回 ヒーローになる時

br_banner_risu


このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 18:50│Comments(2)「この声をきみに」 

この記事へのコメント

1. Posted by emi   2017年11月19日 16:28
終わってしまいましたね゚゚(´O`)°゚

>二人のこの自然にわがままが言いあえる感じ・・・
>さては京子先生が実家に戻ってからも連絡を取り合って
>いたわね〜このこの〜( * ̄▽ ̄)σ" ツンツン...
ラストの二人は、本当に仲が良くて、これから先の二人の様子が目に浮かぶような感じでしたね(笑)
観ていて思わずニヤニヤしてしまいました( ´艸`)
なので、終わり方自体にはとても満足しているのですが、朗読教室のみんなに私もまた会いたいです!!

>泰代さんの朗読は自分自身に問いかけるようでもあり、
>隠されていた彼女の情熱が垣間見えて新鮮でしたわ〜
そうでしたね!
教室のみんなとは一歩距離を置いていた感じだったけど、本に対する深い愛は随所に出ていて、発表会の朗読は熱い情熱が沸々とこみ上げていて、とても素敵でしたね!
雄一(戸塚祥太)の朗読には優しさが感じられたり、
クニーには男らしさを感じたり・・・
各人物のキャラクターと声がそれぞれ愛らしくて、いつまででも見ていたい/聞いていたいです!

>物語の状況にリンクする本のチョイスが絶秒でシビレました。
こちらも本当にそうでしたね!
こんなにもピッタリな本があるんだ!とビックリしましたし、
ミスチルの「HERO」は、朗読で聞くとこんなにも違った風景が見えてくるんだ、と思いましたし、
私も毎回感動で震えていましたし、時々ウルウルしていました。

素敵なドラマでしたね♪
きこりさんとご一緒出来て、本当に嬉しかったです。
ありがとうございました!!
2. Posted by きこり→emiさん   2017年11月20日 19:41
emiさん、コメントありがとうございます。
終わっちゃいましたね〜私は今季唯一書いていたドラマだったんで
なんかもう今年が終わった感じですよ〜(笑
>観ていて思わずニヤニヤしてしまいました( ´艸`)
ね〜!すごくいい雰囲気であのふたりがねぇ・・って嬉しくなりましたョ〜
>各人物のキャラクターと声がそれぞれ愛らしくて、いつまででも見ていたい/聞いていたいです!
ホントホント!登場人物すべてが、すごくいいバランスで存在していたって感じですよね。どの人も人間的なかわいさがあって、この朗読教室に一緒に通いたいよ・・って
思いましたわ〜
>ミスチルの「HERO」は、朗読で聞くとこんなにも違った風景が見えてくるんだ、と思いましたし、
そそ!まさかミスチルが出てくるなんてね〜
しかもぴったりフィットしてじ〜ん・・・
なんか朗読の再現場面では毎回泣かされていましたよ〜
ファンタジーの配分もほどよかったですよね〜
はぁ〜今週から寂しいですよ〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「この声をきみに」 第7回 ヒーローになる時2017年秋ドラマ雑感