「ど根性ガエル」 第3話 決死のパン作り!初月給で親孝行「探偵の探偵」 第4話 第一章完結!炎の中の死闘

2015年07月29日

「ウォルト・ディズニーの約束」 2013年 米 / 英 / 豪 監督 ジョン・リー・ハンコック

『東の風が吹き、霧がかかる。
不思議なことが起きそうな予感・・・・
何とも言えない胸騒ぎ・・・前にもあったような・・・
そんな気がする・・・』


 奇跡はいつでも東風と共にやってくる。
これはウォルト・ディズニーの物語ではなく、『メアリー・ポピンズ』の原作者、
P.L.トラヴァースことヘレン・リンドン・ゴフ とその父親の物語。

 原作の『メアリー・ポピンズ』も読んでますし、映画の『メリー・ポピンズ』も大好きで何度も見ているので非常に興味深く見ました。
トラヴァースさんにとって『メアリー・ポピンズ』の主人公は子供たちでもメアリー・ポピンズでもなくミスター・バンクスだったんだね。


 さて、映画は1961年、パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)が『メリー・ポピンズ』の映画化について話し合うためイギリスから嫌々ロサンゼルスに旅立つ場面から始まる。

 このトラヴァースさん、子供は嫌いだし、偏屈で頑固、とにかく何にでも反発するひねくれ者ときたもんだ。
まぁ、ナーバスになっているせいもあるんだけど、それには理由があった。
トラヴァースにとって『メアリー・ポピンズ』は命とも言える大切な作品。
それを経済的理由で売り渡してしまったようで罪の意識を感じているのさ〜
そのせいで封印してきた家族の思い出が蘇り彼女を苦しめていた。


 映画『メリー・ポピンズ』の脚本確認作業現場とオーストラリアのクイーンズランド州でトラヴァース(ギンティ)が過ごした子供時代が交互に描かれます。
彼女がペンネームに使っていた「トラヴァース」は父の名前だった。

 子煩悩なトラヴァース・ゴフ( コリン・ファレル)は日常の生活にファンタジーが存在することを教えてくれた人だった。父にとってギンティはおとぎ話のお姫様であり、妖精や魔法はいつもすぐそばに存在し、想像は自分を幸せにしてくれるものだった。

 しかし、トラヴァースは弱い人でもあった。職を転々とし、プレッシャーから酒に逃げる夫に3人の子供を抱えた妻のマーガレット(ルース・ウィルソン)は疲れを感じていた。不安定な生活の中、母と父の苦しみを感じながらもギンティは父と過ごす時間が大好きだった。


 現実に必死で対応しようとしてもがいている父にとっても、娘のギンティと想像の世界に羽ばたくことは救いだったのでしょう。
美しい自然の中でファンタジーに遊ぶ二人の世界は光輝いていた。
それは現在のトラヴァースにとって大切な思い出だったが、同時に痛みともなっていた。


ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]メリー・ポピンズ 50周年記念版 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]


 ロサンゼルス空港では専属運転手のラルフ(ポール・ジアマッティ)が待っておりホテルまで案内してくれた。
でもラルフが話しかけても冷たいったらありゃしない。

 ホテルの部屋ではディズニーキャラクターのぬいぐるみが勢ぞろいで歓迎してたんだけど、すぐにクロゼットの中に押し込み、入らないでっかいミッキーマウスは部屋の隅にポイッ!
そしてフルーツ盛り合わせの中に洋梨を見つけたら、窓からプールへポイッ!
「ダメダメダメ!これだけは絶対ダメよ。梨だけは絶対ダメ!」

 一方のウォルト・ディズニーにとっては長年の夢が叶い嬉しくってしょうがない。
原作が発表され、娘のダイアンに本を教えてもらってから20年もの間トラヴァースにラブコールを送り続けたが、はねのけられてきた。
それがついに動きだしたんだからねぇ・・・

 交渉第一日目、スタジオ入口で脚本家のドン・ダグラディ(ブラッドリー・ウィットフォード)や音楽担当のリチャード・シャーマン(ジェイソン・シュワルツマン)、
ロバート・シャーマン(B・J・ノヴァク)が出迎えたんだけど、彼らの一言一言に辛辣な返事をするトラヴァース。みなさん笑顔が凍り付いてしまったわ〜
共同脚本家であることを強調、ミュージカル全否定・・・先が思いやられるよ。

 で、ついにウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)とトラヴァースの対面の時が来たのですが・・・
事前にドンから「ウォルトはディズニーさんと呼ばれるのを嫌っているのでウォルトと呼んだ方が」とアドバイスされるも無視。なのに自分の呼び方は「トラヴァース夫人」と徹底させるという・・( ̄∇ ̄;)


 わくわくと「メアリー・ポピンズ」との出会いを語り始めるウォルトを冷たい相槌と共に聞いているトラヴァース。

「パメラ、男は子供との約束を絶対に破るわけにはいかないんだ。
どんなに時間がかかっても実現させなきゃならない。
あなたのせいでずっと宙ぶらりんだったが、ついに捕まえた」ウォルト
「私のせいですって?宙ぶらりんって言うけど、ディズニーさんが自分で
ロープにしがみついてただけでしょ」

「・・・・・・」
「20年前にお話が来た時権利は売らないとはっきり答えたはずです。
その次の年も断ったし、その後の18年間年中行事みたいに私同じことを言い続けてきた。正直、もう嫌になったわ」

「パム、私はそんなつもりで・・」
「パムじゃなくてトラヴァース夫人よ」
「あ〜これは娘たちとの約束なんだよ。お子さんは」
「いいえ、いないわ。正確に言うと」
「私はただの一度も娘たちとの約束を破ったことはない。
それが父親ってものなんだ。だろ?」

「あら、そうなの?」

 そんな事、トラヴァースは知ったこっちゃない。
映画化の権利書をちらつかせながら常にトラヴァース夫人主導で交渉は進んだ。
まずはミュージカル問題。

「ディズニーさん、メリー・ポピンズは歌なんて歌わない!
彼女は軽い女じゃないの。飛び跳ねて踊ったりしない。
歌なんて浮ついたものは乳母にも教育者にも必要ないでしょ。
そんなことしたら台無しよ!彼女をくだらないアニメにしたくないの」


 ディズニー全否定・・・( ̄∇ ̄;)
「心から愛する物語を汚したりしない」と説得し、なんとかミュージカルは許してもらえたけどアニメは絶対ダメ。
そして今後決めた事や会話はすべてテープに録音することを約束させられました。


「メリー・ポピンズやバンクス一家は私の家族なのよ」

 さっそくドンとシャーマン兄弟と脚本の確認作業が始まった。
読み合わせをしながらトラヴァース夫人の厳しい指摘と訂正(強制)がちょいちょいあり、緊張感はんぱねぇ。
バート役のディック・バン・ダイクのことも「最低の俳優」とケチョンケチョン。
バンクス家の概観やキャラクターイメージ、バンクス夫人の名前に至るまで細かくダメ出し。
ロバート達の作ったすばらしい詞と曲もトラヴァース夫人にはまったく届かない。
「お砂糖ひとさじで」ができてウォルトとロバート達が盛り上がっているのを見ると、
「ナンセンスだしリアリティもない」と怒り脚本を窓から投げ捨てるという暴挙に出た。


「突飛な行動や甘い言葉がダメだというのか。
空を飛んで子供たちを救いにくる乳母を書いたあなたが」ウォルト
「メリー・ポピンズが子供たちを救いに来たと思ってるの?呆れた!」トラヴァース

 この映画の原題は『Saving Mr. Banks (バンクスさんを救う)』。
トラヴァース夫人の父・トラヴァース(ややこしや〜)の最後の仕事は田舎の銀行の支店長だった。
家族のために頑張ると妻に誓いながらも現実から逃れるために酒におぼれ体を壊した父・・・
父に失望し精神的に追い詰められた母は入水自殺を図ろうとした。

 幼いギンティはそんな両親の苦しみを見ていることしかできなかった。
どうかお父さんを助けて。幼いギンティはファンタジーの住人達に祈ったはず。
だから幸せ一杯、夢一杯みたいな世界にイラッとしてしまう。

 そんな記憶が蘇り沈鬱な表情になっていくトラヴァース夫人を運転手のラルフが心配しております。
このラルフがほっとさせてくれる人柄なんだよね。
トラヴァース夫人の辛辣な返しも全く気にしない。
いつも穏やかで押しつけがましくなく気遣ってくれる。
暖かな彼のまなざしが徐々にトラヴァース夫人の心を溶かしていった。

 でも、その後もトラヴァースの厳しい口調での要求は続いた。
彼女の態度は人間不信の人にありがちな常に人を試すようなもので、
心が一瞬繋がったと思ったら遠く離れるの繰り返し・・・
いや〜コレ、ほんと大変だったと思うわ。
ウォルトの希望を取り入れつつトラヴァースの機嫌を損ねちゃイカンしさ〜
ドン達にとっても、そして「バンクスさん」と父を重ねているトラヴァースにとっても
常に葛藤と戦いのハードな日々だったと思う。


 ある時、「信用第一の銀行」というバンクスさんが歌う場面をロバート達が披露するのを聴いていたトラヴァースは叫んだ。

どうしてそんなに冷たい人にするのよ?!
モンスターじゃないのよ!

「すいません・・・誰のことですか・・?」ドン
「あなた達にもお子さんがいるでしょ?お子さんから手紙をもらったりしないの?
手紙や絵を書いてくれたりするでしょ?
それを破り捨てたりする?!お子さんの目の前で。
ひどすぎるじゃないの!理解できない。
子供達が作った広告をなぜ父親が破るの?!
その上暖炉に捨てるの?!
何で凧を直してあげないの?!
どうしてそんなとんでもない人物に描くのよ?!
きれいなカラー映画で世間のさらし者にする気?!
登場人物に命を与えるなら、彼を・・・彼らをいい人にして」


 涙ぐんでいるトラヴァース夫人にロバート達は、ぽかん・・・・・何が何やら・・・
でも彼女の深い悲しみに触れ、ショックを受けております。


「とても耐えられない。
お願いだから、ひどいことは止めて。
・・・・・また父をがっかりさせてしまう・・・」

 理由はわからないけど彼女が苦しんでいることに気づいたウォルトは
元気づけようとディズニーランドに招待した。
なんとあのウォルト・ディズニーがディズニーランドでお迎えし案内してくれるという・・・信じられない状況。
すげえ!運転手のラルフも驚愕。大喜びさ〜
でも、そんなことで懐柔されるトラヴァースじゃない・・・( ̄∇ ̄;)ハハハ

 ディズニーランドでのウォルトは商売人らしい一面を覗かせていました。
常にお客さんに気を配り、「ウォルト・ディズニー」のイメージを守ろうとうする。
園内を案内する姿からは成功者の誇りと自信、そして苦労して創り上げた世界への愛情が伝わってきた。


 無理やりメリーゴーランドに乗せられトラヴァースの気持ちもちょいとなごんだ。
そしてバンクスさんの場面を子供達と凧を上げにいくよう変えたと知り、笑顔になったぞ。
楽し気にドンと一緒に踊る姿を見て、今まで困惑しながら見守ってきた秘書のドリー(メラニー・パクソン)は慌ててウォルトを呼びに行ったさ。

 屈託ない様子でドン達と一緒に歌うトラヴァース夫人の姿に私も嬉しくなったよ。
でも彼女の心の旅は終わらない。


 父は仕事を辞め、臥せるようになった。
さて、ここで「メアリー・ポピンズ」のモデルとなったと思われる人物が登場する。
それは母・マーガレットの姉・エリーおばさん(レイチェル・グリフィス )。
父はメンツもあってずっとエリーおばさんに連絡しないようマーガレットに言っていたんだけど頼らざるを得ない状況になったらしい。


 よどんだ家の空気がエリーおばさんの働きで一新される。
大きな帽子をかぶり絨毯のような生地でできた大きなバッグと柄がオウムの形をした傘を持っておばさんはやって来た。
そのバッグの中からは香水や最新の治療薬、パイナップルや鉢植えの花やティーカップまで出てきた。

「私にまかせて。全部元通りにするから」

 父の看病をしながら、みんなを仕切り、エリーおばさんは家の中を気持ちよい空間に変えていった。
東風が吹き、何もかもが変わる予感・・・


 『メリー・ポピンズ』の脚本は完成間近だった。
んが、バートとペンギンが躍る場面でペンギンをアニメーションで描くと知ったトラヴァースは激怒。
「この詐欺師!ペテン師!!」
ウォルトに映画化権の書類をつき戻しロンドンへ帰ってしまいました。

 父の病状は悪化し、ギンティが父のために梨を買いに行っている間に亡くなってしまった。
東風が吹いても父は救われなかった。


 トラヴァース夫人帰国後、書類で初めて彼女の本名と「トラヴァース」が父親の名前だと知ったウォルトはロンドンの彼女の部屋を訪ねた。
そしてカンザスシティでの貧しかった少年時代、厳しい寒さに震えながら父の新聞配達を手伝った話をした。

「私は人生を愛している。人生は奇跡だ。父のことも好きだよ。すばらしい人だった。
でも・・・忘れられないんだ。今も毎日のように思い出してしまう。
雪の中新聞を配る8歳の少年とベルトを握るイライアス・ディズニーの姿をね。
もう疲れたよ、トラヴァース夫人。こんな形で過去を思い出すことにね。
あなたも疲れているんじゃないのか?
私たち二人の悲しい物語をそろそろ終わらせたくないかい?
過去に囚われない新しい人生を歩むんだよ」
「・・・・・・・・」

「『メリー・ポピンズ』が救うのは子供達じゃない。
父親だよ。あなたの父親。トラヴァース・ゴフだ。
この物語はあなたのお父さんのことなんだ。
赦すんだよ、トラヴァース夫人。私はあなたの本からそれを学んだ」
「父を赦す必要なんかないわ。すばらしい人だったのよ」
「いや、そうじゃない。ヘレン・ゴフを許すんだ。
罪の意識を抱いて一人で生きる人生は辛すぎる。
どうかお願いだ。私を信じてあなたの大切な『メリー・ポピンズ』をまかせて欲しい。
決して失望はさせない。
ロンドンからカンザスシティまで世界中の人々が映画館でジョージ・バンクスが
救われるのを見るんだよ。
みんな彼を好きになり、彼のために涙を流し、彼が仕事を失えば心を痛める。
そして彼が凧を上げると・・・
そうさ、トラヴァース夫人、みんな大喜びして一緒に歌うんだ。
世界中の映画館で私の娘たちやこの先何世代にも渡る親や子供達が
ジョージ・バンクスのことを称えるんだ。
彼は苦しみから解放され、彼が象徴するすべてのものが救われる。
現実の世界ではなく想像の世界でね。
それが物語を創るってことだ。想像力で心を癒すんだよ。
人々に繰り返し繰り返し希望を与えるんだ。
どうか私を信じて欲しい。証明させてくれ。
約束は必ず守る」

 悲しみを背負った同じ人間同志としてウォルトとトラヴァース夫人の心が触れ合い、癒されるのを感じました。
見つからなかった人生のパズルのピースがやっと見つかったような・・・
トラヴァース夫人が本の中に込めた願いがウォルト・ディズニーの夢と結びつくことによって昇華された。
『人生は奇跡だ』。
でもその奇跡はいつでも人間の愛と意志が呼び込むのだと思う。


 トラヴァース夫人は映画化の書類にサインをした。
1964年、映画は無事完成。
でもトラヴァース夫人の批評を恐れたウォルトはプレミアに彼女を呼ばなかった。
ロンドンのプレミアには呼ぶつもりだったけどね。

 ゞ( ̄∇ ̄;) オイオイ!ウォルト、それはねぇべ!原作あってこその映画だべ。
作品を守るためとか言っちゃって。やっぱりおめぇは商売人だよ。


 それをエージェントから聞いたトラヴァース夫人は呼ばれてないのにプレミアにかけつけた。
昔なら恨み言のひとつも言っただろうが、今のトラヴァース夫人はいたずらでも仕掛けるように嬉しそう。
なんかすっかり明るくなって装いも若々しくなってるぞ。
苦笑いでウォルトは席を用意したさ。

 プレミア会場へ行こうとホテルで待っているとラルフが迎えに来てくれた。
「友達が私を必要としているような気がしたもので」

 この二人の友情には胸が熱くなったよ。
この出会いも人生の奇跡だよね。
『メアリー・ポピンズ』ファンのラルフの娘さんはお父さんのことを誇りに思っただろうなぁ。
そして素直にラルフを抱きしめ感謝の言葉を伝えるトラヴァース夫人は本当に美しかった。
やっぱりエマ・トンプソンって、すごい女優さんなんだなぁ・・


 映画のラスト、バンクス氏がスキップして子供達と公園へ出かけて行く場面でトラヴァース夫人は自然と涙を流していた。

 ギンティの心に悲しみと共に封じ込められていた父への思いが光の中に静かに解放されていった。
大好きな父との時間が戻ってきた。

 あの原作と映画にこんな物語が隠されていたとは・・・
タイトルを見ただけでは想像がつきませんでした。
心に残るあの映画の名曲が生まれる瞬間のエピソードにはわくわくしました。
エンドクレジットでは実際のトラヴァース夫人達やスタッフの写真が見られるし、
トラヴァース夫人が話し合いの時命じた録音テープも流れて監督のユーモアが感じられました。

 映画のラストには公開前に亡くなられたウォルト・ディズニーの娘さん『ダイアン・ディズニー・ミラーに捧ぐ』と記されています。
すべては彼女から始まったんだよなぁ・・・
彼女も愛した『メアリー・ポピンズ』、私もまた読み返したくなりました。


br_banner_fuurin
  

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 21:51│Comments(4)TrackBack(9)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ウォルト・ディズニーの約束  [ いやいやえん ]   2015年07月29日 22:17
なるほど原題が「Saving Mr. Banks」(バンクス氏の救済)だったんですね。バンクス氏というのは、「メリー・ポピンズ」に出てくる乳母として働く屋敷の主人の名前です。子供たちの父親。トラヴァース夫人は、かのキャラクターをとても大切に思ってらしたんですね。 196
2. ウォルト・ディズニーの約束  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2015年07月29日 22:26
原作者のトラヴァースは父との思い出が詰まった作品を他人の手に委ねたくない。自分が愛していた父は作家になるような想像力を育ててくれたけど、酒飲みで早死して家族に苦労を掛けた存在でもある。その父を愛するがゆえに執筆した原作の秘密をディズニーが理解して、芸術作
3. ウォルト・ディズニーの約束  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2015年07月29日 23:13
アイルランドとカリフォルニアの相性の問題 公式サイト。原題:Saving Mr. Banks。ジョン・リー・ハンコック監督、エマ・トンプソン、トム・ハンクス、コリン・ファレル、アニー・ロー ...
4. ウォルト・ディズニーの約束  [ Akira's VOICE ]   2015年07月30日 10:25
1964年のディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作背景を描く。
5. ウォルト・ディズニーの約束・・・・・評価額1800円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2015年07月30日 16:53
物語の裏側にあるもの。 あまりにも有名なディズニーのミュージカル映画、「メリー・ポピンズ」のビハインド・ザ・シーン。 魔法使いのナニー、メリー・ポピンズは、本当は誰を助けにやって来たのだろうか。 映画は子供の頃に何度も観たし、原作も読んだが、この話は全
6. ウォルト・ディズニーの約束:映画  [ 昼寝の時間 ]   2015年07月31日 16:38
2013年製作 アメリカ 126分 原題「Saving Mr. Banks」 公
7. 『ウォルト・ディズニーの約束』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2015年07月31日 23:17
□作品オフィシャルサイト 「ウォルト・ディズニーの約束」□監督 ジョン・リー・ハンコック□脚本 ケリー・マーセル、スー・スミス□キャスト トム・ハンクス、エマ・トンプソン、ポール・ジアマッティ、      ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウ
8. ウォルト・ディズニーの約束  [ のほほん便り ]   2015年08月01日 06:49
「メリー・ポピンズ」の映画誕生にまつわる秘話。最初は、原作者パメラ・トラバースが、なぜ、そこまで頑固で偏屈。ことごとく反発する?と謎だったのですが、彼女の子供時代が描かれるにつれ(また、子役ちゃんが可愛いっ!)それが彼女自身と、愛してやまない、子煩悩だけ
9. 『ウォルト・ディズニーの約束』  [ ラムの大通り ]   2015年08月08日 13:40
(原題:Saving Mr. Banks) ----今日の映画、『ウォルト・ディズニーの約束』って、 だれと約束した映画ニャの? 「これはね。 後にミュージカルとなった『メリー・ポピンズ』の原作者 P・L・トラヴァースとディズニーが交わした約束のことなんだ。 でも、どんな約束...

この記事へのコメント

1. Posted by ヨーコ   2015年07月30日 07:00
良い映画だったよね〜。
性格が歪むのには理由があるとは思うけど
「何か悲しい事があったんだろうから・・」って
心がほぐれるまで寛容に付き合える人って凄いと思う。
ディズニーのスタッフの子達は優しいね♪
ウォルトにも父親に虐待された過去があるという部分は衝撃だったなぁ。
色々あったのに美しいものを作り出せる人々は凄いね。
2. Posted by きこり→ヨーコさん   2015年07月31日 05:48
>「何か悲しい事があったんだろうから・・」って
心がほぐれるまで寛容に付き合える人って凄いと思う
そうだよね。トラヴァース夫人は苦しい子供時代を過ごしたわけだけど
誰もが何かを背負っているってわかっていると違ってくると思う。
トラヴァース夫人が心を開いたのはスタッフたちの辛抱強さと優しさ、
そしてウォルト自身に彼女の苦しみを少しでもやわらげてあげたいという
思いがあったからだよね。
しかし、児童文学を書く人のイメージがかわっちゃったぞ(笑
>色々あったのに美しいものを作り出せる人々は凄いね
本当にそう思う。
いろいろあったからこそ、美しいものを求めたのかもしれない。
『人生の奇跡』を信じる力は大切だと思うな〜
3. Posted by Largo   2015年07月31日 16:36
こんにちわ♪

観られたのですね〜(^^
>あの原作と映画にこんな物語が隠されていたとは・・・
エマ・トンプソンのファンなのと、大好きな映画の製作裏話が見れる、ということで軽い気持ちで観にいったのですが、心に残る映画でした。
>やっぱりエマ・トンプソンって、すごい女優さんなんだなぁ・・
もう、この役はエマしかできないって思いました。
>心に残るあの映画の名曲が生まれる瞬間のエピソードにはわくわくしました。
わくわくしましたね♪
オープニングもちゃんと映画を踏まえていましたし。
トラヴァース夫人の孤独だけでなく、ディズニーらしいエンターティメントも効果的に入れてあって、最後にはうるうる。
映画のラストシーンにあんな意味が含まれていたなんて。
この映画を観た後、思わず「メリーポピンズ」を見直しました。今までコメディリリーフとしか見ていなかったバンクス氏が全く違って見えて、ラストシーンに思わず涙しました。
地味な映画なのかもしれないけれども、名作の裏話を名作にした、私の中では記憶に残る映画のひとつです〜(^^
4. Posted by きこり→Largoさん   2015年08月01日 05:58
おはようございます〜♪
ただ単に映画「メリー・ポピンズ」のメイキング的なものかと思っていたので
見ながらかなりびっくりしました(笑
私にとっても心に残る映画になりましたよ〜
非常に複雑な役をエマ・トンプソンは軽やかに、でも深い人間性が伝わってくる魅力的な人物に創り上げていました。
受けて立つトム・ハンクスもさすがの貫録でしたね〜
>トラヴァース夫人の孤独だけでなく、ディズニーらしいエンターティメントも効果的に入れてあって、最後にはうるうる。
本当にね。しっかり構成されていて最後にはちゃんと爽快感へと導いてくれました。
私は原作を読んでから映画の「メリー・ポピンズ」を見たので、最初は違和感というか
これって?メリー・ポピンズ?のような感覚があったのですが、映画を観終わった後にはいつものディズニーマジックにかかっていました。
何度でも見たい映画です。私もこの週末に見直してみます♪
>映画のラストシーンにあんな意味が含まれていたなんて。
正直バンクスさんのことを重要視してみたことはなかったんですが(笑
今回はバンクスさんメインで見てしまいそうです。
メイキングとしても楽しい映画ですが、人間ドラマとしておもしろかったですねぇ・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ど根性ガエル」 第3話 決死のパン作り!初月給で親孝行「探偵の探偵」 第4話 第一章完結!炎の中の死闘