「アルジャーノンに花束を」 第5話 輝く世界の果てに待つ愛 奪われたキス「天皇の料理番」 第3話 あいしてるの決断

2015年05月10日

連続ドラマW 「闇の伴走者」 Episode5 死を恐れない

 室谷祥子(藤井美菜)と優希(松下奈緒)の拉致監禁・殺人未遂事件は
被疑者・貝原章彦(平田満)の自殺という形で幕を閉じた。
阿島文哉の潔白も証明された。
でも、あの画稿と35年前の失踪時間の謎は、まだすべて解明されてはいない。
退院した優希と醍醐(古田新太)はそれぞれ調査を続けていた。
HPはこちら

 矢島(森本レオ)によると、貝原には前科があった。
1978年、名古屋でスナックの常連客と争い「傷害致死」で6年服役していた。

 そもそも貝原は青年時代に美大を受験するが失敗。
デザイン専門学校を出て、広告会社に就職。
1972年に英人社の週刊「少年ロード」の努力賞受賞を機に上京(最初の事件が起きたのは1973年秋)。
アシスタントを続けながら雑誌への投稿を続けるもデビューはできなかった。

 優希は一峰(田中哲司)に連絡を取り、当時の貝原の担当編集者を調べるよう頼んだ。
そして貝原の生い立ちが書いてある書類を見ていて、小学6年生の貝原が事件を起こしていたのを知った。
それは近所の年上の少女の家で練炭による一酸化炭素中毒になり貝原は意識不明の重体、少女は絶命したというものだった。

 これは、貝原が話していた「あの少女」・・・?
「あの少女と心中を・・・?」優希

 本当に心中だったのか事故だったのかはわからない。
でも少年だった貝原は少女の絶命する瞬間を見ていたはず。
その姿に彼は言いようのない美しさと陶酔を感じた。
その瞬間を求め、彼は監禁と殺人を繰り返した。
殺人は貝原にとってその少女へ送り続けたラブレターのようなものだったのかもしれない。


 事件を経て、優希の周りでも内面でも変化があった。
姉から母を施設にいれるという連絡が入り、家族の問題に一区切りがついたことを知った。

 優希はずっと介護してきた姉に罪の意識を感じてきたと思うんだよね。
そして母親のために何かしなければと思いつつ、離れているし何をしたらいいのかわからないと考えることで逃げてきた。でも姉が決断してくれたことで、やっと認知症の母親と向き合う心の準備ができたんだと思う。


 そして離婚調停中の夫・幹男(野間口徹)に初めて感謝することができた。

「私・・・今まで何にもわかってなかったんだよね。家族で一緒に暮らす意味とか・・
嫌になっちゃったら別れちゃえばいいって、そんなふうに簡単に
思ってたのかもしれない。でも、本当は違うんだよね。
家族って好きなとこも嫌いなとこも含めて家族なの」
「うん。だったらさ」幹男
「ごめん。あなたのとの関係はもう無理だけど・・・
でも・・・ありがとう。今まで家族でいてくれて」
「・・・・・うん」

 幹男は復縁を望んでいたからアレだったけどさ、ずっと背中を見せて逃げ回ってきた優希が、ちゃんと自分に向き合って心の中を伝えてくれたって事で腑に落ちるものがあったんじゃないかな。
幹男もホントは、ただ優希の本音が聞きたかっただけなのかもしれない。


闇の伴走者: 醍醐真司の博覧推理ファイル (新潮文庫)闇の伴走者―醍醐真司の猟奇事件ファイル黄泉眠る森: 醍醐真司の博覧推理ファイル



 一方、醍醐は警察から協力を要請されていた。
あの画稿は警察の調べによって貝原が描いたものだと確認がとれた。
だが筆跡鑑定に出した結果、フキダシ部分は貝原が描いていたが、ノンブル(ページ番号)の字は貝原のものではないことがわかった。

 なかなか繋がらなかった優希と連絡が取れ、久々に会いましたぞ。
醍醐は救出の時も一緒にいたし、お見舞いにも何度も行ったのに、電話も何回もかけたのに、一切連絡を返してこなかった優希にズバッと怒りをぶつけました。
そりゃそうだよね〜。

「本当にすみませんでした」
優希は素直に謝ったさ。
お互いに情報交換。ここで入手した情報をすぐに知らせなかったことで、
またひとモメあったけどね。

「醍醐さんも調査を続けててくれたんですよね」優希
「当たり前だよ。全然すっきりしない!
死人が増えただけだよ。何も解決してないじゃないか」
醍醐
「私もそう思います」

 さぁ、仕切り直して調査再開よ。

 あの画稿をもう一度確認させて欲しいと醍醐に頼まれた優希が床に原稿をバラまいてしまったことから、醍醐はひらめいた。
実はページをふってある順番が間違っていたのではないかと。
どうやら淑子(真野響子)から画稿を受け取った小澤(要潤)がノンブルの入れ方を間違ったらしい。

「読み違えたんだ・・・小澤、この漫画を・・・」醍醐
「え?」優希
「俺には尊敬する漫画家が何人かいる。
その中に奇人としか思えない作家がいるんだ。
その作家がアシスタントに新人賞に応募したい作品があるので
読んで欲しいと頼まれた。
漫画家は原稿を読み終わると、その原稿を全部床にばらまいた。
そして・・・『拾え』と弟子に命令した。
訳も分からず、アシスタントはバラバラになった原稿を拾い集めた。
そしたら、先生がこう言ったんだ。
『今拾った順番で自分の作品を読んでみなさい』」

「順番がむちゃくちゃなんでしょ?
訳がわかんないストーリーになっちゃうじゃないですか」

「読み終わったアシスタントは首をかしげた。そして尋ねた。
『先生、いろいろと矛盾はありますが、こっちの方がおもしろいです』ってね」
「どういうことですか?」
「先生は答えた。
『それが漫画のストーリーにおける構成です。
君の漫画は時系列通りに描きすぎている。
だからおもしろくない。
漫画というものは、過去・現在・未来、順番に描かないからおもしろいんです』」

「つまり、おもしろいストーリー作りの秘密は時系列の順番を変えたり、
複雑にしたりするってことですか?」
「あぁ、じゃあ本題に帰ろう」

 醍醐はこの画稿のノンブルが正しいのかを最初に確認するのを忘れていた。
「画はうまいがスジは最低。それが俺のこの漫画への評価だった。
だが・・・・傑作の可能性すらでてきた

 醍醐は自分が考えた順番に画稿を並べ変えてみた。
それは、『ナインストーリーズ』を掲げているラストページと思われたものがトップにきていた。

『私には正義がある。しかしその正義はけして世間で許されるものではない』


 そして少年と漫画家との出会いがあり、最初に1ページ目だと思われた園田貴美子の肖像(漫画家のスケッチ)が入る。
その後、女性を狩り、監禁後、女性が亡くなるまでは今までと同じ。
漫画家が女性を森の中に埋める時に少年は目撃している。

「最後、このページで唐突に物語は終ると思っていた。
だが、この続きには23,24がくる」

 それは再会した漫画家に少年がどんな漫画が好きか尋ねる場面。
漫画家は手塚治虫の連続殺人鬼のものと答える。

『その人、本当はいい人なの?』少年
『本当もなにも悪い人だよ』漫画家
『でも、手塚治虫は悪い人でも見捨てないよね?』
『そうかな・・そうあってほしいね』
握りしめた手を震わせる少年・・・


「うかつだった。
小澤のノンブルに従えば、そのページは夏の終わりか秋でなければならない。
だが、その公園の季節は春だ」醍醐
「少年は漫画家が殺人犯だということを知った上で声をかけたんですよね?」優希
「そういうことだ」
「彼、漫画家の犯罪を諭そうとしているように見えるんですけど」
「最後のコマ、少年は拳を握っている。
だが、怒って手が震えているような効果線が描いてあるだろ?」
「少年は漫画家の犯行を知り、諭している訳ですか?」
「この展開なら続きがあるのは確実だ」

「・・・・コレって・・すべてが1ページ目にあると思うんです!」優希
「きみぃ!漫画編集者の素質あるよ!そうそう、問題はこのナレーションなんだ!
コレ、誰のセリフだと思う?俺はずっと漫画家のものだと思い込んでいた」
「漫画家ではなく・・・少年?!
「俺もそう思う。
この物語の主人公は殺人を犯した漫画家ではなく、
ただの目撃者だと思われていた少年!
これは少年の物語なんだよ!


 全く話が違ってくるよね

「この漫画の続きはどうなったと思いますか?」優希
「少年は自分の慕う男の正体を知り大人になる。苦い物語になるだろうね。
少なくとも最後のページでは漫画家に怒り、彼を真人間にしようと考えている」醍醐
「この冒頭のナレーション、そういう意味なんでしょう・・
『私には正義がある。しかしその正義はけして世間で許されるものではない』」
「この言葉から俺が思いつくのは・・・・復讐を動機とした殺人かな」
「確かに、復讐は個人的には正義・・・でも社会的には許されない・・・」

 優希の脳裏に漫画家が言っていた言葉が蘇りましたぞ。
「人を助けるのが正義とは限らないし、人を殺すのがすべて悪とも限らない」


「漫画家は・・・誰かに復讐したってこと?!」
「確かあの宗教家・辰巳晶子にはトラブルがあったって矢島さん言ってたね?」
「貝原がしたことは、いわば快楽殺人ですよね?
普通の人間には理解できない動機のない殺人。
でもその中にひとつだけ動機のある殺人が紛れこんでいたら・・・・」
「そいつは一種、完全犯罪を成し遂げたってことだろう。
事件はまだ終わってない

 その少年を探さなければならない。
そして醍醐はこの作品の影には漫画家に大きな影響を与えた才能のある編集者がいたと睨んでいた。
ふと思いついて醍醐は辰巳晶子の信者で餓死したという者の名前を矢島に確認したら・・・「一峰由布子」という答えが・・・・


 一峰由布子は夫の急死後、借金返済のために遺産を全部あてて無一文になった。
働きだしたが何もかもうまくいかず、その頃、近所に辰巳晶子の教会ができた。
彼女は教祖に入れ込み、お布施をやりすぎて栄養失調で変死していた。
母親の死後、息子は名古屋の叔父に引き取られていたが、息子はその叔父に虐待されていたらしい。
貝原が傷害事件を起こした相手はその叔父だった。

「点と点が繋がった!」醍醐

 「少年」は成長した一峰だった!醍醐は一峰の元に走ったぞ。

 その頃、優希を呼び出した一峰は「ナイン・ストーリーズ」を手に
待ち合わせ場所に向かいながら昔のことを思いだしていた。

 教会の前で信者たちと話している辰巳晶子を
離れた場所から見ている少年と漫画家・・・

「あいつが母さんを殺したんだ・・・
お金も家も全部渡して・・・ガリガリに痩せて死んでいった・・・
全てを捧げれば魂が浄化するなんて嘘だ!(涙
あいつ・・・僕から何もかも奪った・・・!」少年
「俺がやろう。君に代わって。
君に諭されて、絶対に止めるつもりだったけど、今度だけは違う。
世間では決して許されないだろうが・・・・これは正義だ」漫画家
「・・・・・・・・・」

 少年はノートに「超人の定義」十カ条を書いた。

その一 恐怖を克服する
その二 感動を得られるよう常に感覚を研ぎ澄ます
その三 裏切りを恐れない。凡人は必ず裏切るから
その四 褒め言葉や賞賛に動じない。賞賛は、いじめや悪意以上に人を滅ぼす・・・・


「『その七 敵をつくることを恐れない 
その八 常にビジョンを見て神を認識する』・・・」
一峰の手にはスタンガンが・・・

 優希と合流した一峰は人気のない橋へと誘導していく・・・・

 ヤバイ!優希ピンチよ〜!!
その頃、英人社に着いた醍醐は一峰が優希らしい女性と一緒に
歩いて行ったと聞き、ダッシュ!!
いや〜この醍醐がエッサホイサ!とゼイゼイ言いながら
体を揺らし走る姿がいいね〜生きてるって感じがする〜


 その頃、優希は一峰に警官時代に指名手配犯人の似顔絵を覚えたことや、
別の角度から撮った犯人の顔をモンタージュし3Dで顔を認識する訓練を
していたことを話していた。

「癖なんですよねぇ・・・未だに。
刑事だった父に教わりました。『常識を破れ』『真実だけを信じるな』『イメージしろ』
『そこに必ず真相が潜んでいるから』・・・・・
一峰さん、子供の頃はふわっとした天然パーマだったんですね」優希
「・・・・・・」一峰
「良く見ると似てるんですよね。あの画稿の中の少年に」
「何のことです?」
「ポケットの中のもの、スタンガンですか?」

 良かった!優希も一峰が「少年」だって気づいていた!ε-(´∀`; )
一峰は微笑みながら、ポッケからスタンガンを出してみせた。
「ちょっとまった〜〜〜!!」
そこに醍醐も到着!これで大丈夫。


「はぁ・・はぁ・・(;;;´Д`) 一峰、どうしてこんなことになったんだ?教えてくれ!
「・・・・・・・・・」一峰
「一峰さん、あの画稿の少年は一峰さんですよね?
一峰さんと貝原はどうしてあの漫画を描いたんですか?」
「・・・・・・・」

 一峰は話し始めた。
貝原が作品にすらなっていない半自叙伝を持ってアドバイスを求めに来たのは、
一峰が編集者になったばかりの頃だった。
最初は自分を脅すつもりで画稿を見せたのかと思ったが、
貝原にそんなつもりはなかった。

 それがわかった一峰は編集者として的確な提案をし
貝原は大喜びでその案を取り入れた。
貝原は少年との共同作品として永久未発表の傑作を創るつもりだった。
その画稿は自分達の絆の証明として貝原の提案で前半を貝原が、
後半を一峰持っていることに決めた。


 少年を救うためにさらに罪を犯し服役していた貝原。
しかし彼に後悔はなかったと思う。
彼にとって少年のために犯した殺人は誇りであり、絆の証であり、
人間である自分を意識できる最期の綱だったのかもしれない。
それでも、もしかしたら貝原は闇の絆になってしまった関係をあの漫画を
「漫画家」と「編集者」として完成させることによって光の絆に戻し
終結させたかったのかもしれない。


「作品は数か月後に完成した。
後半部分を受け取った僕は、その時耳を疑った
彼が前半部分をアジマプロに放置してきたと言ったからだ」一峰
「・・・『法則』なんですよね?」優希
「(頷く)取り返しのつかない悪い事をした時、神様にどうやって許してもらうかという話をしたことがあって、僕が母親から聞いた話を言ったんです。
『そういう時はわざとバレるような手掛かりをどっかに残しておくんだ』と。
もし、神様が僕たちを許してくれるならバレないだろうし、
罰したいならすぐにバレるだろうって」
「・・・・・・」醍醐・優希
「どうやら神様は許してくれなかったようです」
「・・・・・もしかして・・・あの時私を助けてくれたのは、一峰さんですか?」

 優希が監禁されていた時、漫画家が幻覚を見たのかと思ったんだけど、
本当に漫画家を訪ねていたんだね。


「君は・・・!」漫画家
「久し振りだね、漫画家さん」一峰
「懐かしい!俺のこと憶えててくれたのか?よく帰ってきてくれたね」
「忘れたことなんて無かったよ。漫画家さんのこと」
「あぁ。俺達は運命共同体だ」


「じゃあ・・・貝原は一峰さんが?」優希
「彼は自ら命を絶ちました。僕が・・・それを望んでいたから。
これで、すべてがわかったでしょ?」一峰
「いや、何もわかっちゃいない。だから君には警察に出頭してもらいたい」醍醐
「・・・・・・・」一峰
「わかったのは・・・君が孤独だったこと。
サリンジャーを好きだったこと。
漫画が大好きなこと」醍醐
「・・・・・それで充分ですよ」

「一番わからないのは貝原だ。あの連続殺人鬼がどうして君を助けたか、だ」
「それは僕にもわかりません」
「俺の考えを言おうか。
漫画家として脚光を浴びることができなかった貝原は君しか褒めてくれる人がいなかった。貝原にとって君は唯一の編集者であり、唯一の読者だったんだ。
漫画家ってのはな、自分以上に自分の愛読者にずっと生きていてもらいたい。
幸せな人生を送ってもらいたいって、願う人たちなんだ」

「・・・・・・・・・・・・子供の頃、十カ条を作ったんだ。
一人で生きていくための十カ条。
すべてのことから超越した人間になるための十カ条。
でも、十番目に足した文章は間違いだった。
人を殺すことで人は超人になれない。僕も罰を受けなきゃ・・・」

 一峰は橋の柵を乗り越えると自分の胸にスタンガンをあて、川へと落ちて行った。
まるで昔から決めていたかのように。
・・・・一峰の顔は静かだった。


「『超人の定義』その10 『人を殺しても平気でいられる強い精神力を持つこと』」少年

 孤独な少年だった一峰は「超人」になることで悲しみや苦しみを感じない人間になろうとした。
「人を殺すこと」はそのために必要な事だった。この世界で生きていくために。
漫画家との絆も漫画家にとっては救いだったが、一峰にとってはそうならなかった。
一峰は「人間的な感情とは隔絶している孤独な自分」を遠くから見つめるように「超人の定義」に従って生きてきたのかもしれない。

 でも漫画家の代弁のような醍醐の言葉を聞いて、実は自分も漫画家との絆を支えに生きて来た事に気が付いたのかな・・・
漫画家のあとを追うように、そして人間に戻るために死を選んだようにも思う。
田中哲司さんがすばらしかった。
穏やかな表情の奥に痛みを抱えた無垢な少年の顔が透けて見えた。


 一ヶ月後、海沿いの施設にいる母の車いすを押している清々しい表情の優希の姿があった。
優希のことをヘルパーさんだと思って、娘の自慢をする母の言葉に
うれし涙を流す優希・・・
家族として確かなものを得たんじゃないのかな。

 画稿の後半が見つかり、優希と醍醐はその内容を確認した。
醍醐の推測どおり、少年は殺人を止めるよう必死で漫画家を説得していた。

「悔い改めて真人間になると誓った漫画家を少年は警察に告発せず、
彼の魂の救済者になった。奇妙な師弟関係だよ。
そこには最も理想的な漫画家と編集者の関係があった」醍醐
「でも、その関係って不思議ですよね。
二人三脚で走っているのにゴールテープを切れるのは漫画家だけだなんて」優希
「それでいんだよ。編集者はあくまで伴走者だ」
「一峰さんも優秀な伴走者だったんですね」
「俺の方が全然上だけどな」

 以前の優希だったら、こんな言葉を聞いたら本気で怒っていたでしょう。
でも、今は醍醐の言葉に悲しみと愛情があるのがわかる。


「ありがとうございました。今回のこと、醍醐さんがいなかったら、
私この事件解決できなかったですから」
「いや、感謝しているのはこっちの方だ。
あの日、君が画稿を持ってきてくれなかったら、俺はきっと人生を投げていた。
俺は計画もなく会社を辞めたことを後悔していた。もうこの年じゃ逆転不可能だ。
俺は人生に負けたんだって打ちひしがれてたんだ」
「そうは見えなかったっですけど・・・
私の方こそ、いろいろうまくいってなくて、調査員としても」
「真実を引き出すコツは、ひたすら相手の話を聞くことだそうだ。
君は向いてるよ。君はそのままでいい」

「・・・・・醍醐さん、お腹すきません?
何か食べに行きましょうよ。奢らせてください」
「え?」
「私、監禁されていた時に考えてたんですよ。
明日が人生最期の日だとしたら、何が食べたいだろうって」
「そしたら?」
「あれもコレも食べたいって悩んで、決められませんでした」
「そうだろ!そうだろ!気が合うじゃないか!
よーし、何食べるか?ステーキ・・・寿司・・・中華、フレンチ、イタリアン・・・
あ〜もう全部いっとくか?」

 出会った頃の優希はどうせ死ぬんなら食べなくていいじゃんみたいな事を言ってたのにね〜(* ̄m ̄)
なんか醍醐の影響を受けて、おもしろい人間になってきたね。
なんというか・・・人生を積極的に生きようとしているのが伝わってくる。
柔らかさの加わったタフなクールビューティ・優希と
偏屈で口は悪いけど実は繊細で情の厚い醍醐・・・
これからもケンカしながらもお互いに影響を与え合って変わっていくんじゃないかな。
ユニークで最強のコンビから目が離せません。ぜひ、シーズン2も作って欲しいわ〜

 ラスト、喫茶店で漫画家の画稿を読んでアドバイスする少年の姿に泣けてきた・・・
二人は漫画に救われ、漫画を語りながら未来への希望を確かに感じていた。
漫画と共に二人の光の絆を確信した瞬間があった。
一峰が編集者になったのは漫画に救われてきたからではあるけれど
貝原との約束が心のどこかに残っていたからってのもあるんじゃないかな。
ラストにこの場面を持ってきたことで、このドラマの芯がはっきりと見えたように思います。
人間の心の闇だけではない、消そうとしても消えない光・・・それを感じることができました。


「この方が絶対におもしろい!気が付かなかったよ!」漫画家
「これで新人賞間違いないね!」少年
「これからもよろしく頼むよ。そうだ!大きくなったら俺とコンビを組まないか?
俺が絵を描くから、君はストーリーや構成を担当してくれ」
「だったら僕、いっぱい勉強して漫画編集者になるよ」
「漫画編集者?」
「漫画家さんを超一流の漫画家にしてみせる。
漫画家さんの欠点を全部僕が補ってあげる。
漫画家さんと僕で漫画界を、いや、世界を征服するんだ!」
「あっははは・・・よろしく頼みます。俺の編集さん」
「うん。ずっと、ずっと一緒だよ」

 ラストページは明るい陽射しの中、手を握り合う漫画家と少年の姿だった。


 ・゚・(゚うェ´゚)・゚・ いや〜すごいドラマだった。
漫画の画稿と組み合わせた斬新な画面、過去と現在、殺人者たちと追う者たち、
複雑に絡み合う謎、光と闇、それをすっきりと鮮やかに魅力的に見せてくれた。
一回目から最終回までその吸引力は変わらず毎回興奮とともに見終わり、次回を予想しながら待ちました。
思いがけない展開の連続に嬉しい悲鳴でしたよ〜。
極上のミステリーだったと思います。
キャスティングも完璧。
失礼ながら初めて松下奈緒さんという役者に興味を持ち追いかけたいと思いました。

 最高のドラマ化は気持ちよい期待感と共に原作へと誘導してくれます。
絶対読むわよん。
そしてグランド・ファンクさんによる美しい音楽も静かに胸に響きました。
音楽を聴きたいがために巻き戻したりもしましたぞ。
作品を創り上げたスタッフ・キャストのみなさんに心から敬意を表します。


 Episode1 恐怖を克服する
 Episode2 感覚を研ぎ澄ます
 Episode3 凡人は必ず裏切る
 Episode4 人を滅ぼす

もぐら
またまた記事が長くなっちゃった〜
最後まで読んでくださってありがとうございます。
書かずにいられないドラマに出会えて、久しぶりに充実した時間を過ごすことができました。
次の『夢を与える』にも期待しておりますよん。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by う〜みん   2015年05月12日 00:22
うわ〜(*^_^*)最後までいい感じで終わったんですね〜
まさかページの順番が違ってたなんて..毎回いい意味で予想を裏切られてそれが気持ち良かったですね(*^_^*)
漫画は読むのは大好きだけど普段は構成とか深い所まで考えてないのでそう言われてみればって事もありました。漫画って奥深いですね〜
ちなみに私は30年以上「花とゆめ」を買い続けていて今は長女と二女も読んでいます
2. Posted by きこり→う〜みんさん   2015年05月12日 19:47
>うわ〜(*^_^*)最後までいい感じで終わったんですね〜
いや〜最高でした。私的には今の所今年度ベスト5に入るんじゃ・・とか思ってますわ〜
漫画の画稿がミステリーの中心になっているから、DVD化されたら、ぜひう〜みんさんにも見て欲しいわ〜
>そう言われてみればって事もありました。漫画って奥深いですね〜
ホントホント!私も漫画結構好きで、コミックスになったのを表紙だけ見て気に入ったら買ったりします。好きな漫画は何度も読むけど、普段は気晴らしのために読んでるとこあるから
何も考えてないです( ̄▽ ̄;)アハハ…
「花とゆめ」なんか懐かしい感じするけどまだ出てるんですよね?
「花とゆめ」と言えば「ガラスの仮面」ですよ〜いったいいつ終わるんだか・・(笑
姉がずっと買っていたんで昔のが実家の本棚にありますよ〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「アルジャーノンに花束を」 第5話 輝く世界の果てに待つ愛 奪われたキス「天皇の料理番」 第3話 あいしてるの決断