「怪奇恋愛作戦」 #10 乙女☆純情奇譚 〜恋とはどんなものかしら〜 後編「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」 第9話 恋愛できない2人が本当の恋をした 高等遊民誕生の秘密と結婚式への思い 

2015年03月16日

「流星ワゴン」 第9話 最終回前!妻の本音。君を愛してる!!

 う〜む・・・もやもやが濃くなるばかり。
もはや何を描きたかったのかも私にはわからない(ーΩー )ウゥーン
そして忠さんは消えてしまったけど、亡くなったの?
後悔抱えたまま亡くなると幽霊になるんじゃなかったの?
生き霊から本幽霊への切り替えでちょっと留守にしているの?
すいません・・・なんか見れば見るほどわからなくなって・・・
HPはこちら


 橋本(吉岡秀隆)から、実はワゴンに乗った夜に凍死していたと聞かされた一雄(西島秀俊)は冷静に受け止める。
んが、忠さん(香川照之)は納得いかない。

 まぁ、そうだよね。
てか、そうなると本当に何のために旅をしてきたのか・・・
このワゴンって死んだ人だけが乗れるという・・・?
家族の実情を知ることはできたけど、何やっても(たいしたことはしてこなかったけど)無かったことになっちゃうし。まさに走馬灯と同じだよねぇ・・・(-_-)ウーム


 一雄は橋本に最期にもう一度家族に会わせて欲しいと頼みました。

「今度こそ本当の自分で向き合いたいんです。  
んーー何度も向き合う詐欺に遭ってきたからなぁ・・・(-_-;
そして 死ぬ前に最後の別れをしたいんです」
「あなたにとっての大切などこか
次の行き先を決めるのは私ではなくあなた自身です
あなたが強く願えば・・・・では、行きましょうか」橋本

 今回は忠さんなしの単独旅行。
一雄が着いたのは去年の2月2日。広樹の本命試験の前日。
居間で美代子(井川遥)に誕生日プレゼントの時計を渡している時に戻ったのだった。
誕生日のお祝いは広樹(横山幸汰)が受験に合格してからと言っていたんだけど、少しでも早く喜ばせたくて渡してしまった健気な一雄だった。

『結局、広樹が試験に落ちて美代子は一度もその時計をしてくれなかったことを俺は知ってる。
そのしばらく後に近所のリサイクルショップで同じ時計が売りに出されていたことも…』


流星ワゴン (講談社文庫)葡萄(通常盤)


 一方、広樹は相変わらず翼からの嫌がらせメールが届き、勉強に集中できずにいた。

 あ〜ヤダヤダ(-言-)
そりゃ、いじめの始まりは広樹の不遜な態度からだけど、どうしてここまで執拗にいじめるんだろう。
誰かを苦しめることがアイデンティティーになっているなんて最悪だよ。
この前翼にガッツリ言ってやったことも無かったことになってるんだね。
てか翼よりも広樹にもいう事があると思うぞ。
そして滑り止めの中学に繰り上げ合格したことも無かったことに?
それとも発表の前なの?よくわからない・・・


 一雄はイライラしている弘樹をデパートの屋上の観覧車に誘った。
ここに来て、忠さんが自分と写真を撮った気持ちがわかったようです。
自分も嫌がる広樹と一緒に記念写真を撮りました。

「父さん、今夜のこと忘れちゃうかもしれない。
お前と写真を撮ったこととか、その後 観覧車に乗ることとか、そこで話すこととか全部。
お前は覚えててくれ。今夜の父さんのこと忘れないでくれ」一雄
「何か遺言みたい」広樹

『たぶんこれが広樹との最後の時間だ』

 観覧車に乗り込んだ一雄はやっと自分の思いを伝えた。

「なぁ、ヒロ、どうしてもつらかったら逃げろ。
受験に失敗しても負けてもいいんだ。
ずっと勝ちっぱなしのヤツなんてどこにもいないんだから。
もしも・・・もしもいじめにあってるならどっか遠くに引っ越せばいい」
「どうして・・・」
「逃げていいんだ ヒロ。父さんはな、それも強さだと思う」

『忠さんがこれを聞いたらまた怒るだろうな。
逃げるな。勝負するからには勝てって。
でもごめん、忠さん。これが俺のやり方なんだ』


「ごめんなヒロ。父さん今までお前の本当の気持ち全然分かってやれなかった。
父さんなお前に嫌われるのが怖くてうわべだけのいい父親になってた。
ホントにごめん。こんな父さんだけどこれだけは言わせてくれ。
父さんは誰よりもお前を愛してるお前は俺の宝物だ」
「ありがとう、お父さん。僕もお父さんのこと・・・」

『俺は信じる。広樹の未来と未来を信じる広樹を』

 その頃、付いて行きたい気持ちをごまかそうと忠さんはヤケ酒を飲んで橋本親子にクダを巻いていた。

「親離れ子離れ朋輩離れじゃ!略してHBじゃ!
エンピツの忠さんとこれからは呼べ」


 でも結局我慢できず、トイレに行くフリをして一雄のいる時間に向かったのでした。

 その頃一雄は広樹の合格祈願のために美代子と香取神宮で待ち合わせをしていた。
さて、どんなふうに美代子に向き合うのかと思ったら、今後の永田家がどうなるか伝えるという・・・
 

広樹が受験に落ちて公立中学に行くもいじめで不登校になり、家庭内暴力をするようになること。
美代子は家を出て離婚を決意すること。未来から持ってきた離婚届も見せました。
さらに自分はリストラされお車代欲しさに大嫌いな父親の見舞に通うようになること。
ヤケになって死にたくなっている時に橋本親子のワゴンに招き入れられたこと。

 これって原作の通りなのかもしれないけど、未来のこと言う必要あるかな〜?
ただ「今現在の美代子」に自分の気持ちを伝えるってだけじゃダメなのかな。
自分が死ぬってこと伝えないと美代子は何も聞いてくれないと思っているの?


 もちろん訳わからん事言う一雄を美代子は相手にしなかったんだけど、しまいに謝罪されキレてしまいました。

「ホントにあなたって優しいわね。
誰もが羨むような理想の夫で、いつも仕事より家庭を優先してくれて
毎日の家事も手伝ってくれるし、家計のやりくりも全部やってくれる。
愚痴も言わないし優しいし
よく気が利くし私と広樹のこと何よりも大事にしてくれる。

あなたと一緒にいると息が詰まるの!
ギャンブルをしてる時だけこの息苦しさを忘れられたの!
やり直したいのは この私の方よ!
あなたの言ってることが本当だとするなら私も過去に連れてってよ!
その忠さんって人に会わせてよ!
できるわけないわよね・・・そんな都合のいい話あるわけないじゃない。
バカにしないで!」


「美代子・・・」
「見ないで!あなたにそんな目で見つめられるのたまらなく嫌なの、私!」 

 どうしてこの嫁はこんなに態度がデカイのだろうか・・(-ω-;)ウーン
一雄が下手に出過ぎるから調子に乗るのだろうか・・・
どちらにしろバランスの悪い二人だよ。

 結婚生活十何年か知らんけど、言いたいことあるんなら随時言ってくれりゃいいのによ。
たとえ優しさからやってくれててもカチンとくるのなら言わなきゃ相手もわからないよ。
喜んでくれてるんだな〜って思っちゃうんじゃないの〜?
まぁ、真面目な人なんだろうな〜


 ムカムカしながら美代子が一雄からもらった時計をディスカウントショップに売り飛ばそうとしていたら忠さん参上。

「あんたにどうしても言いたいことがあっての。
カズがアンタを幸せにできんかったこと、ホンマに申し訳ない。
女房一人を幸せにできんでふがいないヤツじゃ。
ワシもあいつとおるとホンマに腹が立ってしゃあない。
アンタの気持ちもよう分かるけぇ。あいつにバシッと言ってやりんさい。
お前なんか最低じゃと。
アンタの腹ん中のもん全部吐き出してぶつけたらええんじゃ。
ボロクソに罵ってええけぇ・・・どうかあいつから逃げんといてやってつかあさい。
背を向けんでやってつかあさい。あいつは・・・
今必死でアンタと向き合おうとしとるんです」忠さん

「一雄さんからあなたのこと聞きました。でも・・・まさかホントに」美代子
「恐らくアンタと会うんも、もうこれで最後じゃけえ」忠
「最後?」
「ワシもあいつももうすぐ・・・・おらんようになるけぇ」
「どういう意味でしょうか?」
「じゃけぇ、今のあいつをできる限り覚えとってやってつかあさい。
どうか・・・カズをよろしゅうお願いします!」
「本当にお義父さんなんですね」
「今はカズの朋輩の・・・忠さんじゃ」

 一雄の話がホントだったのかもと思い始めた美代子でしたが・・・
忠さんはホントにいたのか消えたのか・・・美代子が危ない人のようになってしまったわ〜


 美代子は一雄の元に戻り、隠してきた気持ちを伝えました。

「あのマンション買った時のことあなた覚えてる?
本当は もう少し狭くて安い駅から遠い所を予定してたの。
私が気に入ったんだったらそこにしようって、あなた無理してローン組んでくれたじゃない?
私ねあそこにいると責められてる気がするの。
私のせいであなたにずっと無理させてるんじゃないかって」
「いや、俺はそんなことは一度も・・・」
「分かってる。分かってるけどそう感じるの。
だから毎月のお金きっちり分けて渡されるのすごくすごく嫌だったの。
あなたは仕事で疲れて帰ってくるんだから家計のやりくりくらい私に任せてほしいと思ってた。
あなた、会社の人一度も家に連れてきたことないわよね。何で?」
「親父がいつも大勢で大騒ぎしておふくろを困らせてるのを散々見てきたから」
「そりゃあ 毎日だったら困るけど・・・
それであなたの仕事がうまくいくんだったら、それくらいの苦労喜んでするわよ。
きっとお義母さんだってそうだったんじゃないの?」
「・・・・・・」

「あの食洗器だってそう。あなた、いきなり私に相談もなく買ってきたじゃない?
私は台所のことぐらい自分でちゃんとやろうと思ってたから、
だからあの食洗器のおかげで便利にはなったけど私の居場所はどこにもなくなった。
テレビの録画だってそうよ。
ゴミの分別もそう。
私がちゃんとやっといたから大丈夫って言っても、あなたいっつも全部チェックしてた。
私のこととても大切にしてくれてたけど
私を信じて何か任せてくれたことなんて一度だってなかったじゃない!

「俺は美代子に苦労をかけたくなくて・・・でもそれこそが重荷だったんだな」
「そうよ!そうやってすぐに誰にでもいい顔するところが大っ嫌いなの。
家族のためだとかいい父親ぶるところも
私がどんなに失敗したってあなたすぐに許してくれて
そういう時の優しさちっとも嬉しくないの。
そんな時のあなたの笑顔虫ずが走るぐらい大っ嫌い!
私が気づいてないとでも思ってるの?
あなたはお義父さんのようになりたくなかったから家族のために頑張ってきたの。
あなたの家族思いは自己満足でしかない。
あなた私によく言ってたわよね。
君はそばで笑っててくれればそれでいいって。
私は お人形じゃないの!そんなずっと笑ってなんかいられない。
本当はあなたと一緒に泣いたり怒ったり苦しんだりしたかった!
あなたと一緒に生きてきたかったの!」

 うーーむ・・・(дll)
確かにいちいちチェックするぐらいなら頼むなよって思うけど、食洗機買ったことまで恨まれちゃねぇ・・
会社の人を連れてこない事を責めるってねぇ・・・訳わかんないよ。
それに妻が気に入ったMS買って頑張って働いてくれるなんて有難いと思うがーー
そこに責めを感じるのは美代子自身が元々抱えているものを刺激されるからであって、一雄のせいではないのでは?
優しさに苦しめられる感覚はわかるが、全く賛同できない。
それに勝手に借金500万作ったことを一切謝らないのは何故?


 でも、溜めこんでいた思いをぶつけてすっきりしたのか美代子は橋本親子と忠さんのことを聞かせて欲しいと言ってきた。
全てを話した一雄は自分が亡くなることと、こんなふうに話し合ったことも美代子は忘れてしまう事も伝えた。
死を意識して初めて二人は分かり合う事ができたようです。

 わたしゃ納得いかないが、二人は美しく別れられて満足のようです。

『伝えたいことは伝えた。断ち切るものは断ち切った。
やるべきことは全てやった。もう思い残すことはない』


「美代子、もうここでいい。そろそろ戻らなきゃならない。お別れだ。
広樹のこと頼む。美代子・・・幸せになれよ。
幸せに・・・どうか幸せに・・・・もっともっと君と広樹と一緒に生きていきたかった・・・」一雄

 その頃、忠さんは橋本に何とか一雄の寿命を延ばすよう必死に頼み込んでいた。
でも、橋本はいわばパシリ。どうしてあげることもできない。


「そうじゃ・・・ワシも今 今・・・今すぐ死にますけえ!
その代わり。ワシが生きるはずじゃった残りの時間を一日でも二日でもカズにやってつかあさい!
お願いします!ワシの代わりに
1分でも1秒でもカズにカズに・・・カズに長く・・・生かしてやってつかあさい。
橋本!早うワシを殺さんか!」
忠さん
「忠さん・・・あなたはもう・・・」

 遅かったか・・・ついに死期が来たようです。

 そして、今のあなたとならやっていけると嬉しいことを言ってくれた美代子を置いて、一雄はワゴンに戻ってきた。

「お帰りなさい」橋本
「ただいま。ありがとうございました。最後にわがままを聞いてもらって」
「もう思い残すことはありませんか?」
「後悔だらけです。だけどやるだけのことは・・・忠さんは?
忠さん、何で乗ってないんですか?まさか・・・忠さん、どこですか?」
「いつか・・・こうなる時が訪れることは分かっていましたよね?
残念ですが・・・忠さんは・・・もう時間切れです」

 でも、予告で忠さんいたし〜
しかし・・・一雄の時間旅行とは何だったのだろう・・・
しくみも有難味もわからない・・・
だって未来に何の影響も出ないし、分かりあえたことさえ忘れさられる。
時間旅行なんて普通の人間はできないんだから、当たり前と言えばそうなんだが・・
これじゃホントに一雄の自己満足の旅ぢゃ・・・ (Θ_Θ;)
それぞれの思いは繰り返し聞かされたからわかるんだけど・・
それは結局届くことなく宇宙のどこかへ消えてしまうのかしら〜


 第1話 110万部のベストセラー小説初の映像化親と子の感動サクセスストーリー誕生 !!父が自分の年齢の時この苦境をどう乗り越えただろうか!?涙のドタバタ展開 !!
 第2話 笑って泣ける親子の新コンビ!土下座愛
 第3話 成功への道〜鉄棒感動物語!奇跡を起こせ!
 第4話 夫の愛で妻を救え!妻の秘密?笑いと涙の家族愛!!
 第5話 ママを探しに大奮闘 健太の願いを叶えろ 
 第6話 チュウさん VS 忠さん 頑固オヤジを倒せ!! 
 第7話 健太の別れは好かん 吹雪の肩車で奇跡を
 第8話 最終章!チュウさん流で大暴れ!!父の愛
 最終話 チュウさんへ感謝!ワゴンの謎、完結!!

usagi

このエントリーをはてなブックマークに追加
matakita821 at 15:15│Comments(12)TrackBack(8)「流星ワゴン」 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 流星ワゴン 第9話  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2015年03月16日 16:19
一雄(西島秀俊)は、やっと良い方向に変わった過去の世界からワゴン車へ戻って来ます。 今度は「自分の言葉で美代子(井川遥)と広樹(横山幸汰)に伝えたい」と話す一雄に、橋本(吉岡秀隆)は、一雄がもうすぐ死んでしまうことを告げるのでした。 この旅が終わる時
2. 流星ワゴン 第9話  [ Happy☆Lucky ]   2015年03月16日 16:27
第9話 JUGEMテーマ:エンターテイメント
3. 流星ワゴン 「最終回・前!妻の本音。君を愛してる!!」  [ のほほん便り ]   2015年03月16日 16:32
あれあれ、ワゴンカーの橋本(吉岡秀隆)「これが最後」と言いながら、「強く願えば、行くことが出来る」とのこと。そして「永田さんは、死にます」とも。それで腹をくくり、いったんは、チュウさん流で、事が好転したかに見えたのですが、一雄(西島秀俊)は自分流を貫こう
4. 流星ワゴン (第9話・3/15) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2015年03月16日 16:34
TBS系『流星ワゴン』(公式) 第9話『最終回・前!妻の本音。君を愛してる!!』の感想。 なお、原作小説:重松清『流星ワゴン』は未読。 橋本(吉岡秀隆)から旅の結末を聞いた一雄(西島秀俊)は、最期はありのままの自分で家族と向き合おうと決意。本命の学校の入
5. 【 流星ワゴン 】第9話 感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2015年03月16日 18:26
できるなら… 昔に戻りたい。 もう一度やり直したいってずっと思ってた。 俺みたいな人って他にもたくさんいるのかな? もしかしたら人間ってみんな、死ぬ前にやり直しの世界に戻るのかな? もしそうだったら私も乗るのよね。 その橋本さんのワゴンに。 で
6. 流星ワゴン #09  [ ぐ〜たらにっき ]   2015年03月16日 20:22
『最終回前!〜妻の本音。君を愛してる!!』
7. 流星ワゴン 第9話  [ レベル999のgoo部屋 ]   2015年03月16日 22:28
「最終回前!〜妻の本音。君を愛してる!!」 内容 “この旅の終わるときが、永田さんの最期です” 橋本(吉岡秀隆)の言葉に怒る忠雄(香川照之) しかし、すでに覚悟を決めていた一雄(西島秀俊)は、 最後にもう一度だけ、美代子(井川遥)広樹(横山幸汰)に会いたいと..
8. 流星ワゴン #09 簡単感想  [ 昼寝の時間 ]   2015年03月19日 15:30
公式サイト やっと良い方向に変わったのに、その過去の世界から一雄(西島秀俊)はワ

この記事へのコメント

1. Posted by かえ   2015年03月16日 19:56
こんばんは。
来週で最終回なのにモヤモヤする感じが
ぜんぜん消えないですね。
解決したように見えた家族問題も元に戻ってますよ。。。
ワゴンに乗った夜に一雄は死んでいたというなら家族と
やり直す為の旅って何だったんでしょう(^^;
忠さんの存在も生き霊なのか幽霊なのかあやふやになって
しまったし次回どんな形でこの旅が終わるのか一応最後まで
見て見ようと思います。
2. Posted by くう   2015年03月17日 00:30
>もはや何を描きたかったのかも私にはわからない(ーΩー )ウゥーン

わしにも解らにゃいよ……
一体どういう事だろうか。この共感できなさ加減^^;

>どうしてこの嫁はこんなに態度がデカイのだろうか・・(-ω-;)ウーン
一雄が下手に出過ぎるから調子に乗るのだろうか・・・
どちらにしろバランスの悪い二人だよ。

だよね…。
多額の借金が後ろめたすぎて全部ダンナのせいにしているように見えてしまったよ。
言うに事欠いて食洗機を買ってくれたから台所に居場所がなくなったって…なに!?
贅沢病の極みだね( ̄∇ ̄;)

>これじゃホントに一雄の自己満足の旅ぢゃ・・・ (Θ_Θ;)

「黒ひげ」が残っていたって以外に変わったエピってあったっけ?
これじゃホントに死ぬ前に見る走馬灯でしたで終わってしまうわ…。
まぁ、そんなことはないだろうが、納得のいく変化を下され(−人−)

3. Posted by ヨーコ   2015年03月17日 07:00
過去に戻ってやり直した所で
自分以外の人の記憶には一切残らないし
未来も変えられないってさ〜
ホントそれじゃ〜自己満足の旅だよね。
自分が死んじゃうから残された家族の為に過去に戻って
自分がいなくなった後もちゃんと暮らせる様に
っていう気持ちでやっているんなら応援するけど
何も変わらない覚えてもいないって知っていて何やってんの?
もぉ、嫌よ〜。ここまで見たから最終回まで見るけど。
4. Posted by きこり→かえさん   2015年03月17日 12:41
こんにちわ〜北海道も暖かくなってきましたョ〜♪
>解決したように見えた家族問題も元に戻ってますよ。。。
原作もその通りなのかもしれないけど、なにをやっても結局は
元に戻ってしまうってシステムに虚しさを感じてしまいます〜(´-ω-`)
>ワゴンに乗った夜に一雄は死んでいたというなら家族と
やり直す為の旅って何だったんでしょう(^^;
本当になんだったのでしょう・・・橋本の暇つぶし?(笑
でも、予告みたら例によって一雄が死ぬというアレもなくなりそうですな〜
忠さんは死んでしまったみたいだけど、一雄と理解しあえるのかどうだか・・・
一応見守りますわ〜
5. Posted by きこり→くうさん   2015年03月17日 12:47
>一体どういう事だろうか。この共感できなさ加減^^;
まったく共感できないね(笑
そして感動もできない。虚しくツッコむのみだよ・・・( ̄▽ ̄;)アハハ…
>多額の借金が後ろめたすぎて全部ダンナのせいにしているように見えてしまったよ。
後ろめたいにしても一切謝らないのが腑に落ちない・・・
今後どうするつもりなのかの考えもないみたいだし・・・
彼女にとっては子供はまったくストッパーにならなかったのだろうか〜
>贅沢病の極みだね( ̄∇ ̄;)
ドラマを見ている女性層から一斉にふざけんな!ってツッコミが入ったと思われ・・・(笑
そもそもがやる気ないんじゃないの?としか・・・・(дll)
>「黒ひげ」が残っていたって以外に変わったエピってあったっけ?
ないんじゃないの〜?
黒ひげだけ残してそんなに重要なアイテムなのかね?
借金も何度返したことか・・・
結局一雄も死なないみたいだから、走馬灯じゃなくなるのかねぇ・・(←もはやどうでもいい)
6. Posted by きこり→ヨーコさん   2015年03月17日 12:51
>ホントそれじゃ〜自己満足の旅だよね
このドラマの楽しみ方が全くわからない。
何やっても未来に影響ないし、わかりあえたと思っても記憶は消えるって
そんな無間地獄みたいなルールあるかい?(-_-)
そして一雄は死んでいくって・・・いったい・・・
まぁ、予告見たら一雄は生きるみたいだけど、そうなるとそうなったで
ルールとは・・・と問いかけたい・・・(笑
何でもアリなんだった、せめて未来を変えるとかして欲しいよ。
頑張った成果が形になるなら応援する気になるけど、毎回ダメだった〜とかあれは俺じゃなかった〜ってやってる方もシステムの方もどうかしてるぜ。
最終回には見てて良かったって少しは思えるつくりにして欲しいぜよ。
7. Posted by しゅあー   2015年03月17日 15:08
>なんか見れば見るほどわからなくなって・・・

このドラマの辻褄合わせはやるだけ無駄に思えてきたよ。もうね、死ぬ前の走馬灯的夢を見てる状態って考えるようにしてる。夢ならどんどんコロコロ話は変わっていくし、現実も変えられないしいね。

>どうしてこの嫁はこんなに態度がデカイのだろうか・・(-ω-;)ウーン

まったくだ!!(≧▽≦)こんだけデカイ態度なのに旦那に言いたいこと言えず溜め込んでたってのもなんかキャラとしておかしいよね、忠さんに会う前の神社のシーンでも思いっきり言いたいこと言ってるし。あれが言えて、食洗機なんかいらないって言えないタイプとは到底思えない。

>しかし・・・一雄の時間旅行とは何だったのだろう・・・
しくみも有難味もわからない・・・

今回でいうと、忠さんは一雄のとこにテレポーテーションかなにかで行ったの?橋本車には乗らずに行ってたよね。自分の行きたいとこに行けるんならそもそも車に乗る必要ないし、一雄の行き先にしても、始めの頃はまるで神にあやつられてるような感じで「どこに行くかは僕にもわからない」って橋本は言ってたのに、今や「あなたが行きたいと強く願えばそこに行ける」って、だったら最初からそう言ってやれよ みたいいな・・・
ま、ラストは期待しないで期待しときましょうかって感じ?(^ω^)
8. Posted by 桔梗   2015年03月17日 17:03
今日からこちらでは「とんび」の再放送が始まりました!
偶然知ってしまって…見てしまいました。1話から泣けるよねぇ…子役の五十嵐くんが…。
重松作品は原作を読んだことはないのですが、ドラマ化されると聞くと「とんび」と同じようなクオリティーを求めてしまって…。

「流星ワゴン」も期待してたので、次回は…次回は…であと最終回を残すのみ!
役者さんの頑張りは解るけど、何だか残念すぎる。
前向きな感じで終わって欲しいです。
9. Posted by きこり→しゅあーさん   2015年03月17日 22:35
>このドラマの辻褄合わせはやるだけ無駄に思えてきたよ。
そうだよね〜やったところでまたすぐ変わっていくしさ。
このドラマはきっと真剣に見ちゃダメなんだよε-(_- )
なんか見ていると脱力してしまうわ〜
>あれが言えて、食洗機なんかいらないって言えないタイプとは到底思えない。
ね〜!美代子の言葉に共感できる人いるんだろうか〜
確かに一雄にも問題あると思うけど、500万使い込んだことごまかそうとしているとしか思えないよ。大変なことをしたって真摯なものが全く伝わってこなかったもんね。
いろいろ並べていたけど屁理屈としか思えないかったぞ。
>自分の行きたいとこに行けるんならそもそも車に乗る必要ないし
勝手にどこへでも行けるんなら橋本が関わっている時間旅行系列とは別に動けるってことだよねぇ?
>今や「あなたが行きたいと強く願えばそこに行ける」って、だったら最初からそう言ってやれよ みたいいな・・・
んだんだ!最初はちゃんとルールあったみたいなのに、それが徐々にユルくなったり消えたりって視聴者を混乱させるだけだよね。いくらファンタジーと言ったって基本の枠をきっちり作ってこそのファンタジーだと思うんだよね。
もっとおもしろいドラマになったはずだと思うのに、なんか無念だわ〜
>ラストは期待しないで期待しときましょうかって感じ?
そうだね。もう7話ぐらいからどうでもよくなってきたけど、意地で見届けるよ(笑
10. Posted by きこり→桔梗さん   2015年03月17日 22:41
こんばんにゃ〜♪
>偶然知ってしまって…見てしまいました。
見ちゃうよね〜そして見始めたら席立てないよね〜
「とんび」は一回目からもっていかれたよ。
そして毎回大切なものをもらって充実した気持ちで見終わって来週がすごく楽しみだったもんだよ。
そうそう、子役の男の子、どの子もうまかったよね〜
私、子役って嫌いだったんだけど、コレを見てそんなもんふっとんだもの(笑
>ドラマ化されると聞くと「とんび」と同じようなクオリティーを求めてしまって…。
そうなのよ〜「とんび」よ再び!って思っちゃったんだけど、違っていたようで・・・(-公- ll)
>役者さんの頑張りは解るけど、何だか残念すぎる。
役者さんたちは全く悪くないんだよ。脚本と演出なの〜?なんか気の毒に思えてくるよ。
希望が見いだせないんだよ〜
てか、9回目になってもこのドラマの楽しみ方が全くわからない。寂しいことです・・・
11. Posted by Largo   2015年03月19日 15:28
こんにちわ。

>んーー何度も向き合う詐欺に遭ってきたからなぁ・・・(-_-;
向き合う詐欺・・・さすがです(*´艸`)
>それに勝手に借金500万作ったことを一切謝らないのは何故?
一雄も美代子もお互いさまな気がしたけれども、これだけはあやまらなくっちゃ、ですよね。
それより広樹がないがしろにされすぎなのがね。本当にもやもやします。
忠雄は確かに一雄にとっては暴君だったけれども、それなりに生き様を息子に見せ続けてきたと思うのです。
比べて、一雄は広樹に自分の生き様を何も見せていない気がして。
あと1話で、広樹の苛めの根深さに触れてくれるとはちょっと思えないのですが、どうなんでしょうかね・・・
12. Posted by きこり→Largoさん   2015年03月19日 21:15
こんばんわ〜(*^¬^)ノ∀
>一雄も美代子もお互いさまな気がしたけれども、
そうですよね。どっちもどっちって感じだけど、一切500万のこと言わないのって
どうなんじゃろ。まぁ、額が大金すぎて言えないってアレもあるのかもしれないけど
あんなにわかりあった体になるんなら、借金のことはきちんと話し合った方がいいんじゃないのかねぇ。
>それより広樹がないがしろにされすぎなのがね。
そうそう!二人の会話でも一切でてこなかったですよね。
特に一雄はいじめ問題で苦しんでいるのを何度も見ているはずぢゃ?
自分が父親との問題に直面しているんだから、自分も息子の立場になって
みればいいのに〜
>一雄は広樹に自分の生き様を何も見せていない気がして。
(゚д゚)(。_。)ウン!見せてないですよ〜
愛情は表現したと思いますが、父親としての生き様は見せてないですよね。
忠さんと何度も旅をして、ぶつかり合いながら男としての生き様に直面してきたはずだと
思うんですが反発が先立っちゃって学習しないのかな〜
>広樹の苛めの根深さに触れてくれるとはちょっと思えないのですが
そんな予感バリバリですよ〜
しつこくいじめる輩が悪いのはもちろんなんだけど、そもそもの発端は広樹に
あったことを自覚させて導かないと安心してあの世にいけないんじゃないの〜?と思いますが・・・予告見るとあの世にいく話は無くなりそうだから、のんびりペースの一雄は自分が生きてさえいりゃっわかってくれるべってアレなんですかねぇ・・(-_-)ウーム
最終回を見た後荒れそうな予感ですが・・・(笑
もはや荒れるほどに熱く見ている人もいないか・・・( ゞ( ̄∇ ̄;)オイオイ!)
も〜二人とも自分のことばっかり。そりゃ広樹も荒れるってね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「怪奇恋愛作戦」 #10 乙女☆純情奇譚 〜恋とはどんなものかしら〜 後編「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」 第9話 恋愛できない2人が本当の恋をした 高等遊民誕生の秘密と結婚式への思い