「ニュー・シネマ・パラダイス」 伊/仏 1988年 監督 ジュゼッペ・トルナトーレ「グロリアの青春」 2013年 スペイン/チリ 監督セバスティアン・レリオ

2015年02月14日

「怪奇恋愛作戦」 #6 闇夜の少年 後編

 秋子とヴァンパイアの少年の切ない恋の物語・・・
彼は秋子と朝を過ごした後消滅してしまったのかしら・・
それとも、どこかでひっそりと生きているのかしら・・
我孫子が死んだのだけは確かだな( ̄▽ ̄)
HPはこちら


 夏美(麻生久美子)とケンカした翌日、育朗(松井健太)の退学届を見つけた秋子(坂井真紀)は彼の住んでいるアパートへ行ってみたんだけど、そこで待っていたミナ(荻野目慶子)に睡眠薬を飲まされ、血を抜かれてしまう。

 こえーーーー普通に荻野目さんの顔が怖いーーー!ε=(`д´;ノ)ノ

 ミナは獲物としての秋子を再確認させるために抜き取った血を育朗に飲ませようとするも、育朗は拒否。
「先生は違う。餌なんかじゃない!」

 その言葉に逆上したミナは手首を切り、自分の血を飲ませようとするんだけど、これまた育朗は拒否。
出血したミナを置いて秋子と出奔してしまいました。

 実は育朗とミナが住んでいたのは黴田(水澤紳吾)のアパートの向かえ。
三階堂(仲村トオル)と悲別(大倉孝二)に職質された際、萌香を襲ったヴァンパイア(ミナ)の似顔絵を見た黴田が教えてくれたぞ。
なぜ事件はいつも黴田のそばで起こっているんだ〜?!


 で、アパートに行ってみたらミナが血だらけで倒れていた。
ミナは一連の吸血殺人の罪を告白し逮捕され、連続吸血鬼殺人事件は終結したことになった。
その後、拘置所のミナは真夜中現れた育朗(吸血鬼って壁も通り抜けられるの?)にカプッと腕を噛まれ
血を抜かれて死んでしまった。

 幼い頃、大好きだった育朗お兄ちゃんの手を掴んで、一緒に生きてきたミナ・・・
その愛を全うしたとも言えるのだがーーーとにかく荻野目さんのビジュアルが生々しくて怖くてーー
ミナのラブストーリーに入り込めなかったわーーー( ̄▽ ̄;)アハハ…


怪奇恋愛作戦 Blu-ray BOXFallin’ Down(初回生産限定盤)(DVD付)ヴィーナス(完全生産限定盤)


 一方、秋子は密かに匿った育朗と暮らしていた。
秋子が学校に行っている昼間は家に籠り、家事担当かしら〜?帰ってくる頃には夕飯を作って待っていてくれます。
で、秋子は自分の血を抜いて育朗にあげるという毎日。
秋子の顔は充実し、キラキラ輝いております。

 って、この年齢で毎日500ミリリットルペットボトル一本血抜いてたら、貧血はもちろん、シワシワになっちゃうんじゃないの〜?血は栄養ですからねぇ・・・
貧血を甘く見てはいけません。


 案の定、日々弱りふらふらしてきた秋子の体調が育朗のせいだと夏美はすぐに気づいた。
秋子が落としていった家の鍵を使ってアパートに侵入し育朗と対決。
光を室内に入れれば終わりだと言われるんだけど、秋子の気持ちを思うとできなかった。

 んが、ミナが血を抜かれて亡くなったことを三階堂から聞き、秋子を守るためにも覚悟を決めたさ。
「黙っててごめんなさい!秋子がそのヴァンパイアと一緒に暮らしてるの!」

 部屋から消えた育朗を捜しに行こうとしていた秋子は倒れ、病院に収容された。
悲別の血を輸血したおかげで血液不足から一気に快復。
育朗を捜しに行こうとする秋子を夏美は止めたけど、冬(緒川たまき)は援護。外に出させてくれました。

「私、秋子の気持ちもヴァンパイアの気持ちもどっちもわかるんだよね。
ヴァンパイアって悲しい生きものなのよ。
人間のいいところも悪い所を何百年もずっと見てきたんだから。
それでも秋子を選んで、好きだって言ってるんでしょ?
ヴァンパイアからしたら、私達なんかほんの一瞬のちっぽけな存在なのにね」冬
「悲しいね・・・ヴァンパイア。人間も同じかもしれないね」秋子

 秋子は学校の音楽室に行ってみたんだけど、そこにいたのは我孫子(森田ガンツ)だった。
で、秋子を襲おうとした我孫子は育朗に噛まれ、吸血鬼になってしまったわ〜

 いや〜ん・・・こんなブサイクなヴァンパイアはいらないわーー( ̄▼ ̄;)
お掃除のお姉さん、我孫子を抹殺してくれてありがとう!


 意識を取り戻した秋子は育朗と音楽室で過ごした。

「先生、僕はもうずいぶん長いこと生きてるんだ」
「知ってる」
「でもね、それでもこの世界は大きくてわからないことだらけなんだ。
僕は先生に何を残せるんだろう・・・」
「十分すぎるよ。
この間までの自分に教えてやりたい。
寂しい時や辛い時もあるけど、これから思ってもないことが、もしかしたらその先にもたくさんあるって。だから・・・ちゃんと前を向けって」
「そうだね。人生は長い」
「だから・・・ずっと一緒に。お願い」

 ピアノの音色とともに描かれる秋子と育朗の最後の時間。
なんかどっかで見たことあるような気もするが〜2人の雰囲気も相まって清潔で美しかった。
今回は普通のドラマっぽかったけど、たまには、いっか。
夏美と冬のそれぞれの友情が感じられて良かったしね。


 #1 21世紀のフランケンシュタイン 前編
 #2 21世紀のフランケンシュタイン 後編
 #3 妖怪年食い 前編
 #4 妖怪年食い 後編
 #5 闇夜の少年 前編
 #7 悪魔ブイヨン 前編
 #8 悪魔ブイヨン 後編
 #9 乙女☆純情奇譚 〜恋とはどんなものかしら〜 前編
 #10 乙女☆純情奇譚 〜恋とはどんなものかしら〜 後編
 #11 鬼神村と7人の生贄 前編
 #12(最終話) 鬼神村と7人の生贄 後編

usagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 怪奇恋愛作戦 (第6話・2/13) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2015年02月14日 18:28
テレビ東京系『怪奇恋愛作戦』(公式) 第6話『闇夜の少年・後編』ラテ欄『愛しの彼は吸血鬼!?20歳年下生徒と禁断の恋は悲しい宿命…君と永遠に…』の感想。 なお、本作のノベライズ本は未読。 萌香(今野鮎莉)が連続吸血事件に巻き込まれ、病院に運ばれた。おと

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ニュー・シネマ・パラダイス」 伊/仏 1988年 監督 ジュゼッペ・トルナトーレ「グロリアの青春」 2013年 スペイン/チリ 監督セバスティアン・レリオ