「〇〇妻」 第1話 完璧な姿に隠された夫の知らない5つの顔・・・今夜1つ明かされる!「流星ワゴン」 第1話 110万部のベストセラー小説初の映像化親と子の感動サクセスストーリー誕生 !!父が自分の年齢の時この苦境をどう乗り越えただろうか!?涙のドタバタ展開 !!

2015年01月17日

「怪奇恋愛作戦」 #2 21世紀のフランケンシュタイン 後編

 さて、夏美(麻生久美子)が怪人に拉致されたとも知らず三階堂(仲村トオル)は萌香(今野鮎莉)とデート中。
でも、萌香は三階堂推薦のハエが元気に飛び回るきたな美味い店が気に入らなかったようです。
店主はもちろんラーメンに両指入れてるし(「熱くない?すごいな!」と感心する三階堂)、萌香の顔を見たいっていう悲別(大倉孝二)付きだし、悲別報告によると便所にでっかいナメクジがいるし(店主によると飼ってないけどユキオという名らしい)。

 さらにジェラシー混じりに萌香が夏美のことを罵倒すると同意するかと思いきや、怒り出し店を出て行ってしまった。
「はぁ・・・・わかんない・・」萌香
「わっかんないっスよ」悲別


 その頃、廻博士(小澤征悦)の屋敷に囚われている夏美は怪人(赤堀雅秋)から同じく掴まっているおばちゃん(星野知美)の脳みそを夏美に入れ替えると聞き怯えていた。
実は怪人も別の人間の脳を入れ替えられた存在だそうな。

「この体・・・僕の体じゃない。いろいろ思い出とれちゃった・・・
だがしかし、しかしもかかしも、脳みそが僕ならこれは僕だ!
違う?!違わないっ!!


 そして、怪人の思い出帳からなぜか冬(緒川たまき)の写真が出てきたのを夏美は見逃さなかった。
どうやら学生の頃の怪人の思い人だったらしい。
その写真を奪ったおばちゃんを怪人はボッコボコにしていたぞ。

 そんな話をしていたらグッドタイミングで冬から電話がきたんだけど、縛られて出られない夏美の代わりに
怪人が出ちゃったわ〜

「あああ〜〜〜来て〜〜!!」夏美
「おおおおおお〜〜〜!!」怪人
「きてえーーーー!!」
「おおおおおーーー!」


 夏美が「親友が助けにくる」と話すと怪人は目を輝かせております。
でも、冬は夏美と怪人の声を行為中と思いこみ、すぐに秋子(坂井真紀)に電話して二人で衝撃と怒りを噛みしめるのでした。
夏美も普通に「助けて〜!」って言ぃや〜いいものを( ̄▽ ̄;)
もちろん助けに行く訳もなく放置ね。
HPはこちら

怪奇恋愛作戦 (小学館文庫)


 その頃、唄子は派出所の巡査A(岩崎う大)とB(槙尾ユウスケ)に夏美がヘリコプターの男にさらわれたことを訴えてたんだけど信じてもらえずにいた。
BによるとAはすぐに何でも信じちゃう性質で「カエルってホントは鳥類なのよね」とか「紫色の船越英二」等は派手なリアクションと共に驚いて信じるんだけど、夏美拉致の件だけは信じない。調書も持ちキャラの『耳なしウサギ』を書いてやりすごすという・・・

 てか、夏美を見た廻博士は怪人をボカッ!( -_-)=○()゚O゚)
「何だコイツは?!」
「喫茶店の女・・・若い方」怪人
「若くないでしょう!」  


 あの時は唄子(犬山イヌコ)と夏美しかいなかったからね。
怪人間違ってないよ・ (▽*)
博士はこれまでのことを夏美に話して聞かせるのでした。

 最初はボウフラの脳をコオロギに移植したんだけど、イマイチ結果がはっきりしなかったらしい。
その後、韓国製のやかんにねずみの脳を、エゴン・シーレの名画「哀しみの女」に猿の脳を移植したけど失敗。
やはり生きもの同士じゃなきゃイカンとわかり、山羊の脳を人間に移植したり、
セネガル共和国の人の脳をシエラレオネ共和国の人の体に移植したりした後、
完璧な女性を創るために完璧な性格のおばさんの脳を若い女性に移植することにしたんだって〜。

 んが、人当りの良かったおばさんが殴られたせいでお下劣な本性を見せた(罵声はスタッフの配慮によりピー音でほとんどわからんかったが)もんだから、計画変更。
夏美の脳を若い娘の体に移植することにして、おばちゃんは廃棄決定。
おばちゃんは網に入れて吊るされヘリコプターで海に捨てられる途中、綱が切れて、
冬の元彼氏黴田(水澤紳吾)と同じアパートに住んでいるオタク(加藤賢崇)の部屋に落下→その後めでたくオタクと恋人同士に)

 そんな感じでそれぞれの一夜が過ぎ・・・
冬と秋子から間違った情報を教えられた唄子は納得。捜索中止。

「バイト先にヘリコプターで迎えに来るって・・」秋子
「かっこつけるのも大概にしやがれって感じね」冬
「大金持ちだ。じゃ、玉の輿だ」唄子
「・・・・・・・」秋子・冬
「ホラ、羨ましくてお友達、すっかりへこんじゃった」唄子
「ヘコんでませんよ!!」秋・冬

「だけど夏美ちゃん、悲鳴あげてたんだろ?」眠山(山西惇)
「そりゃ、あげるでしょ!嬉しくて。
あーーすべて繋がったわよ。心配して損した。バイト代から引かせてもらお」唄子

「眠山さんでしたっけ?」冬
「眠山です」
「いつもお顔に死相が浮かんでますよね」冬
「そういうこと面と向かって言うんだね〜」唄子
「・・・・・」眠山
「いつもって会うの二度目なのに」唄子
「子供の頃から浮かんでるんですか?死相」秋子
「うん。よく言われた」
「生まれつき?」唄子
「かな?」
「お医者さんが取り上げた時からですか?」冬
「わかんないけど・・・覚えてないからね。取り上げられた時のことは」
「え、じゃあ看護婦さん辛かったでしょうね」秋子
「どうして〜?」唄子
「辛いですよ!ありありと死相が浮かんでいる赤ちゃんを見ちゃっているのに、やっぱり言う訳ですよね、お父様にもお母様にも。
元気な男の子ですよって」冬
「・・・・はぁーーー(納得)」唄子
「辛いわよ〜」冬・秋子


 一気に場がしんみりしちゃったところに、一人真剣に夏美拉致事件を調べていた三階堂と悲別が来店。
ヘリコプターの男が夏美の彼氏だと聞いても納得できない三階堂が唄子に詰め寄っていると・・・

 懲りない廻博士が萌香を拉致するため登場。
萌香を網で捕獲すると爆弾的なものを投下して逃げたかに見えたが、一切爆発せず逃亡もしていなかったし、網の中に裸で洗っていない犬の臭いがする爺さんが増えただけだった。
ナンセンス攻撃?

 その頃、怪人は思い出話を夏美に語りながら冬が来るのを待っていたが、来ないんで夏美の携帯を使って冬に電話をかけた。
意味がわからず冬が怒っていると廻博士が電話を取り上げ怪人と話し始めたもんで、みなさん、やっと夏美がさらわれたと納得。
怪人に聞いたらあっさり居場所を教えたんで、冬と秋子と三階堂は救出に向かいました。

 廻博士のお仕置きを恐れた怪人は荷物をまとめて屋敷を出ていくことに。
夏美は「一緒に冬に会いに行きましょ」と誘い解放されたんだけど、武器を手にした他の怪人たちがブロック。
バンバンガチャガチャやっているうちに冬たちも到着。
愛しの冬に会えた怪人は目を潤ませるのでした。

 怪人の脳は篠やんと呼ばれていた男のものだった。
学生の頃、将棋部のエースだった篠やんは冬に恋をしていたけど遠くから見つめることしかできなかった。
実は冬も篠やんのことが好きだった。お互い秘めた恋だったのよね〜。
緒川さん、まだまだ制服イケるやないの〜!恐ろしい子・・・

 でも怪人は冬を知っているけど、冬は怪人を知らない。
てか怪人、冬を見つめてる隙に他の怪人にチェーンソーで首を切られてしまったわ〜
秋子は飛んできた首を冬にパス。
冬が放り投げると秋子はスパイク!ナイスプレー!決まった!

 やっと三階堂も来たぞ。
「ナニやってんだ?!」三階堂
「遅いーー!!・・・・遅いわよ〜!。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。」夏美
「いや・・・・遅いったって・・・お前・・・」泣きながら夏美に抱きつかれ戸惑う三階堂なのでした。
「( ̄▽ ̄)ニヤッ. ・・・」悲別
「なんだよっ?!」三階堂
「べつにぃ・・・( ̄▽ ̄)ニヤッ」悲別


 そこに廻博士が現れ、一人一人籠に閉じ込められるんだけど、自分も閉じ込めるし、すぐに扉が開くことが判明し意味なし芳一。
その後、夏美が別の怪人に捕まり助けを求めるも「夏美!」と手を差し出すだけでまったく助けない三階堂をよそに首の無くなった怪人が廻博士を撃ち殺し、そのせいで崩れ始めた屋敷からみなさん逃亡。
逃げようとする冬に怪人の首は優しく微笑みながら声をかけるのでした。
「・・・・冬・・・・」

 ちゃっちい屋敷の模型は崩れ、すべては終わった。
「遅いわよ!あなたたち来てくれるのが!・・・・あああーーーーびっくりした!」夏美
「私達の知らないことがまだまだいっぱいあるんだね、世の中には・・・」秋子
「うん、そうだけど、遅いわよ!」夏美
「どうして私の名前呼んだんだろう・・・」冬
「名前?誰が?」秋子
「あの首よ!人造人間?」冬
「呼んだの?名前・・」夏美
「呼んだ」冬
「・・・・・そっか・・・」夏美
「気持ち悪ーーーい」冬
「・・・・・・・・」


 怪人の恋心を知っているのは夏美だけ・・・
ちょっぴり切ないラストでした。

 いや〜今回もとんちんかんな会話が楽しかった(o゚3゚b)b
なんか麻生さんと犬山イヌ子さんが出ているせいか「時効警察」を思いだすテイスト。
変な間とズレで淀む空気が懐かしい。
キャストの方全員がハマっているしさ。
あちらは三木聡さんだから違うんだけどね。
こちらはちょっとあっさり目でノスタルジック風味もある。
癖になるドラマよ。
でも、今回語り部が出なくて寂しかった〜!来週は出て欲しいわ。


 #1 21世紀のフランケンシュタイン 前編
 #3 妖怪年食い 前編
 #4 妖怪年食い 後編 
 #5 闇夜の少年 前編
 #6 闇夜の少年 後編
 #7 悪魔ブイヨン 前編
 #8 悪魔ブイヨン 後編
 #9 乙女☆純情奇譚 〜恋とはどんなものかしら〜 前編
 #10 乙女☆純情奇譚 〜恋とはどんなものかしら〜 後編
 #11 鬼神村と7人の生贄 前編
 #12(最終話) 鬼神村と7人の生贄 後編

usagi

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 怪奇恋愛作戦 (第2話・/1/16) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2015年01月17日 19:47
テレビ東京系『怪奇恋愛作戦』(公式) 第2話『21世紀のフランケンシュタイン・後編』ラテ欄『人造人間の哀しい恋博士の超異常な愛情…お前の脳をくれ』の感想。 なお、本作のノベライズ本は未読。 夏美(麻生久美子)は「喫茶面影」でアルバイトを始めるが、怪人
2. 博士の愛情の異常〜怪奇恋愛作戦(麻生久美子)  [ キッドのブログinココログ ]   2015年01月24日 00:18
Eテレの濃い番組「岩井俊二のMOVIEラボ」は「ラブストーリー」篇で花(鈴木杏)とアリス(蒼井優)がゲストで登場である。 同窓会かっ。 「私・・・ラブ・ストーリーっていうか・・・他人の恋愛に興味がないので・・・ロッキーっすかね」(蒼井優) 「エイドリアンか」 「私は・・

この記事へのコメント

1. Posted by キッドのねこ   2015年01月18日 08:33
きこり様、寒中お見舞い申し上げます。

「時効警察」の件・・・
真木よう子が女子高生で殺される第8話。
多め亭のおばさん(犬山イヌコ)の回・・・。

「帰ってきた時効警察」の第4話。
安藤玉恵に催眠術をかけられた
三日月が「しゃくなげの花」(作詞・作曲・犬山イヌコ)などを
歌いまくる回・・・。

この二本はケラの演出でしたにゃあ。

つい思い出したので書きましたにゃあ。

寒さ厳しきおりご自愛くだされにゃあす。
2. Posted by きこり→キッドのねこさん   2015年01月18日 18:58
寒中見舞いありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたしますだよーー
相変わらずすばらしい記憶力でございます。
そうだーーケラさん脚本・演出もあったんですよね。すっかり忘れておりました。
そういえばいろんな方が担当していたんだった。
安藤玉枝さんは「深夜食堂」のシーズン1で意識した覚えがあるけど、「帰ってきた時効警察」に出てたかーー
時効警察のメンバー、懐かしいですなぁ・・・
そういえば小出早織さんは最近見ないような気がするが、どうしたのであろうか・・・
キッドのねこさん、さすがでございますな。
キッドのねこさんがお住まいのところは北海道ほど寒さは厳しくないでしょうか・・
でも、インフルエンザとか流行ってますからな、どうぞ抵抗力のつくものを摂取して
ウィルスをブロックしてくださいにゃ〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「〇〇妻」 第1話 完璧な姿に隠された夫の知らない5つの顔・・・今夜1つ明かされる!「流星ワゴン」 第1話 110万部のベストセラー小説初の映像化親と子の感動サクセスストーリー誕生 !!父が自分の年齢の時この苦境をどう乗り越えただろうか!?涙のドタバタ展開 !!